Ikemen Mas Kot (@maskot1977)

投稿一覧(最新100件)

ハチ毒 PLA2 の機能と免疫応答への影響 https://t.co/M6OFtQLcCA
ゲノム情報解析で明らかとなった多様な木材腐朽菌の起源と進化 https://t.co/x1gM65hnM6
RT @rei_nari: ということで宣伝☆ 生物物理に執筆した総説 https://t.co/sGsw50PbYD 光合成研究に執筆した総説 (122p-137p) https://t.co/YQLhbEvz3Z 英語の総説はこちら https://t.co/iAc0…
ヒトにおけるプロバイオティクスの有効性と腸内細菌叢との関わり https://t.co/RdokgI0tzB
転移学習と生成ネットワークの試行事例 https://t.co/rlUXYXkxax
サシチョウバエ唾液の生理活性 https://t.co/uRiZN2Tlu8
分子系統樹を用いた分岐年代推定と生物多様化プロセス解析の概要 https://t.co/dcM0XSVDOG
化合物空間の重み付きネットワーク解析 https://t.co/JqGAQ3zFSc
RDKit と理論計算を併用した主反応予測 https://t.co/ldO2TzoH70
生体内代謝を考慮した構造推定とタンデム質量分析を組み合わせた未知化合物同定への取り組み https://t.co/pXwZeU4wfK
深層学習を活用した天然アルカロイド化合物の代謝経路にもとづいた体系的分類 https://t.co/3CoH2fqpgv
植物の天然物化学構造情報のデータマイニングを起点とした機能ゲノミクス https://t.co/UUFqDqhpZa
メタボロームを追いかけて ~代謝の世界~ https://t.co/ggU4MHeR7F
天然化合物のin silico代謝経路予測 https://t.co/WKeshzivdH
質量分析インフォマティクスによる MS/MSスペクトルの解釈と天然物構造推定 https://t.co/KFE22Rqh7c
マンガの知的利用のためのメタデータ https://t.co/mTrQItRVqE
農業データの連携における農作業の標準語彙体系の構築 https://t.co/9opKqvDBUJ
岡大バイオバンク: 産官学の基礎研究と創薬研究を支援する基盤 https://t.co/K2utv5Egpe
Medicinal ChemistryへのAIの活用 https://t.co/0W1HG0jgA7
微生物生態系をバイオインフォマティクス解析で理解する~ アメリカでの研究生活より~ https://t.co/lr2Gm6NAwm
NBDC ヒトデータベースと日本人ゲノム多様性統合データベース “TogoVar” https://t.co/867jjXw8Qo
演奏技法に着目した楽曲分析-ギター奏法オントロジーを活用して- https://t.co/4oYXJURrIl
植物二次代謝のゲノム進化に学ぶ生合成デザイン https://t.co/1jRxjcIVVz
ゲノム編集技術を用いた脳の進化発生学研究の展開 https://t.co/PxtbzHEnu7
当研究室の修士学生(もう卒業しましたが)の論文がアクセプトされ公開されました。 Ensemble Machine Learning and Applicability Domain Estimation for Fluoresc… https://t.co/lsfJQO7Xsc
VAEGANとAttentionを活用した異常検出手法 https://t.co/GhG8xmm9pK
ギター奏法知識におけるオントロジーと手続き的知識の併用による知識の構造化 https://t.co/pstfrbn7Qa
郷土食とそのストーリーに関するドメインオントロジーの設計 https://t.co/aoK1EMOZwM
経営指標を利用した農作業基本オントロジーに基づく野菜栽培の作業分析 https://t.co/nJpz1sZbn1
イネの栄養応答機構解明のための遺伝子発現情報基盤の構築と応用研究への展開 https://t.co/ONl7lERDhY
海外における計算科学的手法を用いた化学物質のリスク予測研究の現状と今後の展開 https://t.co/L9wCDW3UzE
Three-Dimensional Classification Structure–Activity Relationship Analysis Using Convolutional Neural Network https://t.co/lY8HunzVfT
