齊藤 誠 (@makotosaito0724)

投稿一覧(最新100件)

RT @ooousta: 日本リスク研究学会誌29(4)にレター「エマージングリスクとしてのCOVID-19―科学と政策の間のギャップを埋めるには―」を書きました。https://t.co/qb4EaB1rD6 (動きの速いネタについて3月末に5月末出版の原稿を書くのは難しい。…
RT @yumifurusawa: 手洗いの疫学・グローバル化時代の手洗いという観点から、今こそ再読が必要な本。リンク先はその書評PDFです。『手洗いの疫学とゼンメルワイスの闘い』人間と歴史社、2017年。 https://t.co/tGrRX0hV6E
RT @takanoriida: 「金銭的インセンティブとナッジが健康増進に及ぼす効果: フィールド実験によるエビデンス」 健康に関する行動変容と、行動変容を促進するための介入の効果についてまとめた概説的な論文です。RCTフィールド実験に限られるのでエビデンスの質は高いものばか…
@rasiel9713 猪木先生が以下の本で友情について深い考察を展開されています。 第7章 公智と友情 : 福澤と西郷の場合 / 猪木 武徳 https://t.co/kNKVMdbs5x
RT @arimotoy: 日本社会経済史のサブジャンルの「屎尿処理・下水史」は,厚いし熱い.都市化に伴う屎尿処理問題にどう対応したのか,主要都市ごとに研究蓄積がある.最近では,星野高徳(2018)「1930年代名古屋市における下水処理化の推進と農村還元処分の存続」『社会経済史…
RT @sura_taro: 国会図書館の「調査と情報」は流行りの論点について公平な観点から簡潔にまとめられており広く公開されています 財政政策と金融政策の協調をめぐる議論―MMTその他の提案の論点― https://t.co/sx0Le2zbDl
その後も貨幣流通速度低下で貨幣拡大でもデフレ進行。世紀末、南アフリカの金生産拡大で金相場下落、アジアの凶作で米国農産物高騰、米国は金本位でデフレ脱却。この辺をもっと早く理解していたら90年代からの日本のデフレ論争をもっと正視できたと思う。今からでも遅くない。 https://t.co/A3NbCKPFrB
ナッジを肯定的に考えていた頃の行動経済学会パネル(松島、岩本、大竹)での発言。当時は「政策のために良いことをしている」と思い上がっていて、研究を進めるに従って、耐震がまさにポリティックスで私的利害の激しい対立の場で、ナッジの前提の難しさが見えてきた。 https://t.co/AeTKk67ASB
古川論文では、銀行業に近い人が、銀行が貸出を通じ無から有で預金を創造できると考えたが、銀行システムで預金需要と一致するかは懐疑的、そこに景気循環の要因を見た。一方、遠い人は、預金が貸出の原資と考え、銀行システムは貸出と預金が予定調和的に一致すると考えた。 https://t.co/7pUYUUUGMJ
本書の第一講で素材として取り上げられている映画 近松物語 の議論は、桑原朝子さんの論文を下敷きにしているが、この論文がとっても面白い。 https://t.co/IvfcOcNky9
なお、福田や内田の論文も、古いものは、国会図書館のデジタルアーカイブで公開されています。 https://t.co/aPIQz5T27M https://t.co/HGwuA9EDJI

