砂尾啄木鳥 (@WaiEnu2)

投稿一覧(最新100件)

なんだか応援したくなるほっこりニュースを投下しよう。 頭を尖らせたミジンコは捕食されにくくなるらしい https://t.co/63iaptHx23
アブストはこちら➡ https://t.co/1dZ7v7TmjP
生物と音について研究する生物音響学もある。こちらはメンフクロウの聴覚神経系について↓ RT メンフクロウと音源定位(生物音響学の最近の動向: 発声,聴取機構における種の多様性) https://t.co/bieVAIaPWm
RT @MasakiHoso: 分野の違う人に伝わる文章を書くために https://t.co/rGO5KHnxTm ・文章の目的と相手をはっきりさせる ・まず研究の位置づけをわかってもらう ・細かい事実よりもストーリーを伝える ・用語の壁を意識する ・翻訳調の日本語と決別しよ…
RT @nama29_mgmg: CiNii Articles -ハシビロコウの拡張した咽頭および舌骨の機能形態学  http://t.co/s75rC0mXUw #CiNii  ・・ということらしい。

お気に入り一覧(最新100件)

CiNii Articles -ハシビロコウの拡張した咽頭および舌骨の機能形態学  http://t.co/s75rC0mXUw #CiNii  ・・ということらしい。
CiNii 論文 -  火炎のフラクタル次元と大規模ガス爆発(<特集>燃焼研究の最前線) http://t.co/1TUwDxaANK #CiNii

101 0 0 0 OA 栗氏魚譜

『栗氏魚譜』のマンボウたんもかわええ(第1巻所収、国立国会図書館デジタルコレクション)。http://t.co/jbxnjuLAgU http://t.co/S70AL1W3r2

フォロー(171ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @watanz: 論文がオンラインになってました。小笠原諸島に侵入した外来種グリーンアノールの利用している微小環境が、父島と母島、オスとメスでそれぞれ異なっていることを記載したものです。 『父島と母島におけるグリーンアノールが利用する微小環境の島間差と雌雄差』小笠原研究…

5 4 4 4 OA 世界商売往来

RT @NIJL_collectors: 『世界商売往来』(明4-5)にみる「書匡[ほんばこ]」 国会デジコレhttps://t.co/vWhUXkil2H 明治6再刻の同書カラー画像は、近代画像DBでhttps://t.co/8xDPxjSRNW https://t.co/…
マグロ漬けを作る際、あらかじめ脱水シートでマグロの水気や臭みを取り除いておくと、早くムラなく調味料が浸透する。やぎ、おぼえた。// マグロ肉への調味料浸透に及ぼす脱水シートの効果 https://t.co/gLTK29ptZJ
RT @shinkai35: プロップはロシア民話の魔法昔話という限られたジャンルの物語にそうした性格があると主張しただけ。この谷口勇「プロップのレヴィ=ストロースへの反論 : 『民話の形態論』をめぐって」という論文にくわしい。以下この論文から引用します。『』内はプロップ自身の…
三菱製壱式陸上攻撃機の残骸 https://t.co/TyKORnR6yJ
「この世界の片隅に」を見た人ならわかる川岸の階段構造も有りますね。  https://t.co/n5LIK0YVPL
RT @uranichi: ああ、これは分かる。『此の世界の片隅に』で周作とすずさんが手を振るワニのお嫁さんを見送る橋だ。欄干が傾いている。国立国会図書館デジタルコレクション、モージャー氏撮影写真資料。https://t.co/Un1m0cuKAe
RT @JunyaTheSphere: ホントすんごいなこの写真資料……【永続的識別子 info:ndljp/pid/10756455; タイトル モージャー氏撮影写真資料; 資料作成年月 1946-00/1947-99/1946/1947; 書誌ID(NDL-OPACへのリン…

フォロワー(60ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

5 4 4 4 OA 世界商売往来

RT @NIJL_collectors: 『世界商売往来』(明4-5)にみる「書匡[ほんばこ]」 国会デジコレhttps://t.co/vWhUXkil2H 明治6再刻の同書カラー画像は、近代画像DBでhttps://t.co/8xDPxjSRNW https://t.co/…
RT @shinkai35: プロップはロシア民話の魔法昔話という限られたジャンルの物語にそうした性格があると主張しただけ。この谷口勇「プロップのレヴィ=ストロースへの反論 : 『民話の形態論』をめぐって」という論文にくわしい。以下この論文から引用します。『』内はプロップ自身の…
そろそろ自分の中の分類体系をダニ目からダニ亜綱に格上げしたものに更新したいのだけど、『A Manual of Acarology. 3rd ed.』がないことには各群の特徴が把握できない。 https://t.co/AXzVeIqNNw