Shohta Kadomura Hospital (@kadsho)

投稿一覧(最新100件)

・・・後頸部痛と両手の攣り(つり)を主訴に救急搬送・・・ここポイントですね
添付文書改訂で使いやすくなってるだけにこの怖さを忘れないようにしたいですね。#CRRT が薬物除去に適切かどうかも薬剤師もきちんと見ておかんといかんですね。 持続的腎代替療法により救命しえた #メトホルミン による… https://t.co/dVnWF6cI4L
あんまり使ってなさ過ぎて考えたことなかったけど、それなりの頻度なんですね。まぁセロトニン作動?があることも考えれば理に適ったADEなのかな
時間外外来における経口 #抗菌薬 の配置状況 #日本臨床救急医学会雑誌 #AMR https://t.co/WFG0Q2g19L
RT @Office_j: 【NVAFに対するジギタリスは有用/有害?:J-RHYTHMレジストリ】 NVAF 7018例、2年観察:ジギタリス服用例 [n=802] では、非服用例に比べ、死亡率は有意に高 [4.4% vs. 2.4%]。ただし傾向スコアマッチ後の死亡HRは…
セフトリアキソンによる脳症の症例報告が散見されますね。   Encephalopathy Induced by High Plasma and Cerebrospinal Fluid #Ceftriaxone #CTRX Conc… https://t.co/rwlnxtHWXw
実務実習は11ヵ月間あるんですね。先日拝読した、濃沼先生のお考えにも通じるところがあるように思いました。そのためには現場の薬剤師もフィールドを広げないと、かな。(もちろん人員も必要) Pharm.D.と日本の薬剤師の未来 #薬剤学… https://t.co/YVY328nGfG
今後は外来部門でしょうかね。 米国臨床薬剤師の業務内容に見る日本の薬剤師の可能性 薬剤学 2018 J-STAGE Articles - https://t.co/Qa2XscjwQm
薬剤学 2017 J-STAGE Articles - 意識の国際化:“日本独特”では世界の薬学・薬剤師にはなり得ない―利己先行から公益先行の薬学・薬剤師への意識改革― https://t.co/Ujlwnd5gvD
こちらの症例報告の引用文献だったのですが。アルメイダの佐藤先生(薬剤師)ら。 コリンエステラーゼ阻害薬2剤併用によるコリン作動性クリーゼが疑われた1症例 日本臨床救急医学会雑誌 https://t.co/wAevZEtYlL
#コリンエステラーゼ #ChE ってどれくらい以下だとヤバいとかあるんですかね? アルブミンとの比 ChE/Alb がいいとか何とか、こちらに書かれているらしいんですが、入手出来ず。 CiNii 論文 -  コリン作動性クリー… https://t.co/RrR4jnzjN2
RT @mansaqu: #薬剤耐性マイコプラズマ 札幌徳洲会病院小児科 成田 光生先生 #キノロン耐性百日咳菌 については,咳の長い成人に対して(おそらく「 #百日咳」とは診断されずに) 漫然と #キノロン系薬剤 が使われてきた結果ではないかと推測せざるを得ない 引用元 ht…
UpToDate (Lexicomp) と 国内某メーカーDB MDbank) ではDDIの記載数などが異なる。 日米の医薬品データベースの相互作用情報を迅速に検索できる システムの構築と質疑への活用 #医薬品情報 誌 https://t.co/OfeLpoKpBy
素敵なトピックスを見つけました。 院内・術後に見られる不明熱 #日本内科学会雑誌 2017 (この雑誌はj-stageで発刊1年後にフリーで読めるのでフォローしてます) https://t.co/wI4hUhoAW6
中身が見たい…が、日本薬剤学会はさすがに入ってないです。 J-STAGE Articles - 【薬剤学】米国臨床薬剤師の業務内容に見る日本の薬剤師の可能性 https://t.co/Qa2XscjwQm
@nekokans ガンシクロビルのクリアランスに対して用量が過剰であると骨髄抑制が生じやすいので、CCrと用量の適正性を確認するのでしょうかね。 https://t.co/wP0XPg6TQJ https://t.co/XCreNLML9o
福井大病院薬剤部より。担当薬剤師は10年以上の経験者を1名固定、とのこと。副作用を疑うシグナルを拾えても、それが疾患関連かなどを評価するにはヒトの関与が必要なのですね。 医薬品副作用自動監視システムによる副作用検出の評価… https://t.co/BPjbSoxtZP
なぜこのネタをこの雑誌で?と思ってはいけない、いけない…(会員しか読めません涙) #FIP (International Pharmaceutical Federation,世界薬学連合)および #BPS (Board of Ph… https://t.co/2l4iXBT3pN
