西田編集長 sʜɪʙᴜᴄɪᴛʏ ɪɴᴄ. (@_edit451)

投稿一覧(最新100件)

「すなわち、“Young British Art” は、20世紀中ごろまで見られた、芸術家の資本主義の拒否という要素をまったく持たず、無批判に資本主義を受け入れている。また芸術とビジネスが相反するという考え方もまったく覆され、芸術… https://t.co/1fLfy1xJBI
「「80年代」というフィクション : 美術史の合間を思考するための「起点」」霜山博也 https://t.co/1aBP2ueqPB
「村田沙耶香とジェンダー・クィア : 『コンビニ人間』、『地球星人』、その他の創作」飯田祐子 https://t.co/e7CTHK5R5a
「『おそ松さん』にみるクィア性 : 性愛と「自立した男性」からの逸脱」隠岐さや香 https://t.co/reMBjNQgbw
「ドゥルーズにおいて芸術の創造を規定する生成変化は、我々の日常的な知覚や経験的な物質の次元とは全く異なる次元で行われるものであるのだが、同時に経験的な次元を内在的に規定するものでもある。」 https://t.co/2BvwyxGhrO
「共的な「われわれ」のイメージは小社会に限られるものではない。問題の本質は、社会の大小ではない。それが観念的なものか、それとも、感性的なものか、が決定的に重要である。」 https://t.co/3aM5wG2ehW
「「ビジネスがアートであるならば、リーダーシップもまた美学的である」からであり、「ヨーゼフ・ボイスの芸術=資本のスローガンが予告するように、アートはやがてゆっくりと経済へと拡がっていく」からである」 https://t.co/gJ8cxKIJOQ
「現代の脱道徳性の問題は、著者もバウマン論で気づいているように、「美的」道徳論に関連する。要するに、道徳(義務)の後退と美的イメージ(感覚)の横溢、これが現代を特徴づけている。」 https://t.co/Itg9RFgcrl
「他者との距離化でも距離の喪失でもなく、つまり、他者のモノ化でも他者の消失でもなく──。問題になっているのは、たしかに微妙な距離である。」 https://t.co/JhHnFq1MUn
「私たちは,「権威への回帰」という集団的パティキュラリズムの誘惑と背中合わせになった,新たな(むしろ「真正」の)エゴイスム/アノミー状況に直面しようとしているのではないか。」 https://t.co/UWENUwXY0d
「創造的沸騰に付与する特徴の第一としてあげるべきは⋯⋯人びとの〈身体的〉な近接性を不可欠の要因としていることである。マスメディアを媒介としない直接的な対面的コミュニケーションの過程でこそ,創造的なものがうまれるとする見解だといえよ… https://t.co/60Trvc3lkl
荒野のラディカリズム――国際的同時性と日本の一九六〇年代美術 富井玲子 https://t.co/AbCghjDVZw
「人間のクリエィティビティこそが、経済生活の原動力であり、それは芸術作品にあらわれるクリエィティビティと同質のものだ、あるいはそうあるべきだ⋯⋯」 ヨーゼフ・ボイスの「すべての人は芸術家である」 : 現行の「クリエィティブ経済」… https://t.co/6dZiQG591J
「文化戦争において争われた芸術の自由とは主体の権利としてだけではなく資本主義経済における「もの」の分類をめぐって展開されたのだ。」 「文化戦争」と芸術の自由 登久希子 https://t.co/FaWRs2vx4K
彫刻の場としての公園に関する一考察 ―1950年代から60年代にかけての都市公園・児童公園の事例から 市川寛也 https://t.co/9p62Cy2T4W https://t.co/MffUZM4fzK
"闇市の形成と土地所有からみる新宿東口駅前街区の戦後復興過程-新宿駅近傍における都市組織の動態をめぐって" https://t.co/olg48zVrHK
メモ:「Googleアラートで「こんな論文どうですか?」と引っかかった。後で読んでみる→「現代日本におけるオルタナティブ・スペースをめぐる諸問題」」 https://t.co/1p6lrPXcFN

お気に入り一覧(最新100件)

【論文が出ました】杉山昂平, 森玲奈, 山内祐平 (2020)「アマチュア写真家の興味の深まりにおける実践ネットワークの関与」が『日本教育工学会論文誌』に採録されました.オンラインで早期公開されているのでぜひご覧下さい→ https://t.co/SvPzMQwSsK
CiNii 論文 -  『おそ松さん』にみるクィア性 : 性愛と「自立した男性」からの逸脱 https://t.co/VA8ijUNYFl 松読解のために極めて重要な論文が出てた。隠岐さや香さんによるもの。
この論文や芸術動画などで平和祈念像について言及しています。 CiNii 論文 -  平和モニュメントと観音像 : 長崎市平和公園内の彫像における信仰と形象 https://t.co/wsQ7c3xfof #CiNii
「アーティストはどうやって生計を立ててるの?」はしばしば話題になりますが 山本和弘 アーティストのサバイバル 2014 https://t.co/itcwuY2sbp ↑私もアンケート協力しましたw によると「現代美術家の約8… https://t.co/14oOsdbreu
昨年取り組んでいた論文「ワークショップ実践者のファシリテーションにおける困難さの認識」が日本教育工学会論文誌に採録され、PDFが公開されました。 https://t.co/muriKjbSLF

フォロー(639ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

フォロワー(3315ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

大西 浩志.アート・マーケティング : コレクターのモチベーションを分析する 理大科学フォーラム : 東京理科大学科学教養誌,35(3),34-39 (2018-06) 東京理科大学学術リポジトリ https://t.co/N8O4BNc8hs
RT @nakashima001: 幼児の自由画にみられる性差の特徴|島田由紀子 https://t.co/78jY9YxpHH (pdf) 「幼児の4、5歳児クラスの自由画の表現に関する7つの評定項目のうち、5項目については、女児の方が評定の数値が高いことが確認された。特に「…
https://t.co/RRQqAZKIXl 影響の論理、、、。
RT @shoemaker_levy: 戦争神経症/PTSDを題材に、病のとらえ方が文化によって異なるということを、バークを援用しつつ明快に論じたのが高林陽展(2016)「戦争神経症の「歴史」から「文化史」へ : 戦争と神経症はなぜ結びついたのか」『精神医学史研究』20(1)で…

3412 3410 3104 6 OA 裸に虱なし

RT @tiyu12sai: 100年前(1920年)の本の、女性は自転車に乗るなという主張 「身体の震動が陰部に快覚を喚起して」「性欲心を増長せしめること確実」「間がな隙がな情人を漁り廻る事になる」「自転車に乗る女の素行を調べてみたまえ、淫奔の性情でない者はあるまい」http…