図書館法@法ロジ (@lawlibt)

投稿一覧(最新100件)

また、国立国会図書館さんは、他国の憲法との比較研究を 立法調査資料『調査と情報-Issue Brief-』http://t.co/HGv9f6pY1S にて公開されています。 日本は今後どのような未来を歩むべきか、考えるきっかけになる一日になるといいですね!
次はこちらです!憲法改正案の可決・承認に手続きに焦点を当てて、各国の特徴を紹介されています。 『主要国の憲法改正手続―12か国の憲法の特徴を探る―』http://t.co/HGv9f6pY1S この他にもとてもわかりやすく参考になる調査がたくさんあり、ありがたいですね!!
まずはこちら、『「忘れられる権利」をめぐる動向』 インターネット上で拡散された個人情報を、検索エンジンが媒介となって利用者に提供している現状を法的にどのように対処できるか各国の状況が紹介されています。 http://t.co/8jIbwjNDdj
『国立国会図書館月報』には『企画展示「あの人の直筆」報告』をはじめ、様々な展示開札がされています! http://t.co/qQvLE1dAVT
合わせてこちらも再読したいですね! 『情報管理』つながれインフォプロ・第10回 こちらは「ロー・ライブラリアン研究会」の方の記事です!!https://t.co/RfCu0RHnj1
本日は『情報管理』つながれインフォプロ・第15回の記事もご紹介させていただきます! https://t.co/LX37lUVi7F 法律図書館連絡会の方のお話です!DVD『わかりやすい法情報の調べ方』等、様々な活動がご紹介されています!
こんばんは!連休初日はいいお天気でしたね!!連休は読書!という方には、近く総選挙がありますので、こちらの資料をご紹介させていただきます。国会図書館発行・立法調査資料『レファレンス』No.766に『選挙無効訴訟と国会の裁量』棟居快行http://t.co/rpfewjlxDN
今日は国立国会図書館さん発行の『調査と情報-Issue Brief-』No.835掲載「新しい研究不正ガイドラインの論点―ガイドラインの課題とガイドライン後の課題―」をご紹介します。す。http://t.co/M3REUOckNs 研究機関関係者なら是非一読しておきたい論文です。
また、忘年会には少し早いですが、飲酒に関するこちらのまとめも興味深いです!国立国会図書館「米英仏のアルコール対策 ―飲酒に関する法規制と健康対策―」『調査と情報-Issue Brief-』http://t.co/PXoiOZhDcP
また、国会図書館さんからこちらの調査資料が公開されています。『主要国の憲法改正手続 基本情報シリーズ(16)』http://t.co/4prpouYy4q 非常にわかりやすく、まとまった資料です。ありがたいですね!
また、最近話題になったニュースなどをもう一度自分なりに考えてみるのもいいのではないでしょうか。国立国会図書館さんが『集団的自衛権をめぐる動向―政府の憲法解釈とその見直しに向けた課題を中心に―』http://t.co/HBlqQLHnLI という論文を掲載されています。
本日は、国立国会図書館さんの立法調査資料『調査と情報-ISSUE BRIEF-』No.825「取調べ可視化の現状と議論」http://t.co/RlNyRMdgK7 をご紹介させていただきます。
さて、最近改正の声が上がっている憲法さんですが、国立国会図書館さんが諸外国の憲法改正についてまとめていらっしゃいます。『諸外国における戦後の憲法改正【第4版】 』http://t.co/dc0zxTpiSP とても参考になりますね!
4)なお、発布後も国民は内容の理解に悩んだため、様々な解説書が出されました。公式では、伊藤博文の名で『憲法義解』が出されています(※実際の執筆者は井上毅と言われています)。こちらは国会図書館のデジタルコレクションで見ることができます。http://t.co/uzbgdgg1ON
こんばんは!今夜は国立国会図書館さん発行の『調査と情報-Issue Brief- 』816号「労働者派遣法改正の主要論点」をご紹介します!派遣法の歴史から丁寧に解説されていて、とても読みやすいです。必読ですね!http://t.co/j5feI6Unkv
【掲載情報】『情報管理』http://t.co/B7eWje3rjZの連載「つながれインフォプロ」第3回・リブヨさんhttp://t.co/u8cK3aZi7N の記事に管理人の羊司書が似顔絵を描かせていただきました!https://t.co/CH3QLHLu8x
『研究・実務に役立つ!リーガル・リサーチ入門』は第1回が岩隈 道洋先生の「法情報の世界」https://t.co/q7GYTLhzUR です。 執筆者は毎回変わり、少しずつテーマが深くなっていくので、秋の夜長にじっくり読むのもいいのではないでしょうか(*'▽')

12 0 0 0 OA 官報

補足②公布されたばかりの私は、昔の官報で確認できます。「国立国会図書館デジタル化資料」http://t.co/pLLvfoOA7M で確認できます。

お気に入り一覧(最新100件)

フォロー(430ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

【性的ラベリング】増田公男ほか「313 幼児の遊び行動に及ぼす性的ラベリングの効果(III)」日本教育心理学会総会発表論文集 26号 P.242-243 (1984-08-20) 日本教育心理学会 https://t.co/hi4s0D7hR9 [PDF]
【GID/家族/ルポルタージュ】佐藤万作子「ルポ・「性同一性障害」に揺れた大熊さん一家 「父」はこうして「母」になった」婦人公論 89巻2号 pp.60-63 (2004-01-22) 中央公論新社 https://t.co/4havcVAkhY
【性役割】伊藤裕子「453 性役割期待にみる男性性・女性性の内容とその構造」日本教育心理学会総会発表論文集 27号 P.486-487 (1985-08-20) 日本教育心理学会 https://t.co/1xHuXPae1e [PDF]
【GID】粟野仁雄「ダカーポ・ノンフィクション(10) 「男」になった競艇選手、「女」になったおとん…… カミングアウトしはじめた「性同一性障害」の人たち」ダカーポ 24巻3号 pp.102-113 (2004) マガジンハウス https://t.co/6pp3qBx8vB
【総合】佐々木 薫「507 偏見の形成過程に関する実験的研究」日本教育心理学会総会発表論文集 27号 P.502-503 (1985-08-20) 日本教育心理学会 https://t.co/B5H7CrfJnl [PDF]
【GID/性的交渉】北原みのり「とまどい、驚き、揺らぎ……性同一性障害の彼と探す新しい快感 (特集 心と体を満たすセックスって?)」婦人公論 89巻4号 pp.38-41 (2004-02-22) 中央公論新社 https://t.co/IV4xnVE5o6
【GID】中村美亜ほか「性のヘルスプロモーション(8)インタビュー 性同一性障害」公衆衛生 70巻6号 P.477-482 (2006-06) 医学書院 https://t.co/SFdOHXjVR1
【GID/法学/労働法/解雇】永野仁美「労働判例研究 第1004回(1084) 性同一性障害を持つ者に対する懲戒解雇の適法性 : S社事件」ジュリスト 1263号 pp.189-192 (2004-03-01) 有斐閣 https://t.co/P4TXvjzX1H
