Hirota, K. (@bodyhacker)

投稿一覧(最新100件)

PDFで読めるようになりました。購読権の無い場合でも2000円で読めるようです(高い!けど)。 麻酔科の医者向けですが麻酔の専門用語などはないのでどなたにでもお読み頂けると思います。 / 祝!2019年ノーベル生理学・医学賞— (… https://t.co/j0dAjxfXAc
@blueclearsea @dajhiroki みんな大好きIntensivistにもこんな総説を書いたことがあります 麻酔とか集中治療の人は読んでいると思ったですが... » 2.低酸素の生物学—低酸素誘導性因子(HIF)の… https://t.co/xPM4A0GwZ9
@blueclearsea @dajhiroki 以前にLiSAにこんな総説を書いたことがあります。麻酔科の人は読んでいるはずと思っているのですが... » 酸素生物学を読み解く—低酸素誘導性因子研究の今昔物語 (LiSA 25巻… https://t.co/C4UA9zyQq6
RT @momentumyy: 有賀さんって、自分のレビュー論文1本だけでジャーナルのインパクトファクターを2以上上げられるか?のチャレンジやった人ですね(しかも成功)。インパクトファクターについて議論する上で貴重な実験結果です。 https://t.co/nvjPGrG7Nl
RT @uranus_2: 結婚相談サービスを利用した婚活では,一般的な結婚とは異なり,学歴・収入・容姿で有利な条件を備えていることが成婚の可否へほとんど影響を与えておらず,これは,男女とも婚活市場における自身の価値に対応した…⇒学歴・収入・容姿が成婚と配偶者選択行動に与える影…
全例LMAを使っていたとのこと » 小児もやもや病における血行再建術直後の啼泣回避—デクスメデトミジンによる鎮静 (Neurological Surgery 脳神経外科 47巻5号) | 医書.jp https://t.co/IeiJUqQs1V
RT @bonohu: LiSA 24巻11号 (2017年11月) にもDOI付きであるのだが… “『Dr. Bonoの生命科学データ解析』 pp.1125 発行日 2017年11月1日 DOI: https://t.co/PxGfDhoAo3 本文献は都合により閲覧が許可さ…
これは疾患なのか!? 生体応答だと思うのだが #知らんけど » 06 transient smartphone blindness (総合診療 29巻5号) | 医書.jp https://t.co/uK9XPkWDAM
平成24年の統計で麻酔科は皮膚科、眼科について女性の占める割合が高い。今なら一位かもしれない。 » 女性医師を多く抱える医局の働きかた・意識改革 (臨床整形外科 54巻5号) | 医書.jp https://t.co/EXgYRvfH0D
結構頻繁に廊下で話す» 手外科医として—楽しく毎日を (臨床整形外科 54巻5号) | 医書.jp https://t.co/ze6kyMFkM8
読んだが何が言いたいのかよく解らんかった » 三歳児神話とはなにか (助産婦雑誌 55巻9号) | 医書.jp https://t.co/mEM0aGeNEH
こんな時代から活躍されていたようだ / J-STAGE Articles - ハゼ科魚類の肩肝骨について https://t.co/DB5MXAKlYa
これか 読めないけど / J-STAGE Articles - 京都御苑の仙洞御所の池に生息するビワヨシノボリ<i>Rhinogobius biwaensis</i>とシマヒレヨシノボリ<i>Rhinogobius</i> sp.… https://t.co/nM8jfdbMdL
整形外科の先生方の雑誌に 「連載 いまさら聞けない英語論文の書き方」 という連載がある https://t.co/X4sD8pmbC4
「フランスにおける無痛分娩の普及の背景と現在の課題(前編)—パリ・デカルト大学助産師課程とポール・ロワイヤル産院の視察から」 読んだ https://t.co/6C2KQHvPTY
RT @kazuigarashi: 総説原稿の校正を英文校正業者に依頼したら、全く別のグループから勝手に投稿され掲載されていた、、、、Tohoku Journal of Experimental Medicineに出た驚きのリトラクション告知です。 https://t.co/…
「連載 判例ピックアップ 第21回」 LiSA 読んだ。 CT撮らずに脳出血かどうか論じてもなとは思うけどこんなもんなんだろうな https://t.co/inN9pQuYGi
「2.低酸素の生物学—低酸素誘導性因子(HIF)の果たす役割」 DOI https://t.co/waYfPtEeJa 読めるようになっている https://t.co/o8AUArSE0M
"研究発表空白期間がアカデミア昇進に与える影響分析~研究者の属性に関するイベントヒストリー分析~" https://t.co/CnGD1D8jPw

1 0 0 0 OA 壁からドン!

