Ikemen Bishoujo Mas Kot (@maskot1977)

投稿一覧(最新100件)

植物二次代謝のゲノム進化に学ぶ生合成デザイン https://t.co/1jRxjcIVVz
ゲノム編集技術を用いた脳の進化発生学研究の展開 https://t.co/PxtbzHEnu7
当研究室の修士学生(もう卒業しましたが)の論文がアクセプトされ公開されました。 Ensemble Machine Learning and Applicability Domain Estimation for Fluoresc… https://t.co/lsfJQO7Xsc
VAEGANとAttentionを活用した異常検出手法 https://t.co/GhG8xmm9pK
ギター奏法知識におけるオントロジーと手続き的知識の併用による知識の構造化 https://t.co/pstfrbn7Qa
郷土食とそのストーリーに関するドメインオントロジーの設計 https://t.co/aoK1EMOZwM
経営指標を利用した農作業基本オントロジーに基づく野菜栽培の作業分析 https://t.co/nJpz1sZbn1
イネの栄養応答機構解明のための遺伝子発現情報基盤の構築と応用研究への展開 https://t.co/ONl7lERDhY
海外における計算科学的手法を用いた化学物質のリスク予測研究の現状と今後の展開 https://t.co/L9wCDW3UzE
Three-Dimensional Classification Structure–Activity Relationship Analysis Using Convolutional Neural Network https://t.co/lY8HunzVfT
Attack rate-patient number plot for analysis of food poisonings caused by microbes and plant or animal toxins https://t.co/CdRvg5yUF2
1H-NMRメタボローム解析を用いた玄米米糠麹の品質評価 https://t.co/VQZaGBS0qE
SINC-seq: 1 細胞の核 RNA と細胞質 RNA の定量相関解析 https://t.co/y7Ak0lDExy
生物学的概念相互作用オントロジーを用いたライフサイエンスデータ統合―化合物, 遺伝子産物の機能推論の現状と課題 https://t.co/sMKX9pbUpR
蛍光色素及び修飾核酸を利用した生体分子解析技術の開発とその応用 https://t.co/lX5OyYTEgT
「植物環境工学の研究展望」(第四回) 環境ストレスと二次代謝 https://t.co/HdoBpa35uA
医薬品安全性評価のための肝毒性オントロジー構築とその応用 https://t.co/iaDimK1tMa
Application of Non-negative Matrix Factorization in MassSpectrometry-Based Shotgun Proteomics https://t.co/tsDFjcDKAL
希少な遺伝的変異を対象とする集約型関連解析 https://t.co/Ova0Yf8RoG
毒性関連ビッグデータを用いた化学物質の 安全性予測(AI-SHIPSプロジェクト) -動物実験の代替/試験コストの削減/開発期間の短縮- https://t.co/qgndcrFVUb
正規表現拡張SMILESが示す化合物集合に対する部分構造探索 https://t.co/wGobl6KfxJ
野生樹木のゲノム解読 https://t.co/TcwQ5CeJNY
林木におけるゲノム育種に向けた次世代シーケンサーの活用 https://t.co/lACMgIOqfg
アリ科女王の長期間にわたる精子貯蔵メカニズムhttps://t.co/zU0v6wYTcx
人工知能技術を用いたがんの本態解明及び診断・治療への応用 https://t.co/g6lhd2dtkC
自動運転のための運転行動意思決定システム開発に向けた統合シミュレータの構築 https://t.co/swDFoHD7qw
オントロジー構築における Part-of 記述とその実践-ロール理論に基づく部分構造表現モデル https://t.co/e3Qi57YT5E
