Hirota, K. (@bodyhacker)

投稿一覧(最新100件)

出ました » Characterizing the gut microbiota in females with infertility and preliminary results of a water-soluble dietary fiber intervention study https://t.co/bnR7upztCu
#読んだ » 新訂 うまい英語で医学論文を書くコツ—世界の一流誌に採択されるノウハウ (臨床眼科 74巻5号) | 医書.jp https://t.co/4vFQQz3zx8
RT @ihpo: J-STAGEでも公表されました。特集の導入論文。 医師の「働き方改革」 https://t.co/ICEZVMv7Ft
#読んだ これはどうなんだろう / Safety and Efficacy of Human Muse Cell-Based Product for Acute Myocardial Infarction in a First-in-Human Trial https://t.co/c8C706OIen
#読んだ なんで脳外科なのかさっぱり理解できなかった すみません » 生まれ変わっても脳神経外科医に (総合診療 30巻6号) | 医書.jp https://t.co/hbeTCEpzL7
#読んだ » 食後に走るとなぜお腹は痛くなる? (総合診療 30巻6号) | 医書.jp https://t.co/FpBNc5zpQR
#読んだ びっくりした » つわりが強いと早産リスクは下がるのか? (臨床婦人科産科 74巻5号) | 医書.jp https://t.co/7jtbSkmA0a
#読んだ びっくりした » 妊娠中に暴言を受けると新生児の聴覚に影響するか? (臨床婦人科産科 74巻5号) | 医書.jp https://t.co/mubLSsD8CA
#読んだ » 青柳卓雄博士のご逝去を悼む—自らを実験台にした鬼気迫る研究者魂 (LiSA 27巻6号) | 医書.jp https://t.co/KvleP4tkPG
この号読み応えがあった » 「板書指導」の授業と美しい手書き文字のコツ―チョーク技法をとおして学ぶ (看護教育 61巻3号) | 医書.jp https://t.co/LjNaqcPWzE
ちょっと考えすぎではないかとも思った» —【対談①】—無痛分娩を通して助産を問う (助産雑誌 74巻6号) | 医書.jp https://t.co/5ph12kr3pp
@kyopi2009 @takumayahar https://t.co/iw6Zcr0iho で報告しています。
小田先生は今岡先生と一緒に実験していたことがあったんですね » 第13夜 臨床と研究の狭間で…—若いときの苦労が今の支え (LiSA 別冊 27巻1号) | 医書.jp https://t.co/aMGuXl68HY
#読んだ 何かあっても死亡に至らない場合に外部評価委員を入れた調査委員会が立ち上がるのって異例だと思う » 第12夜 麻酔科学と救急医学—場の成長と発展のために (LiSA 別冊 27巻1号) | 医書.jp https://t.co/3NBIcvD3UZ
この連載毎回読んでます » Figure作成の心得—②適切な画像処理 (臨床整形外科 55巻4号) | 医書.jp https://t.co/9KzpBAFEMA
「率直に言おう。あなたが麻酔科でよく使う薬物の依 存症になってしまったならば,再び麻酔科医として の医業復帰は諦めたほうがよい」!! » 誰に相談したらよいのか—救いの道は,ある (LiSA 27巻4号) | 医書.jp https://t.co/4xbu6m1K6B
#読んだ 昨日の麻酔の振り返り » 日本臨床麻酔学会 vol.28 https://t.co/R9QFYum3Ke
使ったことない » 人工膝関節全置換術後周術期におけるデュロキセチンの使用経験-――トラマドール/アセトアミノフェン配合剤との比較 (臨床雑誌整形外科 71巻3号) | 医書.jp https://t.co/CgvIWuxm8T
#読んだ » 術中覚醒の既往がある成人女性のCTガイド下腫瘍生検 (LiSA 27巻3号) | 医書.jp https://t.co/mlkV286Wfy
眼を通した 盛りだくさんだ » 最先端の研究テクノロジー紹介⑧次世代シークエンサー(NGS)を用いたシングルセル解析—進化したライブラリー調製技術 (LiSA 27巻2号) | 医書.jp https://t.co/vaMDFsW6QF
症例報告もこうしてまとめて読むとすごいな » 極度の高血糖緊急症を呈した劇症1型糖尿病の一例 https://t.co/MQgczb3hgk
#読んだ 悲惨な人生だね » 褐色細胞腫摘出術後に喘息発作を再発した1症例 https://t.co/C9YZIspSHl
#読んだ タダで読めます » 制限内投与量で発症したプロポフォール注入症候群の1例 https://t.co/9HPOgw72js
今回一番面白かった 必読 » 【コラム】臨床に役立つ偉人たちの法則—Laplace,Hagen-Poiseuille,Bernoulli (INTENSIVIST 12巻1号) | 医書.jp https://t.co/ZN5q0ITLng
こういうのがあるんですね 確かに色とかみても解りにくい 河田先生だ » 直腸癌手術におけるICG蛍光ナビゲーションによる血流評価 (臨床外科 75巻2号) | 医書.jp https://t.co/fy4PtMV8fT
#読んだ » 外科医の矜持 (臨床外科 75巻2号) | 医書.jp https://t.co/bPhXk1n48c
#読んだ どうなんだろう » 緊急のフルストマック (LiSA 27巻1号) | 医書.jp https://t.co/aRlmFoUgYv