低Na血症(<141mEq/L)があると化学療法誘発性悪心嘔吐CINVのうち遅発性が多いよう。 ただ、じゃあ予めNa補正すればいいのか?疑問。 Effects of Serum Sodium Concentrations on N… https://t.co/VfSbGDY8QS
CHDF群は通常用量380U/kgの方がDIC離脱率が高かった、と。 福岡大薬剤部から。 #急性腎障害 合併播種性血管内凝固症候群患者に対する遺伝子組み換えヒト可溶性 #トロンボモジュリン 製剤の至適投与量の検討… https://t.co/qdLSYMfSZt
トルバプタンは肝硬変の腹水貯留で低Na血症で反応性が悪く、1ヵ月後血清Naが上昇した方が予後が良かった、との報告。 Association between the Serum Sodium Levels and the Respo… https://t.co/Nge5NxvyuM
j-stageですが、鍵かかっているので全文読めないです…。 #フレカイニド 内服中に心停止をきたした高齢担癌患者の1例 #臨床薬理 #flecainide https://t.co/RBaL0JBs5z
がん患者の薬剤師及び薬物療法に関するニーズを調査する質的研究 #YakugakuZasshi 2015 https://t.co/SDogCFj2I0 https://t.co/Pr2afiSRkR
#初めて知った菌名 Gemella morbillorum というグラム陽性球菌が採取14日目にして血培1/2から同定された模様。(薬剤感受性試験はルーチンでしないらしく菌名のみ報告) ビリダンスグループの仲間?のようで、IE、… https://t.co/4GQlKGm7iE
#ジェニナック による重症かつ再発する低血糖(糖尿病用薬の服用なし) Severe and Recurrent #Hypoglycemia Caused by #Garenoxacin in a Patient not Taki… https://t.co/A3D2XE9eYO
これ?とは関係あるのでしょうか。 メトホルミン内服による乳酸アシドーシスに対し緊急透析にて救命しえた1例 #日本透析医学会雑誌 https://t.co/tuLIuXzgdo
がん患者のVTEに対するDOACの適用例。北大1内から。 Successful Application of #Edoxaban in the Treatment of Venous Thromboembolism Recurr… https://t.co/yc5udBUjMZ
肝代謝型薬であるクエチアピンに関連した血液濾過透析を要したAKIの症例 Quetiapine-related Acute Kidney Injury Requiring Transient Continuous Hemodiaf… https://t.co/3gSM9PBuAm
オウゴンよる繰り返すDILI Recurrent Drug-induced Liver Injury Caused by the Incidental Readministration of a Kampo Formula Co… https://t.co/gJvRk44Jfd
堺市立医療センターから。プレアボイド報告の解析によるもの。 高齢者におけるファーマシューティカルケアの重要性 #Iyakuhinjohogaku #医薬品情報学 #PREAVOID https://t.co/IJdl0wiVYS
岐阜薬科大学から お薬手帳の利用に関するレビュー #Iyakuhinjohogaku #医薬品情報学 https://t.co/yzwJ0Rm7cJ
病棟検査技師という新たな業種があることを検査技師の先生に教えていただきました。 #diagnosticstewardship 日本臨床衛生検査技師会による病棟業務進出への提言 #医学検査 2017 https://t.co/SLGacnpyBC
にがり大量飲用による高マグネシウム血症, 高カルシウム血症から心肺停止に至り集学的治療で救命し得た1例 #日本透析医学会雑誌 https://t.co/oQB94nZWE5
これ、以前の腎薬の臨床推論のシンポで使ってたアプリですね。いや、あのシンポは良かったですよ、ホントに。 アクティブラーニング支援ツールClicaを用いた学会運用支援 #YakugakuZasshi https://t.co/MMpYy0mC4V
Iron Deficiency #Anemia Due to the Long-term Use of a Proton Pump Inhibitor #PPI #InternMed https://t.co/Ce1CXJHVC5
RT @tsuneeet: 生来健康な男子がスクワット2000回、腹筋1000回の筋トレを行った4日後に筋肉痛、褐色尿を主訴に受診して採血でCK153640IU/Lと高値を認め横紋筋融解症と診断された一例。筋トレ回数とCKの値は驚愕だが奇跡的に?腎不全合併せず輸液のみで警戒した…