プロテオミクス研究におけるトランスオミクス解析の可能性 https://t.co/WHwXrAMMG3
製薬企業におけるプロテオーム研究動向 https://t.co/PZrItxuBWA
SWATH 法を用いた網羅的定量プロテオーム解析による薬物動態研究の新展開 https://t.co/f5xdNoCE1g
メタボロームデータを用いた植物代謝システムの数理モデリング https://t.co/rEKwrfoizm
毒性関連ビッグデータを用いた化学物質の 安全性予測 (AI-SHIPS プロジェクト)-動物実験の代替/試験コストの削減/開発期間の短縮 https://t.co/wsLfC5qlqO
一般化合物の毒性予測 https://t.co/J5qLDREk9A
ディープラーニングに対する分子情報の新規入力法: Deep Snap https://t.co/lLdde7OjDS
RT @ykamit: 「生態学における AIC の誤用ーAIC は正しいモデルを選ぶためのものではないので正しいモデルを選ばない」 https://t.co/7T7ESJJrbB 神経科学でも同様の誤用を見かけます
ネコ腎症の診断マーカーの解析 https://t.co/zTb52Iw75v
質量分析計を用いたネコ尿検体中の細菌種の同定 https://t.co/6xzoXFKGyr
タンパク質の質量分析と考古学 https://t.co/fxiMLfJNs3
歴史ロマンも山草趣味も楽しめる植物多様性研究 https://t.co/GH5nD1trSO
Tensor-train 分解アルゴリズムによる高次テンソルデータ解析: 薬物応答遺伝子発現データへの応用 https://t.co/qqQ2Ro2FGu
Responsible innovation in molecular robotics in Japan https://t.co/aMJr88fukD
Tensor-train 分解アルゴリズムによる薬物応答遺伝子発現データからの創薬 https://t.co/yhpvHj5NRC
原子座標を用いた化合物の物性予測手法 https://t.co/WrYZL8z4lO
遺伝病治療に向けて低分子化合物で pre-mRNA スプライシングを操作する https://t.co/F1jgRVlTq7
アンサンブル学習を利用した吸収波長予測 https://t.co/ZDsboMYkza
" How can we trust QSPR models?": Ideas on building interpretable machine learning methods https://t.co/h2Dwe5OOdJ
漢方薬リポジショニング: ビッグデータと機械学習による漢方薬の効能予測 https://t.co/PNi67wt9eM
天然物生合成と環境物質代謝のケモインフォマティクス https://t.co/hE7FDw7frz
生成構造の多様化を目指した化学空間探索型構造生成アルゴリズムの改良 https://t.co/leKz9wEckb
リガンドベースのヴァーチャルスクリーニングにおけるコンフォメーションの影響とアンサンブル効果について https://t.co/hMyCn3Tq2f
深層生成モデルを利用した新規医薬品構造提案手法の開発 https://t.co/tbFYouo3bd
麹菌異種発現系を利用したペニトレム生合成マシナリーの解明 https://t.co/1TBOqH1WMG
バイオインフォマティクスの現状, 問題点および今後の展望 https://t.co/450V9bIcua
ファイトプラズマ: 植物の形を変える怠け者細菌 https://t.co/lLhLKH8jWk
第1回ナレッジグラフ推論チャレンジ2018:~解釈可能な人工知能を目指して~ https://t.co/0HDRIXnjXH
安全性評価のための肝毒性知識の体系化:オントロジー工学に基づく機序解釈支援に向けて https://t.co/uavuty9OWx
無機化学の組成式を元にした物性予測のための記述子開発 https://t.co/O6pKuBxjOk
