F1ABS (@F1_ABS)

投稿一覧(最新100件)

RT @kazooooya: 【特集:第31回日本リスク研究学会年次大会 総説論文】https://t.co/cSY6GVYbY9 福島の甲状腺がんの過剰診断―なぜ発生し,なぜ拡大したか― 高野 徹 福島においては健康被害の発生を恐れて開始した検査で健康被害を出している,とい…
@don_jardine @ika_river_c 直接デマを扱っているわけではないですが、「原発事故後の福島におけるマスメディア報道による健康不安への影響の検証とその対策」という課題で科研費が採択されています。公衆衛生の方たち。… https://t.co/LHfbNlWDng
@ika_river_c @ItouKino 日本語版の論文はこちら(PDFのリンクあり)。 https://t.co/uGyCToSeOL
RT @nao73714: リスク研究学会年次大会の特集の論文では甲状腺検査の問題の全体が捉えられています。https://t.co/ZjLFjpkjcz
RT @F1_ABS: @hseino1 内部被曝による健康影響を考慮するなら、ポロニウム210。 比放射能が大きいので、生物影響も大。魚を多く食べる地域は高くて、被ばく量の差は年間0.6mSvくらいあるのですよね。(杉山ら https://t.co/q1pDnk2mQI 大塚…
@hseino1 内部被曝による健康影響を考慮するなら、ポロニウム210。 比放射能が大きいので、生物影響も大。魚を多く食べる地域は高くて、被ばく量の差は年間0.6mSvくらいあるのですよね。(杉山ら… https://t.co/SSPgFYxtWY
RT @nao73714: 福島県における原発事故後の放射線影響と福島県民健康調査に対する意識調査 https://t.co/GXFBRlaOiv 甲状腺がんへの不安や今後の検査希望率の高さは無理のないことですが、心身両面を守るためのとても大切なことが考察に書かれています。広く…
RT @hseino1: この総説は、福島の甲状腺検査に関心がある方は必ず読んだほうがいい。もちろん、鵜呑みはよくないから、参考文献をたどって検証しながら読んでみよう。読んでちょんまげ。絶対だよ。→福島の甲状腺がんの過剰診断―なぜ発生し,なぜ拡大したか―https://t.co…
RT @kazooooya: 【特集:第31回日本リスク研究学会年次大会 総説論文】https://t.co/cSY6GVYbY9 福島の甲状腺がんの過剰診断―なぜ発生し,なぜ拡大したか― 高野 徹 福島においては健康被害の発生を恐れて開始した検査で健康被害を出している,とい…
RT @kazooooya: 【特集:第31回日本リスク研究学会年次大会 総説論文】https://t.co/cSY6GVYbY9 福島の甲状腺がんの過剰診断―なぜ発生し,なぜ拡大したか― 高野 徹 福島においては健康被害の発生を恐れて開始した検査で健康被害を出している,とい…
RT @nao73714: リスク研究学会年次大会の特集の論文では甲状腺検査の問題の全体が捉えられています。https://t.co/ZjLFjpkjcz
RT @kazooooya: 【特集:第31回日本リスク研究学会年次大会 総説論文】https://t.co/cSY6GWfMPH 福島の甲状腺がんの過剰診断―なぜ発生し,なぜ拡大したか― 高野 徹 福島においては健康被害の発生を恐れて開始した検査で健康被害を出している,とい…
記事の最後の方に「先天性奇形の研究を始めてから、科学研究費という国が出す研究資金を得るための申請書を出しても、申請が通らなくなったという。」 と書いてあるが、この3月まで基盤(C)があるから誤り。 https://t.co/YDtUv18D0D

