deepseafish (@deepseafish0)

投稿一覧(最新100件)

「...頭部前方位姿勢(FHP)が肩甲胸郭関節の機能不全を引き起こしていると思われる症例をよくみかけるが、肩甲胸郭関節の機能不全に対して頭部の位置をいわゆる良い姿勢へ促すアプローチをすることにより機能不全が改善...」 頭部前方… https://t.co/Benl7Pfjlo
「頭部前方位での前鋸筋の筋活動低下と、僧帽筋下部線維の筋活動上昇に有意差がみられたが、これはWeonら先行研究と同様の結果となった」 J-STAGE Articles - 頭部位置の違いによる肩甲骨周囲筋の筋活動分析 https://t.co/eupYRA1w2d
(初動負荷レッグプレスを参考に) 股関節伸筋群の伸張型SSC運動トレーニングが垂直跳パフォーマンスに及ぼす影響−大学男子バスケットボール選手の1ヶ月間のトレーニング事例− 金高宏文 鹿屋体育大学スポーツトレーニング教育研究セン… https://t.co/qfQ7spvMe9
(初動負荷レッグプレスを参考に) 股関節伸筋群の伸張型SSC運動トレーニングが垂直跳パフォーマンスに及ぼす影響−大学男子バスケットボール選手の1ヶ月間のトレーニング事例− 金高宏文 鹿屋体育大学スポーツトレーニング教育研究セン… https://t.co/qfQ7spvMe9
100kmマラソン時の血糖変動とパフォーマンスに関する事例研究 - J-Stage https://t.co/H2psRAjdXI
持久性運動開始前の糖質摂取は本当にインスリン・ショックを引き起こすか (KAKENHI-PROJECT-15K12673)https://t.co/YlbkPyHfj6
RT @deepseafish0: 「運動感覚に対する筋紡錘の寄与は,錐外筋および錐内筋 の受動的張力に依存し,その受動的張力は筋の収縮状態や 長さ,あるいは thixotropy により変化する」 筋収縮に影響される運動感覚|バイオメカニズム学会誌,Vol. 35, No.…
「ローカル筋は個々の腰椎に分節的に付着し,分節的な動きの制御において重要な役割を持つ体幹深層筋である。一方,グローバル筋は原則的に腰椎をまたいで付着し,大きなトルクを発生させる体幹浅層筋である」 https://t.co/Kyc0SRcD1z
スポーツ動作と安定性. −外傷発生に関係するスポーツ動作の特徴から−. 小林寛和 https://t.co/FCfT63Ak1s
CiNii 論文 -  股関節内外旋がハムストリングスのストレッチングに与える影響 https://t.co/LKQ2MmBGKs #CiNii
「大殿筋下部線維(以下,LGM)は歩行時における立脚初期の屈曲モーメントを制御し,同筋上部線維(以下,UGM)は中殿筋(以下,GMM)と共に立脚中期の骨盤落下を制御する筋として重要視されている」 https://t.co/5bpvYMoyUU
「多くの被験者に関しては坐位内旋運動で高い中殿筋の筋活動が得られたが,一部にそうでない被験者もみられた。骨盤が後傾することによって内旋運動における筋活動は低下し...」 CiNii 論文 -  股関節の運動方法と中殿筋の筋活動… https://t.co/eBIH0s5D5f
多関節モデルに基づく立位バランスの神経制御機構の解明 笹川俊 https://t.co/nW3fL9qdfp
「静止立位時の身体は,その“静止”という名に反し,前後・ 左右方向に絶えず揺れ動いている.この自発的身体動揺は, 重力トルクと関節トルクの過不足によって生じるものであ り,機械構造上不安定なヒトの立位バランスを,脳神経系 が能動的… https://t.co/uhTzdrQm1f
CiNii 論文 -  足関節戦略を用いたCOP制御が胸郭運動にもたらす効果 https://t.co/Ytl2O8PVjh #CiNii
「...股関節と膝関節の同時伸展時に,大腿二頭筋と大腿広筋群が共収縮することで,大腿二頭筋の張力を股関節伸展へと貢献させているとしている.」 https://t.co/6s7t5jNHCw
「また,主働筋と拮抗筋の共収縮が働かないようなトレーニングは,実際の運動につながりにくく,関節が不安定な状態にあり,靱 帯などの組織の負担が増大するため,傷害の危険性もあるとされ ている」https://t.co/6s7t5jNHCw
拇指球側からのイニシャルコンタクトだと、下腿外旋が先行するから「イニシャルコンタクトがどこであろうと」ではないかも https://t.co/ZF9GkUyotT
”..下腿内旋位でのpreactivationにより,着地動作において外側ハムストリングスが着地初期の下腿内旋の制動に,また内側ハムストリングスがその後の下腿外旋の制動に作用しやすくなり,着地後の動的アラインメント変化を軽減させる… https://t.co/o7EtIm7s71
J-STAGE Articles - ベンチプレスの筋電図学的研究 https://t.co/J1W0n22AW1 PDF https://t.co/OTxEW5YxDT
J-STAGE Articles - ベンチプレスの筋電図学的研究 https://t.co/J1W0n22AW1 PDF https://t.co/OTxEW5YxDT
RT @deepseafish0: 「大殿筋筋活動を増加させる方法として,嶋田らはフォースカップル作用を狙い,腹筋群を働かせ骨盤後傾させる方法を報告している」https://t.co/Hm17fo8mkn
RT @deepseafish0: 内腹斜筋 CiNii 論文 -  跳躍運動における腹筋群の筋活動の分析 https://t.co/1gBmS9YeiI #CiNii
RT @deepseafish0: 上肢挙上に伴う両側体幹筋のfeedforwardコントロール ─合図の有無による変化─ https://t.co/tm74yuXBb2
RT @deepseafish0: J-STAGE Articles - 上肢前方挙上時における体幹筋の先行姿勢調節機構の検討 https://t.co/kfWkMiJYpv
pp.38-39 「片脚立位における大殿筋の筋活動パターン」「上肢挙上動作における大殿筋の筋活動パターン」 基本動作における大殿筋上部線維と下部線維の筋活動について https://t.co/qPINuIYhlq
