kamomé (@goeland_argente)

投稿一覧(最新100件)

RT @RyotaMugiyama: それは,経験的な諸事実をたばねるべき「理論」が欠如しているからであり,その背後にあるのが「客観的理論」への不信感である.」 盛山和夫,2006,「理論社会学としての公共社会学にむけて」『社会学評論』57(1): 92–108. https…

15 15 0 0 OA 崇高と政治理論

崇高と政治理論:バーク, リオタール, あるいはホワイト / 小田川 大典 https://t.co/6F5yeTcaJp
RT @eiji_kawano: この二つ読み比べると面白いと思う 北田暁大,解体研 社会にとって趣味とは何か https://t.co/5mQCixMSlO 平石貴士 日本のポピュラー音楽の界の構造分析 : 多重対応分析を用いた構造の客観化 https://t.co…
RT @ryusukematsuo: 河野勝 [2016] 「政治学における実験研究」『早稻田政治經濟學雜誌』391: 7-16 https://t.co/sj7zoMQTjX リポジトリからDL可能.
RT @Takeridon: 高野清弘による田中浩ほか訳/ホッブズ『法の原理』(岩波文庫 2016)の書評が紀要に掲載されている。この訳文の経緯が事実とすればスキャンダラスであり、この誤訳の指摘が正しければエディターシップの崩壊である。 https://t.co/5EGOmsR…
陀安 広二「健康と病気の概念 ─ジョルジュ・カンギレムの言説を手がかりに─」 https://t.co/bI82EpaJKG #CiNii
藤井 千佳世「スピノザとカンギレム:生の規範から倫理的範型(exemplar)へ」https://t.co/weRkgmy0tw #CiNii
RT @nekonoizumi: 早くリポジトリに登録されないかなと思っていた高野清弘先生の岩波文庫版『法の原理』書評、来たか。PDFあり。 高野清弘「ホッブズ著『法の原理』田中浩・重森臣広・新井明訳 (岩波文庫、二○一六年)」『甲南法学』57巻1・2号(2016) https…
RT @goeland_argente: 近代オリンピックと文化プログラム―2020 年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて― / 福士 輝美 https://t.co/oEDgD3rXTO
RT @goeland_argente: 2015年7月31日に京都人類学研究会で開催されたシンポジウム「世俗社会のなかのモラル/モラリティ:世俗的論理と宗教的論理の接合と非接合」での報告が論文として公開 https://t.co/aMie1pp79n
RT @heero108: 今野元先生の「東京大学法学部のドイツ政治史研究:批判的回顧と建設的提言(1)」『愛知県立大学大学院国際文化研究科論集』17号(2016年)208-189頁(https://t.co/NFoFrd9RBw)読了。東大法学部を中心とした、日本のドイツ政治…
RT @ariga_prdgmmkr: 雑誌『ニュートン』問題に関しては、この記事も多少は参考になるかと思うので紹介: CiNii 論文 -  我が国における科学雑誌の歴史 : 総合科学雑誌を中心として(<特集>学術誌・科学雑誌の350年) https://t.co/3mmSu…
フッサール現象学と相互主観性--政治社会論の見地からの一試論 https://t.co/pDBR6ZAm34 #CiNii 「三悪人」の一人である西田氏は東大大学院で政治思想史を専攻し、『思想』にこんな論文を掲載している。
RT @nosnino: 峯村さんの『彫刻の呼び声』は今こそ読まれるべき本だと思う。関係を志向する水平的な美学と、そこからの垂直的な切断としての彫刻という図式は、元のテクストが書かれた90〜00年代よりも、むしろ今こそアクチュアルなものとして迫ってくる。 https://t.c…
近代オリンピックと文化プログラム―2020 年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて― / 福士 輝美 https://t.co/oEDgD3rXTO
小林信一「研究開発におけるファンディングと評価」 https://t.co/hGfcWSDyEx
RT @ladolcevita416: 鈴木晶先生のFBで知ったのですが、若くして亡くなられた佐野勝也さんの絶筆「フジタの白鳥 画家藤田嗣治の舞台美術」が発売になっています。https://t.co/cdKq2WibtN 日本初演の「白鳥の湖」の舞台美術は藤田嗣治作でした。ht…
松井裕美,2014,「図式と知覚の造形的実験―ピュトー・グループによるキュビスム的人体表象生成」,『レゾナンス 』8, pp. 36-46. https://t.co/bnJtrrI610
中山 慶一郎「対応分析によるデータ解析」 ⑴ https://t.co/TN5sc2W9x8 ⑵ https://t.co/xbWSGIUNO9 ⑶ https://t.co/Tve2JgqUzt
中山 慶一郎「対応分析によるデータ解析」 ⑴ https://t.co/TN5sc2W9x8 ⑵ https://t.co/xbWSGIUNO9 ⑶ https://t.co/Tve2JgqUzt
RT @notarotachi: CiNii 論文 -  学校体育における日本の民族舞踊の取り扱い : 「南中ソーラン」に着目して https://t.co/mdxXvHjrNe #CiNii
2015年7月31日に京都人類学研究会で開催されたシンポジウム「世俗社会のなかのモラル/モラリティ:世俗的論理と宗教的論理の接合と非接合」での報告が論文として公開 https://t.co/aMie1pp79n
RT @myamadakg: 小野耕二先生の最終講義,論文化されましたか。 “小野耕二(2016)「政治への新たな視座 : 政治の重層性の把握をめざして」名古屋大学法政論集 268. - NAGOYA Repository” https://t.co/L9MwgmQMPy #…
村瀬信也, 1985,「現代国際法における法源論の動揺. ー国際立法論の前提的考察として」https://t.co/gmyPeXJFFI (PDF) 国際法の教科書に必ず書いてる基本的なことを確認すると、条約は国際法の法源の一つ。もう一つ重要な法源は、外交慣行も含む慣習国際法。
RT @hspstcl: メモ。RT @kasamashoinRS: 【博論】岡本由紀子 - 現代少女マンガにおける女性労働表象の研究 -一九七〇~二〇一〇年代の作品を中心に- https://t.co/lXvaxu7kjH
吉永契一郎「アメリカの研究大学における大学運営集団の二重性」 https://t.co/n2z0GPmrDi “大学運営集団の特徴は、権限に恵まれ、専門性が高く、役職者としての経歴が長いこと、そして、大学間の流動性が高いことである。”
RT @nzmtase: 野原慎司「アダム・スミスの「文明」概念」『調査と研究』36号、2010年、19-34頁。 https://t.co/LcNhS7cUU7
向後恵里子「三井呉服店における高橋義雄と意匠係」https://t.co/O5fyTUKJil
李 正旭 『敗戦前における村山知義の挑戦 : 交差する映画・演劇・民族』https://t.co/jot5akIm7E この博論も気になる。
春原史寛『 岡本太郎研究 : 戦後日本美術の受容と芸術家イメージ』https://t.co/kZHZ594hfj https://t.co/R1jwLHDh7b この博論は読ませて頂かねば。
春原史寛『 岡本太郎研究 : 戦後日本美術の受容と芸術家イメージ』https://t.co/kZHZ594hfj https://t.co/R1jwLHDh7b この博論は読ませて頂かねば。
RT @odg1967: 山田 雄三「ポリティカル•エコノミー」の意味について 日本學士院紀要 Vol. 39 (1983-1984) No. 3 P 205-218 https://t.co/RRjuz6hiXL
RT @HashimotoTomoya: 劉文君(2016)「日本におけるIRの機能」『大学研究』,42,65-76.①日米のIR組織・役割の先行研究の整理。②東大IR調査データを二次分析。③考察:日本ではIR的な組織・活動は従来から存在、蓄積された経験を活かすことが重要。ht…
RT @ryosukekakinami: RT 同号に合田正人「「肉」と「器官なき身体」」とあったのが目に留まってしまった。【PDF】https://t.co/2xnT2QOxes
CiNii 論文 - 維新の会支持態度の分析 (特集 政権交代以降の投票行動・政治意識) https://t.co/dEGSlVvXlw #CiNii 元になったのは、この論文なのかな。
有機農業の実態とその普及可能性 兵庫県氷上地方の事例を中心に https://t.co/FT0yISPWwx 石元清英氏は農学研究科出身で、もともとはこういう研究をしていた方です。部落問題を扱っているだけで社会学者としては扱えないです。 @Jimnybb
RT @manjimal_sakaki: 日本でのサブカルチャー用法については難波功士氏の以下の論が参考になります。 ・「「サブカルチャー」再考」1997年10月。https://t.co/vopfAgi7v5 ・「サブカルチャー概念の現状をめぐって」2006年10月。  ht…
RT @manjimal_sakaki: 日本でのサブカルチャー用法については難波功士氏の以下の論が参考になります。 ・「「サブカルチャー」再考」1997年10月。https://t.co/vopfAgi7v5 ・「サブカルチャー概念の現状をめぐって」2006年10月。  ht…
『都市から郊外へ : 1930年代の東京』 https://t.co/tf29a9S2vv このカタログが欲しいのだけど、どこかの古本屋で売ってないかな。
二十世紀の社会学 https://t.co/Dw44TNHDtK 邦訳は小冊子のシリーズになっている。しかし、原書の書誌情報がないのは問題。
RT @trinh_JP: 「オリエント」をふりかえって: 三笠宮 崇仁, 杉 勇, 板倉 勝正, 川村 喜一https://t.co/MQIVfOE6vn すげー面白い
RT @ioka_utako: 岡田温司研究室の紀要『ディアファネース:芸術と思想』がウェブ公開されました。いままで発行された3号まで。一部、欧文要旨のみ掲載の論文もありますが、ほとんど公開されています。ぜひご覧ください。 https://t.co/WDKFMcFYyx
宮武公夫「博覧会の記憶 : 1904年セントルイス博覧会とアイヌ」https://t.co/gmcoXIrgGR
RT @JSSunofficial: 特集「社会学は政策形成にいかに貢献しうるか」によせて 太郎丸 博, 大谷 信介 #社会学評論 66(2):166-171 (2015) 全文 https://t.co/gVwf5YCPZp on #policy #sociology #Ja…
RT @JSSunofficial: 政府・地方自治体の政策立案過程における<社会調査>の役割:統計行政を踏まえた社会学からの問題提起【特集論文】 大谷 信介 #社会学評論 66(2):278-294 (2015) https://t.co/XxGKQA9WGo #statis…
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 演劇人たちは何をしたのか/何ができたのか? : 東日本大震災にともなう「公演中止」を事例として(高橋 かおり),2014 https://t.co/goUHF7HDPY
RT @twremcat: 日本家族社会学会賞(第7回 奨励論文賞)受賞。知念渉(2014)「「貧困家族であること」のリアリティ : 記述の実践に着目して」『家族社会学研究』26(2):102-113 / “CiNii 論文 -  「貧困家族であること」の…” https://…
RT @zasetsushirazu: 藤野保『近世国家解体過程の研究-幕藩制と明治維新-』前編と後編(どちらも吉川弘文館)という研究書がある。合計で1500ページを超える大著で、近世全般を見通す。下記リンクから、家近良樹氏による、幕末維新期を中心とする書評を読める。 htt…
