将星の記憶SSR『髀肉の嘆』来ました!(素振り) (@31000g)

投稿一覧(最新100件)

CiNii 論文 -  リルケにおける「檻」の世界--ふたつの詩「アシャンティ」と「豹」をめぐって https://t.co/IZJih0mxVK
『明代艶情小説の形成とその特徴』東北大学機関リポジトリTOUR https://t.co/VlMjIHet6W
RT @tak_weijin: 吉川先生の著書未収で重要な論文は実際極めて多い。既出の「裴駰の『史記集解』もさることながら,「蜀における讖緯の学の伝統」(https://t.co/DSw93aU5GK),「五岳と祭祀」(https://t.co/8tpiaSrYur),「六朝時…
RT @tak_weijin: 吉川先生の著書未収で重要な論文は実際極めて多い。既出の「裴駰の『史記集解』もさることながら,「蜀における讖緯の学の伝統」(https://t.co/DSw93aU5GK),「五岳と祭祀」(https://t.co/8tpiaSrYur),「六朝時…
RT @tak_weijin: 吉川先生の著書未収で重要な論文は実際極めて多い。既出の「裴駰の『史記集解』もさることながら,「蜀における讖緯の学の伝統」(https://t.co/DSw93aU5GK),「五岳と祭祀」(https://t.co/8tpiaSrYur),「六朝時…
「仁とは天地生物の心なり。仁とは人の人たるところの理なり。仁とは心の徳、愛の理なり。仁とは人がその為に尽性至命する枢要なり」 ビャッと目を通しただけだけど、めっちゃ面白いし、締め方超カッコいい…。 【[日本語訳]朱子の仁学思想 /吴震:pdf】 https://t.co/Lw1nkmRkNj
CiNii 論文 -  ベケット『メルシエとカミエ』における「泥棒たちの巣窟」 : 逸脱する運動と「無窓性」のなかの連帯 https://t.co/R8mm5Mm4ke #CiNii
RT @isaac_asimot: 『佐藤広美 - 児童文化政策と教育科学 - 内務省「児童読物改善ニ関スル指示要綱」(1938年10月)をめぐって』http://t.co/ylpvkBpxWz、関連。 / “(書評)『少国民戦争文化史』 山中恒〈著〉:朝日新聞デジ…” htt…
良寛さん萌えから沢庵さん萌えに燃え広がって最終的に『山姥五十和歌』に辿り着いたので勝手にディスティニーを感じている【成功座右銘 : 名家家訓/近代デジタルライブラリー】 http://t.co/yOBWr5yBk6
『また三密を行ずる行者は、すでにある意味で大日如来の「写し」(言わば「似像」)となっているので、そこに自力・他力の差異はない』 うっかり萌えた。【「神化」 と「即身成仏」〜東方キリスト教神学から見た密教思想〜】https://t.co/jUJq4nLBvs
『対話における決定的に見える断絶は、むしろそれを介して他性をもたらすものとして対話を存続させるのだった。つまり、ここで言われている「終わり」もまた対話の存続のための一契機なのだ』【『事の次第』を読むモーリス・ブランショ】https://t.co/4NfFAUsxkL

174 0 0 0 OA 大和本草

RT @marenostrum2: そういえば昨日行った「医は仁術展」に、こんなかわいいカブトガニがいました。ほかのページもここからよめるよ!http://t.co/dsjkiVrsyz http://t.co/sRXSw5X1Js
「驚き」に端を発した「狂気」という強い感情の揺れ、それに「愛の側にある」、そして「恋愛感情よりももっと豊かな感情の波」である「憐れみ」が混ざりあった時、過去に閉じ込められた愛する存在、または失われた時、そういったものが救済されるのであるhttp://t.co/0gpgw773P9
このHOTに関しての話がシャーロックっぽいなーと思って気になって調べるもなるほどわからん状態である。わかれば何か萌えそうだと言うことだけはわかる。【意識についてのHigher-Order Thought理論の検討(pdf)】https://t.co/6zKA2XBB
おお!でも長岡は全然雪ない方ですけどね。 RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 長岡における積雪観測資料(23)(1998.11〜1999.4)(防災科学技術研究所長岡雪氷防災実験研究所),1999 http://id.CiNii.jp/TWywL

お気に入り一覧(最新100件)

24 0 0 0 OA 非恋愛論

柿並良佑「非恋愛論」(人文学報|ジャン=リュック・ナンシー特集に掲載) https://t.co/cXO79ARuwc #PDF リーダブルで、とりわけ引用の取捨選択が素晴らしい。愛についての「ファースト・キスであるような哲学」(ノヴァーリス)を感じさせる論攷。註の量もすごい。
吉松覚「〈私の死〉の瞬間、あるいは生の短さについて」https://t.co/HIUXo1VVj4 デリダにおける「死」をテーマにしたこの論文は『アポリア』や『死刑論』に加え、demeure(留まる)という同じ言葉を使ったブランショ論と写真論を関連づけて考察している点も興味深い。
竹村和子著『境界を攪乱するー性・生・暴力』の書評がpdf化されました。掲載誌は、『女性学評論』です。書評の形をとった追悼文として書いています。http://t.co/7qscXy7wp1

174 0 0 0 OA 大和本草

そういえば昨日行った「医は仁術展」に、こんなかわいいカブトガニがいました。ほかのページもここからよめるよ!http://t.co/dsjkiVrsyz http://t.co/sRXSw5X1Js

フォロー(297ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

フォロワー(535ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @gynaecocracy: 新田元規「喪礼における「祔祭」「遷廟」の解釈論 : 鄭玄と朱熹の所説を中心として」 https://t.co/SrWjH1fVFe 専門外の人が読んでも「経学とは何ぞや」ということが伝わる素晴らしい論文だと思います。 https://t.co…