ご冗談でしょう、ワインマンさん (@AlldependsonMe)

投稿一覧(最新100件)

CiNii 論文 -  シュタイン行政国家論の成立 (杉ノ原保夫名誉教授退任記念号) https://t.co/AxwS5tI9wC #CiNii 木村周市朗先生の研究すごく参考になる。シュタイン面白い。
窪誠「なぜ,日本国憲法「公共の福祉」概念が,国連人権機関で問題とされるのか?」 https://t.co/lF2Xqi6LBO #CiNii “被差別者が……ひとたび,彼らが人間としての権利を主張するや否,「身の程知らず」「わがまま」といった非難の対象とされるのである”
CiNii 論文 -  杉田孝夫・田崎聖子「翻訳 福祉の概念史(1)」 https://t.co/5lFAuFel5f #CiNii これの1~3を再読。「福祉」をあらためて考えるためにここで書かれていることを頭に叩き込む必要がある。
CiNii 論文 -  鈴木宗徳「法制化と政治的公共性」 https://t.co/40PQgszWct #CiNii
RT @cas84920: ホッブズ『法の原理』の翻訳に対する厳しい批判。わが国におけるホッブズ研究・ホッブズ受容の問題点がわかる書評。https://t.co/MWmWalPGtT
CiNii 論文 -  田中拓道「フランスの社会政策思想と現代(<特集>社会改革思想と現代-社会政策の思想的基盤を問う)」 https://t.co/SiT9GgXNZv #CiNii 2015年3月刊行だからあと少し待てば読めるようになる!学会誌電子化まで2年は国外勢に厳しい。
CiNii 論文 -  高田敏「ドイツ的給付行政論の問題性:福祉と治安 序説」1969 https://t.co/lMIx6cpJ1i #CiNii
CiNii 論文 -  野田博也「アメリカにおけるホームレス状態への福祉政策と治安政策の「併存」に関する一考察」 https://t.co/TwVYPpSXNq
CiNii 論文 -  藤澤三宝子「日本の低所得と生活保護制度-JGSSデータによる社会扶助受給決定要因分析を通して」- https://t.co/2qyTy11L3V #CiNii “主な結果は①生活保護制度の捕捉率は13%程度と低く、また捕捉率は戦後から微減傾向にある”
姫岡とし子「日本とドイツの反フェミニズムとナショナリズム」 https://t.co/p5nSPqpYPQ #CiNii 本文中で言及されている、ドイツの反フェミニズム団体。 https://t.co/wTMd3Y1jU6 https://t.co/QCyNb7PQNt
CiNii 図書 - 日本経済調査協議会『 福祉とは何か : アノミー・インデックスを中心として』 https://t.co/L5ks3cGheg #CiNii
CiNii 図書 - 社会経済国民会議「よみがえる福祉国家 : 欧州労働・福祉問題調査団報告書」1980年 https://t.co/VKPpxqlZ6P #CiNii
CiNii 図書 - 平田冨太郎編・監修(社会経済国民会議)「苦悩するヨーロッパ : 失業と福祉のはざまに」1978年 https://t.co/SFIGNj0aT4 #CiNii
CiNii 図書 - 社会経済国民会議「総合的福祉政策の理念と方向 : 日本型福祉社会の提唱」 https://t.co/h5Mm6kxjVt #CiNii
CiNii 図書 - 社会経済国民会議「福祉政策の総合的検討 : 総合的福祉政策の国民合意を求めて」1978年 https://t.co/KsDGhvmtZQ #CiNii
CiNii 図書 - 内閣官房内閣審議室分室・内閣総理大臣補佐官室編「家庭基盤の充実 : 家庭基盤充実研究グループ」1980年 https://t.co/6XhnCCUWun #CiNii
CiNii 論文 -  西村 豁通「福祉社会論と総合福祉政策の展開--八〇年代戦略としての「日本型福祉社会構想」」1980年 https://t.co/yZKCalOEVC #CiNii
CiNii 論文 -  向井洋子「アメリカ福祉政策の歴史--政策を支えたイデオロギーを中心に」 https://t.co/KksJ7EJFto #CiNii
CiNii 論文 -  廣畑圭介「報告 米軍占領下における沖縄の社会福祉史--「おきなわ」の「社会福祉」と日本社会福祉史研究」2002年 https://t.co/qMAf4CZy5c #CiNii
CiNii 論文 -  中野育男「占領下沖縄の児童福祉」2004年 https://t.co/ip9Q3MgKCb #CiNii
CiNii 論文 -  北村香織「米軍占領下の沖縄における社会福祉政策」2008年 https://t.co/T3cLbN4BT4 #CiNii
CiNii 論文 -  福田菊「国際婦人年世界会議資料 (国際婦人年世界会議)」 https://t.co/rhk4hTc2hy #CiNii
CiNii 論文 -  有澤知子「女性差別撤廃条約の日本とドイツへの影響 : 暫定的特別措置を中心に (特集 女性が真に活躍できる社会を目指して)」 https://t.co/VMH1ICZWz0 #CiNii
CiNii 図書 - 政策構想フォーラム「中期展望と当面の不況克服策」1976年 https://t.co/N4xhKzTfVo #CiNii
CiNii Articles -  早川崇「家庭基盤の充実に関する対策要綱(政策シリ-ズ)」 https://t.co/8J7oMoWmoh #CiNii
CiNii 論文 -  月刊自由民主「党員基礎講座-12-日本型福祉社会--高齢化時代に対応して」 https://t.co/Yvbem823Xh #CiNii
CiNii 論文 -  坂本正之「「日本型福祉社会」構想とその理論的背景について」 https://t.co/t2PWpAOFzY #CiNii
CiNii 論文 -  加来祥男「エルバ-フェルト制度の成立--ドイツ救貧制度史の一駒」 https://t.co/hQB7idLGLj #CiNii
CiNii 論文 -  加来祥男「<論文>エルバーフェルト制度の展開(1)」 「同(2)」  https://t.co/UOag54Pifz  https://t.co/HecmR7Spa9 #CiNii
CiNii 論文 -  加来祥男「<論文>エルバーフェルト制度の展開(1)」 「同(2)」  https://t.co/UOag54Pifz  https://t.co/HecmR7Spa9 #CiNii
CiNii 論文 -  加来祥男「第1次世界大戦期ドイツの救貧制度」 https://t.co/JNywJwStUf #CiNii
CiNii 論文 -  中野敏子「戦後障害者福祉における「相談支援」の形成過程分析 : 論点と展望 (遠藤興一教授退任記念論文集)」 https://t.co/BP2BqwNsvB #CiNii
CiNii 論文 -  遠藤興一「初期方面委員活動における制度と人の問題」 https://t.co/ONThFCBEEl #CiNii
CiNii 論文 -  遠藤興一「方面委員制度史論序説」 https://t.co/a1anVbVJyE #CiNii
CiNii 論文 -  遠藤興一「方面委員活動の史論的展開について-上-」 https://t.co/VEQ6ZhT628 「同-下-」 https://t.co/3eJ9UmKdAk #CiNii
CiNii 論文 -  遠藤興一「方面委員活動の史論的展開について-上-」 https://t.co/VEQ6ZhT628 「同-下-」 https://t.co/3eJ9UmKdAk #CiNii
CiNii 論文 -  遠藤興一「民生委員制度の歴史 (民生委員制度60年<特集>)」 https://t.co/371P58A4PT #CiNii
CiNii 論文 -  遠藤興一「慈善事業における「家」の問題--明治期キリスト教思想史の一側面」 https://t.co/GFFZhdhz16 #CiNii
CiNii 論文 -  遠藤興一「社会福祉における近代--その史的構造と機能について」 https://t.co/jyPXbaqF8N #CiNii
CiNii 論文 -  遠藤興一「民間社会事業の組織化をたどる (〔月刊福祉〕創刊80周年記念特大号--福祉・昭和史--月刊福祉にみる昭和史<特集>) -- (「月刊福祉」にみる昭和史--「月刊福祉」を飾った人びと)」 https://t.co/Gspm9QBa3L #CiNii
CiNii 論文 -  遠藤興一「近代社会事業の論理」 https://t.co/IfrIKPyQe8 #CiNii
CiNii 論文 -  遠藤興一「大都市における隣保館事業の性格と特徴--東京府社会事業協会史の一齣」 https://t.co/FEX5zvBJU6 #CiNii
CiNii 論文 -  若尾典子「「女性の人権」への基礎視角 : 川島武宜氏と渡辺洋三氏の家族論をめぐって(長谷川正安教授退官記念論文集 : 転機にたつ憲法と憲法学)」 https://t.co/NePf7XeRmJ #CiNii
CiNii 論文 -  植野妙実子「憲法24条と憲法「改正」・教育基本法「改正」 (特集=現代家族をめぐる法状況--個人の尊厳と両性の平等をめぐって)」 https://t.co/iJO2dXA6Gn #CiNii
CiNii 論文 -  中里見博「民科法律部会憲法問題特別委員会(8)現代改憲論における家族条項改変問題」 https://t.co/j0BZruYKBL #CiNii
CiNii 論文 -  中里見博「家族が担う「公」と「私」--親密圏への法的介入 (コロキウム=親密圏と公共圏--ジェンダー視点から見た民主主義法学の課題)」 https://t.co/om4wQHQ9nc #CiNii
CiNii 論文 -  杉本貴代栄「福祉政策の実現と地域行政--民生委員・行政協力員の役割と変容 (福祉見直し論再考<主集>)」 https://t.co/I8MnUKCEQi #CiNii
CiNii 論文 -  杉本貴代栄「社会福祉とジェンダー・バイアス : 社会福祉は「女性の権利」をどう扱ってきたのか (通巻第120号記念特大号) -- (特集 現代社会福祉における権利の位置)」 https://t.co/cMAZNRuaqd #CiNii
CiNii 論文 -  岡田 英己子「20世紀末のドイツ社会福祉思想の新潮流--新しい社会(福祉)運動との関連 (特集 20世紀末の社会福祉)」 https://t.co/lg1eMYruIH #CiNii
CiNii 論文 -  鈴木彩加「保守運動と「家族の価値」に関する一考察 : "苦労する母親"像の変遷に着目して」 https://t.co/MIyPsgiZUk #CiNii
CiNii 論文 -  今井小の実「ストラスブールの社会福祉行政(1)」 https://t.co/wVAd8WU531 #CiNii “現在、女性の社会進出と社会事業の展開における相互関係について研究を進めている” ほげええええ!!関学人間福祉学部に、どんぴしゃの研究する方が!
