枇杷 (@manybooksdan)

投稿一覧(最新100件)

CiNii 論文 -  行動分析学と経済学 : 進化的枠組みの中での共同作業をめざして(<特集>行動経済学の現在) https://t.co/qG0P8156UC
行列、極限のあたりを勉強中 行列は特に必要なの。https://t.co/ApUtAhKWIe
社会科学、人文科学が好きな方、是非↓から見れる長谷川眞理子先生の論稿は読んでほしい。 人間へのさまざまな遺伝的影響とか、進化心理学的な観点などを真剣に考えないと、社会科学や人文科学はオカルトと変わらなくなると思う。 https://t.co/YojzQUhoQz
新派刑法学は思想良心の自由などと緊張関係に立つので難しいですが、解離性同一性障害の方の事例が旧派ではどう扱うか難しいと思うし、やはり旧派って問題が大きいのでは? https://t.co/fqJl6NSivy
RT @jssp_pr: 【社会心理学研究・掲載論文】荒川・菅原(2019) 「裁判員裁判を想定したフォーカスグループの効果の検証」 https://t.co/c9hxZqzXUi
@law_do_hoo 4要件説は私が支持しがたいだけでなく、実務がそうだとは私は聞いたことがなかったのですがね。。 以下の植田先生の論稿の287〜290ページ参照。https://t.co/KhQRqNmIIp
@ryouheitakaki @vivaSPQR 政府による介入を基本的には是としない新自由主義者を除き、親の免許制度を真剣に検討すべきと思います。 最近「自己責任論」が叩かれますが、子どもは親を選んでない以上、親に免許を課さない… https://t.co/zQaJXV2CTp
@law_do_hoo 無期転換に違憲の疑いをまるぼうろ先生は抱いてないですかね、合憲論としてもそもそも無期転換制度自体廃止すべきとは思わないですか? 元はといえば無期転換制度なんて私は廃止していいのでは、とも思います https://t.co/FGE7zUW7Oj
浅野正先生、こんな論稿を書いてたのですね。https://t.co/XB6IgT4Emp
「自己責任論がダメだ」とかリベラル左派的な言説によくありますよね。 じゃあもっと多くの人が親の免許制を当然検討すべきでは? 子どもは通常親を選んだわけでもないのに、虐待され続けて助けも求められない場合がありうる、まさに「自己責任論… https://t.co/5L1XlFdWe1
@azarashi_gv 「自己責任論はダメだ」とか言われるご時世なのに親の免許制がなくて(一定の要件で親権喪失とかはあるが)、非弁はあそこまでガチガチに非弁規制して懲役刑まで定める人権侵害予定されてるのは、私にはよくわからないの… https://t.co/hjqRiKYX6j
@mushikanai 学力の遺伝要因は今どき否定するのは困難ではありますね確かに。https://t.co/inmEe26nx5
今の私は、規範倫理学の立場の中では、消極的功利主義が最も適切な立場だと思っています。https://t.co/wfmCOzt8BH
CiNii 論文 -  アルトゥール・カウフマンの「消極的功利主義」 : その射程と寛容論との関連性 https://t.co/mk5bvXnJoJ
@okae それは読んでないのでコメントしかねますが、田中先生のこれとかなかなか毛色が違うと感じられるかもしれないので紹介しときます。もし興味があればhttps://t.co/FLmhHkDHcY
@yuu_lua_ どう評価するかはあなた次第ですが、↓とか紹介しときます。https://t.co/ydxS9hJ2fw
@urumalaw 「法と心理学」の重要論点というイメージです。 これは実際にマイナスの効果をエビデンスベーストで論じらるべきなので。 というわけで、もし興味あればでいいですが、下記を紹介しときます。https://t.co/ygYSYe6Ize
@law_do_hoo 近年では遺伝による影響に関する諸研究が進展しており、「生まれ持ったもの」とそれ以外は明確に区別が困難になっていると思うのです。 決定論とか自由意志否定論を持ち出さなくても、です。一応下記の論稿を紹介しときま… https://t.co/lpji52PqSr
J-STAGE Articles - 遺伝要因が教授・学習過程に及ぼす諸効果 https://t.co/Jc6EywXyfG
@rekisilove1 まあ諸論文などを読むと、学力にも生来的要因はかなり大きいと思えますからね… そもそも入学試験自体が妥当か否かも問題になるかもしれませんね。https://t.co/aA6vXX3k4d