25 0 0 0 OA 災害と心不全

RT @hseino1: 「原発事故後に突然死や死産が増えた」という呟きがTLを横切るのだけど、印象ではなく、実際に事故後に増えたのか人口動態調査https://t.co/Z6cCO3lIiXのデータを調べてみるといいよ。※福島で心不全に若干の肩が見えるのは震災のストレスが原因…
RT @hseino1: 「福島の悉皆検査と剖検の甲状腺がんの大きさが違うから福島の症例は放射線由来」という謎記事を見かけるけど、母数が違うし、福島では5mm以下の結節と10mm以下のかなりの結節はカットオフしているから、年齢分布の傾向以上のことは言えないよ。https://t…
@parasite2006 @hseino1 大津留、緑川らの内科学会雑誌掲載日本語総説に、「被曝者における甲状腺がんの疫学的調査は,初期の1958年~1961年(原爆投下後13年~16年)に行われた甲状腺触診によるスクリーニング… https://t.co/b7acG31XYy
RT @F1_ABS: @pinwheel007 鼻血は不溶性粒子が鼻粘膜に吸着した局所被曝が原因という説がありますが、その場合、症状は鼻だけではないはず。 広島・長崎の黒い雨の調査でも、「鼻血」のみを取り上げて調べてはいません。脱毛、咽頭・口内・歯肉痛、歯肉・斑点・その他出血…
@pinwheel007 鼻血は不溶性粒子が鼻粘膜に吸着した局所被曝が原因という説がありますが、その場合、症状は鼻だけではないはず。 広島・長崎の黒い雨の調査でも、「鼻血」のみを取り上げて調べてはいません。脱毛、咽頭・口内・歯肉痛… https://t.co/O7KI1wKGm4
@parasite2006 経緯は大津留らの総説にも簡単に触れられています。 https://t.co/L5ZFl7VAUZ 当初はリスクの程度は不明で、白血病も含め「原爆症」として被爆者は不安を抱えていた。 調査の結果被爆に… https://t.co/q3ywoPHKEQ
@hseino1 放射線被ばくによる循環器疾患の増加は、0.5Gyより高線量域で。「線量反応関係は低線量域でリスクがより小さくなる凹型の二次曲線成分を含むと考えられ,閾値の最良推定値は0.5Gy」 放影研、小笹の抄録。 https://t.co/YzcWGFX2Ve

お気に入り一覧(最新100件)

@harada_hirofumi まさに診断の現場にいる鈴木医師が書いている結論が https://t.co/33t79r0QxC
「ぱとり仮説」が論文になりました。 Evaluation of Doses Absorbed to a Bone Marrow Stem Cell Layer from Short-lived Radionuclides in t… https://t.co/W43jYsJbwC
日本リスク研究学会誌28(2): 67–76 (2019)「福島の甲状腺がんの過剰診断―なぜ発生し,なぜ拡大したか―」高野徹 科学に基づかない医療は誰も幸せにしない(結び) https://t.co/Tnvh2Wzx6Z
この鈴木氏の https://t.co/TSosqUiDxH 「検診発見甲状腺癌は放射線の影響なのか?」の項で「現時点ではそれを積極的に裏付けるエビデンスは得られておらず,以下に挙げた理由から否定的である」と結論付けているのにもか… https://t.co/Mf7jGKtP90
また、津田論文の擁護に福島県立医大鈴木 眞一先生の資料を引用する方がいらっしゃいますが、同文結論は「5.それでは福島の検診発見甲状腺癌は放射線の影響なのか?現時点ではそれを積極的に裏付けるエビデンスは得られておらず,以下に挙げた理… https://t.co/CTWZSqXK8Q

25 0 0 0 OA 災害と心不全

「原発事故後に突然死や死産が増えた」という呟きがTLを横切るのだけど、印象ではなく、実際に事故後に増えたのか人口動態調査https://t.co/Z6cCO3lIiXのデータを調べてみるといいよ。※福島で心不全に若干の肩が見えるの… https://t.co/p1UoMN9nAj
福島県における原発事故後の放射線影響と福島県民健康調査に対する意識調査 https://t.co/GXFBRlaOiv 甲状腺がんへの不安や今後の検査希望率の高さは無理のないことですが、心身両面を守るためのとても大切なことが考察に… https://t.co/MKZ8bQl8W2