3 0 0 0 OA 経済学全集

なお、福田や内田の論文も、古いものは、国会図書館のデジタルアーカイブで公開されています。 https://t.co/aPIQz5T27M https://t.co/HGwuA9EDJI
夜光貝の交易範囲については、奄美産のものと八重島諸島産のものとで学会では議論があるそうです。 https://t.co/KlT2TJgc2G https://t.co/GHIUhnOajv
RT @fohtake: J-STAGE Articles - 『都市住宅学』における経済学のプレゼンス https://t.co/TCZpWIInj7
RT @tetteresearch: 柴田章久「内生的経済成長理論」The Economic Studies Quarterly 1993 https://t.co/xGDTcbeMyQ あるいは岩本大竹齊藤二神『経済政策とマクロ経済学―改革への新しい提言』1999の二神先生…
古川顕先生の「イネスとケインズの貨幣論」という非常に興味深い論考。ケインズがイネス論文を書評し直後に「古代通貨論」を著したとは古川先生の論文で初めて知った。若かった頃は「古臭い金融論」と敬遠したが、遥かに先を見られていたことがやっとわかる…軽薄は自分の方… https://t.co/pwQEzBRDHp
内田和子、2011「岡山県小田川流域における水害予防組合の活動」には、倉敷市真備地区の水害の歴史が丁寧に綴られている。かつては輪中も組まれ防災の自治組織も活動していた。急速なベッドタウン化で防災は政府や自治体に委ねられた。 https://t.co/3bWmasSrQd
RT @ttya70: 『年報政治学2015-1 政治理論と実証研究の対話』に掲載の拙稿「観察可能なものと観察不可能なもの――規範・経験の区別の再検討」を、ウェブ上で読むことができるようになりました。https://t.co/ksBg0xBkuQ
RT @fohtake: 山岸俊男先生にも参加頂きました→J-STAGE Articles - 行動経済学会第6回大会・第16回実験社会科学カンファレンス・合同大会合同パネルディスカッション『社会性と利他的行動』 https://t.co/VmYeKzo7cw
RT @fohtake: 齊藤誠さんの「危機の領域」で紹介されている行動経済学会でのパネルディスカッションです。→J-STAGE Articles - 行動経済学会 第5回大会 https://t.co/4Z8WqXIG7u
駒村利夫氏の紀要には、フロストの「行かなかった道」のさまざまな訳詩が検討されていて興味深いです。 https://t.co/Z2buviS0jc https://t.co/oT7Ui4CPgK
ゼロリスク志向というと行動経済学会での小林先生の指摘を思い出す。「専門家が素人に「皆さん,ゼロリスクはない」と言うが,それは「事故の起こる確率はゼロではない」といっているのと一緒…われわれにできることは,どうやって納得して失敗するのかということです」 https://t.co/ysZlI5wunk
RT @ecohis: @go2hitoh 今回は定免法vs検見取法にフォーカスでしたが、徳川期の村落秩序と課徴税の仕組みとでいうと、有本さんのご業績が良質な参考文献ですね https://t.co/xne5cgCHk6
RT @fohtake: 行動経済学会でのパネル「行動経済学は政策に役立つか?」の議事録です。→ https://t.co/UAVN4DqFoj https://t.co/vqycirpwJj
RT @fohtake: @makotosaito0724 ありがとうございます。要約版はここに掲載されています。→ https://t.co/zXKbe11kKk
RT @fohtake: これは素晴らしいディスカッションでした。→行動経済学会 第5回大会パネルディスカッション「原発事故と行動経済学」齊藤 誠, 小林 傳司 https://t.co/61JyRH93fC https://t.co/Xa4SX9Sfa9
粗野な議論で熊野系,八坂系,稲荷系…に説得されないが,沿岸部の神社が高いところに建っている事実は結構重要に思う。東北電力が女川でポンプや復水に負荷がかかるにもかかわらず高い位置に原子炉を設置した理由の一つが沿岸神社の設置標高。 https://t.co/PwzQVAhdYy
ちょっと盲点だったが,戦中の住宅市場,家賃については価格統制が厳しかったが,住宅価格については統制外で投機の対象となっていたとのこと。 https://t.co/WczAp09HAi
RT @tetteresearch: 前twitterで流れてたかもしれないけど、大塚啓二郎「いかにして英文雑誌に論文を掲載するか」農業経済研究 2014. https://t.co/cbZCdXdQyi
(おそらくは,経済学研究者も,正義論ぐらいから経済政策のありようを考えないと,政策の実践につながらないのかもしれない) 行動経済学会第7回大会パネルディスカッション『行動経済学で考える社会正義』 https://t.co/3arBEVwHXV
RT @yagena: 1889年の熊本地震を分析した全8ページの論文(日本語)です。 “直下型地震は、阪神・淡路大震災(1995年)でその威力は十分に証明されたが、一... https://t.co/2ZNw96SDPn
RT @hinatakiyoto: 渡辺雅子先生の「日・米・仏の国語教育を読み解く」・・・これにも感銘を受けました。 https://t.co/C9EUXIB4AB
「幸福のための取捨選択」 井伊雅子さんのエッセー。 https://t.co/7Uom4EAF8K
RT @hirokiarato: ↓をはじめ、レファレンス770号の集団的自衛権特集は読んでおきたい。前提知識を問わないよう丁寧に書かれている。 栗田真広「同盟と抑止―集団的自衛権議論の前提として―」、『レファレンス』No.770、国立国会図書館、2015年3月。 http:…
(私たち社会科学者は、「概ねの正しさ」を語ることに臆病になっているのかもしれない…)行動経済学会第7回大会パネルディスカッション『行動経済学で考える社会正義』 https://t.co/i4OtsboREn
RT @fohtake: 齊藤さんと小林さんの行動経済学会でのパネルでも小林さんがそう指摘されていたと思います。 https://t.co/61JyRGRso4 https://t.co/YMN0l29Cye
RT @tinouye: うわ、すごいw 見てびっくり!w “@nooyosh: なにこれ 松岡直「フランス基本単語の記憶法についての一試論」高岡法科大学紀要 22, 19-110, 2011-03 http://t.co/7IaIynLleM http://t.co/5Im…
「社会正義」の考察は、経済学研究者に大変に重荷だが、このパネル、それに先立つJ.S.ミルのエッセーの準備で、経済学では取り扱えない大切な何かが少しだけ見えてきたと思う。経済学研究には「経済学では無理」という告白や感覚も重要だと思う。 http://t.co/SMmthG6xnN
RT @fohtake: 大垣昌夫、金子守、齊藤誠の各氏による行動経済学会第7回大会パネルディスカッション『行動経済学で考える社会正義』が『行動経済学』にアップされました。 https://t.co/usMkfQlVFn
RT @norionakatsuji: これ日本だけの不思議な信仰の一例だと思っていたが、真偽を研究した方がいたんだ!"@fohtake: 広く知られて欲しい研究結果です。RT @dankogai: 血液型と性格の無関連性―日本と米国の大規模社会調査を用いた実証的論拠 htt…
@tea_taka ご紹介頂いた論文「ソフトウェア論文を書くのは難しい(と感じる)のか」、私のような経済学研究者にも示唆的でした。ありがとうございます。  https://t.co/JxjXPO2F4K