#読んだ 市瀬さん... » マラソンの医学:なぜ人は走るのか?—歴史的・文学的・生物学的な考察から,長距離ランニングが人体に及ぼす影響やマラソンが速くなる薬まで (LiSA 27巻1号) | 医書.jp https://t.co/qVlWMoJG3m
もっと期待していた » 俺のECT—ある新聞記者のリハビリ体験記 (精神看護 23巻1号) | 医書.jp https://t.co/s8T0kokySb
読める人は読めるようになってます。書評です。/『生命科学者のためのDr.Bonoデータ解析実践道場』 (LiSA 26巻12号) | 医書.jp https://t.co/w0PHBoFfoZ
RT @bonohu: 夜遅い時間からですが「bioRxivとは何か?」で話します。 [RE-1] 研究倫理委員会企画・研究倫理フォーラム 「研究成果発表のあるべき姿:オープンサイエンス推進の潮流」 2019年12月3日(火) 18:30 〜 20:00 第12会場 (福岡国際…
PDFで読めるようになりました。購読権の無い場合でも2000円で読めるようです(高い!けど)。 麻酔科の医者向けですが麻酔の専門用語などはないのでどなたにでもお読み頂けると思います。 / 祝!2019年ノーベル生理学・医学賞— (LiSA 26巻11号) | 医書.jp https://t.co/KIlZaFPENX
@blueclearsea @dajhiroki みんな大好きIntensivistにもこんな総説を書いたことがあります 麻酔とか集中治療の人は読んでいると思ったですが... » 2.低酸素の生物学—低酸素誘導性因子(HIF)の果たす役割 (INTENSIVIST 10巻2号) | 医書.jp https://t.co/o8AUArSE0M
@blueclearsea @dajhiroki 以前にLiSAにこんな総説を書いたことがあります。麻酔科の人は読んでいるはずと思っているのですが... » 酸素生物学を読み解く—低酸素誘導性因子研究の今昔物語 (LiSA 25巻8号) | 医書.jp https://t.co/TfXqoPATGf
RT @momentumyy: 有賀さんって、自分のレビュー論文1本だけでジャーナルのインパクトファクターを2以上上げられるか?のチャレンジやった人ですね(しかも成功)。インパクトファクターについて議論する上で貴重な実験結果です。 https://t.co/nvjPGrG7Nl
RT @uranus_2: 結婚相談サービスを利用した婚活では,一般的な結婚とは異なり,学歴・収入・容姿で有利な条件を備えていることが成婚の可否へほとんど影響を与えておらず,これは,男女とも婚活市場における自身の価値に対応した…⇒学歴・収入・容姿が成婚と配偶者選択行動に与える影…
全例LMAを使っていたとのこと » 小児もやもや病における血行再建術直後の啼泣回避—デクスメデトミジンによる鎮静 (Neurological Surgery 脳神経外科 47巻5号) | 医書.jp https://t.co/IeiJUqQs1V
RT @bonohu: LiSA 24巻11号 (2017年11月) にもDOI付きであるのだが… “『Dr. Bonoの生命科学データ解析』 pp.1125 発行日 2017年11月1日 DOI: https://t.co/PxGfDhoAo3 本文献は都合により閲覧が許可さ…
これは疾患なのか!? 生体応答だと思うのだが #知らんけど » 06 transient smartphone blindness (総合診療 29巻5号) | 医書.jp https://t.co/uK9XPkWDAM
平成24年の統計で麻酔科は皮膚科、眼科について女性の占める割合が高い。今なら一位かもしれない。 » 女性医師を多く抱える医局の働きかた・意識改革 (臨床整形外科 54巻5号) | 医書.jp https://t.co/EXgYRvfH0D
結構頻繁に廊下で話す» 手外科医として—楽しく毎日を (臨床整形外科 54巻5号) | 医書.jp https://t.co/ze6kyMFkM8
読んだが何が言いたいのかよく解らんかった » 三歳児神話とはなにか (助産婦雑誌 55巻9号) | 医書.jp https://t.co/mEM0aGeNEH
こんな時代から活躍されていたようだ / J-STAGE Articles - ハゼ科魚類の肩肝骨について https://t.co/DB5MXAKlYa
これか 読めないけど / J-STAGE Articles - 京都御苑の仙洞御所の池に生息するビワヨシノボリ<i>Rhinogobius biwaensis</i>とシマヒレヨシノボリ<i>Rhinogobius</i> sp. BFの野外交雑個体 https://t.co/xA63TrcROS
整形外科の先生方の雑誌に 「連載 いまさら聞けない英語論文の書き方」 という連載がある https://t.co/X4sD8pmbC4
「フランスにおける無痛分娩の普及の背景と現在の課題(前編)—パリ・デカルト大学助産師課程とポール・ロワイヤル産院の視察から」 読んだ https://t.co/6C2KQHvPTY
RT @kazuigarashi: 総説原稿の校正を英文校正業者に依頼したら、全く別のグループから勝手に投稿され掲載されていた、、、、Tohoku Journal of Experimental Medicineに出た驚きのリトラクション告知です。 https://t.co/…
「連載 判例ピックアップ 第21回」 LiSA 読んだ。 CT撮らずに脳出血かどうか論じてもなとは思うけどこんなもんなんだろうな https://t.co/inN9pQuYGi
「2.低酸素の生物学—低酸素誘導性因子(HIF)の果たす役割」 DOI https://t.co/waYfPtEeJa 読めるようになっている https://t.co/o8AUArSE0M
"研究発表空白期間がアカデミア昇進に与える影響分析~研究者の属性に関するイベントヒストリー分析~" https://t.co/CnGD1D8jPw