Developing Novel Descriptors to Predict Physical Properties of Inorganic Compounds from Compositional Formula https://t.co/btFsXsTVqU
AI による新物質探索手法 https://t.co/mAHrKKIseO
遺伝子を調べたら何がわかる?~ 始めてみよう, DNA~ https://t.co/uonYeVUznN
ギター奏法オントロジーを用いた指導者間の知識共有・獲得 https://t.co/g8VTDNyV7N
介護現場における知識共有のための介護オントロジー構築の試み https://t.co/pEzvPFX7oJ
化学構造式のためのハイパーグラフ文法 https://t.co/WtQoQBzZgF
マテリアルズ・インフォマティクス概説 https://t.co/JBFRYfkZqk
データ数が少ない系における マテリアルズ・インフォマティクス技術の効率的活用を目指して https://t.co/gg0cfkFzlM
RT @antiplastics: p値ボロクソに言われててわろす https://t.co/wSDDBOvzgR
プロテオーム解析を用いた臨床微生物検査 https://t.co/cTGTN5pKz1
プロテオーム解析による治療薬の開発 https://t.co/4OboPW1fzU
がんターゲティング療法に資する創薬ターゲットの探索と応用 https://t.co/KSOJqSBk6M
Imaging MSを用いた植物二次代謝の解析 https://t.co/e0jO67bvGH
MALDI-TOF-MS 測定のオンプレート前処理法の開発と有機工業製品分析への応用 https://t.co/S1RIyIh88j
リン栄養枯渇条件下での根圏糸状菌による植物生長促進 https://t.co/hkLuU8lW7o
がん免疫療法におけるがん抗原ワクチン療法の現状と将来展望 https://t.co/IJrajsgVt4
クサフグの半月周性産卵回遊リズムの調節機構 https://t.co/3AC7GBHiai
遺伝子ネットワーク解析とその応用 https://t.co/TRvpcN1VAy
尿中の代謝物を測定し人工知能 (AI) で解析することで大腸がんを従来よりも高精度で検出できる方法を開発 https://t.co/RxsD36ZkMP
植物工場における概日時計の科学技術 https://t.co/jFcHomZbAs
データベース付きオープンアクセスジャーナル「Human Genome Variation」の出版:日本人類遺伝学会の取り組み https://t.co/yz18fgVmBf
In silico解析を活用したドラッグリポジショニングによる創薬 https://t.co/GNWoNj9GKu
質量分析学会のロードマップ策定へ向けて∼ 第 64 回質量分析総合討論会のパネルディスカッションでの議論の記録~ https://t.co/B8gbv5dtu3
北海道イネ系統間の超越分離に由来する極早生形質の遺伝解析 https://t.co/AT4qfQTbuo
ゲノム編集が与える社会的インパクト https://t.co/BzhgOirW9J
集会報告 トーゴーの日シンポジウム2017 バイオデータベース:「作る」から「使う」へ https://t.co/aJ1KKt8tkH
日本産アブラナ科タネツケバナ属雑草の生物学 https://t.co/BhP3J1fQds
クリニカルシーケンスとしての院内完結型網羅的がん遺伝子解析(CLHURC検査)の実際 https://t.co/tUnzZANES1
技術と芸術を横断するアートセンター YCAM の試み ~メディアアートからバイオ・リサーチまで~ https://t.co/M3JD5TMmVq #museomejp
小児神経科医が知っておくべきミトコンドリア病の多様性 https://t.co/17xzkO20OH
オミックスデータの解析・可視化の最先端技術: ConfeitoGUIplus https://t.co/5y4BctxvV1
大阪周辺に飛来するツバメの腸内細菌の群集構造解析 https://t.co/kc2ptDAKZl
薬学における生命指向型化学(実用的ケミカルバイオテクノロジーの開発を目指して) https://t.co/zznbIEuLsA
