京極真@らいすた副代表 (@MaKver2)

投稿一覧(最新100件)

RT @takiko111: 岩田祐美さんの書いた「国外での作業的公正における作業療法士の介入と規範に関する文献レビュー」。作業的公正や作業機能障害を考える際に参考になります。https://t.co/AmykSxVbU8
コーチングの本質とは何か?—書籍を契機とした本質観取の実践と方法 https://t.co/6cT997QhvE
RT @yusai00: エアコンの設定温度を28℃にする根拠がない事はだんだん知られてきたけど、では何度が最適なのか?オフィスでの作業効率と電力消費を調べた論文によれば「作業効率が最大になるのは25.7℃」。設定温度じゃないぞ室温だぞ。それではご唱和下さい!「最も捗る室温は2…
RT @kibi_sagyou: #kiui 学部大学院一貫教育については研究論文にもなっています。 京極 真,寺岡睦,小林隆司,河村顕治:作業療法教育における学部・大学院5年一貫教育プログラムの利点と課題.作業療法ジャーナル,48(6),521-524,2014 https…
RT @MaKver2: お勧め。回復期リハビリテーション病棟に入院する当事者の方々にご協力いただき信念対立研究に取り組んだ者の1人としてこういう問題を体験することがなくなるように願いますし尽力しますわ。 https://t.co/o6X6MTPFjD 鬼の目にも涙。|蒼(あ…
お勧め。回復期リハビリテーション病棟に入院する当事者の方々にご協力いただき信念対立研究に取り組んだ者の1人としてこういう問題を体験することがなくなるように願いますし尽力しますわ。 https://t.co/o6X6MTPFjD… https://t.co/oA60mUeKLx
RT @Shintaro_Kuga: 都市部高齢者において 団体参加頻度が月1~3回以下、主観的経済状況に苦労していて、健康度自己評価が健康でない者は そうでない者と比較して孤立の発現率が高まったと。 https://t.co/lTSG2IOAHp まがすたで教えてくれた文献…
RT @asarin: The structure of human well-being related to ecosystem services: A Japanese case study to confirm the repeatability of previous…
RT @jgda_pr: 【実験社会心理学研究・掲載論文】清水裕士(2017) 二者関係データをマルチレベル分析に適用した場合に生じる諸問題とその解決法 https://t.co/inQjTNZY7a
我ながら書いておいてよかったと思う笑.→ 理論的研究の方法論としての構造構成的本質観取 https://t.co/xOPq2r4G6u
おー!この研究論文にもうちの研究室メンバーが書いた研究論文が引用されている。うれしい。 https://t.co/eSaZmUKmeu
おー!うちの研究室の研究論文が引用されている。あざーっす! https://t.co/xsqqjDudQO
RT @OTsho: CiNii 論文 -  病院勤務のリハビリテーションスタッフにおける作業機能障害の種類の実態と職業性ストレスとの関連 https://t.co/K7U1sjnUsk #CiNii
女性研究者のリアル その1 出産育児と不妊治療 https://t.co/93u3cvZvzy
チーム医療における倫理的感受性とは https://t.co/pzkd52lQyb
RT @asarin: 【実社心研・最新論文】(特集論文 ペアデータによる2者関係の相互依存性へのアプローチ)清水裕士「二者関係データをマルチレベル分析に適用した場合に生じる諸問題とその解決法」 https://t.co/Uygi900QJc
原著はこれか。後で読む。→ 地方選挙における有権者の政治行動に関連する近接性の効果:空間統計を活用した兵庫県赤穂市長選挙の事例研究 https://t.co/cCrSo5dj3u
研究論文が掲載されました!→ Examination of the Factors In uencing Achievement Motive in Community-dwelling Elderly People https://t.co/3naZNMIZU7
RT @soupcurry049: CiNii 論文 -  ベイジアンモデリングによる「個」への洞察 : 階層ベイズモデル・状態空間モデルの応用事例を通して (特集 未来をつくり出すリサーチ) -- (事例編 : リサーチサイドの対応) https://t.co/lpz9eDm…
RT @monotropastrum: 去年の生態学会誌 > 粕谷 (2015) 生態学におけるAICの誤用 : AICは正しいモデルを選ぶためのものではないので正しいモデルを選ばない(<特集2>生態学におけるモデル選択) https://t.co/yN5DjoRj3Q
無制限複数選択形式の分割表データに対する因子分析 https://t.co/DBiM629lGW
傾向スコア解析法による因果効果の推定と調査データの調整について https://t.co/uGeBJJAo7Y

