LGBTQA図書・逐次刊行物書誌BOT (@lgbtqa_bib)

投稿一覧(最新100件)

【少年愛】谷口 玲『少年愛者 : 神話とタブーに包まれた彼らの本当の姿を探る』柘植書房新社 (2003-02) ISBN-4-8068-0476-2 https://t.co/zaWu39zbeX
【クィア/LGB】伏見憲明他『変態(クィア)入門』(ちくま文庫, [ふ-31-1])筑摩書房 (2003-07) ISBN-4-4800-3839-6 https://t.co/pambyH8aQJ
【G】伊藤 悟『同性愛者として生きる : すこたん企画奮戦記』明石書店 (1998-07) ISBN-4-7503-1067-0 https://t.co/1mpejRiCcz
【言語学/ジェンダー論】クレア・マリィ『「おネエことば」論』青土社 (2013-12) ISBN:978-4791767564 https://t.co/ky4Kw1Qtma
【女性装/歴史】吉川観方『日本女装史 : 着装分解(結髪・頭飾具・衣裳編)』高林輝雄 (1978-02) https://t.co/NTOXWTbGML
【ジェンダー/セクシュアリティ/サブカルチャー/漫画】堀 あきこ『欲望のコード : マンガにみるセクシュアリティの男女差』(ビジュアル文化シリーズ)臨川書店, (2009-06) ISBN-978-4-6530-4018-7 https://t.co/sIQ4mRFlaj
【LGBT/セクシュアリティ】伏見憲明『「性」のミステリー : 越境する心とからだ』(講談社現代新書, 1349 Jeunesse)講談社 (1997-03) ISBN:4061493493 https://t.co/VDj1jZVMWi
【TG/TV/異性装/化粧/男の娘】女装普及委員会編著『カワイイは女の子だけのものじゃない : オトコの娘のための変身ガイド』遊タイム出版 (2008-10) ISBN-978-4-8601-0267-8 https://t.co/R42hCCwW1c
【GID/手記】椿姫彩菜『わたし、男子校出身です。』ポプラ社 (2008-06) ISBN-978-4-5911-0385-2 https://t.co/U8eZ1BYx2F
【GID/婚姻/手記】平安名祐生ほか著『Search~きみがいた : GID(性同一性障害)ふたりの結婚』徳間書店 (2000-10) ISBN-4198612498 https://t.co/ZQuIieijA2
【ジェンダー/文学】プロジェクトD「日本文学領域」編集『文化表象を読む : ジェンダー研究の現在』お茶の水女子大学21世紀COEプログラム ジェンダー研究のフロンティア(F-GENS) (2008-03) https://t.co/Tqz7VijVWm
【LGB/歴史/史料】古川 誠ほか『戦前期同性愛関連文献集成』〔編集復刻版〕不二出版 (2006-09) https://t.co/P0t5ZsMzO8
【GID/手記】麻倉ケイト『五十六億七千万』光文社 (2012-09) ISBN-978-4-3349-7714-6 https://t.co/jvJLoz9obL
【性交/セクシュアリティ】奥野克巳ほか『セックスの人類学』(シリーズ来たるべき人類学 : Anthropology, 1)春風社 (2009-4) ISBN-978-4-8611-0180-9 https://t.co/mcBkKkh3Xi
【ジェンダー/セクシュアリティ/サブカルチャー】谷川建司ほか編著『サブカルで読むセクシュアリティ : 欲望を加速させる装置と流通』青弓社 (2010-11) ISBN-978-4-7872-3321-9 https://t.co/He5BvwK8An
【フェミニズム/LGB】ヘンリー・メイコウ『「フェミニズム」と「同性愛」が人類を破壊する : セックス洗脳と社会改造計画の恐怖』成甲書房 (2010-09) ISBN-978-4-8808-6267-5 https://t.co/CZGajc4Kos
【ジェンダー/系譜学】ジェニファー・ジャーモン著ほか『ジェンダーの系譜学』(叢書・ウニベルシタス, 986)法政大学出版局 (2012-11) ISBN-978-4-5880-0986-0 https://t.co/VFoxqTotTW
【少年愛】谷口 玲『少年愛者 : 神話とタブーに包まれた彼らの本当の姿を探る』柘植書房新社 (2003-02) ISBN-4-8068-0476-2 https://t.co/zaWu39zbeX
【BL】西原麻里『女性向け男性同性愛マンガの表現史 : 1970年から2000年まで』西原麻里 (2013) 同志社大学博士論文(甲)第568号 https://t.co/Mp5lemHIK9
【TG/TV/異性装/化粧/男の娘】女装普及委員会編著『カワイイは女の子だけのものじゃない : オトコの娘のための変身ガイド』遊タイム出版 (2008-10) ISBN-978-4-8601-0267-8 https://t.co/R42hCCwW1c
【LGBT/親子関係/教育】"共生社会をつくる"セクシュアル・マイノリティ支援全国ネットワーク企画・制作『セクシュアル・マイノリティ理解のために : 子どもたちの学校生活とこころを守る』(2010) https://t.co/gLxJviuqzH [ビデオディスク]