植物メタボロミクスの開拓と薬用資源植物ゲノミクスへの展開 https://t.co/u6Pf7Vz6Kt
人工知能の倫理の現在 https://t.co/CSB3Fz3uiB
学校給食で提供された刻みのりによるノロウイルス食中毒 https://t.co/2YSXRwokMP
5th Autumn School on Chemoinformatics, 2017 (第 5 回ケモインフォマティックス秋の学校, 2017) の報告 https://t.co/RXSYYqny71
トマトの生産安定化に寄与する単為結果の作用機序 https://t.co/XM1PKPoAFI
肝臓がんの全ゲノム解読と Precision Medicine への展開 https://t.co/wBa7MdRtbo
ゲノム,エピゲノムからヌクレオームへ:遺伝情報発現制御機構の包括的理解に向けて https://t.co/MDiHoCyl2g
東日本大震災で津波浸水した農地土壌の5年後における微生物群集解析 https://t.co/anhhgSCi5F

お気に入り一覧(最新100件)

@maskot1977 @fmkz___ この程度しか出来ないことを既に知っているはず。。。 https://t.co/fQMg1sVqFw
自分の発表にすでに50件近くチェックがついている・・! https://t.co/tXKynau6bf
「生態学における AIC の誤用ーAIC は正しいモデルを選ぶためのものではないので正しいモデルを選ばない」 https://t.co/7T7ESJJrbB 神経科学でも同様の誤用を見かけます
福島 真太朗, 本山 裕一, 吉見 一慶, 敵対的生成ネットワークによる逆合成の経路探索, 第41回ケモインフォマティクス討論会 https://t.co/2DzQLxtalu
p値ボロクソに言われててわろす https://t.co/wSDDBOvzgR
講演中で紹介されていないけど、こんな論文も。生物系収蔵資料に含まれるDNAに及ぼすヨウ化メチル燻蒸剤の影響. https://t.co/7HcciExy1b #museomejp
『文部科学省における研究及び開発に関する評価指針(改定案)』では、「特に,インパクトファクターは,論文誌等の注目度を示す 指標であり,必ずしも掲載論文の質を示す指標でないことから,その使用について十分注意する」と述べられている https://t.co/0W29XRCBzs
“インパクトファクターの功罪 : 科学者社会に 与えた影響とそこから生まれた歪 "/逸村, 裕/"逸村, 裕 , "/池内, 有為/"池内, 有為 月刊化学月刊化学 68 ( 12 ) , pp.32 - 36 , 2013-11… https://t.co/GYQi7D3Ms4
柿食べまくると柿成分が胃の中で大きな石になる「柿胃石」、胃潰瘍や腸閉塞おこして怖いんだけど、柿胃石にコーラをかけまくり溶かして解決する医療報告が時々出てくるの面白い。患者の爺さん炭酸キツくて開栓後しばらくしてから飲んでたのがバレて… https://t.co/XPsffBw0S3
うわっ!! CiNii 論文 -  健康食品「にんにく卵黄」によると思われる薬物性肝障害の1例 https://t.co/0p9bZ9ZwBf #CiNii
NGS現場の会 第五回研究会/お花見メタゲノム プロジェクト結果報告 https://t.co/VCM7oPGb3h これでいい? https://t.co/h7tyTdcYpl
フォーラムを夕方にやります。ブースもよろしく:1F3モノ+コト:バイオリソースとデータが拓く今後の生命科学研究・11/30(水)18:15~19:45・3階301 https://t.co/kXaUd4kAxp 幹細胞バンクやツメガエルの人も話します #MBSJ2016
"創薬" とは文字通り「医薬を創製する」ことだが、この創薬という言葉を創ったのは故・野口照久氏だ。彼が 1963 年に熱海で薬学合宿していた時にお風呂で思いついたものの、言葉として周知できたのは 1984 年以降だそうだ。 > 出典 https://t.co/DZwl82rNXR
生物物理に寄稿した総説「長鎖ノンコーディングRNAのためのバイオインフォマティクス」が出版されました。東大の岩切さんとの共著です。 https://t.co/9TvDeeXWnE
