Review-Search (@ReviewSearch)

投稿一覧(最新100件)

書評 中野隆生編著『二十世紀の都市と住宅 : ヨーロッパと日本』: 書評 中野隆生編著『二十世紀の都市と住宅 : ヨーロッパと日本』: 書評 中野隆生編著『二十世紀の都市と住宅 : ヨーロッパと日本』 Book… https://t.co/q9ck51uW5T #書評
〈書評〉ニニアン・スマート編『宗教哲学選集』(Ninian Smart(ed.): Historical Selections in the Philosophy ...: こんな論文どうですか?… https://t.co/AIzAdVSagv #書評
著者リプライ,二村一夫『労働は神聖なり,結合は勢力なり:高野房太郎とその時代』を読む: CiNii 論文 -… https://t.co/zjd0Fs1Ksr #書評
著者リプライ,二村一夫『労働は神聖なり,結合は勢力なり:高野房太郎とその時代』を読む: CiNii 論文 -… https://t.co/yezC07o5Sv #社会 #書評
書評 神山睦美著「希望のエートス 3・11以後」: @orionaveugle 「破滅(カタストロフィー)の先に立つ批評――神山睦美『希望のエートス 3・11以後』書評」 https://t.co/396lBqfK3R.… https://t.co/i6bwLuFX3y #書評
書評 神山睦美著「希望のエートス 3・11以後」: @orionaveugle 「破滅(カタストロフィー)の先に立つ批評――神山睦美『希望のエートス 3・11以後』書評」 https://t.co/396lBqfK3R.… https://t.co/i6bwLuFX3y #書評
福浦一男.『霊媒のいる街 -- 北タイ, チェンマイの宗教復興』春風社, 2016, 285p.: "CiNii 論文 - 福浦一男.『霊媒のいる街 -- 北タイ, チェンマイの宗教復興』春風社, 2016, 285p."… https://t.co/cATr0YEDvM #書評
『霊媒のいる街 -- 北タイ, チェンマイの宗教復興』春風社, 2016, 285p.: 福浦一男.『霊媒のいる街 -- 北タイ, チェンマイの宗教復興』春風社, 2016, 285p. Fukuura Kazuo.… https://t.co/0HBiw8enRs #書評
書評 マッシモ・リヴィーバッチ著/速水融・斎藤修訳『人口の世界史』: 書評 マッシモ・リヴィーバッチ著/速水融・斎藤修訳『人口の世界史』 Book Review : Massimo Livi-Bacci,A Concise… https://t.co/8NupBJndyu #書評
書評 マッシモ・リヴィーバッチ著/速水融・斎藤修訳『人口の世界史』: 成城大學經濟研究 = Seijo University economic papers. https://t.co/6k1SeVRnmG #書評
書評 架神恭介 辰巳一世『完全教祖マニュアル』: Cultures/critiques : journal of international Japanese cultural studies. https://t.co/YVxYRANQX6 #書評
(書評)佐藤篤士著「「古代iusc ivile(市民法)におけるpatria-potestas(家長権)―とくにius vendendi (家子 ...: 1 1 1 1 (書評)佐藤篤士著「「古代iusc… https://t.co/E9qvXqGcAy #書評
『ゲッティンゲン書評』をめぐるカント‐ガルヴェ往復書簡について: 小谷 英生 CiNii 論文 - 隠された友情 : 『ゲッティンゲン書評』をめぐるカント‐ガルヴェ往復書簡について… https://t.co/DxgA4t6aWC #書評
アメリカ「帝国」,「ならず者」国家,イスラム主義: この論文は国立情報学研究所の学術雑誌公開支援事業により電子化されました。 https://t.co/90OKpcQu52 #書評
書評 カトーの『農業論』について: Twitter (1 users, 1 posts, 0 favorites). CiNii 論文 - 書評 カトーの『農業論』について https://t.co/wXMmDmOPlH… https://t.co/2E5ievnglX #書評
書評 カトーの『農業論』について: Twitter (1 users, 1 posts, 0 favorites). CiNii 論文 - 書評 カトーの『農業論』について https://t.co/wXMmDmOPlH… https://t.co/2E5ievnglX #書評
『岩波講座 宗教』(全10巻): 40頁以上の書評論文というのもすごい-----CiNii 論文 - 書評論文 編集委員 池上良正・小田淑子・島薗進・末木文美士・関一敏・鶴岡賀雄『岩波講座 宗教』(全10 ... https://t.co/CLL9VMLtP3 #書評
