たけのこ赤軍、 (@691_7758337633)

投稿一覧(最新100件)

@simizut22 はいはいはい!!!! https://t.co/ePdOAtWOQ7
@estis__ 多様体: https://t.co/kwzWtBvHCF 圏論: https://t.co/JOtltt8Qks
@cusp_form 計算したらおもしろさがわかるみたいなところあるので、とりあえずこの辺の計算おうと楽しいです https://t.co/xwTCJ0usKX
@nkswtr 定理5.1(ii)の特殊なケース? https://t.co/AvHYoOQhtt
RT @196884: ウィーンにあるシューレーディンがー研究所の歴史の一コマ: "会場,Schrodinger研究所に着いたConreyは,プログラムを見てKeating-Snaithが42の意義づけたに成功したことを知る.そして,その新理論が24024と一致するかどうかに興…
@NegeLon というのを多重化して「深さ」をつけた定理は通称「多重サインの周期変形」とよばれてばれています(隙あらば布教) https://t.co/AvHYoOQhtt (これのThm3.1, Thm4.1)
#kanmath03 昨日は皆さんありがとうございました。楽しかったです。 諸事情により資料を発表できないので、参考文献だけ載せておきます: N.Kurokawa, M.Wakayama “Period deformations and Raabe’s formulas for generalized gamma and sine functions” https://t.co/MMMgsJcS0T

お気に入り一覧(最新100件)

@math_elliptic Hoffmanさんの論文 https://t.co/dlBUR3Lz13 のTheorem 4.2の特別な場合(Dilcherの恒等式などと呼ばれる cf. https://t.co/1aQjjo7iQL のTheorem 8.2)にTheorem 4.1の特別な場合を使えばいいと思いました。
CiNii 論文 -  離散戸田方程式を用いた大規模疎行列の連立一次方程式, 行列式, 固有多項式の計算法(応用可積分系, <特集>平成17年研究部会連合発表会) https://t.co/lXQhDhCMRX #CiNii
@691_7758337633 そうやな、狭すぎるわ 世間は狭いといえば https://t.co/bPJofFBg61

14 0 0 0 OA τ函数の理論

τ函数の理論 モノドロミー不変変形と場の量子論 https://t.co/6zzBv5wpta
パンルヴェ型微分方程式と代数幾何 https://t.co/ionyAJSZ0a
モジュライ理論の回顧と展望 https://t.co/jchLS2SSjA
@linkedamame @susykuitai トンデモと決めつける前に、過去に刊行されている論文などをぜひ一度お読み頂ければありがたいです。研究は長年の努力の結果、トンデモと切り捨てられるのは悲し過ぎますので。 https://t.co/WOoZgtRsBg
@kyow_QQ @tyamada1093 @691_7758337633 体の定義(公理)か集合の公理か一階述語論理の公理あたりをパラメータ化すれば 行けるのでは? 量子集合論とか直観主義集合論とかあるから 新しくq集合論とかw (トンデモ&放言&よく分かっていない) https://t.co/3LXRvJnQPr https://t.co/gpFm5h7pqH
ウィーンにあるシューレーディンがー研究所の歴史の一コマ: "会場,Schrodinger研究所に着いたConreyは,プログラムを見てKeating-Snaithが42の意義づけたに成功したことを知る.そして,その新理論が24024と一致するかどうかに興味を持った." https://t.co/pQPFYd7Pn9
@tsujimotter 青本 和彦「超幾何関数…その過去,現在,そして…」 https://t.co/kHDCn5KTMn あたりはいかがでしょうか。 少し大変ですが,青本和彦・喜多通武「超幾何関数論」 https://t.co/nxUNhkFfyc
昨年の第25回整数論サマースクール「楕円曲線とモジュラー形式の計算」報告集の電子版です: https://t.co/jiajAL3LQ8
数論幾何におけるGalois表現 by 斎藤 毅 https://t.co/I4cpvh0taZ #ガロア表現

