jpling_botEN (@jpling_botEN)

投稿一覧(最新100件)

On Tote Added to the Conclusive Form of a Verb https://t.co/1cEomAhNSr
Primary Factors for the Rise and Fall of "[セン]" (Sen), a Variant Glyph of "銭" (Sen) https://t.co/AeJbHZRAcx
Primary Factors for the Rise and Fall of "[セン]" (Sen), a Variant Glyph of "銭" (Sen) https://t.co/AeJbHZRAcx
Primary Factors for the Rise and Fall of "[セン]" (Sen), a Variant Glyph of "銭" (Sen) https://t.co/AeJbHZRAcx
Meaning and Function of Non-Finite Forms of Verbs in Durative Aspect: Comparing Shiteite and Shiteori Forms https://t.co/kt55qRH5eD
The Historical Transition of Deare, Niseyo, and Nishiro https://t.co/4PDRrjSNMr
The Diachronic Development of the Sani-construction and a Causal Particle sani https://t.co/iAdl57e3EM
On the Honorific Form -teya in the Gosei Area of Toyama Prefecture : Regional Difference, Origin, and Change Process https://t.co/MQmqbp4iS2
Primary Factors for the Rise and Fall of "[セン]" (Sen), a Variant Glyph of "銭" (Sen) https://t.co/AeJbHZRAcx
Origin of the Potential Verb in Japanese https://t.co/ABeDDBnMK8
Primary Factors for the Rise and Fall of "[セン]" (Sen), a Variant Glyph of "銭" (Sen) https://t.co/AeJbHZRAcx
On Tote Added to the Conclusive Form of a Verb https://t.co/1cEomAhNSr
The Regional Differences of the Grammaticalization in the Tohoku Dialects(<Special Issue>Grammaticalization in Japa… https://t.co/P1mXof3fP1
On KUROKAWA Mayori's Gogaku-zatsuzu https://t.co/yPJdutIwST
On the Syntactic Structure of Verb-te Clauses : The Distinction between Adjunct Structures and Coordinate Structures https://t.co/oqFUxWpntt
On the semantic function of actual potentials in modern Japanese: contrasted with unmarked verbs https://t.co/G8wakUXsnL
Variants of Kana Characters Chosen to Desensitize Readers to the Logogrammatic Meanings of Chinese Characters : Foc… https://t.co/wP5QcC8Pvt
Kanajitai and Kanamojizukai in Yokohama Mainichi Shimbun : About the Standardization of Kanajitai in the Newspaper… https://t.co/pmw2jmNxCP
The blossoms fall in a flurry: mu-type auxiliary verbs and "conceptualization" https://t.co/pcktWbipgK
The History of the Past-Negative Form in the Kagoshima Dialect https://t.co/nUqMO0hGij
Ambiguous Pitch Accents Based on a Speaker Categorization of Acoustic Features: Results from a Mass Survey of Tokyo… https://t.co/H9vDo9YJ3Z
Meaning and Function of Non-Finite Forms of Verbs in Durative Aspect: Comparing Shiteite and Shiteori Forms https://t.co/kt55qRH5eD
A Contrastive Study of Grammaticalization Processes in Japanese and Korean : A Typological Perspective(<Special Iss… https://t.co/EY2EV7AdFk
On KUROKAWA Mayori's Gogaku-zatsuzu https://t.co/yPJdutIwST
とん of Kana Documents in Kamakura Period : Fixed Binding https://t.co/9Slt1dmNK2