Attack rate-patient number plot for analysis of food poisonings caused by microbes and plant or animal toxins https://t.co/CdRvg5yUF2
1H-NMRメタボローム解析を用いた玄米米糠麹の品質評価 https://t.co/VQZaGBS0qE
SINC-seq: 1 細胞の核 RNA と細胞質 RNA の定量相関解析 https://t.co/y7Ak0lDExy
生物学的概念相互作用オントロジーを用いたライフサイエンスデータ統合―化合物, 遺伝子産物の機能推論の現状と課題 https://t.co/sMKX9pbUpR
蛍光色素及び修飾核酸を利用した生体分子解析技術の開発とその応用 https://t.co/lX5OyYTEgT
「植物環境工学の研究展望」(第四回) 環境ストレスと二次代謝 https://t.co/HdoBpa35uA
医薬品安全性評価のための肝毒性オントロジー構築とその応用 https://t.co/iaDimK1tMa
Application of Non-negative Matrix Factorization in MassSpectrometry-Based Shotgun Proteomics https://t.co/tsDFjcDKAL
希少な遺伝的変異を対象とする集約型関連解析 https://t.co/Ova0Yf8RoG
毒性関連ビッグデータを用いた化学物質の 安全性予測(AI-SHIPSプロジェクト) -動物実験の代替/試験コストの削減/開発期間の短縮- https://t.co/qgndcrFVUb
正規表現拡張SMILESが示す化合物集合に対する部分構造探索 https://t.co/wGobl6KfxJ
野生樹木のゲノム解読 https://t.co/TcwQ5CeJNY
林木におけるゲノム育種に向けた次世代シーケンサーの活用 https://t.co/lACMgIOqfg
アリ科女王の長期間にわたる精子貯蔵メカニズムhttps://t.co/zU0v6wYTcx
人工知能技術を用いたがんの本態解明及び診断・治療への応用 https://t.co/g6lhd2dtkC
自動運転のための運転行動意思決定システム開発に向けた統合シミュレータの構築 https://t.co/swDFoHD7qw
オントロジー構築における Part-of 記述とその実践-ロール理論に基づく部分構造表現モデル https://t.co/e3Qi57YT5E
プロテオミクス研究におけるトランスオミクス解析の可能性 https://t.co/WHwXrAMMG3
製薬企業におけるプロテオーム研究動向 https://t.co/PZrItxuBWA
SWATH 法を用いた網羅的定量プロテオーム解析による薬物動態研究の新展開 https://t.co/f5xdNoCE1g
メタボロームデータを用いた植物代謝システムの数理モデリング https://t.co/rEKwrfoizm
毒性関連ビッグデータを用いた化学物質の 安全性予測 (AI-SHIPS プロジェクト)-動物実験の代替/試験コストの削減/開発期間の短縮 https://t.co/wsLfC5qlqO
一般化合物の毒性予測 https://t.co/J5qLDREk9A
ディープラーニングに対する分子情報の新規入力法: Deep Snap https://t.co/lLdde7OjDS
RT @ykamit: 「生態学における AIC の誤用ーAIC は正しいモデルを選ぶためのものではないので正しいモデルを選ばない」 https://t.co/7T7ESJJrbB 神経科学でも同様の誤用を見かけます
ネコ腎症の診断マーカーの解析 https://t.co/zTb52Iw75v
質量分析計を用いたネコ尿検体中の細菌種の同定 https://t.co/6xzoXFKGyr
タンパク質の質量分析と考古学 https://t.co/fxiMLfJNs3
歴史ロマンも山草趣味も楽しめる植物多様性研究 https://t.co/GH5nD1trSO
Tensor-train 分解アルゴリズムによる高次テンソルデータ解析: 薬物応答遺伝子発現データへの応用 https://t.co/qqQ2Ro2FGu
Responsible innovation in molecular robotics in Japan https://t.co/aMJr88fukD
Tensor-train 分解アルゴリズムによる薬物応答遺伝子発現データからの創薬 https://t.co/yhpvHj5NRC
原子座標を用いた化合物の物性予測手法 https://t.co/WrYZL8z4lO
遺伝病治療に向けて低分子化合物で pre-mRNA スプライシングを操作する https://t.co/F1jgRVlTq7
