対馬譲治 (@TongetsuP)

投稿一覧(最新100件)

ポスドクからポストポスドクへ(<シリーズ>"ポスドク"問題 その12) https://t.co/ZhdIOK3fs8
ウェルギリウス牧歌1巻の注解と朗読。ただし朗読は56行目まで。 注解(日本語) https://t.co/PmkeQFK1ca 朗読と説明(英語) https://t.co/yIPsTKJ2Bs
Platnauerの書評を國原先生が書いていたとは知らなかった。これを読むとオウィディウスの贋作判断とかが出来るようになるらしい。 http://t.co/sAOtu94tLy

お気に入り一覧(最新100件)

フォロー(194ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

CiNii 論文 -  「点画少異字」にみる文字研究 https://t.co/W2xUVTFrYR
表に出ているものをひとつ。曽祖父藤田敏郎の「海外在勤四半世紀の回顧」(昭和6)https://t.co/Tq0NvrDcNY リンクしときます 「内政と外交が無関係」と軍事に関して本気で言う人があれば相当ヤキがまわってます^^ https://t.co/MBR4Tabu4Y
ようやく最後までたどりつきました。「アプロディシアスのアレクサンドロス『運命について』日本語訳・注(III・完)」。正直に言うと(I)から(II)、(II)から(III)へと精度が落ちてきてしまっている気がしていて、ちょっと心残り。 https://t.co/U2KyhvxYjm
CiNii 論文 -  ヤン・フスの『教会論』とそこから見えてくる彼の神学思想の特徴--神との終末論的関係に生きる https://t.co/h9VhQAixcC #CiNii
@ab07_tact https://t.co/26UjsKXZWo こういうのが見れるってやつですね
研究資料(現代) https://t.co/1KmBQJCEyX 日本語コーパスの利用について同業者には啓発的であり、他分野にはこのていどかと思われそうな総説記事
Accentual Change in Hokkaido Japanese : HUSCAP https://t.co/QtVvv2sCGz 北海道方言のアクセント変化について
国立民族学博物館にも、先程のロシアでの民間呪術に関する地球学総合研究所の藤原潤子氏の調査報告がありました。 現代ロシアにおける呪術ブームの生成 − 呪術研究と呪術実践の交差点から https://t.co/W8KmI48DFI
RT @smzpz: CiNii 論文 -  初期キリスト教と聖書翻訳 https://t.co/pfK7LQvuH0 #CiNii
CiNii 論文 -  初期キリスト教と聖書翻訳 https://t.co/pfK7LQvuH0 #CiNii
RT @ishiken_bot: これ翻訳批判というより、わりとかなり大きな問題を提起してないか…? https://t.co/dEfA5IYS3d
RT @nekonoizumi: 早くリポジトリに登録されないかなと思っていた高野清弘先生の岩波文庫版『法の原理』書評、来たか。PDFあり。 高野清弘「ホッブズ著『法の原理』田中浩・重森臣広・新井明訳 (岩波文庫、二○一六年)」『甲南法学』57巻1・2号(2016) https…
RT @nekonoizumi: 早くリポジトリに登録されないかなと思っていた高野清弘先生の岩波文庫版『法の原理』書評、来たか。PDFあり。 高野清弘「ホッブズ著『法の原理』田中浩・重森臣広・新井明訳 (岩波文庫、二○一六年)」『甲南法学』57巻1・2号(2016) https…
RT @nekonoizumi: 早くリポジトリに登録されないかなと思っていた高野清弘先生の岩波文庫版『法の原理』書評、来たか。PDFあり。 高野清弘「ホッブズ著『法の原理』田中浩・重森臣広・新井明訳 (岩波文庫、二○一六年)」『甲南法学』57巻1・2号(2016) https…
RT @cas84920: ホッブズ『法の原理』の翻訳に対する厳しい批判。わが国におけるホッブズ研究・ホッブズ受容の問題点がわかる書評。https://t.co/MWmWalPGtT

フォロワー(80ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

CiNii 論文 -  初期キリスト教と聖書翻訳 https://t.co/pfK7LQvuH0 #CiNii