激ヤバ二度寝リピーター (@annona_ceae)

投稿一覧(最新100件)

デジコレで公開されてる室町頃の古典籍をあさっていたら、三十六声母を手の部分に対応させた謎の図を見つけた https://t.co/Cpb3OzRVya

3 3 0 0 OA 古今訓点抄

RT @viewfromnowhere: ググると 古今訓点抄に、ワキカタカリゲラシ https://t.co/pDBIsTmEEF 、サキニゲラシナ https://t.co/g0a40YcdlI みたいに ケラシが ゲラシに なる れーが あると あったけど、なんか かんけ…

3 3 0 0 OA 古今訓点抄

RT @viewfromnowhere: ググると 古今訓点抄に、ワキカタカリゲラシ https://t.co/pDBIsTmEEF 、サキニゲラシナ https://t.co/g0a40YcdlI みたいに ケラシが ゲラシに なる れーが あると あったけど、なんか かんけ…

3 0 0 0 OA 拾篇集 3巻

「てう」は11世紀中頃から始まったいわゆる「ハ行転呼」(ɸ→w(u))を反映した表記なので、中世の文献資料にもたくさん用例があると思われます。室町時代の漢字字典から一例(https://t.co/EqRk8B5Iuq)、「テウ反」とあります。
『ユリイカ』にこんな特集号があったとは、知らなかった CiNii Articles -  日本語音韻史におけるヤ行音 (日本語<特集>) https://t.co/VjcmlnAMLz #CiNii

2 0 0 0 OA 色葉字類抄

色葉字類抄上巻 https://t.co/myDhEhJMvr [食刃](チウ、去濁)飯 カシキカテ 又乍籾又糅

3 0 0 0 OA 色葉字類抄

「粈」字、字書の注は「雑飯」なので、日本語の《もみ》とは意味がずれるけど、『色葉字類抄』に「モミ」の和訓と「人九反」の反切があるな https://t.co/v8W4D2DzDJ 「粈」の国訓→異体字が分離(国字化)という流れか?(先行研究を知らない)
たまたま訳注をみつけた。『東坡全集』の。他にもあるのかな https://t.co/spYlpHVCzL

1 0 0 0 OA 打聞集

やなナビさんの翻刻があった え、弘に「クワウ」と傍訓があるのか https://t.co/zWhEpkbVfq https://t.co/Q4LOW4AgeW

1 0 0 0 OA 紅葉遺稿

尾崎紅葉『畳字訓』 #びぼー録 https://t.co/9T3rfgdIFM
「「|キ」は鎌倉初期の『古文孝経』(三千院蔵一、(ママ)二七七古典保存会)に「條|キ」「⿰十木|キ」などの例をみる」(p.231)とあって、その後が18世紀まで下るみたいだけど、探しまくればもっと見つかりそう。 建治本はデジコレにあるので、次のどっかにあるはず。 https://t.co/ySbrPV8wpp
文学部図書館が空いたので、『中央大學国文(33)』に載録されている、谷光忠彦「合字に関する一試論―乄、ヿ、|モ、|キを中心に―」をコピーしてきました。なお「日本語研究・日本語教育文献データベース」ではなぜか当該文献が抜けている。 https://t.co/nmuJDN5e6Q https://t.co/OQIVm6iFt5
侯→候 OCRがまちがってる https://t.co/2wcWwnEAV6

1 0 0 0 OA [白氏文集抄]

彼[弟令]杏梁貴 [弟令]の字(「矜」の異体字)、色葉字類抄に「氷[弟令] イカリフツクル」とあって気になってたけど、使用例あるんだな。わりとよくある書き方だったのか https://t.co/rv1pVjbOUC

1 0 0 0 OA [白氏文集抄]

この資料初めて知った。白氏文集抄。奥書によれば建長二(1250)年写だけど、どうなんだろうか https://t.co/ye0x6VX4H4
RT @_sotanaka: J-STAGEで全文公開されました。 https://t.co/UI8aLz7jZQ
これ気になる、何がどういう形で入ってるんだ? CiNii 図書 - 説話データベース : LEGEND https://t.co/cIUicRuN9V #CiNii