フォロー(2303ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

6 2 2 0 OA 国史大辞典

国史大辞典の初版は国立国会図書館デジタルコレクションで読めるけどな。 https://t.co/N6BY0PnKVM
https://t.co/fgrhaqZztU 伊号輸送部隊 軽巡洋艦「長良」「木曽」「多摩」 駆逐艦「若葉」「初春」「旗風」「汐風」「皐月」「夕月」「冬月」「松」 海防艦「四号」 一等輸送艦「四号」 二等輸送艦「一〇四号」「一五二号」「一五三号」 特設輸送艦「能登丸」
@jasper_green 番組見てませんが、ホタルの点滅周期は (同じ種類でも) 地域によって違うようです。(周囲の点滅に合わせる性質もある) https://t.co/3lCTDUt1rC
J-STAGE Articles - 宮崎 真・阿部匡樹・山田祐樹 ほか編著,日常と非日常からみるこころと脳の科学 https://t.co/E1RGdoR90e 基礎心理学会誌 2018 年 37 巻 1 号 p. 41-42 山本健太郎先生(九大)による書評 https://t.co/LdjBZYBTM9
今日のような蒸暑い日には,“動物や植物” を “育成” でもするかのような話がよいであろう. ── アンドレ・ヴェイユ 『ゼータ函数の育成について』 https://t.co/va5FE3To0t
RT @Paul_Painleve: Morales Ruiz流の微分Galois理論の研究者・David Blázquez-sanzは,2009年に当時は新潟におられた矢ヶ崎一幸さんが招待された https://t.co/fG074D7qUB Malgrange流のGuy C…
RT @Paul_Painleve: Morales Ruiz流の微分Galois理論の研究者・David Blázquez-sanzは,2009年に当時は新潟におられた矢ヶ崎一幸さんが招待された https://t.co/fG074D7qUB Malgrange流のGuy C…
RT @kururu1992: @asst_lab 食品添加物である青色一号(ブリリアントブルーFCF)はタンパク質染色試薬であるCBBと構造が似ており、いくつかのタンパク質に吸着することが知られているようです[1] こしあんにもくっつくとかw[2] [1]https://t.…
RT @kururu1992: @asst_lab 食品添加物である青色一号(ブリリアントブルーFCF)はタンパク質染色試薬であるCBBと構造が似ており、いくつかのタンパク質に吸着することが知られているようです[1] こしあんにもくっつくとかw[2] [1]https://t.…
RT @kururu1992: @asst_lab 食品添加物である青色一号(ブリリアントブルーFCF)はタンパク質染色試薬であるCBBと構造が似ており、いくつかのタンパク質に吸着することが知られているようです[1] こしあんにもくっつくとかw[2] [1]https://t.…
すべてをゼータ関数から導き出すというゼータ主義の立場からすれば,(超弦版の)宇宙のゼータ関数を計算することは,その特殊値と振幅との関連等,大変興味あることだと思われる.(黒川信重) https://t.co/rOti8B5QGb
RT @yasuokajihei: (「・ω・)「ガオー @bicycle1885 さんの文章でなかった。 https://t.co/YGi8Sw2cLj 動的プログラミング言語Juliaの紹介
杉浦 光夫, ユニタリ表現論60年, 数学, 1985, 37 巻, 3 号, p. 250-263, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/tqFbjpsoUt, https://t.co/bqQIxbKAC7
杉浦 光夫, ユニタリ表現論60年, 数学, 1985, 37 巻, 3 号, p. 250-263, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/tqFbjpsoUt, https://t.co/bqQIxbKAC7
RT @adhara_mathphys: 赤池 祐次, 影山 優, 川勝 望, 小林 正和, 到達度試験とEMaTから探る呉高専工学系数学の現状と課題, 工学教育, 2019, 67 巻, 2 号, p. 2_44-2_50, 公開日 2019/03/27, Online IS…
RT @adhara_mathphys: 赤池 祐次, 影山 優, 川勝 望, 小林 正和, 到達度試験とEMaTから探る呉高専工学系数学の現状と課題, 工学教育, 2019, 67 巻, 2 号, p. 2_44-2_50, 公開日 2019/03/27, Online IS…
渡邉 敏正, 高藤 大介, EMaT工学系数学統一試験の現状報告, 工学教育, 2009, 57 巻, 1 号, p. 1_78-1_83, 公開日 2009/02/10, Online ISSN 1881-0764, Print ISSN 1341-2167, https://t.co/gELJhexNBN, https://t.co/T720i9M1Z6
渡邉 敏正, 高藤 大介, EMaT工学系数学統一試験の現状報告, 工学教育, 2009, 57 巻, 1 号, p. 1_78-1_83, 公開日 2009/02/10, Online ISSN 1881-0764, Print ISSN 1341-2167, https://t.co/gELJhexNBN, https://t.co/T720i9M1Z6
赤池 祐次, 影山 優, 川勝 望, 小林 正和, 到達度試験とEMaTから探る呉高専工学系数学の現状と課題, 工学教育, 2019, 67 巻, 2 号, p. 2_44-2_50, 公開日 2019/03/27, Online ISSN 1881-0764, Print ISSN 1341-2167, https://t.co/bHbj6Kzoiq, https://t.co/9h43LbDahd
赤池 祐次, 影山 優, 川勝 望, 小林 正和, 到達度試験とEMaTから探る呉高専工学系数学の現状と課題, 工学教育, 2019, 67 巻, 2 号, p. 2_44-2_50, 公開日 2019/03/27, Online ISSN 1881-0764, Print ISSN 1341-2167, https://t.co/bHbj6Kzoiq, https://t.co/9h43LbDahd