お気に入り一覧(最新100件)

日本リスク研究学会誌29(4)にレター「エマージングリスクとしてのCOVID-19―科学と政策の間のギャップを埋めるには―」を書きました。https://t.co/qb4EaB1rD6 (動きの速いネタについて3月末に5月末出版の原稿を書くのは難しい。できるだけ賞味期限が短くならないように心掛けたつもり)
手洗いの疫学・グローバル化時代の手洗いという観点から、今こそ再読が必要な本。リンク先はその書評PDFです。『手洗いの疫学とゼンメルワイスの闘い』人間と歴史社、2017年。 https://t.co/tGrRX0hV6E
行動経済学会の第11回のパネルディスカッション「行動経済学と高齢化社会」での大竹文雄教授(大阪大学)、駒村康平教授(慶應義塾大学ファイナンシャル・ジェロントロジー研究センター長)、高山緑教授(慶應義塾大学理工学部)のディスカッション:https://t.co/8AhdNzX2t3
「金銭的インセンティブとナッジが健康増進に及ぼす効果: フィールド実験によるエビデンス」 健康に関する行動変容と、行動変容を促進するための介入の効果についてまとめた概説的な論文です。RCTフィールド実験に限られるのでエビデンスの質は高いものばかり集めています。 https://t.co/hkv8tCFBOl
日本社会経済史のサブジャンルの「屎尿処理・下水史」は,厚いし熱い.都市化に伴う屎尿処理問題にどう対応したのか,主要都市ごとに研究蓄積がある.最近では,星野高徳(2018)「1930年代名古屋市における下水処理化の推進と農村還元処分の存続」『社会経済史学』 https://t.co/1pOrvL3sc7
国会図書館の「調査と情報」は流行りの論点について公平な観点から簡潔にまとめられており広く公開されています 財政政策と金融政策の協調をめぐる議論―MMTその他の提案の論点― https://t.co/sx0Le2zbDl
行動経済学会創立10周年記念書籍が届いていました。 https://t.co/329h3AiKmZ 「医療現場の行動経済学:意思決定のバイアスとナッジ」が第1部・第2章に収録されています。 https://t.co/dUJLsTyQF9 https://t.co/6UGBY6Oia6
この辺の話題は金井雄一先生のペーパーが面白い。 金融史研究におけるピール銀行法の意義 : 内生的貨幣供給論および信用先行説の視点を取り込んで https://t.co/57QkGEbpRP 外生的貨幣供給論の非現実性 : 初期のイングランド銀行券に注目して https://t.co/7XIYjQXvRz https://t.co/LKy3lydVrA
この辺の話題は金井雄一先生のペーパーが面白い。 金融史研究におけるピール銀行法の意義 : 内生的貨幣供給論および信用先行説の視点を取り込んで https://t.co/57QkGEbpRP 外生的貨幣供給論の非現実性 : 初期のイングランド銀行券に注目して https://t.co/7XIYjQXvRz https://t.co/LKy3lydVrA
建部正義2017「大恐慌の原因に関するフリードマンの解釈をめぐって : 『合衆国金融史1867-1960』を読み直す」 https://t.co/6I76nFdF6c ……新着pdf.32頁.
既にPDFで読めますが、優勝という感じの論文です。 https://t.co/5Ipu4Rt0iQ https://t.co/KQuBjC0ohf https://t.co/PJZ28G0EVS
既にPDFで読めますが、優勝という感じの論文です。 https://t.co/5Ipu4Rt0iQ https://t.co/KQuBjC0ohf https://t.co/PJZ28G0EVS
既にPDFで読めますが、優勝という感じの論文です。 https://t.co/5Ipu4Rt0iQ https://t.co/KQuBjC0ohf https://t.co/PJZ28G0EVS
『年報政治学2015-1 政治理論と実証研究の対話』に掲載の拙稿「観察可能なものと観察不可能なもの――規範・経験の区別の再検討」を、ウェブ上で読むことができるようになりました。https://t.co/ksBg0xBkuQ
これは読まなければ。 道合裕基「日影丈吉「猫の泉」における〈異界〉表象とその材源について」 『比較文化研究』(128), 13-22, 2017-10-31 https://t.co/m42MBjQdb7
寄贈していただいた『カイエ・デュ・シネマ』創刊号から724号までは、少し前から、製本されて関西大学総合図書館の書庫に配架されています(写真は1980年以降の号のみ。770番台の棚に入りきらないので別置されています)。所蔵館は多いですが、欠号がないのは珍しいかも。https://t.co/sHBPxgJwhK https://t.co/I5aYiTs1oq
https://t.co/Yxvx53EknN 論文はここに出ていました(有料)https://t.co/iPCInXAul9 やっぱり純系の実験動物を使うと閾値が見える(知る限りではこの日本語論文https://t.co/MoVvvkdNBP に続く2報目)
渡辺雅子先生の「日・米・仏の国語教育を読み解く」・・・これにも感銘を受けました。 https://t.co/C9EUXIB4AB
栗田真広「同盟と抑止―集団的自衛権議論の前提として」『レファレンス』2015年3月号(PDF:http://t.co/ZmQtWGWBYZ)を再読。タイトルと副題の通りで国際政治学ないし国際政治理論からこの問題を考える前提知識を整理している。確かにもっと広く読まれてもいい。