CiNii 論文 -  岡野八代「ジェンダーの政治に賭けられているもの : 憲法24条の可能性(2005年度第2回コロキウム)」 https://t.co/veDt256fnZ #CiNii 岡野は10年以上前に自民党改憲案で大幅に内容が変えられた憲法24条について言及している。
石楿(そく・ひゃん)「日本女性政策の変化と『ジェンダー・バックラッシュ』に関する歴史的研究」 https://t.co/49AadVR2LB 同『ジェンダー・バックラッシュとは何だったのか――史的総括と未来へ向けて』 https://t.co/0N80PtN2cT 素晴らしい研究
CiNii Articles -  川越修「1970年代のドイツ連邦共和国における家族変動と男性 (シンポジウム ジェンダーで読むドイツ) 」 https://t.co/WsrYLLBTES #CiNii
CiNii Articles -  小野清美「ドイツ新自由主義の誕生とワイマル末期の政治」 https://t.co/HcbzrFJZsA #CiNii
CiNii 論文 -  福澤直樹「ドイツにおける失業給付制度の展開と福祉国家の形成 : 第二帝政期からヴァイマール期にいたる失業問題認識と国家的対応」 https://t.co/LrWpvAlxRp #CiNii
CiNii 論文 -  岡田桂「喚起的なキス:サッカーにおける男らしさとホモソーシャリティ」 https://t.co/dclNWdtVVD #CiNii “こうした行為は「自分たちは同性愛者ではない」という確固とした前提に基づいた、逆説的な「男らしさ」の表出であるといえる”
CiNii 論文 -  利谷信義「戸籍制度の役割と問題点 (家族の変貌と家族法の課題--自立する個人と家族の連帯<特集>) -- (家族法の遠景)」 https://t.co/FKCNGze9SP #CiNii
CiNii 論文 -  森永 佳江「福祉国家における優生政策の意義 : デンマークとドイツとの比較において」 https://t.co/TqrOC7qSuG #CiNii
@kettansai こういう論文を以前読みました>牧野 カツコ「子育ての場という家族幻想—近代家族における子育て機能の衰退—」『家族社会学研究』第21巻第1号(2009) https://t.co/J7MBclXNWR
CiNii 論文 -  田澤薫「保育の制度変革をめぐる史的検討 : 児童福祉法における措置制度と公的責任論を手がかりとして」 https://t.co/Gjk3lliTf2 #CiNii
CiNii 論文 -  西田谷洋「潜在性を見るということ--新海誠『雲のむこう、約束の場所』の構造」 https://t.co/3jw1qD1TyY #CiNii
CiNii 論文 -  青木敬士「Web2.0時代の日本語表現(1) : 美しき背景を背負った「対話」の消滅 : アニメ作家・新海誠作品の読解」 https://t.co/nHOn9kddcW #CiNii
CiNii 論文 -  太田裕一「新海誠`秒速5センチメートル'における幻想の北関東」 https://t.co/FcIt2hBBeK #CiNii こんな論文があったとは。
CiNii 論文 -  岡本英男「スウェーデン福祉国家の変容 : 「支援国家(enabling state)」という概念を手掛かりにして (江藤勝教授退任記念号)」 https://t.co/a6tw7hOLKK #CiNii
CiNii 論文 -  中村文哉<論文><ふるさと>の二つのかたち : 釜ヶ崎・沖縄移民・沖縄のハンセン病経験者にとっての<ふるさと> https://t.co/VSteDDNc3a #CiNii
CiNii 論文 -  小川有美「デンマ-クにおける議院内閣制問題と「体制変革」--スカンディナヴィア比較政治の視座から」 https://t.co/LMI2cgJvxa #CiNii
CiNii 論文 -  松本由美「フランスにおける医療保障制度の変容 : 共済組合による相互扶助から一般制度による医療保険へ」 https://t.co/dqAjgXjYjG #CiNii
CiNii 論文 -  藤松素子「地域福祉をめぐる論点と課題 : 地域福祉の成立要件とは何か」 https://t.co/76tF0cbYBi #CiNii
CiNii 論文 -  石黒暢「デンマークにおける予防的家庭訪問に関する考察 : 福祉情報化の視点から」 https://t.co/5P9QmQd8dc #CiNii
CiNii 論文 - 越田明子「 国の福祉政策と自治体による施策の実施過程に関する研究 : 生活支援ハウスの設置をめぐって」 https://t.co/YipyZdl3MY #CiNii
CiNii 論文 -  汲田千賀子「デンマークの認知症ケア国家戦略と福祉・介護人材 (特集 認知症対策の国際比較)」 https://t.co/AbPlyWmswR #CiNii
CiNii 論文 -  山内利秋「中心市街地の伝統は継承されるのか : 学生のまちづくり活動を通して」 https://t.co/5dLqYxUwuJ #CiNii
CiNii 論文 -  田中秀一郎「社会福祉学と法律学の架け橋としての権利擁護 : 『ソーシャルワークと権利擁護』を読んで(書評論文1)」 https://t.co/zpBOzQFKoz #CiNii
CiNii 論文 -  田中秀一郎「ドイツ年金保険における世代間契約 : 世代間契約概念の歴史的変遷を中心として」 https://t.co/rCgTt2Ag8h #CiNii
財団法人社会福祉振興・試験センター平成20年度助成研究 特にデンマーク王国・ドイツ連邦共和国における高齢者介護専門職員養成に関する調査研究に基づく 3年制の介護福祉士養成高度化に関する研究の報告 2009.3. https://t.co/roCP0VWkNJ #CiNii
CiNii 論文-福祉人材 欧州高等教育圏の構築とソーシャルワーカーの養成教育改革--デンマーク及びドイツの事例を中心に ([日本社会事業大学社会福祉学会]第49回社会福祉研究大会報告) -- (各分科会からの報告) https://t.co/HEyOBqTcJv #CiNii
CiNii 論文 -  池田由里子「社会福祉国家「デンマーク」からの学び : 高齢者の地域生活を支える取組みとは」 https://t.co/bJNUNJGsHz #CiNii
CiNii 論文 -  菱沼幹男「福祉専門職による地域支援スキルの促進要因分析 : コミュニティソーシャルワークを展開するシステム構築に向けて」 https://t.co/kLvv2ZDyWk #CiNii
CiNii 論文 -  社会事業成立期における国家と宗教の位相--公益と愛の間で (社会福祉の思想史--その可能性) https://t.co/E0Mi8HUVgF #CiNii
CiNii 論文 -  加藤博文「福祉史から学ぶ宗教性の役割 : 社会福祉課題に宗教性をどう活かすか (特集 宗教と福祉)」 https://t.co/xYNi3Glerx #CiNii
CiNii 論文 -  秋山智久「社会福祉と宗教-実践の一つの源泉」- https://t.co/dtp6P62vXt #CiNii
CiNii 論文 -  金子光「諸外国の福祉思想と社会福祉サービスの関係(I) : 宗教的民間社会福祉活動の源流から学ぶもの」 https://t.co/ZAcyyCXTiv #CiNii
CiNii 論文 -  藤本美子「エリザベス救貧法に先立つ宗教社会ギルドの歴史的意義 : ヨーロッパ中世都市市政機関との関連をめぐって」 https://t.co/HE3aUOC6xh #CiNii
CiNii 論文 -  松村暢彦「郊外住宅地における地域活動が地域への態度と生活満足度に与える影響:兵庫県川西市大和地区を事例として」 https://t.co/lr5dwcFHNO #CiNii
CiNii 論文 -  直田春夫「千里ニュータウンのまちづくり活動とソーシャル・キャピタル」 https://t.co/mAmh1IpQ1g #CiNii
CiNii 論文 -  高橋正弥,比屋根哲,林雅秀「農山村集落の活動の展開におけるソーシャル・キャピタルの作用 : 岩手県西和賀町S集落住民の社会ネットワークと活動の検証」 https://t.co/gzCDA2aTiL #CiNii
小山 弘美「ソーシャル・キャピタルとしての町内会―個人の行為から町内会を捉える方法―」 https://t.co/W3Z1DZNFf7
CiNii 論文 -  木田恵理奈,後藤晴彦,後藤宏亮「商店街振興組合による祭礼運営を通した地域コミュニティ形成に関する研究 : 高松市丸亀町商店街を事例として」 https://t.co/T6FTqUqU73 #CiNii
CiNii 論文 -  塚佳織,山本信次「祭礼行事のソーシャル・キャピタルへの影響 : 岩手県陸前高田市気仙町けんか七夕を事例に」 https://t.co/QLsRmVr0Il #CiNii
CiNii 論文 - 篠崎正美「 農村における結婚の意味の変化 」 https://t.co/T3z6jTGqgY #CiNii
CiNii 論文 -  岩間伸之「ソーシャルワーク研究における事例研究法--「価値」と「実践」を結ぶ方法 (特集:ソーシャルワークの研究方法) 」 https://t.co/rlJDi4tDMI #CiNii
CiNii 論文 -  末原知子・岩間伸之「事例研究(10)これ以上,もう私の心をつぶさないで--虐待者が虐待に至る内的メカニズムの分析 」 https://t.co/S8kA58g2TX #CiNii
CiNii 論文 - 川村隆彦「 ソーシャルワークにおける教育と実践の乖離を解明する : ソーシャルワーカーとしてのアイデンティティの喪失を探る」 https://t.co/jlV2AUv5uv #CiNii
CiNii 論文 -  米川和雄・津田彰「エンパワーメント・ソーシャルワーク・モデルの提案」 https://t.co/svOmI7SJAU #CiNii
CiNii 論文 - 岩間伸之「 ソーシャルワーク実践における「価値」をめぐる総体的考察 : 固有性の根源を再考する (特集 日本のソーシャルワーク再考 : 原点回帰の必要性を問う)」 https://t.co/Kp0ZTsNuKD #CiNii
CiNii 論文 -  岩間伸之「生活困窮者支援制度とソーシャルアクションの接点 : 地域を基盤としたソーシャルアクションのプロセス (特集 無縁社会に立ち向かうソーシャルワーク)」 https://t.co/dHl96LPfxY #CiNii
CiNii 論文 -  木戸口正宏「自他に対する「信頼」の回復を軸に据えた「学習支援」の取り組み : 釧路市「学校進学希望者学習支援プログラム」の取り組みを手がかりに」 https://t.co/hSEfO48Z0p #CiNii
CiNii 論文 -  座談会 「ありのまま」でいられる場をともにつくりだす--冬月荘「Zっと!Scrum(ずっとすくらむ) (特集 格差と競争に抗して、子ども・若者・おとながつながりあえる地域と学校を) https://t.co/2lRmY9ZEXt #CiNii
CiNii 論文 -  岡部卓「貧困の世代間継承にどう立ち向かうか : 生活保護制度における教育費保障の観点から (特集 子どもの貧困と教育の課題)」 https://t.co/x6Qs9KbYPX #CiNii

