T2HKG (@T2HKG)

投稿一覧(最新100件)

CiNii 論文 -  冷温帯林における落葉の分解過程と菌類群集 (宮地賞受賞者総説) http://t.co/sHHJLfUMsz  ここにもKの溶脱に関してふれてある。
「Kはごく初期に大部分が溶出し,それ以降の溶出は僅かであった。Kの溶出パターンは分解にともなうものではなく,むしろ溶脱によるものと考えられた。」 From http://t.co/k5WiyDwGgq: http://t.co/TVVCbu61rI
スギ落葉の分解にともなう無機成分の流入と流出 From http://t.co/k5WiyDwGgq: http://t.co/TVVCbu61rI 新鮮落葉を入れたポットを林床におき,5年間にわたって落葉から流出する無機成分の分析を行った。
ちょっとググればこんなのいくらでもでてくるよね。 CiNii 論文 - カンジダ喘息の発症機序に関する研究 : 第5報 http://t.co/r93FBd0evY
(稲藁、もみ殻、洗って菌類を落としたらNDになったってのがスゴイな。 ) 昨日の続き From http://t.co/oKeVoiYUiC: http://t.co/f7n6EcydBl
RT @sunbaiman: もう一つの論文は、もみ殻などを使って環境中の放射性セシウムを捕まえる、という論文です。もみ殻そのものが物理的なフィルターの役割をしているのではなく、もみ殻の表面に繁茂した菌類が捕まえていたよ、という話です。よろしければ併せてどうぞ。 https:/…
@T2HKG 関連メモ 2.) CiNii 論文 - 東北地方におけるアロフェン質黒ボク土と非アロフェン質黒ボク土の分布 http://t.co/7zwhu1MxZL
(これは短くていいな。  2枚目の切れてるやつがちょっと気になる。) http://t.co/xYcCsCyC
メモ) 微生物の浸透圧調節 - J-Stage : http://t.co/6DbtFCUU
メモ) CiNii 論文 - 野草抽出物のDPPHラジカル消去活性 http://t.co/gclN5ViS. (ここにはフキやドクダミに関する記述がある。)
CiNii 論文 -  水稲の溢泌液に関する研究 : 第 3 報 硫化水素処理が溢泌液量および液内無機成分におよぼす影響 http://t.co/uEE0tBYG
CiNii 論文 -  食品に含まれる褐色色素成分の生理活性と構造解析に関する研究 http://t.co/GLTWSjSL #CiNii
CiNii 論文 - コシアブラAcanthopanax sciadophylloides FRANCH.et SAV.の成分研究(第1報) : 葉の水溶性成分およびAntosideの構造について http://t.co/9Db6EeMJ
(こっちの方がよさげだな。これみると、やはり昨日のクロロゲン酸がくさい。弱光下、15度が最適で、若芽の時期のその量が最も多いらしい。)  CiNii 論文 - コシアブラ抗酸化成分の促成栽培条件による変動(栽培管理・作型) http://t.co/soSziybz
以上の結果よりコシアブラの葉のフラボノイド成分の相違は産地によるものだけでなく、季節によっても大きく変化することが示された。また6月には配糖体の形で存在していたフラボノイドが8月では遊離の形で存在していることは興味が持たれる。 http://t.co/UVW9QLsT
メモ)CiNii 論文 - コシアブラの葉の成分に関する研究  http://t.co/UVW9QLsT
メモ)  あーこれもっと誰でも知ってる木でやったやつないかなぁ。感覚的に色んな葉っぱの重量がわかるような資料とか。 http://t.co/Ne3AGQZg
→ 塩類細胞あれこれ http://t.co/dMAH61Ec