アンサンブル学習を利用した吸収波長予測 https://t.co/ZDsboMYkza
" How can we trust QSPR models?": Ideas on building interpretable machine learning methods https://t.co/h2Dwe5OOdJ
漢方薬リポジショニング: ビッグデータと機械学習による漢方薬の効能予測 https://t.co/PNi67wt9eM
天然物生合成と環境物質代謝のケモインフォマティクス https://t.co/hE7FDw7frz
生成構造の多様化を目指した化学空間探索型構造生成アルゴリズムの改良 https://t.co/leKz9wEckb
リガンドベースのヴァーチャルスクリーニングにおけるコンフォメーションの影響とアンサンブル効果について https://t.co/hMyCn3Tq2f
深層生成モデルを利用した新規医薬品構造提案手法の開発 https://t.co/tbFYouo3bd
麹菌異種発現系を利用したペニトレム生合成マシナリーの解明 https://t.co/1TBOqH1WMG
バイオインフォマティクスの現状, 問題点および今後の展望 https://t.co/450V9bIcua
ファイトプラズマ: 植物の形を変える怠け者細菌 https://t.co/lLhLKH8jWk
第1回ナレッジグラフ推論チャレンジ2018:~解釈可能な人工知能を目指して~ https://t.co/0HDRIXnjXH
安全性評価のための肝毒性知識の体系化:オントロジー工学に基づく機序解釈支援に向けて https://t.co/uavuty9OWx
無機化学の組成式を元にした物性予測のための記述子開発 https://t.co/O6pKuBxjOk
Developing Novel Descriptors to Predict Physical Properties of Inorganic Compounds from Compositional Formula https://t.co/btFsXsTVqU
AI による新物質探索手法 https://t.co/mAHrKKIseO
遺伝子を調べたら何がわかる?~ 始めてみよう, DNA~ https://t.co/uonYeVUznN
ギター奏法オントロジーを用いた指導者間の知識共有・獲得 https://t.co/g8VTDNyV7N
介護現場における知識共有のための介護オントロジー構築の試み https://t.co/pEzvPFX7oJ
化学構造式のためのハイパーグラフ文法 https://t.co/WtQoQBzZgF
マテリアルズ・インフォマティクス概説 https://t.co/JBFRYfkZqk
データ数が少ない系における マテリアルズ・インフォマティクス技術の効率的活用を目指して https://t.co/gg0cfkFzlM
RT @antiplastics: p値ボロクソに言われててわろす https://t.co/wSDDBOvzgR
プロテオーム解析を用いた臨床微生物検査 https://t.co/cTGTN5pKz1
プロテオーム解析による治療薬の開発 https://t.co/4OboPW1fzU
がんターゲティング療法に資する創薬ターゲットの探索と応用 https://t.co/KSOJqSBk6M
Imaging MSを用いた植物二次代謝の解析 https://t.co/e0jO67bvGH
MALDI-TOF-MS 測定のオンプレート前処理法の開発と有機工業製品分析への応用 https://t.co/S1RIyIh88j
リン栄養枯渇条件下での根圏糸状菌による植物生長促進 https://t.co/hkLuU8lW7o
がん免疫療法におけるがん抗原ワクチン療法の現状と将来展望 https://t.co/IJrajsgVt4
クサフグの半月周性産卵回遊リズムの調節機構 https://t.co/3AC7GBHiai
遺伝子ネットワーク解析とその応用 https://t.co/TRvpcN1VAy
尿中の代謝物を測定し人工知能 (AI) で解析することで大腸がんを従来よりも高精度で検出できる方法を開発 https://t.co/RxsD36ZkMP
植物工場における概日時計の科学技術 https://t.co/jFcHomZbAs

お気に入り一覧(最新100件)

ということで宣伝☆ 生物物理に執筆した総説 https://t.co/sGsw50PbYD 光合成研究に執筆した総説 (122p-137p) https://t.co/YQLhbEvz3Z 英語の総説はこちら https://t.co/iAc0Rxrgrz
