砂尾啄木鳥 (@WaiEnu2)

投稿一覧(最新100件)

なんだか応援したくなるほっこりニュースを投下しよう。 頭を尖らせたミジンコは捕食されにくくなるらしい https://t.co/63iaptHx23
アブストはこちら➡ https://t.co/1dZ7v7TmjP
生物と音について研究する生物音響学もある。こちらはメンフクロウの聴覚神経系について↓ RT メンフクロウと音源定位(生物音響学の最近の動向: 発声,聴取機構における種の多様性) https://t.co/bieVAIaPWm
RT @MasakiHoso: 分野の違う人に伝わる文章を書くために https://t.co/rGO5KHnxTm ・文章の目的と相手をはっきりさせる ・まず研究の位置づけをわかってもらう ・細かい事実よりもストーリーを伝える ・用語の壁を意識する ・翻訳調の日本語と決別しよ…
RT @nama29_mgmg: CiNii Articles -ハシビロコウの拡張した咽頭および舌骨の機能形態学  http://t.co/s75rC0mXUw #CiNii  ・・ということらしい。

お気に入り一覧(最新100件)

CiNii Articles -ハシビロコウの拡張した咽頭および舌骨の機能形態学  http://t.co/s75rC0mXUw #CiNii  ・・ということらしい。
CiNii 論文 -  火炎のフラクタル次元と大規模ガス爆発(<特集>燃焼研究の最前線) http://t.co/1TUwDxaANK #CiNii

101 0 0 0 OA 栗氏魚譜

『栗氏魚譜』のマンボウたんもかわええ(第1巻所収、国立国会図書館デジタルコレクション)。http://t.co/jbxnjuLAgU http://t.co/S70AL1W3r2

フォロー(167ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

植物工場も熱帯だと冷房コストがめっちゃかかる。廃熱不良。 https://t.co/3VcbebPn5p
RT @Hayato_1117: 共著論文が出版されました! 砂の隙間から見つかったナマコを3新種記載した論文です。成熟個体でも1 cmあるかないかくらいの極小ナマコです。OPEN ACCESSです→ https://t.co/Dhcj7EcMSV
RT @Hayato_1117: 共著論文が出版されました! 砂の隙間から見つかったナマコを3新種記載した論文です。成熟個体でも1 cmあるかないかくらいの極小ナマコです。OPEN ACCESSです→ https://t.co/Dhcj7EcMSV
RT @Hayato_1117: 共著論文が出版されました! 砂の隙間から見つかったナマコを3新種記載した論文です。成熟個体でも1 cmあるかないかくらいの極小ナマコです。OPEN ACCESSです→ https://t.co/Dhcj7EcMSV

2 1 1 0 OA 国訳漢文大成

@_junk_0 文学としてどうかは知りませんが、言語や翻訳としての観点からは、平岡龍城の訳 https://t.co/q9Q5SdPZY2 が好きです。https://t.co/VGDJOTUCjF で読めます
RT @manboumuseum: 【発表】昨日出たウシマンボウの論文です! ・近年のマンボウ属の分類の流れを総括 ・インド洋で初めて遺伝的にウシマンボウを確認 ・先行研究者が「別種」として論文に出した2個体は「同種」だった ・ウシマンボウとマンボウの小型は識別が困難 http…
RT @alciopidae: Classification and Morphological Variations of the Japanese Species of Lumbrinerides (Annelida: Lumbrineridae) https://t.co…
RT @kaetn: 「ディープラーニングと進化」と題したJSAI2017のOSの松尾さん論文、何気なく読んだらめっちゃおもしろかった。574.pdf https://t.co/3Gvh0OB6td
RT @kumozaru_mmm: 立命館のpixivの18禁小説をネタにした論文出してる研究室が、過去に「キラキラネームを判定するシステムを作りました!」みたいな論文出してて、「あっ(察し)」ってなってる https://t.co/lfTvg3hYHr
RT @ze_ph: 「シンジュサンは1870年頃に中国より輸入され北海道,札幌において飼育され,その後日本全国に分布を拡大し各地で野生したとされている(石野田,1954)」 https://t.co/KiECHXfoZb

フォロワー(58ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @Hayato_1117: 共著論文が出版されました! 砂の隙間から見つかったナマコを3新種記載した論文です。成熟個体でも1 cmあるかないかくらいの極小ナマコです。OPEN ACCESSです→ https://t.co/Dhcj7EcMSV
@menashi_sato なるほど!アマモにとって嫌気層は硫酸イオンや硝酸イオンなどの供給に必要だったりするのかもしれませんね。アマモの種自体が嫌気条件で発芽するのは面白い。 https://t.co/Ia8lxiBHLl
RT @manboumuseum: 【発表】昨日出たウシマンボウの論文です! ・近年のマンボウ属の分類の流れを総括 ・インド洋で初めて遺伝的にウシマンボウを確認 ・先行研究者が「別種」として論文に出した2個体は「同種」だった ・ウシマンボウとマンボウの小型は識別が困難 http…
RT @N_Licht: ミナミメダカの鰓に寄生する単生類メダカユビガタムシDactylogyrus oryziasiを新種記載しました。 本属は900種以上が知られてますが,その9割以上はコイ目魚類に寄生しており,今回ダツ目魚類から初めて見出されました。 https://t.…