30 0 0 0 OA 勲章・褒章制度

これは興味深い。あとで読む。 / 「勲章・褒章制度」『調査と情報』 http://t.co/K6J2TZGgzj
消費税の駆け込み需要の研究・・・小林航(2014)http://t.co/BFRbSMNnQo Cashin&Unayama(2011) http://t.co/pMhhgBQ23k 溜川健一(2005)https://t.co/zilzuopxEP
大垣昌夫、金子守、齊藤誠の各氏による行動経済学会第7回大会パネルディスカッション『行動経済学で考える社会正義』が『行動経済学』にアップされました。 https://t.co/usMkfQlVFn
宣伝ですが、そういったことを視野に入れて戦後日本の原子力開発と柏崎刈羽原発の歴史を『史創』(誤字ではありません)という、僕たちが関わっている目立たない雑誌に書いています。現在のところ所謂「通販オンリー」というやつです。1冊1000円。http://t.co/aqhbREIsj4
学部と大学院のマクロのちがいとかミクロとの関係知らずに大学院受かってしまったマクロ志願者に紹介した: 工藤教孝「マクロ経済学とは何か」 http://t.co/3YaFRngExk <工藤先生の授業風景>マクロ経済学教育の理想と現実 http://t.co/upvlPG6Ww9

フォロー(203ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @quiriu_pino: #こんな論文がありました 同号掲載だけど、こっちはpdf公開。 加納 靖之 , 大邑 潤三 , 山村 紀香 , 濱野 未来「「法蓮寺堂再建記木札」と応永一四年の地震」 地震 第2輯 72(0), 53-56, 2019 https://t.co…
RT @quiriu_pino: #こんな論文が出ていたようです 石橋 克彦「同時代史料による文禄五年閏七月九日(1596.9.1)の伊予・豊後地震」 地震 = Zisin : journal of the Seismological Society of Japan 72(5…
RT @shinjiasada02: 日本でのこの言葉の使われ方については、以下の論文をどうぞ。 陳贇「『民度』――和製漢語としての可能性」『関西大学東西学術研究所紀要』第45輯、2012年4月 https://t.co/aK7WYrMhZF

4 4 4 4 歴史と実験

RT @quiriu_pino: ! ? 長崎健吾「歴史と実験」 群像 75(6), 224-265, 2020-06 https://t.co/b76pj6kwAJ
論文の末尾と言えば、今まで読んだ中で末尾が一番唐突だったのが、 香内三郎「クロムウェル治下における「寛容」の限界」 というクロムウェル共和制下の「寛容」とクェイカーの論文。 https://t.co/9mEIkevxt4
RT @BungakuReportRS: 野中 哲照 - 『将門記』対句集中部=〈描写慨嘆評価層〉の後次性 https://t.co/MC6kSfW8FV
RT @quiriu_pino: #こんな論文が出ていたようです 野中 哲照「公地公民制から王土王民思想へ : 王朝国家における〈神聖天皇〉成立の回路」 古典遺産 (68), 1-26, 2019-03 https://t.co/tTnHiecyk7
RT @BungakuReportRS: CiNii 博士論文 - 山本康司 - 南北朝期室町幕府官制の研究 https://t.co/QVL0si2A8B
PDFあり。 ⇒矢田勉 「日本語学会の社会的役割と『日本語学大辞典』 公共知としての『日本語学大辞典』に期待すること」 『日本語の研究』16巻1号 (2020) https://t.co/jfMQ1UNuQS
RT @_sotanaka: J-STAGEで全文公開されました。 https://t.co/UI8aLz7jZQ https://t.co/nnOl3y7AN6
RT @BungakuReportRS: 加藤 禎行 - 楢崎勤宛佐多稲子書簡について : 一九五七年春、女性作家が旧知の元編集者に送った手紙 https://t.co/O5cVCthAVu
RT @BungakuReportRS: 平林 一成 - 『風姿花伝』「似せぬ位」における〝変身〞と〝花〞(一) https://t.co/ZYJxKU7Ucq
RT @BungakuReportRS: CiNii 博士論文 - 石塚由佳 - 韓国近代小説文体の成立過程に関する研究 https://t.co/qQlCyZ0zXs

