著者
渦岡 良介 仙頭 紀明 森 友宏 風間 基樹
出版者
公益社団法人 日本地震工学会
雑誌
日本地震工学会論文集 (ISSN:18846246)
巻号頁・発行日
vol.11, no.5, pp.5_80-5_93, 2011 (Released:2012-01-31)
参考文献数
16

2008年岩手・宮城内陸地震では大小合わせて50箇所を越える河道閉塞が発生し、河道閉塞の下流に位置する地域に深刻な影響を与えた。地震時の斜面崩壊によって生成される天然ダムの浸透や越流に対する安定性を検討するためには、天然ダムの土質構成やその力学特性が必要となるが、蓄積されているデータは少ない。そこで、本研究では2008年岩手・宮城内陸地震で発生した湯ノ倉温泉地区の天然ダムを対象とし、その地盤工学的特性を明らかにすることを目的として原位置試験、堤体材料を用いた室内土質試験を実施した。その結果、湯ノ倉温泉地区の天然ダムの天端付近では深度によって岩塊比率が異なること、岩塊以外の堤体のN値は10程度で比較的軟弱であること、高塑性の堤体材料の透水係数は現場透水係数より小さく、その耐侵食性は非塑性の土より大きいことなどがわかった。
出版者
日経BP社
雑誌
日経コンストラクション (ISSN:09153470)
巻号頁・発行日
no.672, 2017-09-25

「50年か100年に一度」といわれる渋谷駅とその周辺の再開発。JR東日本が懸案に掲げるJR渋谷駅の改良工事も進行している(図1)。 主な内容はJRの埼京線ホームの移設や山手線ホームの改築などで、同社負担分の事業費は約750億円だ。全体の完成は2027年度の予定。
著者
栗原 潔
出版者
日経BP社
雑誌
日経コンピュ-タ (ISSN:02854619)
巻号頁・発行日
no.489, pp.218-225, 2000-02-14

今後の企業情報システムにおいて,ディレクトリ・サービスは,分散システムの管理を容易にし,さまざまな付加価値を提供するきわめて重要なインフラストラクチャとなる。企業ユーザーは情報システムの基盤計画に,ディレクトリ・サービスに関する長期的な戦略を含めるべきである。本稿では,ディレクトリ・サービスの概念と基本機能,用途,標準化動向,製品動向などについて解説する。
著者
貴重図書複製会 編
出版者
貴重図書複製会
巻号頁・発行日
vol.巻第30, 1941
著者
小澤 実
出版者
バルト=スカンディナヴィア研究会
雑誌
北欧史研究
巻号頁・発行日
no.24, pp.151-168, 2007-08

<特集> 中世アイスランド史学の新展開小澤実・松本涼・成川岳大・中丸禎子
著者
小瀬 航 鈴木 栄幸
出版者
一般社団法人 日本科学教育学会
雑誌
日本科学教育学会研究会研究報告 (ISSN:18824684)
巻号頁・発行日
vol.31, no.4, pp.91-94, 2016 (Released:2018-04-07)
参考文献数
5

本研究では、大学生を対象とした説明的文章の読解方略の現状を調査するとともに、先行研究をもとにその現状を改善するための読解手法を提案する。まず、大学生を対象に読解学習の実態調査を行い、説明的文章読解において文章全体の構造を把握する作業(=構造注目方略)が不十分であるという知見を得た。この結果を踏まえ、文章全体の構造に注目させるための手法として「タイトル生成法」を提案した。大学生対象に実践したところ、記憶レベルでの理解度には有意傾向の差が見られたものの、状況モデルレベルでの理解度では差が見られなかった。今後、実践の具体的方法を見直し、改善を施した上で再度実践を行う予定である。
著者
林 みちこ
出版者
筑波大学大学院人間総合科学研究科芸術学研究室
雑誌
藝叢 = Bulletin of the study on history of art in University of Tsukuba : 筑波大学芸術学研究誌 (ISSN:02894084)
巻号頁・発行日
no.31, pp.15-24, 2015

2015年臺日五大學藝術史研究生交流研討會 会期:2015年12月12日 午前9時~午後5時 会場:国立台湾師範大学教育学院大楼202国際会議庁(付記)本研究は2014(平成26)年度、2015(平成27)年度科学研究費・特別研究員奨励費による研究成果の一部である。著作権保護のため、すべての掲載図版に墨消し処理を施しています。
著者
岡田 俊裕
出版者
The Human Geographical Society of Japan
雑誌
人文地理 (ISSN:00187216)
巻号頁・発行日
vol.39, no.5, pp.445-460, 1987-10-28 (Released:2009-04-28)
参考文献数
64
被引用文献数
4 2