廣瀬 英雄, 災害による被害拡大の予測について, 電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティ Fundamentals Review, 2016, 10 巻, 4 号, p. 266-274, 公開日 2017/04/01, Online ISSN 1882-0875, https://t.co/u7slUQDMkW, https://t.co/Tue4GTgtuv
廣瀬 英雄, 災害による被害拡大の予測について, 電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティ Fundamentals Review, 2016, 10 巻, 4 号, p. 266-274, 公開日 2017/04/01, Online ISSN 1882-0875, https://t.co/u7slUQDMkW, https://t.co/Tue4GTgtuv
石井 健一, 微分方程式型モデルによる普及現象の分析, 行動計量学, 1984-1985, 12 巻, 1 号, p. 11-19, 公開日 2011/01/25, Online ISSN 1880-4705, Print ISSN 0385-5481, https://t.co/lwEPqsJTQX, https://t.co/0ggjOvPYqJ
石井 健一, 微分方程式型モデルによる普及現象の分析, 行動計量学, 1984-1985, 12 巻, 1 号, p. 11-19, 公開日 2011/01/25, Online ISSN 1880-4705, Print ISSN 0385-5481, https://t.co/lwEPqsJTQX, https://t.co/0ggjOvPYqJ
佐藤 大輔, 内田 真人, 電子メールを媒介としたコンピューターウイルス感染拡大モデル(インダストリアルマテリアルズ), 応用数理, 2010, 20 巻, 3 号, p. 236-241, 公開日 2017/04/08, Online ISSN 2432-1982, https://t.co/mzfxSfgHjp, https://t.co/aPvZ1fhEJP
佐藤 大輔, 内田 真人, 電子メールを媒介としたコンピューターウイルス感染拡大モデル(インダストリアルマテリアルズ), 応用数理, 2010, 20 巻, 3 号, p. 236-241, 公開日 2017/04/08, Online ISSN 2432-1982, https://t.co/mzfxSfgHjp, https://t.co/aPvZ1fhEJP
村瀬 研也, 連載 医学物理における微分方程式の利用と解法(4), 医学物理, 2016, 36 巻, 1 号, p. 55-61, 公開日 2016/11/30, Online ISSN 2186-9634, Print ISSN 1345-5354, https://t.co/X4SARwfHUb, https://t.co/QmztwComWA
村瀬 研也, 連載 医学物理における微分方程式の利用と解法(4), 医学物理, 2016, 36 巻, 1 号, p. 55-61, 公開日 2016/11/30, Online ISSN 2186-9634, Print ISSN 1345-5354, https://t.co/X4SARwfHUb, https://t.co/QmztwComWA
村瀬 研也, 連載 医学物理における微分方程式の利用と解法(3), 医学物理, 2015, 35 巻, 4 号, p. 297-306, 公開日 2016/08/31, Online ISSN 2186-9634, Print ISSN 1345-5354, https://t.co/a8tBS32pVg, https://t.co/kBkDXoewlI
村瀬 研也, 連載 医学物理における微分方程式の利用と解法(3), 医学物理, 2015, 35 巻, 4 号, p. 297-306, 公開日 2016/08/31, Online ISSN 2186-9634, Print ISSN 1345-5354, https://t.co/a8tBS32pVg, https://t.co/kBkDXoewlI
村瀬 研也, 連載 医学物理における微分方程式の利用と解法(1), 医学物理, 2014, 34 巻, 4 号, p. 227-235, 公開日 2015/12/16, Online ISSN 2186-9634, Print ISSN 1345-5354, https://t.co/c4Fr9OsQva, https://t.co/o9j1LEB3sN,
村瀬 研也, 連載 医学物理における微分方程式の利用と解法(1), 医学物理, 2014, 34 巻, 4 号, p. 227-235, 公開日 2015/12/16, Online ISSN 2186-9634, Print ISSN 1345-5354, https://t.co/c4Fr9OsQva, https://t.co/o9j1LEB3sN,
村瀬 研也, 連載 医学物理における微分方程式の利用と解法(2), 医学物理, 2015, 35 巻, 1 号, p. 49-58, 公開日 2016/01/31, Online ISSN 2186-9634, Print ISSN 1345-5354, https://t.co/joLh4NuI9R, https://t.co/NJjwrzuPW8,
村瀬 研也, 連載 医学物理における微分方程式の利用と解法(2), 医学物理, 2015, 35 巻, 1 号, p. 49-58, 公開日 2016/01/31, Online ISSN 2186-9634, Print ISSN 1345-5354, https://t.co/joLh4NuI9R, https://t.co/NJjwrzuPW8,
これより8年前の記事 吉沢 尚明, 群の表現と球函数, 数学, 1960-1961, 12 巻, 1 号, p. 21-37, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/JkkWf9EKq9, https://t.co/wVZodbwa4z
これより8年前の記事 吉沢 尚明, 群の表現と球函数, 数学, 1960-1961, 12 巻, 1 号, p. 21-37, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/JkkWf9EKq9, https://t.co/wVZodbwa4z