記事が出ました. 根岸 瑠美,大上 雅史:そもそも「ポスドク問題」ってなんだろう?男女共同参画・若手支援シンポジウム報告.生物物理 Vol. 56 (2016) No. 2 https://t.co/OBMZLFfrgG
"なぜソフトウェア論文を書くのは難しい(と感じる)のか" https://t.co/enkzjIpF95 図がいいですね… https://t.co/BJmfLf5lR2
今日の #ブラタモリ に出てきた沼田市の河岸段丘は、典型的な段丘の例として教科書等に出てくるが、形成過程は典型的ではない。火山活動で生じた川の堰き止めという局所的な現象により広い平坦地ができ、それが川で削られたという経緯がある。論文 https://t.co/OEHWoL2Bfo
節分が近づいて、あの巻き寿司の宣伝が目に付くようになると、こちらも年中行事になってしまいましたが、沓沢博行さんの論文をまた紹介したくなりました。https://t.co/iHSnw291CH 某コンビニチェーンが「恵方巻」という商品名で全国発売したのは、1998年だそうです。
.@_junk_0 #togofarm における教育活動をフォーラムという枠で話してきます https://t.co/fLHiAsKTOG #BMB2015
昆虫毒wktk BMB2015(第38回日本分子生物学会年会、第88回日本生化学会大会 合同大会)/昆虫毒:その多様性と選択性 https://t.co/ybXmoQbYmI
比嘉照夫の「波動の作物生理学」は何の裏付けもないただの空想。こんなものは科学ではないし,著者は物理も生物も分かっていない。この「論文」を「騒音制御」などという農学と縁のないところに出しているのも鳥なき里のコウモリだよ。 https://t.co/C13fvW4XMQ
Code for についても触れられている / ソフトウェア技術者から見たオープンデータの魅力 新井 イスマイル 明石工業高等専門学校電気情報工学科 https://t.co/TfLeiuFyWd
【シロタテハ】 台湾に生息するコムラサキの仲間。過去に沖縄で迷蝶として記録を残す。 CiNii(日本鱗翅学会):http://t.co/piMobZVWWY 写真:Chia Chieh Fan様CC BY-NC-ND 2.0 http://t.co/He9V5CYKpY
【モクセイアゲハ】 別名ティムールタイマイ。台湾や中国に生息する。 CiNii(日本鱗翅学会):http://t.co/WPOklx3OkE 写真:Chia Chieh Fan様CC BY-NC-ND 2.0 http://t.co/PkfUYl91GR

フォロー(2654ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

フォロワー(3485ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

667 398 159 153 OA 殖民地要覧

RT @demauyo_tadaimo: お兄ちゃんは「韓国併合は植民地支配とは違う!」と言うけど当時の日本政府は堂々と公文書で朝鮮を植民地呼ばわりしてたよ。今さら改竄は無理よ? https://t.co/twR4TDKqTr https://t.co/yQy5eEleE0 h…
@yabadabadoo00 ジャポニカ米はインディカ米と比較してアミロース含量が少なく粘り気が強いせいで米粉や米麺を作っても美味しくない様なので、それが原因の一つだと思われます。 https://t.co/M8KlOKDySs https://t.co/qh8NfnBVac
@yabadabadoo00 ジャポニカ米はインディカ米と比較してアミロース含量が少なく粘り気が強いせいで米粉や米麺を作っても美味しくない様なので、それが原因の一つだと思われます。 https://t.co/M8KlOKDySs https://t.co/qh8NfnBVac
RT @kenjikawaijp: Our paper co-authored by @uchide on teaching materials on determining epicenters for earthquakes in the Hida region relat…