『キリスト教的ワーズワース』,ディーアン・ウェストブルック著『ワーズワースにおける聖書の残影』: 1 1 1 1 IR 書評 ウィリアム… https://t.co/5YEvReOOKW #書評
『空海の座標 : 存在とコトバの深秘学』高木訷元 Kukai on the Philosophy of Language: CiNii 論文 - 書評 『空海の座標 : 存在とコトバの深秘学』高木訷元… https://t.co/Pvkb1SA4dt #書評
リツイート・ネットワーク: 社会学評論 書評 丹辺宣彦・岡村徹也・山口博史編『豊田とトヨタ : 産業グローバル化先進地域の現在』 https://t.co/o2K5V0X3bp. 2017-02-15… https://t.co/maV3A2QKWa #社会 #書評
豊田とトヨタ : 産業グローバル化先進地域の現在: 社会学評論 書評 丹辺宣彦・岡村徹也・山口博史編『豊田とトヨタ : 産業グローバル化先進地域の現在』 https://t.co/o2K5V0FsjR.… https://t.co/JrkaPPIotr #書評
豊田とトヨタ : 産業グローバル化先進地域の現在: 社会学評論 書評 丹辺宣彦・岡村徹也・山口博史編『豊田とトヨタ : 産業グローバル化先進地域の現在』 https://t.co/o2K5V0FsjR.… https://t.co/JrkaPPIotr #書評
書評 南川文里著『アメリカ多文化社会論 : 「多からなる-」の系譜と現在』: 社会学評論 書評 南川文里著『アメリカ多文化社会論 : 「多からなる-」の系譜と現在』 https://t.co/0n8SkNdUqH.… https://t.co/JoMniduJXq #書評
書評 南川文里著『アメリカ多文化社会論 : 「多からなる-」の系譜と現在』: 社会学評論 書評 南川文里著『アメリカ多文化社会論 : 「多からなる-」の系譜と現在』 https://t.co/0n8SkNdUqH.… https://t.co/JoMniduJXq #書評
書評 周東美材著『童謡の近代 : メディアの変容と子ども文化』: 社会学評論 書評 周東美材著『童謡の近代 : メディアの変容と子ども文化』 https://t.co/Og1aMeQ0YW. 2017-02-15… https://t.co/nGJwnV6TGr #書評
書評 周東美材著『童謡の近代 : メディアの変容と子ども文化』: 社会学評論 書評 周東美材著『童謡の近代 : メディアの変容と子ども文化』 https://t.co/Og1aMeQ0YW. 2017-02-15… https://t.co/nGJwnV6TGr #書評
マス・メディア時代のポピュラー音楽を読み解く : 流行現象からの脱却: 社会学評論 書評 東谷護著『マス・メディア時代のポピュラー音楽を読み解く : 流行現象からの脱却』 https://t.co/vmJUC9uEfo.… https://t.co/qDxmsyY9Ir #書評
マス・メディア時代のポピュラー音楽を読み解く : 流行現象からの脱却: 社会学評論 書評 東谷護著『マス・メディア時代のポピュラー音楽を読み解く : 流行現象からの脱却』 https://t.co/vmJUC9uEfo.… https://t.co/qDxmsyY9Ir #書評
書評 南川文里著『アメリカ多文化社会論 : 「多からなる-」の系譜と現在』: 書評 南川文里著『アメリカ多文化社会論 : 「多からなる-」の系譜と現在』. 塩原 良和 ... 社会学評論 = Japanese… https://t.co/TanKGVI8Jk #社会 #書評
書評 南川文里著『アメリカ多文化社会論 : 「多からなる-」の系譜と現在』: 社会学評論 = Japanese sociological review. ... 1 1 1 1 書評… https://t.co/9DKTNrnDCd #社会 #書評
書評 周東美材著『童謡の近代 : メディアの変容と子ども文化』: 社会学評論 = Japanese sociological review. 社会学評論 = Japanese sociological review… https://t.co/sJjOuorAWR #書評
浦川邦夫(2015)「書評:『相対的剥奪の社会学――不平等と意識のパラドックス』石田淳(著)」: 浦川邦夫(2015)「書評:『相対的剥奪の社会学――不平等と意識のパラドックス』石田淳(著)」 理論と方法… https://t.co/ebpQc5ZReO #社会 #書評
徳岡秀雄(1981)「書評:大村英昭「非行の社会学」」 社会学研究会 ソシオロジ 25(3): 徳岡秀雄(1981)「書評:大村英昭「非行の社会学」」 社会学研究会 ソシオロジ ...… https://t.co/xA6oqdCJMU #社会 #書評

