はにわ (@1159haniwa1185)

投稿一覧(最新100件)

RT @matsusakat: パンくんは志村さんを慕っていただろうけど、この映像はインチキです。こちらの論文でも書きましたが、志村どうぶつ園は捏造映像のつぎはぎを多用していました。視聴者を騙すこういうやり方に、志村さんを巻き込まないで欲しかった。 https://t.co/P…
RT @blue_standard2: 論文題目が怖くて泣いちゃった https://t.co/vy03jr62JZ https://t.co/bS90AxWlwJ
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 司法精神医学と脳科学--善悪の彼岸 (特集 脳科学時代の精神病理学)(中谷 陽二),2010 https://t.co/TVPp8IcBFa
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 車内混雑が乗り心地に及ぼす影響:人は満員電車にどれほど耐えらるか?(大野 央人ほか),2009 http://t.co/xJqHUPSUiB
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 共同研究プロジェクト「ロボット・人間学研究-情報工学と人間学の接点を探る-」研究会報告:攻殻機動隊をめぐる冒険(高石浩一),2013 http://t.co/IDoR7e2mTH

90 0 0 0 OA 流矢

RT @yorinaga_bot: 【秋の日影】 http://t.co/h2lvts9G  74P~
淫雨な晩に最適 RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? A-16-27 物体の発音モデルに関する一検討 : 雨滴モデルと雨音の生成(岡野 真一ほか),1999 http://id.CiNii.jp/NpCkL
「好ましい便器」w RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 成人を対象としたトイレ利用行動とその意識に関する分析(越川 康夫ほか),1997 http://id.CiNii.jp/hiLjL
ほう RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 「収入」依存選択的「交友」仮説・「未セックス恋愛」と経済階層性 -現代学生「交友」(/交際)関係についての,探索的実証研究-(桜井 芳生ほか),2007 http://id.CiNii.jp/F0T2M

お気に入り一覧(最新100件)

自由意志信念に関する実証研究のこれまでとこれから:哲学理論と実験哲学、社会心理学からの知見 https://t.co/c7cyXCjg7Y
すごく勉強になりそう。 CiNii 論文 -  <創発> 概念の起源 (1) : <創発> をめぐる議論と科学論の生成 https://t.co/5LrEuDQMyD
行動免疫と内外集団の話に関してすごくよくまとまっている論文が2019年に出ていた。これは参考論文リストとしてもとても参考になった。J-STAGE Articles - 行動免疫からみた特定集団への否定的態度 https://t.co/OcCYoR3dK6
九州大学の心理学事情 https://t.co/SP5l2DitOi
某人と話していて、こんな論文を以前書いたことを思い出した。自閉症スペクトラムを専門としているお医者さんから宝物と言われたことがあるので、そこそこ面白いかも! 自己・他者・物理的対象に対して構えを変える脳内メカニズムと自閉症スペクトラム障害におけるその特異性 https://t.co/W8RUaCCTs0
被験者さんの夏目漱石や人工知能に関する事前知識と漱石アンドロイドのリアリティに関する印象の間の相関を調べた地味な研究が和文誌に掲載された!史上初の漱石アンドロイド論文!^^ 文豪アンドロイドに感じるリアリティと事前知識・信念の関係性の検討 https://t.co/Odb7EeNoxt https://t.co/5JZ5JsFOlm
【「心理学研究」新着早期公開論文(9月分)】調査回答の質の向上のための方法の比較https://t.co/BIZtJO7o76 日本語アブストラクト:https://t.co/kFGbE0MmZ6
南風原 (1986) 相関係数を用いる研究において被験者数を決めるための簡便な表 https://t.co/ildM5mq4iW
【「心理学研究」新着早期公開論文(4月分)】刑罰としての排斥の容認――功利主義的な根拠の正当化効果―― https://t.co/GD7uzbMjTa 日本語アブストラクトはこちらhttps://t.co/KXwFVuExdL
心理学における量的研究法・質的研究法の統合 ― Information and communication technology (ICT) の普及 ― https://t.co/rQECdnZYHH
『パーソナリティ研究』の新たな挑戦 ―追試研究と事前登録研究の掲載について 加 藤  司 『パーソナリティ研究』機関誌編集委員長 https://t.co/cfHqTo2Ojp
こういう筋のいい展開方法はあるんだがな。"会話型ロールプレイングゲームを通じたASD児のコミュニケーションとQOLの促進" https://t.co/ph7YUOmBuX まだものになるのかどうかわからないけど、だからこそこれでいい。
こんな論文どうですか? 子どもが語る物語の力 : 学校に妖怪が生まれるとき (語られる生と死)(前川 美行),2014 https://t.co/jxI0QxY9xW
死を前にした意味の位相の転換〜PDFあり。死に逝く人の身体の消失と物語の終焉において何が立ち現れてくるのか。小泉義之「病い」の哲学に似た論考。限りなく死に近い生とは何か。これも分かりやすい。 http://ci.nii.ac.jp/naid/120002260424
アスペルガー障害の芸術的創造性 : ヘンリー・ダーガーの精神分析的理解〜PDFあり。ダーガーがアスペルガーだったかどうか不明だし、アウトサイダー=知的障害とする狭義性もどうかと。生涯や文献の参考に。http://ci.nii.ac.jp/naid/110007512581