世界各国は何回も憲法を改正しています。日本も憲法は時代に合わせてアップデートしたいですね。 防衛は勿論、憲法施行当時にはなかった「環境」や「技術と倫理」とか色々と大切な問題もあります。… https://t.co/yv5JaSbK68
大変興味深い https://t.co/tbd8TTZbzZ やはり悪いのはマスコミ、というざっくりした結論にいまのところはとどめておく
RT @cafe_on_the: @rkmt DNNではありませんが、スピーカーの物理モデルと現代制御理論を使って、物理的に手を加えることなく電気・機械特性を仮想的に変化させ、別のスピーカーのような音を出したりできる技術を考案・実用化しています 不要な共鳴を抑えたりもできます…
RT @cafe_on_the: @rkmt DNNではありませんが、スピーカーの物理モデルと現代制御理論を使って、物理的に手を加えることなく電気・機械特性を仮想的に変化させ、別のスピーカーのような音を出したりできる技術を考案・実用化しています 不要な共鳴を抑えたりもできます…
RT @nawaken: あおり運転の論文見つけた。日本での事例調査38件。 攻撃的運転の要因は, ・年齢:若い ・性別:加害者はほとんど男性。被害者も男性が多い。 ・車種:加害者高級車→被害者大衆車 ・場所:一般道(特に複数車線の追越車線上)が多く,高速道路は1割。 (つづく…
RT @nawaken: あおり運転の論文見つけた。日本での事例調査38件。 攻撃的運転の要因は, ・年齢:若い ・性別:加害者はほとんど男性。被害者も男性が多い。 ・車種:加害者高級車→被害者大衆車 ・場所:一般道(特に複数車線の追越車線上)が多く,高速道路は1割。 (つづく…
RT @nawaken: あおり運転の論文見つけた。日本での事例調査38件。 攻撃的運転の要因は, ・年齢:若い ・性別:加害者はほとんど男性。被害者も男性が多い。 ・車種:加害者高級車→被害者大衆車 ・場所:一般道(特に複数車線の追越車線上)が多く,高速道路は1割。 (つづく…
RT @kobayashi_masa: 査読有り論文だよ。 内田良「学校事故の「リスク」分析」 https://t.co/4r6g2xpihs
RT @naoyukinkhm: 国内外来種となった絶滅危惧種:その取り扱いと保全をめぐって(日本語論文、オープンアクセス)https://t.co/HFYJXEeiK8 国内外来種となった絶滅危惧種の取り扱いについて、図1でまとめられています。
国内外来種となった絶滅危惧種:その取り扱いと保全をめぐって(日本語論文、オープンアクセス)https://t.co/HFYJXEeiK8 国内外来種となった絶滅危惧種の取り扱いについて、図1でまとめられています。
RT @nawaken: あおり運転の論文見つけた。日本での事例調査38件。 攻撃的運転の要因は, ・年齢:若い ・性別:加害者はほとんど男性。被害者も男性が多い。 ・車種:加害者高級車→被害者大衆車 ・場所:一般道(特に複数車線の追越車線上)が多く,高速道路は1割。 (つづく…
RT @nawaken: あおり運転の論文見つけた。日本での事例調査38件。 攻撃的運転の要因は, ・年齢:若い ・性別:加害者はほとんど男性。被害者も男性が多い。 ・車種:加害者高級車→被害者大衆車 ・場所:一般道(特に複数車線の追越車線上)が多く,高速道路は1割。 (つづく…
RT @nawaken: あおり運転の論文見つけた。日本での事例調査38件。 攻撃的運転の要因は, ・年齢:若い ・性別:加害者はほとんど男性。被害者も男性が多い。 ・車種:加害者高級車→被害者大衆車 ・場所:一般道(特に複数車線の追越車線上)が多く,高速道路は1割。 (つづく…
RT @nawaken: あおり運転の論文見つけた。日本での事例調査38件。 攻撃的運転の要因は, ・年齢:若い ・性別:加害者はほとんど男性。被害者も男性が多い。 ・車種:加害者高級車→被害者大衆車 ・場所:一般道(特に複数車線の追越車線上)が多く,高速道路は1割。 (つづく…
RT @sumomodane: 初対面の異性が会話したときに親密化願望を高めるのは、男性は女性の外見、女性は会話における自己開示が強く影響する傾向。後者については、男性が女性にアプローチする際は自分がどんな人なのかを明示して安心感を与えることが重要だということを示唆している。…