3 3 3 0 OA 美的道徳

RT @earthcolor369: 鷹太郎が音楽に触れたものとしては『美的道徳』(1908年)があるけど、音楽論という感じでも、博論にしようとした内容という感じでもない。 https://t.co/gDczqLxH0j
RT @ooousta: 日本リスク研究学会誌29(4)にレター「エマージングリスクとしてのCOVID-19―科学と政策の間のギャップを埋めるには―」を書きました。https://t.co/qb4EaB1rD6 (動きの速いネタについて3月末に5月末出版の原稿を書くのは難しい。…
日本リスク研究学会誌29(4)にレター「エマージングリスクとしてのCOVID-19―科学と政策の間のギャップを埋めるには―」を書きました。https://t.co/qb4EaB1rD6 (動きの速いネタについて3月末に5月末出版の原稿を書くのは難しい。できるだけ賞味期限が短くならないように心掛けたつもり)
RT @sakamotoharuya: 関西大学法学研究所地方議会研究班で昨年度まで行っていた共同研究の成果が関西大学リポジトリに登録され、フリーでダウンロードして読めるようになりました。『地方議会の審議過程 : テキスト分析による定量化の試み』です。https://t.co/…
RT @youkey_s: 日本中世思想史の大家大隅和雄さんの回想がPDFで読める。戦争体験や戦後の思想的・学問的遍歴が語られる。今年88歳だが、明晰に往時の事を語られている。「国史教科書の墨塗りがきっかけで、歴史学に関心を持っ」たという/ 大隅和雄「日本中世思想史への歩み」…
RT @inunotaigun: ちなみにコンスタンの「近代人の自由と古代人の自由」は既訳がある 中京大学学術情報リポジトリ-トップページ 近代人の自由と比較された古代人の自由について : 一八一九年・パリ王立アテネ学院における講演 https://t.co/TCDaclXi…
RT @BungakuReportRS: 鈴木 元 - うたうー小歌の声、俳諧連歌の場 https://t.co/DsVvTJXjNZ
RT @BungakuReportRS: 徳永 辰通 - 高等学校の教科書俳句の変遷 ー俳句史の視点から https://t.co/t2P6VUxG7D
RT @BungakuReportRS: 吉田 健一 - 初期俳諧における『論語』の摂取について https://t.co/1q45ju7dU3
PDFあり。 ⇒マルコ・ベッラバルバ/佐藤公美訳 「翻訳 新たな空間の創造-近世ティロルとオーストリアの貴族-」 『甲南大學紀要.文学編』170 (2020-3) https://t.co/39LQFL2Rra
PDFあり。 ⇒O.v.メレンドルフ/K.ヒムリー 細川裕史訳 「19世紀のドイツ人がみた「東洋のチェス」」 『阪南論集.人文自然科学編』55 (2020-3) https://t.co/yvD49jdwlN
PDFあり。 ⇒西尾浩二 「〈翻刻〉ブッセ「古代哲学史」講義(一)―清沢満之ブッセ講義自筆ノートの翻刻・翻訳」 「同 【要旨】」 『大谷大学真宗総合研究所研究紀要』37 (2020-3) https://t.co/3pIZyHx6FV https://t.co/deTX2aEOcO
PDFあり。 ⇒西尾浩二 「〈翻刻〉ブッセ「古代哲学史」講義(一)―清沢満之ブッセ講義自筆ノートの翻刻・翻訳」 「同 【要旨】」 『大谷大学真宗総合研究所研究紀要』37 (2020-3) https://t.co/3pIZyHx6FV https://t.co/deTX2aEOcO
RT @rin9yuu: 山﨑善弘「近世地域社会論の動向と課題―個別性の把握と一般化・普遍化の両立に向けて―」(『東京未来大学研究紀要』第14号、2020年、221-231頁)のPDFが公開されていた。 https://t.co/R1DZHvE3Ki
RT @quiriu_pino: #こんな論文がありました pdf公開。自伝的内容です。 大隅 和雄「日本中世思想史への歩み」 東京女子大学比較文化研究所附置丸山眞男記念比較思想研究センター報告 (14), 80-85, 2019-03-22 https://t.co/kPEY…

84 15 15 0 OA 漱石全集

ホイットマンは夏目漱石によって日本に紹介されました。「文壇に於ける平等主義の代表者『ウォルト・ホイットマン』Walt Whitman の詩について」は下記のリンクから読めます。 https://t.co/XtMmZvIeUG https://t.co/AG5GiZt6g4

フォロワー(9721ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @ekesete1: また内地人と朝鮮人は明確に区別されていた> 官報. 1921年07月23日 目次:府令 / 朝鮮總督府 / 第99号 / 朝鮮人ト内地人トノ婚姻ノ民籍手續ニ關スル件 https://t.co/dTLvQHztUD https://t.co/prnE…