1 1 1 0 OA 文献

文献, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 256-260, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/qFrRSPEyld, https://t.co/otvasfn7YJ

1 1 1 0 OA 文献

文献, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 256-260, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/qFrRSPEyld, https://t.co/otvasfn7YJ

1 1 1 0 OA 書評

杉浦 光夫, 書評, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 255-256, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/am2iY2LuWI, https://t.co/TMdoTKTl4Z

1 1 1 0 OA 書評

杉浦 光夫, 書評, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 255-256, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/am2iY2LuWI, https://t.co/TMdoTKTl4Z
辰馬 伸彦, 局所コンパクト群に対する一般論, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 251-255, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/KAzbxNo8vd, https://t.co/HeTqEjeifS
辰馬 伸彦, 局所コンパクト群に対する一般論, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 251-255, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/KAzbxNo8vd, https://t.co/HeTqEjeifS
田中 俊一, 保型形式と表現論, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 239-251, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/vdptvEtwwH, https://t.co/rsSP3jjJ9g
田中 俊一, 保型形式と表現論, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 239-251, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/vdptvEtwwH, https://t.co/rsSP3jjJ9g
新谷 卓郎, 〓進体上の特殊線型群の二乗可積分既約ユニタリ表現のある種の系列, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 231-239, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/ZkyRdJRhKU, https://t.co/D4EWUg4GQh
新谷 卓郎, 〓進体上の特殊線型群の二乗可積分既約ユニタリ表現のある種の系列, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 231-239, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/ZkyRdJRhKU, https://t.co/D4EWUg4GQh
田中 俊一, Self-dualな体上のSL(2)群の既約ユニタリ表現の構成法について, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 225-231, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/6wh0g508wM, https://t.co/vsZBQ5rbI8
田中 俊一, Self-dualな体上のSL(2)群の既約ユニタリ表現の構成法について, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 225-231, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/6wh0g508wM, https://t.co/vsZBQ5rbI8
岡本 清郷, リー群のユニタリ表現の構成について, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 218-225, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/aKA01FCJ2i, https://t.co/WHUF7wowxm
岡本 清郷, リー群のユニタリ表現の構成について, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 218-225, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/aKA01FCJ2i, https://t.co/WHUF7wowxm
杉浦 光夫, 複素半単純群のユニタリ表現, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 214-218, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/fvhY4vD59y, https://t.co/I4zmkFMIRG
杉浦 光夫, 複素半単純群のユニタリ表現, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 214-218, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/fvhY4vD59y, https://t.co/I4zmkFMIRG
高橋 礼司, 球函数と群の表現論, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 204-213, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/DK6DvWO53m, https://t.co/WLpe39ukwk
高橋 礼司, 球函数と群の表現論, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 204-213, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/DK6DvWO53m, https://t.co/WLpe39ukwk
吉沢 尚明, ユニタリ表現概論, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 194-204, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/EgpQ3ipioq, https://t.co/RVcGD4Wx9M
吉沢 尚明, ユニタリ表現概論, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 194-204, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/EgpQ3ipioq, https://t.co/RVcGD4Wx9M
吉沢 尚明, ユニタリ表現特集号の発刊について, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 193, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/TcIrUu0s9b, https://t.co/t60WRWh6CL
吉沢 尚明, ユニタリ表現特集号の発刊について, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 193, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/TcIrUu0s9b, https://t.co/t60WRWh6CL
RT @harutakuyaharu1: プログラミング言語 Juliaの説明で、MATLABの名前を久々に聞いて学生時代を思い出した。 https://t.co/Mm5vE5pBT2
RT @amasawa_seiji: 論文はこちら。 ⇒/[PDF] 顔の魅力が服の魅力評価に与える影響とその性差 https://t.co/0iAk4nAqBv
焼き調理における加熱条件と推定方法の検討 https://t.co/ZRu9Ah0wvM
RT @amasawa_seiji: 論文はこちら。 ⇒/[PDF] 顔の魅力が服の魅力評価に与える影響とその性差 https://t.co/0iAk4nAqBv

2 2 1 0 OA 寺子屋

『寺子屋』も無料で読める。 https://t.co/qmCGev0cam
無料で読めるが、教育史詳しくないのでめっちゃ勉強になる。 石川謙 庶民教育史 https://t.co/fwihp2fhvD
志村五郎氏は,1960年代の頃の,示唆に満ちた論説『保型函数と整数論』の中で,「整数論いたる所 ゼータ関数あり」という言葉で,整数論におけるゼータ関数の重要性,ゼータ関数を中心にして整数論を見ることの重要性を述べられた. https://t.co/K6FJuFnfnT