RT @nawaken: あおり運転の論文見つけた。日本での事例調査38件。 攻撃的運転の要因は, ・年齢:若い ・性別:加害者はほとんど男性。被害者も男性が多い。 ・車種:加害者高級車→被害者大衆車 ・場所:一般道(特に複数車線の追越車線上)が多く,高速道路は1割。 (つづく…
RT @sumomodane: 便利な論文発見。恋愛研究について総合的にレビューしている。「女性は街中での恋愛関係化開始を許容していないことを見出した」ワロタ https://t.co/iksIhv64QX
RT @nawaken: あおり運転の論文見つけた。日本での事例調査38件。 攻撃的運転の要因は, ・年齢:若い ・性別:加害者はほとんど男性。被害者も男性が多い。 ・車種:加害者高級車→被害者大衆車 ・場所:一般道(特に複数車線の追越車線上)が多く,高速道路は1割。 (つづく…
RT @nawaken: あおり運転の論文見つけた。日本での事例調査38件。 攻撃的運転の要因は, ・年齢:若い ・性別:加害者はほとんど男性。被害者も男性が多い。 ・車種:加害者高級車→被害者大衆車 ・場所:一般道(特に複数車線の追越車線上)が多く,高速道路は1割。 (つづく…
RT @nawaken: あおり運転の論文見つけた。日本での事例調査38件。 攻撃的運転の要因は, ・年齢:若い ・性別:加害者はほとんど男性。被害者も男性が多い。 ・車種:加害者高級車→被害者大衆車 ・場所:一般道(特に複数車線の追越車線上)が多く,高速道路は1割。 (つづく…
RT @nawaken: あおり運転の論文見つけた。日本での事例調査38件。 攻撃的運転の要因は, ・年齢:若い ・性別:加害者はほとんど男性。被害者も男性が多い。 ・車種:加害者高級車→被害者大衆車 ・場所:一般道(特に複数車線の追越車線上)が多く,高速道路は1割。 (つづく…
RT @nawaken: あおり運転の論文見つけた。日本での事例調査38件。 攻撃的運転の要因は, ・年齢:若い ・性別:加害者はほとんど男性。被害者も男性が多い。 ・車種:加害者高級車→被害者大衆車 ・場所:一般道(特に複数車線の追越車線上)が多く,高速道路は1割。 (つづく…
RT @nawaken: あおり運転の論文見つけた。日本での事例調査38件。 攻撃的運転の要因は, ・年齢:若い ・性別:加害者はほとんど男性。被害者も男性が多い。 ・車種:加害者高級車→被害者大衆車 ・場所:一般道(特に複数車線の追越車線上)が多く,高速道路は1割。 (つづく…
RT @nawaken: あおり運転の論文見つけた。日本での事例調査38件。 攻撃的運転の要因は, ・年齢:若い ・性別:加害者はほとんど男性。被害者も男性が多い。 ・車種:加害者高級車→被害者大衆車 ・場所:一般道(特に複数車線の追越車線上)が多く,高速道路は1割。 (つづく…
RT @HokkeTaso: 引用元明記します。 https://t.co/BxNsiLjDYq AED:心臓電気活動の計測と電気ショックによる 制御技術 田村悠悟*・秋 山 直 人**
窃盗に対する意識の低さを表す実験結果が今年のAI学会で報告されていた. https://t.co/K9z97LsP33 https://t.co/SuWZ44s1oM
RT @tmaehara: 家電は最も代表的なファジー論理 [https://t.co/bXNfsBm3Na] の応用例 [https://t.co/0djthdnCrF, https://t.co/PqjXR41RfJ] だし,ファジー論理は純然たる AI 技術で,IJCAI…
RT @tmaehara: 家電は最も代表的なファジー論理 [https://t.co/bXNfsBm3Na] の応用例 [https://t.co/0djthdnCrF, https://t.co/PqjXR41RfJ] だし,ファジー論理は純然たる AI 技術で,IJCAI…
RT @tmaehara: 家電は最も代表的なファジー論理 [https://t.co/bXNfsBm3Na] の応用例 [https://t.co/0djthdnCrF, https://t.co/PqjXR41RfJ] だし,ファジー論理は純然たる AI 技術で,IJCAI…