「壁からドン!」 https://t.co/9iH27npzCq
読んだ。ごもっともと思う部分が多かった。 /「投稿論文の査読をめぐる不満とコンセンサスの不在 」http://t.co/up6ZBR1ezx
RT @hirokagi: 北大で夫の研究を妻の研究としても申請して研究費を受給した件。確かに二つの報告書はそっくり。http://t.co/ZK3EGMQlyn http://t.co/w1ElOj7qKX
RT @hirokagi: 北大で夫の研究を妻の研究としても申請して研究費を受給した件。確かに二つの報告書はそっくり。http://t.co/ZK3EGMQlyn http://t.co/w1ElOj7qKX
RT @Fm7: “PLOS ONEのこれまで,いま,この先” http://t.co/xK0gXcolaP
RT @Sukuitohananika: 女児誘拐監禁事件容疑者による論文「カント実践哲学における演繹の構造」『待兼山論叢』の全文。カント倫理学の研究論文である。今回の事件の闇もかなり深い。 http://t.co/gTBsKZ9a05
RT @hatebu: CiNii 論文 -  マイクロブログの投稿時間に着目したユーザの職業推定に関する研究 (52 users) http://t.co/e9fR6Clzf0
RT @Ryofuwi: この科研費報告書すごい・・・https://t.co/a5zkUfEryn 「他研究室の学生に、当研究室の装置を壊されるという、予期せぬ事態に直面し、当初計画よりも遅れている」とか「データをねつ造しない、嘘をつかない学生を育てていく。」とか相当な怒りが…
例えば術中にこの状況でdigoxin使う麻酔科医はいるのだろうか? https://t.co/nXgOo48YTl
RT @i2k: いまCiNiiでいちばん盛り上がっている論文。芥川賞の円城塔さんによる切実すぎる話。 / “CiNii 論文 - ポスドクからポストポスドクへ” http://t.co/QPgri6pd

お気に入り一覧(最新100件)

有賀さんって、自分のレビュー論文1本だけでジャーナルのインパクトファクターを2以上上げられるか?のチャレンジやった人ですね(しかも成功)。インパクトファクターについて議論する上で貴重な実験結果です。 https://t.co/nvjPGrG7Nl
結婚相談サービスを利用した婚活では,一般的な結婚とは異なり,学歴・収入・容姿で有利な条件を備えていることが成婚の可否へほとんど影響を与えておらず,これは,男女とも婚活市場における自身の価値に対応した…⇒学歴・収入・容姿が成婚と配偶… https://t.co/Q9ZnBbyqnZ
大学教員の研究業績に対する性別の影響 https://t.co/lXJvN0JafS 要因統制をかけると性別は業績に影響せず、出張日数が業績に影響するのだとか。
CiNii 論文 -  マイクロブログの投稿時間に着目したユーザの職業推定に関する研究 (52 users) http://t.co/e9fR6Clzf0
10万人/年~20万人/年ぐらいで幅があるけど、ひとつの数字を上げるとすれば何人がいいだろう。この最新の論文の20万人かなぁ。> 日本の年間のタバコによる死亡者数196,000人 http://t.co/xJ8SlQZg

フォロー(644ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @TakaMuto_Kyoto: ちなみに,心理学研究には,今年,認知的フュージョンの研究が,初めて掲載されました。 橋本光平・武藤崇(2019)加齢ステレオタイプへの行動的同化における 認知的フュージョンの調整効果. 心理学研究, 90, 93-99. https:/…
RT @igshrmshk: 物理主義とスーパーヴィーニエンス・テーゼの関係については院生の頃に論文を書いたな。10年前の論文なので論点整理としては古くなっているところもあると思うけど。 https://t.co/uMN5E2BNWU
RT @oshio_at: 早期公開されました。論文122本に掲載されたYG性格検査の平均値を集めて1957年から2012年の平均値の時代変化を検討しました。グラフを見てもらえばわかりますが、21世紀の日本って... 小塩・市村・汀・三枝 日本における情緒不安定性の増加 心理…

フォロワー(1109ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

『看護学のための多変量解析入門』(医学書院)の雑誌書評のPDFです(フリー) 「多変量解析の魅力に引き込まれる随一のテキスト」 https://t.co/LxiMZfW0JI
RT @atsushimiyahara: 御自身の退官公演で、御自身のインパクトファクターを気にしていた割に、このハゲタカジャーナルとは… https://t.co/vxQVgNgshj https://t.co/b3o1wv5ZzF
『看護学のための多変量解析入門』(医学書院)の雑誌書評のPDFです(フリー) 「研究の道しるべに心からお薦めできる良書」 https://t.co/CR6JmDmuRa
石郷先生のペーパー デュラグルチドの血糖コントロールおよび腎機能への影響 日本腎臓病薬物療法学会雑誌 #JSNP2019 https://t.co/JXJy3zG2mR
RT @blue_standard2: 論文題目が怖くて泣いちゃった https://t.co/vy03jr62JZ https://t.co/bS90AxWlwJ