@maskot1977 @fmkz___ この程度しか出来ないことを既に知っているはず。。。 https://t.co/fQMg1sVqFw
福島 真太朗, 本山 裕一, 吉見 一慶, 敵対的生成ネットワークによる逆合成の経路探索, 第41回ケモインフォマティクス討論会 https://t.co/2DzQLxtalu
p値ボロクソに言われててわろす https://t.co/wSDDBOvzgR
"創薬" とは文字通り「医薬を創製する」ことだが、この創薬という言葉を創ったのは故・野口照久氏だ。彼が 1963 年に熱海で薬学合宿していた時にお風呂で思いついたものの、言葉として周知できたのは 1984 年以降だそうだ。 > 出典 https://t.co/DZwl82rNXR
生物物理に寄稿した総説「長鎖ノンコーディングRNAのためのバイオインフォマティクス」が出版されました。東大の岩切さんとの共著です。 https://t.co/9TvDeeXWnE
記事が出ました. 根岸 瑠美,大上 雅史:そもそも「ポスドク問題」ってなんだろう?男女共同参画・若手支援シンポジウム報告.生物物理 Vol. 56 (2016) No. 2 https://t.co/OBMZLFfrgG
今日の #ブラタモリ に出てきた沼田市の河岸段丘は、典型的な段丘の例として教科書等に出てくるが、形成過程は典型的ではない。火山活動で生じた川の堰き止めという局所的な現象により広い平坦地ができ、それが川で削られたという経緯がある。論文 https://t.co/OEHWoL2Bfo
節分が近づいて、あの巻き寿司の宣伝が目に付くようになると、こちらも年中行事になってしまいましたが、沓沢博行さんの論文をまた紹介したくなりました。https://t.co/iHSnw291CH 某コンビニチェーンが「恵方巻」という商品名で全国発売したのは、1998年だそうです。
比嘉照夫の「波動の作物生理学」は何の裏付けもないただの空想。こんなものは科学ではないし,著者は物理も生物も分かっていない。この「論文」を「騒音制御」などという農学と縁のないところに出しているのも鳥なき里のコウモリだよ。 https://t.co/C13fvW4XMQ

フォロー(3332ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

審査日数は当然改稿日数も含まれているので,著者がタラタラしていると延びるものでもある.そこを明確にしているのが『行動計量学』誌で,そこまでせんでもという気持ちといかにもその学会らしいという気持ちの両方でを感じる.https://t.co/NXQWmhaCT7
昨日は単純接触効果の話をして,山田歩 @ayumyama君の修士論文研究を紹介した.閾下単純接触効果の追試をして再現性を確認してから,性別ステレオタイプの要因を追加した実験をしている.流れがきれい. https://t.co/bj6Chw2P0h
RT @abee2: これを書いたのは5年前ですが、状況はさらに悪くなっています。 阿部 和広, ぺた語義:幸せなパソコン教室のために, 情報処理 55(6), 598-601, 2014-05-15 https://t.co/G5NiQQWBsw
作用素環論の歴史(竹崎正道) https://t.co/82LfNoJvnT
RT @hinatanococo: 1936年刊 https://t.co/DJmivDhR05  『これまで日本はのせられて、(中国)の親日的部面を見ようとしてきた。だまされ通して来た。もう怒ってよいのだ』 『(中国)人の涙や、後ろへ向いて舌を出す中国の笑顔に、寛大な日本は…
RT @hinatanococo: 1936年刊 https://t.co/DJmivDhR05  『これまで日本はのせられて、(中国)の親日的部面を見ようとしてきた。だまされ通して来た。もう怒ってよいのだ』 『(中国)人の涙や、後ろへ向いて舌を出す中国の笑顔に、寛大な日本は…
@nishidak0705 多分この論文ですかね.西田先生撮影の写真が表紙に使われていた頃です.著者の後輩でしたので,研究室が大騒ぎでした.廣田先生を「見た」のがその時が初めてで,なんと芝居がかったお話ぶりだろうかと感心しました. https://t.co/93VteQc4ea
RT @maskot1977: ハチ毒 PLA2 の機能と免疫応答への影響 https://t.co/M6OFtQLcCA
RT @mishiki: 森山至貴によると、「集団を特定の否定的な名で呼ぶこと自体が差別の基本的な形態の1つ」「マイノリティ集団をどのようなカテゴリー語で呼ぶかは…重要」だそうなので、バカにする意図を込めて「オタクくん」とか呼びかけたりすると、もう「差別」で糾弾会なんですよね。…