A Research on the Word Form of "吉日" (lucky day), the Oldest Example of "最吉日" (the luckiest day) and "最上吉日" (the ver… https://t.co/YZcZjAq2jH
Various phases in the draft of Ei-wa Taiyaku Shuchin Jisho first edition with reference to some dictionaries publis… https://t.co/yS8VB4oYet
Primary Factors for the Rise and Fall of "[セン]" (Sen), a Variant Glyph of "銭" (Sen) https://t.co/AeJbHZRAcx
Translation of English grammar and the style of translating English https://t.co/nOmatXoypa
On the Honorific Form -teya in the Gosei Area of Toyama Prefecture : Regional Difference, Origin, and Change Process https://t.co/MQmqbp4iS2
On Tote Added to the Conclusive Form of a Verb https://t.co/1cEomAhNSr
The Resultative of Change by V-teari: From the Viewpoint of the Relation with V-tari https://t.co/jDmcesYUrh
Kakarimusubi and the Indeterminate Construction: Focusing on Miyakoan https://t.co/AFCiHXxJ5V
Primary Factors for the Rise and Fall of "[セン]" (Sen), a Variant Glyph of "銭" (Sen) https://t.co/AeJbHZRAcx
A Study of Interjectional, Vague and Negative Polarity Uses : A Re-examination of so-Demonstratives https://t.co/t3ntxPKjQG
The nature of information on "Wakan-gazoku iroha-jiten" by Takahashi Goro https://t.co/3YgNSeVI28
Meaning and Function of Non-Finite Forms of Verbs in Durative Aspect: Comparing Shiteite and Shiteori Forms https://t.co/kt55qRH5eD
The Historical Transition of Deare, Niseyo, and Nishiro https://t.co/4PDRrjSNMr
The History of the Past-Negative Form in the Kagoshima Dialect https://t.co/nUqMO0hGij
Kakarimusubi and the Indeterminate Construction: Focusing on Miyakoan https://t.co/AFCiHXxJ5V
On Tote Added to the Conclusive Form of a Verb https://t.co/1cEomAhNSr
The change of -te + specifier construction of Kamigata dialects https://t.co/6Mjt1dVy9N
The evolution of directive expressions: usage of honorifics and benefactive verbs https://t.co/BXT68XIIvI
On the Narrowing of the Semantic Field of irassharu https://t.co/b2Cd9EB0Av
Origin of the Potential Verb in Japanese https://t.co/ABeDDBnMK8
Siebold's place in the history of Japanese language research: an examination of relevant original materials https://t.co/DGRiNEfPbw
On the Syntactic Structure of Verb-te Clauses : The Distinction between Adjunct Structures and Coordinate Structures https://t.co/oqFUxWpntt
The Contrast between the Negative Auxiliary Verbs Nu and Ne〓 in the Edo Period https://t.co/nVPXJfYeSa
The Status of Borrowed Items in Japanese Terminologies https://t.co/llkoFxuvCk
Semantic-functional expansion of -te shimau and its variants from the Edo period to the present https://t.co/WfxRqNuQW6
On Shokkan (食感) : A Historical Study of a Neologism https://t.co/tuQvjSF8A4
