Yoshihiro Tanigawa (@mircea_morning)

投稿一覧(最新100件)

岩田浩「変貌する民主主義と企業経営――デューイの政治思想の経営倫理学的意義―」https://t.co/J1oZ9wkLml 気になる点も多々あるけど、読み筋は結構よいし、よく調べられていて結構面白い。
西郷南海子「達成されつづける「生き方としての民主主義」-ジョン ・デューイの「信仰」(faith)に着目して-」『京都大学大学院教育学研究科紀要』 (2016), 62: 295-307 https://t.co/kAvGywkv9k デューイ宗教論+民主主義論。
東浩紀 サイバースペースとセキュリティー:第1回 「人間とは何か」が変わる時代 https://t.co/GL9CY5OFLm
RT @KeiYamamoto0905: CiNii 論文 -  政治において当事者とは誰か? : アレント、ムフ、ランシエール https://t.co/QTGLfU2frU #CiNii
RT @mircea_morning: 読書会中、ディズニーランド関係の論文を書いた友人に、論文について話してもらうことになりました。 音声のみになるかと思いますが、お楽しみに。 「手賀沼ディズニーランド開発計画はなぜ失敗したのか : 戦後とポスト戦後の狭間で」 https:/…
読書会中、ディズニーランド関係の論文を書いた友人に、論文について話してもらうことになりました。 音声のみになるかと思いますが、お楽しみに。 「手賀沼ディズニーランド開発計画はなぜ失敗したのか : 戦後とポスト戦後の狭間で」 https://t.co/dZ74HMwg6r
皇居におけるタヌキの食性とその季節変動 https://t.co/yXgVJbH8Bu 天皇の論文これかー! 共著者の最後の人苗字ないー!
寺島智史 (2013)「文化的多様性を担保する新たな領域性(テリトリアリティ)としての流域圏 -加古川流域に探る可能性-」、『人間・環境学』22巻、pp.137-150 https://t.co/qO9muz2nS7 地元が論じられていて驚くなど。
小島基洋(2015)「午前8時25分,妻のスリップ,最後に残された五十メートルの砂浜 : 村上春樹『羊をめぐる冒険』における〈再・喪失〉の詩学」、『人間・環境学』24号、pp.1-12 https://t.co/Xd1IcGfqkT
RT @nekonoizumi: CiNii 論文 -  筋肉的キリスト教徒とジェントルマン : 概念の変容過程の問題とかかわって https://t.co/gjYejnXUpS
木村正人(2004)「シュッツはデューイ『論理学』をどう読んだか」 - DSpace at Waseda University https://t.co/h4pR80Bgft こういう着眼点の論文探してた。アルフレッド・シュッツ。
@mircea_morning 河西秀哉「敗戦後における学生運動と京大天皇事件 -「自治」と「理性」というキーワードから- 」 『京都大学大学文書館研究紀要』5(2007年)http://t.co/1ZwOm0KsqS
横尾夏織「思想の科学の転向研究」 https://t.co/RUtKbvJLP7
RT @call_me_nots: おいやめろ / “CiNii 論文 -  マイクロブログの投稿時間に着目したユーザの職業推定に関する研究” http://t.co/t73536RGtJ
RT @tiseda: 去年講演のために書いた原稿ふたつをリポジトリで公開しました。「技術者の自立と自律---専門職研究の観点から---」http://t.co/YMSUc08LAv「リスクとそのコミュニケーションについて哲学者が言えること」http://t.co/epNlPv…
RT @tiseda: 去年講演のために書いた原稿ふたつをリポジトリで公開しました。「技術者の自立と自律---専門職研究の観点から---」http://t.co/YMSUc08LAv「リスクとそのコミュニケーションについて哲学者が言えること」http://t.co/epNlPv…
梅崎透「「すわり込み」から『ポートヒューロン宣言』へ――ニューレフト運動の形成に関する一考察(1960-1962年)」https://t.co/a0mNDK6jEd
サステナビリティ http://t.co/x5sy7BL6JC https://t.co/QBlouBRCOy http://t.co/pXPi1tbII1
サステナビリティ http://t.co/x5sy7BL6JC https://t.co/QBlouBRCOy http://t.co/pXPi1tbII1
おー。デューイ文献の整理か。これはありがたい http://t.co/L8V0vcbZwH
「デューイ心理学における反射弧の概念」 しかし、これは論文ではなく感想文かレポートやな。。 http://t.co/M3RFFN5IFb
笠井哲「エラスムスにおける幼児教育論について」 http://t.co/ggOIx2dT2I エラスムスって色んな仕事してんのなぁ
「新新宗教における文化的ナショナリズムの諸相」 一方この論文は面白い。幸福の科学のナショナリスティックな側面について。 http://t.co/IjqcUM1d2M
「幸福の科学の研究」という論文を見つけたけど、大川隆法の経歴と教義の紹介がメインで、分析も考察もないし、なんかもうなんかなぁ。。信者なのだろうか http://t.co/CelN0ckob8
ヘンリー・ジェイムズの小節観についての一考察:『黄金の杯』をてがかりに http://t.co/ODbFaZgLt8
ヘンリー・ジェイムズと消費社会:『ポイントンの蒐集品』における物の価値 http://t.co/750h2Pu2Ui