10 7 5 1 OA Q & A

#新型コロナ・Covid19を数学から考える ▶「PCR検査」に関係する確率・統計学を  学ぶための資料 (1) 「Q&A 感度・特異度・精度」 https://t.co/1Y9EAW4h9U 雑誌「医学図書館」2004年 Vol. 51 2ページのPDF記事 ・感度(=真陽性率) ・特異度(=真陰性率) ・適合率=陽性的中率 (※"精度")
RT @adhara_mathphys: そんな広田先生が行 列 式と パ フィァンという連載を書いていて、行列式を最初に研究したと言われる関孝和について書いてます。 https://t.co/iOLWDtrRqf https://t.co/0dGlOlECC9
RT @adhara_mathphys: そんな広田先生が行 列 式と パ フィァンという連載を書いていて、行列式を最初に研究したと言われる関孝和について書いてます。 https://t.co/iOLWDtrRqf https://t.co/0dGlOlECC9
RT @kyow_QQ: 行列式の恒等式オタクpdf https://t.co/LBfnLaz340
RT @adhara_mathphys: そんな広田先生が行 列 式と パ フィァンという連載を書いていて、行列式を最初に研究したと言われる関孝和について書いてます。 https://t.co/iOLWDtrRqf https://t.co/0dGlOlECC9
RT @adhara_mathphys: そんな広田先生が行 列 式と パ フィァンという連載を書いていて、行列式を最初に研究したと言われる関孝和について書いてます。 https://t.co/iOLWDtrRqf https://t.co/0dGlOlECC9
RT @kyow_QQ: 行列式の恒等式オタクpdf https://t.co/LBfnLaz340
RT @okabe_: #情報処理学会 #第82回全国大会 の記録を「実録 緊急オンライン開催」として学会誌に寄稿いたしました。 https://t.co/cExjalVS1O
RT @sinya8282: 『純粋数学としての組合せ論 ——代数的組合せ論のめざすもの——』 https://t.co/DevB05FJ6g
RT @sinya8282: 『純粋数学としての組合せ論 ——代数的組合せ論のめざすもの——』 https://t.co/DevB05FJ6g
『純粋数学としての組合せ論 ——代数的組合せ論のめざすもの——』 https://t.co/DevB05FJ6g
指数的に変化する現象については異論ないのだけれどそうでないものについて対数化の意味についての解説があまりないなあ。 Poisson分布に従う変数の対数変換の妥当性 https://t.co/1uBmParyrg

フォロワー(2121ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

6 2 2 0 OA 国史大辞典

国史大辞典の初版は国立国会図書館デジタルコレクションで読めるけどな。 https://t.co/N6BY0PnKVM
https://t.co/fgrhaqZztU 伊号輸送部隊 軽巡洋艦「長良」「木曽」「多摩」 駆逐艦「若葉」「初春」「旗風」「汐風」「皐月」「夕月」「冬月」「松」 海防艦「四号」 一等輸送艦「四号」 二等輸送艦「一〇四号」「一五二号」「一五三号」 特設輸送艦「能登丸」