On the Syntactic Structure of Verb-te Clauses : The Distinction between Adjunct Structures and Coordinate Structures https://t.co/oqFUxWpntt
Exercises in the Yokohama Dialect and Yokohama Dialect https://t.co/O7iO47Yyar
The Sentence-Final Particle =sen in North-West Kagoshima Dialects : With a Special Focus on Usages Changes https://t.co/VPEiFZFzvD
Kakarimusubi and the Indeterminate Construction: Focusing on Miyakoan https://t.co/AFCiHXxJ5V
The speed of linguistic diffusion: a glottogram of ganpo and age-linguistics https://t.co/eu3w3BQhKZ
Aspects of Grammaticalization in Japanese Potential Expressions(<Special Issue>Grammaticalization in Japanese) https://t.co/dB9PXffbu3
The Historical Change of the Meaning of Mizu-kusai : Focusing on the Coexistence with Mizu-ppoi https://t.co/SUolPfiiLY
Exercises in the Yokohama Dialect and Yokohama Dialect https://t.co/O7iO47Yyar
The Anegakojishiki and the changing Yasumenorui https://t.co/8wEuiwcMhn
Exercises in the Yokohama Dialect and Yokohama Dialect https://t.co/O7iO47Yyar
The blossoms fall in a flurry: mu-type auxiliary verbs and "conceptualization" https://t.co/pcktWbipgK
On Negative Imperative Sentences in Japanese : The Properties and Functions of Sentences with the Predicate suruna https://t.co/RciNKhBEDB
The Romanized Orthography of Ishikawa Takuboku's Romaji Nikki https://t.co/8wR0Pv343v
The nature of information on "Wakan-gazoku iroha-jiten" by Takahashi Goro https://t.co/3YgNSeVI28
とん of Kana Documents in Kamakura Period : Fixed Binding https://t.co/9Slt1dmNK2
Primary Factors for the Rise and Fall of "[セン]" (Sen), a Variant Glyph of "銭" (Sen) https://t.co/AeJbHZRAcx
Categorical Definition of the Auxiliary tari Combined with Nominals https://t.co/5UnzWJQlfs
Analysis of noun phrase coordination markers in Japanese: the case of To, Ya, and Mo https://t.co/9UkEOrVCPT
The development of the modal adverb nanimo https://t.co/KMINyrffLz
Reconsideration of consonantal "p": derivation of "p" with the consonantal value of 〈h〉 in Ryukyu dialect https://t.co/bYa538YGfE
Predictions of dialect standardization by the "life-long assimilation of language change" model https://t.co/nHaUpp5w2C
Translation of English grammar and the style of translating English https://t.co/nOmatXoypa
Analysis of noun phrase coordination markers in Japanese: the case of To, Ya, and Mo https://t.co/9UkEOrVCPT
On KUROKAWA Mayori's Gogaku-zatsuzu https://t.co/yPJdutIwST
Yoru-gohan: from the viewpoint of the historical study of vocabulary and word structure https://t.co/ysmO5qdeO3
A Study on the Social Background of Dialectal Propagation : Using Shatei as an Example https://t.co/2Ejfh0lHqL
The Sentence-Final Particle =sen in North-West Kagoshima Dialects : With a Special Focus on Usages Changes https://t.co/VPEiFZFzvD