14 0 0 0 OA 会議報告

RT @shima__shima: 拙著の人工知能学会誌載のKDD2015の会議報告が掲載されました https://t.co/kkoAwlGsLX 無料ダウンロードできます
RT @ceekz: 「1年ほど前に私は神に気付いてしまった」から始まる研究報告(紀要論文) http://t.co/3CwLOS1eTx
阿部さんの原著論文。信念対立解明アプローチ研究の参考になると思う。→ ケア・カフェ®が地域連携に与える影響-混合研究法を用いて- https://t.co/iRC4Z80viO
RT @jssp_pr: 【社会心理学研究・掲載論文】船越(2013) 平均構造・多母集団同時分析を用いたセルフ・モニタリング(Self-Monitoring)尺度の文化的等価性の検討 http://t.co/YZuOjN2Vsr
興味深いです。→ 個人のチームワーク能力を測定する尺度の開発と妥当性の検討 http://t.co/mq7WbYZfo8
RT @simizu706: 入戸野先生の分散分析についての解説論文。反復測定分散分析の多重比較や球面性の仮定,多変量分散分析などについてわかりやすく書いてある。実験系の院生はもちろん,卒論生もぜひこれを読んで勉強してほしい。 https://t.co/kqZdrAniYc
文献を調べていたら見つけました。信念対立解明アプローチが紹介されてました。→ 日本の総合診療医に必要な医療マネジメント能力(日本プライマリケア連合学会誌(2013年)) https://t.co/1C08614ey3
RT @JuuichiJigen: 早稲田大学 博士論文審査報告書 http://t.co/uwYmMrlO1K 「第1章では,生体組織由来のpluripotent stem cellに関する研究の動向を概説し,本論文の背景をまとめると共に,本論文の意義及び目的を明らかにしてい…
RT @yukinori_h: 小保方さんの博士論文、参考文献の件見ると「審査が杜撰」だと思うのだけど、iPS関連で話題になった森口さんの博論の方がよりひどかった(図表番号が連番ですらない)( http://t.co/bt2Bl2HoI6 )のでそもそも博論審査ってザルなのでは…
RT @JuuichiJigen: この異常な博士論文を通した早稲田大学も異常ですね。 審査員は、 常田聡 早稲田大学教授   武岡真司 早稲田大学教授   大和雅之 東京女子医科大学教授   Charles A. Vacanti ハーバード大学教授 の4人です。 http…
RT @yabukiu: リアルタイムでデルファイ法したら、ノミナルグループに近い感じになるな。。CiNii 論文 -  インターネットを用いたリアルタイムデルファイ法の実現 http://t.co/QfkCuGMH34 #CiNii
RT @enodon: オープンアクセスの広がりと現在の争点 佐藤 翔氏 同志社大学 社会学部教育文化学科 情報管理 Vol. 56 (2013) No. 7 P 414-424 http://t.co/099dEXIcr9
RT @enodon: オープンアクセスの広がりと現在の争点 佐藤 翔氏 同志社大学 社会学部教育文化学科 情報管理 Vol. 56 (2013) No. 7 P 414-424 http://t.co/099dEXIcr9
RT @tera_sawa: CiNii 論文 -  言語(英語)帝国主義 : 概観 http://t.co/5YO9N5vSbx #CiNii
RT @yabukiu: @MAJIdeGutiOT @MaKver2 http://t.co/oAThi7rkAh オープンアクセスです(^−^)
ほーい!RT @MaKver2: ぜひ!RT @motsstom: 読んでみます(^o^)/ RT @MaKver2: 理論的研究の方法論としての構造構成的本質観取 http://t.co/uaqBxKPn こちらも紀要ですけど、関心のある方はどうぞ。無料で読めます。
ぜひ!RT @motsstom: 読んでみます(^o^)/ RT @MaKver2: 理論的研究の方法論としての構造構成的本質観取 http://t.co/uaqBxKPn こちらも紀要ですけど、関心のある方はどうぞ。無料で読めます。
理論的研究の方法論としての構造構成的本質観取 http://t.co/uaqBxKPn こちらも紀要ですけど、関心のある方はどうぞ。無料で読めます。
作業療法臨床実習における信念対立解明アプローチの応用可能性 http://t.co/rnQEexwP 無料で読めます。紀要ですが、関心のある人はどうぞ^^。
お互いどうにかサバイブしようね(´Д` )。RT @ittokutomano: 若手研究者(ポスドク)の恐るべき境遇。もはや30代に救いはないのか⁉(涙)RT @sasakitoshinao: 芥川賞受賞した円城塔氏の書いたポスドク論… http://t.co/EXx88f7I
ほんと他人事ではない><。RT @sasakitoshinao: 芥川賞受賞した円城塔氏の書いたポスドク論。身も蓋もない恐ろしい実態・・でも申し訳ないけど文章がめちゃめちゃ面白い。リンク先からオープンアクセスのpdfで読める。 http://t.co/EXx88f7I