3 0 0 0 OA 書評

書評: 哺乳類科学. Vol. 56 (2016) No. 2 p. 287-297. 記事言語: English, Japanese. 前の記事. https://t.co/E0RAqLsvX4. 書評 ... https://t.co/y0NTcrHjHz #書評
根本かおる著『日本と出会った難民たち生き抜くチカラ、支えるチカラ』: 関西学院大学人権研究 = Kwansei Gakuin University journal of human rights studies. https://t.co/pNx4oXLJ9P #書評
秋元律郎・澤井敦著『マンハイム研究 : 危機の理論と知識社会学』: 1 1 1 1 秋元律郎・澤井敦著『マンハイム研究 : 危機の理論と知識社会学』 ...… https://t.co/lEaXPBXnwl #書評
(創立20周年記念 第16回(2008年度)年次大会(研究報告会&総会)): 図書1605冊分の書評を使って自動設定実験を行った結果, (1)自動設定において書評中の語を使うことに有用性がある,… https://t.co/9bUdHIqTIS #書評
隠蔽された女米騒動の真相 : 警察資料・現地検証から見る: こんな論文どうですか? 書評と紹介 立花雄一著『隠蔽された女米騒動の真相 : 警察資料・現地検証から見る』(石坂 悦男ほか),2016… https://t.co/2dWRBJbAna #書評
『世紀転換期の国際秩序と国民文化の形成』〔西川長夫・渡辺公三 編〕: 書評国民国家における重層性と相互浸透をめぐって--『世紀転換期の国際秩序と国民文化の形成』〔西川長夫・渡辺公三編〕を読んで… https://t.co/F9aXfkEIBB #書評
アメリカ医療制度の政治史 : 20世紀の経験とオバマケア: こんな論文どうですか? 書評と紹介 山岸敬和著『アメリカ医療制度の政治史 : 20世紀の経験とオバマケア』(大原 利夫ほか),2015… https://t.co/qnT13hO8I3 #政治 #書評
アメリカ医療制度の政治史 : 20世紀の経験とオバマケア: こんな論文どうですか? 書評と紹介 山岸敬和著『アメリカ医療制度の政治史 : 20世紀の経験とオバマケア』(大原 利夫ほか),2015… https://t.co/zl8otDfMzW #書評
『日本の労働組合 : 国際化時代の国際連帯活動』/梅田俊英著『社会運動と出版文化 : 近代日本における知 ...: 書評と紹介 : ヒュー・ウイリアムソン著/戸塚秀夫監訳『日本の労働組合 :… https://t.co/j6DLYIHLeQ #書評
【書評】井上達夫『世界正義論』(2012年): 本書では、グローバル化の進展する現代社会において避けて通ることの出来ない国際社会の諸問題が取り上げられ、それらが「世界正義(Global Justice)」の ... https://t.co/4I5cRDR1Dz #書評
【書評】井上達夫『世界正義論』(2012年): 本書では、グローバル化の進展する現代社会において避けて通ることの出来ない国際社会の諸問題が取り上げられ、それらが「世界正義(Global Justice)」の ... https://t.co/QNvPld7anc #世界 #書評
『越境する一九六〇年代 : 米国・日本・西欧の国際比較』(彩流社、2012年): 越境する一九六〇年代 米国・日本・西欧の国際比較』の書評https://t.co/jUBZkYiaob… https://t.co/TW00nTlLBt #書評
『越境する一九六〇年代 : 米国・日本・西欧の国際比較』(彩流社、2012年): 越境する一九六〇年代 米国・日本・西欧の国際比較』の書評https://t.co/jUBZkYiaob… https://t.co/TW00nTlLBt #書評
戦後労働組合と女性の平和運動--「平和国家」創生を目指して: 本書は、戦後15年間(1945~60年)に限り、男性労働者と主婦に注目して、彼らが担った平和運動の意義と草の根平和主義の形成について考察している。日本の ... https://t.co/CjYb5MV43b #書評
書評 高之国・賈兵兵著『論南海九段線的歴史、地位和作用』: こんな論文どうですか? 書評 高之国・賈兵兵著『論南海九段線的歴史、地位和作用』(孫 占坤),2016 https://t.co/QcJMCac2bf.… https://t.co/09uNErhtCS #書評
書評 高之国・賈兵兵著『論南海九段線的歴史、地位和作用』: こんな論文どうですか? 書評 高之国・賈兵兵著『論南海九段線的歴史、地位和作用』(孫 占坤),2016 https://t.co/QcJMCac2bf.… https://t.co/09uNErhtCS #書評
石井米雄著.飯島明子解説.『もうひとつの「王様と私」』めこん, 2015年, 224p: アジア・アフリカ地域研究 = Asian and African area studies. https://t.co/0vqkhZyG6b #書評
石井米雄著.飯島明子解説.『もうひとつの「王様と私」』めこん, 2015年, 224p: 石井米雄著.飯島明子解説.『もうひとつの「王様と私」』めこん, 2015年,… https://t.co/07FFDmvVBF #書評
『アジア経済史研究入門』名古屋大学出版会, 2015年, 390p.: 水島司・加藤博・久保亨・島田竜登編.『アジア経済史研究入門』名古屋大学出版会, 2015年, 390p.水島司・加藤博・久保亨・島田竜登編.『アジア… https://t.co/kPXnm58rGD #書評