(扁桃核 海馬) ”つまり,「楽しい」と認知する課題は,情動に訴える事ができ,記憶に残りやすいので,運動イメージがしやすくなり,パフォーマンスが向上すると考えられる。” 末梢性疲労モデルから中枢性疲労モデルへの 仮説の移行 https://t.co/EQLu2k3pK0
”また,スキルの向上を目的とした理学療法の際にも, 「大変」,「きつい」という精神的疲労感を認知するような 課題ではなく,「比較的楽にできる」,「楽しい」と認知する課題を処方することで,スキルの向上に差が生じてくると考えられる。” https://t.co/EQLu2k3pK0
姿勢の評価と治療アプローチ 竹井仁 著 - 2013 https://t.co/UeffJKLjrM https://t.co/Sx34BP1gqI
姿勢の評価と治療アプローチ 竹井仁 著 - 2013 https://t.co/UeffJKLjrM https://t.co/Sx34BP1gqI
「上肢挙上時の僧帽筋上部の過剰な筋収縮や筋緊張の増加は肩甲骨の異常運動を引き起こし,頸部や肩関節の痛みにつながる」https://t.co/RDq3lIaWzb
「運動感覚に対する筋紡錘の寄与は,錐外筋および錐内筋 の受動的張力に依存し,その受動的張力は筋の収縮状態や 長さ,あるいは thixotropy により変化する」 筋収縮に影響される運動感覚|バイオメカニズム学会誌,Vol. 3… https://t.co/E72VpCsq6I
新鮮( ´∀`) 昭和36  筋肉および筋肉蛋白質のレオロジー : ActinのThixotropyと筋肉収縮 : 高分子生体物理合同特別講演 https://t.co/8fH4mej2Fg https://t.co/XA7nkho6Hu
「ramp負荷運動中の骨格筋酸素動態についても多く報告されており、負荷量の増大に伴い、酸素化ヘモグロビン(oxy-Hb)が直線的あるいはS字状に低下することが報告されている。」https://t.co/CCU2R19AUG
筋肉じゃないけど 「我々は,有酸素運動後も運動関連領野の酸素化ヘモグロビン濃度(O2Hb)が高値であることを報告している。」 https://t.co/C2qW8Iwrjx
筋電図比較 ヒトの腕渡り動作における喉頭動態と筋活動様式 https://t.co/IPgnAitH5x
「Gの胸郭形態と肩甲骨の背側配置は、祖先が腕渡りに相当程度進んでいた事を物語るが、観察された運動特性からもGがヒトと同様に、前方推進機能を低下させた腕渡り動物、即ち過去に獲得したブラキエーターとしての能力を失いつつある動物と理解可… https://t.co/NTId6S06eZ
ニシゴリラ(G) シロテテナガザル(H) 「Gの腕渡り動作には、Hの様な頭部、胸郭、腰間の逆回転性の発生は弱いか或いは観察されない。これに加え俊敏性と巧緻性に劣る点からもセミブラキエーターの腕渡りに類似する」https://t.co/RVxzkUCrJn
「今回の研究により、ULDは肩関節内旋や水平伸展時に選択的に作用し、LLDは体幹側屈時に選択的に作用することが明らかになった」 広背筋の上部線維と下部線維の作用に関する筋電図学的分析 https://t.co/BuJ0FGwpp2
「今回の研究の目的は、前回の測定項目に体幹伸展、体幹回旋運動を加え、広背筋を上部線維(ULD)と下部線維(LLD)に分けて筋活動を測定することで、ULDとLLDの作用について明らかにすることである」 広背筋の上部線維と下部線維の… https://t.co/nNqo7WNBAk
「広背筋は背部の複数の部位から起始し、停止部で上下の筋線維が反転して付着する。」 https://t.co/BuJ0FGwpp2
「また、広背筋の上部線維は肩関節運動時に大きく働き、外側線維については体幹の側屈を伴うような運動時に大きく働くということが示唆された」 CiNii 論文 -  広背筋の機能的分化について:体幹側屈時の筋活動に着目して https://t.co/sGhyKykGJC
「本研究の目的は、体幹側屈動作を先行研究に加えて測定し、広背筋の体幹側屈時の筋活動とその機能的分化について筋電図学的特徴を明らかにすることである。」 https://t.co/sGhyKykGJC
「広背筋は上半身の中で最も大きい筋であり、その働きは多岐にわたる。この広背筋の筋電図学的研究は多くなされているが、その中でもPatonらは広背筋を6つに分けて筋活動の測定を行い、機能的な分化があることを報告している。」 https://t.co/sGhyKykGJC
「本研究では,Trunk Curl時に前鋸筋を強く収縮させることで,腹直筋活動の上昇を伴わずに外腹斜筋活動が上昇することを確認した.」https://t.co/ZmKOgRnGii
「...このため,負荷量増加により前鋸筋の活動量が増加すると,筋線維走行が一致している外腹斜筋の活動は増加するが,腹直筋の活動は増加せず,正の相関を示さなかったと考えられる.」 https://t.co/WCLTT7Cvd9
「...しかし,起始部である胸郭の安定性が不十分であると,胸郭の反対側への回旋が生じることになる.つまり,同側の外腹斜筋により胸郭が安定することで前鋸筋による肩甲骨上方回旋が可能になると考えられる.」https://t.co/WCLTT7Cvd9
「...肩関節外転における中部線維の筋活動は肩甲骨運動に関与するのではなく、肩甲骨と胸郭との安定性に関与したと考えられた」 肩関節屈曲・外転運動における前鋸筋中部線維の機能に関する一考察 https://t.co/u8MbufuC7b
J-STAGE Articles - 上肢前方挙上時における体幹筋の先行姿勢調節機構の検討 https://t.co/kfWkMiJYpv
上肢挙上に伴う両側体幹筋のfeedforwardコントロール ─合図の有無による変化─ https://t.co/tm74yuXBb2
CiNii 論文 -  椅坐位における側方傾斜刺激に対する頸部 体幹 四肢の筋活動-筋電図学的分析- https://t.co/4Ni6Gid5l0
CiNii 論文 -  座位での側方移動における僧帽筋の機能に関する一考察 https://t.co/BlosXsnL8P #CiNii
CiNii 論文 -  頭部位置の違いによる肩甲骨周囲筋の筋活動分析 https://t.co/xszRCNSN2O #CiNii
CiNii 論文 -  呼吸様式の違いが骨盤底筋に与える影響 https://t.co/oBMgL67LQk #CiNii