@lawtarou ちょっとご希望のと違うかもですが、以下の論稿は「性的消費」を考える上でも役立ちうるかなと。 もし興味がおありならhttps://t.co/a5yJ6FC8Lj
J-STAGE Articles - 日本語版Ten Item Personality Inventory(TIPI-J)作成の試み https://t.co/mQcWLjAYGa
@IamPachirisu また、後天的格差をなくすのを国家の責務とするなら親業免許制度制定は必要かもしれませんね。 https://t.co/Lwzd1wkJBi
@IamPachirisu 先天的格差については下記を紹介しますが、人は個人差がありすぎて大学は必要性がうすいかなと。 少なくとも税金支出をするのは違うかと。細かい理由はまた。https://t.co/69jdEf9OP2
@asagishadow 1月前ほど、ご丁寧に私にリプを下さりありがとうございました。 さて、こないだ私はこのような論稿を発見致しました。 心理学上、自由意志問題について考える上で役立ちそうに思いますので、紹介だけしておきます。… https://t.co/9SPpDZpRAg
J-STAGE Articles - 被害者の意見陳述は裁判員の事実認定に影響を与えるか? (&lt;特集&gt;手続二分論とその視点-法学と心理学からのアプローチ) https://t.co/l6ER4s46nk
J-STAGE Articles - 裁判官は、いつ事実を認定するのか(法と心理学会第7回大会シンポジウム,&lt;特集&gt;素人の事実認定と玄人の事実認定) https://t.co/DwS58SPx5v
@hottaqu 堀田先生、失礼いたします。「自由意志」の定義自体が問題になる気がします。そして、とくに物理法則などと矛盾しない自由意志否定論はありえるかも、と私は思います。 この点、以下の論稿などが参考になるかもしれないので、紹… https://t.co/RhNzsMgxbg
よい論稿だと思う。 司法試験や予備試験にはまあいらないけど、自由意志問題は法学に興味ある人はできれば関心持ってほしいな。https://t.co/ncFjOq39rB
CiNii 論文 -  自由意志信念に関する実証研究のこれまでとこれから:哲学理論と実験哲学、社会心理学からの知見 https://t.co/M2kgTwOUb6
J-STAGE Articles - 鳥類の起源としての恐竜と,恐竜の子孫としての鳥類 https://t.co/VDaoVxZDnd
CiNii 論文 -  共感性形成要因の検討 : 遺伝-環境交互作用モデルを用いて https://t.co/AxCqewwcMF #CiNii
CiNii 論文 -  心理学研究の「常識」が変わる? : 心理学界における再現可能性問題への取り組み (特集 その心理学信じていいですか?) https://t.co/DM7Ya2rWRu #CiNii
CiNii 論文 -  親業免許制度とリベラリズム https://t.co/gCTfDD2uzv
@kumaemon9 このあたり考え出すとそもそも親を免許制にするのがいいのかもしれない、と思わなくもないです(合憲性が疑わしいなら改憲も視野に) https://t.co/Lwzd1wkJBi
@t3DNa いろいろな立場がありえますが、これを紹介しときます。https://t.co/aWjTVfYQe0
CiNii 論文 -  自己開示によるストレス反応低減効果の検討 https://t.co/jp51GZbhbz
J-STAGE Articles - 事後情報の提示モードと誤情報効果 https://t.co/VO4N7AnbAm
@mobius774 以下のような前世研究から「心」のうちマテリアルに還元できない部分を指摘し、実体二元論を擁護するのは苦しいでしょうか? その「心」が超物理的な力をマテリアルに与えてる、と。 https://t.co/ydxS9hJ2fw
@gaorinc 私は実体二元論を今でも支持しています。 いわゆる前世研究がされてますし、少なくとも信仰としては輪廻転生を私は支持するから。 「心」はmaterialには還元しきれない部分、すなわち超物理的実在としての魂を認めます… https://t.co/NXcdaJhkii
@goumeigaisha @husalmv 極楽浄土への往生、ですか。 「心」につき、超物理的実在の魂が存在し、超物理的な力を物質たる人間の身体(脳神経含む)に与えていると考えれば自由意志は肯定できますね。 人が死んでも超物理的… https://t.co/zBEPeq0dVh