【gender/ヘテロセクシズム】堀江有里「ジェンダーで考える教育の現在(いま)(第56回)異性愛主義について考えること」ヒューマンライツ 287号 P.40-45 (2012-02) 部落解放・人権研究所 https://t.co/v81MyqnXoq
【GID/性別二元論/性教育】山内俊雄「性同一性障害から何を学ぶか : ジェンダー、性二分法への示唆 (特集 性教育はこれでよいか)」教育と医学 51巻8号 pp.759-766 (2003-08) 慶應義塾大学出版会 https://t.co/EYwQ98wNy5
【クィア/キリスト教】堀江有里「コミュニティ形成の困難と可能性 : キリスト教におけるクィア・アクティヴィズムの実践から」Cultures/critiques (臨増) P.119-138 (2012-03) 国際日本学研究会 https://t.co/OpZb9i8P1R
【GID/特例法】「話題レポート 「性同一性障害法」が成立でも残る課題 : 数千人が「疾患」に悩む中」月刊テーミス 12巻8号 pp.104-105 (2003-08) テーミス https://t.co/rOu4rMsEV4
【L/キリスト教】堀江有里「レズビアンの不可視性 : 日本基督教団を事例として」解放社会学研究 18号 P.39-60 (2004) 日本解放社会学会 https://t.co/EK6sYwp7LS
【GID/法学/労働法/裁判例】清水弥生「判例解説(2) 性同一性障害者による別性容姿での就労申出と企業秩序 : S社(性同一性障害者解雇)事件」労働判例 849号 pp.14-22 (2003-08-01) 産労総合研究所 https://t.co/3CwjrMbD3Q
【GID/LGBT】堀江有里「性的少数者の身体と国家の承認 : 「性同一性障害・特例法」をめぐって」解放社会学研究 21号 P.43-61 (2007) 日本解放社会学会 https://t.co/oXReSMvWRT
【GID/法学】星野一正「民主化の法理 / 医療の場合(99) 性同一性障害者の性別取扱い特例の法制化に成功」時の法令 1696号 pp.60-65 (2003-08-30) 国立印刷局 https://t.co/LvIxPckJFE
【LG】堀江有里「「受容」を求める運動戦略への批判的考察 : カナダ合同教会における同性愛者の運動を手がかりに」女性学評論 24巻 P.75-98 (2010-03) 神戸女学院大学 https://t.co/HyJKOjj4DE [PDF]
【GID/特例法/法学】「ロー・フォーラム 立法の話題 戸籍の性別記載の変更が可能に : 性同一性障害者特例法の成立」法学セミナー 48巻9号 pp.125 (2003-09) 日本評論社 https://t.co/IDGVa93V7n
【Gender】吉田光宏「トランズナショナルなコンテクストで構築されるジェンダー・アイデンティティの力学」神田外語大学紀要 21巻 P.61-97 (2009-03) 神田外語大学 https://t.co/1ETcgecnZG [PDF]
【GID/特例法】「法律解説 司法・法務 性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律 平成15年7月16日法律第111号」法令解説資料総覧 260号 pp.61-63 (2003-09) 第一法規 https://t.co/S7ComhD1Bf
【GID】家庭問題情報センター「ファミリーカウンセラーの窓から(52) 性同一性障害の周辺を生きる苦しさ : 女生徒の制服はどうしてスカートだけ?」住民行政の窓 254号 pp.87-90 (2003-09) 日本加除出版 https://t.co/nQtdKmGNz6
【GID/特例法】針間克己「性同一性障害の現状と特例法」日本医師会雑誌 130巻5号 pp.754-758 (2003-09-01) 日本医師会 https://t.co/7Okxx5EImY
【gender/A/文学】本合 陽「Howard Overing SturgisのTimとBelchamberにおけるアセクシュアリティ」東京女子大学紀要論集 58巻1号 P.115-138 (2007) 東京女子大学 https://t.co/PA6DhrbzK7 [PDF]
【GID/特例法】田原 牧「リレー連載「逆風に立つ」(1) 見失ったプライドと寛容性 : 「性同一性障害特例法」批判」情況 第三期 4巻9号 pp.194-200 (2003-10) 情況出版 https://t.co/oEtEiC7EbJ
【A】柿沼賢治ほか「性的マイノリティにおける無性(Aセクシャル)の概念の可能性 : Aセクシャル論文のレビュー」聖マリアンナ医学研究誌 11巻86号 P.21-25 (2011) 聖マリアンナ医学研究所 https://t.co/TFveAfVWqT
【GID/法学】大村 敦志「KEY WORD 性同一性障害」法学教室 278号 pp.2-3 (2003-11) 有斐閣 https://t.co/qdEfkL93zY
自動運転技術の開発動向と技術課題 https://t.co/Z3nPLZ5PtX
自動運転車の実現に向けた法制度上の課題 https://t.co/s6AlsaftfI
【A】染谷泰代「女ふたりという関係 : 『子供の時間』にみる「ロマンティックでasexualな関係性」試論」女性学年報 25号 P.1-19 (2004) 日本女性学研究会「女性学年報」編集委員会 https://t.co/NZdR5BzxbR
【資料】【GID】「性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律の公布等について(通知)」家庭裁判月報 55巻11号 pp.223-227 (2003-11) 最高裁判所 https://t.co/mBR0VOVMF6
【性自認/性成熟/教育】「性自認と性成熟 : 小学校における指導 (男女性成熟の学校保健<特集>)」学校保健研究 30巻10号 P.461-465 (1988-10) 日本学校保健学会 https://t.co/WTf1qsDFRK
【GID】木下勝之ほか「性同一性障害の取り扱い (特集 明日の卵巣機能の臨床を探る : TBM(理論)とEBM(実効)から)」産婦人科治療 87巻5号 pp.567-575 (2003-11) 永井書店 https://t.co/YF7iEPoxCW
【Gender/性教育】佐藤年明「思春期の性教育における男女別学習と男女合同学習の意味 : 日本とスウェーデンの実践事例にもとづいて」三重大学教育学部研究紀要 57巻 P.171-183 三重大学教育学部 https://t.co/XReUuSZ5dA [PDFリポジトリ]
【GID】岸本佳子ほか「性同一性障害(GID) 121症例の臨床解析(第117群 その他2)」日本産科婦人科學會雜誌 55巻2号 p.397 (2003-02-01) 社団法人日本産科婦人科学会 https://t.co/o7hmbbfrzk [PDF定額]
【性自認】大滝世津子「集団における性自認のメカニズム(保育者・幼児間関係編) : 幼稚園3歳児クラスの観察から」日本性研究会議会報 18巻1号 P.21-39 (2006-11) 日本性教育協会 https://t.co/Kvv0rZYn20
