齊藤 誠 (@makotosaito0724)

投稿一覧(最新100件)

RT @fohtake: 行動経済学会でのパネル「行動経済学は政策に役立つか?」の議事録です。→ https://t.co/UAVN4DqFoj https://t.co/vqycirpwJj
RT @fohtake: @makotosaito0724 ありがとうございます。要約版はここに掲載されています。→ https://t.co/zXKbe11kKk
RT @fohtake: これは素晴らしいディスカッションでした。→行動経済学会 第5回大会パネルディスカッション「原発事故と行動経済学」齊藤 誠, 小林 傳司 https://t.co/61JyRH93fC https://t.co/Xa4SX9Sfa9
粗野な議論で熊野系,八坂系,稲荷系…に説得されないが,沿岸部の神社が高いところに建っている事実は結構重要に思う。東北電力が女川でポンプや復水に負荷がかかるにもかかわらず高い位置に原子炉を設置した理由の一つが沿岸神社の設置標高。 https://t.co/PwzQVAhdYy
ちょっと盲点だったが,戦中の住宅市場,家賃については価格統制が厳しかったが,住宅価格については統制外で投機の対象となっていたとのこと。 https://t.co/WczAp09HAi
RT @tetteresearch: 前twitterで流れてたかもしれないけど、大塚啓二郎「いかにして英文雑誌に論文を掲載するか」農業経済研究 2014. https://t.co/cbZCdXdQyi
(おそらくは,経済学研究者も,正義論ぐらいから経済政策のありようを考えないと,政策の実践につながらないのかもしれない) 行動経済学会第7回大会パネルディスカッション『行動経済学で考える社会正義』 https://t.co/3arBEVwHXV
RT @yagena: 1889年の熊本地震を分析した全8ページの論文(日本語)です。 “直下型地震は、阪神・淡路大震災(1995年)でその威力は十分に証明されたが、一... https://t.co/2ZNw96SDPn
RT @hinatakiyoto: 渡辺雅子先生の「日・米・仏の国語教育を読み解く」・・・これにも感銘を受けました。 https://t.co/C9EUXIB4AB
「幸福のための取捨選択」 井伊雅子さんのエッセー。 https://t.co/7Uom4EAF8K
RT @hirokiarato: ↓をはじめ、レファレンス770号の集団的自衛権特集は読んでおきたい。前提知識を問わないよう丁寧に書かれている。 栗田真広「同盟と抑止―集団的自衛権議論の前提として―」、『レファレンス』No.770、国立国会図書館、2015年3月。 http:…
(私たち社会科学者は、「概ねの正しさ」を語ることに臆病になっているのかもしれない…)行動経済学会第7回大会パネルディスカッション『行動経済学で考える社会正義』 https://t.co/i4OtsboREn
RT @fohtake: 齊藤さんと小林さんの行動経済学会でのパネルでも小林さんがそう指摘されていたと思います。 https://t.co/61JyRGRso4 https://t.co/YMN0l29Cye
RT @tinouye: うわ、すごいw 見てびっくり!w “@nooyosh: なにこれ 松岡直「フランス基本単語の記憶法についての一試論」高岡法科大学紀要 22, 19-110, 2011-03 http://t.co/7IaIynLleM http://t.co/5Im…
「社会正義」の考察は、経済学研究者に大変に重荷だが、このパネル、それに先立つJ.S.ミルのエッセーの準備で、経済学では取り扱えない大切な何かが少しだけ見えてきたと思う。経済学研究には「経済学では無理」という告白や感覚も重要だと思う。 http://t.co/SMmthG6xnN
RT @fohtake: 大垣昌夫、金子守、齊藤誠の各氏による行動経済学会第7回大会パネルディスカッション『行動経済学で考える社会正義』が『行動経済学』にアップされました。 https://t.co/usMkfQlVFn
RT @norionakatsuji: これ日本だけの不思議な信仰の一例だと思っていたが、真偽を研究した方がいたんだ!"@fohtake: 広く知られて欲しい研究結果です。RT @dankogai: 血液型と性格の無関連性―日本と米国の大規模社会調査を用いた実証的論拠 htt…
@tea_taka ご紹介頂いた論文「ソフトウェア論文を書くのは難しい(と感じる)のか」、私のような経済学研究者にも示唆的でした。ありがとうございます。  https://t.co/JxjXPO2F4K

お気に入り一覧(最新100件)