井出明「サイバーストーカー(ネットストーカー)の現状と対応」(情報処理学会での研究報告)http://t.co/M6V9AMWd3f ダークツーリズムで有名な井出先生の情報学分野での研究。
ディープエコロジーにおける感情の深化と「保存」について http://t.co/iRGhjwmUmx
RT @katatemaru: アリストテレス『政治学』の全訳が公開されていた… 岡山大学法学会雑誌、荒木勝先生。 / “CiNii 論文 -  <翻訳>アリストテレス『政治学』” http://t.co/hJgEvX5mDy
「二シャン=サマン伝 訳注」http://t.co/rnAD1emAsJ 満州族の口承文学。授業では、イザナギとイザナミにたとえてたけど、この民話確かに似てるとこあった。
民間人保護を巡る正戦論への建設的批判 眞嶋俊造(北海道大学) http://t.co/c9V7iufrJW
RT @nagathuki: 影山三郎編『レイテ島捕虜新聞―絶望から文化創造へ』http://t.co/pb0Vh2jJmD にある、日本兵捕虜の間の女装流行は興味深い。大多数の中の「求められる」少数派(女性として男性性を逆に支配する意味で)になりたがる。『寄り添うことを求める…
RT @nagathuki: 軍隊での新聞といえば、これ正確には捕虜になった時のだけど、レイテ島の捕虜収容所での『曙光新聞』と言う、無秩序(ある種の秩序)で無文化な同胞を見て、立ち上がった有志が『壁新聞』を作り「文化」を取戻した新聞のことが印象に残ってるhttp://t.co/…
佐々木博光「出自神話でみるドイツ史」人文學報 (1992), 71: 97-133 http://t.co/s0hAorlgOz #メモ
佐々木博光「歴史主義の徴候のなかの文化諸科学」人文學報 (1998), 81: 119-166 http://t.co/fQ1BlOrXzU #メモ
佐々木, 博光「生物学至上主義への道 ―ひとつの歴史観のたそがれ―」人文學報 (1996), 77: 1-26 http://t.co/7AWQ1XPxtM #メモ
渡邉福太郎「教育における言語・事実・規範性――後期ウィトゲンシュタインの「直示的定義」をめぐって」東京大学大学院基礎教育学研究室 研究室紀要 第37号 2011年6月 http://t.co/6RA9dNRHED #メモ わりと面白い試み
藤井千春「ジョン・デューイの経験主義哲学における思考論 : 知性的な思考の構造的解明」早稲田大学教育学研究科博士課程 https://t.co/niPfrQwaIG #メモ
@hirotourasaki 自分はその辺は彼自身の発想と選択だと思います。歴史研究はわかりません。 http://t.co/mRHMkoBgso タイトル的に、この辺りでも読めばわかるんじゃないでしょうか
メモ http://t.co/GYsSjz9Z7Q http://t.co/XiDJ6yvNGP http://t.co/jp1t29y1PQ http://t.co/KG0f40PUGt http://t.co/bMKtY2g1B6 http://t.co/F9NAv7lTaQ
メモ http://t.co/GYsSjz9Z7Q http://t.co/XiDJ6yvNGP http://t.co/jp1t29y1PQ http://t.co/KG0f40PUGt http://t.co/bMKtY2g1B6 http://t.co/F9NAv7lTaQ
メモ http://t.co/GYsSjz9Z7Q http://t.co/XiDJ6yvNGP http://t.co/jp1t29y1PQ http://t.co/KG0f40PUGt http://t.co/bMKtY2g1B6 http://t.co/F9NAv7lTaQ
メモ http://t.co/GYsSjz9Z7Q http://t.co/XiDJ6yvNGP http://t.co/jp1t29y1PQ http://t.co/KG0f40PUGt http://t.co/bMKtY2g1B6 http://t.co/F9NAv7lTaQ
メモ http://t.co/GYsSjz9Z7Q http://t.co/XiDJ6yvNGP http://t.co/jp1t29y1PQ http://t.co/KG0f40PUGt http://t.co/bMKtY2g1B6 http://t.co/F9NAv7lTaQ
メモ http://t.co/GYsSjz9Z7Q http://t.co/XiDJ6yvNGP http://t.co/jp1t29y1PQ http://t.co/KG0f40PUGt http://t.co/bMKtY2g1B6 http://t.co/F9NAv7lTaQ
RT @NakamuraYa_Y: なんとなく『VOCALO CRITIQUE』でググッていたら京大の図書館に寄贈した結果、ボカクリがCiNiiに登録されていました。スゲェ。 http://t.co/iDz3hMr7Ld
RT @animemitarou: 舞台探訪者のみなさんにご協力いただいた調査結果を日本観光研究学会で2010年に口頭発表したものが下記URLからダウンロードしてご覧いただけます。その後、この成果は『人工知能学会誌』の論文「交流の回路としての観光」に結実しました。 http:/…
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 『孤独のグルメ』私論 -<彷徨>する<空虚>-(柴 市郎ほか),2006 http://t.co/S8GysXzqnt
「他者」概念の誕生―江藤淳の夏目漱石について― http://t.co/YIEPL4s52Z こんな論文あるんだ。なんかもう読まなくても大体わかる気がしないでもない
ロマン主義の陥穽 : 西田幾多郎『日本文化の問題』について 深沢徹。さくっと読める。 http://t.co/BQvxHIKjy1