Honorific auxiliary verbs and addressee-oriented honorific sentence-final particles in the Taketomi dialect https://t.co/GRRYO3oS5M
Morphological Analysis of Kana Literature in Early Middle Japanese https://t.co/KRhEnp93ph
Functional Expantion of Subsidiary Verb te-morau https://t.co/gauqmsx00J
On the borderline between referent honorifics and addressee honorifics: an interpretation of Haberi in the Kokinshu https://t.co/IGw4FX4W6D
A study of adversative variants of Keredomo: their distribution and history https://t.co/l6VIiG6q0p
The Status of Borrowed Items in Japanese Terminologies https://t.co/llkoFxuvCk
The Historical Transition of Deare, Niseyo, and Nishiro https://t.co/4PDRrjSNMr
On Kana no i ni kayou ran in Kotoba no Tamanoo : The Influence and Uses of Commentaries on Classical Literature https://t.co/qJihOwusK8
Evolution of the Potential Expression in Affirmative Sentences Using ru/raru-form https://t.co/PVRuWehedV
The development of "yari-morai" constructions in pre-modern Japanese https://t.co/7OgXGmncJB
Re-examination of -e Syllables in Kyushu Dialects : For Restructuring the -e Syllables in Middle Japanese https://t.co/gSKZldp0VK
The Hiragana Graphemes in Authorised Elementary School Reading Books of the Meiji Period https://t.co/NNAKPcxYN5
Kakarimusubi and the Indeterminate Construction: Focusing on Miyakoan https://t.co/AFCiHXxJ5V
Origin of the Potential Verb in Japanese https://t.co/ABeDDBnMK8
Yoru-gohan: from the viewpoint of the historical study of vocabulary and word structure https://t.co/ysmO5qdeO3
The evolution of directive expressions: usage of honorifics and benefactive verbs https://t.co/BXT68XIIvI
Hypermeters in Man'yoshu: phenomena intermediate between phonology and metrical reciting practices https://t.co/EH2ko44Jk9

お気に入り一覧(最新100件)

フォロー(41ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

【BOT】 [ ネット上で読める日本語教育関連の論文・資料 058] ■ ジャワ語とスンダ語を母語とするインドネシア人日本語学習者における日本語の摩擦音の音声的実現について : 生成調査による分析 https://t.co/XsSz13f7md
言語の生涯習得モデルによる共通語化予測 https://t.co/ApgwmSAsbx
万葉仮名の字義を意識させない字母選択 : 『万葉集』における訓仮名を中心に https://t.co/VU8JCwSDhw
琉球・多良間島方言のパーフェクトの形式 https://t.co/c2c61ciT9J
KOTONOHA『現代日本語書き言葉均衡コーパス』の開発 (特集 資料研究の現在) https://t.co/XTCAY6aPky
【BOT】 [ ネット上で読める日本語教育関連の論文・資料 057] ■ ベトナム人日本語学習者における発音に対する意識化への試み : フィードバックの事例,無声化した「す」に着目して https://t.co/AjWyGC3yyN
近世上方における連用形命令の成立 : 敬語から第三の命令形へ https://t.co/Bts9NbnBO2
日本語と韓国語の文法化の対照--言語類型論の観点から (特集:日本語における文法化・機能語化) https://t.co/WSGHmdapXK
近世前期上方における尊敬語表現「テ+指定辞」の成立について https://t.co/invGqy20YP
若年層の日常会話における「トイウカ」の使用 : 縮約形「てか・つか」に注目して https://t.co/RVc188akrc
日本語方言における談話標識の出現傾向--東京方言,大阪方言,仙台方言の比較 https://t.co/4ILPhg4TXg
近世初期における指示詞「これ」の感動詞化 https://t.co/gkOuePZIGy