2 0 0 0 OA 群書治要

金沢文庫本『群書治要』(宮内庁書陵部蔵)の複製本がデジタルコレクションで公開されていた! https://t.co/LGT2d6KhZi 漢籍集覧(https://t.co/96AUXuefxe)で原本画像が見られるけど、デジコレの方が高解像度
いつの間にか『成城文芸』の古い論文がpdf公開されていた。 『角川大字源』国字一覧にある、
@JUMANJIKYO 国語史で有名な資料だと、『色葉字類抄』畳字門において、意義分類「○○部」の下位分類である「○○分」で目にしますね (歩の略字にもなるのは知りませんでした、リプ欄で学ばせていただきました) https://t.co/4LzAlN0XIh

19 0 0 0 OA 〔雑字類書〕

>RT 文明本節用集にこれが出てきた https://t.co/n84yO6zqy0
高松政雄「新撰字鏡小学篇について」(https://t.co/UfkKaJbFwT) 読みにくい!

1 0 0 0 OA 法華経音訓

『漢辞海』が「月」のガツ(グヮツ)を呉音と認めて、月韻の「蠍」のカツを慣用音とするのはなぜなんだろう。蠍(カツ)は『法華経音訓』にあるのに https://t.co/TU6ap5Gjoa
古典保存会から出てる『日本国見在書目録』のこれ(https://t.co/cSb34ccJD6)とこれ(https://t.co/4F9huUPJ1e)って何が違うんだ……?
古典保存会から出てる『日本国見在書目録』のこれ(https://t.co/cSb34ccJD6)とこれ(https://t.co/4F9huUPJ1e)って何が違うんだ……?
とりあえず一箇所見つけた。[魚金] 油漬にするらしい。 https://t.co/YTHmzNhgQW

3 0 0 0 OA 字音便覧

1920年の『字音便覧』(https://t.co/DLJ1mGkso2)に次のような記述が。「我が国で使用せる漢字音には殊に読癖が多い。此の特殊の読方は字音を複雑ならしむる大原因であって、其のため字音は一層面倒になって来た。「紫宸殿」の〔シシイデン〕・「清涼殿」の〔セイロウデン〕・「笏板」の
小林好日『国語国文法要義』(昭和二年)だと「事実に反する仮定の想像」と説明されている。これを四字熟語にすれば直ちに「反実仮想」となるわけだけど、熟した形での初出例が知りたい https://t.co/DH77WBfZGI
例えばこんな社会学の論文(https://t.co/HyxhPyDnVU)があって、こんな注がある >「反実仮想」という訳は定訳ではないが比較的多くみられる。確かにcounterfactualを「反事実的」、「抗事実的」と訳す例も散見するが、これらはいかにも直訳調で長ったらしく、筆者の趣味に合わないので「反実」とした
日本酒の製造工程に「蒸きょう」というのがあるらしい きょうは食偏に強、unicodeだと
木瓜をボケと読むの、熟字訓だと思っていたけど、「瓜」は漢音クワ呉音クヱだから字音語が訛ったものなのか。 画像は前田本色葉字類抄(https://t.co/0Z8obfXWcg) https://t.co/OLwQ3BjHtn

1 0 0 0 OA 新板鳥つくし

かわいい https://t.co/ValqEOHi8e

2 0 0 0 OA 壒嚢鈔 : 15巻

『壒嚢鈔』巻三-39「クタビルヽト云ハ何ノ字ソ」に、「惢-屈(スイクツ) 疲-頓(ヒトン)同ク用ル也。太平記ニハ惢(スイ)ヲ用。惢ハ桑果才果。才規三ノ反心ノ疑也ト注セリ。(以下略)」とあるのを発見。 https://t.co/n2n1k5xX7W https://t.co/kWJ7fTzAI1

1 0 0 0 OA 国朝書目 : 3巻

たとえばhttps://t.co/KkwapbAM7q左から二行目の『筆注集』は日本古典籍総合目録を見る限り、どこにも現存しない不明な書っぽいけど、一応掲載はされていて、著作注記に「〈般〉国朝書目による。」とある。

1 0 0 0 OA 国朝書目 : 3巻

『新猿楽記』が字書に属するのなんでだ https://t.co/YFmqJ1Mle1

2 0 0 0 OA 国朝書目 : 3巻

一柳記でいいのかな?(『国朝書目』上巻7頁より、https://t.co/cpYahqFizO) https://t.co/VBzxSUW2De
令、日本語文においては使役を表す漢字として昔から頻用されたらしい(今昔物語集では令しか使ってないらしい)(古記録なんかでは令…給の形で尊敬の意にも使われたらしい(日本語化……!))(情報源:https://t.co/yIvAS5Gf40)