【GID/TS/MtF】佐々木愛子ほか「Male to Female Transsexuals(性同一性障害)のホルモン療法の検討」日本産科婦人科學會雜誌 55巻2号 p.397 社団法人日本産科婦人科学会 https://t.co/0gx3WdHlOa [PDF定額]
【性自認】大滝世津子「集団における幼児の性自認メカニズムに関する実証的研究 : 幼稚園における集団経験と幼児の性自認時期との関係」教育社会学研究 79巻 P.105-125 (2006-12-10) 日本教育社会学会 https://t.co/ceXwb1AVog [PDF]
【GID/臨床/症例】中塚幹也ほか「臨床研究 岡山大学ジェンダークリニックにおける性同一性障害121症例の検討」産科と婦人科 70巻3号 pp.368-373 (2003-03) 診断と治療社 https://t.co/Q8zw5T8SNx
【性自認】大滝世津子「幼児の「性自認時期」と「対人スタンス」との関係 : 幼稚園3歳児クラスの観察から」東京大学大学院教育学研究科紀要 46巻 P.131-144 (2007-03-10) 東京大学 https://t.co/MLBzYpF5iy [PDF]
【GID/労働法/解雇】小畑史子「最新労働基準判例解説(37) 性同一性障害と企業秩序 : S社(性同一性障害者解雇)事件(東京地決平成14.6.20)」労働基準 55巻3号 pp.18-23 (2003-03) 日本労務研究会 https://t.co/N1CsUnmwNb
【性自認】大滝世津子「2.幼児同士の集団と幼児の性自認メカニズムの関係」日本教育社会学会大会発表要旨集録 58号 P.263-264 (2006-09-22) 日本教育社会学会 https://t.co/sNrXUCbCwu [PDF]
【GID/女声】櫻庭京子ほか「女声と聴取された性同一性障害者(MtF)の音声の音響分析」日本音響学会研究発表会講演論文集 2003巻1号 pp.449-450 (2003-03-18) https://t.co/47L2lAx9XL
「道成寺と日高川」展。 一つだけ。塩路鶴堂、とてもいい(図は道成寺蔵「道成寺宮子姫伝記」より。) どうやら御坊市歴史民俗資料館で1996年に特別展で取り上げられたうちの一人らしい https://t.co/b8y3AywOhX の… https://t.co/b3W8Bsqu3a
【性自認】大滝世津子「1.集団における「幼児の性自認メカニズム」と「男女間の上下関係形成過程」の関係に関する研究」日本教育社会学会大会発表要旨集録 60号 P.19-20 (2008-09-19) 日本教育社会学会 https://t.co/5vSor8LRX8 [PDF]
【GID】原科孝雄「性同一性障害」医学検査 : 日本臨床衛生検査技師会誌 52巻4号 p.289 (2003-04-25) https://t.co/KdvqGDmISI
RT @tomo_int: ご興味がおありの方、よろしければ拙稿をご笑覧頂けましたら幸いです。どうぞよろしくお願い致します。https://t.co/4QaCFGszmE
RT @tomo_int: 『コンテンツ文化史研究』掲載の拙稿を国会図書館で複写(手元にまだ雑誌がないもので…)。思い入れのある論文だけに活字化は感慨深いですね。拙稿が少しでも倉田悠子(稲葉真弓)氏と「富士見美少女文庫」の名を後に伝えられるものとなれば幸いです。https://…
【性自認】大滝世津子「集団における幼児の性自認メカニズムに関する研究 : 幼稚園3歳児クラスにおける総合的分析から」日本教育社会学会大会発表要旨集録 59号 P.91-92 (2007-09-22) 日本教育社会学会 https://t.co/SOTe40pij9 [PDF]
【GID/解雇/労働法/裁判例】新谷眞人「性同一性障害者に対する懲戒解雇の正当性--S社事件・東京地裁決定の研究(平成14.6.20)」労働法律旬報 1553号 pp.22-25 (2003-06) 旬報社 https://t.co/28H8rNGcYt
【Gender/BL】ジェシカ 杉本 バウエンス「アクション映画にみるドッペルゲンガーとマッチョの自己愛 : BL愛好家の視点から (特集 趣味のクロスジェンダー)」年報『少女』文化研究 5号 P.65-72 「少女」文化研究会 https://t.co/I9as1zLFpm
【GID】長根裕介ほか「症例 性同一性障害による自己去勢」臨床泌尿器科 57巻7号 pp.529-531 (2003-06) 医学書院 https://t.co/74w98GL9Tu
【Gender】増田のぞみ「「少年」文化との遭遇 : 男女別遊・別玩具の謎 (特集 趣味のクロスジェンダー)」年報『少女』文化研究 5号 P.23-30 (2011) 「少女」文化研究会 https://t.co/zfimv2IdvT
【GID/戸籍/ルポルタージュ】石井政之「ルポ なぜ日本では「戸籍の性」を変えられないのか (性同一性障害--当事者たちの闘い)」 婦人公論 88巻12号 pp.136-139 (2003-06-22) 中央公論新社 https://t.co/JQxJQmlSBT
【Gender】大戸朋子「男性向け恋愛シミュレーションゲームと女性プレイヤー : 「ここ」と「そこ」をめぐって (特集 趣味のクロスジェンダー)」年報『少女』文化研究 5号 P.8-13 (2011) 「少女」文化研究会 https://t.co/khEnLehRLE
【GID/人権】虎井 まさ衛「希望と人権の海へ漕ぎ出そう : 性同一性障害への理解の輪を広めるために」部落解放 520号 pp.82-89 (2003-07) 解放出版社 https://t.co/IU1AzyofwN
【Gender】西原麻里「男の子の趣味で遊ぶわたし、だいじょうぶ? (特集 趣味のクロスジェンダー)」年報『少女』文化研究 5号 P.20-22 (2011) 「少女」文化研究会 https://t.co/ChxCB2KdsT
【GID】山内俊雄「性の多様性 : 性同一性障害から考える (特集 こころとからだのエコロジー)」談 68号 pp.47-70 (2003) たばこ総合研究センター https://t.co/YBhSp5AC2a
【L/Coming out】山本歩美「カミングアウトから見る思春期・青年期の女性同性愛者の葛藤」年報人間関係学 14号 P.45-68 (2011-12) 京都光華女子大学人間関係学会 https://t.co/7rfFzBWHpq
【GID/特例法】針間克己「時評 「性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律」をめぐって」心と社会 34巻4号 pp.44-49 (2003) 日本精神衛生会 https://t.co/rQPGDlmAir
【LGB/人権】タン ルイ=ジョルジュ「ルイ=ジョルジュ・タン氏講演会 同性愛と人権の問い」異文化 13号 P.4-34 (2012) 法政大学国際文化学部 https://t.co/a9oXrx1Qx6 [PDFリポジトリ]
【GID/ジェンダー/特例法】筒井真樹子「消し去られたジェンダーの視点 : 「性同一性障害特例法」の問題点」インパクション 137号 pp.174-181 (2003) インパクト出版会 https://t.co/b6SOF6582m
