TreeOntheBay (@TreeOntheBay)

投稿一覧(最新100件)

おもしろい。いまどうなってるんだろう。/CiNii 論文 -  茨城県南部で確認されたアルファルファタコゾウムシの捕食寄生性天敵 https://t.co/s4STtdB43k
原典資料はこれと思う。けっこう興味深い。データをいろいろと出してくれてるのは貴重。/NISTEP Repository: 科学技術指標2018 https://t.co/ffOcMQCZoT
RT @Mushi_Kurotowa: 日本の野生クワコと家畜カイコの関係は雑種のできる近縁種という位置付けで原種ではないっす。彼らの雑種は飛翔可能なのでカイコ→クワコの遺伝子汚染があったのではと野生クワコ1万頭調査されたもののそれすらないことが分かってます。安全性に極振り。…
ここに虐待のデータが数年分挙げられている。事例読むのつらい。。/日本における「子ども虐待」の変遷(第2報)/鹿児島純心女子短期大学リポジトリ https://t.co/QV5sXu3d0C
読了。確かにこれは研究者にぜひ読んで頂きたい内容。/学会誌をどう出版するか:商業出版社に託す場合の注意点 https://t.co/igtWIGynNj
RT @takehikohayashi: 学会の看板誌であった「Metabolomics」を巡ってSpringer社との権利交渉が決裂し、新たな学術誌を立ち上げた国際メタボロミクス学会に所属する遺伝研の有田氏の記事。研究者にはぜひ広く読まれてほしい/学会誌をどう出版するか:商業…
専門外なのでこういうところからぼちぼち勉強。友達にも聞いてみよう。/J-STAGE Articles - GONAD:採卵,顕微注入,移植を要しない新規ゲノム編集マウス作製法 https://t.co/8yMPZaeNfC
RT @oikawamaru: 生きたまま凍ってるハイイロゲンゴロウ君ですが、色々な病気を媒介する蚊の幼虫ボウフラに対する最強レベルのハンターなのです。大庭さんの総説に「ハイイロゲンゴロウの雌は、24時間で200頭以上のボウフラを捕食するほどの極めて高い捕食能力を有し」とありま…
RT @enodon: J-STAGE Articles - 博士人材の研究公正力(3):博士の意識と研究倫理教育 https://t.co/s5pLVtgods 博士人材の「倫理」に対する関心は,他の移転可能スキルに比べて低い
RT @sato51643335: オハイオ州立大学Weinberg教授(経済学)の「人材が研究の最も重要な成果物の一つである」という言葉が紹介されています。どこに出しても恥ずかしくない立派な研究者を養成するという意識が我が国では弱いのではないでしょうか。 「博士の意識と研究倫…
RT @sgougi: 顕微鏡下の操作におけるまつ毛の代用品:「デンターシステマ」
日比谷帝国生命館は朝日生命→マリンビルらしい。今はこんな光景。 https://t.co/rNOSEZN19b /国立国会図書館デジタルコレクション - モージャー氏撮影写真資料: https://t.co/qTOQHGdQZL
このPXはどうも銀座松屋のことのようだ。https://t.co/hp6zjIf2i3 /国立国会図書館デジタルコレクション - モージャー氏撮影写真資料: https://t.co/qTOQHGdQZL
パレスハイツは今の国立劇場らしい https://t.co/3ws2QNMnBK /国立国会図書館デジタルコレクション - モージャー氏撮影写真資料: https://t.co/qTOQHGdQZL
全文読めん。。図書館に行くしかないか。。/CiNii 論文 -  青色光に見いだされた殺虫効果 : 新たな害虫防除技術の可能性: https://t.co/RLE2SUAvWM
RT @sato51643335: 2016年のNISTEP定点調査では、学長、機関長の研究環境に対する認識が教員や企業等の組織と大きく乖離していることを見て取れます。一方で、彼らは文科省の方針に対しては敏感で、取り組みが不足しているという認識を持っています。https://t…
2015年の東京港の調査ではヒアリは発見されていません。 /小笠原諸島への外来種侵入のリスクに関する研究 東京港におけるアリ類に注目して/つくばリポジトリ: https://t.co/Od3PAxaNF1
こういう研究ならAIが活用できるのかな。/ 蛍光指紋による食品の品質評価技術とその応用 https://t.co/HoDtW7sg3F

お気に入り一覧(最新100件)

ニホンジカによるミヤコザサの採食とオサムシ科甲虫の群集構造との関係 https://t.co/XcdZF9Hfpl 大台ケ原で実施された研究です。, ニホンジカの採食によるミヤコザサの減少は, オサムシ科甲虫の多様度には大きな影響… https://t.co/Q9gHbU1ien
J-STAGE Articles - 博士人材の研究公正力(3):博士の意識と研究倫理教育 https://t.co/s5pLVtgods 博士人材の「倫理」に対する関心は,他の移転可能スキルに比べて低い
オハイオ州立大学Weinberg教授(経済学)の「人材が研究の最も重要な成果物の一つである」という言葉が紹介されています。どこに出しても恥ずかしくない立派な研究者を養成するという意識が我が国では弱いのではないでしょうか。 「博士の… https://t.co/3HnbqIVqoy
で,出生性比がどれくらい安定しているか調べていたら,こんなグラフが。男:女=2:1だ! https://t.co/EqTRga4Rsj https://t.co/nPuuMm9mJn
CiNii 論文 -  自閉スペクトラム症の方言不使用についての解釈 : 言語習得から方言と共通語の使い分けまで https://t.co/xbQ9MwoZzI
「エントロピーを基本的な概念として採用することにより,これまでの統計学上の概念的混乱の多くが消滅すると同時に,歴史的に最も著しい統計学上の貢献が常にエントロピーに直接関係する形でなされてきていることが明らかになる。」赤池弘次… https://t.co/uDJrJ4Qc3R

フォロー(117ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @kaisekiriu: あの悪名高い"文部省式カタカナ目名"でも、「ヒラムシ」という名前は多岐腸類にだけ用いられています。 https://t.co/uM3pFopXDE
『オナガキバチが材内で生育するにはカビが必要だった』 https://t.co/GS7tvMz9fh 『むしコラ コラム 2007年03月27日掲載 カシノナガキクイムシ』 https://t.co/k4cOTqQnZF 『マツノ… https://t.co/VuDLNjnbZA

フォロワー(44ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)