2 0 0 0 OA 書評

書評フランスの生命倫理法 生殖医療の用いられ方: 1 1 1 1 OA 書評フランスの生命倫理法 生殖医療の用いられ方 · 本文 (FullText). 著者: 絵野沢 伸; 出版者: 日本臓器保存生物医学会; 雑誌:… https://t.co/Jp4fgbPzRM #書評
書評 金沢百枝著『ロマネスク美術革命』: Twitter (1 users, 1 posts, 0 favorites). CiNii 論文 - 書評 金沢百枝著『ロマネスク美術革命』… https://t.co/jz2HFgeFd2 #書評
ビブリオ・トーク -書評-:√1: #IPSJ 情報処理 2017年1月号鈴木 貢ビブリオ・トーク -書評-:√1 https://t.co/R1l7JxsUVS 収録「立川文学VI」,けやき出版(2016),287p. https://t.co/35cOIGYrC3 #書評
ビブリオ・トーク -書評-:√1: #IPSJ 情報処理 2017年1月号鈴木 貢ビブリオ・トーク -書評-:√1 https://t.co/R1l7JxsUVS 収録「立川文学VI」,けやき出版(2016),287p. https://t.co/35cOIGYrC3 #書評
適応と反映 : 北山氏の書評論文によせて: 適応と反映 : 北山氏の書評論文によせて(特別企画 : 『信頼の構造』誌上討論). 山岸 俊男. 1) 北海道大学文学部. 公開日: 20161215. 本文PDF… https://t.co/UWdLjoZqKG #書評
リツイート・ネットワーク: ... 社会の決まり」はどのように決まるか(フロンティア実験社会科学)』 (2015年,勁草書房). 書評(清水裕士氏) https://t.co/79SUO1WBOM… https://t.co/SoinM1JyBw #書評
『中世時衆史の研究』その後 : 牛山佳幸書評を拝読して (創刊十周年記念特集 時衆研究の最前線): 読了。あの人、ちゃんと反論文を書いてたのか。やはり反論文は多くの研究者の目に触れる雑誌に書くべきだな。/ CiNii 論文… https://t.co/rr8NuElErn #書評
書評 上川通夫『日本中世仏教と東アジア世界』: 最近の無慈悲で面白い書評としては、これもお奨め。ご本人は「俺は謙虚に書いた」と仰っていたけれども。/ CiNii 論文 - 書評 上川通夫『日本中世仏教と東アジア… https://t.co/gADYWycaUF #世界 #書評
書評 上川通夫『日本中世仏教と東アジア世界』: 最近の無慈悲で面白い書評としては、これもお奨め。ご本人は「俺は謙虚に書いた」と仰っていたけれども。/ CiNii 論文 - 書評 上川通夫『日本中世仏教と東アジア ... https://t.co/ePTcFdxMJ7 #書評
再魔術化する都市の社会学 : 空間概念・公共性・消費主義: 社会学評論 = Japanese sociological review. ... 3 3 3 0 書評 園部雅久著『再魔術化する都市の社会学 :… https://t.co/CIBxOrErdI #社会 #書評
本文PDF [3058K]: 書評1. 末永俊郎 ( ) 『社会心理学研究入門』. 1987年 東京大学出版会. 本書は、 社会心理学およびその関連領域で自ら問題を. 発見し、 データを収集 ・ 解析し、 ... https://t.co/g2teL1ZcFR #社会 #書評
[書評と紹介]工藤 威著『奥羽列藩同盟の基礎的研究』(近現代史研究叢書 5):… https://t.co/LNSGJg28gk #書評
書評 高澤浩一編『近出殷周金文考釈』: 二松学舎大学人文論叢 = Journal of Nishogakusha University Humanities Association. https://t.co/wAg6LBlowk #書評
〈書評〉 山田不二男著「日本の労働経済」: 〈書評〉 山田不二男著「日本の労働経済」: 21 ( 1 ) , pp.84 - 87 , 1974-12-20 , 上智大学経済学会. ISSN:04477596.… https://t.co/1EKZIYChXT #経済 #書評