【LGB/性教育】"人間と性"教育研究所編『同性愛・多様なセクシュアリティ : 人権と共生を学ぶ授業』子どもの未来社 (2002-07) ISBN-4-9013-3019-5 [性的マイノリティ関連団体情報: p210-213] https://t.co/6fs1XWpdri
【セクシュアリティ/LG】エレーヌ・シクスーほか『セクシュアリティ』(別冊水声通信) 水声社 (2012-07) ISBN-978-4-8917-6915-4 https://t.co/uI3MuEYgpM
【LB】性意識調査グループ編『310人の性意識 : 異性愛者ではない女たちのアンケート調査』七つ森書館 (1998-09) ISBN-4-8228-9829-6 https://t.co/C864PqJNR8
【G/性交】チャールズ・シルヴァースタインほか著『ザ・ニュー・ジョイ・オブ・ゲイ・セックス』白夜書房 (1993-06) ISBN-4-8936-7331-9 https://t.co/7vcqQ52K9L
【G】匠 雅音『ゲイの誕生 : 同性愛者が歩んだ歴史』彩流社 (2013-06) ISBN-978-4-7791-1895-1 https://t.co/uTJ45D1L7N
【TG/GID】佐倉智美『性同一性障害の社会学』現代書館 (2006-05) ISBN-4-7684-6921-3 https://t.co/5erk1He32T
【LGBT】戸梶民夫 [研究代表]『性的政治への「支援」関係の介入 : 2000年代における在阪性的少数者団体の軌跡から』(次世代研究; 104)京都大学グローバルCOE「親密圏と公共圏の再編成をめざすアジア拠点」 (2013-0… https://t.co/PvjBE9Fsoc
【LGB/同性婚】アンドリュー・サリヴァン『同性愛と同性婚の政治学 : ノーマルの虚像』明石書店 (2015/06/26) ISBN:978-4750342061 https://t.co/dGx2rU845H
【クィア/セクソロジー/セクシュアリティ】中村美亜『クィア・セクソロジー : 性の思いこみを解きほぐす』インパクト出版会 (2008-10) ISBN-978-4-7554-0191-6 https://t.co/q8yTIhJ8Gh
【LGBT】かずあき,ほか著『四巨頭会談 : 男好きの男と女好きの女と女だった男と男だった女』ブックマン社, (2010-11) ISBN-978-4-8930-8744-7 https://t.co/GBaAMKkpMi
【ジェンダー/心理学/教育/家族/メディア/セクシズム】福富 護,編『ジェンダー心理学』(朝倉心理学講座 / 海保博之監修, 14)朝倉書店 (2006-06) ISBN-978-4-2545-2674-5 https://t.co/8gJdPWr1We
【GID/SRS/精神医療/ホルモン療法】性の問題研究会『図解性転換マニュアル : カウンセリング、ホルモン療法から各種手術、戸籍の変更まで』同文書院 (2000-01) ISBN-4-8103-7692-3 https://t.co/yte1QefeUJ
【GID/手記】上川あや『変えてゆく勇気 : 「性同一性障害」の私から』(岩波新書, 新赤版 1064)岩波書店 (2007-02) ISBN-978-4-0043-1064-8 https://t.co/ZMLH8Gkf2I
【同性愛,セクシュアリティ】牧村朝子『百合のリアル』(星海社新書) 講談社 (2013/11/26) ISBN-978-4061385429 https://t.co/rK4TETQaVq
【TG/TS/GID】TSとTGを支える人々の会資料作成グループ『トランスジェンダーの自助支援グループ全国交流誌』TSとTGを支える人々の会 (1999-03) https://t.co/jvlkopPtNN
【LGBT/親子関係/教育】"共生社会をつくる"セクシュアル・マイノリティ支援全国ネットワーク企画・制作『セクシュアル・マイノリティ理解のために : 子どもたちの学校生活とこころを守る』(2010) https://t.co/gLxJviuqzH [ビデオディスク]
【GID/手記】杉山文野『ダブルハッピネス』(講談社文庫, [す-35-1]) 講談社 (2009-12) ISBN-978-4-0627-6547-3 https://t.co/hKwnuFCM4T
【LB】北尾トロ『彼女たちの愛し方 : Bye bye sexuality』ザ・マサダ (1997-06) ISBN-4-9159-7745-5 https://t.co/wpfxQIFKCR
【LGB/パートナーシップ】大塚隆史『二人で生きる技術 : 幸せになるためのパートナーシップ』ポット出版 (2009-10) ISBN-978-4-7808-0135-4 https://t.co/aojfQklU7H
【LG】K・J・ドーヴァーほか『古代ギリシアの同性愛』〔新版〕青土社 (2007-12) ISBN-978-4-7917-6380-1 https://t.co/T53vB19VMh