【LGB/法】谷口洋幸「判例紹介 同性愛嫌悪と表現の自由 : Vejdeland対スウェーデン事件[ヨーロッパ人権裁判所2012.2.9判決]」国際人権 : 国際人権法学会報 23号 P.131-133 (2012) 国際人権法学会 https://t.co/FRgTtgh9XD
【GID】梅宮新偉「輪状甲状軟骨接近術による声の女性化がもたらすmale to female性同一性障害transsexualの心理面における経時的変化」研究紀要 35巻 pp.63-68 (2003) 福島学院大学 https://t.co/afnWCbb6Lj
【LGB】則武立樹「欧州人権裁判所における性的マイノリティ事例の現状と課題 : 同性愛者の家族関係の維持・形成の問題を中心に」阪大法学 61巻6号 P.1401-1430 (2012-03) 大阪大学大学院法学研究科 https://t.co/R4OiKHiUpt
【GID】石原 理「性同一性障害 : とくに思春期における問題点」臨婦産 57巻 pp.1206-1209 (2003) https://t.co/DsFs8mGigG
【LGB】宮腰辰男「セクシャルマイノリティを生きるということ : 同性愛者がセクシュアリティを受け入れるプロセス」大正大学カウンセリング研究所紀要 35号 P.63-77 (2012-03) 大正大学出版部 https://t.co/BgMzAoZy4L
【GID/医療費/ホルモン療法】赤堀洋一郎「性同一性障害症例の医療費の現状 : ホルモン療法を中心に」臨床婦人科産科 57巻10号 pp.1335-1341 (2003) https://t.co/Hs8yCJUFG2
【L】松葉志穂「近代日本における職業婦人同士の心中と同性愛 : 1920~30年代を中心に」大阪大学日本学報 31号 P.111-129 (2012-03) 大阪大学大学院文学研究科日本学研究室 https://t.co/uSNu7EA604
【GID】畑田倫宏「西日本における性同一性障害患者の現状」西日泌尿 65巻 p.146 (2003) https://t.co/1DFNaBr5aF
【LG】山本章加ほか「パーソナリティとイメージが同性愛者に対する態度に与える影響」徳島文理大学研究紀要 84巻 P.85-91 (2012-09) 徳島文理大学 https://t.co/gZQ3T1gkPl [PDF]
【GID/ホルモン療法】谷澤晶子「性同一性障害のホルモン療法」埼玉医会誌 37巻 pp.634-639 (2003) https://t.co/Uo87KQ2GBv
【LG】永野 靖「未だ、無理解、偏見に晒されている同性愛者 (特集 マイノリティとマジョリティの共生を目指して)」法と民主主義 473号 P.28-33 (2012-11) 日本民主法律家協会 https://t.co/P5W5cLludT
【LGB】吉田右子ほか「アメリカ図書館協会における同性愛差別法反対運動 : 図書館専門職の社会的責任」図書館界 64巻5号 P.328-340 (2013-01) 日本図書館研究会 https://t.co/UZlmNLIDjb
【GID/MtF/婚姻/家族/家族関係】梅宮新偉「性同一性障害と家族関係 : 特に既婚 Male to Female/GID(遅発中核群)の夫婦関係の考察」研究紀要 34巻 pp.111-124 (2002) 福島学院短期大学 https://t.co/Zf2R2a6yz4
【TG/Feminism】野宮亜紀「わたしとフェミニズムのあいだ・トランスジェンダーの視点とフェミニズム」インパクション 117号 P.70-73 (2000-01) インパクト出版会 https://t.co/t4SebZ5PUD
【GID】日本精神神経学会「性同一性障害に関する診断と治療のガイドライン(第2版)」精神神経学雑誌 104巻7号 pp.618-632 (2002) 日本精神神経学会 https://t.co/cXfMEdUGJ1
【TG】森野ほのほ「手をつなぎはじめたトランスジェンダーたち」創 29巻10号 P.144-147 (1999-11) 創出版 https://t.co/is5LyHRNoL
【GID/TS/MtF/ホルモン療法】菊池由加子「Male to Female Transsexuals (性同一性障害) のホルモン療法の現状」臨床婦人科産科 56巻8号 pp.1030-1035 (2002) https://t.co/LNpD97bVPC
【Feminism/TG】ウィーンリーハ サスキア[著]ほか「〈研究会報告〉女性のエンパワーメントとトランスジェンダーの問題 : 理論的考察」環太平洋女性学研究会会報Rim 1巻1号 P.79-93 (1999-03) 城西大学 https://t.co/mBgI8MIvoK
【GID】福井 敏ほか「性同一性障害(G.I.D.)にみる依存性について」福岡大学医学紀要 29巻1号 pp.29-36 (2002-03) 福岡大学研究推進部 https://t.co/K3mqZwQr9F
【Gender-Free】國信潤子「<時の話題> ジェンダー・フリーな生き方 (トランスジェンダー)」三田評論 999巻 P.34-35 (1998-02-01) 慶應義塾大学 https://t.co/FzcOfdptC0
【GID】黒柳俊恭「思春期前後の性同一性障害の治療を中心に」思春期学 20巻2号 pp.235-241 (2002-06-25) https://t.co/3OwCqNSIBL
【Gender】黒木まり子「<時の話題> 女性だけの分野が危機 : 男性の美容・ファッションの傾向 (トランスジェンダー)」三田評論 999巻 P.36-37 (1998-02-01) 慶應義塾大学 https://t.co/oI2SmD7ZaG
【GID/SRS】井口裕樹ほか「性同一性障害患者に対する性別適合手術」日本性機能学会雑誌 17巻2号 pp.178-179 (2002-08-02) https://t.co/tzXGMlJATT
【ジェンダーバイアス】佐渡眞紀子「<時の話題> 犯罪報道におけるジェンダーバイアス (トランスジェンダー)」三田評論 999巻 P.38-39 (1998-02-01) 慶應義塾大学 https://t.co/jgon7w2PrD
【GID/生物学的性/MRI】河村洋子「性同一性障害者におけるホルモン療法がMRI正中矢状断の脳梁主軸方位に与える影響」生体・生理工学シンポジウム論文集 17巻 pp.323-324 (2002-09-09) https://t.co/KjNic0mq0L
【TG】中村理恵「トランスジェンダー体験」ベトナムの社会と文化 3号 P.415-417 (2001) 風響社 https://t.co/Kbr0spV053
【GID/TG】黒柳俊恭「性転換手術を受けない性同一性障害者」のこころのケアに関する一考察」日本性科学会雑誌 20巻2号 p.153 (2002-10-10) https://t.co/yKIRg10U0h
【TG】月刊テーミス「「トランスジェンダー」達の逞しい生き方」月刊テーミス 10巻1号 P.102-103 (2001-01) テーミス https://t.co/Y2P3srUrBo
【GID/映画】村川 英「異文化との出逢い(179) アメリカ映画『ロバート・イーズ』 : 性同一性障害から性転換した人の魅力的な人間ドラマ」国会月報 49巻647号 pp.70-72 (2002-11) 国会資料協会 https://t.co/1t08h3wSNs