RT @koheisaito0131: 50年前のマルクス・メモリアルイヤーの時はこれだけ関連特集があったのか・・・衰退著しいのは悲しい限りだが、不毛な研究が大半であったことを反省し、なんとか伝統を絶やさないようにしなくてはならない。  https://t.co/gdG5RKd…
林龍次郎「教育英文法へ向けての文型論」 https://t.co/SyBdHlhy8M 文型の話として勉強になる。
書評「開沼博著『「フクシマ」論――原子力ムラはなぜ生まれたのか』」 https://t.co/fHDVOD4dzl 金菱清先生による書評。社会学者は他の社会学者を批判しないと思っている人がいるようだけど、ツィッタランドではなく学術誌では、学術的に厳しい批判が行われる。これは一例。
小形道正「ファッションを語る方法と課題:消費・身体・メディアを越えて」https://t.co/EP4ebwGNo6
栗田宣義「ファッション系統の社会学」 https://t.co/JgdyTxvBa6
辻泉「女性ファッション誌の過去・現在・未来―内容分析を中心とする、マルチメソッド・アプローチによる実態把握に向けての試み―」 https://t.co/dkXuhPy46b
RT @energyball38: 戦後階級理論の基調 -戦後日本の社会学的階級論の確立経過についての素描- 宇田川順子 https://t.co/U2Zjd7gA4E
太郎丸博, 2007,「若年非正規雇用・無業とジェンダー:性別分業意識が女性をフリーターにするのか?」 https://t.co/DBIiJ0GesX
RT @yasu_heast0706: 主体としてのひとり親家庭の子どもたちが、その構造を生き抜くリアリティを描き出した労作。 ▼志田未来, 2015, 「子どもが語るひとり親家庭―「承認」をめぐる語りに着目して―」『教育社会学研究』第96集, pp.303-323 http…
RT @kunisakamoto: 昨年上智大学でおこなった講演「愛は世界を動かす 前近代宇宙論における神、知性、天球」が立教大学のリポジトリにアップロードされました。失ってしまった愛をみつけるために、どうぞ。 https://t.co/eEfJTgt0kE
RT @sumidatomohisa: 橋元博樹(2015)「学術書市場の変化と電子書籍」『情報の科学と技術』 https://t.co/JaEvRaIJ4f 橋元博樹(2012)「学術書のデジタル化を阻むものはなにか」『情報の科学と技術』 https://t.co/ciP5U…
RT @sumidatomohisa: 橋元博樹(2015)「学術書市場の変化と電子書籍」『情報の科学と技術』 https://t.co/JaEvRaIJ4f 橋元博樹(2012)「学術書のデジタル化を阻むものはなにか」『情報の科学と技術』 https://t.co/ciP5U…
RT @atsukotamada: ハンリー氏の奇妙な経歴…英語教員として来日。北大医学部にてHPVVの研究で博士に。現在は特任助教(任期付?) https://t.co/17C20DCY2i https://t.co/pJRKwGGsYB @YuriHiranuma @kha…
奥村隆「文明化と暴力の社会理論 : ノルベルト・エリアスの問いをめぐって」 https://t.co/tExL1EJst4 ディーター・グリム「国家の暴力独占」 https://t.co/7nAK32wFd9 岡田健一郎「戦後ドイツ公法学における「暴力独占」論について」
RT @ariga_prdgmmkr: CiNii 論文 -  明治前期における「研究」概念の変容と「研究所」の成立過程 https://t.co/53uEDNUKL7 …読んだ。「研究」「研究所」の用例を検討する内容。「学習」「ワザの習得」といった意味合いから、近代的な科学研…
RT @ariga_prdgmmkr: 『昭和前期の科学思想史』英語抄訳版、CiNiiの記述によると、訳されているのは序章(金森)、第1章(岡本)、第2章(梶)、第4章(愼)ということのようだ。https://t.co/kMvqmDmo7S (参考)日本語版 https://t…
RT @k_isjm: ここぞとばかりに宣伝ですがQCAにご興味がお有りの向きは、石島・伊藤(2016)https://t.co/Jk4T5nlxzz を是非。抜刷お送りいたしますので何卒。実際のデータでfsQCAした日本語で(たぶん)初の論文です。
RT @monogragh: 小林良彰(2011)「現実社会と研究者の責任」https://t.co/xrKmmxUVVC
RT @parages: 竹内さんのツイートで、佐藤慶太氏の「三つの『純粋理性批判』新訳」https://t.co/WdZS7UEjUf を思い出した。第一批判の日本語訳にこれだけ沢山のバージョンが出ている現在、もっとこうした試みが行われるべきだと思う。今やるなら、熊野訳、石川…
RT @twremcat: 大久保 将貴 (2016) _年報人間科学_ 37:35-49 ISSN:02865149 / “大阪大学リポジトリ: <研究ノート>因果推論の理論と分析手法” https://t.co/CXiH7LRwnd
中野佑一・川口遼,2014,「リベラル・アーツ教育としての質的調査教育 国際基督教大学『質的社会学分析』での実践を事例に」『社会科学ジャーナル』国際基督教大学社会科学研究所,78: 65-84. https://t.co/Uq27UPuZFW
RT @dripping_out: 苅田真司,2011,社会科学的知識の実践性をめぐって──「社会動向に関する大統領調査委員会」と一九二〇年代のアメリカ社会科学 https://t.co/TANXne5xxe
RT @dripping_out: 茢田真司,2014,行為の経験的分析と社会調査──ラザスフェルドの「社会科学」論序説 https://t.co/rve7Z7vuZD
RT @nzmtase: 小林亜子・荒川敏彦「知識社会学とアナール派歴史学の対話にみる新たな「社会-文化史」の可能性--ロジェ・シャルチエ「インテレクチュアル・ヒストリーと<心性>史--軌跡の再評価」読解」『埼玉大学紀要』38・1、2002年、1-58頁。 https://t.…
RT @banlieue_monde: 【ためになる論文】渡辺文「芸術人類学のために」京都大学『人文學報』(2008)。この分野では、この論文のような、学説史をていねいにたどったものが少なく、専門外で勉強している者にとっては、断片的な諸知識が整理され、大変ありがたい。http:…
RT @itotksw: 伊藤理史,2016,「2011年大阪市長・府知事選挙における投票行動の規定要因分析:有権者の階層に注目して」『年報人間科学』37: 1-15. https://t.co/O7kN5ZefIR
CiNii 論文 -  フランス共和主義の系譜と多文化主義 : 多文化主義の「失敗宣言」の政治学的意味を中心に / 崔 一星 https://t.co/jlQg3bCYSA
RT @editions_azert: ドゥルーズの『シネマ』にはリュミエール映画への言及が欠落している。それはなぜ?という問いをとば口にして、『シネマ』における「ショット」概念の特異性を論じた論考。>中村秀之「映画の全体と無限」『立教映像身体学研究』第3号https://t.…
RT @JAMathSoc: 『理論と方法』論文ピックアップ第9回:石田浩「世代間階層継承の趨勢」(https://t.co/0vlYaPeSAG)職業キャリアを通した上層ホワイトと非熟練ブルーの世代間閉鎖性は近年上昇している。この傾向の今後を「見守る必要があろう」とは著者の弁…
金 慶玉, 2015,「総力戦体制期における「戦時保育」と保育施設の変容」 https://t.co/xLCBM6vOOm
RT @morita11: "CiNii 論文 -  明治三〇年代における「修養」概念と将来の宗教の構想" https://t.co/wbLXQY6oN4
小山晶子「フランスの公教育と移民のアイデンティティ」 https://t.co/hsL4ZGtqJE
RT @MEMEsendai: 「セックス・ワーク概念の理論的射程 : フェミニズム理論における売買春と家事労働」(菊地夏野)が興味深かった。 https://t.co/k6kADemQv8 「セックスワーク」と「婚姻制度」は切り離して考えられないことをあらためて認識さ…
勝沼聡「近代エジプトにおける監獄制度の研究」(博士論文) https://t.co/YPIDc1ucX7
藤川賢「高田保馬における社会学理論と民族論との関連」 https://t.co/Mm0diz47U6
RT @han_org: この分野でのアイデンティティ・ポリティクスの位置づけには強い違和感を抱いてきただけに面白かった。首肯しながら読んだ。/藤高和輝「アイデンティティを引き受ける : バトラーとクィア/ アイデンティティ・ポリティックス」『臨床哲学』16 https://t…
大野光子「『多文化空間』における保育の在り方に関する一考察」 https://t.co/i3gQqLv2Wc
RT @vbear00: CiNii 論文 -  フランスにおけるダンス指導者国家資格制度 ─その概要と社会的背景─ https://t.co/MZY37rHhBK #CiNii
RT @vbear00: CiNii 論文 -  フランス コンセルヴァトワールにおける評価システム--パリ市における「音楽の民主化」政策の実際 https://t.co/zvgUwX0Q8o #CiNii
RT @asarin: 私憤と義憤の研究は東北大の上原さんが熱心にやってる.この辺もこないだの公正世界信念とかと近くて社会的に関心をひくテーマ.例えば「怒りの利己性:公正敏感さは怒りの道徳感を誘起するか」:https://t.co/fqEv9aP809
奈良貴史, 2008,「フランス人類学事情」 https://t.co/2ff6mzTExi
潮木守一,1971, ウェーバー社会学とヤスパースの「大学の理念」との内的関連性 教育共同体の構造類型 https://t.co/Ypg6y5RyWE
佐藤敦子,2013,「メトロポリタン歌劇場の革新的アートマネジメント」 https://t.co/junLgCmMuA
奥村 隆, 2008, 「ジンメルのアンビヴァレンツ」 https://t.co/LoN1sQ1PVc 統合と分裂、ないしは結合と分離の両義性に関する考察。
フランスにおける博士論文の執筆 : 公法研究会報告 / ヴァンゼル, セリーヌ https://t.co/TBy9uJDuhO
RT @ttya70: 辻康夫「[研究ノート]イギリスにおける社会統合政策と多文化主義 : 安達智史『リベラル・ナショナリズムと多文化主義』をめぐって」『北大法学論集』第66巻第2号、2015年。https://t.co/qpghji9CEd
犬飼裕一「菊と刀とコーラとピストル : ルース・ベネディクトと日本人論の知識社会学」 https://t.co/i8mRoB4OG9 #CiNii
RT @r_saijo: 『哲学論叢』41号に掲載された「芸術作品の存在論における曖昧なタイプ説の批判的検討」がオンラインで公開されました。https://t.co/wPDqQUv16q Julian Doddの「音楽作品は抽象的タイプ!」という立場を批判しました。できるだけ抽…
Visualization and verbalization of data https://t.co/CdnoCeU0gU この本の所蔵図書館をメモ。
RT @langstat: 澁谷由紀・神崎正哉(2015)「コミュニケーション・ツールとしてのTOEIC(R)ブログ―TOEIC(R)を媒介としたオンライン・英語学習 コミュニティの形成」 http://t.co/j58VNUUD43 (PDF) テキストマイニング、ネットワー…
稲津秀樹「日系ペルー人の「監視の経験」のリアリティ:〈転移〉する空間の管理者に着目して」 https://t.co/TXSEHutzXr “これまで監視に関する彼らの言明は,精神医学的な知見から「妄想」とみなされてきた故に,移民と監視を巡る研究は国境管理政策の分析に終始していた”