【LG/文学】古川 誠『文藝作品に描かれた同性愛 : アンソロジー』(近代日本のセクシュアリティ35) ゆまに書房 (2009-06) ISBN-978-4-8433-3207-8 https://t.co/hwAeE7cBBS
【LGBT】杉山貴士『自分をさがそ。 : 多様なセクシュアリティを生きる』新日本出版社 (2008-06) ISBN-978-4-4060-5145-3 https://t.co/fpE25aX6rX

4 1 1 0 純潔指導

【セクシュアリティ】鈴木 清ほか『純潔指導』(近代日本のセクシュアリティ, 33)ゆまに書房 (2009-06) ISBN-978-4-8433-3205-4 https://t.co/2uVI6wCWy5
【セクシュアリティ/性自認】大滝世津子『集団における幼児の性自認形成過程についての実証研究 : 幼稚園3歳児クラスの観察から』大滝世津子, (2008-05) https://t.co/Zsvj91hZEk
【GID/TS/TG/TV】山内俊雄編著『性同一性障害の基礎と臨床』〔改訂版〕新興医学出版社 (2004-10) ISBN-4-8800-2473-2 https://t.co/xqLpVOUMPF
【GID/SRS/精神医療/ホルモン療法】性の問題研究会『図解性転換マニュアル : カウンセリング、ホルモン療法から各種手術、戸籍の変更まで』同文書院 (2000-01) ISBN-4-8103-7692-3 https://t.co/yte1QefeUJ
【児童書/絵本/同性愛】ジャスティン・リチャードソンほか『タンタンタンゴはパパふたり』ポット出版 (2008-04) https://t.co/xqwBX34uRn
【同性愛/海外/歴史/古代/ギリシア】ケネス・ドーヴァー著ほか『古代ギリシアの同性愛』リブロポート (1984-12) ISBN-4-8457-0144-8 (をも見よ:https://t.co/T53vB19VMh) https://t.co/oh9eqGKpbw
【同性愛/海外/歴史/古代/ギリシア】ケネス・ドーヴァー著ほか『古代ギリシアの同性愛』リブロポート (1984-12) ISBN-4-8457-0144-8 (をも見よ:https://t.co/T53vB19VMh) https://t.co/oh9eqGKpbw
【G/性感染症】磯村思无ほか『東海地区居住男性同性愛者集団を対象とした性感染症の継続調査』(科学研究費補助金基盤研究(C)(2)研究成果報告書, 平成7年度-平成8年度)[出版社不明] (1997-03) https://t.co/1WGJf6Vlcn
【セクシュアリティ/変態性欲論/歴史/近代】R・V・クラフト=エビング著ほか『変態性欲心理』(近代日本のセクシュアリティ,2.「性」をめぐる言説の変遷. 変態性欲と近代社会; 1)ゆまに書房 ISBN-4-8433-2144-3 https://t.co/inTFzcgClL
【TG】真木柾鷹ほか『トランスジェンダーとして生きる』同時代社 (2006-06) ISBN-978-4-8868-3579-6 https://t.co/hiCflSE4GU
【総合/LG/欧州/歴史】ハンス・マイヤー著ほか『アウトサイダー : 近代ヨーロッパの光と影』(講談社学術文庫, [1309])講談社 (1997-12) ISBN-4-0615-9309-9 https://t.co/skhQvF62y6
【GID/社会学/エスノグラフィ】鶴田幸恵『性同一性障害のエスノグラフィ : 性現象の社会学』(質的社会研究シリーズ, 4)ハーベスト社, (2009-10) ISBN-978-4-8633-9015-7 https://t.co/CtIVSpNVTU
【FtM】外山ひとみ『Missダンディ : 男として生きる女性たち』新潮社 (1999/11) ISBN:978-4104331017 https://t.co/sN86cLtLbd
【GID/医療】山内俊雄『性転換手術は許されるのか : 性同一性障害と性のあり方』明石書店 (1999-09) ISBN-4-7503-1210-X https://t.co/7DSgQ9j8ef
【TG/TS/GID】TSとTGを支える人々の会資料作成グループ『トランスジェンダーの自助支援グループ全国交流誌』TSとTGを支える人々の会 (1999-03) https://t.co/jvlkopPtNN
【男性/少年/被害者学/心理療法/性犯罪/性的虐待】リチャード・B. ガートナー著ほか『少年への性的虐待 : 男性被害者の心的外傷と精神分析治療』作品社 (2005-03) ISBN-4-8618-2013-8 https://t.co/t3hejUv3r4
【G/AIDS】田崎英明『エイズなんてこわくない : ゲイ/エイズ・アクティヴィズムとはなにか?』(文芸スペシャル, 3)河出書房新社 (1993-11) ISBN-4-3090-0861-5 https://t.co/yc6Z0GsKjn
【LGB】伊藤 悟『同性愛って何? : わかりあうことから共に生きるために』緑風出版 (2003-04) ISBN-978-4-8461-0220-3 https://t.co/ocogtG1gBU