101 0 0 0 OA ROMAHOPEDIA

RT @masahirosogabe: ローマ法のあの柴田光蔵先生畢生の大作(300万字とのこと)「ROMAHOPEDIA」が,京大レポジトリ「紅」で無料公開されました! http://t.co/nzjUBKukGa #fb
#genroncafe ローティの共感や道徳について、参考論文。若干議論が荒い気がするけど、まぁ。 http://t.co/VWsCgFfQlr

お気に入り一覧(最新100件)

去年講演のために書いた原稿ふたつをリポジトリで公開しました。「技術者の自立と自律---専門職研究の観点から---」http://t.co/YMSUc08LAv「リスクとそのコミュニケーションについて哲学者が言えること」http://t.co/epNlPvBBoT
去年講演のために書いた原稿ふたつをリポジトリで公開しました。「技術者の自立と自律---専門職研究の観点から---」http://t.co/YMSUc08LAv「リスクとそのコミュニケーションについて哲学者が言えること」http://t.co/epNlPvBBoT
英国聖書協会職員として1886年に来日したジョージ・ブレスウェイト。北村透谷を通訳にしたクエーカー教徒。彼は1909年の宣教開始五十年記念会で、一刻も早い聖書の改訳を!と訴えているのだが、そのとき挙げた「困った例」がおもしろい http://t.co/cdychqOnEF →

401 0 0 0 OA 村岡花子童話集

戦前日本とミッキーマウス(3) 『村岡花子童話集』(1938年)に「ミツキー・マウスのお手柄」収録。母親手製のミッキー型の菓子で日米の女の子二人があはははと仲良くなるお話。近デジで閲覧可能→http://t.co/TKnJIbMHM7 http://t.co/UdVge1gmV4
昭和9年のミッキーマウス。『ミツキーの手柄』(文英堂出版社、1934年)。ちょうど80年前。「近代デジタルライブラリー」で全文が読める。→http://t.co/JFSHUCxTPo http://t.co/YH8a5p5KMP
アリストテレス『政治学』の全訳が公開されていた… 岡山大学法学会雑誌、荒木勝先生。 / “CiNii 論文 -  <翻訳>アリストテレス『政治学』” http://t.co/hJgEvX5mDy
おいやめろ / “CiNii 論文 -  マイクロブログの投稿時間に着目したユーザの職業推定に関する研究” http://t.co/t73536RGtJ
影山三郎編『レイテ島捕虜新聞―絶望から文化創造へ』http://t.co/pb0Vh2jJmD にある、日本兵捕虜の間の女装流行は興味深い。大多数の中の「求められる」少数派(女性として男性性を逆に支配する意味で)になりたがる。『寄り添うことを求める動物』としての人間感情って複雑な
軍隊での新聞といえば、これ正確には捕虜になった時のだけど、レイテ島の捕虜収容所での『曙光新聞』と言う、無秩序(ある種の秩序)で無文化な同胞を見て、立ち上がった有志が『壁新聞』を作り「文化」を取戻した新聞のことが印象に残ってるhttp://t.co/pb0Vh2jJmD
舞台探訪者のみなさんにご協力いただいた調査結果を日本観光研究学会で2010年に口頭発表したものが下記URLからダウンロードしてご覧いただけます。その後、この成果は『人工知能学会誌』の論文「交流の回路としての観光」に結実しました。 http://t.co/6zNRAGUkn0
こんな論文どうですか? 『孤独のグルメ』私論 -<彷徨>する<空虚>-(柴 市郎ほか),2006 http://t.co/S8GysXzqnt
こんな論文どうですか? 長野市における冬季五輪開催と農地転用(石澤 孝),2002 http://t.co/umsoCwkJTM The purp…
なんとなく『VOCALO CRITIQUE』でググッていたら京大の図書館に寄贈した結果、ボカクリがCiNiiに登録されていました。スゲェ。 http://t.co/iDz3hMr7Ld