お気に入り一覧(最新100件)

加藤節 [2017] 「戦後日本の政治学と先住民問題――反省をこめて」『北大法学論集』67(6): 250-245 https://t.co/t1Q6OcE2JL
ホッブズ『法の原理』の翻訳に対する厳しい批判。わが国におけるホッブズ研究・ホッブズ受容の問題点がわかる書評。https://t.co/MWmWalPGtT
橋迫瑞穂さんの学会発表要旨「モノと女性のスピリチュアリティ : 「布ナプキン」の事例から」が面白い。https://t.co/DcRA7eUjXo 「布ナプキン」の普及・礼賛が「女性の月経/身体性の再聖化」の象徴となり、スピリチュアリティの日本主義化と連動しているという内容。
@bowwowolf 一部神社の言説に、自己啓発似非科学ビジネスが飛びついたのかもですね。 この手のビジネスと結びついた「子宮系(カルト)」については、橋迫さんが研究されてるようです。 https://t.co/xMBeI3uZ8m https://t.co/gujhWFjeJU
篠原琢 「批判と反省:ヨーロッパ史をどう書くか,20世紀史をどのように描くか : マーク・マゾワーの著作をめぐって」『歴史学研究』949, 2016, 55-61,64. https://t.co/65uKr8kA9z (未見)
【参考】河崎健『ドイツの政党の政治エリート輩出機能:候補者擁立過程と議会・政府内昇進過程をめぐる考察』(Konrad Adenauer Stiftung Japan Office、2015年)。 https://t.co/SFCYzpQriN
栗田真広「同盟と抑止―集団的自衛権議論の前提として」『レファレンス』770号(2015年3月)https://t.co/mfv6wZSjBsを読みました。一年前わかりやすさで評判を呼んだ論文ですが、国際政治理論の知見を活かした同盟の効用と逆機能の説明で素敵にわかりやすかったです。
前twitterで流れてたかもしれないけど、大塚啓二郎「いかにして英文雑誌に論文を掲載するか」農業経済研究 2014. https://t.co/cbZCdXdQyi
面白かった。財務省主計局の現役官僚が近い分野で哲学論文を書いていることに、大変興味を覚える。 将来世代の問題の哲学的基礎について https://t.co/bHRMIm8Bbx https://t.co/IqMmGZsa7E
“CiNii 論文 -  大学進学によって追いつめられる若者 : セーフティネットとしての学校教育を考える” https://t.co/eIJsZVKpHD #文化資本 #社会階層
続きが刊行されたようですね。すでにWeb上でも読めるようです。本格的なグローバル正義&方法論論文で、完結まで楽しみですね。 CiNii 論文 -  グローバルな正義論における「現実」の意味(2) : 制度主義を中心に https://t.co/sEtm7KYpaF #CiNii
@ynabe39 @SaitoSeiji EBMの現代科学論 https://t.co/5QaUSqq8si エビデンスとEBM https://t.co/ndfQmrxYwP 疾患の理解にはEBM 病気の理解にはNBMを用いる https://t.co/4HU1HCg5qj
田中拓道(2009)「現代福祉国家研究における「政治」概念 : 1970年代以降の方法の変遷」https://t.co/uGinGUuDpa
方法論的個人主義と違うタイプだと,『政治学の第一歩』検討会でコメント頂いた,田中拓道先生のこの論文とかベースにした教科書なんて面白い気がするけどどうだろう。/ 現代福祉国家研究における「政治」概念 : 1970年代以降の方法の変遷 https://t.co/I6b6Bpt4cu
少子高齢化と社会保障制度―「社会保障と税の一体改革」とその背景―『ISSUE BRIEF』769号, 2013.2.12. https://t.co/nKpJBshJnf #NDL調査局今月のトピック #税制改正
先日、某書籍の執筆者打ち合わせ会議の際に、複数の執筆者のレジメで↓(pdfアップはまだ)が言及されていたことが印象深い。 https://t.co/sI5IkknWcD「「理念を語る際には、その実現条件を無視してよい」という空想的理念主義が知的鍛錬を避ける免罪符としてあった」
【社会心理学研究・掲載論文】塩崎ら(2010) 遺族の後悔と精神的健康の関連:行ったことに対する後悔と行わなかったことに対する後悔 https://t.co/UD7d77XrBQ
CiNii 論文 -  研究室からのメディア・リポート 調査データから探る「ネット右翼」の実態 https://t.co/pnYGuSIRE8 #CiNii
CiNii 論文 -  インターネットと排外性の関連における文化差 : 日本・アメリカ比較調査の分析から https://t.co/8qsAYya6HO #CiNii
これ、めっちゃ重要やん。/ 鈴木 彩加「主婦たちのジェンダーフリー・バックラッシュ 保守系雑誌記事の分析から」 https://t.co/UZ1TyHB2R1
西川純子「アレント『革命について』におけるルソー批判の検討」(pdf)http://t.co/V2gUbQ7ztv
【第4位】「「ピカチュウ」にこめられた感性情報」http://t.co/ReU6SiGo34
この論文、めっちゃおもろいで。桜の花と、潔く散ることをよしとすることを結びつけるようになったんは、近代に入ってからや。 昔の天皇は、祭祀の時には唐服着とったと。 CiNii 論文 -  日本の<疑似伝統> http://t.co/NGzDaiuLXy #CiNii
【社会心理学研究・掲載論文】高田(2008) 交流給食と文化的自己観:学校給食の社会心理学的研究  http://t.co/c8Hk9fgdkh
おおまじめな先行研究はこちら。CiNii より、 井上ら(1966) 鶏卵の貯蔵に関する研究 : (第1報) 比重,各部の割合,卵白の変化,卵黄係数,PH http://t.co/vxVwtuSuwx
2つの論文ともに、『社会思想史研究』38号(2014年9月)に載っています。http://t.co/Jl5ai1EvIW, http://t.co/2B7ChdNYKEまだ電子化はされていません。http://t.co/855h9OxGjr
2つの論文ともに、『社会思想史研究』38号(2014年9月)に載っています。http://t.co/Jl5ai1EvIW, http://t.co/2B7ChdNYKEまだ電子化はされていません。http://t.co/855h9OxGjr
これ前にもツイートした気がするけど、この論文おすすめ。海外の研究者が戦後の日本のマンガにおける第二次世界大戦像について分析してる。日本語だしオープンアクセスなので誰でも読めるよ。CiNii 論文 - http://t.co/Bp82BO5219
名和小太郎「60年前ー現在:コピー,あれこれ」https://t.co/5g1bpJS6fV 名和先生の話はいつもとても勉強になる。「コピー機がなかった時代にはどうやってレジュメ作ってたんですか?」と学生から質問されたらこれを読むのがよい(私もゼロックス以後に育った世代である)
何これ気になる(笑) > CiNii 論文 -  阪神タイガース・ファン型ボランティアのすすめ--甲子園球場的コミュニティに関する考察 http://t.co/g0UJ5wr9u2 #CiNii #saorin_memo
【ジェンダー/セクシュアリティ】愛知淑徳大学ジェンダー女性学研究所『装う/奏でる/話す : ジェンダーを演じる』(連続講座, 第3期)愛知淑徳大学ジェンダー・女性学研究所 (2011-01) http://t.co/yyUlFSnmKE
鍵RT CiNii 論文 - 中間領域の逸脱と分散 : カントの人間学からハイデガーの脱人間学ヘ http://t.co/EGLfUA5LEF … #CiNii ……村井則夫氏のものが多数pdf公開
【L】有田啓子「迫られる「親」の再定義 : 法的認知を求めるアメリカのlesbian-motherが示唆するもの」Core ethics 2巻 P.17-29 (2006) 立命館大学 http://t.co/AIkr5PLTsH [PDFリポジトリ]
【LGB】本林良章「同性婚は認められるべきか : 婚姻の意味を問うギデンズとサンデルを手がかりとして」21世紀倫理創成研究 5号 (p.55-71) 2012-03 神戸大学 http://t.co/Unem7NKQFc [PDF]
鹿野 祐介「人格の同一性における重複の問題と数的同一説」 http://t.co/UYqPsQdYPB これほしいけど誰かPDFもってないでしょうか。Olsonの議論あつかってんだろうなあ。
【LGB/心理学】石丸径一郎『レズビアン・ゲイ・バイセクシュアルと自尊感情 : 他者からの拒絶と受容の中をどのように生きているか』[石丸径一郎], (2006-03) http://t.co/d5jgctSY1M
(承前)出典を示し忘れていました。松本さんの論文、こちらになります。 http://t.co/r5CfYPfwfy
【Gender/性教育】佐藤年明「思春期の性教育における男女別学習と男女合同学習の意味 : 日本とスウェーデンの実践事例にもとづいて」三重大学教育学部研究紀要 57巻 P.171-183 三重大学教育学部 http://t.co/G8GYlti6DU [PDFリポジトリ]
【性自認/教育】佐々木掌子「ジェンダー・アイデンティティと教育 : 性的自己形成における遺伝と環境」哲學 115巻 P.305-336 (2006-02) 慶應義塾大学 http://t.co/tTL11Lp0fB [PDF]
【LGBT】高取昌二「等身大の自己を取り戻す : セクシュアルマイノリティ教職員ネットワークの設立とそのめざすもの」部落解放 501号 P.50-57 (2002-05) 解放出版社 http://t.co/NP8ubXXBV8
【化粧】平松隆円「男性による化粧行動としてのマニキュア塗抹がもたらす感情状態の変化に関する研究」佛教大学教育学部学会紀要 10巻 P.175-182 (2011-03-14) 佛教大学 http://t.co/sl8rXH7gVV [PDFリポジトリ]
【Gender】冨安昭彦「ダイアン・アーバスによる異性装、性転換のイメージ : 身体の規範への撹乱の契機として」千葉大学社会文化科学研究 8巻 P.185-194 (2004-02-01) 千葉大学 http://t.co/Me3VLZ8Z7j [PDF]
【LGBT】枝川京子ほか「LGBT当事者の理解にナラティヴ生成が果たす役割」心理臨床学研究 29巻1号 P.85-96 (2011-04) 日本心理臨床学会 http://t.co/04yxaDT5uy
【LGBT】枝川京子ほか「あるLGBT青年の語りからみるナラティヴ・アプローチの意義」発達心理臨床研究 16巻 P.117-127 (2010) 兵庫教育大学発達心理臨床研究センター http://t.co/zgWOxhjcfW
【ジェンダーバイアス】佐渡眞紀子「<時の話題> 犯罪報道におけるジェンダーバイアス (トランスジェンダー)」三田評論 999巻 P.38-39 (1998-02-01) 慶應義塾大学 http://t.co/jgon7w2PrD
これもスゲー。 「日本語の程度量表現用語に関する研究」http://t.co/NMBJnQqXST
【LGBT】石丸径一郎「性的マイノリティにおける受容体験と自尊心 : カミングアウトの効果に関する実験的検討」コミュニティ心理学研究 9巻1号 P.14-24 (2005-09) 日本コミュニティ心理学会 http://t.co/Vq9r9Z0PLo
【LGB】石丸径一郎「性的マイノリティにおける自尊心維持 ――他者からの受容感という観点から――」心理学研究 75巻3号 (p.191-198) 2004-08 日本心理学会 http://t.co/LhDjb9m4VF [PDFリポジトリ]
【LGBT】山口恭平ほか「「異質な他者」との共生に向けて -セクシュアリティの多様性の考察から-」 東京大学大学院教育学研究科紀要 51巻 (p.21-39) 2011 東京大学大学院教育学研究科 http://t.co/CqZmCTR7A8 [PDFリボジトリ]
【LGBT】渡辺大輔「首都ヘルシンキのセクシャルマイノリティ支援グループ"HeSETA" : 海外情報 フィンランドレポート(4・最終回)」Sexuality 57号 P.134-137 (2012-07) エイデル研究所 http://t.co/CAv4l20jJ0
【LG】永野 靖「未だ、無理解、偏見に晒されている同性愛者 (特集 マイノリティとマジョリティの共生を目指して)」法と民主主義 473号 P.28-33 (2012-11) 日本民主法律家協会 http://t.co/xRLPFsKDyK
【性自認/TS/GID】中塚朋子「語りのなかで構築されるジェンダー・アイデンティティ : ある性転換者の手記の分析を通して」奈良女子大学社会学論集 11巻 P.149-168 (2004-03-01) 奈良女子大学 http://t.co/IEX30Mgjz9
“鈴木順子(1985)「デューイのコミュニケーション論:社会的カテゴリーとしての意味論的根拠とその特徴」(教育学研究 95-2) - J-STAGE” http://t.co/K0NQW9VdjP #Dewey #CommunicationsScience #教育さん
なぜか見つけてしまった論文。「研究室におけるソファの使われ方とその意味に関する研究」http://t.co/HNonrNEncK
例えば、吉川(1998)『階層・教育と社会意識の形成 : 社会意識論の磁界』 http://t.co/Bf1jOoqiKl が全文読める。ただ門外漢としては、この種の話は計量分析よりも、多くの人が持つ「物語」や「体験」を、なんか一般的なフレームで整理・分析してほしいと思ってしまう