まあ滅茶苦茶ですよね、現存する神社が1000年以上そこにあるはずとか、その祭神もずっと変わらないとかありえないし、ちょっとしたトンデモ。こういうことにならないために学際的な災害史の共同研究があり、実際もっとまともな研究になっている。 https://t.co/zM3s8eOkWR
https://t.co/Yxvx53EknN 論文はここに出ていました(有料)https://t.co/iPCInXAul9 やっぱり純系の実験動物を使うと閾値が見える(知る限りではこの日本語論文https://t.co/MoVvvkdNBP に続く2報目)
前twitterで流れてたかもしれないけど、大塚啓二郎「いかにして英文雑誌に論文を掲載するか」農業経済研究 2014. https://t.co/cbZCdXdQyi
Nスペ「古代史ミステリー 「御柱」 ~最後の“縄文王国”の謎~」を見て、御柱祭についてきちんと知りたくなった人は、怪しい本よりまず石川俊介さんの「諏訪大社御柱祭の文化人類学的研究」を読むことをお勧めします(PDF注意)。https://t.co/Cl0DhCheP1
渡辺雅子先生の「日・米・仏の国語教育を読み解く」・・・これにも感銘を受けました。 https://t.co/C9EUXIB4AB
↓をはじめ、レファレンス770号の集団的自衛権特集は読んでおきたい。前提知識を問わないよう丁寧に書かれている。 栗田真広「同盟と抑止―集団的自衛権議論の前提として―」、『レファレンス』No.770、国立国会図書館、2015年3月。 http://t.co/XiYB4lhQ5i
栗田真広「同盟と抑止―集団的自衛権議論の前提として」『レファレンス』2015年3月号(PDF:http://t.co/ZmQtWGWBYZ)を再読。タイトルと副題の通りで国際政治学ないし国際政治理論からこの問題を考える前提知識を整理している。確かにもっと広く読まれてもいい。
この「近代日本における「文学部」の機能と構造〜帝国大学文学部を中心として」という論文は大変勉強になる。明治時代には文学部は政府にも軽視され入学者も集まらず東大文科大学ですら入試が成立しなかったのだそうだ。https://t.co/BIzXHjnFlZ

29 3 0 0 OA 勲章・褒章制度

これは興味深い。あとで読む。 / 「勲章・褒章制度」『調査と情報』 http://t.co/K6J2TZGgzj
消費税の駆け込み需要の研究・・・小林航(2014)http://t.co/BFRbSMNnQo Cashin&Unayama(2011) http://t.co/pMhhgBQ23k 溜川健一(2005)https://t.co/zilzuopxEP
大垣昌夫、金子守、齊藤誠の各氏による行動経済学会第7回大会パネルディスカッション『行動経済学で考える社会正義』が『行動経済学』にアップされました。 https://t.co/usMkfQlVFn
高校英語の教科書でいかにコロケーション(heavy windsといった定型的組合せ)がおざなりにされているかを調べた論文。(英文) https://t.co/TZzDY1SIU3
宣伝ですが、そういったことを視野に入れて戦後日本の原子力開発と柏崎刈羽原発の歴史を『史創』(誤字ではありません)という、僕たちが関わっている目立たない雑誌に書いています。現在のところ所謂「通販オンリー」というやつです。1冊1000円。http://t.co/aqhbREIsj4
学部と大学院のマクロのちがいとかミクロとの関係知らずに大学院受かってしまったマクロ志願者に紹介した: 工藤教孝「マクロ経済学とは何か」 http://t.co/3YaFRngExk <工藤先生の授業風景>マクロ経済学教育の理想と現実 http://t.co/upvlPG6Ww9
英国の内閣執務提要 http://t.co/eFsUz9tmMO 「今回訳出したThe Cabinet Manual すなわち『内閣執務提要』は、英国の政府の運営に関する法規、慣習等が、初めて内閣自身により体系的に整理され、文章化されたものです。」

フォロー(86ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @bokassa_1er: @dig_nkt_v2 こんなんありました。 世襲議員の実証分析 https://t.co/DQgBqGAo4E
@WilliamMCavert So 11 uni libraries in Japan got your bk; https://t.co/vhMVEKGYvA 764 others waiting to get a cop… https://t.co/loJQe07kip