1 0 0 0 OA 脊髄の可塑性

第 48 回 日本リハビリテーション医学会 学術集会/千葉 《シンポジウム》 脊髄の可塑性 https://t.co/lPfIrTtAoL
「3.神経支配:膝腰同側動作」 認知動作型QOMトレーニングマシンの開発コンセプトと利用法 https://t.co/ZbNGgMi7u1

2 0 0 0 二関節筋

「変形性膝関節症でも,股関節外転モーメントの増大は骨盤の反対側への傾斜,中殿筋筋力低下と共に生じ,二関節筋への負荷が過剰であるために生ずるとも言える.」https://t.co/R4xRGu487T
「変形性膝関節症における大腿筋膜張筋-腸脛靱帯の強い緊張,ジャンパー膝における大腿直筋の強い活動は,拮抗筋機能低下だけではなく,筋の付着部付近の単関節筋活動の機能低下とも結びついている.」 二関節筋https://t.co/VNmRtpl01s
@akkikkiee ハムストリングスの膝屈曲作用を指して「大腿屈筋群」と呼ぶこともあるみたいですね・・・同筋の股関節伸展作用に着目すれば表現がマズイ気はしますがhttps://t.co/VNmRtpl01s あと、「複関節筋」… https://t.co/4x9g5pbl2M