134 89 29 5 OA 植民地統治論

RT @ekesete1: 日本自身が植民地を持っていた 泉哲「植民地統治論」1924年 日本の植民地 一、朝鮮 二、台湾 三、南洋委任統治地カロリン、ペリウ、マリアン、マーシャール群島、 四、関東租借地 五、南樺太 https://t.co/kajzKOxAP4
タイトルいいですね. 「因果推論、欠損データ分析、コピュラモデルを結びつける革新的アプローチ」 https://t.co/4QgmbUs5gl
RT @shinjiasada02: 日本でのこの言葉の使われ方については、以下の論文をどうぞ。 陳贇「『民度』――和製漢語としての可能性」『関西大学東西学術研究所紀要』第45輯、2012年4月 https://t.co/aK7WYrMhZF
RT @ishihara_shun: ①An English translation of 'Introduction' of my book "THE IWO JIMA ISLANDS: 130 Years at the Mercy of the State Policy"…
RT @shinjiasada02: 日本でのこの言葉の使われ方については、以下の論文をどうぞ。 陳贇「『民度』――和製漢語としての可能性」『関西大学東西学術研究所紀要』第45輯、2012年4月 https://t.co/aK7WYrMhZF
RT @nana77rey1: @kumlo_apricot @namakeushi @dasmanchan とてもいい資料がございます。 https://t.co/z5DIPRYSUM 特に男性医師と女性医師の、子どもができてからの家事分担の差。 激務の上にこれでは、離婚にい…
RT @nknatane: 『史苑』最新号がリポジトリ公開。80(2)では日本中世史のシンポの記録があるが、80(1)の宮紀子「諫早庸一「書評 宮紀子『モンゴル時代の「知」の東西』」に対する疑義」が強烈。https://t.co/VHhxN1sMBK
RT @yusaku_matsu: あ、これj-stageで読めるのか。大塚久雄「山田理論と比較経済史学」(<特集>故山田盛太郎先生追悼特集) https://t.co/KvqRk0joCh #CiNii
RT @mizokumiko: これ今TLに流れてきたんだけど、わたしが読まなければならないやつだ… CiNii 論文 -  アメリカにおける「自己啓発本」の系譜 https://t.co/jr74QEyzFM
RT @shinjiasada02: 日本でのこの言葉の使われ方については、以下の論文をどうぞ。 陳贇「『民度』――和製漢語としての可能性」『関西大学東西学術研究所紀要』第45輯、2012年4月 https://t.co/aK7WYrMhZF
関西大学学術リポジトリ- 『「民度」: 和製漢語としての可能性』陳贇 https://t.co/0XiQGRanRv
RT @shinjiasada02: 日本でのこの言葉の使われ方については、以下の論文をどうぞ。 陳贇「『民度』――和製漢語としての可能性」『関西大学東西学術研究所紀要』第45輯、2012年4月 https://t.co/aK7WYrMhZF
RT @ooousta: 日本リスク研究学会誌29(4)にレター「エマージングリスクとしてのCOVID-19―科学と政策の間のギャップを埋めるには―」を書きました。https://t.co/qb4EaB1rD6 (動きの速いネタについて3月末に5月末出版の原稿を書くのは難しい。…
RT @NDLJP: 【EU】[立法情報]新型コロナウイルス感染症対策『 #外国の立法 』283-2号, 2020.05.10. https://t.co/pWTV8o6Hol #NDL調査局今月のトピック #新型コロナウイルス #新型コロナ #コロナ #COVID19
RT @NDLJP: 【ドイツ】[立法情報]新型コロナウイルス感染症対策関連法『 #外国の立法 』283-2号, 2020.05.10. https://t.co/uvHMlm3aUx #NDL調査局今月のトピック #新型コロナウイルス #新型コロナ #コロナ #COVID19
RT @NDLJP: 【イギリス】[立法情報]新型コロナウイルス対策のための規則の制定等『 #外国の立法 』283-1号, 2020.04.10. https://t.co/wg7dHwiInY #NDL調査局今月のトピック #新型コロナウイルス #新型コロナ #コロナ #CO…
RT @baritsu: 古武道流派で継承される伝統の特徴 https://t.co/4zVxnMu7YC 周縁的 (広義の) な古武道として八光流も対象にしてる事で、古武道「らしさ」の問題も明確になるね
RT @shinjiasada02: 日本でのこの言葉の使われ方については、以下の論文をどうぞ。 陳贇「『民度』――和製漢語としての可能性」『関西大学東西学術研究所紀要』第45輯、2012年4月 https://t.co/aK7WYrMhZF
RT @NDLJP: 世界同時不況下の経済対策と課題『 #調査と情報 -ISSUE BRIEF-』647号, 2009.9.18. https://t.co/g2TNOJySaT #NDL調査局今月のトピック #新型コロナウイルス #新型コロナ #コロナ #COVID19
RT @NDLJP: 【EU】[立法情報]新型コロナウイルス感染症対策『 #外国の立法 』283-2号, 2020.05.10. https://t.co/pWTV8o6Hol #NDL調査局今月のトピック #新型コロナウイルス #新型コロナ #コロナ #COVID19