【TG】渡部桃子「トランスジェンダーとは : その歴史,その可能性」アメリカ研究 36号 P.75-89 (2002) アメリカ学会 https://t.co/xxkw4Ewgnf
【TG】山崎永美子「essay 自分らしさを表現できる世の中へ : トランスジェンダーに学ぶ自分らしさの考え方」エストレーラ 95号 P.66-69 (2002-02) 統計情報研究開発センター https://t.co/sAFfipvARX
【GID】長戸康和「現代流行之医療言葉(いまはやりのいりょうのことば)(5) 性同一性障害」月刊ナーシング 21巻9号 pp.8-11 (2001-08) 学習研究社 https://t.co/H5LdKQGQyW
【Feminism/TG/GID】石田 仁「フェミニズムが性同一性障害/トランスジェンダーに出逢うために」神奈川大学評論 46号 P.127-130 (2003) 神奈川大学広報委員会 https://t.co/i7n3yJXs4i
【GID/差別/法学】大島俊之「<論説>性同一性障害と職場における差別 : アメリカ法 (西尾信一教授退職記念号)」神戸学院法学 31巻2号 pp.593-835 (2001-09-20) 神戸学院大学 https://t.co/amniNYUJjU
【L/TG】堀江有里「「レズビアン」という生き方(10) トランスジェンダー : 身近な隣人」福音と世界 58巻4号 P.56-59 (2003-04) 新教出版社 https://t.co/FRG2mnsArh
【GID】庄野伸幸「心理検査からみた性同一性障害」ロールシャッハ法研究 5巻 pp.29-42 (2001-11) 日本ロールシャッハ学会 https://t.co/RUWWJbDabo
RT @odg1967: 「時代」の章は、法制史学会の「シンポジウム 法学における歴史的思考の意味」( https://t.co/S8LLUzKoho )での樋口陽一さんのご報告と読み合わせると面白いのではないかと。 https://t.co/KxOxOtY7Xc
【TG】土肥いつき「人権 セクシュアルマイノリティーの人権 : 不完全フルタイムトランスジェンダーとして」部落解放 528号 P.241-250 (2004) 解放出版社 https://t.co/BFgSrUs00M
【GID/刑事政策/刑事施設】大島俊之「拘置所・刑務所における性同一性障害者の処遇」ジュリスト 1212号 pp.73-79 (2001-11-15) 有斐閣 https://t.co/MoZ59mSzO8

フォロワー(451ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

【性的ラベリング】増田公男ほか「313 幼児の遊び行動に及ぼす性的ラベリングの効果(III)」日本教育心理学会総会発表論文集 26号 P.242-243 (1984-08-20) 日本教育心理学会 https://t.co/hi4s0D7hR9 [PDF]
【GID/家族/ルポルタージュ】佐藤万作子「ルポ・「性同一性障害」に揺れた大熊さん一家 「父」はこうして「母」になった」婦人公論 89巻2号 pp.60-63 (2004-01-22) 中央公論新社 https://t.co/4havcVAkhY
【性役割】伊藤裕子「453 性役割期待にみる男性性・女性性の内容とその構造」日本教育心理学会総会発表論文集 27号 P.486-487 (1985-08-20) 日本教育心理学会 https://t.co/1xHuXPae1e [PDF]
【GID】粟野仁雄「ダカーポ・ノンフィクション(10) 「男」になった競艇選手、「女」になったおとん…… カミングアウトしはじめた「性同一性障害」の人たち」ダカーポ 24巻3号 pp.102-113 (2004) マガジンハウス https://t.co/6pp3qBx8vB
【総合】佐々木 薫「507 偏見の形成過程に関する実験的研究」日本教育心理学会総会発表論文集 27号 P.502-503 (1985-08-20) 日本教育心理学会 https://t.co/B5H7CrfJnl [PDF]
【GID/性的交渉】北原みのり「とまどい、驚き、揺らぎ……性同一性障害の彼と探す新しい快感 (特集 心と体を満たすセックスって?)」婦人公論 89巻4号 pp.38-41 (2004-02-22) 中央公論新社 https://t.co/IV4xnVE5o6
【GID】中村美亜ほか「性のヘルスプロモーション(8)インタビュー 性同一性障害」公衆衛生 70巻6号 P.477-482 (2006-06) 医学書院 https://t.co/SFdOHXjVR1
【GID/法学/労働法/解雇】永野仁美「労働判例研究 第1004回(1084) 性同一性障害を持つ者に対する懲戒解雇の適法性 : S社事件」ジュリスト 1263号 pp.189-192 (2004-03-01) 有斐閣 https://t.co/P4TXvjzX1H
【gender/ヘテロセクシズム】堀江有里「ジェンダーで考える教育の現在(いま)(第56回)異性愛主義について考えること」ヒューマンライツ 287号 P.40-45 (2012-02) 部落解放・人権研究所 https://t.co/v81MyqnXoq
【GID/性別二元論/性教育】山内俊雄「性同一性障害から何を学ぶか : ジェンダー、性二分法への示唆 (特集 性教育はこれでよいか)」教育と医学 51巻8号 pp.759-766 (2003-08) 慶應義塾大学出版会 https://t.co/EYwQ98wNy5
【クィア/キリスト教】堀江有里「コミュニティ形成の困難と可能性 : キリスト教におけるクィア・アクティヴィズムの実践から」Cultures/critiques (臨増) P.119-138 (2012-03) 国際日本学研究会 https://t.co/OpZb9i8P1R
【GID/特例法】「話題レポート 「性同一性障害法」が成立でも残る課題 : 数千人が「疾患」に悩む中」月刊テーミス 12巻8号 pp.104-105 (2003-08) テーミス https://t.co/rOu4rMsEV4
【L/キリスト教】堀江有里「レズビアンの不可視性 : 日本基督教団を事例として」解放社会学研究 18号 P.39-60 (2004) 日本解放社会学会 https://t.co/EK6sYwp7LS
【GID/法学/労働法/裁判例】清水弥生「判例解説(2) 性同一性障害者による別性容姿での就労申出と企業秩序 : S社(性同一性障害者解雇)事件」労働判例 849号 pp.14-22 (2003-08-01) 産労総合研究所 https://t.co/3CwjrMbD3Q
【GID/LGBT】堀江有里「性的少数者の身体と国家の承認 : 「性同一性障害・特例法」をめぐって」解放社会学研究 21号 P.43-61 (2007) 日本解放社会学会 https://t.co/oXReSMvWRT
【GID/法学】星野一正「民主化の法理 / 医療の場合(99) 性同一性障害者の性別取扱い特例の法制化に成功」時の法令 1696号 pp.60-65 (2003-08-30) 国立印刷局 https://t.co/LvIxPckJFE
【LG】堀江有里「「受容」を求める運動戦略への批判的考察 : カナダ合同教会における同性愛者の運動を手がかりに」女性学評論 24巻 P.75-98 (2010-03) 神戸女学院大学 https://t.co/HyJKOjj4DE [PDF]