【BOT】 [ ネット上で読める日本語教育関連の論文・資料 056] ■ ベトナム語母語話者における漢語由来語彙と固有語彙の区別 https://t.co/F2mjqJpAEN
『琉球入學見聞録』のハ行音とカ行音 (特集 琉球語を見る/琉球語から見る) https://t.co/EixDHdBbgE
琉球・多良間島方言のパーフェクトの形式 https://t.co/c2c61ciT9J
中世呉音字音直読資料における境界の消滅について https://t.co/t9pXfF32o5
空間的配置動詞のアスペクト・テンス形式とテクスト : 「そびえる」の場合 https://t.co/6aYGpTaLbd
古代語の移動動詞と「起点」「経路」——今昔物語集の「より」「を」—— https://t.co/W4p2I0QXi0
江戸語・明治期東京語における接続助詞ケレド類の特徴と変化--ガと対比して https://t.co/tW7JlK75wu
石川啄木「ローマ字日記」のローマ字表記 https://t.co/lGqs9tTO4T
【BOT】 [ ネット上で読める日本語教育関連の論文・資料 055] ■ インターネットを活用した日本語学習 : 日本語教育におけるアクティブ・ラーニングの試み https://t.co/9mcte4wxW0
日本語語頭有声閉鎖音のVOTに関する全国的分布パタン https://t.co/SnVvllv9q0
今昔物語集の人数表現について--数量詞転移の文体差と用法および数量詞遊離構文に関して https://t.co/XNzSc8YgJS
言語の生涯習得モデルによる共通語化予測 https://t.co/ApgwmSAsbx
準体助詞の全国分布とその成立経緯 https://t.co/o1RBi2gwUR
日本語の文法化研究にあたって--概観と理論的課題 (特集:日本語における文法化・機能語化) https://t.co/wzbeYxc8HK
「食感」の語誌--新語の定着とその要因 https://t.co/y3ZeYFDfnA
「ツベイ」と「ツベシイ」 : 助動詞「ベシ」のシク活用化について https://t.co/KMhkrYvYGS
『詞の玉緒』「かなの意に通ふらん」について : 古典注釈説の影響と利用をめぐり https://t.co/Dk4Q5MmTyn
〈葬式〉を表す方言分布の形成と社会的要因 https://t.co/LLWeO0bO0j
動詞重複構文の歴史 https://t.co/raFAjGervf
【BOT】 [ ネット上で読める日本語教育関連の論文・資料 054] ■ 外国人学生の自律的な日本語学習を支えるしくみ-アクティブラーニングにおける位置づけ-  https://t.co/KhSXtrhqTp
語順から見た強調構文としての上代「-ソ-連体形」文について https://t.co/kVQuVhVvF0
テシマウ相当形式の意味機能拡張 https://t.co/Hffs1u2j6K
『英和対訳袖珍辞書』初版草稿の諸相と蘭書の利用 https://t.co/joxpb1guTP
九州方言エ段音節の再検討 : 中世日本語エ段音節の再構に向けて https://t.co/lm8vqHoBxe
東京東北部のアグセント : 2拍名詞における音調実態と年層差・地域差 https://t.co/x93OslVPgQ
【BOT】 [ ネット上で読める日本語教育関連の論文・資料 053] ■ 日本語教師の「熟練性」の研究 https://t.co/tpOY3kzYO2
日本語の否定命令文をめぐって--「スルナ」を述語とする文の特性と機能 https://t.co/QgdYsV2xaq
テニヲハ研究書と連歌論書における文法事項の交渉--「姉小路式」の記述を手掛かりに https://t.co/ULXEHrmswh
琉球諸語に関する社会言語学研究 (特集 琉球語を見る/琉球語から見る) https://t.co/YCXvJISrMx
「姉小路式」及びその周辺に於ける「休めの類」 https://t.co/cSzKo1P2yF
叙法副詞「なにも」の成立 https://t.co/bJdtJbdhXr
文法化と借用--日本語における動詞の中止形を含んだ後置詞を例に (特集:日本語における文法化・機能語化) https://t.co/FKh3xVf4A4
「むざん」の語義変化 : 形容詞の統語的機能との関わりから https://t.co/zQNy5KwWv6
中世末のテアル文にみられる完成の用法について(<特集>近代語研究の今とこれから) https://t.co/UPW53nvJUg
【BOT】 [ ネット上で読める日本語教育関連の論文・資料 052] ■ 談話におけるヲ格無助詞文の述語に関する考察 https://t.co/rnrNmJak88
名詞句位置のカの歴史--選言・不定用法を中心に https://t.co/sOCdbyWVRp
語彙史・語構成史上の「よるごはん」 https://t.co/Z4DOR4kJbp
東京東北部のアグセント : 2拍名詞における音調実態と年層差・地域差 https://t.co/x93OslVPgQ
ワンマンバスの案内放送に関する地域差の調査報告 https://t.co/XtLspax5wI
ワンマンバスの案内放送に関する地域差の調査報告 https://t.co/Eb1XJ8stW4
RT @Prinz_6057: へたに言語学をかじるとこういう面白い論文が出てくるからやめられないんだよなあ https://t.co/JLPK5iOge0 https://t.co/GAsFB3fvzm
RT @Prinz_6057: へたに言語学をかじるとこういう面白い論文が出てくるからやめられないんだよなあ https://t.co/JLPK5iOge0 https://t.co/GAsFB3fvzm
可能動詞の成立 https://t.co/iijS1miPvA
日本語語頭有声閉鎖音のVOTに関する全国的分布パタン https://t.co/SnVvllv9q0
上方・大阪語における接続詞的用法ソレナラ類の推移 https://t.co/9DQ00jYzTF
「吉日」の語形、「最吉日」「最上吉日」の古例 : 『今昔物語集』および『大鏡』本文のよみなしにかかわる恣意の批正 https://t.co/n2J5vrrqcE