The concepts of landscape (Landschaft, paysage) spread through the geographic world in Japan since the latter half of 1920's. The discipline of geography in Japan before the war's end was characterized by studies based on these concepts, the theory of man-land relationships, and geopolitics. This paper is the first historical review of studies of geographical landscape in Japan.Japanese geographers had tried to translate landscape (Landschaft, paysage) into Japanese since 1925, using such terms as“fukei (風景)”,“fudo (風土)”,“keiso (景相)”, “chiriteki keikan (地理的景観)”,“fukei keitai (風景形態)”,“keiiki (景域)”,“chisokei (地相景)”,“kansho (環象)”,“keikan (景観)”and others. Keikan was by far the most popularly used term. It is thought that Tsujimura Taro had a great influence on this state of affairs.The concepts of landscape can be classified into three major interpretations: (1) the synthetic contents of a (unit) region, (2) common regions as a type, (3) the visible and morphologic objects in a region. On the basis of this classification, the writer puts interpretations of these concepts before the war's end in the order stated above, number (1) being the most frequent interpretation. Other Japanese equivalents besides“keikan” were used frequently in interpretation number (1). However, it is said that interpretation number (3) came into wider use than number (1) in field studies.“Keikan”was used frequently in this case. Therefore, many theoretical studies were conducted on the basis of interpretation number (1), while most field studies were conducted on the basis of interpretation number (3). Interpretation number (2) appeared in a few cases, but it is not thought to have been used frequently.In the 1910's in Germany, the concept of landscape (Landschaft) was introduced to the system of geography, and the form or shape of landscape was treated as the object of landscape study. Studies which had some resemblance to those in Germany were seen before and after the 1930's in Japan. The studies of relations between landscape and social, economic and cultural conditions were deepened and developed later in Germany. However, research on form of landscape were, in Japan, still being carried out, and the function and phylogeny of landscape were not developed enough in Japan. But theoretical studies did develop some what. The development of landscapes was studied, and some researchers began to point out that it was necessary in landscape study to clarify the development mechanisms of human societies. Moreover the landscape was grasped from a view-point of social science, in that the landscape is thought to be determined by the mode of production.A problem that was little discussed throughout the pre-war and post-war days is the role of subjectivity in human societies in the formation of the cultural landscape. This is the main reason for the criticism that early studies of geographical landscape were not really connected to the contemporary world. In the first half of 1930's in Germany, O. Maull and H. Hassinger proposed that the nation state was the builder of landscape. Their propositions were soon introduced to Japan, but have not yet been really discussed. How are human societies including nation states related to the formation of the cultural landscape? The writer concludes that this discussion remains as an unsolved problem.
著者
寺島 正博
出版者
福岡県立大学人間社会学部
雑誌
福岡県立大学人間社会学部紀要 (ISSN:13490230)
巻号頁・発行日
vol.23, no.2, pp.1-16, 2015-02

本研究は全国の障害福祉サービス事業所で働く従事者を対象としたアンケートによる意識調査を行い、観察従事者が加害従事者による無意識の不適切行為を判断する傾向について個人属性と労働環境から明らかとし、間接手法を用いて無意識の不適切行為の防止を図ることを目的とした。回答は7,813名であり回収率は30.7%であった。結果については、①知的障害者の女性観察従事者はさまざまな状況下における無意識の不適切行為の判断が必要であること、②知的障害者の施設入所支援観察従事者は無意識の不適切行為を見極める能力が必要であること、③知的障害者の観察従事者は福祉系学校の卒業と福祉系国家資格の取得が必要であること、④知的障害者の観察従事者は従事者間の確認体制が必要であることを明らかとした。そして、無意識の不適切行為とは加害従事者だけではなく、観察従事者についても起こり得るため、本研究結果はすべての従事者に活かされることになる。
著者
後藤 和久 箕浦 幸治
出版者
The Sedimentological Society of Japan
雑誌
堆積学研究 (ISSN:1342310X)
巻号頁・発行日
vol.71, no.2, pp.105-117, 2012-10-06 (Released:2012-11-08)
参考文献数
38
被引用文献数
4 4

津波堆積物研究は,いまや国や自治体の防災計画に直結するものとなった.本稿では,2011年津波発生後の対応と今後の津波堆積物研究の課題を議論する.2011年津波直後の緊急地質調査は,網羅的に実施されたとは言い難いが,津波の浸水過程と堆積物の分布様式の関係や堆積物の供給源,地球化学的な津波遡上範囲の推定など,新たな知見も得られている.古津波堆積物の理解には,最近の津波で形成された津波堆積物の研究は不可欠で,災害直後のデータ収集を行い続けなければ,津波リスク評価方法を改善していくことは難しい.今後の災害直後の調査では,情報共有と学会レベルで網羅的かつ組織的な調査を実施することが望ましい.また,将来の巨大津波に備え,工学や防災科学の研究者と連携しながら古津波堆積物研究を推進する必要があると同時に,人の一生を超える災害がイメージできるように,地学の素養を防災教育に取り込んでいくことが重要である.