279 0 0 0 OA 母性の保護

★「女性手帳」の元祖(大政翼賛会編) http://t.co/1Qk5JdRasE ★「女性手帳」の元祖 ※女性は遅くとも21歳までに結婚せよ http://t.co/1Qk5JdRasE ★「女性手帳」の元祖 ※子供の質も必要 http://t.co/1Qk5JdRasE

フォロー(1244ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

【GID】渡辺雅道「関西家事事件研究会報告(4) 性同一性障害と戸籍訂正、名の変更」判例タイムズ 51巻14号 pp.56-64 (2000-06-15) 判例タイムズ社 https://t.co/BtDSpTblN7
【GID】針間克己「性同一性障害に関する基本的用語及び概念への疑問と意見」日本性科学会雑誌 18巻1号 pp.19-23 (2000-06-30) https://t.co/NkY12jECK1
こちらも本文リンクなし/CiNii 論文 - 日本語における女性配偶者の間接呼称について : 日本語教師はどう教えるか https://t.co/sTYxfmK45r #CiNii
本文アクセスなし/CiNii 論文 - 配偶者の呼称に関する実態調査の結果と考察--日本語教材における配偶者表現について https://t.co/V3xgMNX4Zo #CiNii
【TG/性自認】佐々木掌子「トランスジェンダーの性的自己形成に関する研究 : ジェンダー・アイデンティティに寄与する要因」日本性研究会議会報 19巻1号 P.24-36 (2007-11) 日本性教育協会 https://t.co/Wy1jfdsrSQ
【GID/法学/判例】東海林 保「いわゆる性同一性障害と名の変更事件、戸籍訂正事件について」家庭裁判月報 家庭裁判月報 52巻7号 pp.1-76 (2000-07) 最高裁判所 https://t.co/Psq5Z7Y93P
【LGB/人権/教育/国連】動くゲイとレズビアンの会『同性愛者と人権教育のための国連10年』動くゲイとレズビアンの会(アカー) (1998-12) ISBN-4-9010-3903-2 https://t.co/uShKm1xSBW
【GID/医療】山内俊雄『性転換手術は許されるのか : 性同一性障害と性のあり方』明石書店 (1999-09) ISBN-4-7503-1210-X https://t.co/7DSgQ9j8ef
【TG】佐藤麻衣「ジェンダー・アイデンティティの構築に関するシステム論的考察 : トランスジェンダーへの聞き取り調査から」淑徳大学大学院総合福祉研究科研究紀要 17号 P.109-134 (2010) 淑徳大学大学院総合福祉研究科 https://t.co/JB9Gd5hZoK
【GID/食欲不振】天保英明ほか「15.性同一性障害を背景に発症した神経性食欲不振症の1女性例(第85回日本心身医学会東北地方会 演題抄録)」心身医学 40巻6号 p.498 (2000-08-01) 日本心身医学会 https://t.co/gHhEzdEteC [PDF定額]
【LG/サブカル/BL/やおい】山田田鶴子『少女マンガにおけるホモセクシュアリティ』ワイズ出版 (2007-07) ISBN-978-4-8983-0212-5 https://t.co/s49GibeYyw
【GID/手記】佐倉智美『女子高生になれなかった少年 : ある性同一性障害者の青春時代』青弓社 (2003-12) ISBN-4-7872-3225-8 https://t.co/CXVlHs2XY6
【GID】木下勝之「性同一性障害」日本産科婦人科學會雜誌 52巻8号 pp.1208-1214 (2000-08-01) 社団法人日本産科婦人科学会 https://t.co/Z1fRpWqAXG [PDF定額]
【LG/文学】古川 誠『文藝作品に描かれた同性愛 : アンソロジー』(近代日本のセクシュアリティ35) ゆまに書房 (2009-06) ISBN-978-4-8433-3207-8 https://t.co/hwAeE7cBBS
【G/犯罪学/矯正/犯罪心理学/精神医学】杉山佳行『非行少年の同性愛行動に関する精神医学的考察 : 少年男娼及び男子少年院生の性行動について』(矯正資料, 第19号)法務省矯正局 (1957-11) https://t.co/5YyRNwFGkT
【GID/TS/TG/TV/GD/歴史/動向】康 純「性同一性障害の概念について」近畿大学臨床心理センター紀要 5号 (2012-11) P.3-10 https://t.co/IeokWXQGtW [PDFリポジトリ]
【GID/法学/比較法研究】大島俊之「<資料>性同一性障害と性別表記 : 英語諸国の制定法を中心として」神戸学院法学 30巻2号 pp.527-611 (2000-08-30) 神戸学院大学 https://t.co/rust98neVk
【GID/IS/LGB/性暴力】針間克己『一人ひとりの性を大切にして生きる : インターセックス、性同一性障害、同性愛、性暴力への視点』少年写真新聞社 (2003-04) ISBN-4879811610 https://t.co/07RMiuT0qe
【B】フリッツ・クライン著ほか『バイセクシュアルという生き方』現代書館 (1997-08) ISBN-4-7684-6716-4 https://t.co/GqMAYEdPI9
【TG】三橋順子「トランスジェンダー(性別越境)観の変容 : 近世から近代へ(第5回講演)」女性学連続講演会 14巻 P.101-132 (2010-03) 大阪府立大学女性学研究センター https://t.co/hzRRm3mGax [PDFリポジトリ]
【GID】森 泰美「シリーズ[性を探る] 性同一性障害」ヒューマンサイエンス 13巻1号 pp.22-27 (2000-09) 早稲田大学人間総合研究センター https://t.co/JePjQTPy71
【ジェンダー/セクシュアリティ/サブカルチャー/漫画】堀 あきこ『欲望のコード : マンガにみるセクシュアリティの男女差』(ビジュアル文化シリーズ)臨川書店, (2009-06) ISBN-978-4-6530-4018-7 https://t.co/sIQ4mRFlaj
【社会心理学研究・掲載論文】及川ら(2013) 抑制、表出、反芻傾向と感情プライミング効果の関係 https://t.co/zI3IjN9Vqk
【TG/TV】水野 麗「「男の娘」好きの男の子についての考察 (特集 趣味のクロスジェンダー)」年報『少女』文化研究 5巻 P.31-45 (2011) 「少女」文化研究会 https://t.co/lryrVdSIwS
【GID】永井 敦ほか「岡山大学ジェンダークリニックおける性同一性障害患者の現況」日本性機能学会雑誌 15巻2号 pp.267-268 (2000-09-15) https://t.co/dL2vPy5dTh
【L】飯野由里子『レズビアンである「わたしたち」のストーリー』生活書院 (2008-04) ISBN-978-4-9036-9021-6 https://t.co/b1jeQ8wHrO
【G/フランス】及川健二『ゲイ@パリ : 現代フランス同性愛事情』長崎出版 (2006-10) ISBN-4-8609-5145-X https://t.co/hcZL1uVXnO
【TG/TV】渡辺恒夫「いわゆる〈服装倒錯者〉のサブカルチャーヘのフィールドワークの試みと,女装タブーの深層についての諸考察」高知大学学術研究報告 人文科学編 29巻 P.121-147 (1981) 高知大学 https://t.co/UddYCDG00I [PDFリポジトリ]
【GID/FtM】高柳 進ほか「性同一性障害(female-to-male)における乳房手術の経験」日本美容外科学会会報 22巻3号 pp.96-100 (2000-09-25) https://t.co/27x0eLlHF0