1 0 0 0 OA 壁からドン!

「壁からドン!」 https://t.co/9iH27npzCq
読んだ。ごもっともと思う部分が多かった。 /「投稿論文の査読をめぐる不満とコンセンサスの不在 」http://t.co/up6ZBR1ezx
RT @hirokagi: 北大で夫の研究を妻の研究としても申請して研究費を受給した件。確かに二つの報告書はそっくり。http://t.co/ZK3EGMQlyn http://t.co/w1ElOj7qKX
RT @hirokagi: 北大で夫の研究を妻の研究としても申請して研究費を受給した件。確かに二つの報告書はそっくり。http://t.co/ZK3EGMQlyn http://t.co/w1ElOj7qKX
RT @Fm7: “PLOS ONEのこれまで,いま,この先” http://t.co/xK0gXcolaP
RT @Sukuitohananika: 女児誘拐監禁事件容疑者による論文「カント実践哲学における演繹の構造」『待兼山論叢』の全文。カント倫理学の研究論文である。今回の事件の闇もかなり深い。 http://t.co/gTBsKZ9a05
RT @hatebu: CiNii 論文 -  マイクロブログの投稿時間に着目したユーザの職業推定に関する研究 (52 users) http://t.co/e9fR6Clzf0
RT @Ryofuwi: この科研費報告書すごい・・・https://t.co/a5zkUfEryn 「他研究室の学生に、当研究室の装置を壊されるという、予期せぬ事態に直面し、当初計画よりも遅れている」とか「データをねつ造しない、嘘をつかない学生を育てていく。」とか相当な怒りが…
例えば術中にこの状況でdigoxin使う麻酔科医はいるのだろうか? https://t.co/nXgOo48YTl
RT @i2k: いまCiNiiでいちばん盛り上がっている論文。芥川賞の円城塔さんによる切実すぎる話。 / “CiNii 論文 - ポスドクからポストポスドクへ” http://t.co/QPgri6pd

お気に入り一覧(最新100件)

夜遅い時間からですが「bioRxivとは何か?」で話します。 [RE-1] 研究倫理委員会企画・研究倫理フォーラム 「研究成果発表のあるべき姿:オープンサイエンス推進の潮流」 2019年12月3日(火) 18:30 〜 20:00 第12会場 (福岡国際会議場 2階 201) https://t.co/4f07sM5Zv2 #MBSJ2019 https://t.co/l9mOMyRvU3
有賀さんって、自分のレビュー論文1本だけでジャーナルのインパクトファクターを2以上上げられるか?のチャレンジやった人ですね(しかも成功)。インパクトファクターについて議論する上で貴重な実験結果です。 https://t.co/nvjPGrG7Nl
大学教員の研究業績に対する性別の影響 https://t.co/lXJvN0JafS 要因統制をかけると性別は業績に影響せず、出張日数が業績に影響するのだとか。
CiNii 論文 -  マイクロブログの投稿時間に着目したユーザの職業推定に関する研究 (52 users) http://t.co/e9fR6Clzf0
10万人/年~20万人/年ぐらいで幅があるけど、ひとつの数字を上げるとすれば何人がいいだろう。この最新の論文の20万人かなぁ。> 日本の年間のタバコによる死亡者数196,000人 http://t.co/xJ8SlQZg