お気に入り一覧(最新100件)

15 15 0 0 OA 崇高と政治理論

崇高と政治理論:バーク, リオタール, あるいはホワイト / 小田川 大典 https://t.co/6F5yeTcaJp
陀安 広二「健康と病気の概念 ─ジョルジュ・カンギレムの言説を手がかりに─」 https://t.co/bI82EpaJKG #CiNii
藤井 千佳世「スピノザとカンギレム:生の規範から倫理的範型(exemplar)へ」https://t.co/weRkgmy0tw #CiNii
これ読んでカンギレムについて勉強した。キーワードが非常に手際よくまとめられていてとても勉強になった。たくさんのヒントを得た。 https://t.co/ZWytuIYC1w
今野元先生の「東京大学法学部のドイツ政治史研究:批判的回顧と建設的提言(1)」『愛知県立大学大学院国際文化研究科論集』17号(2016年)208-189頁(https://t.co/NFoFrd9RBw)読了。東大法学部を中心とした、日本のドイツ政治史研究をめぐる群像劇。面白い。
近代オリンピックと文化プログラム―2020 年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて― / 福士 輝美 https://t.co/oEDgD3rXTO
小林信一「研究開発におけるファンディングと評価」 https://t.co/hGfcWSDyEx
鈴木晶先生のFBで知ったのですが、若くして亡くなられた佐野勝也さんの絶筆「フジタの白鳥 画家藤田嗣治の舞台美術」が発売になっています。https://t.co/cdKq2WibtN 日本初演の「白鳥の湖」の舞台美術は藤田嗣治作でした。https://t.co/FSa1ZszOhp
松井裕美,2014,「図式と知覚の造形的実験―ピュトー・グループによるキュビスム的人体表象生成」,『レゾナンス 』8, pp. 36-46. https://t.co/bnJtrrI610
中山 慶一郎「対応分析によるデータ解析」 ⑴ https://t.co/TN5sc2W9x8 ⑵ https://t.co/xbWSGIUNO9 ⑶ https://t.co/Tve2JgqUzt
中山 慶一郎「対応分析によるデータ解析」 ⑴ https://t.co/TN5sc2W9x8 ⑵ https://t.co/xbWSGIUNO9 ⑶ https://t.co/Tve2JgqUzt
CiNii 論文 -  学校体育における日本の民族舞踊の取り扱い : 「南中ソーラン」に着目して https://t.co/mdxXvHjrNe #CiNii
向後恵里子「三井呉服店における高橋義雄と意匠係」https://t.co/O5fyTUKJil
李 正旭 『敗戦前における村山知義の挑戦 : 交差する映画・演劇・民族』https://t.co/jot5akIm7E この博論も気になる。
春原史寛『 岡本太郎研究 : 戦後日本美術の受容と芸術家イメージ』https://t.co/kZHZ594hfj https://t.co/R1jwLHDh7b この博論は読ませて頂かねば。
春原史寛『 岡本太郎研究 : 戦後日本美術の受容と芸術家イメージ』https://t.co/kZHZ594hfj https://t.co/R1jwLHDh7b この博論は読ませて頂かねば。
山田 雄三「ポリティカル•エコノミー」の意味について 日本學士院紀要 Vol. 39 (1983-1984) No. 3 P 205-218 https://t.co/RRjuz6hiXL
日本でのサブカルチャー用法については難波功士氏の以下の論が参考になります。 ・「「サブカルチャー」再考」1997年10月。https://t.co/vopfAgi7v5 ・「サブカルチャー概念の現状をめぐって」2006年10月。  https://t.co/huz9W1CZBW
日本でのサブカルチャー用法については難波功士氏の以下の論が参考になります。 ・「「サブカルチャー」再考」1997年10月。https://t.co/vopfAgi7v5 ・「サブカルチャー概念の現状をめぐって」2006年10月。  https://t.co/huz9W1CZBW
息の根がとまるくらいびっくりした。 太田匡洋訳「〈翻訳〉J・F・ヘルバルト「書評:アルトゥール・ショーペンハウアー『意志と表象としての世界』全四巻ならびにカント哲学の批判を含む付録. ライプツィヒ, 1819年」 https://t.co/N4kYKuNjYH
前田健太郎「事例研究における根本的な原因の発見」『国家学会雑誌』第129巻第1・2号、2016年2月。https://t.co/fVR4HpX1NR 2015年の比較政治学会の報告ペーパーを元にしたものだと思われます。
藤野保『近世国家解体過程の研究-幕藩制と明治維新-』前編と後編(どちらも吉川弘文館)という研究書がある。合計で1500ページを超える大著で、近世全般を見通す。下記リンクから、家近良樹氏による、幕末維新期を中心とする書評を読める。 https://t.co/IJIXrPZyiP
林龍次郎「教育英文法へ向けての文型論」 https://t.co/SyBdHlhy8M 文型の話として勉強になる。
小形道正「ファッションを語る方法と課題:消費・身体・メディアを越えて」https://t.co/EP4ebwGNo6
栗田宣義「ファッション系統の社会学」 https://t.co/JgdyTxvBa6
辻泉「女性ファッション誌の過去・現在・未来―内容分析を中心とする、マルチメソッド・アプローチによる実態把握に向けての試み―」 https://t.co/dkXuhPy46b
戦後階級理論の基調 -戦後日本の社会学的階級論の確立経過についての素描- 宇田川順子 https://t.co/U2Zjd7gA4E
若松邦弘「自由主義右派の政党組織化 ―連合王国独立党(UKIP)の展開と政党政治上の意味― 」https://t.co/vi8U0BrU8A #CiNii
細谷雄一「キャメロン政権とヨーロッパ統合 : イギリスはEUから離脱するのか (平成二五年度慶應法学会シンポジウム EUの政治・経済秩序)」2014 https://t.co/01GMe6T96H
前twitterで流れてたかもしれないけど、大塚啓二郎「いかにして英文雑誌に論文を掲載するか」農業経済研究 2014. https://t.co/cbZCdXdQyi
こちらも同じ著者のもの。結構ストレートに政策規範として功利主義へのシンパシーを示している。 政策の基礎付けについて : 政策当局者のための倫理学序説(前編) https://t.co/D4Ifbjmq8K
面白かった。財務省主計局の現役官僚が近い分野で哲学論文を書いていることに、大変興味を覚える。 将来世代の問題の哲学的基礎について https://t.co/bHRMIm8Bbx https://t.co/IqMmGZsa7E
喜始照宣「美術系大学の学生の予備校・画塾経験:学生への質問紙調査をもとに」『東京大学大学院教育学研究科紀要』(第55巻、2016年)。受験勉強を通じて「デッサンの共同体」になっていく人びとの調査研究。親の学歴や世帯年収に関する項目も。https://t.co/RXrQgvNYR6
(不)寛容な社会に関する研究と言えば,昆布君@tkobyashi の博論になった一連のそれを思い出しますね:これ(https://t.co/iVm0zIDhDf)とかこれ(https://t.co/nHvvm3Lvck)とか.
(不)寛容な社会に関する研究と言えば,昆布君@tkobyashi の博論になった一連のそれを思い出しますね:これ(https://t.co/iVm0zIDhDf)とかこれ(https://t.co/nHvvm3Lvck)とか.
『パーソナリティ研究』に採択される方法——投稿論文の問題点とその対応策 https://t.co/Z3yvUhW4r8 パソ研にも心理学にも限らない内容.社心でも以前会報で編集委員長が似たような文書を出したこともある.なのに社心研も最近この手でリジェクト率高いから…
橋元博樹(2015)「学術書市場の変化と電子書籍」『情報の科学と技術』 https://t.co/JaEvRaIJ4f 橋元博樹(2012)「学術書のデジタル化を阻むものはなにか」『情報の科学と技術』 https://t.co/ciP5UwQajn
橋元博樹(2015)「学術書市場の変化と電子書籍」『情報の科学と技術』 https://t.co/JaEvRaIJ4f 橋元博樹(2012)「学術書のデジタル化を阻むものはなにか」『情報の科学と技術』 https://t.co/ciP5UwQajn
CiNii 論文 -  明治前期における「研究」概念の変容と「研究所」の成立過程 https://t.co/53uEDNUKL7 …読んだ。「研究」「研究所」の用例を検討する内容。「学習」「ワザの習得」といった意味合いから、近代的な科学研究の意味が出てくるまでの経過をサーベイ。
『昭和前期の科学思想史』英語抄訳版、CiNiiの記述によると、訳されているのは序章(金森)、第1章(岡本)、第2章(梶)、第4章(愼)ということのようだ。https://t.co/kMvqmDmo7S (参考)日本語版 https://t.co/vDKrb81dBN
ここぞとばかりに宣伝ですがQCAにご興味がお有りの向きは、石島・伊藤(2016)https://t.co/Jk4T5nlxzz を是非。抜刷お送りいたしますので何卒。実際のデータでfsQCAした日本語で(たぶん)初の論文です。
中野祐二「比較国民国家論のための論点整理 : フランスの「政治的なるもの」の研究から」『駒澤法学』15(3・4)、2016年、60[71] - 39[92]頁。https://t.co/9Zsr1XREjG
大久保 将貴 (2016) _年報人間科学_ 37:35-49 ISSN:02865149 / “大阪大学リポジトリ: <研究ノート>因果推論の理論と分析手法” https://t.co/CXiH7LRwnd
中野佑一・川口遼,2014,「リベラル・アーツ教育としての質的調査教育 国際基督教大学『質的社会学分析』での実践を事例に」『社会科学ジャーナル』国際基督教大学社会科学研究所,78: 65-84. https://t.co/Uq27UPuZFW