【GID/キリスト教】前島常郎編『性同一性障害 QアンドA : クリスチャンとして考える』ファミリー・フォーカス・ジャパン (2005-06) ISBN-4939018490 https://t.co/U7yt71sdhU
【LGB/キリスト教】ジェフリー・S・サイカー編『キリスト教は同性愛を受け入れられるか』日本キリスト教団出版局 (2002-04) ISBN-4-8184-0453-5 https://t.co/TJ1j363iLz
【L/婚姻/エッセイ/漫画】東小雪, 増原裕子『レズビアン的結婚生活』イースト・プレス (2013-12) ISBN:978-4781611075 https://t.co/AUJ6mOZyLb
【G/AIDS】井田真木子『もうひとつの青春 : 同性愛者たち』(文春文庫)文芸春秋 (1997-12) ISBN-4-1675-5403-8 https://t.co/grHDnt6tF4
【ジェンダー/セクシュアリティ/エンパワメント】"人間と性"教育研究協議会企画編集『「自己肯定」って、なに? : 特集』(季刊セクシュアリティ : 人間と性をめぐる教育と文化の総合情報誌, No.33)エイデル研究所 (2007) https://t.co/X3Ljx7irUc
【P(ポリセクシュアル)】石井達朗『ポリセクシュアル・ラヴ : ひとつではない愛のかたち』青弓社, (1997-04) ISBN-4-7872-3135-9 https://t.co/gm1A13B9AP
【P(ポリセクシュアル)/セクシュアリティ】『ポリセクシュアル : 性とは何か : 特集』(ユリイカ, 第30巻 第2号) 青土社 (1998-02) ISBN-4-7917-0026-0 https://t.co/POhQ7eUFZs
【G/心理学】伏見憲明『プライベート・ゲイ・ライフ : ポスト恋愛論』学陽書房 (1991-06) ISBN-4-3138-4050-8 https://t.co/rKzZh0PL8v
【LG/性差別主義/異性愛主義】平野広朗『アンチ・ヘテロセクシズム』(Pandora books)パンドラ, 現代書館 (発売) (1994-06) ISBN-4-7684-7724-0 https://t.co/zZXfqWef2f
【ジェンダー/セクシュアリティ/LG/TG/性自認/P(ポリアモリー)】ROS編著『恋愛のフツーがわかりません!!』(ゆらぎのセクシュアリティ考, 2)アットワークス (2008-08) ISBN-978-4-9390-4244-7 https://t.co/eJTHJLBblM
【LG/思想/英国哲学/文化】土屋恵一郎編ほか『ホモセクシュアリティ』(叢書・イギリスの思想と文化, 2)弘文堂 (1994-09) ISBN-4-3359-0022-8 https://t.co/eE1IV5LeEq
【G/AIDS】井田真木子『同性愛者たち』文藝春秋 (1994-01) ISBN-4-1634-8380-2 (をも見よ:https://t.co/grHDnt6tF4) https://t.co/h7B5rJPEHG
【G/AIDS】井田真木子『同性愛者たち』文藝春秋 (1994-01) ISBN-4-1634-8380-2 (をも見よ:https://t.co/grHDnt6tF4) https://t.co/h7B5rJPEHG
【GID/手記】麻倉ケイト『五十六億七千万』光文社 (2012-09) ISBN-978-4-3349-7714-6 https://t.co/jvJLoz9obL
【GID/SRS/海外/ドイツ/ルポタージュ】バーバラ・カンプラートほか編著『偽りの肉体 : 性転換のすべて』信山社出版 (1998-06) ISBN-4-7972-1548-8 https://t.co/ibKun0ZqOa
【LGT/TG/TV/異性装/演劇】石井達朗『異装のセクシャリティ : 人は性をこえられるか』新宿書房 (1991-07) ISBN-4-8800-8153-1 https://t.co/rihl4PP91Y
【GID/医学】穴田秀男『性は変えられるか : 性転換の医学的解明』(現代性医学シリーズ)メディカルトリビューン日本支社 Sexual Medicine編集室, (1976-11) https://t.co/w2xwqzxftm
【G/ポリティクス/性感染症/HIV/AIDS】新ヶ江章友『日本の「ゲイ」とエイズ : コミュニティ・国家・アイデンティティ』青弓社 (2013-07) ISBN-978-4-7872-3357-8 https://t.co/0eqOGQT5t0
【人権/差別】石埼 学ほか編『沈黙する人権』法律文化社 (2012-05) ISBN-978-4-5890-3431-1 https://t.co/Z8WfOUZKy0
【L/セクシュアリティ】パット・カリフィア著ほか『サフィストリー : レスビアン・セクシャリティの手びき』(ゲイ&レズビアン・シリーズ, 4)太陽社 (1993-07) ISBN-4-8846-8038-3 https://t.co/EQZ5Zr4zR2