フォロワー(7198ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @bokassa_1er: @dig_nkt_v2 こんなんありました。 世襲議員の実証分析 https://t.co/DQgBqGAo4E
再び預金が詐欺務省に乗っ取られている。 第二次世界大戦中の、普通・貯蓄銀行の中央集権化/統合に関する研究 白井 博之 https://t.co/rID9e25TUI
RT @bokassa_1er: @dig_nkt_v2 こんなんありました。 世襲議員の実証分析 https://t.co/DQgBqGAo4E
興味深い翻訳が出てたぞ 本郷亮「<翻訳>J. ティンバーゲン「景気循環の統計的研究の方法について : ケインズへの返答」(1940年) : 邦訳と解題」 https://t.co/zb1kz8D9OW
RT @disaster_i: 10年以上前にやりかけた研究 https://t.co/3tcAwD6Aav によると,AMeDAS極値更新観測所の出現率は観測開始20年以降で年5%程度でした.2012-2017の6年間ですから,1300箇所×0.05×6=390箇所なので,格…
RT @nori76: 面白そう「本稿では、トヨタ自動車の日本、米国、欧州、中国市場のケースを取り上げ、生販連携によって生産計画を作成するプロセスを中心にトヨタ自動車のサプライチェーンマネジメントの実態を明らかにした」https://t.co/k5vV60AURr
RT @gilledwhale: 木下千花『溝口健二論 映画の美学と政治学』の書評を書きました。https://t.co/AS6iNxGaZl
RT @nori76: 面白そう「本稿では、トヨタ自動車の日本、米国、欧州、中国市場のケースを取り上げ、生販連携によって生産計画を作成するプロセスを中心にトヨタ自動車のサプライチェーンマネジメントの実態を明らかにした」https://t.co/k5vV60AURr
RT @shomotsubugyo: @kurubushi_rm ・The Oxford guide to library research / Thomas Mann. -- 3rd ed. -- New York : Oxford University Press , 20…
現代主流派マクロ経済学批判の一視角 ─ ポスト・ケインズ派の挑戦 鍋島直樹 2012 https://t.co/AtX4FzydBQ #経論
第二次世界大戦中の、普通・貯蓄銀行の中央集権化/統合に関する研究 白井 博之 https://t.co/rID9e25TUI
RT @sinya8282: 拙著サーベイ論文「オートマトン理論再考」が今日付けでJSTAGEに公開されました! どなたでもアクセスできると思いますので,ぜひぜひ読んでみてください. https://t.co/5WHN1lbyYY
賃金の上方硬直性に関する話なんだけど、数式わからんけどなんとなく読んでみた… https://t.co/ALmXiDX3Dg
RT @ohjimsho: 昨日これ興味深く読んでたのですが(1994の論文)。都にとってのPTAは、ずっと研修、指導とか、教え導く対象だったのね。ボランティアとか自主性とかとは、すごく別の世界。学校後援会じゃなくするのに一生懸命だったんだろうけど… https://t.co/…
“非線形ニューケインジアンモデルにおける金融財政政策のレジームスイッチの効果” 飯星博邦 2017 https://t.co/uyElVXsOCZ #経論 #経論財政 #経論金融
RT @noricoco: なぜ中学に入ると突如教科書が読めなくなるか。こういう研究結果も出ています。https://t.co/41YUE0lumf
RT @asarin: 村井潤一郎「教育心理学領域における社会心理学的研究の概観と研究法・統計法に関する考察」教育心理学年報 https://t.co/QhqeYQJthc 雑誌的に「教育心理学領域」という冠はついているが,ごく一般的な社会心理学研究の,と考えてよい.村井さんな…
RT @quiriu_pino: 桑原朝子「近松門左衛門『大経師昔暦』をめぐって」(2013)読了。西鶴、近松、貞享改暦やら京都の町共同体やらの迂路を行くと思ったら、最後は「水平的な連帯関係」と「不透明で複雑に絡み合った大きな権力」の話に着地する手品的論文。 https://t…
@WilliamMCavert So 11 uni libraries in Japan got your bk; https://t.co/vhMVEKGYvA 764 others waiting to get a cop… https://t.co/loJQe07kip
RT @noricoco: 2万5千人のリーディングスキルテストをどうやって実現したのか?予算は科研費基盤Aです。が、この金額では、CBT用ソフトウェアを開発し、千問以上の問題を作問し、協力機関を100も集めて、科学的に分析するのはふつう無理。 https://t.co/jSN…
とても面白い議論。いろいろな領域で「自律的な個人」を疑う気運がある。 https://t.co/cFHvV26Knk
大日本道中明細記 https://t.co/WKpZWKIB0v
RT @noricoco: 2万5千人のリーディングスキルテストをどうやって実現したのか?予算は科研費基盤Aです。が、この金額では、CBT用ソフトウェアを開発し、千問以上の問題を作問し、協力機関を100も集めて、科学的に分析するのはふつう無理。 https://t.co/jSN…
RT @noricoco: 2万5千人のリーディングスキルテストをどうやって実現したのか?予算は科研費基盤Aです。が、この金額では、CBT用ソフトウェアを開発し、千問以上の問題を作問し、協力機関を100も集めて、科学的に分析するのはふつう無理。 https://t.co/jSN…
RT @noricoco: 2万5千人のリーディングスキルテストをどうやって実現したのか?予算は科研費基盤Aです。が、この金額では、CBT用ソフトウェアを開発し、千問以上の問題を作問し、協力機関を100も集めて、科学的に分析するのはふつう無理。 https://t.co/jSN…
RT @noricoco: 2万5千人のリーディングスキルテストをどうやって実現したのか?予算は科研費基盤Aです。が、この金額では、CBT用ソフトウェアを開発し、千問以上の問題を作問し、協力機関を100も集めて、科学的に分析するのはふつう無理。 https://t.co/jSN…
RT @makmiz: ThalerのMental Accounting以前に日本の心理学者・小嶋外弘らが「心理的財布」という概念を提唱していた。そのことをTverskyに確認したというエピソードも→「消費者行動研究」1998 (pdf) https://t.co/PwDLw9…