@nozma 文献によっていろいろっすね https://t.co/g3Q30prq4I
面白い KAKEN — 研究課題をさがす | 放電プラズマを用いた免疫治療など癌治療技術の開発と原理解明 (KAKENHI-PROJECT-16H04312) https://t.co/muy9FcajGb
RT @naoyukinkhm: 巻きひげにおける自他・自種識別能力。山尾・深野 2019(日本語論文、オープンアクセス) https://t.co/FtB2IAgTOT つる植物の巻きひげが自個体と他個体、自種と他種を識別できるという能力に関するこれまでの研究について、著者の…
RT @naoyukinkhm: 巻きひげにおける自他・自種識別能力。山尾・深野 2019(日本語論文、オープンアクセス) https://t.co/FtB2IAgTOT つる植物の巻きひげが自個体と他個体、自種と他種を識別できるという能力に関するこれまでの研究について、著者の…
RT @naoyukinkhm: 巻きひげにおける自他・自種識別能力。山尾・深野 2019(日本語論文、オープンアクセス) https://t.co/FtB2IAgTOT つる植物の巻きひげが自個体と他個体、自種と他種を識別できるという能力に関するこれまでの研究について、著者の…
RT @bodyhacker: PDFで読めるようになりました。購読権の無い場合でも2000円で読めるようです(高い!けど)。 麻酔科の医者向けですが麻酔の専門用語などはないのでどなたにでもお読み頂けると思います。 / 祝!2019年ノーベル生理学・医学賞— (LiSA 26巻…
巻きひげにおける自他・自種識別能力。山尾・深野 2019(日本語論文、オープンアクセス) https://t.co/FtB2IAgTOT つる植物の巻きひげが自個体と他個体、自種と他種を識別できるという能力に関するこれまでの研究に… https://t.co/bajzUXHo2n
RT @naoyukinkhm: 長野県上田市のため池群における絶滅危惧種マダラヤンマの生息場所利用。阿部ほか 2019(日本語論文、オープンアクセス) https://t.co/UMg3Gg6aTy 幼虫の生息に適した池の環境要因や成虫の生息に適した景観の環境要因を明らかにし…
RT @kaisekiriu: @TaromaedaMaedat こちらの論文では、江戸時代後期に生食が広まった結果「ナマコ」が定着したと述べられていますね。 https://t.co/0HBieyj8TF
RT @kaisekiriu: @TaromaedaMaedat こちらの論文では、江戸時代後期に生食が広まった結果「ナマコ」が定着したと述べられていますね。 https://t.co/0HBieyj8TF
RT @kaihiraishi: 稲増さんのあの論文は面白かった。稲増 一憲, 清水 裕士, 三浦 麻子. 評定尺度法の反応ラベルによる影響の補正:公的組織への信頼に関する社会調査を題材として. https://t.co/802TU88lHD
このあたりの点は、例えば水元正晴「ゾンビの可能性」https://t.co/f5RQ7uVU6H 永井均『なぜ意識は実在しないのか』などで議論されている(ちなみにどちらも哲学者)。
RT @n_tkmt: このツイートを見たせいで飲酒中の貴重な10分をsushi domainの由来調査に費やしてしまった。。。下のPDFにsushi domainと呼ばれる理由は書いてあるけど初出がどの論文なのかはイマイチ分からなかったhttps://t.co/dA1yZyB…
ただ、私が気になってるのは氏がパーキンソン病の可能性を指摘されてることなんだよな……つまりこの辺の自己認識のヤバさも含めて症状の可能性があるんで、あんまりこれに感情的な反応をしない方がいいと思うニョロ。… https://t.co/hAXmrmSmAl
RT @naoyukinkhm: 森林遺伝育種学的研究におけるMIG-seq 法の利用。陶山 2019(日本語論文、オープンアクセス)https://t.co/s5rgZ2Fayc 日本発の集団遺伝解析手法であるMIG-seq法について、原理や用途が日本語で解説されています。
RT @NHigashino: 「社会に与える影響をはかる」こともゲーム研究の目的です 将棋や囲碁の先生が真剣に向き合って頂いたお陰で人工知能がより発展出来たかと。 オセロの世界チャンピオンとコンピューターは対戦してないんです。(>_<) 講演「人工知能について思うこと」…
長野県上田市のため池群における絶滅危惧種マダラヤンマの生息場所利用。阿部ほか 2019(日本語論文、オープンアクセス) https://t.co/UMg3Gg6aTy 幼虫の生息に適した池の環境要因や成虫の生息に適した景観の環境要因を明らかにしています。