2 0 0 0 OA 年中行事秘抄

国会本の該当箇所 https://t.co/LjNDv3rIyd

4 0 0 0 OA 万葉集代匠記

『万葉代匠記』 https://t.co/fPdVuYhOhi 「于時初春令月、気淑風和ハ、張衡帰田賦云、仲春令月、時和気清」

4 0 0 0 OA 諺語大辞典

フォロワーからの情報により、『諺語大辞典』(1910)に見つかりました。また『故事俗信ことわざ大辞典』にも引かれているようです。 https://t.co/XAd6ZHMwJS https://t.co/w86DBYYaxd

1 0 0 0 OA 拾篇集 3巻

和玉篇の一種である『拾篇目集』の紙背に書かれていたため、『国書総目録』にも収録されなかった、国会図書館蔵『百舌往来』(異制庭訓往来)これか! 1コマ次に進めるたびに全然違う文面が現れる異色の文献だ https://t.co/Rg7sxj1eGA

15 0 0 0 OA 節用集

「文明本節用集」でググって何故か二番目に出てくるこれは岡田希雄旧蔵本節用集だからな https://t.co/hUQ6gPIG2z これも124~151コマが著作権の関係で見られないのが気になるけど・・・

19 0 0 0 OA 〔雑字類書〕

そっか、文明本節用集、国会図書館蔵だからデジコレで見られたのか・・・ https://t.co/bhwrHHEnWA

1 0 0 0 歎異抄

https://t.co/nG5b26a4T5 同朋舎による複製は、限定580部だが5館にしかない。国会図書館にも所蔵なし。 『鎌倉時代語研究3,4』所収総索引の底本になっている、便利堂出版の複製本はOPAC等の書誌情報が見つからず、オークションサイトや古本屋のサイトがヒットするのみ(例:https://t.co/RZeo96PQuG)
J-STAGE Articles - 畳用符号を利用した略字体の成立と展開 https://t.co/f2CkebgMiI こんな論文あったのか
山田孝雄の著作、『日本文法論』は見られるのに『色葉字類抄攷略』は見られない https://t.co/JbYY5oVxDF

9 0 0 0 OA 漢和大辞林

RT @sarasvati635: 漢和大辞林(明治39年)で【鰊】 https://t.co/tpR2l3gBuX https://t.co/OYJS5PtMZP
この本が見たいけど東大に一冊も無いのか…… https://t.co/nWHf67tnHc
https://t.co/tqyfSuRvnt この本、国会図書館にも無いっぽい。近場だとNINJALに行くしかないっぽい

13 0 0 0 OA 漢字の研究

草冠を音読み(?)したサウカウは、現在は使わないけど、国字の字典の出典の一つにもなっている、明治44年『漢字の研究』に見える https://t.co/yaB4zmwc53
「木割書」というジャンルをしって、デジタルコレクションを漁っていたら、偶然にも[木短]を発見した https://t.co/1CkfLv8yZ0 『新撰大匠雛形大全』13ページ https://t.co/vjZAJC7aYb
.@kiteyome 昭和七年に出版された『社会ユーモア・モダン語辞典』です こちらのサイト( https://t.co/uV1UoYMkiU )でWeb上でも閲覧できます
これ読も |統合漢字に申請された「殷周金文集成引得」図形文字の調査 http://t.co/YoBtTNCEim

お気に入り一覧(最新100件)

3 3 0 0 OA 古今訓点抄

https://t.co/gBtuuRuJpF 古今訓点抄にも 「ヲツシカツチノ」 https://t.co/RBtqOhrs1f と あった。 https://t.co/ijrJERcHTY

3 3 0 0 OA 古今訓点抄

ググると 古今訓点抄に、ワキカタカリゲラシ https://t.co/pDBIsTmEEF 、サキニゲラシナ https://t.co/g0a40YcdlI みたいに ケラシが ゲラシに なる れーが あると あったけど、なんか かんけー あるだろーか。 https://t.co/XsUHkDQGf0