RT @AAD_Japan: レボフロキサシンの副作用による両側アキレス腱断裂の一例(整形外科と災害外科、2017年) https://t.co/pHkArKRnQ5 内服3日から両足関節部が痛くなり、3週間目に両側断裂... 内服したのは4日だけ。
RT @AAD_Japan: クラリスロマイシンにて torsades de pointes が出現したQT延長症候群の1例(日本内科学雑誌、2003) https://t.co/nfBpRFsAEw 「感冒様症状」に処方された抗菌薬でこんなことに... 死ななくてよかった。
#Daptomycin-induced Eosinophilic Pneumonia and a Review of the Published Literature #InternMed #ダプトマイシン #好酸球性肺炎 https://t.co/RFsXDPUx91
Acute Kidney Injury from Excessive Potentiation of Calcium-channel Blocker via Synergistic #CYP3A4 Inhibition by… https://t.co/0Clvcy975m
抗糸球体基底膜抗体型急速進行性糸球体腎炎を契機に #シベンゾリン 中毒を来した遷延性低血糖の1例 #GBM #RPGN #cibenzoline #hypoglycemia #AKI #日本集中治療医学会雑誌 https://t.co/R1gNYrh1Ds
静注グリチルリチン製剤による低カリウム血症から心室細動をきたした偽性アルドステロン症の1例 #日本臨床救急医学会雑誌 https://t.co/uadjtLjMBG
RT @kojima_aponet: ビタミンB6摂取量が50mg/日以上でレボドパの薬効が減弱する可能性が高くなると考えられた. 【食品衛生学雑誌】 レボドパの薬効に影響を与えるビタミンB6摂取量に関する系統的レビュー https://t.co/C6kby35FQJ
医薬品情報の補完・解析と臨床への還元~適正使用情報の補完,添付文書のリスク提示状況の分析から #薬学雑誌 #yakugakuzasshi https://t.co/vMTTEgYmtf
血清を使ったこんなワザがあるとは知りませんでした。肺炎球菌抗原は聞いてましたが… 血液透析患者に発症した #レジオネラ 肺炎の診断に, 血清を代用した尿中抗原検出試薬による検査が有用であった1例 #日本透析医学会雑誌 2017 https://t.co/b8khLYnN0H
#ビルダグリプチン による水疱性類天疱瘡を発症した維持血液透析患者の1例 #日本透析医学会雑誌 2017 #DPP4i #エクア https://t.co/uA50WrjzMo
岡山大学病院で薬剤師のICU常駐ににより、VCMのTDM実施率86.2% →96.5%↑、トラフ値10未満24.1%→15.1%↓、20 〜25が3.7%→15.7%↑。腎障害発生率6.5%→2.1%↓。 https://t.co/3IwGD2PgHI
甲状腺クリーゼに続発した非代償性心不全および消化管機能不全合併に対して静注ランジオロールからビソプロロールテープへ切り替えた一例 (英語が長すぎたため) #InternMed https://t.co/Ag6I8GxLP6
The Assessment of the Efficacy of DPP-4 Inhibitors in Pts w/ Glucocorticoid-induced Diabetes by CGM #InternMed https://t.co/w8XIxNe7m8
芍薬甘草湯内服中に低カリウム血症による心室細動を繰り返した一例 #日本集中治療医学会誌 https://t.co/vqGdTXlq1y
日本版重症患者の栄養療法ガイドライン:病態別栄養療法 #日本集中治療医学会誌 https://t.co/gjQaQ5P0Qm
3A Comparison between R-THP-COP and R-CHOP Regimens for the Treatment of DLBCL in Old Patients #IntrenMed https://t.co/di4hZoTcdz
発熱性好中球減少症患者に対する経験的抗真菌薬治療の抗真菌スペクトル別の有効性に関するメタアナリシス #YakugakuZasshi https://t.co/Ki8FXf5NBQ
會津お薬手帳を用いた薬物医療情報の共有化 日本臨床救急医学会雑誌 Vol. 20 (2017) No. 4 p. 563-571 https://t.co/cLJPdw4C4l
RT @nao_fleche: 高齢者に適した錠剤のサイズに関する報告。飲み込みやすさと取り扱いについて、主観的評価と客観的評価を併せて考えると、高齢者に適した錠剤のサイズは、直径7-8mm。錠剤が大きすぎると飲みにくく、反対に小さすぎるとつかみにくい。 https://t.c…