2 0 0 0 二関節筋

@akkikkiee ハムストリングスの膝屈曲作用を指して「大腿屈筋群」と呼ぶこともあるみたいですね・・・同筋の股関節伸展作用に着目すれば表現がマズイ気はしますがhttps://t.co/VNmRtpl01s あと、「複関節筋」… https://t.co/4x9g5pbl2M
215. バレーボールに伴う肩の障害 : 棘下筋萎縮について https://t.co/xJK2pcPk5S
「...腹筋群を活動させ脊柱起立筋の過活動を予防,大殿筋を活動させることで大殿筋の選択的な運動になると仮説を立てた」 https://t.co/Hm17fo8mkn
「大殿筋筋活動を増加させる方法として,嶋田らはフォースカップル作用を狙い,腹筋群を働かせ骨盤後傾させる方法を報告している」https://t.co/Hm17fo8mkn
PDF 代表的な筋力トレーニング種目における主働筋の筋電図学的分析 半田徹 https://t.co/SAFT5r6W50
腹直筋 体幹筋機能の研究と慢性腰痛症の運動療法 - 三浦雄一郎 https://t.co/t225jXmuE3 https://t.co/t4fxLW7IjK
内腹斜筋 体幹筋機能の研究と慢性腰痛症の運動療法 - 三浦雄一郎 https://t.co/t225jXmuE3 https://t.co/Y9Lmfv7jhc
CiNii 論文 -  姿勢変化に伴う内腹斜筋上中部線維の活動 https://t.co/5KgV8k89Ac #CiNii
"...以上の所見から、中高齢者の運動介入に広く取り入れられている有酸素的効果を一次的に意図しない低負荷なバランス運動が、海馬における神経系の退行抑制を通して、認知症の予防を始めとする記憶・学習機能の維持に対しても有効に作用する可… https://t.co/th15MZf7TO
「肩関節の 速い 運 動に 先行 して 骨盤底筋群 の 収縮が 確認 され て お り,骨盤底筋群 は腹横筋,多裂筋,横隔膜 と と もに体 幹の動的安定化の 役割 を担 っ て い る」https://t.co/tTfE909kGp
「50 歳を超えると無症候性腱板断裂 が増加するとの報告が多く,皆川ら 15)は 50 歳代 では 10.7 %,80 歳代では 36.6 %の割合でみられた としている。さらに,Migrom ら 16)は献体を対象 として調べた… https://t.co/2yIoW9lT4X
ブレーシングで腹横筋等に伸張性収縮が起きるのは、横隔膜の下制(短縮性収縮) 姿勢変化による腹壁筋の収縮様態の推定 https://t.co/C0FG4GDkli
「...高重量条件では重量の増加に伴う体幹への高負荷に抗するため,体幹グローバル筋群である腹斜筋群や脊柱起立筋群などの活動性が優位となっていたために筋厚や筋断面積の関連性が検知されなかったかもしれない」 CiNii 論文 -… https://t.co/C6NwHNob9K
「...低重量条件においては腹横筋筋厚と腰部多裂筋筋断面積との間に有意な正の相関が認められたが,重量の増加に伴い相関関係は認められなかった」 CiNii 論文 - 腹横筋と腰部多裂筋の形態学的関連性 https://t.co/Pc2i4ZR1uX
内腹斜筋 CiNii 論文 -  跳躍運動における腹筋群の筋活動の分析 https://t.co/1gBmS9YeiI #CiNii
「1秒」っていうのは実際にはslowな動作で、そのせいで「共縮」起こした結果なんじゃなかろうか(´・ω・`) CiNii 論文 - 上肢拳上運動における運動速度が肩甲骨周囲筋の活動順序に与える影響 https://t.co/sgvQr9UY3o
”図 4 肩甲上腕リズムの変化 上段:無負荷,下段: 2 kgw の負荷.軽負荷でも肩甲骨の運動が大きくなる.” 肩関節の身体運動学と運動療法 藤澤宏幸 https://t.co/c3LDtFxV2v
「肩関節疾患患者が肩甲骨挙上筋群の過剰収縮と前鋸筋の収縮不全によって、肩関節屈曲初期より肩甲骨の不安定性を呈することを頻繁に経験する」 CiNii 論文 -  肩関節屈曲時の僧帽筋下部線維、前鋸筋下部線維へのアプローチを考える:… https://t.co/KElFinInPd
「動作の予測制御(pre・activity )の遅延」 変形性股関節症患者における跛行と歩行時下肢の筋活動時期との関係 https://t.co/XIyEiyK2ib
”股関節屈曲トルクが低負荷から中等度の負荷まで増加する場合,SA や AL は線形に筋活動が増加するが,ILや TFL は比較的低負荷の範囲しか筋活動が増加せず,また IL の筋活動比は低負荷であるほど高い値を示した” 股関節屈… https://t.co/4Ne3v1Kz7C
J-STAGE Articles - 子供ゴリラの腕渡り動作―テナガザル、セミブラキエーターとの比較 https://t.co/Av4EHrqv97