44 42 42 0 OA 猿蟹合戦

RT @NIJL_collectors: >RT 国立国会図書館さんが、#ウェブ会議 用の #背景画像 として作成・配布されている「猿蟹合戦」。元データも全丁、カワイイのでオススメ!カニ軍の幟旗はハサミ✂ https://t.co/OWWzdgwNwp https://t.c…
@jasper_green 番組見てませんが、ホタルの点滅周期は (同じ種類でも) 地域によって違うようです。(周囲の点滅に合わせる性質もある) https://t.co/3lCTDUt1rC
J-STAGE Articles - 宮崎 真・阿部匡樹・山田祐樹 ほか編著,日常と非日常からみるこころと脳の科学 https://t.co/E1RGdoR90e 基礎心理学会誌 2018 年 37 巻 1 号 p. 41-42 山本健太郎先生(九大)による書評 https://t.co/LdjBZYBTM9
RT @Paul_Painleve: Morales Ruiz流の微分Galois理論の研究者・David Blázquez-sanzは,2009年に当時は新潟におられた矢ヶ崎一幸さんが招待された https://t.co/fG074D7qUB Malgrange流のGuy C…
RT @Paul_Painleve: Morales Ruiz流の微分Galois理論の研究者・David Blázquez-sanzは,2009年に当時は新潟におられた矢ヶ崎一幸さんが招待された https://t.co/fG074D7qUB Malgrange流のGuy C…
RT @kururu1992: @asst_lab 食品添加物である青色一号(ブリリアントブルーFCF)はタンパク質染色試薬であるCBBと構造が似ており、いくつかのタンパク質に吸着することが知られているようです[1] こしあんにもくっつくとかw[2] [1]https://t.…
RT @kururu1992: @asst_lab 食品添加物である青色一号(ブリリアントブルーFCF)はタンパク質染色試薬であるCBBと構造が似ており、いくつかのタンパク質に吸着することが知られているようです[1] こしあんにもくっつくとかw[2] [1]https://t.…
RT @kururu1992: @asst_lab 食品添加物である青色一号(ブリリアントブルーFCF)はタンパク質染色試薬であるCBBと構造が似ており、いくつかのタンパク質に吸着することが知られているようです[1] こしあんにもくっつくとかw[2] [1]https://t.…
RT @yasuokajihei: (「・ω・)「ガオー @bicycle1885 さんの文章でなかった。 https://t.co/YGi8Sw2cLj 動的プログラミング言語Juliaの紹介
杉浦 光夫, ユニタリ表現論60年, 数学, 1985, 37 巻, 3 号, p. 250-263, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/tqFbjpsoUt, https://t.co/bqQIxbKAC7
杉浦 光夫, ユニタリ表現論60年, 数学, 1985, 37 巻, 3 号, p. 250-263, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/tqFbjpsoUt, https://t.co/bqQIxbKAC7
RT @adhara_mathphys: 赤池 祐次, 影山 優, 川勝 望, 小林 正和, 到達度試験とEMaTから探る呉高専工学系数学の現状と課題, 工学教育, 2019, 67 巻, 2 号, p. 2_44-2_50, 公開日 2019/03/27, Online IS…
RT @adhara_mathphys: 赤池 祐次, 影山 優, 川勝 望, 小林 正和, 到達度試験とEMaTから探る呉高専工学系数学の現状と課題, 工学教育, 2019, 67 巻, 2 号, p. 2_44-2_50, 公開日 2019/03/27, Online IS…
渡邉 敏正, 高藤 大介, EMaT工学系数学統一試験の現状報告, 工学教育, 2009, 57 巻, 1 号, p. 1_78-1_83, 公開日 2009/02/10, Online ISSN 1881-0764, Print ISSN 1341-2167, https://t.co/gELJhexNBN, https://t.co/T720i9M1Z6
渡邉 敏正, 高藤 大介, EMaT工学系数学統一試験の現状報告, 工学教育, 2009, 57 巻, 1 号, p. 1_78-1_83, 公開日 2009/02/10, Online ISSN 1881-0764, Print ISSN 1341-2167, https://t.co/gELJhexNBN, https://t.co/T720i9M1Z6
赤池 祐次, 影山 優, 川勝 望, 小林 正和, 到達度試験とEMaTから探る呉高専工学系数学の現状と課題, 工学教育, 2019, 67 巻, 2 号, p. 2_44-2_50, 公開日 2019/03/27, Online ISSN 1881-0764, Print ISSN 1341-2167, https://t.co/bHbj6Kzoiq, https://t.co/9h43LbDahd
赤池 祐次, 影山 優, 川勝 望, 小林 正和, 到達度試験とEMaTから探る呉高専工学系数学の現状と課題, 工学教育, 2019, 67 巻, 2 号, p. 2_44-2_50, 公開日 2019/03/27, Online ISSN 1881-0764, Print ISSN 1341-2167, https://t.co/bHbj6Kzoiq, https://t.co/9h43LbDahd
廣瀬 英雄, 災害による被害拡大の予測について, 電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティ Fundamentals Review, 2016, 10 巻, 4 号, p. 266-274, 公開日 2017/04/01, Online ISSN 1882-0875, https://t.co/u7slUQDMkW, https://t.co/Tue4GTgtuv
廣瀬 英雄, 災害による被害拡大の予測について, 電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティ Fundamentals Review, 2016, 10 巻, 4 号, p. 266-274, 公開日 2017/04/01, Online ISSN 1882-0875, https://t.co/u7slUQDMkW, https://t.co/Tue4GTgtuv
石井 健一, 微分方程式型モデルによる普及現象の分析, 行動計量学, 1984-1985, 12 巻, 1 号, p. 11-19, 公開日 2011/01/25, Online ISSN 1880-4705, Print ISSN 0385-5481, https://t.co/lwEPqsJTQX, https://t.co/0ggjOvPYqJ
石井 健一, 微分方程式型モデルによる普及現象の分析, 行動計量学, 1984-1985, 12 巻, 1 号, p. 11-19, 公開日 2011/01/25, Online ISSN 1880-4705, Print ISSN 0385-5481, https://t.co/lwEPqsJTQX, https://t.co/0ggjOvPYqJ
佐藤 大輔, 内田 真人, 電子メールを媒介としたコンピューターウイルス感染拡大モデル(インダストリアルマテリアルズ), 応用数理, 2010, 20 巻, 3 号, p. 236-241, 公開日 2017/04/08, Online ISSN 2432-1982, https://t.co/mzfxSfgHjp, https://t.co/aPvZ1fhEJP
佐藤 大輔, 内田 真人, 電子メールを媒介としたコンピューターウイルス感染拡大モデル(インダストリアルマテリアルズ), 応用数理, 2010, 20 巻, 3 号, p. 236-241, 公開日 2017/04/08, Online ISSN 2432-1982, https://t.co/mzfxSfgHjp, https://t.co/aPvZ1fhEJP
村瀬 研也, 連載 医学物理における微分方程式の利用と解法(4), 医学物理, 2016, 36 巻, 1 号, p. 55-61, 公開日 2016/11/30, Online ISSN 2186-9634, Print ISSN 1345-5354, https://t.co/X4SARwfHUb, https://t.co/QmztwComWA
村瀬 研也, 連載 医学物理における微分方程式の利用と解法(4), 医学物理, 2016, 36 巻, 1 号, p. 55-61, 公開日 2016/11/30, Online ISSN 2186-9634, Print ISSN 1345-5354, https://t.co/X4SARwfHUb, https://t.co/QmztwComWA
村瀬 研也, 連載 医学物理における微分方程式の利用と解法(3), 医学物理, 2015, 35 巻, 4 号, p. 297-306, 公開日 2016/08/31, Online ISSN 2186-9634, Print ISSN 1345-5354, https://t.co/a8tBS32pVg, https://t.co/kBkDXoewlI
村瀬 研也, 連載 医学物理における微分方程式の利用と解法(3), 医学物理, 2015, 35 巻, 4 号, p. 297-306, 公開日 2016/08/31, Online ISSN 2186-9634, Print ISSN 1345-5354, https://t.co/a8tBS32pVg, https://t.co/kBkDXoewlI
村瀬 研也, 連載 医学物理における微分方程式の利用と解法(1), 医学物理, 2014, 34 巻, 4 号, p. 227-235, 公開日 2015/12/16, Online ISSN 2186-9634, Print ISSN 1345-5354, https://t.co/c4Fr9OsQva, https://t.co/o9j1LEB3sN,
村瀬 研也, 連載 医学物理における微分方程式の利用と解法(1), 医学物理, 2014, 34 巻, 4 号, p. 227-235, 公開日 2015/12/16, Online ISSN 2186-9634, Print ISSN 1345-5354, https://t.co/c4Fr9OsQva, https://t.co/o9j1LEB3sN,
村瀬 研也, 連載 医学物理における微分方程式の利用と解法(2), 医学物理, 2015, 35 巻, 1 号, p. 49-58, 公開日 2016/01/31, Online ISSN 2186-9634, Print ISSN 1345-5354, https://t.co/joLh4NuI9R, https://t.co/NJjwrzuPW8,
村瀬 研也, 連載 医学物理における微分方程式の利用と解法(2), 医学物理, 2015, 35 巻, 1 号, p. 49-58, 公開日 2016/01/31, Online ISSN 2186-9634, Print ISSN 1345-5354, https://t.co/joLh4NuI9R, https://t.co/NJjwrzuPW8,
これより8年前の記事 吉沢 尚明, 群の表現と球函数, 数学, 1960-1961, 12 巻, 1 号, p. 21-37, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/JkkWf9EKq9, https://t.co/wVZodbwa4z
これより8年前の記事 吉沢 尚明, 群の表現と球函数, 数学, 1960-1961, 12 巻, 1 号, p. 21-37, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/JkkWf9EKq9, https://t.co/wVZodbwa4z