〈書評〉 山田不二男著「日本の労働経済」: 21 ( 1 ) , pp.84 - 87 , 1974-12-20 , 上智大学経済学会. ISSN:04477596.… https://t.co/VKZX8MgCKb #経済 #書評
〈書評〉 山田不二男著「日本の労働経済」: 〈書評〉 山田不二男著「日本の労働経済」: 21 ( 1 ) , pp.84 - 87 , 1974-12-20 , 上智大学経済学会. ISSN:04477596.… https://t.co/VOIYJpOgHX #書評
〈書評〉 山田不二男著「日本の労働経済」: 21 ( 1 ) , pp.84 - 87 , 1974-12-20 , 上智大学経済学会. ISSN:04477596. NCID:AN00115473. Number… https://t.co/rjdeONs99w #経済 #書評
〈書評〉 アリスター・E・マクグラス著『科学と宗教における対話の基礎』: 〈書評〉 アリスター・E・マクグラス著『科学と宗教における対話の基礎』〈書評〉… https://t.co/xy0ElIvoq0 #科学 #書評
歴史を現代に学ぶ: 歴史を現代に学ぶ歴史を現代に学ぶAN00062887 ショヒョウ レキシ オ ゲンダイ ニ マナブ. "/春原, 昭彦/"春原, 昭彦. ソフィア : 西洋文化ならびに ... https://t.co/D7U3IaG9iS #歴史 #書評
宗教社会学: 宗教の社会的機能分析を中心に(オディ,T 著): 宗教社会学: 宗教の社会的機能分析を中心に(オディ,T 著)宗教社会学: 宗教の社会的機能分析を中心に(オディ,T 著)AN00062887 https://t.co/32EJBMySKl #社会 #書評
書評 杉山博昭著 「地方」の実践からみた日本キリスト教社会福祉: 【最近出た論文】梅木真寿郎 社会福祉学科准教授「書評 杉山博昭著 「地方」の実践からみた日本キリスト教社会福祉」(『社会福祉学』57(2),… https://t.co/9ntQSZWZxE #書評
書評 : Corações Sujos - A história da Shindo Renmei.: 1 1 1 1 OA 書評 : Corações Sujos - A história da Shindo… https://t.co/EoxyUGl4FC #書評
書評 : Corações Sujos - A história da Shindo Renmei.: 書評 : Corações Sujos - A história da Shindo Renmei.… https://t.co/NNt3pVEvSg #書評
書評 毛利康俊著『社会の音響学 : ルーマン派システム論から法現象を見る』: 法社会学. ... 1 1 1 1 書評 毛利康俊著『社会の音響学 : ルーマン派システム論から法現象を見る』. 著者: 福井 康太;… https://t.co/2tjcJ9VCJo #社会 #書評
福井康太(2016)「書評 毛利康俊著『社会の音響学 : ルーマン派システム論から法現象を見る』」: 書評 毛利康俊著『社会の音響学 : ルーマン派システム論から法現象を見る』 Book Reviews :… https://t.co/DHdnXVGhFp #社会 #書評
書評 深海菊絵著『ポリアモリー 複数の愛を生きる』: 書評1. はじめに2. 論点 2-1. 論点① 「複数愛」とは何か 2-2. 論点② ポリアモリストにとって「所有」とは何か 2-3. 論点③ 愛という言葉について… https://t.co/zGL0E0aEit #書評
枝川明敬著『新時代の文化振興論―地域活動と文化施設を考える―』: 1 1 1 1 OA 書評:枝川明敬著『新時代の文化振興論―地域活動と文化施設を考える―』 · 本文 (FullText). 著者: 根木 昭; 出版者:… https://t.co/ZmnEDdTwRJ #書評

3 0 0 0 OA 書評

書評 - 科学哲学 vol.10-3 (1972): 書評 - 科学哲学 vol.10-3 (1972). カテゴリー判別中; 2016/10/28 13:30; J-STAGE [Japan Science… https://t.co/tUtDfjxgeM #科学 #書評