RT @nekonoizumi: PDFあり。 ⇒矢田勉 「日本語学会の社会的役割と『日本語学大辞典』 公共知としての『日本語学大辞典』に期待すること」 『日本語の研究』16巻1号 (2020) https://t.co/jfMQ1UNuQS
@Flying_Shoebill 俺も2/3くらいしか読了してないのだけど、似たテーマとして無料で読めるコレも面白いと思う https://t.co/v5YcIKShyU
RT @NDLJP: 【EU】[立法情報]新型コロナウイルス感染症対策『 #外国の立法 』283-2号, 2020.05.10. https://t.co/pWTV8o6Hol #NDL調査局今月のトピック #新型コロナウイルス #新型コロナ #コロナ #COVID19
CiNii 論文 -  メニンガークリニックにおける患者自殺の臨床 https://t.co/PaaBGfVhk5
RT @Yu_guitarlaw: CiNii 論文 -  明治 30 年代の文部省留学生選抜と東京帝国大学 https://t.co/53lgOKsbiF #CiNii
RT @ooousta: 日本リスク研究学会誌29(4)にレター「エマージングリスクとしてのCOVID-19―科学と政策の間のギャップを埋めるには―」を書きました。https://t.co/qb4EaB1rD6 (動きの速いネタについて3月末に5月末出版の原稿を書くのは難しい。…
RT @akabishi2: 《その出発点は60年安保闘争で新聞社が共同で発した七社共同宣言(略)にあった。そこで語られたのは,一言でいえば社会 運動に冷や水を浴びせる論理であり,60年安保闘争後のジャーナリズムを通底するのは,デモ報道の回避であった》 1960年代という「偏…
RT @twremcat: 村上 あかね (2020) "国際比較研究における公的統計の活用について" _桃山学院大学総合研究所紀要_ 45(3):1-14 ISSN:1346048X NAID=120006821984 data=Eurostat / “桃山学院大学学術機関…
RT @tcv2catnap: CiNii 論文 -  万歳の誕生 (近代の文法) https://t.co/vZB1ob5LvI #CiNii 読みたいorz
RT @MathEdr: もし今年体育祭があったならガチで扱おうとしていた教材。数Ⅰで2次関数学んだ後にはぜひトライしたい。「全員リレーに勝ちたい。どうしたらいいか?」から始まる、バトンパスの位置の最適化問題(大澤、1996)。数学教育研究界隈では超有名教材です。 https:…
RT @twremcat: 村上 あかね (2020) "国際比較研究における公的統計の活用について" _桃山学院大学総合研究所紀要_ 45(3):1-14 ISSN:1346048X NAID=120006821984 data=Eurostat / “桃山学院大学学術機関…
RT @ooousta: 日本リスク研究学会誌29(4)にレター「エマージングリスクとしてのCOVID-19―科学と政策の間のギャップを埋めるには―」を書きました。https://t.co/qb4EaB1rD6 (動きの速いネタについて3月末に5月末出版の原稿を書くのは難しい。…
RT @saisenreiha: CiNii 論文 -  カノン法と教会法--プロテスタント教会法学の生成 https://t.co/xyEjTbdeBo #CiNii
RT @monogragh: 今日読んだ論文。こういうアプローチもあるのだなと勉強になりました。 石井要「教科書の中の丸山眞男 : 「「である」ことと「する」こと」の教材観史」(2017) https://t.co/RiqwZ1sO13 #CiNii
RT @ooousta: 日本リスク研究学会誌29(4)にレター「エマージングリスクとしてのCOVID-19―科学と政策の間のギャップを埋めるには―」を書きました。https://t.co/qb4EaB1rD6 (動きの速いネタについて3月末に5月末出版の原稿を書くのは難しい。…
日本リスク研究学会誌29(4)にレター「エマージングリスクとしてのCOVID-19―科学と政策の間のギャップを埋めるには―」を書きました。https://t.co/qb4EaB1rD6 (動きの速いネタについて3月末に5月末出版の原稿を書くのは難しい。できるだけ賞味期限が短くならないように心掛けたつもり)
RT @sakamotoharuya: 関西大学法学研究所地方議会研究班で昨年度まで行っていた共同研究の成果が関西大学リポジトリに登録され、フリーでダウンロードして読めるようになりました。『地方議会の審議過程 : テキスト分析による定量化の試み』です。https://t.co/…
RT @lematin: ナチスに12年間追放されて、1958年まで生きて、ドイツの学術界で「ちょっと面倒だけど話の分かるおじいちゃん」的なポジションにいたらしい(なにしろビスマルク時代から全部知ってるので説得力はあった)。 https://t.co/jkyFiZ8o4J
RT @youkey_s: 日本中世思想史の大家大隅和雄さんの回想がPDFで読める。戦争体験や戦後の思想的・学問的遍歴が語られる。今年88歳だが、明晰に往時の事を語られている。「国史教科書の墨塗りがきっかけで、歴史学に関心を持っ」たという/ 大隅和雄「日本中世思想史への歩み」…
RT @sakamotoharuya: 関西大学法学研究所地方議会研究班で昨年度まで行っていた共同研究の成果が関西大学リポジトリに登録され、フリーでダウンロードして読めるようになりました。『地方議会の審議過程 : テキスト分析による定量化の試み』です。https://t.co/…