「ほらほら、鍛えてるからお尻硬いでしょ♪」っていう人は、こういう全身緊張状態の筋電図を示すってことだな( ´∀`) 殿筋収縮による姿勢・動作への影響 —カーフレイズ動作・起き上がり動作— 後藤 淳https://t.co/OKd4I6vy3Z
https://t.co/u4KyepqWco 「積極的安定化運動(骨盤帯の不安定性に対しては股関節内転筋群と反対側外腹斜筋の共同収縮とした」 「仙腸関節の不安定症例に対しての深部体幹筋と同時に内転筋、外腹斜筋のトレーニングの重要性が示唆された」
「仙腸関節が安定する状態は、仙骨が前傾(nutation)し、仙骨に対し寛骨が後方回旋するときである」 https://t.co/u4KyepqWco
たとえば、似たような姿勢をとる初動負荷「グルテウス」の大殿筋の筋活動をとれば、股関節伸展後半は筋肉を”折りたたむ”程度の活動にとどまってるはずだけど(図4のように)、 基本動作における大殿筋上部線維と 下部線維の筋活動について… https://t.co/Ohys6jUq4k
「内転筋群を使う」といっても膝を内折れさせる必要はないし、ワイドスタンスにする必要もない 股関節肢位の変化に対して大内転筋が発揮する股関節伸展トルクの特徴からみた役割 https://t.co/ZRzd5pmBme
「これに対し、外腹斜筋の変化については、すべての課題動作に対して筋厚の増加がみられなかった。これは、胸腰筋膜を介し内腹斜筋には腹横筋との連結があるが、外腹斜筋では連結がなかったために変化が起こらなかったと考える。」 https://t.co/iT1V7iRXIN
「今回の実験で、股関節内転筋収縮により腹横筋の収縮を促すことが可能であることが解った。腹横筋エクササイズは体幹のみだけでなく、股関節内転筋からの介入によりインナーユニットの活性化も可能であることを理解し...」 CiNii 論文… https://t.co/FKSX4OaD5u
「筋活動バランスの観点から,股関節疾患患者などでは大殿筋に対するハムストリングスの優位な活動などの筋活動不均衡がみられることが多く, また,変形性股関節症患者では大殿筋下部線維の優位な筋萎縮などの不均一な筋萎縮も報告されている」 https://t.co/dQdzfKmLkb
「これらは,一般的に重要視される中殿筋のみならず, 対側にある巨大な大内転筋の潜在的役割を探索することの必要性を示しており 関節障害の治療において意義のある情報となりうる。」 https://t.co/H70WVqpPKz
「...しかしながら,大内転筋はその質量に反して驚くほど情報が少ない。 本研究では,大内転筋の約7割に相当する筋束が表面筋電図では評価が難しい深部に存在すること, さらに深部の筋束は形態的にも神経支配の上でも差異があることを示… https://t.co/Axwh9cNRh6
ワールドウィングは調「整」としてるけど同じもの Anticipatory Postural Adjustments (APA) ビモロVeLoの傾斜の付け方は絶妙に「不安定」さを出してるってのもあるんだろうね、安定がよすぎるとA… https://t.co/ujZFJWuXjs
早稲田のだからPDFで読める。長いけど。小山さんも読んだだろうなこれ CiNii 博士論文 - 歩行中のヒト足部に着目した力学モデル解析とその応用に関する研究 高嶋孝倫 2003 https://t.co/5DkIE9o2Kf
CiNii 論文 - 3-5-11 肩関節に対する初動負荷トレーニングの効果について (脳卒中・上肢治療(1),口演,一般演題,リハビリテーション医学の進歩と実践,第43回日本リハビリテーション医学会学術集会) https://t.co/oHJJg8lXXl
PDFで読める CiNii 論文 - 435.初動負荷トレーニングにおける負荷重量の検討(バイオメカニクス,一般口演,第60回 日本体力医学会大会) https://t.co/hjawwLuyvs
”調教を受けたニホンザルは通常の実験用サルに比べ、長いストライドと少ない歩行周期を示すことが明らかにされた” | ニホンザルの二足運動能力に関する解剖・生理・運動学的総合研究 (KAKENHI-PROJECT-12440245) https://t.co/TwFzmwIYfQ
高齢者の神経筋機能および日常身体活動に及ぼす初動負荷トレーニングの影響 : 早稲田大学審査学位論文博士(人間科学) / 小林裕央  2012-07 https://t.co/KLM72Z8EER
”...内転筋群は下肢を内転させるだけの筋ではない。股関節に対する長内転筋の屈曲作用や大内転筋の伸展作用は,腸腰筋やハムストリングスのサブモーターとして機能していると考える。” https://t.co/mwfAkHhE1a
初動負荷トレーニング理論を応用した連鎖反射ストレッチングの研究 https://t.co/onJOHl5yZC