@vivaSPQR だいたい家族「制度」なんてぶっ潰せばいいんですよ。 まずは婚姻制度の廃止と憲法24条の改正、法定相続制度や遺留分制度の廃止から。https://t.co/Lwzd1wkJBi
@sandcake3 もちろん、既存の科学や心理学による反論もいろんな場面でありますので。 ただ、ウィリアム・ジェームズ先生など偉大な哲学者と超常現象の研究との関係は興味深いです。 https://t.co/a47lMYUys8
J-STAGE Articles - 進化心理学の擁護—批判の論駁を通じて https://t.co/cFlf48Vs1W
刑事責任とかを考える上で、本来自由意志の問題は避けては通れないと思うんですよ。 どういう結論をとるかはともかく、真剣に考えることは良いことだと思う。なので勉強になりそうな論稿を紹介しときます。 https://t.co/gzncFPPTho
@t3DNa めちゃくちゃ難しい問題と思います。こういう論稿がありますが、もし興味があれば。https://t.co/gzncFPPTho
@RMHuZ4gcbz2ROMK 心霊研究協会とベルクソン先生、ヘンリー・シジウィック先生、ウィリアム・ジェームズ先生の話とかならわかりますが。 宇宙人は知りませんねhttps://t.co/52O2evIX2g
@yaozhewen まあベルクソン、シジウィック、ジェームズといった偉大な学者と心霊現象研究協会との関係とか、結構面白いですけどね https://t.co/kOnpszGgxy
@dnrkckmaJ27RLUk うーん。 ただ「法と心理学」という分野もあり、少なくとも立法論としては傾聴すべきことはたくさんあると思います。https://t.co/ygYSYe6Ize
こういう心理学の知見は大事。 人の人生に関わるから。あと心理学に対し、勝手に昔の精神分析みたいなのばかりのイメージの人も多いんだろう… https://t.co/yihSjjZ8O9
遊戯王カードに「鏡像のスワンプマン」なんてのがあるのか。 哲学の話に関心がある(orあった)人がつくった可能性? https://t.co/lH7qJN22E3
親の免許制についてはこの論稿を読んでみるといいかも。https://t.co/gCTfDD2uzv
@deinotaton このような論稿はあります。もしご存知でしたら申し訳ないです。https://t.co/gCTfDD2uzv
@kotetsu_shiho 私は観葉植物ならたくさん置いてましたよ。(↓のような論稿もあり人のためにもなってたかも) しかし、アクアリウムは手間がかかりそう… https://t.co/BogGgL2L79
@tebasakitoriri 今実体二元論を擁護しようとしたら前世研究とか、超心理学でのサイコキネシスやテレパシー研究を持ち出すことになりそうですね。良くも悪くも哲学書では真剣に論じられてない感はありますが。https://t.co/P1H96Tmz7F
谷村省吾先生のいろいろなツイートを見て。 私は、心の哲学における行動主義は科学原理とのあいだの抵触は生じないだろうし、真剣に検討する必要は感じます。 いっぽう、前世研究などを論拠にした実体二元論も意外と手強いと私は思います。 https://t.co/jBTmQvbsFh
CiNii 論文 -  自由意志と神経科学—リベットによる実験とそのさまざまな解釈— https://t.co/ZgNm0O3x7l #CiNii
CiNii 論文 -  なぜベルクソンは心霊研究に関心をよせたのか : 哲学上の方法論の観点から https://t.co/4wIoiUcZa8
@yaozhewen ベルクソン先生を含め、ノーベル賞受賞者を含む偉大な哲学者や科学者の「超常現象」の研究が知られていますね。https://t.co/52O2evIX2g
@tani6s 私は実体二元論者です。超物理的実在である可能性が高いと考えられる魂が、マテリアルたる身体(脳を含む)に超物理的力を与える場合があると考えられるから二元論が正しいと考えます。 下記のような論稿もあります。 超心理学的… https://t.co/8aVZiN5c8z
@urumalaw 唯物論が科学的とされてる感ありますから、これ言うと科学者さらには一般人の多数には冷笑されかねんのですよね現実は。しかし下記のような論稿もあります。 https://t.co/TctAdLYzmw
