著者
永井荷風 著
出版者
岩波書店
巻号頁・発行日
1938
著者
宮本 淳 出口 寿久 伊藤 一馬 川西 奈津美 河野 未幸 鈴木 里奈 高原 めぐみ 中川 紗百合 柳川 仁美 細川 敏幸
出版者
北海道大学高等教育推進機構
雑誌
高等教育ジャーナル : 高等教育と生涯学習 (ISSN:13419374)
巻号頁・発行日
vol.25, pp.49-54, 2018-05

Institutional research (hereafter referred to as “IR?) activities in Japanese universities have shifted from the introductory stage in which organizations were set up to the productive period of embodying their activities. The fundamental task of IR relating to education is to collect data from a questionnaire survey of students about their learning activities and various teaching data as provided by the university administrative office, and to thereby objectively determine the strengths and weaknesses of the university. Furthermore, it is important to promote detailed analysis by collaborating with each department in the university to make use of this in educational improvement. However, the IR organization structure varies depending on the university. Therefore, it is difficult to use a single educational evaluation model commonly applied to every university. For this reason, the IR staff at each university is seeking a number of concrete examples leading to educational improvement such as the type of data used, analysis examples, and useful procedures. In this paper, we report examples of IR seminars held by Hokkaido University through collaboration with the administrative staff and faculties. This is an important and meaningful example of one type of IR activity.
出版者
芸術現代社
巻号頁・発行日
1972
著者
川瀬 和也 Kazuya KAWASE 宮崎公立大学人文学部 Miyazaki Municipal University Faculty of Humanities
雑誌
宮崎公立大学人文学部紀要 = Bulletin of Miyazaki Municipal University Faculty of Humanities (ISSN:13403613)
巻号頁・発行日
vol.25, no.1, pp.37-50, 2018-03-09

ジョン・マクダウェルは、『心と世界』において、我々人間の概念能力は「第二の自然」であり、法則の領域に属さない「独特の」ものでありながら、同時に自然的なものでもあるという議論を展開している。本論文では、過激なプラトン主義、簡素な自然主義、非法則的一元論という三つの立場との違いを整理することで、「第二の自然」がどのような主張であるかを明確にする。その上で、「第二の自然」をマクダウェルの静寂主義的な傾向の発露として理解できることを指摘する。さらに、物理主義の側に立って、マクダウェルからの批判に対する応答を試みる。
著者
Masatake E. Hori Kazuhiro Oshima
出版者
Meteorological Society of Japan
雑誌
SOLA (ISSN:13496476)
巻号頁・発行日
vol.14, pp.69-73, 2018 (Released:2018-06-26)
参考文献数
15

We use two groups of 100-member ensemble AGCM experiment to investigate the robustness and probabilistic nature of the Warm Arctic/Cold Eurasian (WACE) pattern with or without strong warming SST trend and sea-ice reduction. Model ensembles successfully simulate a distribution of trend coefficients close to that of observation. Results show that the recent trend in WACE pattern is driven by the warming of the Arctic SST, but the pattern itself is not amplified between the warming and non-warming experiment and cannot explain the current cooling trend of the mid-latitudes. We argue that the difference in sea-ice condition regulates the more extreme cases of the pattern thereby contributing to the positive trend in WACE pattern similar to that of observation.
著者
米澤 正弘
出版者
一般社団法人 日本地質学会
雑誌
地質学雑誌 (ISSN:00167630)
巻号頁・発行日
vol.122, no.8, pp.445-458, 2016-08-15 (Released:2016-09-02)
参考文献数
14

千葉市は東京湾の湾奥部北東側に位置し,昭和30年代半ばまで,海岸には広大な干潟が延々と広がっていた.遠浅で広い干潟では,古くからあさりなどの貝掘りや海苔の養殖が盛んで,観光としての潮干狩りや海水浴でも賑わっていた.高度経済成長の影響で海岸の埋め立てが始まったのは,昭和30年代半ばである.その後何度かの停滞を挟むが埋め立ては順次進み,昭和50年代には終了する.埋め立ての進行に伴い工場や住宅が進出し,京葉線が通り,現在はビジネス街・大型商業施設地域・高層マンションなどが立ち並ぶ新都心として発展を遂げている.埋め立て終了から約40年が経ち,埋め立ての記憶は,そこに住む人々からほとんど消えてしまっている.本巡検では,埋め立て地に建つJR稲毛海岸駅から旧汀線に向かって歩き,埋め立ての歴史を遡る.さらに旧海岸線沿いを歩きながら昔の海岸の名残を探し,地形・地質の変遷を考える.最後に,地形の人工的な改変についても見学する.
著者
多々良 直弘
出版者
社会言語科学会
雑誌
社会言語科学 (ISSN:13443909)
巻号頁・発行日
vol.20, no.1, pp.71-83, 2017-09-30 (Released:2018-02-07)
参考文献数
35