お気に入り一覧(最新100件)

119 0 0 0 OA 肛門異物の一例

肛門異物の一例(日本直腸肛門病學會雑誌 1954;11:420) https://t.co/fusxUruNVh 直腸異物が学会・論文発表される時は必ず患者プライバシーが保護されますが、60年ほど前はそうではなかったんです。この… https://t.co/Ew6VLy6VMO

119 0 0 0 OA 肛門異物の一例

肛門異物の一例(日本直腸肛門病學會雑誌 1954;11:420) 60年前の論文。まずいきなり患者の上の名前が書かれている(伊藤某).考察は「患者の挙動女性的にて〜」で始まる. https://t.co/fusxUruNVh
秦郁彦先生がノモンハン事件の本出すと前に書いたけど、調べたらどうも日本大学法学部の紀要に載ったモノの編集版のよう。元の論文はタダで読めますので、気になる方はまずこちらを読むが吉   http://t.co/76rPtedDHx
↓ 福島県の食品由来の内部被ばくが低いことを30000人規模のホールボディーカウンター検査結果から明確に示した早野坪倉宮崎論文です http://t.co/qCmBoNod10 日本語抄訳をこちらにて公開 → http://t.co/7OCOXt1rOj
@daijapan 次が面白いですよ。 運動スキルは「わかってできる」ものか? http://t.co/J2QTOO99VX 「意識できるから制御できる」「知覚した情報によって動きが生じる」という常識的考えが破綻したことは事実http://t.co/nhBOIHAoLP

フォロー(48ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

フォロワー(355ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @ToshiyukiHorie: #コロナウィルス #COVID19 の入り口はACE2受容体。ACE2を阻害するペプチド(短いアミノ酸の鎖)は大豆が味噌として発酵が進むにつれ多くなるという。味噌は感染防止に有効と思われる。阻害力も高い。https://t.co/MUa4…