RT @kojima_aponet: 【薬剤学】 意識の国際化:“日本独特”では世界の薬学・薬剤師にはなり得ない―利己先行から公益先行の薬学・薬剤師への意識改革― https://t.co/TGdD51ncvc
薬剤師・薬学生を対象とした実践的Evidence-based Medicine(EBM)教育の試みとその評価 #YakugakuZasshi https://t.co/D25s3PWbde
トラマドールの併用がワルファリン服用患者のPT-INRの変動に及ぼす影響 #YakugakuZasshi https://t.co/UvjV97DYay
Pharmacokinetic/Pharmacodynamic #PKPD Analysis for #Doripenem Regimens in Intensive Care Unit #ICU Patient #BPB https://t.co/gOV7KBBsNF
大阪市大感染制御部から Clinical Characteristics of Bacteremia Caused by ESBL-producing Ecoli at a Tertiary Hospital #InterMed https://t.co/VIw59mEQsq
2次がん EBV-positive DLBCL as a Secondary Malignancy Arising in a MDS Pt who Was Treated with Azacitidine #InternMed https://t.co/NAfhOknL23
Azathioprine Intolerance in Japanese Pts with Antineutrophil Cytoplasmic Antibody-associated Vasculitis #InternMed https://t.co/1t6xsWWvIF
改めて復習。 パニック値とは〜現代版パニック値の考察〜 #日本臨床救急医学会雑誌 https://t.co/TgRjB6obF1
北大病院薬剤部の山田先生からの報告。 血液培養陽性例への抗菌薬使用に関する積極的介入は患者アウトカムの改善に貢献する~Antimicrobial stewardshipの実践とその効果~ #Yakugakuzasshi https://t.co/smMw2NKV1d
@nekonekoz @clark_dama もしや、こちらでしょうか? https://t.co/o4Hcs9BCPR 当院は細菌検査が外注で、残念ながら技師は環境ラウンド参加程度のため、薬剤師が届出抗菌薬・無菌検体陽性例など… https://t.co/x8yK3mBtEy
備忘。 #薬学実務実習 体内動態の知識を臨床応用できる薬剤師育成のための体験型 TDM 実習カリキュラムの開発 #医療薬学 Vol. 37 (2011) No. 5 P 289-295 https://t.co/zC738U6qe0
すごいな、これ。 検査値データ自動分析機能を搭載した多機能型持参薬鑑別システムの開発と効果の検討 #Iyakuhinjohogaku https://t.co/6YIvx41kua
An Immediately Accessible Search System for Interaction Information Using DBs from Both Japan&US #Iyakuhinjohogaku https://t.co/CwfIZypzov
Hypoglycemic Coma Induced by the Use of Succinic Acid Cibenzoline in Frail Late-stage Elderly Subjects #InternMed https://t.co/HladTQWQII
A Prospective Study of the Efficacy, Safety and Pharmacokinetics of Enteral #Moxifloxacin in #HD Pts w/ Pneumonia https://t.co/3mc9B9SoR6
RT @kojima_aponet: 【日本医療・病院管理学会誌】 持参薬と入院後処方薬の混在下における内服業務の標準化指針の開発 https://t.co/PWhfkfsGhf
RT @ayako700: 【外国の終末期医療】なるほど。。。 https://t.co/GcicBKTKvs https://t.co/kHnsayPiNY
薬剤師主導精神科薬物療法カンファレンスの抗精神病薬適正使用に対する効果 #Yakugakuzasshi https://t.co/LAGb7NRXrE
高齢者の安全な薬物療法ガイドラインを用いた #deprescribing の実践と患者のQOL及びADLの変化 #Yakugakuzasshi #polypharmacy https://t.co/peuCNpvIEe
感染管理支援システムを用いた薬剤師主導antimicrobial stewardship programの有用性 #Yakugakuzasshi #ASP https://t.co/o4Hcs9BCPR