101 0 0 0 OA ROMAHOPEDIA

ローマ法のあの柴田光蔵先生畢生の大作(300万字とのこと)「ROMAHOPEDIA」が,京大レポジトリ「紅」で無料公開されました! http://t.co/nzjUBKukGa #fb
そしてこの文脈で登場するのが、私ではない(同姓同名の)吉田寛氏による重要論文「バーチャルリアリティのリアリティはなぜバーチャルなのか」http://t.co/4PLeiqDaFi ですよ(笑)。私としては「この論文の著者はなぜ私という吉田寛ではないのか」を問いたい(笑)。
これも憲法学者が書いたものですが、かなりバトラーというか言語行為論に踏み込んで行ってる異色の論文。注では昼間ツイートした北田さんの論文への言及もあります。http://t.co/WH7xyCXdpj (「オープンアクセス」というところから入れます。)
こんな論文どうですか? アメリカにおける日本古代史研究 : 私の個人的評価(ピジョー ジョーン),1989 http://t.co/JhVEqcvK
こんな論文どうですか? サイコパスの系譜--その人格は本人の責任か? (人格障害) -- (人格障害と現代)(高橋 紳吾),2000 http://t.co/NQeANC9i
へえ。5歳児のほうが4歳児よりもよりサンタクロースを「人間」として扱ってる傾向があると。ちょっと面白い http://t.co/KhdJIGi7
こんな論文どうですか? 浴衣圧の研究 : 着崩れおよび官能評価に関連して(三野 たまきほか),1998 http://t.co/EBaY3gJJ
こんな論文どうですか? アステカの文書に現われる日食について(小池 佑二),2004 http://t.co/eNpFfdjl 16,17…
こんな論文どうですか? 日蝕中継におけるWWW分散サーバ群の構築とその有効性(安田 豊ほか),1999 http://t.co/QrQpAuyu
こんな論文どうですか? 招喚された地霊 : ビザンティン建築のメタモルフォーゼ(世界各地における方位観)(<特集>"土地の記憶"を問い直す : 家相・方位・風水・地霊)(篠野 志郎),1993 http://t.co/gWlahP7D
“CiNii 論文 -  カントの法理論に関する覚書” http://t.co/YmsfyMZO

フォロー(993ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @Nambox: CiNii 論文 -  点字使用者の同音異義の"漢字"想起について https://t.co/rnGO5tt9qq #CiNii めも
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 中国と日本と (1) : キンシコウ事始め(和田 一雄),2000 https://t.co/Mi6H9uOtdK
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? O01)中国秦嶺山系におけるキンシコウ,西梁群の交尾の繁殖生理的・社会的機能について(口頭発表,講演要旨,野生生物保護学会2003年大会大会報告)(和田 一雄),2004 https://t.co/KB9FL98DKM
遠距離恋愛者間で仮想的な同居感覚を提供し、コミュニケーションを支援する日用品"SyncDecor"の提案 https://t.co/ozA9sck1qe 実際のカップル対象に長期実証実験してておもしろい
RT @numagasa: さっきの「々」に関して『日本語における畳語複数形の生成可能性について』(https://t.co/TN3RzdD9ZC)という言語学の論文があった。私も「使用範囲が非常に限定されている」のが面白いと思う。たしかに「魚魚(うおうお)」とか「鳥鳥(とりど…
RT @baritsu: 大正8年「強力エルモ: 冒険大活劇」http://t.co/8jVfKQX5エルモ・リンカーンの「強力エルモ」のノベライズ。巻末の既刊リスト見ても「名金」とか「吸血鬼蝙蝠団」(ドラルー=吸血ギャング団)とか知ってる題名がいくつも。ノベライズは映画を所有…
RT @nekonoizumi: 早くリポジトリに登録されないかなと思っていた高野清弘先生の岩波文庫版『法の原理』書評、来たか。PDFあり。 高野清弘「ホッブズ著『法の原理』田中浩・重森臣広・新井明訳 (岩波文庫、二○一六年)」『甲南法学』57巻1・2号(2016) https…
RT @nekonoizumi: 早くリポジトリに登録されないかなと思っていた高野清弘先生の岩波文庫版『法の原理』書評、来たか。PDFあり。 高野清弘「ホッブズ著『法の原理』田中浩・重森臣広・新井明訳 (岩波文庫、二○一六年)」『甲南法学』57巻1・2号(2016) https…
RT @nekonoizumi: 早くリポジトリに登録されないかなと思っていた高野清弘先生の岩波文庫版『法の原理』書評、来たか。PDFあり。 高野清弘「ホッブズ著『法の原理』田中浩・重森臣広・新井明訳 (岩波文庫、二○一六年)」『甲南法学』57巻1・2号(2016) https…
RT @cas84920: ホッブズ『法の原理』の翻訳に対する厳しい批判。わが国におけるホッブズ研究・ホッブズ受容の問題点がわかる書評。https://t.co/MWmWalPGtT
RT @cas84920: ホッブズ『法の原理』の翻訳に対する厳しい批判。わが国におけるホッブズ研究・ホッブズ受容の問題点がわかる書評。https://t.co/MWmWalPGtT