適度に報酬系を刺激することが鎮痛、抑うつからの気分高揚に不可欠なのは自明 帯状回〜前頭前野の神経発達障害における脳構造変異と痛みについて2報紹介する https://t.co/PPqVd61gPI… https://t.co/0GuUhUCSws
保護地域とはどのような地域か: IUCN保護地域管理カテゴリーの概説。東 2019.(日本語論文、オープンアクセス) https://t.co/PV3Du5vwZm IUCNによる保護地域の定義などをはじめ、保護地域について詳しく紹介されています。
森林生態系およびその隣接生態系における生物多様性と生態系機能の保全に向けた景観生態学の役割。滝・山浦 2007(日本語論文、オープンアクセス) https://t.co/uifKzjxyqA 森林における生物多様性保全に向けた景観… https://t.co/F46BVyXoNQ
RT @suteishikoishi: @sumomodane 興味深いです。 「広告苦情の類型化と広告表現の許容範囲に関する実証的研究」 https://t.co/67PxmQfKGg
RT @naoyukinkhm: 森林遺伝育種学的研究におけるMIG-seq 法の利用。陶山 2019(日本語論文、オープンアクセス)https://t.co/s5rgZ2Fayc 日本発の集団遺伝解析手法であるMIG-seq法について、原理や用途が日本語で解説されています。
RT @naoyukinkhm: 森林遺伝育種学的研究におけるMIG-seq 法の利用。陶山 2019(日本語論文、オープンアクセス)https://t.co/s5rgZ2Fayc 日本発の集団遺伝解析手法であるMIG-seq法について、原理や用途が日本語で解説されています。
森林遺伝育種学的研究におけるMIG-seq 法の利用。陶山 2019(日本語論文、オープンアクセス)https://t.co/s5rgZ2Fayc 日本発の集団遺伝解析手法であるMIG-seq法について、原理や用途が日本語で解説されています。
緑地の存在と住宅の隙間の数がスズメの営巣密度に与える影響。須藤ほか2017(日本語論文、オープンアクセス)https://t.co/IWJjfze4tr スズメの営巣数は、緑地が近くにあること、建物の営巣できそうな換気口の数が多いことの2点に正の影響を受けているとのことです。
@komata83 @AndoToshiya 原文を読んだら雲南省昆明産ですね。日本のカラスアゲハは種に昇格してbianorでなくなったので、日本だとヤエヤマカラスに相当するっていうことでしょうか(by Wikipedia)。中国… https://t.co/2Bj7reIKCC
RT @skrnmr: KAKEN — 研究課題をさがす | 教育領域における専門業務のアウトソーシングと教育専門職の変容に関する実証的研究 (KAKENHI-PROJECT-17H02661) そこで、橋本アウトソーシング科研ですよ。涙なしには研究成果を読めない。 https…
@physics303 ノーフリーランチの別証明と解釈 https://t.co/0ZUcuUwa73
RT @tani6s: 補足ノート『一物理学者が観た哲学』PDFファイルダウンロード↓ https://t.co/pcTTaG251u
@usumousmathphys 少し違った 輻射流体方程式やったは https://t.co/MsvanKe0XH
RT @furanether: 東京薬科大学の倉田先生の論文。 研修会の効果測定がアトラクション的なアンケート結果だけで評価している報告が多い中、この論文は研修会による受講者の意識変容や処方提案回数の行動変容までデータ化している。 https://t.co/tdt459MU…
植栽したスギ大苗に対するシカ食害痕の高さ分布は斜面傾斜に影響される。野宮ほか 2019.(日本語論文、オープンアクセス)https://t.co/z3DfaDsqJI 樹高が1mより低い場合には主軸先端が食害を受けやすく、回避のた… https://t.co/QXTB8Keqwc
RT @kamefuji: 博物館の外来研究員で、「昆虫学にはたすアマチュアの役割」とか報文まで書いてるんだけどやってることが全然アマチュアレベルじゃない。 河上 2017 昆虫学にはたすアマチュアの役割 https://t.co/8GEK3Tz8xi

フォロワー(3935ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @asarin: 審査日数は当然改稿日数も含まれているので,著者がタラタラしていると延びるものでもある.そこを明確にしているのが『行動計量学』誌で,そこまでせんでもという気持ちといかにもその学会らしいという気持ちの両方でを感じる.https://t.co/NXQWmhaC…