表記史資料の普遍性と特殊性 https://t.co/zVDYkvL97a
見かけ上の時間を利用した外来語使用意識の通時変化予測 https://t.co/hvkgmiRbJ0
補助動詞テモラウの機能拡張 https://t.co/1noguN2CUi
空間的配置動詞のアスペクト・テンス形式とテクスト : 「そびえる」の場合 https://t.co/6aYGpTaLbd
訓点資料の展開史における有鄰館蔵『春秋経伝集解巻第二』の位置 (特集 資料研究の現在) https://t.co/GMkd35fqie
近代文法学における「形容詞」「連体詞」概念の形成について--Adjectiveから形容詞・連体詞へ https://t.co/VJ0N3Zu0Fn
現代日本語における実現可能文の意味機能--無標の動詞文との対比を通して https://t.co/ZfXRaGLA7w
係り結びと不定構文──宮古語を中心に── https://t.co/ALWwyxoSZ1
可能動詞の成立 https://t.co/iijS1miPvA
たましゐをいれべきてには : 副助詞論の系譜 https://t.co/91q5UCjR2W
「寒いけれども〜」(『方言文法全国地図』)の解釈--逆接確定表現の言語地理学的考察 https://t.co/yEW4C9t0Wq
八重山地方の授受動詞タボールンと中世語「給はる」--敬意優先の授受動詞体系 (特集 琉球語を見る/琉球語から見る) https://t.co/biz9UrErPE
『横浜毎日新聞』における仮名字体および仮名文字遣い : 明治期の新聞における字体の統一について https://t.co/1RiKw25APJ
補助動詞テモラウの機能拡張 https://t.co/1noguN2CUi
万葉仮名の字義を意識させない字母選択 : 『万葉集』における訓仮名を中心に https://t.co/VU8JCwSDhw
近世後期の活用研究とテニヲハ論における〈命令形〉 https://t.co/KcnfZXKow6
しづ心なく花のちるらむ--ム系助動詞と「設想」 https://t.co/fxPohlxinI
富山県呉西地方における尊敬形「~テヤ」 : 意味・構造の地域差と成立・変化過程 https://t.co/VWc3PJpUek
現代日本語における文法化--内容語と機能語の連続性をめぐって (特集:日本語における文法化・機能語化) https://t.co/dIPB1YRVTh
授受動詞の視点の成立 https://t.co/d5CRt9iOBe
『和英語林集成』「原稿」が依拠した一書--『雅俗幼学新書』との関わり https://t.co/Ry4bncZ6uy
近代文法学における「形容詞」「連体詞」概念の形成について--Adjectiveから形容詞・連体詞へ https://t.co/VJ0N3Zu0Fn
日本語語頭有声閉鎖音のVOTに関する全国的分布パタン https://t.co/SnVvllv9q0
日本語の文法化研究にあたって--概観と理論的課題 (特集:日本語における文法化・機能語化) https://t.co/wzbeYxc8HK
方言資料の現在 (特集 資料研究の現在) https://t.co/jP0TC45mLv
江戸語にみられる否定助動詞ヌとネエの対立 https://t.co/to5KfrZznW
語順から見た強調構文としての上代「-ソ-連体形」文について https://t.co/kVQuVhVvF0
若年層の日常会話における「トイウカ」の使用 : 縮約形「てか・つか」に注目して https://t.co/RVc188akrc
【BOT】 [ ネット上で読める日本語教育関連の論文・資料 048] ■ 談話に おける心的操作モニター機構 - 心的操作標識 「え え と」と「あ の(一)」 - https://t.co/jz4mzhuOyR
危機言語ドキュメンテーションの方法としての電子博物館作成の試み--宮古島西原地区を中心として (特集 琉球語を見る/琉球語から見る) https://t.co/iWV8TIlD1m
『古今和歌集』詞書の「ハベリ」の解釈--被支配待遇と丁寧語の境界をめぐって https://t.co/NkXVcWrEMk
複合助詞「であれ」「にせよ」「にしろ」の変遷 https://t.co/MYLFbfzV05
平安和文会話文における連体形終止文 https://t.co/1ab861sqnC
サニ構文の成立・展開と助詞サニについて https://t.co/3HlWTq47mm
語頭有声破裂音の半有声音化と語中有声化・鼻音化--鹿児島の分析を中心に https://t.co/ecaOrwulee
中古仮名文学作品の形態素解析 https://t.co/qjQJf0fM8d
『古事記伝』の「仮字の事」をどう読むか--上代特殊仮名遣の研究史を再検討する https://t.co/AwNNcmQ72z
【BOT】 [ ネット上で読める日本語教育関連の論文・資料 047] ■ 〈共同研究プロジェクト紹介〉 基幹型:多文化共生社会における日本語教育研究 多言語母語の日本語学習者横断コーパス https://t.co/SOnFKVolaR
近世前期上方における尊敬語表現「テ+指定辞」の成立について https://t.co/invGqy20YP
授受動詞の視点の成立 https://t.co/d5CRt9iOBe
高橋五郎『「和漢/雅俗」いろは辞典』の資料性 https://t.co/OYzsGSTTDU
「ツベイ」と「ツベシイ」 : 助動詞「ベシ」のシク活用化について https://t.co/KMhkrYvYGS

フォロワー(21ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

言語の生涯習得モデルによる共通語化予測 https://t.co/ApgwmSAsbx
万葉仮名の字義を意識させない字母選択 : 『万葉集』における訓仮名を中心に https://t.co/VU8JCwSDhw
琉球・多良間島方言のパーフェクトの形式 https://t.co/c2c61ciT9J