13CO2および高CO2によるエゾノギシギシのシュウ酸代謝解析 : http://t.co/CBbX6ZRf
ソバのアルミニウム誘導性輸送体遺伝子の単離と機能解析 : http://t.co/OoHhkNbg
Arabidopsis thaliana accessions を用いた Cs ストレス耐性メカニズムの解明 : http://t.co/1OtLfd6o
培養液のイオン組成がドリテノプシスの "乾物重" と "成分組成" に及ぼす影響 : HRJ : Vol. 5 (2006) , No. 4 403-407 http://t.co/Jdw58hq1
RT @r_isotope: 「海洋流出、東電推計の20倍か=福島原発のセシウム-仏研究所」(時事) http://t.co/36KXUEnR 元論文 http://t.co/32p4xI7Z ついでにJAEAの流出量見積り論文 http://t.co/EtUKwUqu
RT @bokudentw: ポリイオンコンプレックスを固定化剤として用いる土壌表層の放射性セシウムの除去 福島県飯舘村における除染試験の速報 http://t.co/1kaVGdts 日本原子力学会論文
コゴミ(:クサソテツ / 初期5/5に福島で1460Bq/Kgを記録している) について http://t.co/20uqrLoP (シダ類については傾向がまだよくわからないので取敢えず気をつけておくべきというしかないなぁ...)
(何か使えそうな雰囲気なのでメモ) コロイダルシリカ http://t.co/SbPYsN19 : 酸性では水酸基の解離が低くなる性質を利用し、10~100nm のコロイダルシリカが酒、醤油等の醸造物に含まれる不要な高分子ポリフエノール凝集剤として利用可能なことが報告されている。
3)レッドトップ中のN含量のみがt-アコニット酸含量の増大を促進し,他の無機成分(K,Ca,Mg)含量の増大は逆にそのt-アコニット酸含量の低下と密接な関係を示した。  家畜のグラステタニー症発生と関連する牧草の有機酸組成に関する研究 : http://t.co/iP0c0m13
RT @bunogeto: セシウム吸着繊維 - 少しまえに日経とかで出てた(今は有料領域に移動)この話、http://t.co/vOJQu8Yr 論文が原子力学会英文誌に出版された模様 - http://t.co/IecPo8d8 http://t.co/xTKYWNsf
@hideoharada 牧草は根から酸を出して有害金属摂取を抑制する機能がないらしいです。従ってCsも他の金属と同様に吸収かと。「ミネラルなら何でも構わず取込め!」組の植物みたいですね。 http://t.co/FAkKhQL / http://t.co/TXbRInB
@sitesirius @kaztsuda (そばはシュウ酸キレートでCS防御しているかもしれません。AlをCsに読替えられれば。 http://t.co/EAgCur7 - Page17, 23 : PDF-P21,27)
@sitesirius こないだのクエン酸からアルミニウムに辿り着きました。 これちょっと見てください。 http://t.co/EAgCur7 (注意: PDF 157ページ)
(Al毒性を軽減する戦略として、Alを体内でキレートさせるという手段が考えられる。チャではAl-カテキンキレート、アジサイではAl-クエン酸キレート、ソパではAl-シュウ酸キレートが、葉に存在するAlの主形態であると報告されている。http://t.co/EAgCur7 )
(な~んだ、大御所、随分前に書いてるじゃないですかぁ。しかもPDF157ページ! ペクチンもでてくるよ! 茶とAlの相性もバッチリ! Al集積植物だって。 ...長すぎてまだ全部読めないw ) http://t.co/EAgCur7