6 1 1 1 同性愛

【同性愛】D.J.ウェスト著ほか『同性愛』人文書院 (1977-10) https://t.co/K4yQnnMm5V

4 1 1 1 男装論

【異性装/TG/TV】石井達朗『男装論』青弓社 (1994-03) ISBN-4-7872-3078-6 https://t.co/DWWInBhFcU
元になったとおもわれる論文。PDFあり。  岡田美弥子「マンガビジネスの生成と発展 : コミックのビジネスシステムの解明」『經濟學研究』63(2013/6) https://t.co/AAR38qvzYv
【TG/TV】山本由子「女装で通学を続けた男子学生の一例 (第16回大学精神衛生研究会報告書)」大学精神衛生研究会報告書 16号 P.76-78 (1994) 大学精神衛生研究会 https://t.co/BA8DFuudU0
【GID/国際法/婚姻/民法】大島俊之「<論説>性同一性障害者との国際結婚の効力 (林久茂教授退職記念号)」神戸学院法学 30巻3号 pp.759-792 (2000-11-30) 神戸学院大学 https://t.co/8zwRMvdrE9
【GID/P(ポリセクシュアル)/宗教】虎井まさ衛ほか著『性なる聖なる生 : セクシュアリティと魂の交叉』緑風出版 (2005-03) ISBN-4-8461-0503-2 https://t.co/SkqG6RF1zf
【ジェンダー/セクシュアリティ/教育】浅井春夫ほか著『ジェンダー/セクシュアリティの教育を創る : バッシングを超える知の経験』明石書店 (2006-04) ISBN-4-7503-2304-7 https://t.co/Q3koQABVGd
【TG/TV】色川奈緒「女だって女装する--付・あなたもドラァグ・クィ-ンになれる! (特集 クィア・リ-ディング)」ユリイカ 28巻13号 P.229-233 (1996-11) 青土社 https://t.co/sQ3sq2Wwt8
【GID/家族】外山ひとみ「ザ・家族 : いま親と子を問い直す(12) 性同一性障害と苦闘の末、夢の「家庭」を手に入れた男」週刊宝石 20巻46号 pp.68-73 (2000-12-21) 光文社 https://t.co/elCo4tYjKU
【GID/TS/TG/TV】畑野とまと「「女装で解雇」は無効! 性同一性障害、私の場合 何が変わった? 性別変更と就職事情」創 32巻7号 P.84-90 (2002-08) 創出版 https://t.co/MalzkCU9QB
【GID】江川哲雄ほか「6.Gender Identify Disorder患者の分析 : 当院における性同一性障害患者について」近畿大学医学雑誌 25巻2号 P.39A 近畿大学 https://t.co/mpjMCJ9QLM [PDF]
【GID/手記】麻倉ケイト『五十六億七千万』光文社 (2012-09) ISBN-978-4-3349-7714-6 https://t.co/jvJLoz9obL
【LG】伊藤 悟『同性愛の基礎知識』あゆみ出版 (1996-07) ISBN-4-7519-2092-8 https://t.co/15sBeptrAm
【GID/TS/TG/TV】畑野とまと「ニューハーフ業界で働く筆者が敢えて言う 「性転換手術」に踊らされる人たち」創 29巻9号 P.122-129 (1999-10) 創出版 https://t.co/mAYGKDkPqI
【GID/性差/生物学的性】河村洋子ほか「MRI正中矢状断における脳梁の生物学的な性の同定」電子情報通信学会技術研究報告 99巻493号 pp.45-52 (1999-12-11) 一般社団法人電子情報通信学会 https://t.co/JAJ7nYUVKX [PDF定額]
【GID/婚姻/手記】平安名祐生ほか著『Search~きみがいた : GID(性同一性障害)ふたりの結婚』徳間書店 (2000-10) ISBN-4198612498 https://t.co/ZQuIieijA2
【クィア/セクソロジー/セクシュアリティ】中村美亜『クィア・セクソロジー : 性の思いこみを解きほぐす』インパクト出版会 (2008-10) ISBN-978-4-7554-0191-6 https://t.co/q8yTIhrxhH
【Gender/TV/歴史】赤阪俊一「異性装から見た男と女(5) : 近代における男装者たち」埼玉学園大学紀要 人間学部篇 6巻 P.45-58 (2006-12) 埼玉学園大学 https://t.co/xiZBUCaRbQ [PDF]
【GID】真鍋幸嗣ほか「<一般演題抄録>22.性同一性障害患者の分析」近畿大学医学雑誌 24巻2号 p.43A (1999-12-25) 近畿大学 https://t.co/TsxnW6VuDc [抄録][PDF]
【G/英国】アラン・ブレイ著ほか『同性愛の社会史 : イギリス・ルネサンス』彩流社 (1993-05) ISBN-4-8820-2254-0 https://t.co/Zl6XcWJD2c
【GID/医学】山内俊雄『性の境界 : からだの性とこころの性』(岩波科学ライブラリー, 74)岩波書店 (2000-06) ISBN-4-0000-6574-2 https://t.co/mPhRC1pzg1
【Gender/TV/中世】赤阪俊一「異性装から見た男と女(4) : 女装の男たち」埼玉学園大学紀要 人間学部篇 5巻 P.59-70 (2005-12) 埼玉学園大学 https://t.co/wSI3Wg08TC [PDF]
【GID/FtM/ホルモン治療/男性ホルモン】内島 豊「性同一性障害FTM症例のアンドロゲン療法」日本性機能学会雑誌 15巻 pp.405-410 (2000) https://t.co/qKBkCHsUfB
【L/エイジズム】バーバラ・マクドナルドほか著『私の目を見て : レズビアンが語るエイジズム』原柳舎, 松香堂(発売), (1994-07) ISBN-4-8797-4942-7 https://t.co/6P9I2CnBIc
RT @picca009: コカ・コーラによる溶解療法が有効であった柿胃石の1例 https://t.co/QeP7kPv5L2 "患者が飲みにくさあを理由に開栓後しばらく放置し、脱気したあとに服用していることが明らかとなり、開栓直後に服用するよう指導した。"
【ジェンダー/宗教学】田中雅一ほか編『ジェンダーで学ぶ宗教学』世界思想社 (2007-10) ISBN-978-4-7907-1279-4 https://t.co/aVKMkLrOwY
【Gender/TV/歴史】赤阪俊一「異性装から見た男と女(3) : 異性装の女騎士」埼玉学園大学紀要 人間学部篇 4巻 P.49-61 (2004-12) 埼玉学園大学 https://t.co/kauOB0cA4v [PDF]
【GID】藤田 定「症例研究(2) 性同一性障害の女子学生の治療をめぐって〔含 討論〕」全国大学メンタルヘルス研究会報告書 22巻 pp.49-53 (2000) 弘前大学保健管理センター https://t.co/z5zxW9dyPw
【ジェンダー/服装】武田佐知子編『着衣する身体と女性の周縁化』思文閣出版 (2012-04) ISBN-978-4-7842-1616-1 https://t.co/ebEtjfw8gM
【LGBT】日英LGBTユースエクスチェンジプロジェクト(YEP)実行委員会編集『子どもと親と教員のためのLGBT入門ガイド』日英LGBTユースエクスチェンジプロジェクト(YEP)実行委員会 (2009-11) https://t.co/UoQ6IpKXvr
【Gender/TV/中世欧州/キリスト教】赤阪俊一「異性装から見た男と女(2) : 女教皇伝説」埼玉学園大学紀要 人間学部篇 3巻 P.47-59 (2003-12) 埼玉学園大学 https://t.co/yI7zclPXrq [PDF]
【GID/中国/教育】今野洋子ほか「中国の教員養成大学における「性同一性障害の理解」の講義報告 : 哈爾浜師範専科学校における講義報告」北海道女子大学短期大学部研究紀要 38号 pp.135-150 北海道女子大学短期大学部 https://t.co/4kibrjcx5e
【GID/中国文学】合山 究『『紅楼夢』 : 性同一性障碍者のユートピア小説』汲古書院 )2010-11) ISBN-978-4-7629-2886-4 https://t.co/fvq9lNw3i0
【LGB/性教育】"人間と性"教育研究所編『同性愛・多様なセクシュアリティ : 人権と共生を学ぶ授業』子どもの未来社 (2002-07) ISBN-4-9013-3019-5 [性的マイノリティ関連団体情報: p210-213] https://t.co/6fs1XWpdri
【Gender/TV/歴史】赤阪俊一「異性装から見た男と女(1)」埼玉学園大学紀要 人間学部篇 2巻 P.21-33 (2002-12) 埼玉学園大学 https://t.co/nF8c42ImPd [PDF]
【GID】今野洋子「性のマイノリティの理解をめざした教育 : 性同一性障害の理解を題材として」北海道女子大学短期大学部研究紀要 38号 pp.151-166 (2000) 北海道女子大学短期大学部 https://t.co/LhPKB5Jjz3
【ジェンダー/セクシュアリティ/サブカルチャー】谷川建司ほか編著『サブカルで読むセクシュアリティ : 欲望を加速させる装置と流通』青弓社 (2010-11) ISBN-978-4-7872-3321-9 https://t.co/He5BvwK8An
【TG/TV】平松隆円「現代における女装行動に関する文化心理的考察」佛教大学教育学部学会紀要 7巻 P.211-223 (2008-03-14) 佛教大学 https://t.co/IFmlvycbRI
【GID/RLT/RLE】梅宮新偉「性同一性障害治療におけるリアル・ライフ・テストの意義と困難点 : Male to Female/GID者の精神療法における課題」研究紀要 32巻 pp.23-27 (2000) 福島学院短期大学 https://t.co/Fa3p1o8icN
【漫画/ジェンダー/男装】押山美知子『少女マンガジェンダー表象論 : 「男装の少女」の造形とアイデンティティ』〔増補版〕彩流社 (2013-01) ISBN-978-4-7791-1852-4 https://t.co/DPFOjCWxsn
【LGBT/法/法学】性的マイノリティと法研究会編『法とセクシュアリティ : Law and sexuality』性的マイノリティと法研究会 (2002-09)-刊行中 ISSN-1347-5657 https://t.co/6XEqKRI4lo [逐次刊行物 : 雑誌]
【G/男色】平松隆円「日本仏教における僧と稚児の男色」日本研究 34巻 P.89-130 (2007-03) 人間文化研究機構国際日本文化研究センター https://t.co/kDRqh6mL15
【GID】山内俊雄「性差とは何か : 性同一性障害を通してみた性差」精神科治療学 15巻10号 pp.1051-1056 (2000) https://t.co/8SF5IEZyS2
【クィア/文学】松下千雅子『クィア物語論 : 近代アメリカ小説のクローゼット分析』人文書院 (2009-10) ISBN-978-4-4091-4063-5 https://t.co/yqCKXTzOLS
【ジェンダー/社会学】江原由美子ほか編『ジェンダーと社会理論』有斐閣 (2006-12) ISBN-4-6411-7326-5 https://t.co/g6YFcf1ztL
【化粧】平松隆円「男性による化粧行動としてのマニキュア塗抹がもたらす感情状態の変化に関する研究」佛教大学教育学部学会紀要 10巻 P.175-182 (2011-03-14) 佛教大学 https://t.co/AaafIp5cFk [PDFリポジトリ]
【GID/法学/比較法研究】大島俊之「<資料>性同一性障害とオランダ法 : 立法的解決 (1985年) 前の状況」神戸学院法学 29巻4号 pp.1055-1071 (2000-02) 神戸学院大学 https://t.co/gJepeqd9Cw
【LG】竹内久美子『同性愛の謎 : なぜクラスに一人いるのか』文春新書844, 文藝春秋 (2012-01) ISBN-978-4-1666-0844-7 https://t.co/NOoViT1Ctw
CiNii 論文 - 田和 真紀子「品詞のハキダメとゴミ集積所の紳士 (私の研究 私の論文)」 https://t.co/JxcKUosb5G
【ジェンダー/セクシュアリティ/教育】浅井春夫ほか著『ジェンダー/セクシュアリティの教育を創る : バッシングを超える知の経験』明石書店 (2006-04) ISBN-4-7503-2304-7 https://t.co/Q3koQABVGd
【法/TG/TV】大島俊之「<研究ノート>異性装は罪か? : アメリカの条例と判例」神戸学院法学 30巻4号 P.1127-1169 (2001-03-31) 神戸学院大学 https://t.co/o3Yv5slQqe
【GID】吉永みち子「インタビュー 「性同一性障害」を追いかけていたら、とんでもないものが見えてきた」青春と読書 35巻2号 pp.44-48 (2000-02) 集英社 https://t.co/yTrhNZPZM0
【セクシュアリティ/教育/思春期】ここから探検隊『思春期サバイバル : 10代の時って考えることが多くなる気がするわけ。』はるか書房, 星雲社(発売), (2013-09) ISBN-978-4-4341-8301-0 https://t.co/FlvfUofrmP
【少年愛】谷口 玲『少年愛者 : 神話とタブーに包まれた彼らの本当の姿を探る』柘植書房新社 (2003-02) ISBN-4-8068-0476-2 https://t.co/zaWu39zbeX
【医学/AS/TG/TV】加藤大慈「異性装を好んだアスペルガー障害の一例」精神科治療学 17号 P.1541-1546 (2002) https://t.co/TTzEbSzsUe
【GID】木下勝之「2)性同一性障害」日本産科婦人科學會雜誌 52巻2号 "204(S-128)" (2000-02-01) 社団法人日本産科婦人科学会 https://t.co/78Id1CcKPE [PDF定額]
【G/フランス文学】原田武『プルーストと同性愛の世界』せりか書房 (1996-01) ISBN-4-7967-0196-6 https://t.co/jkBsLXUyxO
【LG/アイデンティティ/カミングアウト/AIDS】キース・ヴィンセントほか『ゲイ・スタディーズ』青土社 (1997-06) ISBN-4-7917-5555-3 https://t.co/to9QfNMH4O
【服飾/TV】新實五穂「異性装研究 : 近代フランスにおける服飾の社会表象」女性学連続講演会 14巻 P.71-100 (2010-03) 大阪府立大学女性学研究センター https://t.co/FQiq571uAP [PDFリポジトリ]
【GID/SRS】石原 理ほか「P-417 性別再判定手術を施行した性同一性障害の2症例」日本産科婦人科學會雜誌 52巻2号 "511(S-435)" (2000-02-01) 社団法人日本産科婦人科学会 https://t.co/Hywl0EJOKx [PDF定額]
【LGBT/人権】アムネスティ・インターナショナル日本支部『STOP! 女性とLGBTの人びとへの人権侵害』(のら = NORA, 2010)アムネスティ・インターナショナル日本 (2010-07) https://t.co/fj7d9ExmHm
【Gender】冨安昭彦「ダイアン・アーバスによる異性装、性転換のイメージ : 身体の規範への撹乱の契機として」千葉大学社会文化科学研究 8巻 P.185-194 (2004-02-01) 千葉大学 https://t.co/Me3VLZ8Z7j [PDF]
【GID】塚田 攻「率後研修 : 性同一性障害 (その2)」思春期青年期精神医学 9号 pp.184-189 (1999) https://t.co/ft5ktxE4ju
【性欲/ジェンダー】井上章一編『性欲の文化史』講談社選書メチエ 424-425, 講談社 (2008.10-) https://t.co/efFi06OJ0Q
【TG/TV】中村美亜「トランス・ポリティクスの可能性--オペラと宝塚の異性装をめぐるジェンダー・身体・認識論的考察」立命館言語文化研究 20巻1号 P.241-265 (2008-09) 立命館大学国際言語文化研究所 https://t.co/RoKSi6ysjR
【GID】澤田新一郎「性同一性障害 : その概念と歴史」臨床精神医学 28巻(4 April) pp.367-372 (1999) https://t.co/PJsX9kkKW8
【LGBT/セクシュアリティ】伏見憲明『「性」のミステリー : 越境する心とからだ』(講談社現代新書, 1349 Jeunesse)講談社 (1997-03) ISBN:4061493493 https://t.co/VDj1jZVMWi
【ジェンダー/エスノメソドロジー】山崎敬一『美貌の陥穽 : セクシュアリティーのエスノメソドロジー』〔第2版〕(質的社会研究シリーズ, 1)ハーベスト社 (2009-12) ISBN-978-4-8633-9012-6 https://t.co/QAZZlH6vpA
【Gender/TV】日高勝之「男性性の喪失とジェンダー・ポリティクスの攻防 : 昭和ノスタルジア映画のジェンダー表象(第3部)『GSワンダーランド』と異性装」立命館産業社會論集 47巻3号 P.41-57 (2011) 立命館大学 https://t.co/J2UpwkA13E
【GID】阿部輝夫「性同一性障害関連疾患 191 例の臨床報告一統計分析と今後の問題点」臨床精神医学 28巻4号 pp.373-381 (1999) https://t.co/S4P7foVKD5
【LG】W.H.マスターズほか著『同性愛の実態』(マスターズ報告, 3)池田書店 (1980-06) https://t.co/i0mNtySkXG