フォロー(858ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

https://t.co/WUrqUV23jI https://t.co/wbv6MmcTQ2
RT @yukoim: 哲学系の中でもばらつき凄まじいとはいえ、総体として直感を裏付ける調査 埴淵・川口2020 https://t.co/YMBLPKTIq9
うぇいうぇいうぉううぉううぉう(よくわかってない)https://t.co/GWTjcaYV1h
そういえば、ペアレンティングスタイルについては、日本語だとこの論文は面白かった。 文化的文脈からみた乳幼児期からの養育環境についての考察 https://t.co/9ZcYtukbMK
RT @ohkubo_yusaku: (いわゆる”ベイズ=信念解釈”に異論があることを抜きにしても)ベイズファクターに様々な弱点があることはよく知られているので、下記の和文解説の方がフェアだと思う https://t.co/5dchyxRXuq
RT @niseyoshimoto: J-STAGE Articles - 円明園西洋楼における水力機械の建設についての考察 https://t.co/xwpC5rru3K
ギリシャ、アイルランドで育ったハーン。 直感的に感じとることができたのかな? 「露のひとしずく〜仏教の教えより」は、小泉八雲の作品の中で一番好きかも
RT @geo_hoshi: なので,こんなのを書きました。 J-STAGE Articles - 野外実習レポートをどう書くか https://t.co/VCurWhxzXL
RT @templeple: #NHKスペシャル #戦国 断片を並べたような纏め方だったな。 フェリペ2世と日本の関わりは、速水融先生の「徳川日本成立の世界史 : フェリペII世と豊臣秀吉」が分かりやすいかも。 https://t.co/8T7f8NToSQ
RT @kaoryu: 公開されました!! 「地球化学」54巻2号 2019年度日本地球化学会奨励賞受賞記念論文 生物源炭酸塩に対する地球化学分析技術を駆使した海洋炭素循環研究 窪田薫 https://t.co/xsnQqGupSQ
J-STAGE Articles - 円明園西洋楼における水力機械の建設についての考察 https://t.co/xwpC5rru3K
また、加藤は最近では、災害時におけるペット救援について研究しています。 https://t.co/Q5QwxgwNy6 梶原は、東日本大震災におけるコンパニオンアニマルの扱いを記述することを通して、平時におけるヒトと動物の関係、つまり「動物愛護」を批判しています。 https://t.co/MQviwPBFdt
また、加藤は最近では、災害時におけるペット救援について研究しています。 https://t.co/Q5QwxgwNy6 梶原は、東日本大震災におけるコンパニオンアニマルの扱いを記述することを通して、平時におけるヒトと動物の関係、つまり「動物愛護」を批判しています。 https://t.co/MQviwPBFdt
加藤はナラティブ・アプローチから、高齢者にとってペットの存在が重要であり得ることと、それにもかかわらずペットの存在が支援者にとっては問題の一部として立ち現れてしまう傾向にあることを示しました。 https://t.co/mYPoM75TJG https://t.co/GsLVWxAuOc
加藤はナラティブ・アプローチから、高齢者にとってペットの存在が重要であり得ることと、それにもかかわらずペットの存在が支援者にとっては問題の一部として立ち現れてしまう傾向にあることを示しました。 https://t.co/mYPoM75TJG https://t.co/GsLVWxAuOc
佐藤(2017)は、先行研究レビューから、ペットロスに陥った人々がその悲嘆から立ち直り日常に再適応するための支援が必要であり、それがソーシャルワークの一部として要請される可能性を示しました。 https://t.co/w4oFHHsmx1

フォロワー(304ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

うぇいうぇいうぉううぉううぉう(よくわかってない)https://t.co/GWTjcaYV1h
また、加藤は最近では、災害時におけるペット救援について研究しています。 https://t.co/Q5QwxgwNy6 梶原は、東日本大震災におけるコンパニオンアニマルの扱いを記述することを通して、平時におけるヒトと動物の関係、つまり「動物愛護」を批判しています。 https://t.co/MQviwPBFdt
また、加藤は最近では、災害時におけるペット救援について研究しています。 https://t.co/Q5QwxgwNy6 梶原は、東日本大震災におけるコンパニオンアニマルの扱いを記述することを通して、平時におけるヒトと動物の関係、つまり「動物愛護」を批判しています。 https://t.co/MQviwPBFdt
加藤はナラティブ・アプローチから、高齢者にとってペットの存在が重要であり得ることと、それにもかかわらずペットの存在が支援者にとっては問題の一部として立ち現れてしまう傾向にあることを示しました。 https://t.co/mYPoM75TJG https://t.co/GsLVWxAuOc
加藤はナラティブ・アプローチから、高齢者にとってペットの存在が重要であり得ることと、それにもかかわらずペットの存在が支援者にとっては問題の一部として立ち現れてしまう傾向にあることを示しました。 https://t.co/mYPoM75TJG https://t.co/GsLVWxAuOc
佐藤(2017)は、先行研究レビューから、ペットロスに陥った人々がその悲嘆から立ち直り日常に再適応するための支援が必要であり、それがソーシャルワークの一部として要請される可能性を示しました。 https://t.co/w4oFHHsmx1