【GID/特例法/法学】「ロー・フォーラム 立法の話題 戸籍の性別記載の変更が可能に : 性同一性障害者特例法の成立」法学セミナー 48巻9号 pp.125 (2003-09) 日本評論社 https://t.co/IDGVa93V7n
【Gender】吉田光宏「トランズナショナルなコンテクストで構築されるジェンダー・アイデンティティの力学」神田外語大学紀要 21巻 P.61-97 (2009-03) 神田外語大学 https://t.co/1ETcgecnZG [PDF]
【GID/特例法】「法律解説 司法・法務 性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律 平成15年7月16日法律第111号」法令解説資料総覧 260号 pp.61-63 (2003-09) 第一法規 https://t.co/S7ComhD1Bf
【GID】家庭問題情報センター「ファミリーカウンセラーの窓から(52) 性同一性障害の周辺を生きる苦しさ : 女生徒の制服はどうしてスカートだけ?」住民行政の窓 254号 pp.87-90 (2003-09) 日本加除出版 https://t.co/nQtdKmGNz6
【GID/特例法】針間克己「性同一性障害の現状と特例法」日本医師会雑誌 130巻5号 pp.754-758 (2003-09-01) 日本医師会 https://t.co/7Okxx5EImY
【gender/A/文学】本合 陽「Howard Overing SturgisのTimとBelchamberにおけるアセクシュアリティ」東京女子大学紀要論集 58巻1号 P.115-138 (2007) 東京女子大学 https://t.co/PA6DhrbzK7 [PDF]
【GID/特例法】田原 牧「リレー連載「逆風に立つ」(1) 見失ったプライドと寛容性 : 「性同一性障害特例法」批判」情況 第三期 4巻9号 pp.194-200 (2003-10) 情況出版 https://t.co/oEtEiC7EbJ
【A】柿沼賢治ほか「性的マイノリティにおける無性(Aセクシャル)の概念の可能性 : Aセクシャル論文のレビュー」聖マリアンナ医学研究誌 11巻86号 P.21-25 (2011) 聖マリアンナ医学研究所 https://t.co/TFveAfVWqT
【GID/法学】大村 敦志「KEY WORD 性同一性障害」法学教室 278号 pp.2-3 (2003-11) 有斐閣 https://t.co/qdEfkL93zY
自動運転技術の開発動向と技術課題 https://t.co/Z3nPLZ5PtX
自動運転車の実現に向けた法制度上の課題 https://t.co/s6AlsaftfI
【A】染谷泰代「女ふたりという関係 : 『子供の時間』にみる「ロマンティックでasexualな関係性」試論」女性学年報 25号 P.1-19 (2004) 日本女性学研究会「女性学年報」編集委員会 https://t.co/NZdR5BzxbR
【資料】【GID】「性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律の公布等について(通知)」家庭裁判月報 55巻11号 pp.223-227 (2003-11) 最高裁判所 https://t.co/mBR0VOVMF6
【性自認/性成熟/教育】「性自認と性成熟 : 小学校における指導 (男女性成熟の学校保健<特集>)」学校保健研究 30巻10号 P.461-465 (1988-10) 日本学校保健学会 https://t.co/WTf1qsDFRK
【GID】木下勝之ほか「性同一性障害の取り扱い (特集 明日の卵巣機能の臨床を探る : TBM(理論)とEBM(実効)から)」産婦人科治療 87巻5号 pp.567-575 (2003-11) 永井書店 https://t.co/YF7iEPoxCW
【Gender/性教育】佐藤年明「思春期の性教育における男女別学習と男女合同学習の意味 : 日本とスウェーデンの実践事例にもとづいて」三重大学教育学部研究紀要 57巻 P.171-183 三重大学教育学部 https://t.co/XReUuSZ5dA [PDFリポジトリ]
【GID】岸本佳子ほか「性同一性障害(GID) 121症例の臨床解析(第117群 その他2)」日本産科婦人科學會雜誌 55巻2号 p.397 (2003-02-01) 社団法人日本産科婦人科学会 https://t.co/o7hmbbfrzk [PDF定額]
【性自認】大滝世津子「集団における性自認のメカニズム(保育者・幼児間関係編) : 幼稚園3歳児クラスの観察から」日本性研究会議会報 18巻1号 P.21-39 (2006-11) 日本性教育協会 https://t.co/Kvv0rZYn20
【GID/TS/MtF】佐々木愛子ほか「Male to Female Transsexuals(性同一性障害)のホルモン療法の検討」日本産科婦人科學會雜誌 55巻2号 p.397 社団法人日本産科婦人科学会 https://t.co/0gx3WdHlOa [PDF定額]
【性自認】大滝世津子「集団における幼児の性自認メカニズムに関する実証的研究 : 幼稚園における集団経験と幼児の性自認時期との関係」教育社会学研究 79巻 P.105-125 (2006-12-10) 日本教育社会学会 https://t.co/ceXwb1AVog [PDF]
【GID/臨床/症例】中塚幹也ほか「臨床研究 岡山大学ジェンダークリニックにおける性同一性障害121症例の検討」産科と婦人科 70巻3号 pp.368-373 (2003-03) 診断と治療社 https://t.co/Q8zw5T8SNx
【性自認】大滝世津子「幼児の「性自認時期」と「対人スタンス」との関係 : 幼稚園3歳児クラスの観察から」東京大学大学院教育学研究科紀要 46巻 P.131-144 (2007-03-10) 東京大学 https://t.co/MLBzYpF5iy [PDF]
【GID/労働法/解雇】小畑史子「最新労働基準判例解説(37) 性同一性障害と企業秩序 : S社(性同一性障害者解雇)事件(東京地決平成14.6.20)」労働基準 55巻3号 pp.18-23 (2003-03) 日本労務研究会 https://t.co/N1CsUnmwNb
【性自認】大滝世津子「2.幼児同士の集団と幼児の性自認メカニズムの関係」日本教育社会学会大会発表要旨集録 58号 P.263-264 (2006-09-22) 日本教育社会学会 https://t.co/sNrXUCbCwu [PDF]
【GID/女声】櫻庭京子ほか「女声と聴取された性同一性障害者(MtF)の音声の音響分析」日本音響学会研究発表会講演論文集 2003巻1号 pp.449-450 (2003-03-18) https://t.co/47L2lAx9XL
「道成寺と日高川」展。 一つだけ。塩路鶴堂、とてもいい(図は道成寺蔵「道成寺宮子姫伝記」より。) どうやら御坊市歴史民俗資料館で1996年に特別展で取り上げられたうちの一人らしい https://t.co/b8y3AywOhX の… https://t.co/b3W8Bsqu3a
【性自認】大滝世津子「1.集団における「幼児の性自認メカニズム」と「男女間の上下関係形成過程」の関係に関する研究」日本教育社会学会大会発表要旨集録 60号 P.19-20 (2008-09-19) 日本教育社会学会 https://t.co/5vSor8LRX8 [PDF]