お気に入り一覧(最新100件)

【実験社会心理学研究・掲載論文】清水裕士(2017) 二者関係データをマルチレベル分析に適用した場合に生じる諸問題とその解決法 https://t.co/inQjTNZY7a
リアルタイムでデルファイ法したら、ノミナルグループに近い感じになるな。。CiNii 論文 -  インターネットを用いたリアルタイムデルファイ法の実現 http://t.co/QfkCuGMH34 #CiNii
CiNii 論文 -  言語(英語)帝国主義 : 概観 http://t.co/5YO9N5vSbx #CiNii

フォロー(74ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @bms_pr: 【最新の論文をご紹介いたします】 竹内 真登, 星野 崇宏, プロセスシミュレーションを伴うコンジョイント測定による購買予測, 行動計量学, 2017, 44 巻, 1 号, p. 45-56, 公開日 2017/12/01, Online ISSN 1…
RT @bms_pr: 【最新の論文をご紹介いたします】 林 拓也, 主観的距離評定に基づく職業認知次元と集団分化の析出, 行動計量学, 2017, 44 巻, 1 号, p. 73-84, 公開日 2017/12/01, Online ISSN 1880-4705, Prin…
RT @bms_pr: 【最新の論文をご紹介いたします】 竹内 真登, 星野 崇宏, プロセスシミュレーションを伴うコンジョイント測定による購買予測, 行動計量学, 2017, 44 巻, 1 号, p. 45-56, 公開日 2017/12/01, Online ISSN 1…
J-STAGE Articles - High Tomato and Tomato Product Consumption is Protective Against the Decline in Handgrip Strengt… https://t.co/dwUujj9VEr
RT @bms_pr: 【最新の論文をご紹介いたします】 竹内 真登, 星野 崇宏, プロセスシミュレーションを伴うコンジョイント測定による購買予測, 行動計量学, 2017, 44 巻, 1 号, p. 45-56, 公開日 2017/12/01, Online ISSN 1…

174 174 174 0 OA 公方様の話

RT @tyuusyo: 三田村鳶魚に言わせると江戸時代に「おねショタ」が大流行したらしい、「少年までが自己よりも年長の婦女を喜び、妙齢の婦人が後家風に装う」のだそうだ。大坂には後家と称する娼婦が大量に居たらしい https://t.co/zBrC8ZsGEv
RT @bms_pr: 【最新の論文をご紹介いたします】 福田 昌史, 固定電話と携帯電話を対象とした電話調査の導入と推定値の評価, 行動計量学, 2017, 44 巻, 1 号, p. 85-94, 公開日 2017/12/01, Online ISSN 1880-4705,…