RT @hayato626: @ponpy14 @C4Dbeginner @yumidesu_4649 影響あるのは流入後数日で、そうでない日は東京湾の水は意外に綺麗です。だからこそ、あそこで競技するなら、必至に合流式下水道を無くすよう頑張らねばならなかったのに…。 http…
RT @Panda_51: それでもなお、数々の疑義を呈さずにはいられないのが問題なのでしょうが…この記事では、214型どころか209型の時点で、その整備目的や運用構想の不明瞭さを指摘しています https://t.co/pWO9JVj4ca
RT @Panda_51: ちなみにイージス艦の整備にあたって韓国海軍は海上自衛隊に助言を求め、当時海幕防衛部長だった香田提督が応対したそうですが、「そもそも君らホントにそういうの必要なの」という根本部分に疑義を呈してしまい、納得できる答えはもらえなかったそうで https:/…
RT @tanso: 空気圧を利用したパイプ式の魚道が話題ですが昭和初期の日本ではダム(富山県にある小牧ダム)に魚用のエレベーター(魚掬揚装置)を設置し魚を上流に遡上出来るようにしましたが完成後数年で使われなくなったそうです。 日本初のエ レベーター式魚道の土木史的考察 htt…
埼玉県内で捕獲または飼育放棄され、動物指導センターに2000~2015年に収容されたネコ1435頭中75頭(5.2%)が抗体陽性であったが、糞便検査では抗体陽性の全例でオーシスト陰性であった。 https://t.co/xfGoBCMORR
RT @tanso: 空気圧を利用したパイプ式の魚道が話題ですが昭和初期の日本ではダム(富山県にある小牧ダム)に魚用のエレベーター(魚掬揚装置)を設置し魚を上流に遡上出来るようにしましたが完成後数年で使われなくなったそうです。 日本初のエ レベーター式魚道の土木史的考察 htt…
RT @KazuSamejima: うーん、GABA食べると副交感神経は刺激するよhttps://t.co/LvGeW1BvKKって話と、腸内細菌の影響で前頭葉と海馬と扁桃体でGABA(B)受容体が増えるよhttps://t.co/pm2eAz1bXUってはなしと、扁桃体とか海…
CiNii 論文 -  就職「面接」とは,コミュニケーションではなく,コンピテンシー立証のゲームである--なぜ学生は就活で,「へこむ」のか?/就活のコミュニケーション社会学/付:就活面接「ぶっちぇけ」設計表 https://t.co/OkMPBQoCCV #CiNii
RT @shobonvip: 「新傾向問題」 数学問題と模範解答 : 系統的分類. 昭和3年度 https://t.co/R4VVlxozXz 次の各項における誤れる点を指摘せよ. https://t.co/E7GiezJPD5
RT @change_academia: 佐野 幸恵, 物理学会における無意識のバイアス問題(大規模アンケート調査から), 日本物理学会誌, 2018, 73 巻, 7 号, p. 512-515, 公開日 2019/03/12, Online ISSN 2423-8872,…
RT @change_academia: 佐野 幸恵, 物理学会における無意識のバイアス問題(大規模アンケート調査から), 日本物理学会誌, 2018, 73 巻, 7 号, p. 512-515, 公開日 2019/03/12, Online ISSN 2423-8872,…
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @kikuo1005: 【お勉強】お、面白い。スイッチOTCで検討されていなかったのか。ドラッグストアの薬剤師はこういった点の違いが分かる、説明できると強いなぁ☺ J-STAGE Articles - 抗アレルギー点眼薬におけるスイッチOTC医薬品と医療用医薬品との製剤学…
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @haru_negami: 「色々な幾何構造について」小林昭七 https://t.co/gX4ZBDBbkA *pdfなのでWiFi環境で見てください。
RT @rarara_chem: NaH+DMFの暴走はちょくちょく聞きますね https://t.co/WsBc2VZSYO
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…