わたしたくさん論稿紹介してますけど、これは反響ありましたし再度紹介。面白そうでしょう?https://t.co/l1pAuGeT3K
CiNii 論文 -  「看護職員の不思議体験」(<特集>第35回日本超心理学会大会) https://t.co/HnPjdBreyW
@mtboru 別件ですが今度はこんなのを見つけました。ジェームズ先生、シジウィック先生、ベルクソン先生とあまりに偉大な学者が…と思うと興味深いです。https://t.co/MJN0LDEOok

1 0 0 0 IR 脳死体験

#法学 #生命倫理学 刑法学で死に対する脳死説を解釈論として採るのが本当に妥当か、こういうのを見て考えてみてほしい。 私見は立法論ならともかく、解釈論としての「脳死=人の死」は、憲法41条の趣旨からも行き過ぎだと考えます。 https://t.co/SRAA24SRNQ
@hunternameg たぶん同じ言葉を投げかえされますよ。越後和典先生の下記の論稿参照。https://t.co/xN36WaKCUQ
@QdcieKes11IoqgR 性質二元論とかじゃない実体二元論をわたしは擁護してるから、論敵になりそう。(超物理的実在たる魂を措定し、魂が超物理的力をマテリアルに与えるというもの。だからマテリアルには還元しきれないし、生まれ変… https://t.co/lGPkCRtzi5
CiNii 論文 -  承認欲求についての心理学的考察 : 現代の若者とSNSとの関連から https://t.co/dqdbMu6k7K
近年の論稿だと、これとか読んでみてもらえればわかるかなと。https://t.co/kuDLMEZuAg
@mtboru これ質問したの私ですが、ベルクソン先生についてもこのようなのがあることを知りました。もし関心があればということで紹介だけ。https://t.co/UybLQ3hTJm
CiNii 論文 -  唯心論(スピリチュアリスム)と心霊論(スピリティスム) : ベルクソン哲学における催眠・テレパシー・心霊研究(研究論文) https://t.co/Tn6jpkYU4O
@yaozhewen 私はマクロPKにはそこまで肯定的ではないですが、下記のような論稿を紹介しておきます。https://t.co/GJK0T6dySu
J-STAGE Articles - リモートビューイングの軌跡と課題 https://t.co/iw1pbf0P0w
@yaozhewen 下記のような論稿もあります。「方法的懐疑」的ですが、現代科学を疑うことも必要だと思います(大陸移動説とかとのアナロジー。「超物理的実在たる魂が力をマテリアルに与える」も今の科学的にありえないとしても、真実かも… https://t.co/GJJ6JWmbB9
CiNii 論文 -  「過去生の記憶」を持つ子供について : 日本人児童の事例 https://t.co/N7095AgrBX
J-STAGE Articles - 「過去生記憶」を持つ子供 : インド人としての記憶を持つ日本人女児の事例 https://t.co/7GOAd4RcCm
@9w9w9w9 そういえば、江口聡先生はだいぶ前に下記のような論稿を出されていますよ。https://t.co/w0nbiOhSaZ
@alfred_2013 ちゃんと全部読んだりしてないですが、心の哲学の実体二元論擁護に使えそうな論稿(↓)をまた見つけました。 こういうのはダメなんですかね?「懐疑主義」とかは哲学者は知ってるはずだし、前世とかは心の哲学でも真剣… https://t.co/1DwWrZbNxs
@cha_bo39 失礼します。 超心理学のミクロPK、透視、テレパシーなどから超物理的実在としての「魂」を想定することは可能かもしれません。 また、前世実在の可能性もありえます。興味がおありなら下記論稿紹介 https://t.co/ydxS9hJ2fw
@KNMG_Libertas 子を守るだけを考えるなら「親業免許制度」が一番適切でしょうが、憲法適合性の問題、実現可能性が低すぎる問題があり、ここでは立ち入りません。 https://t.co/gCTfDD2uzv
CiNii 論文 -  新自由主義の意義と問題点 https://t.co/ms6QelaVYI
@okae きっと面白いと思うだろうなということで、これ紹介しときます。(タイムラインでこの論稿の紹介が流れてきた) https://t.co/mxNCudVMct
@yaozhewen 超心理学でのミクロPK、透視、テレパシー、ポルターガイストなどが候補としてありうると思います。 まあ超常現象も物理学で表せるようになる未来が来るかもしれませんが。 https://t.co/3AXaZ224AC