3 0 0 0 OA 書評

書評: 1 1 1 1 OA 書評 ... 佐藤敬三「書評:クロッソン&セイヤー編『情報工学と哲学』」 科学哲学 vol.10-3 (1972) https://t.co/qezXZdARt3. 2016-10-28… https://t.co/DZy3qa8LfO #書評

3 0 0 0 OA 書評

書評: 1 1 1 1 OA 書評 ... 佐藤敬三「書評:クロッソン&セイヤー編『情報工学と哲学』」 科学哲学 vol.10-3 (1972) https://t.co/qezXZdARt3. 2016-10-28… https://t.co/DZy3qa8LfO #書評
書評 室井康成著『柳田国男の民俗学構想』: 國學院雑誌』に筑波の人が、しかもこの本の書評を書いているのが不思議に思える。 CiNii 論文 - 書評 室井康成著『柳田国男の民俗学構想』 ... https://t.co/p172rcJErC #書評
書評 朧谷寿著『堀河天皇吟抄 : 院政期の雅と趣』: Twitter (1 users, 1 posts, 0 favorites). CiNii 論文 - 書評 朧谷寿著『堀河天皇吟抄 : 院政期の雅と趣』… https://t.co/dE2gbOyyYw #書評
工業化と企業家精神 : ヨハネス・ヒルシュマイヤー: 1 1 1 1 書評 川崎勝・林順子・岡部桂史編『工業化と企業家精神 : ヨハネス・ヒルシュマイヤー』. 著者: 石井 里枝; 出版者: 経営史学会; 雑誌:… https://t.co/B7xedvaEwT #書評
趙鏞珍(著)「美人論」(2007年,へネム出版社): こんな論文どうですか? <書評> 趙鏞珍(著)「美人論」(2007年,へネム出版社)(金 聡希ほか),2009 https://t.co/bI9Uge6brI.… https://t.co/ZLqMe5bsRi #書評
趙鏞珍(著)「美人論」(2007年,へネム出版社): こんな論文どうですか? <書評> 趙鏞珍(著)「美人論」(2007年,へネム出版社)(金 聡希ほか),2009 https://t.co/bI9Uge6brI.… https://t.co/ZLqMe5bsRi #書評
J・F・ヘルバルト「書評:アルトゥール・ショーペンハウアー『意志と表象としての世界』全四巻ならびに ...: 息の根がとまるくらいびっくりした。… https://t.co/6RotNEJHxT #書評
書評 阿部義平著『日本古代都城制と城柵の研究』: 書評 阿部義平著『日本古代都城制と城柵の研究』: 出版年. 年から 年まで. 検索. 閉じる. 検索. 検索. 書評 阿部義平著『日本古代都城制と城柵の研究』. 吉田 歓. https://t.co/aPtxNIyHvu #書評
書評 牧原憲夫著『山代巴 : 模索の軌跡』: 書評 牧原憲夫著『山代巴 : 模索の軌跡』. 北河 賢三. この論文をさがす. NDL-OPAC · CiNii Books. 著者. 北河 賢三. 収録刊行物. 歴史評論.… https://t.co/RLEEOgF2iZ #書評
書評 阿部義平著『日本古代都城制と城柵の研究』: 出版年. 年から 年まで. 検索. 閉じる. 検索. 検索. 書評 阿部義平著『日本古代都城制と城柵の研究』. 吉田 歓. この論文をさがす. NDL-OPAC ·… https://t.co/Pjz2HLIlT4 #書評
書評 西成田豊『近代日本の労務供給請負業』: 書評 西成田豊『近代日本の労務供給請負業』 Book Reviews : Nishinarita Yutaka, The Worker Recruiters in Modern… https://t.co/e0ROMlomY8 #書評
西尾道子『新約聖書の英語 : 現代英語を読むための辞書』: バーバラ片岡・西尾道子『聖書の英語(旧約篇) : 現代英語を読むための辞書』 . 西尾道子『新約聖書の英語 : 現代英語を読むための辞書』バーバラ ... https://t.co/z1y5rYUMFK #書評
書評 櫻井義秀著: 1 1 1 1 OA 書評 櫻井義秀著 『カルト問題と公共性 ― · 本文 (FullText) ... 1 posts, 0 favorites). https://t.co/fApWCsxagS… https://t.co/LColTaqfk2 #書評
書評 櫻井義秀著: 1 1 1 1 OA 書評 櫻井義秀著 『カルト問題と公共性 ― · 本文 (FullText) ... 1 posts, 0 favorites). https://t.co/fApWCsxagS… https://t.co/LColTaqfk2 #書評
オルタナティブとしてのエコロジカル・デモクラシー: 石田あゆうオルタナティブとしてのエコロジカル・デモクラシーRoy Morrison, Ecological Democracy. (South End… https://t.co/zFsJIE2MPp #書評
書評 三成美保編『同性愛をめぐる歴史と法 : 尊厳としてのセクシュアリティ』: 書評 三成美保編『同性愛をめぐる歴史と法 : 尊厳としてのセクシュアリティ』: 書評 三成美保編『同性愛を ... NDL-OPAC… https://t.co/JLEkZ8hQoX #歴史 #書評
書評 三成美保編『同性愛をめぐる歴史と法 : 尊厳としてのセクシュアリティ』: 書評 三成美保編『同性愛をめぐる歴史と法 : 尊厳としてのセクシュアリティ』. 野田 恵子. この論文をさがす. NDL-OPAC ·… https://t.co/auCOh28IXr #書評
書評・新刊紹介 大橋由治者『『搜神記』硏究』: 1 1 1 1 書評・新刊紹介 大橋由治者『『搜神記』硏究』. 著者: 山下 一夫; 出版者 ... 山下 一夫.…… https://t.co/P290eK2cmX #新刊 #レビュー