KOTONOHA『現代日本語書き言葉均衡コーパス』の開発 (特集 資料研究の現在) https://t.co/XTCAY6aPky
近世上方における連用形命令の成立 : 敬語から第三の命令形へ https://t.co/Bts9NbnBO2
日本語と韓国語の文法化の対照--言語類型論の観点から (特集:日本語における文法化・機能語化) https://t.co/WSGHmdapXK
近世前期上方における尊敬語表現「テ+指定辞」の成立について https://t.co/invGqy20YP
若年層の日常会話における「トイウカ」の使用 : 縮約形「てか・つか」に注目して https://t.co/RVc188akrc
日本語方言における談話標識の出現傾向--東京方言,大阪方言,仙台方言の比較 https://t.co/4ILPhg4TXg
近世初期における指示詞「これ」の感動詞化 https://t.co/gkOuePZIGy
『琉球入學見聞録』のハ行音とカ行音 (特集 琉球語を見る/琉球語から見る) https://t.co/EixDHdBbgE
琉球・多良間島方言のパーフェクトの形式 https://t.co/c2c61ciT9J
中世呉音字音直読資料における境界の消滅について https://t.co/t9pXfF32o5
空間的配置動詞のアスペクト・テンス形式とテクスト : 「そびえる」の場合 https://t.co/6aYGpTaLbd
古代語の移動動詞と「起点」「経路」——今昔物語集の「より」「を」—— https://t.co/W4p2I0QXi0
江戸語・明治期東京語における接続助詞ケレド類の特徴と変化--ガと対比して https://t.co/tW7JlK75wu
石川啄木「ローマ字日記」のローマ字表記 https://t.co/lGqs9tTO4T
日本語語頭有声閉鎖音のVOTに関する全国的分布パタン https://t.co/SnVvllv9q0
今昔物語集の人数表現について--数量詞転移の文体差と用法および数量詞遊離構文に関して https://t.co/XNzSc8YgJS
言語の生涯習得モデルによる共通語化予測 https://t.co/ApgwmSAsbx
準体助詞の全国分布とその成立経緯 https://t.co/o1RBi2gwUR
日本語の文法化研究にあたって--概観と理論的課題 (特集:日本語における文法化・機能語化) https://t.co/wzbeYxc8HK
「食感」の語誌--新語の定着とその要因 https://t.co/y3ZeYFDfnA
「ツベイ」と「ツベシイ」 : 助動詞「ベシ」のシク活用化について https://t.co/KMhkrYvYGS
けっきょくいまのIMEでも、山田尚勇さんが提言されたような表記のこまかなカスタマイズ機能というのは、じゅうぶんにはできていないような印象がのこる。 『常用者のための日本文入力法の基礎的研究について』 https://t.co/Wlbe1HaLZZ
630万円もした最初の日本語ワープロJW-10でも、開発にあたって官公庁にインタビューをおこなったことがかかれている。 https://t.co/VbptoufbhF
『詞の玉緒』「かなの意に通ふらん」について : 古典注釈説の影響と利用をめぐり https://t.co/Dk4Q5MmTyn
〈葬式〉を表す方言分布の形成と社会的要因 https://t.co/LLWeO0bO0j
動詞重複構文の歴史 https://t.co/raFAjGervf
語順から見た強調構文としての上代「-ソ-連体形」文について https://t.co/kVQuVhVvF0
テシマウ相当形式の意味機能拡張 https://t.co/Hffs1u2j6K
『英和対訳袖珍辞書』初版草稿の諸相と蘭書の利用 https://t.co/joxpb1guTP
九州方言エ段音節の再検討 : 中世日本語エ段音節の再構に向けて https://t.co/lm8vqHoBxe
東京東北部のアグセント : 2拍名詞における音調実態と年層差・地域差 https://t.co/x93OslVPgQ
日本語の否定命令文をめぐって--「スルナ」を述語とする文の特性と機能 https://t.co/QgdYsV2xaq
テニヲハ研究書と連歌論書における文法事項の交渉--「姉小路式」の記述を手掛かりに https://t.co/ULXEHrmswh
琉球諸語に関する社会言語学研究 (特集 琉球語を見る/琉球語から見る) https://t.co/YCXvJISrMx
「姉小路式」及びその周辺に於ける「休めの類」 https://t.co/cSzKo1P2yF
叙法副詞「なにも」の成立 https://t.co/bJdtJbdhXr
文法化と借用--日本語における動詞の中止形を含んだ後置詞を例に (特集:日本語における文法化・機能語化) https://t.co/FKh3xVf4A4
「むざん」の語義変化 : 形容詞の統語的機能との関わりから https://t.co/zQNy5KwWv6
中世末のテアル文にみられる完成の用法について(<特集>近代語研究の今とこれから) https://t.co/UPW53nvJUg
名詞句位置のカの歴史--選言・不定用法を中心に https://t.co/sOCdbyWVRp
語彙史・語構成史上の「よるごはん」 https://t.co/Z4DOR4kJbp
東京東北部のアグセント : 2拍名詞における音調実態と年層差・地域差 https://t.co/x93OslVPgQ
可能動詞の成立 https://t.co/iijS1miPvA
日本語語頭有声閉鎖音のVOTに関する全国的分布パタン https://t.co/SnVvllv9q0
上方・大阪語における接続詞的用法ソレナラ類の推移 https://t.co/9DQ00jYzTF
「吉日」の語形、「最吉日」「最上吉日」の古例 : 『今昔物語集』および『大鏡』本文のよみなしにかかわる恣意の批正 https://t.co/n2J5vrrqcE
表記史資料の普遍性と特殊性 https://t.co/zVDYkvL97a
見かけ上の時間を利用した外来語使用意識の通時変化予測 https://t.co/hvkgmiRbJ0
補助動詞テモラウの機能拡張 https://t.co/1noguN2CUi