フォロワー(514ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

【GID】渡辺雅道「関西家事事件研究会報告(4) 性同一性障害と戸籍訂正、名の変更」判例タイムズ 51巻14号 pp.56-64 (2000-06-15) 判例タイムズ社 https://t.co/BtDSpTblN7
【GID】針間克己「性同一性障害に関する基本的用語及び概念への疑問と意見」日本性科学会雑誌 18巻1号 pp.19-23 (2000-06-30) https://t.co/NkY12jECK1
【TG/性自認】佐々木掌子「トランスジェンダーの性的自己形成に関する研究 : ジェンダー・アイデンティティに寄与する要因」日本性研究会議会報 19巻1号 P.24-36 (2007-11) 日本性教育協会 https://t.co/Wy1jfdsrSQ
【GID/法学/判例】東海林 保「いわゆる性同一性障害と名の変更事件、戸籍訂正事件について」家庭裁判月報 家庭裁判月報 52巻7号 pp.1-76 (2000-07) 最高裁判所 https://t.co/Psq5Z7Y93P
【LGB/人権/教育/国連】動くゲイとレズビアンの会『同性愛者と人権教育のための国連10年』動くゲイとレズビアンの会(アカー) (1998-12) ISBN-4-9010-3903-2 https://t.co/uShKm1xSBW
【GID/医療】山内俊雄『性転換手術は許されるのか : 性同一性障害と性のあり方』明石書店 (1999-09) ISBN-4-7503-1210-X https://t.co/7DSgQ9j8ef
【TG】佐藤麻衣「ジェンダー・アイデンティティの構築に関するシステム論的考察 : トランスジェンダーへの聞き取り調査から」淑徳大学大学院総合福祉研究科研究紀要 17号 P.109-134 (2010) 淑徳大学大学院総合福祉研究科 https://t.co/JB9Gd5hZoK
【GID/食欲不振】天保英明ほか「15.性同一性障害を背景に発症した神経性食欲不振症の1女性例(第85回日本心身医学会東北地方会 演題抄録)」心身医学 40巻6号 p.498 (2000-08-01) 日本心身医学会 https://t.co/gHhEzdEteC [PDF定額]
【LG/サブカル/BL/やおい】山田田鶴子『少女マンガにおけるホモセクシュアリティ』ワイズ出版 (2007-07) ISBN-978-4-8983-0212-5 https://t.co/s49GibeYyw
【GID/手記】佐倉智美『女子高生になれなかった少年 : ある性同一性障害者の青春時代』青弓社 (2003-12) ISBN-4-7872-3225-8 https://t.co/CXVlHs2XY6
【GID】木下勝之「性同一性障害」日本産科婦人科學會雜誌 52巻8号 pp.1208-1214 (2000-08-01) 社団法人日本産科婦人科学会 https://t.co/Z1fRpWqAXG [PDF定額]
【LG/文学】古川 誠『文藝作品に描かれた同性愛 : アンソロジー』(近代日本のセクシュアリティ35) ゆまに書房 (2009-06) ISBN-978-4-8433-3207-8 https://t.co/hwAeE7cBBS
【G/犯罪学/矯正/犯罪心理学/精神医学】杉山佳行『非行少年の同性愛行動に関する精神医学的考察 : 少年男娼及び男子少年院生の性行動について』(矯正資料, 第19号)法務省矯正局 (1957-11) https://t.co/5YyRNwFGkT
【GID/TS/TG/TV/GD/歴史/動向】康 純「性同一性障害の概念について」近畿大学臨床心理センター紀要 5号 (2012-11) P.3-10 https://t.co/IeokWXQGtW [PDFリポジトリ]
【GID/法学/比較法研究】大島俊之「<資料>性同一性障害と性別表記 : 英語諸国の制定法を中心として」神戸学院法学 30巻2号 pp.527-611 (2000-08-30) 神戸学院大学 https://t.co/rust98neVk
【GID/IS/LGB/性暴力】針間克己『一人ひとりの性を大切にして生きる : インターセックス、性同一性障害、同性愛、性暴力への視点』少年写真新聞社 (2003-04) ISBN-4879811610 https://t.co/07RMiuT0qe
【B】フリッツ・クライン著ほか『バイセクシュアルという生き方』現代書館 (1997-08) ISBN-4-7684-6716-4 https://t.co/GqMAYEdPI9
【TG】三橋順子「トランスジェンダー(性別越境)観の変容 : 近世から近代へ(第5回講演)」女性学連続講演会 14巻 P.101-132 (2010-03) 大阪府立大学女性学研究センター https://t.co/hzRRm3mGax [PDFリポジトリ]
【GID】森 泰美「シリーズ[性を探る] 性同一性障害」ヒューマンサイエンス 13巻1号 pp.22-27 (2000-09) 早稲田大学人間総合研究センター https://t.co/JePjQTPy71
【ジェンダー/セクシュアリティ/サブカルチャー/漫画】堀 あきこ『欲望のコード : マンガにみるセクシュアリティの男女差』(ビジュアル文化シリーズ)臨川書店, (2009-06) ISBN-978-4-6530-4018-7 https://t.co/sIQ4mRFlaj
【TG/TV】水野 麗「「男の娘」好きの男の子についての考察 (特集 趣味のクロスジェンダー)」年報『少女』文化研究 5巻 P.31-45 (2011) 「少女」文化研究会 https://t.co/lryrVdSIwS
【GID】永井 敦ほか「岡山大学ジェンダークリニックおける性同一性障害患者の現況」日本性機能学会雑誌 15巻2号 pp.267-268 (2000-09-15) https://t.co/dL2vPy5dTh
【L】飯野由里子『レズビアンである「わたしたち」のストーリー』生活書院 (2008-04) ISBN-978-4-9036-9021-6 https://t.co/b1jeQ8wHrO
【G/フランス】及川健二『ゲイ@パリ : 現代フランス同性愛事情』長崎出版 (2006-10) ISBN-4-8609-5145-X https://t.co/hcZL1uVXnO
【TG/TV】渡辺恒夫「いわゆる〈服装倒錯者〉のサブカルチャーヘのフィールドワークの試みと,女装タブーの深層についての諸考察」高知大学学術研究報告 人文科学編 29巻 P.121-147 (1981) 高知大学 https://t.co/UddYCDG00I [PDFリポジトリ]
【GID/FtM】高柳 進ほか「性同一性障害(female-to-male)における乳房手術の経験」日本美容外科学会会報 22巻3号 pp.96-100 (2000-09-25) https://t.co/27x0eLlHF0