フォロー(681ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

貧困論もかなり検討された跡がみられる素晴らしい論文。今後、実装場面での研究に期待。 医療機関で用いる患者の生活困窮評価尺度の開発 https://t.co/kj3VuXRZey

フォロワー(1232ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @kuriedits: 咳嗽におけるアズレンとポビドンの比較試験ってほとんどないのでこれは貴重かなと思います。結果に驚きはありませんが、感冒は対症療法しつつ自然軽快を待つので、痛みが強いならやはりアズレンがセオリーかなと思いました。 口蓋扁桃摘出術後の疼痛に対する含嗽療…
RT @rei_nari: 静大のフェアリーリング研究、特別推進研究が始動とのことです。素晴らしいですね〜〜 https://t.co/lAaca6bWNv
列車内における乗り物酔いに影響する振動特性 振り子式電車で酔うのは私は鉛直方向のGだと仮説を立ててる。この論文は横揺れが原因だとしてるけど、色々突っ込みたいところが多いのであまり支持してない。 https://t.co/3WggUDHtLk
↓(日本語母音) 日本人の脳機能のユニークさと文化 https://t.co/BkAf1C3qAa ・日本語話者は持続母音や自然音に含まれる僅かのFM (周波数変調) に対して鋭敏 ・例えば、基音F1と第2フォルマントF2の周波数比が inharmonicでF2がFM音 → 左半球(言語脳)へ ・母音に対する脳機能の分担は後天的に決定 https://t.co/0VHbL32fQe
貧困論もかなり検討された跡がみられる素晴らしい論文。今後、実装場面での研究に期待。 医療機関で用いる患者の生活困窮評価尺度の開発 https://t.co/kj3VuXRZey
↓(千葉・梶山『母音』) 不朽の名著 ”The Vowel (1942)” の日本語訳 https://t.co/FPG32CNbP0 訳者の解説(2001) https://t.co/sorXaBPPBC ・母音論争:音源フィルター理論(線形システムモデル)vs 声帯と声道の相互作用(非線形な強制振動) ・母音知覚特性:正規化問題は今日になお残された宿題 https://t.co/cadOGqed0W
RT @tcv2catnap: CiNii 論文 -  公害病否定の社会学的考察--カドミウム腎症を事例に https://t.co/yie4Cq2GsG #CiNii コロナ禍の未来はこうなる。渡辺が執筆した時点ではカドミ腎症は公害病と認めていなかった。この後、加害企業と…
RT @Bibleblack3: @May_Roma フォルマントの識別は生後早い時期に獲得されるようだから、乳児期から多言語に暴露した方がいいと思う。 https://t.co/ksQYCGbpkK
札医大薬剤部 石郷先生らの報告。彼は大学の後輩で6卒ですが、自分の方がリスペクトしておりますm(_ _)m ラメルテオン・スボレキサントを含めた睡眠薬の服用と転倒への影響:症例対照研究 #薬学雑誌 #YakugakuZasshi https://t.co/ONhXTD9Ixs
カルバゾクロムってこういうスペルだったんだ(違 東大薬剤疫学のグループから。 The Effect of #Carbazochrome Sodium Sulfonate in Patients with Colonic Diverticular #Bleeding: Propensity Score Matching Analyses Using a Nationwide Inpatient Database #InternMed https://t.co/FJ54kHkc8v
Factors Associated with Dose Modification of #Lenalidomide Plus Dexamethasone #Ld Therapy in Multiple Myeloma #MM #BPB https://t.co/QRPHOeCOcy
Effect of Patient Age, Dose, and Chronic Kidney Disease #CKD on the Risk of Adverse Reactions to #Distigmine https://t.co/rYrRd1q5JC
Risk Factors for Febrile Neutropenia #FN Induced by #Docetaxel Chemotherapy in Patients with Non-small Cell Lung Cancer #NSCLC #BPB https://t.co/VrlQ0P1RgF
RT @masuda_ko_1: M. Milankovitch, 1920: Théorie mathématique des phénomènes thermiques produits par la radiation solaire. Paris: Gauthier-V…
揚げたての天ぷらならぬ、上げたてのTEMPURA(原核生物の生育温度データベース)です。是非ご賞味ならぬ、ご活用ください! Our new paper has been published online! "TEMPURA: Database of Growth TEMPeratures of Usual and RAre Prokaryotes" (https://t.co/XZQNy8lTWc) Please use this♪