苅田真司,2011,社会科学的知識の実践性をめぐって──「社会動向に関する大統領調査委員会」と一九二〇年代のアメリカ社会科学 https://t.co/TANXne5xxe
茢田真司,2014,行為の経験的分析と社会調査──ラザスフェルドの「社会科学」論序説 https://t.co/rve7Z7vuZD
茢田真司,2015,『応用社会学序説』再読──ラザスフェルドの社会科学観をめぐって https://t.co/GWNoHUHx08
明治45年2月28日、高崎正風が死去。文久3年8月18日の政変の立役者。町田明広『幕末文久期の国家政略と薩摩藩』(岩田書院)第4章が詳しい。歌人としても活躍。松澤俊二「明治期日本の和歌と〈政治〉」『桃山学院大学社会学論集』45-2。 https://t.co/FYPZyoot6Q
伊藤理史,2016,「2011年大阪市長・府知事選挙における投票行動の規定要因分析:有権者の階層に注目して」『年報人間科学』37: 1-15. https://t.co/O7kN5ZefIR
CiNii 論文 -  フランス共和主義の系譜と多文化主義 : 多文化主義の「失敗宣言」の政治学的意味を中心に / 崔 一星 https://t.co/jlQg3bCYSA
玉井祥子, 2002, 「オーストラリアの文化政策」『オーストラリア研究』 https://t.co/XKMGdvCPJ6
CiNii 論文 -  近代日本における企業としての劇場経営 https://t.co/NddjyHuxHO #CiNii
CiNii 論文 -  20世紀初期の日本における管弦楽レパートリー形成(4.日本をめぐる論考,徳丸吉彦先生古稀記念論文集) https://t.co/NgH7PgKNbf #CiNii
小山晶子「フランスの公教育と移民のアイデンティティ」 https://t.co/hsL4ZGtqJE
藤川賢「高田保馬における社会学理論と民族論との関連」 https://t.co/Mm0diz47U6
この分野でのアイデンティティ・ポリティクスの位置づけには強い違和感を抱いてきただけに面白かった。首肯しながら読んだ。/藤高和輝「アイデンティティを引き受ける : バトラーとクィア/ アイデンティティ・ポリティックス」『臨床哲学』16 https://t.co/RM6qB8gDDG
大野光子「『多文化空間』における保育の在り方に関する一考察」 https://t.co/i3gQqLv2Wc
田口裕介,2012,「楽器化する演奏者としての自己――吹奏楽部員の活動を通して」,『ソシオロジカル・ペーパーズ』|https://t.co/eDkPjZCxqk
KAKEN ー 高等教育における演劇教育の実態調査と演劇的手法を使った演劇教育方法の構築 https://t.co/CC8yoJ8aNR
CiNii 論文 -  フランスにおけるダンス指導者国家資格制度 ─その概要と社会的背景─ https://t.co/MZY37rHhBK #CiNii
CiNii 論文 -  フランス コンセルヴァトワールにおける評価システム--パリ市における「音楽の民主化」政策の実際 https://t.co/zvgUwX0Q8o #CiNii
私憤と義憤の研究は東北大の上原さんが熱心にやってる.この辺もこないだの公正世界信念とかと近くて社会的に関心をひくテーマ.例えば「怒りの利己性:公正敏感さは怒りの道徳感を誘起するか」:https://t.co/fqEv9aP809
奈良貴史, 2008,「フランス人類学事情」 https://t.co/2ff6mzTExi
潮木守一,1971, ウェーバー社会学とヤスパースの「大学の理念」との内的関連性 教育共同体の構造類型 https://t.co/Ypg6y5RyWE
佐藤敦子,2013,「メトロポリタン歌劇場の革新的アートマネジメント」 https://t.co/junLgCmMuA
奥村 隆, 2008, 「ジンメルのアンビヴァレンツ」 https://t.co/LoN1sQ1PVc 統合と分裂、ないしは結合と分離の両義性に関する考察。
篠原一先生の世代感を理解するには,ネットで読める田口戦後日本政治学史の2に載っている1920年代生まれ政治学者の表が便利(245-246). https://t.co/HzLjHxIHTU 篠原政治学の田口先生による論評は3にある. https://t.co/qkam3UrzWt
篠原一先生の世代感を理解するには,ネットで読める田口戦後日本政治学史の2に載っている1920年代生まれ政治学者の表が便利(245-246). https://t.co/HzLjHxIHTU 篠原政治学の田口先生による論評は3にある. https://t.co/qkam3UrzWt
もう一度読み直しておいた方がよいかもしれない:網谷龍介「書評論文 比較政治学における「理論」間の対話と接合可能性:小野耕二著『比較政治』東京大学出版会、2001年を手がかりに」『レヴァイアサン』第32号、2003年。https://t.co/xsVlZMvlzq
フランスにおける博士論文の執筆 : 公法研究会報告 / ヴァンゼル, セリーヌ https://t.co/TBy9uJDuhO
辻康夫「[研究ノート]イギリスにおける社会統合政策と多文化主義 : 安達智史『リベラル・ナショナリズムと多文化主義』をめぐって」『北大法学論集』第66巻第2号、2015年。https://t.co/qpghji9CEd
Visualization and verbalization of data https://t.co/CdnoCeU0gU この本の所蔵図書館をメモ。
今更ながら、小野耕二「中期パーソンズにおける論理構造への一視角」『法政論集』(名古屋大学)第76号、1978年、188-244頁、を読んだ。なかなか面白かった。http://t.co/OUBOrpWNo6
稲井さんの御論文、読めそうである。CiNii 論文 -  トクヴィルの救貧論 http://t.co/HS9Cn3KK2D #CiNii → http://t.co/Zk8j5CUVgn
『理論と方法』論文ピックアップ第一回:数土直紀(現学会長)「未婚者の階層意識:結婚は地位達成なのか?」(https://t.co/oemdoMQh3m) 未婚者が増えると、「結婚している/していない」ことが地位の格差として認知される。そのメカニズムとは?
勉強になる。 中澤秀雄, 1999, 「日本都市政治における「レジーム」分析のために--地域権力構造(CPS)研究からの示唆」『年報社会学論集』 http://t.co/siS9mGIfQG
あとこちらも:小山裕「機能分化社会と全面国家:ニクラス・ルーマンにおける機能分化社会の原像」『社会学評論』61(1)、2010年。大変わかりやすい。https://t.co/NZmXAlC0YR
メモ:鈴木彩加「草の根保守の男女共同参画反対運動」『年報人間科学』(大阪大学)第34巻、2013年。http://t.co/bIq3Q04kt0 同「主婦たちのジェンダーフリー・バックラッシュ」『ソシオロジ』56(1)、2011年。http://t.co/22kDsFfKhS
メモ:鈴木彩加「草の根保守の男女共同参画反対運動」『年報人間科学』(大阪大学)第34巻、2013年。http://t.co/bIq3Q04kt0 同「主婦たちのジェンダーフリー・バックラッシュ」『ソシオロジ』56(1)、2011年。http://t.co/22kDsFfKhS
辻泉, 2013, 「雑誌に描かれた『男らしさ』の変容 : 男性ファッシ ョン誌の内容分析から」 http://t.co/Cv9d6UDhEY 辻泉, 2013, 「女性ファッション誌の過去・現在・未来」 http://t.co/qNDamoaheL
今はしないけどそのうち調べる|CiNii 論文 -  美術大学における教員免許状取得に関わるカリキュラムの研究 http://t.co/MfcaTFoqyN #CiNii
CiNii 論文 -  アンシャン・レジームにおける権力体系の変容と「後見政治」の構造化 : トックヴィルの「行政的専制」国家解剖を中心に http://t.co/V4cQpTvEXP #CiNii
萩原優騎, 2009, 再帰化と自己決定権 https://t.co/aF84iyQxn8
萩原優騎, 2008, アンソニー・ギデンズの「再帰性」概念について https://t.co/60t31qM6YY
Webモニタ調査、流行ってますよね。私たちもね、ご多聞に漏れずだったんですが、どうも「真面目にやってくれてない」人が結構いないか?って思ってたんです。データが信頼できないの気持ち悪いですよね。じゃあ実証してみましょ、がこの論文。https://t.co/hB83TXtzti
「社会心理学研究」最新号で論文公刊:三浦麻子@asarin・小林哲郎@tkobyashi オンライン調査モニタのSatisficeに関する実験的研究 https://t.co/hB83TXtzti ★Satisfice:調査に際して協力者が応分の注意資源を割かない行動
奥村隆, 2004,「没頭を喪失した社会――「社会学」の位置をめぐって」『応用社会学研究』46号 http://t.co/7ooS7F6Kiv (PDF)
伊達聖伸「ヴォルテールとシャトーブリアンの宗教批判 : 『寛容』から『自由』へ」『東京大学宗教学年報』(31)、2013年、17-34頁。http://t.co/LiSTNyRg9y
これは|CiNii 博士論文 - 職業的音楽家へのプロセス : プロへの移行期における課題とその対処,変化 http://t.co/ArNUusYvWA #CiNii
大前 敦巳「日仏の文科系大学学部における職業専門化 : 学士課程名称の変化に着目して 」https://t.co/QibVPMimU9
大規模調査の回収率改善のための調査員の行動把握 ―JGSSにおける訪問記録の分析から― / 保田 時男, 宍戸 邦章, 岩井 紀子 https://t.co/QBxl5p2r6c
全文を読んでみたい。要旨だけ詠むと「無駄無駄無駄」なグローバル人材育成っぽい。 ↓ CiNii 論文 -  「グローバル人材の育成」と日本の大学教育 : 議論のローカリズムをめぐって(<特集>グローバル化と教育内容) http://t.co/6saMoNowO4