RT @abee2: これを書いたのは5年前ですが、状況はさらに悪くなっています。 阿部 和広, ぺた語義:幸せなパソコン教室のために, 情報処理 55(6), 598-601, 2014-05-15 https://t.co/G5NiQQWBsw

5 4 4 4 OA 丹鶴叢書

RT @shoshokaki: やっぱり「繒服」だよね…… https://t.co/eUeBQss2Tt https://t.co/OtELNSnvaY
RT @hinatanococo: 1936年刊 https://t.co/DJmivDhR05  『これまで日本はのせられて、(中国)の親日的部面を見ようとしてきた。だまされ通して来た。もう怒ってよいのだ』 『(中国)人の涙や、後ろへ向いて舌を出す中国の笑顔に、寛大な日本は…
RT @hinatanococo: 1936年刊 https://t.co/DJmivDhR05  『これまで日本はのせられて、(中国)の親日的部面を見ようとしてきた。だまされ通して来た。もう怒ってよいのだ』 『(中国)人の涙や、後ろへ向いて舌を出す中国の笑顔に、寛大な日本は…
RT @maskot1977: ハチ毒 PLA2 の機能と免疫応答への影響 https://t.co/M6OFtQLcCA
RT @mishiki: 森山至貴によると、「集団を特定の否定的な名で呼ぶこと自体が差別の基本的な形態の1つ」「マイノリティ集団をどのようなカテゴリー語で呼ぶかは…重要」だそうなので、バカにする意図を込めて「オタクくん」とか呼びかけたりすると、もう「差別」で糾弾会なんですよね。…
@nozma 文献によっていろいろっすね https://t.co/g3Q30prq4I
面白い KAKEN — 研究課題をさがす | 放電プラズマを用いた免疫治療など癌治療技術の開発と原理解明 (KAKENHI-PROJECT-16H04312) https://t.co/muy9FcajGb
RT @naoyukinkhm: 巻きひげにおける自他・自種識別能力。山尾・深野 2019(日本語論文、オープンアクセス) https://t.co/FtB2IAgTOT つる植物の巻きひげが自個体と他個体、自種と他種を識別できるという能力に関するこれまでの研究について、著者の…
RT @naoyukinkhm: 巻きひげにおける自他・自種識別能力。山尾・深野 2019(日本語論文、オープンアクセス) https://t.co/FtB2IAgTOT つる植物の巻きひげが自個体と他個体、自種と他種を識別できるという能力に関するこれまでの研究について、著者の…
RT @naoyukinkhm: 巻きひげにおける自他・自種識別能力。山尾・深野 2019(日本語論文、オープンアクセス) https://t.co/FtB2IAgTOT つる植物の巻きひげが自個体と他個体、自種と他種を識別できるという能力に関するこれまでの研究について、著者の…
RT @bodyhacker: PDFで読めるようになりました。購読権の無い場合でも2000円で読めるようです(高い!けど)。 麻酔科の医者向けですが麻酔の専門用語などはないのでどなたにでもお読み頂けると思います。 / 祝!2019年ノーベル生理学・医学賞— (LiSA 26巻…
巻きひげにおける自他・自種識別能力。山尾・深野 2019(日本語論文、オープンアクセス) https://t.co/FtB2IAgTOT つる植物の巻きひげが自個体と他個体、自種と他種を識別できるという能力に関するこれまでの研究に… https://t.co/bajzUXHo2n
RT @naoyukinkhm: 長野県上田市のため池群における絶滅危惧種マダラヤンマの生息場所利用。阿部ほか 2019(日本語論文、オープンアクセス) https://t.co/UMg3Gg6aTy 幼虫の生息に適した池の環境要因や成虫の生息に適した景観の環境要因を明らかにし…
RT @kaisekiriu: @TaromaedaMaedat こちらの論文では、江戸時代後期に生食が広まった結果「ナマコ」が定着したと述べられていますね。 https://t.co/0HBieyj8TF
RT @suteishikoishi: @sumomodane 興味深いです。 「広告苦情の類型化と広告表現の許容範囲に関する実証的研究」 https://t.co/67PxmQfKGg
RT @n_tkmt: このツイートを見たせいで飲酒中の貴重な10分をsushi domainの由来調査に費やしてしまった。。。下のPDFにsushi domainと呼ばれる理由は書いてあるけど初出がどの論文なのかはイマイチ分からなかったhttps://t.co/dA1yZyB…
