電次郎 (@denshanori)

投稿一覧(最新100件)

前述のウォッカ浣腸の人、人工肛門にすることになったあとに自殺してしまうのよね…(´・ω・`) https://t.co/q1yizGVfmw
キャラメルやコーヒーを尻から入れるもんやない。 こちらはウォッカだけど、一命を取り留めても人工肛門になるケースもあるんやで…。 https://t.co/J4K74JMOnC
RT @ayano_kova: 恐ろしい。37歳飲酒歴なし女性「インターネットでアルコールを注腸することにより多幸感を得られるという情報を得て」96度のウォッカを500ml、水で薄めて注入。意識障害で発見されて救急搬送、直腸結腸炎で人工肛門増設にいたる。 https://t.c…
RT @_hare_jp: 液体窒素飲用による胃破裂の1例 https://t.co/eu78HcuelN 高校学園祭化学部の催しでオレンジジュースと液体窒素を混合して飲用。
RT @takeyanm: 低レベルな番組。この論点は鈴木絢子「企業の内部留保をめぐる議論」『調査と情報 836号』で尽きています。 https://t.co/7JncIXBNXn 国際的には内部留保ではなく、現預金が議論されるのです。国際的に通用する議論を! https://…
RT @kusa_yoshi: 憲法周辺がいろいろ騒がしくなってきたけど、国会図書館デジタルコレクションでは『子供のけんぽう』(1947年10月初版、1948年3月再版)なるタイトルの本が公開されている。 https://t.co/Eq3Xr44Y5V 著者は新教育振興会、発行…
RT @buhimaman: 昭和12年刊行の「正しい電話のかけ方ときゝ方」の36頁に、夫の勤務に差し支えのない範囲で夫婦の親愛の情を示すために用件の有無に拘わらず時折電話で語り合ふと云ふ手もあります、とある! https://t.co/zlQfo6JZf7 https://t…
RT @narumita: 外食で食べないとしても、自宅の台所の課題。 "患者群では生肉を取り扱う際のまな板, 包丁を必ず洗剤や石鹸で洗う割合が対照群よりも少ない" 「カンピロバクター腸炎の疫学的研究」 感染症学雑誌 (1989) https://t.co/F3NxnNl5iy

お気に入り一覧(最新100件)

じゃあ科学記者の書く科学記事とは、どういうものなのかな?と改めて思い、ググってみたら、興味深い論文を見つけました。「一般紙に掲載された科学記事の日米比較」読売新聞の科学部次長が、日本の科学記事はレベルが低いのでは?と自ら調べた論考。 http://t.co/kxjXTccsfU
読んでないけどこんな論文があるらしい。「メディアがもたらす環境変容に関する意識調査 : 電車内の携帯電話使用を例にして」 http://t.co/TJ7MDv1f

フォロー(1321ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

38 5 1 0 巻頭言 成仏

RT @bot97589380: 高橋宏志先生は,民事訴訟法の学者なの。その高橋先生の研究の中でも最も有名な論文が,あの「成仏」なの。 え?「成仏」はただのエッセイじゃないのよ? 論文データベースにもちゃんと搭載されているわ。 http://t.co/ZOIk6ZtLE1
国立民族学博物館にも、先程のロシアでの民間呪術に関する地球学総合研究所の藤原潤子氏の調査報告がありました。 現代ロシアにおける呪術ブームの生成 − 呪術研究と呪術実践の交差点から https://t.co/W8KmI48DFI
RT @michisato: あ、ついにVR学会論文誌が一般公開されて拙著のハンガー反射論文が誰でも読めるようになったくさい。中学生でも読めそうなおもしろ論文なので読んでねー。 https://t.co/rlLFFGSRc2 https://t.co/nkjUPcFrIn

フォロワー(376ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @MxIxTxBx: 「戦後憲法は日本の権力者、抑圧者、搾取者、差別者に押しつけられた」ポルノ被害と性暴力を考える会(PAPS) https://t.co/DUgNq5LqrO PAPSの母体、APP研の元代表の角田由紀子氏も皇室廃止の為に改憲を主張。 https://…
RT @kazooooya: 過剰診断について 福島が映し出すリスク管理の日本的課題 中西 準子:https://t.co/1zmVxxpJNR 「線量から計算されるリスクの大きさに対する信頼感が大きくなれば,それを防ぐことができる。がん検診のデメリットに直面して,暴露評価と…
確か、山崎敏光先生もワーグナーにお詳しかったのでは?これはご本人ですよね。「バイロイト音楽祭レポ-ト<1997年>音楽への感動と演出 (ヨ-ロッパのワ-グナ-公演情報1997)」山崎敏光… https://t.co/qagZnu7dGL
1981年と1997年の2度にわたる商法改正で総会屋は大打撃を被ったのです(実際、それで総会屋系雑誌の多くが潰れた) https://t.co/YE0SHcn4lm @hrd_hrd_hrd