お気に入り一覧(最新100件)

【キノコと放射性セシウム(1989-1991年)】(村松康行,吉田聡 放射線医学総合研究所) http://t.co/8rjm6zow9P より 「濃度は、樹木などの根と共生する菌根菌(M)のほうが高かった(マツタケ、ハツタケなど)」 http://t.co/yCmuKDLEN1
論文(無料): 東京電力福島第一原子力発電所事故 残された健康リスクのアセスメントとコントロール https://t.co/Fgtg1VhK9W  2014年、松田尚樹(長崎大)ら。「健康リスクの有無にかかわらず,原子力発電所事故は,ことほど左様に罪深い」で締めくくられている。
小島周二 (2014) "低線量放射線の生体影響" https://t.co/PA51ZDBYUJ 日本薬学会第 133 年会シンポジウム より。
論文一個紹介。図5. の説明を読んで下さい。 https://t.co/liozsuQNV9
CiNii 論文 -  感性的認識から理性的認識へ : 酸化・還元の学習(<特集>酸化還元をどう教えるか) http://t.co/cnIul1DmaL #CiNii
↓放射性降下物に起因した果樹樹体内放射性核種の分布(第3報)―福島県南地域におけるブドウとモモの樹体内放射性セシウム濃度について http://t.co/MwGp5N1qHd とか
538 アルキルフェノールによる皮膚白斑症の労働病理学的研究 : 第1報 皮下注射実験 http://t.co/Mknjt9R7sf
@mw_mw_mw 3桁目を示すことでとても意味のある事があります。よろしければ下記論文を御覧ください。https://t.co/HJLhvEAqJD
もう一つの論文は、もみ殻などを使って環境中の放射性セシウムを捕まえる、という論文です。もみ殻そのものが物理的なフィルターの役割をしているのではなく、もみ殻の表面に繁茂した菌類が捕まえていたよ、という話です。よろしければ併せてどうぞ。 https://t.co/Hj94TBoWdf
最近、私たちのラボから2報の論文が公開されました。ひとつは134Csと137Csの放射能比を使って、牡鹿半島の汚染は1号機由来であることを示したものです。(他の場所は次報以降に) https://t.co/HJLhvEAqJD
食品衛生学雑誌 アルミニウム含有食品添加物を使用した食品中のアルミニウム含有量 http://t.co/hgfCt7DwXm この論文では、体重16kgの3~5歳児がAlの多い食品を週1回喫食すると1.34mg/kg/週になると書いてある。
【参考資料】東日本大震災後の原子力損害賠償制度をめぐる経緯と課題 寺倉 憲一 (PDF)http://t.co/IcloByfcDy
営農活動による農家視線の福島農業復興を! 新潟大野中教授 http://t.co/hzFupNPFki https://t.co/aBiDAcOTnM
(遅ればせながら)携帯GPSによる福島原発事故時の人の流れ:早野・足立論文 http://t.co/BJsT1faugQ について,東大のリリース文 → http://t.co/N6AC8CUy6m
線量換算係数を算出する際にどんなことが考慮されているか知りたい人は、次の資料に目を通しておいたほうが良いでしょう。 http://t.co/FhbPb82Gjb
生物学者がレフリーならカリウムコントロールやWBCの較正の方法もないような論文にOK出しませんってば。こんな弱小元生物学者ですらおかしいと速攻気づくのに。ちなみにWBCの論文ってのはこういう風に書きます。 http://t.co/y8zPmiot7Q RT @katot1970
抄訳の抄訳たる所以 @Ryoko_is: 必要なデータは抄訳を読めば十分。英語原文のほうが記述は厳密。→“@僕: 福島県の食品由来の内部被ばくが低いことを示した早野坪倉宮崎論文 http://t.co/Pz0IXZRpQB 抄訳→ http://t.co/3InX50ViO0”
“CiNii 論文 -  農薬に対する一般人の不安” http://t.co/mxTFYvYCnt
ふむ。こんなところに、「プロラクチン」と「コルチゾル」と「成長ホルモン」が。>魚類における古典的浸透圧調節ホルモンの 新しい作用機序:アポトーシス/細胞増殖の制御https://t.co/EvSmRwlrLp(PDF)
論文(無料): マーケットバスケット方式による放射性セシウムおよび放射性カリウムの預託実効線量推定 https://t.co/CktfvCwPND  2013年、堤ら(国立医薬品食品衛生研究所)。日本語。対象地域は東京都,宮城県,福島県。内容はタイトルの通り。
@T2HKG @glasscatfish 筋肉じゃなくて、キャッチ結合組織というやつですね。http://t.co/diObogBx http://t.co/iHP5Oki7 検索したら、こんなまとめもあった。 http://t.co/xkXE9QiB
(保健物理 論文)【第 1 回ホールボディカウンター学術会議は何を明らかにしたのか? 宮崎真】 PDFファイル→ http://t.co/0p9SHSc2 (今年の1月末,特別講師に招かれました.遠い目.あれから進歩したことも沢山あるが,相変わらずのことも色々)
@iina_kobe  検索したらザクザクと。一番上にあった論文。単純泉で6週間の温泉療法は免疫機能に影響を与え、機能を高める作用し、脱ストレス作用も有すると。http://t.co/9zYMTf5M 「単純泉における温泉療法による脱ストレス作用と免疫機能の変化」 免疫機能の変化
メモ: 総説「キノコと放射性セシウム」 (1997年) 国内のキノコ124種のうち、フウセンタケ科ワカフサタケ属でCs-137が1250 Bq/kg(生)、その他チリメンチチタケ,ハナホウキタケ,キシメジ,コウタケなどが高かった。 http://t.co/NAP5Bkqr
実際に飼ってる研究って(大変だから)少ないみたいですね。まずは笠松論文 https://t.co/RenlVPvb を読むべきかと。 @T2HKG 魚(特に海の)って仮に水だけが汚染源だとしたら、どれくらいの濃度にどれくらいの期間居たらどれだけ影響を受けるとかって研究