@1painosake 超心理学というのがあり、超常現象も真面目に研究されてますよ。もし確実に起こせるなら学者が行きたがるでしょう。 https://t.co/GNBKP4exf4
@hunternameg このような論稿がありますし、音楽自体の意義を簡単に相関関係というのは難しいと思いますhttps://t.co/cUVga6taoi
CiNii 論文 -  顔の魅力判断とジェンダー環境―女子大学と共学大学での比較― https://t.co/5Aa5YnXqRi #CiNii
CiNii 論文 -  ジェンダー環境によって異性の好みが変わる:―女子大学と共学大学の比較― https://t.co/9amwlFluFi
J-STAGE Articles - 倫理的直観主義の背後にあるもの https://t.co/E1HLA6W1gB
@alfred_2013 それはそうですね。 流し読みですが、20年近く前の論文でも↓のような議論がされていて複雑です。 進化心理学自体とか生物学的考察自体がおかしいとか、そういうことにはならないのは当然ですが。 https://t.co/wxlfKE4nvZ
@maru_tetsugaku 賛否はともかく、この江口聡先生の論稿はそのあたりの関連で興味深い指摘を含んでいると思います。 もしご関心があればということで紹介しておきます。https://t.co/a5yJ6FC8Lj
@rekisilove1 「論理的には」諸外国でやられてるから良い、とはなりません。 それにドイツでの最近の議論はご存知ですか?以下の論稿で「阻止条項」で検索して読んで見るとわかりますよ https://t.co/4BilAolSFD
J-STAGE Articles - 超心理学の最近の動向 https://t.co/tBPRuxD0zv
J-STAGE Articles - 近年における国内のポルターガイスト事例調査(&lt;特集&gt;幽霊・ポルターガイスト, 第38回日本超心理学会大会) https://t.co/DWaGRilJqL
RT @manybooksdan: J-STAGE Articles - 心霊現象における実証的研究(&lt;特集&gt;幽霊・ポルターガイスト, 第38回日本超心理学会大会) https://t.co/6Frmw9PV9z
J-STAGE Articles - 心霊現象における実証的研究(&lt;特集&gt;幽霊・ポルターガイスト, 第38回日本超心理学会大会) https://t.co/6Frmw9PV9z
@Espyzfof 新優生学(リベラル優生学)にも議論はありえますが、その立場は十分アリでしょうね。https://t.co/oXHJefeDS3

お気に入り一覧(最新100件)

社会科学、人文科学が好きな方、是非↓から見れる長谷川眞理子先生の論稿は読んでほしい。 人間へのさまざまな遺伝的影響とか、進化心理学的な観点などを真剣に考えないと、社会科学や人文科学はオカルトと変わらなくなると思う。 https://t.co/YojzQUhoQz
【社会心理学研究・掲載論文】荒川・菅原(2019) 「裁判員裁判を想定したフォーカスグループの効果の検証」 https://t.co/c9hxZqzXUi
【社会心理学研究・掲載論文】中村・三浦(2019) 「2者から異なる方向に説得される状況での被説得者の認知資源と態度変容プロセスの関連の検討」 https://t.co/TYrkhW2sQX

フォロー(550ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

フォロワー(507ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @Conscript1942: https://t.co/r5HLxUm6uy 10世紀までは黙読は非常に珍しく、アンブロシウス以前には「カエサルが議場で横に座ってた政敵のカトーの妹からの恋文を黙読していた」とかいう記録が有名らしいのですけど、古代基準でもそれって声に出し…
@hirokim21 どうやら本当らしいですね… https://t.co/Od5EajE73a https://t.co/cYLBtFNN2o
RT @giga_frog: 日本の一般病床数は世界有数だが、集中治療病床数は最低レベルらしい。(2010年) https://t.co/TxNXfFuohz