6 1 1 1 同性愛

【同性愛】D.J.ウェスト著ほか『同性愛』人文書院 (1977-10) https://t.co/K4yQnnMm5V

4 1 1 1 男装論

【異性装/TG/TV】石井達朗『男装論』青弓社 (1994-03) ISBN-4-7872-3078-6 https://t.co/DWWInBhFcU
【TG/TV】山本由子「女装で通学を続けた男子学生の一例 (第16回大学精神衛生研究会報告書)」大学精神衛生研究会報告書 16号 P.76-78 (1994) 大学精神衛生研究会 https://t.co/BA8DFuudU0
【GID/国際法/婚姻/民法】大島俊之「<論説>性同一性障害者との国際結婚の効力 (林久茂教授退職記念号)」神戸学院法学 30巻3号 pp.759-792 (2000-11-30) 神戸学院大学 https://t.co/8zwRMvdrE9
【GID/P(ポリセクシュアル)/宗教】虎井まさ衛ほか著『性なる聖なる生 : セクシュアリティと魂の交叉』緑風出版 (2005-03) ISBN-4-8461-0503-2 https://t.co/SkqG6RF1zf
【ジェンダー/セクシュアリティ/教育】浅井春夫ほか著『ジェンダー/セクシュアリティの教育を創る : バッシングを超える知の経験』明石書店 (2006-04) ISBN-4-7503-2304-7 https://t.co/Q3koQABVGd
【TG/TV】色川奈緒「女だって女装する--付・あなたもドラァグ・クィ-ンになれる! (特集 クィア・リ-ディング)」ユリイカ 28巻13号 P.229-233 (1996-11) 青土社 https://t.co/sQ3sq2Wwt8
【GID/家族】外山ひとみ「ザ・家族 : いま親と子を問い直す(12) 性同一性障害と苦闘の末、夢の「家庭」を手に入れた男」週刊宝石 20巻46号 pp.68-73 (2000-12-21) 光文社 https://t.co/elCo4tYjKU
【GID/TS/TG/TV】畑野とまと「「女装で解雇」は無効! 性同一性障害、私の場合 何が変わった? 性別変更と就職事情」創 32巻7号 P.84-90 (2002-08) 創出版 https://t.co/MalzkCU9QB
【GID】江川哲雄ほか「6.Gender Identify Disorder患者の分析 : 当院における性同一性障害患者について」近畿大学医学雑誌 25巻2号 P.39A 近畿大学 https://t.co/mpjMCJ9QLM [PDF]
【GID/手記】麻倉ケイト『五十六億七千万』光文社 (2012-09) ISBN-978-4-3349-7714-6 https://t.co/jvJLoz9obL
【LG】伊藤 悟『同性愛の基礎知識』あゆみ出版 (1996-07) ISBN-4-7519-2092-8 https://t.co/15sBeptrAm
【GID/TS/TG/TV】畑野とまと「ニューハーフ業界で働く筆者が敢えて言う 「性転換手術」に踊らされる人たち」創 29巻9号 P.122-129 (1999-10) 創出版 https://t.co/mAYGKDkPqI
【GID/性差/生物学的性】河村洋子ほか「MRI正中矢状断における脳梁の生物学的な性の同定」電子情報通信学会技術研究報告 99巻493号 pp.45-52 (1999-12-11) 一般社団法人電子情報通信学会 https://t.co/JAJ7nYUVKX [PDF定額]
【GID/婚姻/手記】平安名祐生ほか著『Search~きみがいた : GID(性同一性障害)ふたりの結婚』徳間書店 (2000-10) ISBN-4198612498 https://t.co/ZQuIieijA2
【クィア/セクソロジー/セクシュアリティ】中村美亜『クィア・セクソロジー : 性の思いこみを解きほぐす』インパクト出版会 (2008-10) ISBN-978-4-7554-0191-6 https://t.co/q8yTIhrxhH
【Gender/TV/歴史】赤阪俊一「異性装から見た男と女(5) : 近代における男装者たち」埼玉学園大学紀要 人間学部篇 6巻 P.45-58 (2006-12) 埼玉学園大学 https://t.co/xiZBUCaRbQ [PDF]
【GID】真鍋幸嗣ほか「<一般演題抄録>22.性同一性障害患者の分析」近畿大学医学雑誌 24巻2号 p.43A (1999-12-25) 近畿大学 https://t.co/TsxnW6VuDc [抄録][PDF]
【G/英国】アラン・ブレイ著ほか『同性愛の社会史 : イギリス・ルネサンス』彩流社 (1993-05) ISBN-4-8820-2254-0 https://t.co/Zl6XcWJD2c
【GID/医学】山内俊雄『性の境界 : からだの性とこころの性』(岩波科学ライブラリー, 74)岩波書店 (2000-06) ISBN-4-0000-6574-2 https://t.co/mPhRC1pzg1
【Gender/TV/中世】赤阪俊一「異性装から見た男と女(4) : 女装の男たち」埼玉学園大学紀要 人間学部篇 5巻 P.59-70 (2005-12) 埼玉学園大学 https://t.co/wSI3Wg08TC [PDF]
【GID/FtM/ホルモン治療/男性ホルモン】内島 豊「性同一性障害FTM症例のアンドロゲン療法」日本性機能学会雑誌 15巻 pp.405-410 (2000) https://t.co/qKBkCHsUfB
【L/エイジズム】バーバラ・マクドナルドほか著『私の目を見て : レズビアンが語るエイジズム』原柳舎, 松香堂(発売), (1994-07) ISBN-4-8797-4942-7 https://t.co/6P9I2CnBIc
【ジェンダー/宗教学】田中雅一ほか編『ジェンダーで学ぶ宗教学』世界思想社 (2007-10) ISBN-978-4-7907-1279-4 https://t.co/aVKMkLrOwY
【Gender/TV/歴史】赤阪俊一「異性装から見た男と女(3) : 異性装の女騎士」埼玉学園大学紀要 人間学部篇 4巻 P.49-61 (2004-12) 埼玉学園大学 https://t.co/kauOB0cA4v [PDF]
【GID】藤田 定「症例研究(2) 性同一性障害の女子学生の治療をめぐって〔含 討論〕」全国大学メンタルヘルス研究会報告書 22巻 pp.49-53 (2000) 弘前大学保健管理センター https://t.co/z5zxW9dyPw
【ジェンダー/服装】武田佐知子編『着衣する身体と女性の周縁化』思文閣出版 (2012-04) ISBN-978-4-7842-1616-1 https://t.co/ebEtjfw8gM
【LGBT】日英LGBTユースエクスチェンジプロジェクト(YEP)実行委員会編集『子どもと親と教員のためのLGBT入門ガイド』日英LGBTユースエクスチェンジプロジェクト(YEP)実行委員会 (2009-11) https://t.co/UoQ6IpKXvr
【Gender/TV/中世欧州/キリスト教】赤阪俊一「異性装から見た男と女(2) : 女教皇伝説」埼玉学園大学紀要 人間学部篇 3巻 P.47-59 (2003-12) 埼玉学園大学 https://t.co/yI7zclPXrq [PDF]
【GID/中国/教育】今野洋子ほか「中国の教員養成大学における「性同一性障害の理解」の講義報告 : 哈爾浜師範専科学校における講義報告」北海道女子大学短期大学部研究紀要 38号 pp.135-150 北海道女子大学短期大学部 https://t.co/4kibrjcx5e
【GID/中国文学】合山 究『『紅楼夢』 : 性同一性障碍者のユートピア小説』汲古書院 )2010-11) ISBN-978-4-7629-2886-4 https://t.co/fvq9lNw3i0
【LGB/性教育】"人間と性"教育研究所編『同性愛・多様なセクシュアリティ : 人権と共生を学ぶ授業』子どもの未来社 (2002-07) ISBN-4-9013-3019-5 [性的マイノリティ関連団体情報: p210-213] https://t.co/6fs1XWpdri
【Gender/TV/歴史】赤阪俊一「異性装から見た男と女(1)」埼玉学園大学紀要 人間学部篇 2巻 P.21-33 (2002-12) 埼玉学園大学 https://t.co/nF8c42ImPd [PDF]
【GID】今野洋子「性のマイノリティの理解をめざした教育 : 性同一性障害の理解を題材として」北海道女子大学短期大学部研究紀要 38号 pp.151-166 (2000) 北海道女子大学短期大学部 https://t.co/LhPKB5Jjz3
【ジェンダー/セクシュアリティ/サブカルチャー】谷川建司ほか編著『サブカルで読むセクシュアリティ : 欲望を加速させる装置と流通』青弓社 (2010-11) ISBN-978-4-7872-3321-9 https://t.co/He5BvwK8An
【TG/TV】平松隆円「現代における女装行動に関する文化心理的考察」佛教大学教育学部学会紀要 7巻 P.211-223 (2008-03-14) 佛教大学 https://t.co/IFmlvycbRI
【GID/RLT/RLE】梅宮新偉「性同一性障害治療におけるリアル・ライフ・テストの意義と困難点 : Male to Female/GID者の精神療法における課題」研究紀要 32巻 pp.23-27 (2000) 福島学院短期大学 https://t.co/Fa3p1o8icN