失礼しました。http://t.co/LnDKahVu でした。カリウム総量の個人差も大きくあることも解ります。@fukuwhitecat http://t.co/iYG5dvtR
こんなのとか https://t.co/no84kuDb RT @MtMikasa: 遺伝子が放射線に耐性を持つなんてあるのかな?修復機能が高まるとか、活性酸素種の消去が盛んになるとかじゃないのだろうか?
http://t.co/a9ZN8rLW 調べられた組織は肝臓、心臓、腎臓、皮下脂肪、そして筋肉(首、最長筋、大腿二頭筋、上腕三頭筋)。 甲状腺や脳などについては書かれていない。 @miakiza20100906
論文(無料!): 黒毛和牛(雌牛)の組織中の放射性セシウム分布 http://t.co/a9ZN8rLW  農研機構による。最も高濃度のCsが検出された組織は腎臓(筋肉の約2倍)、次が心臓(筋肉の1.3倍前後)。筋肉にはほぼ一様に分布し、皮下脂肪では低濃度だった。 #hibaku
↓ ポロニウム210の被ばく評価の論文 http://t.co/QeYtRMrK (オープンアクセス)日本人のポロニウム210摂取が多いのは海産物由来らしい.
@joejoeu イカスミはアミノ酸チロシンを出発材料として生じる色素メラニンが主成分。「メラニンは金属や薬剤を吸着する」と化粧品の広告に書いてあったのを見かけて調べたらこんな学会発表抄録がhttp://t.co/82idw52M (筆頭著者は大学院時代の木村真三氏)
重要:資料●「放射性物質の除染と汚染廃棄物処理の課題 :福島第一原発事故とその影響・対策:」(2012.3.29) 調査と情報 :第743号・農林環境課(小寺正一): http://t.co/zzBjpI2S  国立国会図書館 ISSUE BRIEF・NUMBER743 
人体での血液中のセシウムの動態についての論文:In Vivo Experiment on the Metabolism of Cesium in Human Blood ... https://t.co/kLUUWDLw
人体でのセシウムの体内分布についての論文:The Concentration of Common Cesium and Rubidium in Human Body https://t.co/AXGMqdI2
http://t.co/w0FnKU04 吸入分の排出スピードというのは実は放射性物質を使って研究したりするようだ  @mw_mw_mw
http://t.co/zmllLHTh Silica-Alumina Molar Ratio and its potential to sustainable soil condition.
http://t.co/JZvsevaT オカラを使った生物農薬の論文。これだと、誰でも作れそうだ。
筋芽細胞の分化と細胞膜電位の変化 生体医工学 46, 64-68, 2008. http://t.co/pwgP1oIf
非放射性Cs でも同じ結果が得られるのだろうか?なぜ、それを先にやらないのかな。 RT @kimitakatajimi: 前にツイした C-137 低線量内部被曝ラットモデルの論文 http://t.co/4fH7d9ZU は、液体クロマトグラフ質量分析(LC-MS)
前にツイした C-137 低線量内部被曝ラットモデルの論文 http://t.co/4fH7d9ZU は、液体クロマトグラフ質量分析(LC-MS)を使っている。LC-MSの代表的な用途には環境ホルモンン分析などなど、http://t.co/hi8uuNTE ふーんと思った。
「海洋流出、東電推計の20倍か=福島原発のセシウム-仏研究所」(時事) http://t.co/36KXUEnR 元論文 http://t.co/32p4xI7Z ついでにJAEAの流出量見積り論文 http://t.co/EtUKwUqu
かなり前に選研でポルサイト関連の報文がありますね。この手の話は非常に古いのです。 http://t.co/SJqP4e2H RT @QEnergyTeleport
おお!RT @koshix: Y. OHKUWA Effect of a Background Gravitational Field on the Velocity of Neutrinos P.T.P. 65(1981)1058 http://t.co/1o0UoOCe
この論文、ネット公開されてたのね。/なぜ科学は公害問題の解決に役立たないか、むしろ阻害するのか?-宇井純「公害問題に現われた科学的方法論の限界」日本物理學會誌 35(12), 955-960, 1980 http://t.co/eDIe3mP

フォロー(0ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @oikawamaru: 最新の伊豆沼・内沼研究報告に興味深い論文が出てた。当地ではオオクチバス駆除により魚類相の回復が起こっており、数年前はゼニタナゴが、そして今回12年ぶりにタナゴが再発見されたとのこと。 /伊豆沼・内沼におけるタナゴ<i>Acheilognathus…
RT @akinori_ito: いまさら日本の歴史を説き起こそうとするならせめて木村鷹太郎ぐらいのことは書いてほしいものだ https://t.co/RQgBbsHWUm

フォロワー(213ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

「既知微生物は20秒間照射で完全に死滅する。」 J-STAGE Articles - 電子レンジによる食品類の殺菌効果について https://t.co/LCvf5xvGpR
活字活版からコンピュータを使ったデジタル組版に移行したのが1970年ごろから・・ということなので、今の若いひとたちは、活版活字印刷になじみがないのだということをあらためて認識するなどhttps://t.co/tECQOVJP1W