フォロワー(3503ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @yachu93: 「精神病床への新規入院患者における在院日数に関する研究」につきまして,解説資料を公開しました。ご周知くださいますと幸いです。 【解説(PDF)】 https://t.co/mgoLp8bThC 【論文】 https://t.co/e6Yg1Nnhog
RT @yachu93: 「精神病床への新規入院患者における在院日数に関する研究」につきまして,解説資料を公開しました。ご周知くださいますと幸いです。 【解説(PDF)】 https://t.co/mgoLp8bThC 【論文】 https://t.co/e6Yg1Nnhog
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を原理から、どのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を原理から、どのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を原理から、どのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @bms_pr: 【最新の論文をご紹介いたします】 竹内 真登, 星野 崇宏, プロセスシミュレーションを伴うコンジョイント測定による購買予測, 行動計量学, 2017, 44 巻, 1 号, p. 45-56, 公開日 2017/12/01, Online ISSN 1…
RT @BotKmgi: CiNii 論文 - 日本における介護に関わる要因が背景に見られる高齢者の心中や殺人に関する研究の動向〜PDFあり https://t.co/2KBNGQjM1h
RT @bms_pr: 【最新の論文をご紹介いたします】 林 拓也, 主観的距離評定に基づく職業認知次元と集団分化の析出, 行動計量学, 2017, 44 巻, 1 号, p. 73-84, 公開日 2017/12/01, Online ISSN 1880-4705, Prin…
同様に4つのクラスタが得られているこちらの論文も是非…。 パーソナリティ・プロトタイプに基づいた大学生の類型化と精神的健康の関連 https://t.co/vwilNKD0B0 https://t.co/T4Ws4q0PjT
RT @bms_pr: 【最新の論文をご紹介いたします】 竹内 真登, 星野 崇宏, プロセスシミュレーションを伴うコンジョイント測定による購買予測, 行動計量学, 2017, 44 巻, 1 号, p. 45-56, 公開日 2017/12/01, Online ISSN 1…
RT @tatsuyayay: 論文あった(PDF) https://t.co/E3PxNGQOnU https://t.co/FaMgcJsWJU
RT @tatsuyayay: 論文あった(PDF) https://t.co/E3PxNGQOnU https://t.co/FaMgcJsWJU
RT @torakare: これおもろかった。幸村誠「漫画でつなぐ、中世北欧と現代日本」 https://t.co/MuIN88DYNJ
RT @tatsuyayay: 論文あった(PDF) https://t.co/E3PxNGQOnU https://t.co/FaMgcJsWJU
J-STAGE Articles - High Tomato and Tomato Product Consumption is Protective Against the Decline in Handgrip Strengt… https://t.co/dwUujj9VEr
RT @tatsuyayay: 論文あった(PDF) https://t.co/E3PxNGQOnU https://t.co/FaMgcJsWJU
RT @bms_pr: 【最新の論文をご紹介いたします】 竹内 真登, 星野 崇宏, プロセスシミュレーションを伴うコンジョイント測定による購買予測, 行動計量学, 2017, 44 巻, 1 号, p. 45-56, 公開日 2017/12/01, Online ISSN 1…
RT @hayakawa2600: あ、この論文、テキストがWEBにアップされていたんですね! なぜかリンクがtwitterにはじかれるのでCiNiiを。https://t.co/7SNOM8SJrQ https://t.co/hPKCsHdtfm
CiNii 論文 -  医療者の闘病記読書に関する質的研究 : 何が得られるのか https://t.co/gxKRamJoIr #CiNii
RT @otsukaman: ステロイド外用剤において、ジェネリックは先発品に比べて効果が落ちます。 「外用剤が効かない(効かなくなった)」と感じた時、ジェネリックの為に医師が狙った効果が出てない可能性もあります。 ご注意ください。 https://t.co/UnxsHU…
@nekokans ガンシクロビルのクリアランスに対して用量が過剰であると骨髄抑制が生じやすいので、CCrと用量の適正性を確認するのでしょうかね。 https://t.co/wP0XPg6TQJ https://t.co/XCreNLML9o
福井大病院薬剤部より。担当薬剤師は10年以上の経験者を1名固定、とのこと。副作用を疑うシグナルを拾えても、それが疾患関連かなどを評価するにはヒトの関与が必要なのですね。 医薬品副作用自動監視システムによる副作用検出の評価… https://t.co/BPjbSoxtZP