フォロー(948ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @ToyosakaLabo: 追記で。現代の田宮流の前宗家、妻木正麟先生の祖父の妻木恰についても記載がある。代々西條の重臣で、若くして尊王攘夷を志して江戸京阪へ赴き活動していた由。三十四歳の若さで亡くなられたそう。 https://t.co/XSMjgCLRNJ
RT @ToyosakaLabo: そして高橋筅次郎。森惣兵衛の次男で幼くして非凡の才があり、父に就いて剣術を学んだ後江戸に出て各流に学び、諸国を歴遊して練磨し名声を博した由。各藩からも学びに来るものが絶えず、紀州藩に逆に田宮流を教えにも行ってたみたい(^^; https://…
RT @ToyosakaLabo: ちなみにこちらの論文で、神道無念流斎藤新太郎が廻国修行の際に、森惣兵衛を訪れた事が記録されている。 https://t.co/0padxAO0Jt https://t.co/vTAzIfGiFk
RT @ToyosakaLabo: 吉田藤兵衛と森惣兵衛。吉田藤兵衛は三野伴五郎の弟子の豊田仲右衛門の弟子で、西條藩剣術指南役となる。ちなみに豊田仲右衛門の子と思われる豊田近左衛門の系統が現代の田宮流の妻木家へ続く。 https://t.co/BC3PQQrpZx
RT @ToyosakaLabo: 何人か抜き出して紹介してみる。まず三野伴五郎。田宮神剣流では田宮対馬守長勝ー江田儀左衛門ー三宅集意ー栗本半蔵に次ぐ五代目。武道の達人で武神と称される程だった由。父の栗本右衛門とは栗本半蔵の事だろうか。 https://t.co/1zw9BfR…
RT @ToyosakaLabo: ちょっと前に郷土史の話があったので再掲。あまり知られていない西條藩の田宮神剣流の伝承者に関する記述があって面白い。 「西条藩三百年記念号」 https://t.co/KHRO8RvYPt
RT @yukihirosasamo: @icchan41543407 件の論文はこれの一環なんじゃないかなと。 https://t.co/uszos2QwgJ
@kojimay26 WPSの柔道整復師論文もご笑覧ください。自分が書いたもので是非とも読んで頂きたいのは、『概念分析の社会学2』の柔道論文と、『保健医療社会学論集』に掲載されたデザイン論文です。(… https://t.co/J1HTYMt07r
RT @kasamashoinRS: 馬 成芬 -  江戸時代における日本に輸入された 中国の偽法帖について https://t.co/UDCKq7ZTS1
RT @kasamashoinRS: 長崎 巌 -  江戸時代における呉服注文の具体的プロセスに関する研究 https://t.co/dl9CbFaaCQ
【読んだ】いやあ面白かった。結論部で若干触れられてるが、今の米朝関係を分析するうえでも大変示唆的かもしれない。 CiNii 論文 -  力の非対称性の逆説 https://t.co/5J64x0mE2y #CiNii
RT @takakedo: あと番組内で触れた、ヤフコメのうちもっともひどいコメントはすでに削除されているがその上で今の状況…という点については、以下の2つの論文で詳しく分析されてます。 https://t.co/ss6iuz07dL https://t.co/z5zqAsCL…
あと番組内で触れた、ヤフコメのうちもっともひどいコメントはすでに削除されているがその上で今の状況…という点については、以下の2つの論文で詳しく分析されてます。 https://t.co/ss6iuz07dL https://t.co/z5zqAsCLnp #ss954
@nagachair その点は久保田も同意しますが、その背景には戦後の(家族)社会学がイエ制度の解体と家族の民主化を巡って政治や制度との距離の取り方に失敗してきたことに対する。反省・反動の歴史があるようです。これとかいかがですか。 https://t.co/OKHCH1KhCv
標葉 隆馬 (Ryuma SHINEHA), 2017: 「インパクト」を評価する ―科学技術政策・研究評価―。国立国会図書館 調査資料 2016-4: 39-53. https://t.co/IOfaYBdduU
RT @r_shineha: とりあえずここに書いてあることくらいは知っておいてからという感じで、個々は一つ。 「「インパクト」を評価する―科学技術政策・研究評価―」 https://t.co/8q8eun7pV4
RT @r_shineha: とりあえずここに書いてあることくらいは知っておいてからという感じで、個々は一つ。 「「インパクト」を評価する―科学技術政策・研究評価―」 https://t.co/8q8eun7pV4
RT @BotKmgi: CiNii 論文 - 「生きがい」はいかにしてつくられるのか : 共同体の内と外との関係の再編〜PDFなし リポジトリにはある.農家のおばあちゃんがパソコンを使って発注,受注,生産管理することについて https://t.co/rJsJtiTD43
RT @r_shineha: とりあえずここに書いてあることくらいは知っておいてからという感じで、個々は一つ。 「「インパクト」を評価する―科学技術政策・研究評価―」 https://t.co/8q8eun7pV4