ただ、私が気になってるのは氏がパーキンソン病の可能性を指摘されてることなんだよな……つまりこの辺の自己認識のヤバさも含めて症状の可能性があるんで、あんまりこれに感情的な反応をしない方がいいと思うニョロ。… https://t.co/hAXmrmSmAl
RT @NHigashino: 「社会に与える影響をはかる」こともゲーム研究の目的です 将棋や囲碁の先生が真剣に向き合って頂いたお陰で人工知能がより発展出来たかと。 オセロの世界チャンピオンとコンピューターは対戦してないんです。(>_<) 講演「人工知能について思うこと」…
長野県上田市のため池群における絶滅危惧種マダラヤンマの生息場所利用。阿部ほか 2019(日本語論文、オープンアクセス) https://t.co/UMg3Gg6aTy 幼虫の生息に適した池の環境要因や成虫の生息に適した景観の環境要因を明らかにしています。
適度に報酬系を刺激することが鎮痛、抑うつからの気分高揚に不可欠なのは自明 帯状回〜前頭前野の神経発達障害における脳構造変異と痛みについて2報紹介する https://t.co/PPqVd61gPI… https://t.co/0GuUhUCSws
保護地域とはどのような地域か: IUCN保護地域管理カテゴリーの概説。東 2019.(日本語論文、オープンアクセス) https://t.co/PV3Du5vwZm IUCNによる保護地域の定義などをはじめ、保護地域について詳しく紹介されています。
森林生態系およびその隣接生態系における生物多様性と生態系機能の保全に向けた景観生態学の役割。滝・山浦 2007(日本語論文、オープンアクセス) https://t.co/uifKzjxyqA 森林における生物多様性保全に向けた景観… https://t.co/F46BVyXoNQ
RT @suteishikoishi: @sumomodane 興味深いです。 「広告苦情の類型化と広告表現の許容範囲に関する実証的研究」 https://t.co/67PxmQfKGg
森林遺伝育種学的研究におけるMIG-seq 法の利用。陶山 2019(日本語論文、オープンアクセス)https://t.co/s5rgZ2Fayc 日本発の集団遺伝解析手法であるMIG-seq法について、原理や用途が日本語で解説されています。
緑地の存在と住宅の隙間の数がスズメの営巣密度に与える影響。須藤ほか2017(日本語論文、オープンアクセス)https://t.co/IWJjfze4tr スズメの営巣数は、緑地が近くにあること、建物の営巣できそうな換気口の数が多いことの2点に正の影響を受けているとのことです。
@komata83 @AndoToshiya 原文を読んだら雲南省昆明産ですね。日本のカラスアゲハは種に昇格してbianorでなくなったので、日本だとヤエヤマカラスに相当するっていうことでしょうか(by Wikipedia)。中国… https://t.co/2Bj7reIKCC
RT @skrnmr: KAKEN — 研究課題をさがす | 教育領域における専門業務のアウトソーシングと教育専門職の変容に関する実証的研究 (KAKENHI-PROJECT-17H02661) そこで、橋本アウトソーシング科研ですよ。涙なしには研究成果を読めない。 https…
@physics303 ノーフリーランチの別証明と解釈 https://t.co/0ZUcuUwa73
RT @tani6s: 補足ノート『一物理学者が観た哲学』PDFファイルダウンロード↓ https://t.co/pcTTaG251u
@usumousmathphys 少し違った 輻射流体方程式やったは https://t.co/MsvanKe0XH
RT @furanether: 東京薬科大学の倉田先生の論文。 研修会の効果測定がアトラクション的なアンケート結果だけで評価している報告が多い中、この論文は研修会による受講者の意識変容や処方提案回数の行動変容までデータ化している。 https://t.co/tdt459MU…
植栽したスギ大苗に対するシカ食害痕の高さ分布は斜面傾斜に影響される。野宮ほか 2019.(日本語論文、オープンアクセス)https://t.co/z3DfaDsqJI 樹高が1mより低い場合には主軸先端が食害を受けやすく、回避のた… https://t.co/QXTB8Keqwc
RT @kamefuji: 博物館の外来研究員で、「昆虫学にはたすアマチュアの役割」とか報文まで書いてるんだけどやってることが全然アマチュアレベルじゃない。 河上 2017 昆虫学にはたすアマチュアの役割 https://t.co/8GEK3Tz8xi