18 3 1 0 OA 研究のスポット

RT @jikohonni: @Alzhacker ・納豆1パックの ナットウキナーゼで 線溶系(血栓を溶かす作用)の活発化が 6時間に渡って持続 https://t.co/69SgdrVfjV ・トロンボキサン生成阻害 https://t.co/4EWmYNrvgc ・t…
RT @tcv2catnap: ご参考 「革新自治体の終焉と政策変化」https://t.co/Zd4Jl451ZU 実は開発政策(インフラ・産業)で革新首長がやらないというのは私も思ってましたが議会要因でした。議会拮抗の場合は開発政策やるんです。再分配政策は当然革新系が保守系…
RT @youkey_s: 日本中世思想史の大家大隅和雄さんの回想がPDFで読める。戦争体験や戦後の思想的・学問的遍歴が語られる。今年88歳だが、明晰に往時の事を語られている。「国史教科書の墨塗りがきっかけで、歴史学に関心を持っ」たという/ 大隅和雄「日本中世思想史への歩み」…
RT @inunotaigun: ちなみにコンスタンの「近代人の自由と古代人の自由」は既訳がある 中京大学学術情報リポジトリ-トップページ 近代人の自由と比較された古代人の自由について : 一八一九年・パリ王立アテネ学院における講演 https://t.co/TCDaclXi…

28 5 5 0 OA 憲法撮要

RT @diatomjp: 正論7月号(2020)谷田川先生論文「国難の時代と天皇の祈り」拝読。 美濃部達吉『憲法撮要』に言及がある。 当時の通説と考えてよいだろう。 以下、原文当該箇所(改訂版(1946)ではp.188) https://t.co/EbVaGXFnTY
RT @kojima_aponet: 都内にある私立中高一貫校で調査 【栄養学雑誌 78(2) p57-65,2020】 中学1年生女子における鉄欠乏のリスク因子の検討 https://t.co/64XgCqW04v https://t.co/6MbWWq6Dm9
RT @kojima_aponet: 都内にある私立中高一貫校で調査 【栄養学雑誌 78(2) p57-65,2020】 中学1年生女子における鉄欠乏のリスク因子の検討 https://t.co/64XgCqW04v https://t.co/6MbWWq6Dm9
CiNii 論文 -  下田の執着性格論と現代の気分障害研究 https://t.co/j18xgTFY5t
RT @tosh_taniguc: Lineを使用した新型コロナウイルスパーソナルサポートの論文が出ました。慶応大学の先生方、Lineおよび行政の皆様方のパワーに圧倒されっぱなしでした。 Early SNS-based monitoring system for the COV…
RT @youkey_s: 日本中世思想史の大家大隅和雄さんの回想がPDFで読める。戦争体験や戦後の思想的・学問的遍歴が語られる。今年88歳だが、明晰に往時の事を語られている。「国史教科書の墨塗りがきっかけで、歴史学に関心を持っ」たという/ 大隅和雄「日本中世思想史への歩み」…
統計の授業の初歩で時々使う「クロス表の検定」だけで読める教社研論文を明日授業で扱う。この論文が出てもう14年かぁ。書いても書いても仕事のないあの頃はガチで暗黒時代だった(遠い目)。 https://t.co/oq9RMKs7lY
【※先程のはてブ連携ツイ】https://t.co/CRD8WaE2cx 現代<在>史の問題の一つが、長い期間で論ずることもできるということだと思う。 / 1件のコメント https://t.co/t2z1OXEPK5 “福岡大学研究者情報 ( 人文学部  歴史学科  教授  星乃 治彦 )” (1 user) https://t.co/wxavWNo9UN
RT @ryusukematsuo: 山﨑将文「イルカに権利はあるか――イルカの法的地位と権利」『法政治研究』6号,121-159頁,2020年3月 https://t.co/4JJ6EF1RlX
@ZsYjgP71Z4QsBfl 考え方としては面白いと思いますが、それでも後攻が多少有利だと思います。中立地での分析があれば良いので、例えば「甲子園 後攻」でググって出てきた拾い物です。 https://t.co/pXQpip7dkm

1 1 1 0 埼玉小唄

@So_Kawai 歴史的音源! https://t.co/eH4mFfvMPA

84 15 15 0 OA 漱石全集

RT @aishokyo: ホイットマンは夏目漱石によって日本に紹介されました。「文壇に於ける平等主義の代表者『ウォルト・ホイットマン』Walt Whitman の詩について」は下記のリンクから読めます。 https://t.co/XtMmZvIeUG https://t.co…
RT @Chucky_c_666: S30年代は「ビールス」と「ウイルス」で揉めてたらしく、学術用語としてどちらを表記しても良いとされていたよう。 https://t.co/926LWOFHSn

84 15 15 0 OA 漱石全集

ホイットマンは夏目漱石によって日本に紹介されました。「文壇に於ける平等主義の代表者『ウォルト・ホイットマン』Walt Whitman の詩について」は下記のリンクから読めます。 https://t.co/XtMmZvIeUG https://t.co/AG5GiZt6g4
J-STAGE Articles - 映像コンテンツの高速提示による学習効果の分析 https://t.co/Ef5mCfXwR5
部屋をまるごと大きな電子レンジにすれば空間除菌できるぞ!! https://t.co/5ZkmfROrKw