1 1 1 0 OA 特集のねらい

昔まとめた学会誌の特集の原稿。「『体罰』問題を考える」。 https://t.co/TapUoDvi3c やはり体罰(言説)は社会的に構築されることと、現場で起きていることの往還から考えるしかない。
以下のお話、捜査官デムリの話でしょうか。こちらの論文で読めます。「マレショセ隊員ギヨットのパリ住民データベース構想とポリス改革」(田中大二郎、松本礼子) https://t.co/y3wwFgeCtt https://t.co/GsqfT2jTeg
CiNii 論文 -  「阿波戦争」に関する一考察 : 第10回参議院選挙徳島地方区における保守系候補の対立を中心に (特集 選挙運動と選挙地盤の政治史) https://t.co/mk1H5D481G 『選挙研究』第32巻第1号 https://t.co/CZkdHx3Uye
RT @ariga_prdgmmkr: この機会にはっきり言うけど、故・中山茂氏が最後に出した本がこれだったのは残念で仕方がない。|CiNii 図書 - パラダイムでたどる科学の歴史 https://t.co/F5hinus6Op
RT @ariga_prdgmmkr: ちなみに、自分が過去に読んだことのある論文で、ガッサンディについて論じていた唯一のものはこちら。|CiNii 論文 -  「ヘラクレス」を継ぐ者--ピエール・ガッサンディによるケプラー受容 https://t.co/Pmx4nRszqi…
藤田さんの新作が出ていた。 「ハクスリー「行政に関するニヒリズム」とスペンサー「専門化した行政」—総合雑誌上で展開されたスペンサーに対する批判とスペンサーによる反論1—」『釧路公立大学地域研究』25、2016年。https://t.co/WezuvNuz3C
(卒論書く上で目通さないと〜)CiNii Dissertations - 上田圭委子/ハイデガーにおける存在と神の問題 https://t.co/IDacYfiAef #CiNii
足立忠夫の足跡を振り返る村松岐夫のリリカルな文章に胸を打たれている。「エネルギッシュな研究活動は、若い頃から還暦を過ぎ古希を過ぎても続き常に活動的であった。…足立はホームランも単打もよく打つ学者であった。」https://t.co/TiXnbjS89S