【ジェンダー/フェミニズム】木村涼子ほか編著『ジェンダーで考える教育の現在 (いま) : フェミニズム教育学をめざして』部落解放・人権研究所, 解放出版社(発売), (2008-12) ISBN-978-4-7592-6720-4 https://t.co/ykB3I4QQLc
【GID/手記】佐倉智美『性同一性障害はオモシロイ : 性別って変えられるんだョ』現代書館 (1999-07) ISBN-4-7684-6757-1 https://t.co/hUEXvxumlX
【ジェンダー/異性装/演劇】スティーヴン・オーゲルほか『性を装う : シェイクスピア・異性装・ジェンダー』名古屋大学出版会 (1999-06) https://t.co/UsEVMYovsn
【G/心理学】伏見憲明『プライベート・ゲイ・ライフ : ポスト恋愛論』(学陽文庫)学陽書房 (1998-08) ISBN-4-3137-2059-6 https://t.co/RP5ROIzrMr
【ジェンダー/セクシュアリティ/性自認】中野知律ほか編著『表象されるアイデンティティ』(ジェンダーから世界を読む / 関啓子, 木本喜美子編, 2)明石書店 (2008-12) ISBN-978-4-7503-2906-2 https://t.co/DxQeEH98ef
【GID/社会学/エスノグラフィ】鶴田幸恵『性同一性障害のエスノグラフィ : 性現象の社会学』(質的社会研究シリーズ, 4)ハーベスト社, (2009-10) ISBN-978-4-8633-9015-7 https://t.co/CtIVSpNVTU
【総合/社会学/法社会学/犯罪社会学/LG】エドウィン・M.シャー著『被害者なき犯罪 : 堕胎・同性愛・麻薬の社会学』新泉社 (1981-09) https://t.co/AFjSIgqeHF
【言語学/ジェンダー論】クレア・マリィ『「おネエことば」論』青土社 (2013-12) ISBN:978-4791767564 https://t.co/ky4Kw1Qtma
【LGB/ゲイコミュニティ】中居裕恭ほか『1978新宿ゲイ : 東京都新宿区新宿二丁目+歌舞伎町』(別冊グラフィカ メモリアグラフィカ; no.4) グラフィカ編集室 (2008-09) ISBN-978-4-9031-4107-7 https://t.co/yxG28quqct
【ジェンダー/セクシュアリティ】井上芳保編『セックスという迷路 : セクシュアリティ文化の社会学』長崎出版 (2008-04) ISBN-978-4-8609-5216-7 https://t.co/aGdKJrUdgW
【GID/手記】上川あや『変えてゆく勇気 : 「性同一性障害」の私から』(岩波新書, 新赤版 1064)岩波書店 (2007-02) ISBN-978-4-0043-1064-8 https://t.co/ZMLH8Gkf2I
【G/親子関係】伊藤真美子『ゲイでええやん。 : カミングアウトは息子からの生きるメッセージ』東京シューレ出版 (2010-08) ISBN-978-4-9031-9214-7 https://t.co/vAxzuAnOKg

2 1 1 0 レズビアン

【L】ハンス・エバーハート著ほか『レズビアン』(レッド・アロー・ドキュメント)青弓社 (1994-03) ISBN-4-7872-9093-2 https://t.co/QVR51mQg1Y
【同性愛/写真集/家族】清水 尚『All we need is love : オール・ウィー・ニード・イズ・ラブ』講談社 (2010-02) ISBN-978-4062160919 https://t.co/tiZ6bZmaJC
【G/セクシュアリティ/心理学】太田典礼編著『第3の性 : 性は崩壊するのか』〔普及版〕人間の科学社 (1987-07) (をも見よ:https://t.co/W1tKTWxhup) https://t.co/mkHGpBKtvg
【G/セクシュアリティ/心理学】太田典礼編著『第3の性 : 性は崩壊するのか』〔普及版〕人間の科学社 (1987-07) (をも見よ:https://t.co/W1tKTWxhup) https://t.co/mkHGpBKtvg
【G/フランス/心理学/海外/歴史】***『三〇億の倒錯者 : ルシェルシュ12号より』インパクト出版会 (1992-06) ISBN-4-7554-0027-9 https://t.co/ZTpVuibyTA
【ジェンダー】田中雅一ほか『ジェンダーで学ぶ文化人類学』世界思想社 (2005-01) ISBN-978-4-7907-1096-7 https://t.co/714mkaXUMQ
【LGBT/人権】愛媛県人権啓発センター『性的少数者と人権』(人権ポケットブック, 4)愛媛県人権啓発センター (2007-03) https://t.co/ITp2ubHmBC

お気に入り一覧(最新100件)

“@lgbtqa_bib: 【L/キリスト教】堀江有里『「レズビアン」という生き方 : キリスト教の異性愛主義を問う』新教出版社 (2006-09) ISBN-978-4-4004-2704-9 http://t.co/M0qaDBJnhz” 買って、読んでみよう!