174 174 174 0 OA 公方様の話

RT @tyuusyo: 三田村鳶魚に言わせると江戸時代に「おねショタ」が大流行したらしい、「少年までが自己よりも年長の婦女を喜び、妙齢の婦人が後家風に装う」のだそうだ。大坂には後家と称する娼婦が大量に居たらしい https://t.co/zBrC8ZsGEv
慢性心不全について。 この文献は分かりやすい! https://t.co/4hgWnvcyM3
RT @bms_pr: 【最新の論文をご紹介いたします】 福田 昌史, 固定電話と携帯電話を対象とした電話調査の導入と推定値の評価, 行動計量学, 2017, 44 巻, 1 号, p. 85-94, 公開日 2017/12/01, Online ISSN 1880-4705,…
RT @carpe_diem0820: B型肝炎ワクチン 定期接種化までの道のりと今後の課題 今後解決すべき問題としてエスケープ変異,ワクチン無効例への対策,ブースター接種の検討などが挙げられる. https://t.co/AKBzPx0XZ4
RT @yachu93: 「精神病床への新規入院患者の転機」に関する研究がJournal of Epidemiologyに掲載されました。 NDBを活用して,60万件の精神病床入院患者の自宅退院までの日数などを網羅的(入院料単位,病院単位,都道府県単位など)に求めています。…
RT @yachu93: 「精神病床への新規入院患者の転機」に関する研究がJournal of Epidemiologyに掲載されました。 NDBを活用して,60万件の精神病床入院患者の自宅退院までの日数などを網羅的(入院料単位,病院単位,都道府県単位など)に求めています。…
RT @yachu93: 「精神病床への新規入院患者の転機」に関する研究がJournal of Epidemiologyに掲載されました。 NDBを活用して,60万件の精神病床入院患者の自宅退院までの日数などを網羅的(入院料単位,病院単位,都道府県単位など)に求めています。…
RT @yachu93: 病院ごとの評価は,NDB活用の新しい方向性と思っています。例えば,スーパー救急病棟の131病院ごとに,90日以内の退院率を求めて,退院率が高い順から5群に分けています。すると退院率が高い病院群では84-96%は90日以内に退院しますが,低い群は46-7…
RT @yachu93: 「精神病床への新規入院患者の転機」に関する研究がJournal of Epidemiologyに掲載されました。 NDBを活用して,60万件の精神病床入院患者の自宅退院までの日数などを網羅的(入院料単位,病院単位,都道府県単位など)に求めています。…
RT @TakaMuto_Kyoto: 教心(慶応・日吉)の明日16日(日) 16:00@D307(大対先生他) 日本におけるスクールワイドPBSの導入と実践:導入の忠実性と効果の評価における課題の検討 https://t.co/dJv8VPd4Ko
この文書によれば、粒子と波の2重性等を統一的に扱うみたいなことが書かれているが、そうであるなら、波動性はあくまでも多数の粒子が通過する時に起こるものという解釈がされているので、量子場の理論のあり方も変わるかもしれない → https://t.co/uVni9r8GEe
「場の 量子論の 数理」新井 朝雄 難解な数学を使うテキストというか本を出していると評価されている方の量子場についての文書 → https://t.co/uVni9r8GEe
「代数的量子論における文脈依存性」 量子情報の研究者からは、文脈なんて関係なかろう、過去の量子論の哲学的アプローチが為された暗黒時代の残骸とみなされるのだろう → https://t.co/B2WZWOeXJ9
RT @VirginUSSR: 興味深い内容だった。タイトルも秀逸。 『贈与としての自殺 - 高度成長期以後の生命保険にかかわる自殺の歴史社会学』 https://t.co/Qcv5DZQRed