1 1 1 0 OA 文献

文献, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 256-260, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/qFrRSPEyld, https://t.co/otvasfn7YJ

1 1 1 0 OA 文献

文献, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 256-260, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/qFrRSPEyld, https://t.co/otvasfn7YJ

1 1 1 0 OA 書評

杉浦 光夫, 書評, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 255-256, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/am2iY2LuWI, https://t.co/TMdoTKTl4Z

1 1 1 0 OA 書評

杉浦 光夫, 書評, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 255-256, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/am2iY2LuWI, https://t.co/TMdoTKTl4Z
辰馬 伸彦, 局所コンパクト群に対する一般論, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 251-255, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/KAzbxNo8vd, https://t.co/HeTqEjeifS
辰馬 伸彦, 局所コンパクト群に対する一般論, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 251-255, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/KAzbxNo8vd, https://t.co/HeTqEjeifS
田中 俊一, 保型形式と表現論, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 239-251, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/vdptvEtwwH, https://t.co/rsSP3jjJ9g
田中 俊一, 保型形式と表現論, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 239-251, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/vdptvEtwwH, https://t.co/rsSP3jjJ9g
新谷 卓郎, 〓進体上の特殊線型群の二乗可積分既約ユニタリ表現のある種の系列, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 231-239, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/ZkyRdJRhKU, https://t.co/D4EWUg4GQh
新谷 卓郎, 〓進体上の特殊線型群の二乗可積分既約ユニタリ表現のある種の系列, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 231-239, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/ZkyRdJRhKU, https://t.co/D4EWUg4GQh
田中 俊一, Self-dualな体上のSL(2)群の既約ユニタリ表現の構成法について, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 225-231, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/6wh0g508wM, https://t.co/vsZBQ5rbI8
田中 俊一, Self-dualな体上のSL(2)群の既約ユニタリ表現の構成法について, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 225-231, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/6wh0g508wM, https://t.co/vsZBQ5rbI8
岡本 清郷, リー群のユニタリ表現の構成について, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 218-225, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/aKA01FCJ2i, https://t.co/WHUF7wowxm
岡本 清郷, リー群のユニタリ表現の構成について, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 218-225, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/aKA01FCJ2i, https://t.co/WHUF7wowxm
杉浦 光夫, 複素半単純群のユニタリ表現, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 214-218, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/fvhY4vD59y, https://t.co/I4zmkFMIRG
杉浦 光夫, 複素半単純群のユニタリ表現, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 214-218, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/fvhY4vD59y, https://t.co/I4zmkFMIRG
高橋 礼司, 球函数と群の表現論, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 204-213, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/DK6DvWO53m, https://t.co/WLpe39ukwk
高橋 礼司, 球函数と群の表現論, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 204-213, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/DK6DvWO53m, https://t.co/WLpe39ukwk
吉沢 尚明, ユニタリ表現概論, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 194-204, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/EgpQ3ipioq, https://t.co/RVcGD4Wx9M
吉沢 尚明, ユニタリ表現概論, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 194-204, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/EgpQ3ipioq, https://t.co/RVcGD4Wx9M
吉沢 尚明, ユニタリ表現特集号の発刊について, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 193, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/TcIrUu0s9b, https://t.co/t60WRWh6CL
吉沢 尚明, ユニタリ表現特集号の発刊について, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 193, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/TcIrUu0s9b, https://t.co/t60WRWh6CL
RT @harutakuyaharu1: プログラミング言語 Juliaの説明で、MATLABの名前を久々に聞いて学生時代を思い出した。 https://t.co/Mm5vE5pBT2
RT @subarusatosi: 日本語訳(1927)は https://t.co/Qc4GhPl8fY ハイゼンベルクの第1論文については朝永『量子力学Ⅰ』が詳しい。
RT @amasawa_seiji: 論文はこちら。 ⇒/[PDF] 顔の魅力が服の魅力評価に与える影響とその性差 https://t.co/0iAk4nAqBv
焼き調理における加熱条件と推定方法の検討 https://t.co/ZRu9Ah0wvM
RT @amasawa_seiji: 論文はこちら。 ⇒/[PDF] 顔の魅力が服の魅力評価に与える影響とその性差 https://t.co/0iAk4nAqBv