エドマンドホワイト懐かし。生まれてはじめて読んだゲイ小説。"@lgbtqa_bib: 【G/米国】エドマンド・ホワイト著ほか『アメリカのゲイ社会を行く』勁草書房 (1996-06) ISBN-4-3266-0106-X http://t.co/gQOcg7rjDH"
"@lgbtqa_bib: 【LG/ヘテロセクシュアル】風間 孝ほか『同性愛と異性愛』(岩波新書, 新赤版 1235)岩波書店 (2010-03) ISBN-978-4-0043-1235-2 http://t.co/cV3pPyFCD1"近年日本の権利運動を学ぶ上で必読です。
"@lgbtqa_bib: 【LGB/世界史】海野 弘『ホモセクシャルの世界史』文藝春秋 (2005-04) ISBN-4163667903 http://t.co/8fYU6yqkA0"この本は、とても読みやすいので世界史が好きな方にお勧めです。
良著です。初版は1979年ですが、Bをきちんと肯定する研究、現代に生かされるべき。RT"@lgbtqa_bib: フリッツ・クライン『バイセクシュアルという生き方』現代書館(1997-08)ISBN-4-7684-6716-4 http://t.co/LXAa4R3cUa"

フォロー(1099ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

否。その前にこちらを。 和田卓朗「書評:石井紫郎著「財産と法―中世から現代へ―」(岩波講座「基本法学3 財産」所収)」 法制史研究 1984(34), 491-494. https://t.co/M0OVDP3aRC
和田卓朗「書評:石井紫郎著「財産と法―中世から現代へ―」(岩波講座「基本法学3 財産」所收)」 法制史研究 1984(34), 491-494, 1984 / “CiNii 論文 -  (書評)石井紫郎著「「財産と法――中世から現… https://t.co/m2WkUkoGge
ディートマル・ヴィロヴァイト「クライトマイアの国法学」 和田卓朗 訳, 大阪市立大学 法學雜誌 49(1), 163-193, 2002-08. / “CiNii 論文 -  〈翻訳〉クライトマイアの国法学” https://t.co/RxEMwinuws #所有 #図書館
Dietmar Willoweit「講演 公的刑法の成立:ある研究プロジェクトの中間的収支決算」 和田卓朗 訳, 大阪市立大学法学部 法学雑誌 47(2), 417-432, 2000-11. / “CiNii 論文 -  講演… https://t.co/moSRrUqFJY
Dietmar Willoweit「講演 古き良き法について(2・完):経験知と始源説話との間での規範の試み」 和田卓朗 訳, 大阪市立大学法学部 法学雑誌 47(2), 392-416, 2000-11. / “CiNii 論文… https://t.co/8MNkV8LbwS
Dietmar Willoweit「古き良き法について(1):経験知と始源説話との間での規範の試み」 和田卓朗 訳, 大阪市立大学法学部 法学雑誌 47(1), 178-203, 2000-08./図書館にあり / “CiNii… https://t.co/RQsaYNx7l5
Willoweit Dietmer「ケルンの神の平和(1083)における平和侵害に対する制裁:ドイツ初期平和運動における刑罰の意味に関する一考察」 神宝秀夫・西川洋一 訳、東北学院大学論集 歴史学・地理学 (23), p57-89… https://t.co/ofVOCH1HIG
田熊文雄(1990)「18世紀の営業特権と営業自由:D.ヴィロ-ヴァイトの研究をめぐって」 岡山大学文学部紀要 (14), p124-114./これもリポジトリに無し。図書館にはあった。 / “CiNii 論文 -  18世紀の営… https://t.co/saslLV5Cgu
ディートマル・ヴィロヴァイト「中世後期における命令と禁令」 南須原政幸訳、釧路工業高等専門学校紀要 16, 127-131, 1982-10-29./古すぎて公開されてない。https://t.co/x5g5eWlnSE / “C… https://t.co/evUiiXvDy7
CiNii 図書 - ドゥエイン・ハンソン展 https://t.co/3CPPdddvNv
CiNii 図書 - スーパーリアリズム展 https://t.co/pczAHJHOwI
RT @santetsuzoku: これも面白そうだぞ。 千葉県域の利根川水系における水塚及び屋敷林の文化的景観に関する研究 : 栄町、本埜村、印西市、我孫子市、柏市、白井市の水塚と屋敷林のタイプ分類、保存状態、所有者意識https://t.co/t0JMO4KWlx