【GID】原科孝雄「性同一性障害」医学検査 : 日本臨床衛生検査技師会誌 52巻4号 p.289 (2003-04-25) https://t.co/KdvqGDmISI
RT @tomo_int: ご興味がおありの方、よろしければ拙稿をご笑覧頂けましたら幸いです。どうぞよろしくお願い致します。https://t.co/4QaCFGszmE
RT @tomo_int: 『コンテンツ文化史研究』掲載の拙稿を国会図書館で複写(手元にまだ雑誌がないもので…)。思い入れのある論文だけに活字化は感慨深いですね。拙稿が少しでも倉田悠子(稲葉真弓)氏と「富士見美少女文庫」の名を後に伝えられるものとなれば幸いです。https://…
【性自認】大滝世津子「集団における幼児の性自認メカニズムに関する研究 : 幼稚園3歳児クラスにおける総合的分析から」日本教育社会学会大会発表要旨集録 59号 P.91-92 (2007-09-22) 日本教育社会学会 https://t.co/SOTe40pij9 [PDF]
【GID/解雇/労働法/裁判例】新谷眞人「性同一性障害者に対する懲戒解雇の正当性--S社事件・東京地裁決定の研究(平成14.6.20)」労働法律旬報 1553号 pp.22-25 (2003-06) 旬報社 https://t.co/28H8rNGcYt
【Gender/BL】ジェシカ 杉本 バウエンス「アクション映画にみるドッペルゲンガーとマッチョの自己愛 : BL愛好家の視点から (特集 趣味のクロスジェンダー)」年報『少女』文化研究 5号 P.65-72 「少女」文化研究会 https://t.co/I9as1zLFpm
【GID】長根裕介ほか「症例 性同一性障害による自己去勢」臨床泌尿器科 57巻7号 pp.529-531 (2003-06) 医学書院 https://t.co/74w98GL9Tu
【Gender】増田のぞみ「「少年」文化との遭遇 : 男女別遊・別玩具の謎 (特集 趣味のクロスジェンダー)」年報『少女』文化研究 5号 P.23-30 (2011) 「少女」文化研究会 https://t.co/zfimv2IdvT
【GID/戸籍/ルポルタージュ】石井政之「ルポ なぜ日本では「戸籍の性」を変えられないのか (性同一性障害--当事者たちの闘い)」 婦人公論 88巻12号 pp.136-139 (2003-06-22) 中央公論新社 https://t.co/JQxJQmlSBT
【Gender】大戸朋子「男性向け恋愛シミュレーションゲームと女性プレイヤー : 「ここ」と「そこ」をめぐって (特集 趣味のクロスジェンダー)」年報『少女』文化研究 5号 P.8-13 (2011) 「少女」文化研究会 https://t.co/khEnLehRLE
【GID/人権】虎井 まさ衛「希望と人権の海へ漕ぎ出そう : 性同一性障害への理解の輪を広めるために」部落解放 520号 pp.82-89 (2003-07) 解放出版社 https://t.co/IU1AzyofwN
【Gender】西原麻里「男の子の趣味で遊ぶわたし、だいじょうぶ? (特集 趣味のクロスジェンダー)」年報『少女』文化研究 5号 P.20-22 (2011) 「少女」文化研究会 https://t.co/ChxCB2KdsT
【GID】山内俊雄「性の多様性 : 性同一性障害から考える (特集 こころとからだのエコロジー)」談 68号 pp.47-70 (2003) たばこ総合研究センター https://t.co/YBhSp5AC2a
【L/Coming out】山本歩美「カミングアウトから見る思春期・青年期の女性同性愛者の葛藤」年報人間関係学 14号 P.45-68 (2011-12) 京都光華女子大学人間関係学会 https://t.co/7rfFzBWHpq
【GID/特例法】針間克己「時評 「性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律」をめぐって」心と社会 34巻4号 pp.44-49 (2003) 日本精神衛生会 https://t.co/rQPGDlmAir
【LGB/人権】タン ルイ=ジョルジュ「ルイ=ジョルジュ・タン氏講演会 同性愛と人権の問い」異文化 13号 P.4-34 (2012) 法政大学国際文化学部 https://t.co/a9oXrx1Qx6 [PDFリポジトリ]
【GID/ジェンダー/特例法】筒井真樹子「消し去られたジェンダーの視点 : 「性同一性障害特例法」の問題点」インパクション 137号 pp.174-181 (2003) インパクト出版会 https://t.co/b6SOF6582m
【LGB/法】谷口洋幸「判例紹介 同性愛嫌悪と表現の自由 : Vejdeland対スウェーデン事件[ヨーロッパ人権裁判所2012.2.9判決]」国際人権 : 国際人権法学会報 23号 P.131-133 (2012) 国際人権法学会 https://t.co/FRgTtgh9XD
【GID】梅宮新偉「輪状甲状軟骨接近術による声の女性化がもたらすmale to female性同一性障害transsexualの心理面における経時的変化」研究紀要 35巻 pp.63-68 (2003) 福島学院大学 https://t.co/afnWCbb6Lj
【LGB】則武立樹「欧州人権裁判所における性的マイノリティ事例の現状と課題 : 同性愛者の家族関係の維持・形成の問題を中心に」阪大法学 61巻6号 P.1401-1430 (2012-03) 大阪大学大学院法学研究科 https://t.co/R4OiKHiUpt
【GID】石原 理「性同一性障害 : とくに思春期における問題点」臨婦産 57巻 pp.1206-1209 (2003) https://t.co/DsFs8mGigG
【LGB】宮腰辰男「セクシャルマイノリティを生きるということ : 同性愛者がセクシュアリティを受け入れるプロセス」大正大学カウンセリング研究所紀要 35号 P.63-77 (2012-03) 大正大学出版部 https://t.co/BgMzAoZy4L
【GID/医療費/ホルモン療法】赤堀洋一郎「性同一性障害症例の医療費の現状 : ホルモン療法を中心に」臨床婦人科産科 57巻10号 pp.1335-1341 (2003) https://t.co/Hs8yCJUFG2
【L】松葉志穂「近代日本における職業婦人同士の心中と同性愛 : 1920~30年代を中心に」大阪大学日本学報 31号 P.111-129 (2012-03) 大阪大学大学院文学研究科日本学研究室 https://t.co/uSNu7EA604
【GID】畑田倫宏「西日本における性同一性障害患者の現状」西日泌尿 65巻 p.146 (2003) https://t.co/1DFNaBr5aF
【LG】山本章加ほか「パーソナリティとイメージが同性愛者に対する態度に与える影響」徳島文理大学研究紀要 84巻 P.85-91 (2012-09) 徳島文理大学 https://t.co/gZQ3T1gkPl [PDF]
【GID/ホルモン療法】谷澤晶子「性同一性障害のホルモン療法」埼玉医会誌 37巻 pp.634-639 (2003) https://t.co/Uo87KQ2GBv