備忘 鉄欠乏性貧血の治療指針 #日本内科学会雑誌 2010 https://t.co/8BdzwRTdmv
Clinical Characteristics of Methicillin-resistant CNS #MRCNS Bacteremia in a Tertiary Hospital #InternMed https://t.co/ltXbrAlXJ2
@kadsho エカリン凝固時間って初めて聞きました。 各種抗凝固薬の特徴とリスク評価 https://t.co/9tWtBbDEeB
志水先生らのケースレポート #プリンペラン Metoclopramide-induced Serotonin Syndrome #InternMed https://t.co/VI2JWQNYS8
Effects of Denosumab on Bone Metabolic Markers and Mineral Density in Pts Treated w/ Glucocorticoids #InternMed https://t.co/hjjDNWmqAZ
アクションが変わるのか?が分からないんですよねぇ… 菌血症診断における #プロカルシトニン の有効性の検討 #日本集中治療医学会雑誌 https://t.co/Qochlna5vb
札幌東徳洲会病院薬剤部からの報告。 齋藤先生、やっぱできるなあ~。 プレホスピタルでの薬剤師の関わり〜重症薬物中毒搬送の実態から薬学的教育の工夫〜 日本臨床救急医学会雑誌 https://t.co/C6ttu7nHy0
@zubuhan 先生からの報告ですね。 この前ICMでPublishって思ったら、こちらでも。すごいです。 亜硝酸ナトリウム持続投与がメトヘモグロビン維持に有用だった重症硫化水素中毒の1例 日本臨床救急医学会雑誌 https://t.co/oMfpvB3Wtf
こんな報告を見つけました、が残念ながら、#プロカルシトニン は入っておらず。まぁ、検査部門で判断するのは難しいですよね…。 臨床検査における過剰検査チェック機能の構築 #医学検査 https://t.co/0a67VXRog7
Dramatic Recovery of a Pt w/ Biguanide associated Severe Lactic Acidosis Following Thiamine Supplementation #IM https://t.co/NuaWTm6vGd
Fluoropyrimidines S-1 & Capecitabine may Prolong PT-INR by 3-Fold in Cancer Pts Receiving Warfarin #Iyakuhinjohogaku https://t.co/yEEMmMUuf4
大曲先生からシェア 山本先生の #若セミ でも出てた? #Antibiotic Prescriptions for Upper Respiratory Tract Infection in Japan #InternMed https://t.co/ULXc8StNtl
日本内科学会雑誌 Vol. 105 (2016) No. 2 p. 245-252 III.心臓弁膜症 治療の最前線 外科医vs.内科医 それぞれの立場から 3.感染性心内膜炎 編 2)内科的治療 https://t.co/JzdtVupOFv
日本内科学会雑誌 Vol. 105 (2016) No. 2 p. 238-244 III.心臓弁膜症 治療の最前線 外科医vs.内科医 それぞれの立場から 3.感染性心内膜炎 編 1)感染性心内膜炎に対する外科手 https://t.co/TcmOdHHPCn
Acute-Onset Type 1 Diabetes that Developed During the Administration of #Olanzapine https://t.co/IrvuKClNTL #InternMed 2017
Clinical Characteristics of Stenotrophomonas maltophilia Bacteremia #InternMed https://t.co/S63pdKWqw9
ヴォトリエント®︎による間質性肺疾患 Interstitial Lung Disease Induced by Pazopanib Treatment #InternMed https://t.co/sFsVylB4Aq
ガスモチン®︎(先発名)による薬剤性肝障害 Drug-induced Liver Injury Associated with Mosapride Citrate: A Report of Two Cases #InternMed https://t.co/v9C6JxNflk