空間的配置動詞のアスペクト・テンス形式とテクスト : 「そびえる」の場合 https://t.co/6aYGpTaLbd
訓点資料の展開史における有鄰館蔵『春秋経伝集解巻第二』の位置 (特集 資料研究の現在) https://t.co/GMkd35fqie
近代文法学における「形容詞」「連体詞」概念の形成について--Adjectiveから形容詞・連体詞へ https://t.co/VJ0N3Zu0Fn
現代日本語における実現可能文の意味機能--無標の動詞文との対比を通して https://t.co/ZfXRaGLA7w
係り結びと不定構文──宮古語を中心に── https://t.co/ALWwyxoSZ1
可能動詞の成立 https://t.co/iijS1miPvA
たましゐをいれべきてには : 副助詞論の系譜 https://t.co/91q5UCjR2W
「寒いけれども〜」(『方言文法全国地図』)の解釈--逆接確定表現の言語地理学的考察 https://t.co/yEW4C9t0Wq
八重山地方の授受動詞タボールンと中世語「給はる」--敬意優先の授受動詞体系 (特集 琉球語を見る/琉球語から見る) https://t.co/biz9UrErPE
『横浜毎日新聞』における仮名字体および仮名文字遣い : 明治期の新聞における字体の統一について https://t.co/1RiKw25APJ
補助動詞テモラウの機能拡張 https://t.co/1noguN2CUi
万葉仮名の字義を意識させない字母選択 : 『万葉集』における訓仮名を中心に https://t.co/VU8JCwSDhw
近世後期の活用研究とテニヲハ論における〈命令形〉 https://t.co/KcnfZXKow6
しづ心なく花のちるらむ--ム系助動詞と「設想」 https://t.co/fxPohlxinI
富山県呉西地方における尊敬形「~テヤ」 : 意味・構造の地域差と成立・変化過程 https://t.co/VWc3PJpUek
現代日本語における文法化--内容語と機能語の連続性をめぐって (特集:日本語における文法化・機能語化) https://t.co/dIPB1YRVTh
授受動詞の視点の成立 https://t.co/d5CRt9iOBe
『和英語林集成』「原稿」が依拠した一書--『雅俗幼学新書』との関わり https://t.co/Ry4bncZ6uy
『私の国語教室』は、いまのひとにはよむだけでもたいへんそうに。歴史的なこともふくめて戦争中の本だけれど、保科孝一さんの「和字正濫抄と仮名遣問題」は比較的よみやすい。 https://t.co/Lt33zYH4fC
近代文法学における「形容詞」「連体詞」概念の形成について--Adjectiveから形容詞・連体詞へ https://t.co/VJ0N3Zu0Fn
日本語語頭有声閉鎖音のVOTに関する全国的分布パタン https://t.co/SnVvllv9q0
日本語の文法化研究にあたって--概観と理論的課題 (特集:日本語における文法化・機能語化) https://t.co/wzbeYxc8HK
方言資料の現在 (特集 資料研究の現在) https://t.co/jP0TC45mLv
江戸語にみられる否定助動詞ヌとネエの対立 https://t.co/to5KfrZznW
語順から見た強調構文としての上代「-ソ-連体形」文について https://t.co/kVQuVhVvF0
若年層の日常会話における「トイウカ」の使用 : 縮約形「てか・つか」に注目して https://t.co/RVc188akrc
危機言語ドキュメンテーションの方法としての電子博物館作成の試み--宮古島西原地区を中心として (特集 琉球語を見る/琉球語から見る) https://t.co/iWV8TIlD1m
『古今和歌集』詞書の「ハベリ」の解釈--被支配待遇と丁寧語の境界をめぐって https://t.co/NkXVcWrEMk
複合助詞「であれ」「にせよ」「にしろ」の変遷 https://t.co/MYLFbfzV05
平安和文会話文における連体形終止文 https://t.co/1ab861sqnC
サニ構文の成立・展開と助詞サニについて https://t.co/3HlWTq47mm
語頭有声破裂音の半有声音化と語中有声化・鼻音化--鹿児島の分析を中心に https://t.co/ecaOrwulee
中古仮名文学作品の形態素解析 https://t.co/qjQJf0fM8d
『古事記伝』の「仮字の事」をどう読むか--上代特殊仮名遣の研究史を再検討する https://t.co/AwNNcmQ72z
近世前期上方における尊敬語表現「テ+指定辞」の成立について https://t.co/invGqy20YP
授受動詞の視点の成立 https://t.co/d5CRt9iOBe
高橋五郎『「和漢/雅俗」いろは辞典』の資料性 https://t.co/OYzsGSTTDU
「ツベイ」と「ツベシイ」 : 助動詞「ベシ」のシク活用化について https://t.co/KMhkrYvYGS
語彙史・語構成史上の「よるごはん」 https://t.co/Z4DOR4kJbp
『古事記伝』の「仮字の事」をどう読むか--上代特殊仮名遣の研究史を再検討する https://t.co/AwNNcn7HU7
能登島諸方言におけるアクセントの変化 : 「語頭隆起」とその後 https://t.co/tjgnmOQ7BL
『詞の玉緒』「かなの意に通ふらん」について : 古典注釈説の影響と利用をめぐり https://t.co/Dk4Q5MmTyn
琉球語*i-(自動詞する)の文法化--文字資料の無い言語の研究例 (特集:日本語における文法化・機能語化) https://t.co/AaSsTudOwP
狭母音の無声化の全国的地域差と世代差 https://t.co/pOy0Ufu1H7
日本語可能形式にみる文法化の諸相 (特集:日本語における文法化・機能語化) https://t.co/X227wYZmTH
南琉球宮古伊良部島方言の形容詞 https://t.co/B7Yqmv8IEH
〈葬式〉を表す方言分布の形成と社会的要因 https://t.co/LLWeO0bO0j
体言承接のタリの位置づけ https://t.co/RSYkxNHVe7