フォロワー(4472ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @rkscinii: CiNii 論文 -  『平治物語絵巻』常盤巻考 https://t.co/oDKY241iG4 #CiNii
【拙稿紹介 4番目】 こんな論文を書いてきました。 「スタディスキルセミナーにおけるLMSを利用した授業実践と展望」 → https://t.co/0eUI0tiB2x
RT @RyotaMugiyama: それは,経験的な諸事実をたばねるべき「理論」が欠如しているからであり,その背後にあるのが「客観的理論」への不信感である.」 盛山和夫,2006,「理論社会学としての公共社会学にむけて」『社会学評論』57(1): 92–108. https…
RT @RyotaMugiyama: それは,経験的な諸事実をたばねるべき「理論」が欠如しているからであり,その背後にあるのが「客観的理論」への不信感である.」 盛山和夫,2006,「理論社会学としての公共社会学にむけて」『社会学評論』57(1): 92–108. https…
【拙稿紹介 3番目】 こんな論文を書いてきました。 「教養系科目におけるタブレットPC を活用した教授法の開発」 → https://t.co/ROWbVUOX2O ※池田瑞穂氏との共著
RT @RyotaMugiyama: それは,経験的な諸事実をたばねるべき「理論」が欠如しているからであり,その背後にあるのが「客観的理論」への不信感である.」 盛山和夫,2006,「理論社会学としての公共社会学にむけて」『社会学評論』57(1): 92–108. https…
【拙稿紹介 2番目】 こんな論文を書いてきました。 「ライティング科目におけるLMSを活用したアクティブ・ラーニングの試み」 → https://t.co/zZI9nMCGHa
小林茂「近代日本の地図作製と東アジア―外邦図研究の展望―」 https://t.co/Tz8TTknRf5 外邦図、敗戦時にだいぶ焼かれてしまったのか。軍事機密だしな。戦後の空中写真がGHQによって作成されたように、地理的成果は意外と外部によって作成されることが多いのかもね。
【拙稿紹介 1番目】 こんな論文を書いてきました。 「LMSとラーニング・コミュニティ : ライティング科目での授業実践にもとづくCMC研究からのアプローチ」 → https://t.co/6PfQgOaZJ0
RT @ToyosakaLabo: 追記で。現代の田宮流の前宗家、妻木正麟先生の祖父の妻木恰についても記載がある。代々西條の重臣で、若くして尊王攘夷を志して江戸京阪へ赴き活動していた由。三十四歳の若さで亡くなられたそう。 https://t.co/XSMjgCLRNJ
RT @ToyosakaLabo: そして高橋筅次郎。森惣兵衛の次男で幼くして非凡の才があり、父に就いて剣術を学んだ後江戸に出て各流に学び、諸国を歴遊して練磨し名声を博した由。各藩からも学びに来るものが絶えず、紀州藩に逆に田宮流を教えにも行ってたみたい(^^; https://…
RT @ToyosakaLabo: ちなみにこちらの論文で、神道無念流斎藤新太郎が廻国修行の際に、森惣兵衛を訪れた事が記録されている。 https://t.co/0padxAO0Jt https://t.co/vTAzIfGiFk
RT @ToyosakaLabo: 吉田藤兵衛と森惣兵衛。吉田藤兵衛は三野伴五郎の弟子の豊田仲右衛門の弟子で、西條藩剣術指南役となる。ちなみに豊田仲右衛門の子と思われる豊田近左衛門の系統が現代の田宮流の妻木家へ続く。 https://t.co/BC3PQQrpZx
RT @ToyosakaLabo: 何人か抜き出して紹介してみる。まず三野伴五郎。田宮神剣流では田宮対馬守長勝ー江田儀左衛門ー三宅集意ー栗本半蔵に次ぐ五代目。武道の達人で武神と称される程だった由。父の栗本右衛門とは栗本半蔵の事だろうか。 https://t.co/1zw9BfR…
RT @ToyosakaLabo: ちょっと前に郷土史の話があったので再掲。あまり知られていない西條藩の田宮神剣流の伝承者に関する記述があって面白い。 「西条藩三百年記念号」 https://t.co/KHRO8RvYPt
RT @yukihirosasamo: @icchan41543407 件の論文はこれの一環なんじゃないかなと。 https://t.co/uszos2QwgJ
RT @u_akihiro: @uchujin17 suicaの開発を担当した方の博士論文とか見てたら、こんな性質のシステムが必要だからこう作った、技術は道具、哲学大事なんだなと https://t.co/LTF1JKqLGj
RT @kumozaru_mmm: 立命館のpixivの18禁小説をネタにした論文出してる研究室が、過去に「キラキラネームを判定するシステムを作りました!」みたいな論文出してて、「あっ(察し)」ってなってる https://t.co/lfTvg3hYHr
RT @lgbtqa_bib: 【クィア/英文学】村山敏勝『(見えない)欲望へ向けて : クィア批評との対話』人文書院 (2005-07) ISBN-4-4090-4075-8 https://t.co/p3zq0Y5Hcy
RT @Kaworu911: 例の論文は、下記の西原陽子准教授チームの研究(2017-2020年)のプロローグなのか?  「子どものネットいじめを防止するための造語・隠語と文脈に対応した有害表現の自動判定」(科学研究費助成事業データベース)https://t.co/YdJ1ji…
RT @shunsukekosaka: CiNii 論文 -  ヨセフスの生涯(1) https://t.co/tDrwubdDgi #CiNii
@kojimay26 WPSの柔道整復師論文もご笑覧ください。自分が書いたもので是非とも読んで頂きたいのは、『概念分析の社会学2』の柔道論文と、『保健医療社会学論集』に掲載されたデザイン論文です。(… https://t.co/J1HTYMt07r
RT @nekonoizumi: 椎野庸一「1980年代のコミックマーケットカタログにおけるカップリング表記の変遷(BL・やおい)」『マンガ研究』20, 2014 http://t.co/yuA4Ps4H8t
RT @shingokatou: 【宣伝】一般向けのポデモスに関する論考として少し前に寄稿したものです。ご笑覧くださいまし。 スペインの二大新党ポデモスと市民党 : 両党と他国事例との比較で見る「ポピュリズム」の多様性 https://t.co/NcBNQPmZO4 #CiN…
ああ,読売新聞は以前から改憲派ですよ。以前も正月の紙面で憲法改正案をぶちあげたり,こんな本を出したり> CiNii 図書 - 憲法改正 : 読売試案2004年 https://t.co/eumZJmjtFu
【読んだ】いやあ面白かった。結論部で若干触れられてるが、今の米朝関係を分析するうえでも大変示唆的かもしれない。 CiNii 論文 -  力の非対称性の逆説 https://t.co/5J64x0mE2y #CiNii
【宣伝】一般向けのポデモスに関する論考として少し前に寄稿したものです。ご笑覧くださいまし。 スペインの二大新党ポデモスと市民党 : 両党と他国事例との比較で見る「ポピュリズム」の多様性 https://t.co/NcBNQPmZO4 #CiNii
RT @kumozaru_mmm: 立命館のpixivの18禁小説をネタにした論文出してる研究室が、過去に「キラキラネームを判定するシステムを作りました!」みたいな論文出してて、「あっ(察し)」ってなってる https://t.co/lfTvg3hYHr
【拙稿紹介 4番目】 こんな論文を書いてきました。 「スタディスキルセミナーにおけるLMSを利用した授業実践と展望」 → https://t.co/0eUI0t10aZ
RT @kasamashoinRS: 小枝 駿 -  静嘉堂文庫蔵「つれつれ種」の正徹奥書の再検討 : 『徒然草』の上下巻に潜む異質性 https://t.co/jXsRzWqY22
RT @yasudayasuhiro: まーた保田さん、こういうものを見つけてしまうんだなhttps://t.co/J0fq4Tcrt4 https://t.co/zBZPbzHewr
【拙稿紹介 3番目】 こんな論文を書いてきました。 「教養系科目におけるタブレットPC を活用した教授法の開発」 → https://t.co/ROWbVUOX2O ※池田瑞穂氏との共著
【拙稿紹介 2番目】 こんな論文を書いてきました。 「ライティング科目におけるLMSを活用したアクティブ・ラーニングの試み」 → https://t.co/zZI9nMCGHa
【拙稿紹介 1番目】 こんな論文を書いてきました。 「LMSとラーニング・コミュニティ : ライティング科目での授業実践にもとづくCMC研究からのアプローチ」 → https://t.co/6PfQgOaZJ0
RT @tcv2catnap: 治安維持法の再検討一政党内閣期(1918~32)を中心として一中澤俊輔https://t.co/d6PHRFch64 これ読むと現在の国会が幼稚園の砂場状態なのがわかる。貴族院ですら初期立法時には抑制的で、朝憲紊乱の解釈が曖昧とか、スゲー議論し…
RT @takakedo: あと番組内で触れた、ヤフコメのうちもっともひどいコメントはすでに削除されているがその上で今の状況…という点については、以下の2つの論文で詳しく分析されてます。 https://t.co/ss6iuz07dL https://t.co/z5zqAsCL…
RT @twremcat: 高橋 明善 (2016) / “有賀喜左衛門の民族的性格論と家・村論” https://t.co/2NnUv1FkGZ #family #sociology #Japan #history
あと番組内で触れた、ヤフコメのうちもっともひどいコメントはすでに削除されているがその上で今の状況…という点については、以下の2つの論文で詳しく分析されてます。 https://t.co/ss6iuz07dL https://t.co/z5zqAsCLnp #ss954
RT @kasamashoinRS: 柿本 真代 -  明治期の少年雑誌と読者たち―『少年園』『小国民』の書き入れをめぐって― https://t.co/ZNE8zONpzn
RT @rkscinii: CiNii 論文 -  <論説>「鹿苑院殿厳島詣記」と「鹿苑院西国下向記」 https://t.co/9jZkC2bOA4 #CiNii
RT @rkscinii: CiNii 論文 -  中世讃岐国人領主の「系譜」と伝承 : 系譜史料と文書史料 https://t.co/8OKNgvfkt3 #CiNii
RT @rkscinii: CiNii 論文 -  中世以前の抹茶の粒度と味 https://t.co/xK1BhiB55i #CiNii
RT @lgbtqa_bib: 【ジェンダー/女性/法】角田由紀子『性と法律 : 変わったこと、変えたいこと』(岩波新書, 新赤版 1461)岩波書店 (2013-12) ISBN:978-4004314615 https://t.co/JsieJUlOkD
RT @t_wak: 「総じてモイニハンは(中略)当時のアメリカにおいて"共産主義者の陰謀"は現実に存在した一方、政府がその脅威に関して適切な情報公開を行わなかったために国内政治に無用な混乱をもたらしたと論じ」 https://t.co/gMWI8OQ26G
RT @possible_world: 私も「震災後文学としての『PSYCHO-PASS サイコパス』シリーズ——科学技術コミュニケーションにおけるリスク・個人・希望をめぐって」を寄稿した『東日本大震災後文学論』の所蔵大学図書館一覧。 https://t.co/ZVXv86FM…
@nagachair その点は久保田も同意しますが、その背景には戦後の(家族)社会学がイエ制度の解体と家族の民主化を巡って政治や制度との距離の取り方に失敗してきたことに対する。反省・反動の歴史があるようです。これとかいかがですか。 https://t.co/OKHCH1KhCv
RT @tcv2catnap: 治安維持法の再検討一政党内閣期(1918~32)を中心として一中澤俊輔https://t.co/d6PHRFch64 これ読むと現在の国会が幼稚園の砂場状態なのがわかる。貴族院ですら初期立法時には抑制的で、朝憲紊乱の解釈が曖昧とか、スゲー議論し…
【拙稿紹介 4番目】 こんな論文を書いてきました。 「スタディスキルセミナーにおけるLMSを利用した授業実践と展望」 → https://t.co/0eUI0tiB2x
【拙稿紹介 3番目】 こんな論文を書いてきました。 「教養系科目におけるタブレットPC を活用した教授法の開発」 → https://t.co/ROWbVUOX2O ※池田瑞穂氏との共著
【拙稿紹介 2番目】 こんな論文を書いてきました。 「ライティング科目におけるLMSを活用したアクティブ・ラーニングの試み」 → https://t.co/zZI9nMCGHa
RT @nonstopmasashit: 以下のお話、捜査官デムリの話でしょうか。こちらの論文で読めます。「マレショセ隊員ギヨットのパリ住民データベース構想とポリス改革」(田中大二郎、松本礼子) https://t.co/y3wwFgeCtt https://t.co/Gsqf…
【拙稿紹介 1番目】 こんな論文を書いてきました。 「LMSとラーニング・コミュニティ : ライティング科目での授業実践にもとづくCMC研究からのアプローチ」 → https://t.co/6PfQgOsB7A
RT @tacmasi: 木村洋(2002)"第二次世界大戦期に於ける日本人数学者の戦時研究 (数学史の研究)"  http://t.co/woT1svhLLf
RT @r_shineha: とりあえずここに書いてあることくらいは知っておいてからという感じで、個々は一つ。 「「インパクト」を評価する―科学技術政策・研究評価―」 https://t.co/8q8eun7pV4
標葉 隆馬 (Ryuma SHINEHA), 2017: 「インパクト」を評価する ―科学技術政策・研究評価―。国立国会図書館 調査資料 2016-4: 39-53. https://t.co/IOfaYBdduU
私も「震災後文学としての『PSYCHO-PASS サイコパス』シリーズ——科学技術コミュニケーションにおけるリスク・個人・希望をめぐって」を寄稿した『東日本大震災後文学論』の所蔵大学図書館一覧。 https://t.co/ZVXv86FMyS
RT @r_shineha: とりあえずここに書いてあることくらいは知っておいてからという感じで、個々は一つ。 「「インパクト」を評価する―科学技術政策・研究評価―」 https://t.co/8q8eun7pV4
RT @kosukeikeda: 中尾拓哉『マルセル・デュシャンとチェス』、ここで博論の要旨が読めるけど、面白そうなテーマ。 ”デュシャンが専心したチェスに、芸術/非芸術という問題系ないし対立をみるのではなく、そこにある造形的問題をとらえ考察する” pdf→ https://…
RT @BotKmgi: CiNii 論文 - 「生きがい」はいかにしてつくられるのか : 共同体の内と外との関係の再編〜PDFなし リポジトリにはある.農家のおばあちゃんがパソコンを使って発注,受注,生産管理することについて https://t.co/rJsJtiTD43
RT @kosukeikeda: 中尾拓哉『マルセル・デュシャンとチェス』、ここで博論の要旨が読めるけど、面白そうなテーマ。 ”デュシャンが専心したチェスに、芸術/非芸術という問題系ないし対立をみるのではなく、そこにある造形的問題をとらえ考察する” pdf→ https://…
RT @kosukeikeda: 中尾拓哉『マルセル・デュシャンとチェス』、ここで博論の要旨が読めるけど、面白そうなテーマ。 ”デュシャンが専心したチェスに、芸術/非芸術という問題系ないし対立をみるのではなく、そこにある造形的問題をとらえ考察する” pdf→ https://…