2 2 1 0 OA 寺子屋

『寺子屋』も無料で読める。 https://t.co/qmCGev0cam
無料で読めるが、教育史詳しくないのでめっちゃ勉強になる。 石川謙 庶民教育史 https://t.co/fwihp2fhvD

10 7 5 1 OA Q & A

#新型コロナ・Covid19を数学から考える ▶「PCR検査」に関係する確率・統計学を  学ぶための資料 (1) 「Q&A 感度・特異度・精度」 https://t.co/1Y9EAW4h9U 雑誌「医学図書館」2004年 Vol. 51 2ページのPDF記事 ・感度(=真陽性率) ・特異度(=真陰性率) ・適合率=陽性的中率 (※"精度")
RT @adhara_mathphys: そんな広田先生が行 列 式と パ フィァンという連載を書いていて、行列式を最初に研究したと言われる関孝和について書いてます。 https://t.co/iOLWDtrRqf https://t.co/0dGlOlECC9
RT @adhara_mathphys: そんな広田先生が行 列 式と パ フィァンという連載を書いていて、行列式を最初に研究したと言われる関孝和について書いてます。 https://t.co/iOLWDtrRqf https://t.co/0dGlOlECC9
RT @kyow_QQ: 行列式の恒等式オタクpdf https://t.co/LBfnLaz340
RT @adhara_mathphys: そんな広田先生が行 列 式と パ フィァンという連載を書いていて、行列式を最初に研究したと言われる関孝和について書いてます。 https://t.co/iOLWDtrRqf https://t.co/0dGlOlECC9
RT @adhara_mathphys: そんな広田先生が行 列 式と パ フィァンという連載を書いていて、行列式を最初に研究したと言われる関孝和について書いてます。 https://t.co/iOLWDtrRqf https://t.co/0dGlOlECC9
RT @kyow_QQ: 行列式の恒等式オタクpdf https://t.co/LBfnLaz340
RT @sinya8282: 『純粋数学としての組合せ論 ——代数的組合せ論のめざすもの——』 https://t.co/DevB05FJ6g
RT @okabe_: #情報処理学会 #第82回全国大会 の記録を「実録 緊急オンライン開催」として学会誌に寄稿いたしました。 https://t.co/cExjalVS1O
RT @sinya8282: 『純粋数学としての組合せ論 ——代数的組合せ論のめざすもの——』 https://t.co/DevB05FJ6g
RT @sinya8282: 『純粋数学としての組合せ論 ——代数的組合せ論のめざすもの——』 https://t.co/DevB05FJ6g
『純粋数学としての組合せ論 ——代数的組合せ論のめざすもの——』 https://t.co/DevB05FJ6g
指数的に変化する現象については異論ないのだけれどそうでないものについて対数化の意味についての解説があまりないなあ。 Poisson分布に従う変数の対数変換の妥当性 https://t.co/1uBmParyrg
RT @hinatanococo: @tbs_news こちらも。顕微鏡に置いた手の形が同じ。 731部隊とは無関係。 1910-11年満洲地域でペスト大流行した時、日本が防疫・研究で支援した際の。 『明治四十三四年南滿州「ペスト」流行誌附録寫眞帖』 「長春隔離病舎細菌室の一…