3 3 0 0 OA 古今訓点抄

ググると 古今訓点抄に、ワキカタカリゲラシ https://t.co/pDBIsTmEEF 、サキニゲラシナ https://t.co/g0a40YcdlI みたいに ケラシが ゲラシに なる れーが あると あったけど、なんか かんけー あるだろーか。 https://t.co/XsUHkDQGf0
@KogachiRyuichi 六書通にも、「田秋私印」で採録されていました。https://t.co/tKHxw2M22x 初めて見ました。 https://t.co/Q40c3eUhvK
[⿰山爪]の記載がある論文もう一つ見つけた 所澤町東方武藏野臺地の地下水,特に宙水と淺い窪地の成因,聚落立地との關係(吉村信吉, 地理学評論 1940 年 16 巻 3 号 p. 145-169) https://t.co/HtDQKOFXO9 https://t.co/G3zhxclcdG
えっ仁和寺本医心方の影印、ネット公開されてるの…。最近びっくりすること多いな! https://t.co/xdddDQnWnK
コーパスの著作権処理に関する論文を読んでいるが,弟子の文章を無断で使ったと怒ってFAXを送りつける自称東大文学部教授,正直言っていろいろと「強い」 https://t.co/uEDtx8fbEj https://t.co/9CKctpwyAN
CiNii 論文 -  小学校国語科教科書・漢字辞典で部首の捉え方の異なる学習漢字 https://t.co/pLLw5mOiUC 教科書・漢和辞典間で部首の扱いが異なる漢字の一覧が載っている https://t.co/Ct17im6bai

フォロー(605ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @miraisyakai: 多変量正規母集団からの不完全標本による母数関数推定 https://t.co/nqiuyOG1iT 「共通関数係数の最犬推定および制限付き最犬推定について扱い」 イヌ……だと……?
RT @ShinyaMatsuura: それでも関西はまだましで、これが北九州で電子音楽を作っていた今史郎とか、福岡拠点だった三村恵章となると、悲しいかなもうほんとわからない。 https://t.co/F2ZwLwYwpU https://t.co/bGMsQsvZHX
RT @uasi: 1日に5kg前後の醸造酒を飲むほかは食べ物も飲み物もほとんど口にしない民族がアフリカにいる…… https://t.co/yB9SRvjj8Y
釜山にこの類の町名が存在しないのは、他の都市と比較して内地化が著しく先行していたことが要因か・・? https://t.co/Q3jr8eSOGQ https://t.co/LON2Oslhpy

47 8 8 1 OA 東莠南畝讖 3巻

岐阜から栃木へ引越し住所が変わった。岐阜といえばアユが名産。「鮎」と書くのが歴史を通して一般的だが、近世には「鯮」という表記も日本で知られていた(由来は不明)。玄香という岐阜の人は18世紀に『東莠南畝讖』という動植物の写生をかいたが、そこにも鯮が使われている。 https://t.co/8CIXjSVu2C https://t.co/1dT6VeeqF2
於杼呂我中 : 亀井勤斎伝 - 国立国会図書館デジタルコレクション https://t.co/gUGoHvfAoE
国語科教育/88 巻 (2020)/ 書評・内藤 一志  井浪真吾著『古典教育と古典文学研究を架橋する―国語科教員の古文教材化の手順―』 https://t.co/eFu8mgFBjd
@yearman https://t.co/3Xqp4whp4P CiNiiでは九大のみ、なのですね。
@yearman 同題名の本が2種ありますが、「明治にさかのぼる」のほうですね、「武ン士たちのかたりくち」の方ではなく。 https://t.co/dkE2loGZY8 『語文研究』68の「会員近著紹介」による。 https://t.co/Fm5Xhw5OuQ

フォロワー(559ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @uasi: 1日に5kg前後の醸造酒を飲むほかは食べ物も飲み物もほとんど口にしない民族がアフリカにいる…… https://t.co/yB9SRvjj8Y
釜山にこの類の町名が存在しないのは、他の都市と比較して内地化が著しく先行していたことが要因か・・? https://t.co/Q3jr8eSOGQ https://t.co/LON2Oslhpy
RT @cha_pencil: 創氏改名の犬糞倉衛は日本の権力をも笑い飛ばす、転んでもただでは起きない朝鮮の庶民のエスプリ……くらいに思っていたけど、CiNiiに真面目な論文があった。 https://t.co/4FjQtYoO79

47 8 8 1 OA 東莠南畝讖 3巻

岐阜から栃木へ引越し住所が変わった。岐阜といえばアユが名産。「鮎」と書くのが歴史を通して一般的だが、近世には「鯮」という表記も日本で知られていた(由来は不明)。玄香という岐阜の人は18世紀に『東莠南畝讖』という動植物の写生をかいたが、そこにも鯮が使われている。 https://t.co/8CIXjSVu2C https://t.co/1dT6VeeqF2