13 2 2 0 OA お伽草子の性格

RT @rkscinii: CiNii 論文 -  お伽草子の性格 https://t.co/VwycgWlltQ #CiNii
RT @r_shineha: とりあえずここに書いてあることくらいは知っておいてからという感じで、個々は一つ。 「「インパクト」を評価する―科学技術政策・研究評価―」 https://t.co/8q8eun7pV4
RT @r_shineha: とりあえずここに書いてあることくらいは知っておいてからという感じで、個々は一つ。 「「インパクト」を評価する―科学技術政策・研究評価―」 https://t.co/8q8eun7pV4
RT @tcv2catnap: 治安維持法の再検討一政党内閣期(1918~32)を中心として一中澤俊輔https://t.co/d6PHRFch64 これ読むと現在の国会が幼稚園の砂場状態なのがわかる。貴族院ですら初期立法時には抑制的で、朝憲紊乱の解釈が曖昧とか、スゲー議論し…
RT @tcv2catnap: 治安維持法の再検討一政党内閣期(1918~32)を中心として一中澤俊輔https://t.co/d6PHRFch64 これ読むと現在の国会が幼稚園の砂場状態なのがわかる。貴族院ですら初期立法時には抑制的で、朝憲紊乱の解釈が曖昧とか、スゲー議論し…
RT @SleepyEnsign: @BC__Tiger @sudo_simoigusa @masatoshi_san 一万トン級のポケット巡洋戦艦とでも云うべき装甲巡洋艦のスタディが日本の学会でも紹介されてますね>オランダ CiNii 論文 - 1萬噸巡洋艦の装甲 http…
RT @SleepyEnsign: @BC__Tiger @sudo_simoigusa @masatoshi_san 一万トン級のポケット巡洋戦艦とでも云うべき装甲巡洋艦のスタディが日本の学会でも紹介されてますね>オランダ CiNii 論文 - 1萬噸巡洋艦の装甲 http…
RT @tcv2catnap: 治安維持法の再検討一政党内閣期(1918~32)を中心として一中澤俊輔https://t.co/d6PHRFch64 これ読むと現在の国会が幼稚園の砂場状態なのがわかる。貴族院ですら初期立法時には抑制的で、朝憲紊乱の解釈が曖昧とか、スゲー議論し…

1 1 1 0 OA 特集のねらい

昔まとめた学会誌の特集の原稿。「『体罰』問題を考える」。 https://t.co/TapUoDvi3c やはり体罰(言説)は社会的に構築されることと、現場で起きていることの往還から考えるしかない。
RT @tcv2catnap: 治安維持法の再検討一政党内閣期(1918~32)を中心として一中澤俊輔https://t.co/d6PHRFch64 これ読むと現在の国会が幼稚園の砂場状態なのがわかる。貴族院ですら初期立法時には抑制的で、朝憲紊乱の解釈が曖昧とか、スゲー議論し…
以下のお話、捜査官デムリの話でしょうか。こちらの論文で読めます。「マレショセ隊員ギヨットのパリ住民データベース構想とポリス改革」(田中大二郎、松本礼子) https://t.co/y3wwFgeCtt https://t.co/GsqfT2jTeg
RT @skrnmr: 「進歩的教育学者の、清水にはじまる東大教育社会学講座憎しは相当のものだったようだ。とばっちりは東大教育学部出身ではないわたしにまでおよんだ」(161頁) / このとばっちり、21世紀の私にまで及んでいる!早くこの科研の成果知りたい https://t.c…
【拙稿紹介 4番目】 こんな論文を書いてきました。 「スタディスキルセミナーにおけるLMSを利用した授業実践と展望」 → https://t.co/0eUI0tiB2x
【拙稿紹介 3番目】 こんな論文を書いてきました。 「教養系科目におけるタブレットPC を活用した教授法の開発」 → https://t.co/ROWbVUOX2O ※池田瑞穂氏との共著
【拙稿紹介 2番目】 こんな論文を書いてきました。 「ライティング科目におけるLMSを活用したアクティブ・ラーニングの試み」 → https://t.co/zZI9nMCGHa
【拙稿紹介 1番目】 こんな論文を書いてきました。 「LMSとラーニング・コミュニティ : ライティング科目での授業実践にもとづくCMC研究からのアプローチ」 → https://t.co/6PfQgOaZJ0
訂正:#三浦瑠麗 先生への科研費その3「アジア主導のグローバリゼーション-アジア発多国籍企業はいかに世界を変えているか」2013-2015年度。計468万円 https://t.co/4Gi8fL3fCI
訂正:#三浦瑠麗 先生への科研費その2「「シビリアンの戦争」発生の条件-米・英・イスラエルの事例から」2011–2012年度。計286万円 https://t.co/Sc8CG04hxB
訂正:#三浦瑠麗 先生への科研費その1「先進民主主義国における政軍関係。安全保障と民主主義の両立をめぐる理論と比較研究。」2007-2008年度に計100万円 https://t.co/etIxVd11Vy
【性犯罪規定に係る刑法改正法案の概要】 調査と情報―ISSUE BRIEF―No. 962(2017. 5.22) 国⽴国会図書館 調査及び立法考査局 https://t.co/scp9JNmc2C
行安茂「日本におけるグリーン倫理学研究史」『岡山理科大学紀要』4、1968年。https://t.co/L1bQZOWU8z
佐々木英和「自己実現概念の価値論的位置づけに関する一考察:用語の歴史的出自を踏まえた実証的研究」『宇都宮大学教育学部紀要.第1部』54、2004年3月。https://t.co/9ZrZvJHtyB
RT @rkscinii: CiNii 論文 -  院政期の祇園御霊会・摂関祇園詣から見た院と摂関 https://t.co/weWr6AudlB #CiNii
RT @rkscinii: CiNii 論文 -  院政期の熊野詣 : 滅罪,鎮魂,護法憑けをめぐる儀礼と信仰 https://t.co/6sW60V97n0 #CiNii
RT @rkscinii: CiNii 論文 -  院政期の熊野詣 : 滅罪,鎮魂,護法憑けをめぐる儀礼と信仰 https://t.co/6sW60V97n0 #CiNii
RT @rkscinii: CiNii 論文 -  『平家物語』から謡曲、そして古浄瑠璃へ : 「木曽最期」を語った古浄瑠璃の様相 (終刊号) https://t.co/SgRKdLJ8EQ #CiNii
RT @rkscinii: CiNii 論文 -  鎌倉時代の婦人財産權 https://t.co/JvhxPJ3xpE #CiNii
【拙稿紹介 4番目】 こんな論文を書いてきました。 「スタディスキルセミナーにおけるLMSを利用した授業実践と展望」 → https://t.co/0eUI0tiB2x
【拙稿紹介 3番目】 こんな論文を書いてきました。 「教養系科目におけるタブレットPC を活用した教授法の開発」 → https://t.co/ROWbVUOX2O ※池田瑞穂氏との共著
【拙稿紹介 2番目】 こんな論文を書いてきました。 「ライティング科目におけるLMSを活用したアクティブ・ラーニングの試み」 → https://t.co/zZI9nMCGHa
【拙稿紹介 1番目】 こんな論文を書いてきました。 「LMSとラーニング・コミュニティ : ライティング科目での授業実践にもとづくCMC研究からのアプローチ」 → https://t.co/6PfQgOaZJ0