フォロー(184ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

@whenever_u_want マスクに明確な「感染予防」のエビデンスはないんですよ。一方で、手洗いには明確なエビデンスがあります。https://t.co/v9XkVWJUCC こちらはまったくもって同意します。「年寄りはマ… https://t.co/93nHVgNmrm
RT @JapanContrarian: @sendaitribune 日本語ならこちらにありました。 https://t.co/KSDIUvmxJ5
RT @sendaitribune: @JapanContrarian ありがとうございます! とりあえず総説を見つけました。https://t.co/XpSE0ZNoAH
RT @sendaitribune: BCGの肺炎に対する効果について、#東北大学 老年内科の大類孝先生という方が、2003年に日本呼吸器学会で発表していた。その内容の総説が東北ジャーナルに掲載されていた>>>J-STAGE Articles - Preventive Stra…
@cQ_Q こちらで上水樽力さんの博士論文が読めます。 「スコット・ブラッドリーの映像音楽における描写的技法」 https://t.co/Llb6X5YiLA
RT @tokumoto0: データ捏造の疑い濃厚な「2001年1月に発表したはしかの細胞性免疫に関する論文」はこれですかね。CiNiiで検索すると岡田晴恵が2001年に発表した論文はこれしかヒットしない。 麻疹患者と麻疹生ワクチン接種者における免疫抑制病態の比較解析 htt…
貞観津波に関する研究で重要な役割を果たしたものといえばこれ。論文筆頭著者の阿部壽さんは女川2号機の建設に関わった技術者。 阿部壽・菅野喜貞・千釜章(1990): 仙台平野における貞観11年 (869年)三陸津波の痕跡高の推定… https://t.co/SFFPi8qPg1
RT @DEEPBLUE1219: @J_Tphoto @Butayama3 @y_tambe 1回でちゃんと界面活性剤がすすげているかを確認した論文です。水の界面張力で残存量を判定していて、残存ゼロということはありませんが、十分すすげていることが確認されています。 https…

フォロワー(211ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

@whenever_u_want マスクに明確な「感染予防」のエビデンスはないんですよ。一方で、手洗いには明確なエビデンスがあります。https://t.co/v9XkVWJUCC こちらはまったくもって同意します。「年寄りはマ… https://t.co/93nHVgNmrm
@cQ_Q こちらで上水樽力さんの博士論文が読めます。 「スコット・ブラッドリーの映像音楽における描写的技法」 https://t.co/Llb6X5YiLA
RT @ryu_: イタリアは憲法77条2項に基づく暫定措置令というのがあって、行政が定めて議会の追認を受ける仕組みらしく、どうもさっきの在外大ページにあった緊急政令とか首相令とかがそれに該当するっぽい。非常時とはいえ政府が実質立法できるのか。凄いな。https://t.co/…
RT @ryu_: イタリアは憲法77条2項に基づく暫定措置令というのがあって、行政が定めて議会の追認を受ける仕組みらしく、どうもさっきの在外大ページにあった緊急政令とか首相令とかがそれに該当するっぽい。非常時とはいえ政府が実質立法できるのか。凄いな。https://t.co/…
貞観津波に関する研究で重要な役割を果たしたものといえばこれ。論文筆頭著者の阿部壽さんは女川2号機の建設に関わった技術者。 阿部壽・菅野喜貞・千釜章(1990): 仙台平野における貞観11年 (869年)三陸津波の痕跡高の推定… https://t.co/SFFPi8qPg1
RT @DEEPBLUE1219: @J_Tphoto @Butayama3 @y_tambe 1回でちゃんと界面活性剤がすすげているかを確認した論文です。水の界面張力で残存量を判定していて、残存ゼロということはありませんが、十分すすげていることが確認されています。 https…