現在サッカーは各国の国内リーグ,クラブや各国代表が参加する国際大会が世界各地で報道されており,同じ試合が通訳や翻訳を介さずにさまざまな言語で放送されている.実況中継の参与者たちは,ボールと選手が絶えず移動する流動的な試合を即興的に描写,解説することが求められるわけだが,文化によって試合の中で起こる同じ出来事が異なる形で解釈されたり,異なる側面が言及されたりすることがある.本稿は,日英語の実況中継の参与者たちが同じ出来事を言語化する際に,どの認知資源に注目し,またそれらをどのようなスタイルで伝達するのか分析する.選手たちがミスを犯した場面の日英語による実況解説をデータとし,両言語の参与者たちが選手のミスに対してどのように批判を繰り広げるのか考察していく.英語の実況解説では,コメンテーターたちは客観的に選手のミスを描写し,ミスを犯した選手を言及し,厳しい批判を投げかける.一方,日本語のアナウンサーや解説者たちは,批判をするだけではなく,ミスをした選手の心理的側面を内的引用の形で描写し,意図を理解しようとしたり,選手のおかれている状況を描写したりすることで直接的な批判を回避することが観察される.
著者
佐良土 茂樹
出版者
一般社団法人 日本体育学会
雑誌
体育学研究 (ISSN:04846710)
巻号頁・発行日
pp.17149, (Released:2018-06-25)
参考文献数
46

The purpose of the present paper was to lay the groundwork for a “coaching philosophy.” In the first section, the article analyzes the term “coaching philosophy” from a linguistic perspective. The second section aims to clarify the definition by critical examination of the literature. The third section explores the reasons why coaches need a “coaching philosophy”. Through these processes, the proposed definition of “coaching philosophy”is presented as a “comprehensive statement of the ends aimed at as coaching principles, the basic guidelines that give coaches direction, and the values set by coaches in practice to develop, improve, and realize the excellence of athletes and teams”.
著者
Itoh Hiroshi Nishida Shuhei
出版者
日本プランクトン学会、日本ベントス学会
雑誌
Plankton & benthos research (ISSN:18808247)
巻号頁・発行日
vol.2, no.3, pp.134-146, 2007-08-01
参考文献数
48
被引用文献数
3 7

A 17-month field survey and laboratory experiments were conducted to investigate the life cycle, seasonal population fluctuations, and salinity tolerance in the poecilostomatoid copepod Hemicyclops gomsoensis associated with the burrows of the mud shrimp Upogebia major and the ocypodid crab Macrophthalmus japonicus in the mud-flats of the Tama-River estuary, central Japan. On the basis of sample collections in the water column and from the burrows, it was revealed that H. gomsoensis is planktonic during the naupliar stages and settles on the bottom during the first copepodid stage to inhabit the burrows of U. major and, to a lesser extent, those of M. japonicus. While females carrying egg-sacs were present throughout the year, the copepods' reproduction took place mainly during early summer to autumn with a successive decrease from autumn to winter. Occasionally the copepod populations in the burrows suffered from severe flushes of river water that led to salinity decreases in the burrow water to fatal levels, but usually the salinity in the burrow was within optimal levels and permitted recovery and maintenance of the populations.
著者
大竹 由夏
出版者
Graduate School of Comprehensive Human Sciences, University of Tsukuba
雑誌
芸術学研究 = Tsukuba studies in art and design
巻号頁・発行日
vol.22, pp.1-10, 2017-12

東京都心部では、都市が高層化しており、東京タワーの見える場所も年々少なくなっている。本稿は、今後保全すべき東京タワーの眺望点を新たに提案するための基礎的研究である。まず、東京タワーの眺望景観の保全の現状を整理した。現在の景観施策において、保全されている東京タワーの眺望点は、タワー近辺の地上である芝公園と増上寺、赤羽橋交差点に限られていること、眺望警官の種類は、公園景と街路景、寺社景に限られていることを明らかにした。次に、東京タワーの場景が描かれた漫画23作品333コマを探索し、それらのイメージを分析・考察した。東京タワーは、地上だけでなく上空の眺望点からも描かれ、また、上空景、足下景、街路景、公園景、水辺景、寺社景、高速道路景、電車景の順に多く描かれていることを明らかにした。以上に基づき、眺望景観の種類のうち現在保全されている公演景と街路景、寺社景だけでなく、漫画に描かれていた上空景、足下景、水辺景、高速道路景、電車景も保全することを提案する。また、現在保全されている地上のタワー近くの眺望点だけでなく、川岸や海岸のように東京タワーから遠い地点や、上空の地点である首都高速道路やJR線、展望台や飛行経路、芝公園上空も、眺望点に選定することを提案する。