【漫画/ジェンダー/男装】押山美知子『少女マンガジェンダー表象論 : 「男装の少女」の造形とアイデンティティ』〔増補版〕彩流社 (2013-01) ISBN-978-4-7791-1852-4 https://t.co/DPFOjCWxsn
【LGBT/法/法学】性的マイノリティと法研究会編『法とセクシュアリティ : Law and sexuality』性的マイノリティと法研究会 (2002-09)-刊行中 ISSN-1347-5657 https://t.co/6XEqKRI4lo [逐次刊行物 : 雑誌]
【G/男色】平松隆円「日本仏教における僧と稚児の男色」日本研究 34巻 P.89-130 (2007-03) 人間文化研究機構国際日本文化研究センター https://t.co/kDRqh6mL15
【GID】山内俊雄「性差とは何か : 性同一性障害を通してみた性差」精神科治療学 15巻10号 pp.1051-1056 (2000) https://t.co/8SF5IEZyS2
【クィア/文学】松下千雅子『クィア物語論 : 近代アメリカ小説のクローゼット分析』人文書院 (2009-10) ISBN-978-4-4091-4063-5 https://t.co/yqCKXTzOLS
【ジェンダー/社会学】江原由美子ほか編『ジェンダーと社会理論』有斐閣 (2006-12) ISBN-4-6411-7326-5 https://t.co/g6YFcf1ztL
【化粧】平松隆円「男性による化粧行動としてのマニキュア塗抹がもたらす感情状態の変化に関する研究」佛教大学教育学部学会紀要 10巻 P.175-182 (2011-03-14) 佛教大学 https://t.co/AaafIp5cFk [PDFリポジトリ]
【GID/法学/比較法研究】大島俊之「<資料>性同一性障害とオランダ法 : 立法的解決 (1985年) 前の状況」神戸学院法学 29巻4号 pp.1055-1071 (2000-02) 神戸学院大学 https://t.co/gJepeqd9Cw
【LG】竹内久美子『同性愛の謎 : なぜクラスに一人いるのか』文春新書844, 文藝春秋 (2012-01) ISBN-978-4-1666-0844-7 https://t.co/NOoViT1Ctw
【ジェンダー/セクシュアリティ/教育】浅井春夫ほか著『ジェンダー/セクシュアリティの教育を創る : バッシングを超える知の経験』明石書店 (2006-04) ISBN-4-7503-2304-7 https://t.co/Q3koQABVGd
【法/TG/TV】大島俊之「<研究ノート>異性装は罪か? : アメリカの条例と判例」神戸学院法学 30巻4号 P.1127-1169 (2001-03-31) 神戸学院大学 https://t.co/o3Yv5slQqe
【GID】吉永みち子「インタビュー 「性同一性障害」を追いかけていたら、とんでもないものが見えてきた」青春と読書 35巻2号 pp.44-48 (2000-02) 集英社 https://t.co/yTrhNZPZM0
【セクシュアリティ/教育/思春期】ここから探検隊『思春期サバイバル : 10代の時って考えることが多くなる気がするわけ。』はるか書房, 星雲社(発売), (2013-09) ISBN-978-4-4341-8301-0 https://t.co/FlvfUofrmP
【少年愛】谷口 玲『少年愛者 : 神話とタブーに包まれた彼らの本当の姿を探る』柘植書房新社 (2003-02) ISBN-4-8068-0476-2 https://t.co/zaWu39zbeX
【医学/AS/TG/TV】加藤大慈「異性装を好んだアスペルガー障害の一例」精神科治療学 17号 P.1541-1546 (2002) https://t.co/TTzEbSzsUe
【GID】木下勝之「2)性同一性障害」日本産科婦人科學會雜誌 52巻2号 "204(S-128)" (2000-02-01) 社団法人日本産科婦人科学会 https://t.co/78Id1CcKPE [PDF定額]
【G/フランス文学】原田武『プルーストと同性愛の世界』せりか書房 (1996-01) ISBN-4-7967-0196-6 https://t.co/jkBsLXUyxO
【LG/アイデンティティ/カミングアウト/AIDS】キース・ヴィンセントほか『ゲイ・スタディーズ』青土社 (1997-06) ISBN-4-7917-5555-3 https://t.co/to9QfNMH4O
【服飾/TV】新實五穂「異性装研究 : 近代フランスにおける服飾の社会表象」女性学連続講演会 14巻 P.71-100 (2010-03) 大阪府立大学女性学研究センター https://t.co/FQiq571uAP [PDFリポジトリ]
【GID/SRS】石原 理ほか「P-417 性別再判定手術を施行した性同一性障害の2症例」日本産科婦人科學會雜誌 52巻2号 "511(S-435)" (2000-02-01) 社団法人日本産科婦人科学会 https://t.co/Hywl0EJOKx [PDF定額]
【LGBT/人権】アムネスティ・インターナショナル日本支部『STOP! 女性とLGBTの人びとへの人権侵害』(のら = NORA, 2010)アムネスティ・インターナショナル日本 (2010-07) https://t.co/fj7d9ExmHm
【Gender】冨安昭彦「ダイアン・アーバスによる異性装、性転換のイメージ : 身体の規範への撹乱の契機として」千葉大学社会文化科学研究 8巻 P.185-194 (2004-02-01) 千葉大学 https://t.co/Me3VLZ8Z7j [PDF]
【GID】塚田 攻「率後研修 : 性同一性障害 (その2)」思春期青年期精神医学 9号 pp.184-189 (1999) https://t.co/ft5ktxE4ju
【性欲/ジェンダー】井上章一編『性欲の文化史』講談社選書メチエ 424-425, 講談社 (2008.10-) https://t.co/efFi06OJ0Q
【TG/TV】中村美亜「トランス・ポリティクスの可能性--オペラと宝塚の異性装をめぐるジェンダー・身体・認識論的考察」立命館言語文化研究 20巻1号 P.241-265 (2008-09) 立命館大学国際言語文化研究所 https://t.co/RoKSi6ysjR
【GID】澤田新一郎「性同一性障害 : その概念と歴史」臨床精神医学 28巻(4 April) pp.367-372 (1999) https://t.co/PJsX9kkKW8
【LGBT/セクシュアリティ】伏見憲明『「性」のミステリー : 越境する心とからだ』(講談社現代新書, 1349 Jeunesse)講談社 (1997-03) ISBN:4061493493 https://t.co/VDj1jZVMWi
【ジェンダー/エスノメソドロジー】山崎敬一『美貌の陥穽 : セクシュアリティーのエスノメソドロジー』〔第2版〕(質的社会研究シリーズ, 1)ハーベスト社 (2009-12) ISBN-978-4-8633-9012-6 https://t.co/QAZZlH6vpA
【Gender/TV】日高勝之「男性性の喪失とジェンダー・ポリティクスの攻防 : 昭和ノスタルジア映画のジェンダー表象(第3部)『GSワンダーランド』と異性装」立命館産業社會論集 47巻3号 P.41-57 (2011) 立命館大学 https://t.co/J2UpwkA13E
【GID】阿部輝夫「性同一性障害関連疾患 191 例の臨床報告一統計分析と今後の問題点」臨床精神医学 28巻4号 pp.373-381 (1999) https://t.co/S4P7foVKD5
【LG】W.H.マスターズほか著『同性愛の実態』(マスターズ報告, 3)池田書店 (1980-06) https://t.co/i0mNtySkXG
【LGB/GID/TG/BL/やおい/マタニティ】好井裕明編著『セクシュアリティの多様性と排除』差別と排除の「いま」6, 明石書店 (2010-11) ISBN-978-4-7503-3303-8 https://t.co/SDvxKf3Uc4
【Gender/TV】北山晴一「ジェンダーセッション(第16回) : 異性装 : 衣服にジェンダーは必要か」立教大学ジェンダーフォーラム年報 : Gender-Forum 3巻 P.55-62 (2001) 立教大学 https://t.co/RDe2Ie7POM
【GID】東 優子「性同一性障害に対する社会の適応」産婦人科の世界 51巻 pp.135-143 (1999) https://t.co/F1Omus6JPS
【性感染症/AIDS】"人間と性"教育研究協議会企画編集『あなたの隣のエイズ・性感染症 : 特集』(季刊セクシュアリティ : 人間と性をめぐる教育と文化の総合情報誌, No.22)エイデル研究所 (2005-07) https://t.co/wbN4gyPcOH
【LGB/生活】永易至文『同性パートナー生活読本 : 同居・税金・保険から介護・死別・相続まで』緑風出版 (2009-03) ISBN-978-4-8461-0901-1 https://t.co/8LsexgG7W3
【Gender/TV】村田仁代「ボーダーレスの20世紀 : 女が男の、男が女の服を着る (特集 20世紀の若者文化)」化粧文化 40号 P.20-27 (2000-05) ポーラ文化研究所 https://t.co/02HNfOKadI