RT @chang_ume: 今回のブラタモリ「京都・西陣編」の参考文献その3。山田邦和1996「京都の都市空間と墓地」『日本史研究』409。京都の葬送地に関する歴史的変遷の基礎文献です。 https://t.co/Yc29nYZHrQ #ブラタモリ #西陣
RT @nishinerima: ドラゴンクエストの呪文における音象徴―音声学の広がりを目指して― https://t.co/G7wvJcdgyV こんな論文あるんだ
[中央図書館]LiLi37号、発行しております。 https://t.co/lWnjH2VSWq https://t.co/5ia0n5MxCc
RT @Carex_minima: 車で走ってて「冬でもないのに竹が枯れてるやん。強烈な除草剤でもぶっかけたか?」と思ったけどピンときた。「開花だ!」 竹の開花は100年に1度らしいけど、有性生殖の機構はどうなってるんやろかと調べたら、超面白かった。和文落ちてるのホント有難い…
RT @Carex_minima: 車で走ってて「冬でもないのに竹が枯れてるやん。強烈な除草剤でもぶっかけたか?」と思ったけどピンときた。「開花だ!」 竹の開花は100年に1度らしいけど、有性生殖の機構はどうなってるんやろかと調べたら、超面白かった。和文落ちてるのホント有難い…
RT @quiriu_pino: 中世日本の「古代から逸脱するも、古代以上のモデルがあるわけでもなく、古代の規範性がダラダラ続く」状態を、今のポストモダン的な状況と似ているとするエッセイ。ちょっとおもしろい。 佐藤 雄基「日本中世史は何の役に立つのか : 史学史的考察と個人的…
RT @Carex_minima: 車で走ってて「冬でもないのに竹が枯れてるやん。強烈な除草剤でもぶっかけたか?」と思ったけどピンときた。「開花だ!」 竹の開花は100年に1度らしいけど、有性生殖の機構はどうなってるんやろかと調べたら、超面白かった。和文落ちてるのホント有難い…
RT @Carex_minima: 車で走ってて「冬でもないのに竹が枯れてるやん。強烈な除草剤でもぶっかけたか?」と思ったけどピンときた。「開花だ!」 竹の開花は100年に1度らしいけど、有性生殖の機構はどうなってるんやろかと調べたら、超面白かった。和文落ちてるのホント有難い…
RT @delta9_psykovsk: 「脳神経内科医の医療用大麻利用に関する意識調査と情報提供の意義」 https://t.co/RA6u5Eoei2 医療大麻の情報を「提供されていない」日本の脳神経内科医に、医療大麻使用の是非を問うた所54.3%が是体的であった また…

フォロワー(2200ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

否。その前にこちらを。 和田卓朗「書評:石井紫郎著「財産と法―中世から現代へ―」(岩波講座「基本法学3 財産」所収)」 法制史研究 1984(34), 491-494. https://t.co/M0OVDP3aRC
和田卓朗「書評:石井紫郎著「財産と法―中世から現代へ―」(岩波講座「基本法学3 財産」所收)」 法制史研究 1984(34), 491-494, 1984 / “CiNii 論文 -  (書評)石井紫郎著「「財産と法――中世から現… https://t.co/m2WkUkoGge
ディートマル・ヴィロヴァイト「クライトマイアの国法学」 和田卓朗 訳, 大阪市立大学 法學雜誌 49(1), 163-193, 2002-08. / “CiNii 論文 -  〈翻訳〉クライトマイアの国法学” https://t.co/RxEMwinuws #所有 #図書館
Dietmar Willoweit「講演 公的刑法の成立:ある研究プロジェクトの中間的収支決算」 和田卓朗 訳, 大阪市立大学法学部 法学雑誌 47(2), 417-432, 2000-11. / “CiNii 論文 -  講演… https://t.co/moSRrUqFJY
Dietmar Willoweit「講演 古き良き法について(2・完):経験知と始源説話との間での規範の試み」 和田卓朗 訳, 大阪市立大学法学部 法学雑誌 47(2), 392-416, 2000-11. / “CiNii 論文… https://t.co/8MNkV8LbwS
Dietmar Willoweit「古き良き法について(1):経験知と始源説話との間での規範の試み」 和田卓朗 訳, 大阪市立大学法学部 法学雑誌 47(1), 178-203, 2000-08./図書館にあり / “CiNii… https://t.co/RQsaYNx7l5
Willoweit Dietmer「ケルンの神の平和(1083)における平和侵害に対する制裁:ドイツ初期平和運動における刑罰の意味に関する一考察」 神宝秀夫・西川洋一 訳、東北学院大学論集 歴史学・地理学 (23), p57-89… https://t.co/ofVOCH1HIG