味噌汁の量は血圧に違い無し。 The Effects of the Habitual Consumption of Miso Soup on the BP & HR of Japanese Adults #InternMed https://t.co/lwVmdRLXPk

お気に入り一覧(最新100件)

p値の問題は突っ込むと泥沼ではあるが、最近見かけたこれは一度読むべきだと思う https://t.co/mhs6jfZdup
一包化による待ち時間への影響を調べた研究 大阪の循環器専門病院の門前薬局1施設で行われた 【Biol Pharm Bull】 The Impact of One-Dose Package of Medicines on Pati… https://t.co/3LXuWSifdJ
J-STAGE Articles - 全国6年制薬学部・薬科大学におけるEvidence-Based Medicine(EBM)教育に関する質問紙調査 https://t.co/JeceoFYaL3
咽頭の診察所見(インフルエンザ濾胞)の意味と価値の考察(日大医誌 2013;72:11-8) インフルエンザ疑いの患者を診察する時は必ず喉を見ましょう。感度特異度は非常に高いです https://t.co/GGNuTp5aXd https://t.co/vvkD5JdBQM
亀田総合病院の報告 ロキソプロフェンテープの後発品採用で実践 【医薬品情報学】 臨床的有用性を考慮した局所皮膚適用製剤(貼付剤)の 後発医薬品評価 https://t.co/2daApXLhRn
昨年、薬学会の「ファルマシア」に投稿させていただいた「薬剤師のジャーナルクラブ」の論考がJーSTAGEでフリーアクセスになっていました。よろしければ是非。 https://t.co/QDZ9RWiQGB PDF▶https://t.co/zwPk8XN0EB
昨年、薬学会の「ファルマシア」に投稿させていただいた「薬剤師のジャーナルクラブ」の論考がJーSTAGEでフリーアクセスになっていました。よろしければ是非。 https://t.co/QDZ9RWiQGB PDF▶https://t.co/zwPk8XN0EB
薬剤師業界じゃないところから、こんな研究が出てくるのは、すごく嬉しい!薬剤師のみなさん、期待されてますよ〜。 ↓ 薬剤師を活用した医薬品リスクコミュニケーションの 可能性の探索 (科学技術コミニュケーション誌21号) https://t.co/cU4lUSVsxS
Analysis of Adverse Drug Reaction Risk in Elderly Patients Using the Japanese Adverse Drug Event Report Database https://t.co/KFZxVbCQAf
Effect of Antifungal Drugs on CYP2C9, 2C19, 3A4 Activities in Human Liver Microsomes https://t.co/3bkYr67y3N ミコナゾールは,強いのだ
ファルマシアVol. 52 (2016) No. 9 p. 901 52巻10号掲載予告 薬剤師のジャーナルクラブ インターネット上での EBM スタイル臨床教育プログラムの概要とその展望 https://t.co/oQE0jJ3z2k
薬局薬剤師による心電図モニタリング:塩酸ドネペジル服用に伴い延長した QTcが相互作用薬の変更により短縮した一例 https://t.co/euRtLsxL4y いいっすね、こういうの。
集中治療学会の栄養ガイドラインを教えてもらいました。末梢静脈栄養を行ってもよい条件は述べられていますが、ビーフリードなどの積極的な推奨もエビデンスもありません。JSPENよりもずっと作りが良いですね。  https://t.co/wDXxFstvyu
小児急性副鼻腔炎患者50人当たりの抗菌薬不使用患者数は9倍に増加した 【日本プライマリ・ケア連合学会誌】 耳鼻咽喉科診療所でのグラム染色検査によってもたらされた抗菌薬の選択・使用の変化 : 予備的検討 https://t.co/YeVNbpFSDp
@kadsho 発熱期間を有意に短く出来るのに!https://t.co/mXNgFxGIYn
日本の症例も引用 【Intern Med】 Sitagliptin (DPP-4 inhibitor)-induced rheumatoid arthritis in type 2 diabetes mellitus https://t.co/lhIC0Ydiny
Polypharmacy and Adverse Drug Events Leading to Acute Care Hospitalization in Japanese Elderly http://t.co/hL4BNqs3j2
重症薬疹に着目し,代表的な重症薬疹の特徴と重症薬疹ごとの被疑医薬品の傾向,共通点について JADER (医薬品副作用データベース)を利用して分析を試みた. 【薬剤疫学】 重篤な薬疹を引き起こす薬剤に共通点はあるのか https://t.co/LTx5eE3dPn