お気に入り一覧(最新100件)

フォロー(0ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @Theopotamos: 昨日の吉本隆明の放送の補足 ①「大衆の原像」の良い例は『この世界の片隅に』のすずさん ②吉本は「沈黙する大衆」を評価したが吉本だけでなく同時代の宮本常一も近いことを別の文脈から主張 ③鶴見俊輔と吉本隆明の大衆観の違いは粟谷佳司さんの下記論…
RT @zasetsushirazu: 文化4年9月19日(1807年10月20日)、蘭学者の山村才助が死去。新井白石の著作を山村が改訂した『訂正増訳采覧異言』について、石川勞吉「日本人が初めて見たポリネシア人」(『国立民族学博物館調査報告』59)は、日本人の著作の中でオセアニ…
RT @tomo_int: 倉田悠子作品を含む富士見文庫(富士見美少女文庫)については、『コンテンツ文化史研究Vol.10&11』所収の拙稿「〈富士見文庫〉検証 : ライトノベルとジュブナイルポルノの"源流"をめぐって」に詳しいので、ご興味のある方はご参照頂けましたら~。htt…
RT @tanoshimi2000s: 嵐山の猿の子供に見られる鬼ごっこに似た遊び、枝引きずり遊び。 物を持った側を物を持たない側が追いかけて、物が奪われたら追い手を交代する。 これは鬼ごっこの行動の原型っぽいですね、勉強になる。 https://t.co/n1Wu4gomI1
RT @tomo_int: 倉田悠子作品を含む富士見文庫(富士見美少女文庫)については、『コンテンツ文化史研究Vol.10&11』所収の拙稿「〈富士見文庫〉検証 : ライトノベルとジュブナイルポルノの"源流"をめぐって」に詳しいので、ご興味のある方はご参照頂けましたら~。htt…
RT @okaya_itsuki: https://t.co/XptBBsK2Tn 鶴岡八幡宮にあったらしい鬼切丸、最近どこかで見たな〜と思ったらこれかな。明治26年に鶴岡八幡宮で開催された「鎌倉懐古展覧会」 の目録。この時点では髭切(旧字体)、鬼切(鬼神丸)があったんだねえ…
RT @zasetsushirazu: 明治36年10月17日、松平頼聰が死去。幕末の高松藩主で、鳥羽・伏見の戦いで官位剥奪の「朝敵」処分を受けた。坂田充「学習院大学所蔵 高松松平家旧蔵書の概要とその伝来経緯」(『人文』6、2007年)は、頼聰の蔵書などが華族会館に寄贈された経…
RT @zasetsushirazu: 明治28年10月16日、石河確太郎(石河正竜)が死去。明治の紡績技術者で、幕末期には薩摩藩に招聘されて蒸気船建造や開成所での講義を担当するなど、重用された。堀江保蔵「近代日本の先駆的企業家」(『経済論叢』84-3、1959年)曰く、「紡績…
RT @zasetsushirazu: 明治20年10月16日、真田喜平太(幸歓)が死去。幕末の仙台藩士で、真田信繁の子孫と言われる。高島流砲術を学んだ砲術家で、竹ヶ原康佑「嘉永期における仙台藩重臣・中嶋恒康の海防政策と砲術攻究」(『明治大学博物館研究報告』20)は、中嶋恒康の…
RT @urano_shinjcp: 「ダムすげー!八ツ場ダムのおかげ」と言う前に「調節池すげー!」と言うべきではないのか? 柏市と守谷市の3つの調節池で八ツ場ダムの総容量に匹敵する洪水調節力がある。同容量なら上流のダムより、下流の調節池の方が、下流域の水位への影響はずっと大き…