【LG】永野 靖「未だ、無理解、偏見に晒されている同性愛者 (特集 マイノリティとマジョリティの共生を目指して)」法と民主主義 473号 P.28-33 (2012-11) 日本民主法律家協会 https://t.co/P5W5cLludT
【LGB】吉田右子ほか「アメリカ図書館協会における同性愛差別法反対運動 : 図書館専門職の社会的責任」図書館界 64巻5号 P.328-340 (2013-01) 日本図書館研究会 https://t.co/UZlmNLIDjb
【GID/MtF/婚姻/家族/家族関係】梅宮新偉「性同一性障害と家族関係 : 特に既婚 Male to Female/GID(遅発中核群)の夫婦関係の考察」研究紀要 34巻 pp.111-124 (2002) 福島学院短期大学 https://t.co/Zf2R2a6yz4
【TG/Feminism】野宮亜紀「わたしとフェミニズムのあいだ・トランスジェンダーの視点とフェミニズム」インパクション 117号 P.70-73 (2000-01) インパクト出版会 https://t.co/t4SebZ5PUD
【GID】日本精神神経学会「性同一性障害に関する診断と治療のガイドライン(第2版)」精神神経学雑誌 104巻7号 pp.618-632 (2002) 日本精神神経学会 https://t.co/cXfMEdUGJ1
【TG】森野ほのほ「手をつなぎはじめたトランスジェンダーたち」創 29巻10号 P.144-147 (1999-11) 創出版 https://t.co/is5LyHRNoL
【GID/TS/MtF/ホルモン療法】菊池由加子「Male to Female Transsexuals (性同一性障害) のホルモン療法の現状」臨床婦人科産科 56巻8号 pp.1030-1035 (2002) https://t.co/LNpD97bVPC
【Feminism/TG】ウィーンリーハ サスキア[著]ほか「〈研究会報告〉女性のエンパワーメントとトランスジェンダーの問題 : 理論的考察」環太平洋女性学研究会会報Rim 1巻1号 P.79-93 (1999-03) 城西大学 https://t.co/mBgI8MIvoK
【GID】福井 敏ほか「性同一性障害(G.I.D.)にみる依存性について」福岡大学医学紀要 29巻1号 pp.29-36 (2002-03) 福岡大学研究推進部 https://t.co/K3mqZwQr9F
【Gender-Free】國信潤子「<時の話題> ジェンダー・フリーな生き方 (トランスジェンダー)」三田評論 999巻 P.34-35 (1998-02-01) 慶應義塾大学 https://t.co/FzcOfdptC0
【GID】黒柳俊恭「思春期前後の性同一性障害の治療を中心に」思春期学 20巻2号 pp.235-241 (2002-06-25) https://t.co/3OwCqNSIBL
【Gender】黒木まり子「<時の話題> 女性だけの分野が危機 : 男性の美容・ファッションの傾向 (トランスジェンダー)」三田評論 999巻 P.36-37 (1998-02-01) 慶應義塾大学 https://t.co/oI2SmD7ZaG
【GID/SRS】井口裕樹ほか「性同一性障害患者に対する性別適合手術」日本性機能学会雑誌 17巻2号 pp.178-179 (2002-08-02) https://t.co/tzXGMlJATT
【ジェンダーバイアス】佐渡眞紀子「<時の話題> 犯罪報道におけるジェンダーバイアス (トランスジェンダー)」三田評論 999巻 P.38-39 (1998-02-01) 慶應義塾大学 https://t.co/jgon7w2PrD
【GID/生物学的性/MRI】河村洋子「性同一性障害者におけるホルモン療法がMRI正中矢状断の脳梁主軸方位に与える影響」生体・生理工学シンポジウム論文集 17巻 pp.323-324 (2002-09-09) https://t.co/KjNic0mq0L
【TG】中村理恵「トランスジェンダー体験」ベトナムの社会と文化 3号 P.415-417 (2001) 風響社 https://t.co/Kbr0spV053
【GID/TG】黒柳俊恭「性転換手術を受けない性同一性障害者」のこころのケアに関する一考察」日本性科学会雑誌 20巻2号 p.153 (2002-10-10) https://t.co/yKIRg10U0h
【TG】月刊テーミス「「トランスジェンダー」達の逞しい生き方」月刊テーミス 10巻1号 P.102-103 (2001-01) テーミス https://t.co/Y2P3srUrBo
【GID/映画】村川 英「異文化との出逢い(179) アメリカ映画『ロバート・イーズ』 : 性同一性障害から性転換した人の魅力的な人間ドラマ」国会月報 49巻647号 pp.70-72 (2002-11) 国会資料協会 https://t.co/1t08h3wSNs
【TG】渡部桃子「トランスジェンダーとは : その歴史,その可能性」アメリカ研究 36号 P.75-89 (2002) アメリカ学会 https://t.co/xxkw4Ewgnf
【TG】山崎永美子「essay 自分らしさを表現できる世の中へ : トランスジェンダーに学ぶ自分らしさの考え方」エストレーラ 95号 P.66-69 (2002-02) 統計情報研究開発センター https://t.co/sAFfipvARX
【GID】長戸康和「現代流行之医療言葉(いまはやりのいりょうのことば)(5) 性同一性障害」月刊ナーシング 21巻9号 pp.8-11 (2001-08) 学習研究社 https://t.co/H5LdKQGQyW
【Feminism/TG/GID】石田 仁「フェミニズムが性同一性障害/トランスジェンダーに出逢うために」神奈川大学評論 46号 P.127-130 (2003) 神奈川大学広報委員会 https://t.co/i7n3yJXs4i
【GID/差別/法学】大島俊之「<論説>性同一性障害と職場における差別 : アメリカ法 (西尾信一教授退職記念号)」神戸学院法学 31巻2号 pp.593-835 (2001-09-20) 神戸学院大学 https://t.co/amniNYUJjU
【L/TG】堀江有里「「レズビアン」という生き方(10) トランスジェンダー : 身近な隣人」福音と世界 58巻4号 P.56-59 (2003-04) 新教出版社 https://t.co/FRG2mnsArh
【GID】庄野伸幸「心理検査からみた性同一性障害」ロールシャッハ法研究 5巻 pp.29-42 (2001-11) 日本ロールシャッハ学会 https://t.co/RUWWJbDabo
【TG】土肥いつき「人権 セクシュアルマイノリティーの人権 : 不完全フルタイムトランスジェンダーとして」部落解放 528号 P.241-250 (2004) 解放出版社 https://t.co/BFgSrUs00M
【GID/刑事政策/刑事施設】大島俊之「拘置所・刑務所における性同一性障害者の処遇」ジュリスト 1212号 pp.73-79 (2001-11-15) 有斐閣 https://t.co/MoZ59mSzO8
【GID/TG】野宮亜紀「「性同一性障害」を巡る動きとトランスジェンダーの当事者運動 : Trans-Net Japan(TSとTGを支える人々の会)の活動史から」日本ジェンダー研究 7号 P.75-91 日本ジェンダー学会 https://t.co/A6cy4d98YF