薬剤性低血糖による意識障害で救急受診した2型糖尿病患者50例の検討 https://t.co/8MJTcBoqSb 低血糖症の原因は主に,ハイリスク患者へのSU薬の適用と過剰な投与,腎機能障害,肝機能障害,食事摂取不足
【薬学雑誌】 節薬バッグ運動外来患者の残薬の現状とその有効活用による医療費削減の取組み https://t.co/ZhEOVmZotR https://t.co/apEhPSafRS
【薬学雑誌】 節薬バッグ運動外来患者の残薬の現状とその有効活用による医療費削減の取組み https://t.co/ZhEOVmZotR https://t.co/apEhPSafRS
JSEPTIC-CTG論文第2弾(邦文第1弾) 総説「カテーテル関連血流感染症予防に対してクロルヘキシジンア ルコールは有用か」 https://t.co/iYW8IDTOZG が日本集中治療医学会雑誌に掲載されました。 安田君ご苦労さまでした。
社会保険神戸中央病院の研究 【日本環境感染学会誌】抗菌薬の投与量・投与間隔の適正化に対する薬剤師の貢献 https://t.co/e4b0k5cmEH
日本消化器内視鏡学会雑誌に「抗血栓薬服用患者に対する消化器内視鏡診療ガイドライン」が掲載(vol.54(7),Jul,2012)。一般公開して欲しい。明日内視鏡の抄読会で読み合わせをするとのことで参加予定。  https://t.co/ALAQDYh1

フォロー(1444ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

予測困難。キウイやアボガドがダメとか・・・ 術中にアナフィラキシーショックをきたしたラテックスアレルギーの 1 例 日臨外会誌 75( 4 ),1124―1128,2014 https://t.co/TLwQbNAJQ7 https://t.co/TXU6uFGnsz
RT @tadafumisugimo1: @atmizu @CaseK_SMU @cardioathlete この日本語の論文面白い。 10年前のデータだけど北越地区で処方率が高く27%、一方で九州・中国地区は1%未満だってさ https://t.co/sGgJ99BP8b
@nebetake @CaseK_SMU @cardioathlete 一応まず添付文書 https://t.co/eqpKIGQC0m 考察はJ-rhythmのやつがよさそうですかね… https://t.co/Ww7TNrGUI8
@Fizz_DI 市販薬はむかーしの研究に基づいて承認されてる印象なので、この年代(1989)あたりの研究がヒントになるかもです。b6はしりません(^O^;) https://t.co/LmTEwghEdv
RT @m0370: オプジーボが月100万円とかキムリア3400万円とか騒ぐけど、、、この報告を見ると高齢者肺炎は1日あたり4.9万円かかって平均入院日数は20.8日、それで万単位の人数が毎年入院してるらしいですよ。恐ろしい数字よね。 https://t.co/8PxVP7S…
@shinrihataro こちらですかね https://t.co/XRowMfNaK8 https://t.co/p9bLJBG8Av 元文献が分からない。本しかありませんでした。。。また時間あるときに、、、 https://t.co/qXpDGrSbmw
RT @kojima_aponet: これは興味深いぞ 2018年3月5日収録 後半に医薬分業についての記述が 【医療と社会 28(4)2019】 第4回 「1993(平成5)年薬事法改正他」座談会録 https://t.co/Ym5AJasPjj 第4回「1993(平成5…
RT @kojima_aponet: これは興味深いぞ 2018年3月5日収録 後半に医薬分業についての記述が 【医療と社会 28(4)2019】 第4回 「1993(平成5)年薬事法改正他」座談会録 https://t.co/Ym5AJasPjj 第4回「1993(平成5…
誰のための, 何のための研究評価か:国際的な協働や競争がない場合、コミュニティ内における厳しい相互点検がより重要になると思いますが、権威主義がまかり通ることの多い日本ではうまくいかないということではないでしょうか。 https://t.co/AXGFJQ3Jak
RT @tkishi_cardiol: 家から駅まで20分歩いて毎日通る道にある、心臓の刺激伝導系解明に大きな功績を残した #田原淳 博士の住居跡。 https://t.co/B0KZWsvwK4 これも #健康ハートの日 にみんなで知っておきたいと思います。 ちなみに、こ…

フォロワー(2594ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @juisan1013: ちなみに日本語訳はこちら、 https://t.co/LgnnCMjtPg