14 2 2 0 OA 私の3冊

RT @sug100foroba: 「私の3冊」という原稿が総合リハビリテーション誌に載りました 若い医療者に役立つ図書を紹介するコーナーですが、あえて、行動経済学の本(カーネマン)を入れました 実社会に関わる認知バイアスを知るには行動経済学を少し知るといいです http…
RT @zasetsushirazu: 山本太「幕末期,水害と闘うある村落指導者に関する覚書」(『京都産業大学総合学術研究所所報』7、2012年)は、長岡藩の支配下にあった越後西蒲原郡中郷屋村と庄屋の笛木家が、どのように自然災害と向き合っていたか分析。元治元年と慶応元年、水害に…
RT @Gvaiyo: CiNii 論文 -  「スター化」する声優 : 日本における「声優」とは何か? https://t.co/6sROzlayd8
海豚踊り先生、俺ちゃん親切だから置いといてあげるね。 #すけろく  https://t.co/dGmYYq29VG
@bon_nen2006 これに出てたかどうか……? https://t.co/0fZJrk0U7f

フォロワー(12981ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @Theopotamos: 昨日の吉本隆明の放送の補足 ①「大衆の原像」の良い例は『この世界の片隅に』のすずさん ②吉本は「沈黙する大衆」を評価したが吉本だけでなく同時代の宮本常一も近いことを別の文脈から主張 ③鶴見俊輔と吉本隆明の大衆観の違いは粟谷佳司さんの下記論…
RT @zasetsushirazu: 文化4年9月19日(1807年10月20日)、蘭学者の山村才助が死去。新井白石の著作を山村が改訂した『訂正増訳采覧異言』について、石川勞吉「日本人が初めて見たポリネシア人」(『国立民族学博物館調査報告』59)は、日本人の著作の中でオセアニ…
RT @tanoshimi2000s: 嵐山の猿の子供に見られる鬼ごっこに似た遊び、枝引きずり遊び。 物を持った側を物を持たない側が追いかけて、物が奪われたら追い手を交代する。 これは鬼ごっこの行動の原型っぽいですね、勉強になる。 https://t.co/n1Wu4gomI1
RT @tomo_int: 倉田悠子作品を含む富士見文庫(富士見美少女文庫)については、『コンテンツ文化史研究Vol.10&11』所収の拙稿「〈富士見文庫〉検証 : ライトノベルとジュブナイルポルノの"源流"をめぐって」に詳しいので、ご興味のある方はご参照頂けましたら~。htt…
RT @zasetsushirazu: 明治36年10月17日、松平頼聰が死去。幕末の高松藩主で、鳥羽・伏見の戦いで官位剥奪の「朝敵」処分を受けた。坂田充「学習院大学所蔵 高松松平家旧蔵書の概要とその伝来経緯」(『人文』6、2007年)は、頼聰の蔵書などが華族会館に寄贈された経…
RT @zasetsushirazu: 明治28年10月16日、石河確太郎(石河正竜)が死去。明治の紡績技術者で、幕末期には薩摩藩に招聘されて蒸気船建造や開成所での講義を担当するなど、重用された。堀江保蔵「近代日本の先駆的企業家」(『経済論叢』84-3、1959年)曰く、「紡績…
RT @zasetsushirazu: 明治20年10月16日、真田喜平太(幸歓)が死去。幕末の仙台藩士で、真田信繁の子孫と言われる。高島流砲術を学んだ砲術家で、竹ヶ原康佑「嘉永期における仙台藩重臣・中嶋恒康の海防政策と砲術攻究」(『明治大学博物館研究報告』20)は、中嶋恒康の…
RT @zasetsushirazu: 山本太「幕末期,水害と闘うある村落指導者に関する覚書」(『京都産業大学総合学術研究所所報』7、2012年)は、長岡藩の支配下にあった越後西蒲原郡中郷屋村と庄屋の笛木家が、どのように自然災害と向き合っていたか分析。元治元年と慶応元年、水害に…