田熊文雄(1990)「18世紀の営業特権と営業自由:D.ヴィロ-ヴァイトの研究をめぐって」 岡山大学文学部紀要 (14), p124-114./これもリポジトリに無し。図書館にはあった。 / “CiNii 論文 -  18世紀の営… https://t.co/saslLV5Cgu
ディートマル・ヴィロヴァイト「中世後期における命令と禁令」 南須原政幸訳、釧路工業高等専門学校紀要 16, 127-131, 1982-10-29./古すぎて公開されてない。https://t.co/x5g5eWlnSE / “C… https://t.co/evUiiXvDy7
RT @akabishi2: 《自衛隊広報のエンターテインメント化・ソフト化は自衛隊の社会的イメージの向上には大いに貢献しているものの、自衛官募集にはほとんど影響していないといえるだろう》 エンターテインメント化する自衛隊広報—大規模広報施設フィールドワークからの考察(須藤2…
RT @lgbtqa_bib: 【LGT/TG/TV/異性装/演劇】石井達朗『異装のセクシャリティ : 人は性をこえられるか』新宿書房 (1991-07) ISBN-4-8800-8153-1 https://t.co/rihl4PP91Y
RT @chang_ume: 今回のブラタモリ「京都・西陣編」の参考文献その3。山田邦和1996「京都の都市空間と墓地」『日本史研究』409。京都の葬送地に関する歴史的変遷の基礎文献です。 https://t.co/Yc29nYZHrQ #ブラタモリ #西陣
RT @TR_727: @tcv2catnap 「水俣病/被害者に対する差別と抑圧 (以後、被害者差別と略)には、/2つの種類がある/。 ひとつは、「水俣病患者は出さない」とする社会 的圧力および/中傷や社会的排除という/「水俣病差別」/。もうひとつは/「本物/ではない」と…
RT @TR_727: @tcv2catnap 「一次訴訟の判決のあと/補償に関して今まで手をあげなかった人たちが申請するようになり/認定されると補償金がでるようになります。/チッソの補償金は限られている,そういう議論になり/そのなかで,「ニセ患者」というとても嫌な言葉がでてき…
RT @Carex_minima: 車で走ってて「冬でもないのに竹が枯れてるやん。強烈な除草剤でもぶっかけたか?」と思ったけどピンときた。「開花だ!」 竹の開花は100年に1度らしいけど、有性生殖の機構はどうなってるんやろかと調べたら、超面白かった。和文落ちてるのホント有難い…
RT @LGBTQA_Article: 【GID】「名医が勧める治療法(5) 性同一性障害」週刊朝日 104巻35号 pp.106-108 (1999-08-06) 朝日新聞社 https://t.co/VGqZDWsfD0
RT @sakagan: アンダーソンが書いた「共産主義後のラディカリズム」(『比較の亡霊』)が東南アジアの映画や映像にどう残っているか、気になっている。ガリン・ヌグロホ監督『メモリーズ・オブ・マイ・ボディ』も930事件の話が出て、Q&Aでトラウマ的な記憶が出て、前に講義した通…
RT @Carex_minima: 車で走ってて「冬でもないのに竹が枯れてるやん。強烈な除草剤でもぶっかけたか?」と思ったけどピンときた。「開花だ!」 竹の開花は100年に1度らしいけど、有性生殖の機構はどうなってるんやろかと調べたら、超面白かった。和文落ちてるのホント有難い…
RT @LGBTQA_Article: 【LG】堀江有里「「受容」を求める運動戦略への批判的考察 : カナダ合同教会における同性愛者の運動を手がかりに」女性学評論 24巻 P.75-98 (2010-03) 神戸女学院大学 https://t.co/HyJKOjj4DE [PD…
J-STAGE Articles - 宗教的な宗教現象と世俗的な宗教現象のあいだ https://t.co/5YFIMWXwot
J-STAGE Articles - 呪術とは何か https://t.co/8eUUgtPg4e
RT @quiriu_pino: 中世日本の「古代から逸脱するも、古代以上のモデルがあるわけでもなく、古代の規範性がダラダラ続く」状態を、今のポストモダン的な状況と似ているとするエッセイ。ちょっとおもしろい。 佐藤 雄基「日本中世史は何の役に立つのか : 史学史的考察と個人的…
RT @LGBTQA_Article: 【性自認】大滝世津子「2.幼児同士の集団と幼児の性自認メカニズムの関係」日本教育社会学会大会発表要旨集録 58号 P.263-264 (2006-09-22) 日本教育社会学会 https://t.co/sNrXUCbCwu [PDF]
RT @delta9_psykovsk: 「脳神経内科医の医療用大麻利用に関する意識調査と情報提供の意義」 https://t.co/RA6u5Eoei2 医療大麻の情報を「提供されていない」日本の脳神経内科医に、医療大麻使用の是非を問うた所54.3%が是体的であった また…