RT @juisan1013: あったこれだわ3.5%。これは、 農林水産省に報告されたワクチン副反応の311症例のうち、11症例(3.5%)で死亡が確認された という報告ですね。とんでもない論文の読み間違いです。 母数が接種頭数ではありません。 副反応の内訳の解析であっ…
RT @juisan1013: これは先ほどの見かけた中にありましたね。 https://t.co/iWDAilYnc9 推計ですが、日本国内では高くても2万頭に1頭なのでワクチン副反応の発現頻度は0.0047%ですね。 死亡頻度となるとさらに落ちるので、3.5%なんてそんな…
RT @juisan1013: >ワクチンの副作用で皮膚病、循環器症状、副作用が確認された犬の3.5 %が死に至っている まず副作用ではなく副反応ですね。 そして狂犬病ワクチンの副反応発生率は約17万頭に1頭です。 https://t.co/iWDAilYnc9 さらに、
RT @narumita: 予測困難。キウイやアボガドがダメとか・・・ 術中にアナフィラキシーショックをきたしたラテックスアレルギーの 1 例 日臨外会誌 75( 4 ),1124―1128,2014 https://t.co/TLwQbNAJQ7 https://t.co…
RT @Carex_minima: 車で走ってて「冬でもないのに竹が枯れてるやん。強烈な除草剤でもぶっかけたか?」と思ったけどピンときた。「開花だ!」 竹の開花は100年に1度らしいけど、有性生殖の機構はどうなってるんやろかと調べたら、超面白かった。和文落ちてるのホント有難い…
予測困難。キウイやアボガドがダメとか・・・ 術中にアナフィラキシーショックをきたしたラテックスアレルギーの 1 例 日臨外会誌 75( 4 ),1124―1128,2014 https://t.co/TLwQbNAJQ7 https://t.co/TXU6uFGnsz
RT @tadafumisugimo1: @atmizu @CaseK_SMU @cardioathlete この日本語の論文面白い。 10年前のデータだけど北越地区で処方率が高く27%、一方で九州・中国地区は1%未満だってさ https://t.co/sGgJ99BP8b
@nebetake @CaseK_SMU @cardioathlete 一応まず添付文書 https://t.co/eqpKIGQC0m 考察はJ-rhythmのやつがよさそうですかね… https://t.co/Ww7TNrGUI8
RT @m0370: オプジーボが月100万円とかキムリア3400万円とか騒ぐけど、、、この報告を見ると高齢者肺炎は1日あたり4.9万円かかって平均入院日数は20.8日、それで万単位の人数が毎年入院してるらしいですよ。恐ろしい数字よね。 https://t.co/8PxVP7S…
@Fizz_DI 市販薬はむかーしの研究に基づいて承認されてる印象なので、この年代(1989)あたりの研究がヒントになるかもです。b6はしりません(^O^;) https://t.co/LmTEwghEdv
RT @BoSoBoSoSan: J-STAGE Articles - 地域在住高齢者における身体・文化・地域活動の重複実施とフレイルとの関係 https://t.co/qIEukxGo0Z
J-STAGE Articles - 地域在住高齢者における身体・文化・地域活動の重複実施とフレイルとの関係 https://t.co/qIEukxGo0Z
RT @m0370: オプジーボが月100万円とかキムリア3400万円とか騒ぐけど、、、この報告を見ると高齢者肺炎は1日あたり4.9万円かかって平均入院日数は20.8日、それで万単位の人数が毎年入院してるらしいですよ。恐ろしい数字よね。 https://t.co/8PxVP7S…
RT @kuriedits: 良い研究なのでシェアします。甘草による偽アルドステロン症の頻度について、今後多くの調査が必要としながらも 1g→1% 2g→1.7% 4g→3.3% 6g→11.1% という頻度推定値の暫定使用を提案。 甘草の使用量と偽アルドステロン症の頻度に関す…
@shinrihataro こちらですかね https://t.co/XRowMfNaK8 https://t.co/p9bLJBG8Av 元文献が分からない。本しかありませんでした。。。また時間あるときに、、、 https://t.co/qXpDGrSbmw
RT @kojima_aponet: これは興味深いぞ 2018年3月5日収録 後半に医薬分業についての記述が 【医療と社会 28(4)2019】 第4回 「1993(平成5)年薬事法改正他」座談会録 https://t.co/Ym5AJasPjj 第4回「1993(平成5…
RT @kojima_aponet: これは興味深いぞ 2018年3月5日収録 後半に医薬分業についての記述が 【医療と社会 28(4)2019】 第4回 「1993(平成5)年薬事法改正他」座談会録 https://t.co/Ym5AJasPjj 第4回「1993(平成5…