フォロワー(961ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @rkscinii: CiNii 論文 -  歌の姿楽の姿 : 院政期の楽書と歌論書 https://t.co/6ZBYx1BTPv #CiNii
RT @Nambox: CiNii 論文 -  点字使用者の同音異義の"漢字"想起について https://t.co/rnGO5tt9qq #CiNii めも
RT @nekonoizumi: 早くリポジトリに登録されないかなと思っていた高野清弘先生の岩波文庫版『法の原理』書評、来たか。PDFあり。 高野清弘「ホッブズ著『法の原理』田中浩・重森臣広・新井明訳 (岩波文庫、二○一六年)」『甲南法学』57巻1・2号(2016) https…
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 中国と日本と (1) : キンシコウ事始め(和田 一雄),2000 https://t.co/Mi6H9uOtdK
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? O01)中国秦嶺山系におけるキンシコウ,西梁群の交尾の繁殖生理的・社会的機能について(口頭発表,講演要旨,野生生物保護学会2003年大会大会報告)(和田 一雄),2004 https://t.co/KB9FL98DKM
遠距離恋愛者間で仮想的な同居感覚を提供し、コミュニケーションを支援する日用品"SyncDecor"の提案 https://t.co/ozA9sck1qe 実際のカップル対象に長期実証実験してておもしろい
RT @numagasa: さっきの「々」に関して『日本語における畳語複数形の生成可能性について』(https://t.co/TN3RzdD9ZC)という言語学の論文があった。私も「使用範囲が非常に限定されている」のが面白いと思う。たしかに「魚魚(うおうお)」とか「鳥鳥(とりど…
RT @baritsu: 大正8年「強力エルモ: 冒険大活劇」http://t.co/8jVfKQX5エルモ・リンカーンの「強力エルモ」のノベライズ。巻末の既刊リスト見ても「名金」とか「吸血鬼蝙蝠団」(ドラルー=吸血ギャング団)とか知ってる題名がいくつも。ノベライズは映画を所有…
RT @sturmischNRK: 「絶対音感保有者における移調メロディの認知過程」 https://t.co/Kn0rSwTS0B 面白い。実験デザインが微妙な気もするが、絶対音感の「一長一短」さを論じるところはなかなか。 「三善(晃)」とか「別宮(貞雄)」が普通の論文のテ…
RT @nekonoizumi: 早くリポジトリに登録されないかなと思っていた高野清弘先生の岩波文庫版『法の原理』書評、来たか。PDFあり。 高野清弘「ホッブズ著『法の原理』田中浩・重森臣広・新井明訳 (岩波文庫、二○一六年)」『甲南法学』57巻1・2号(2016) https…
RT @nekonoizumi: 早くリポジトリに登録されないかなと思っていた高野清弘先生の岩波文庫版『法の原理』書評、来たか。PDFあり。 高野清弘「ホッブズ著『法の原理』田中浩・重森臣広・新井明訳 (岩波文庫、二○一六年)」『甲南法学』57巻1・2号(2016) https…
RT @cas84920: ホッブズ『法の原理』の翻訳に対する厳しい批判。わが国におけるホッブズ研究・ホッブズ受容の問題点がわかる書評。https://t.co/MWmWalPGtT
RT @cas84920: ホッブズ『法の原理』の翻訳に対する厳しい批判。わが国におけるホッブズ研究・ホッブズ受容の問題点がわかる書評。https://t.co/MWmWalPGtT
RT @cas84920: ホッブズ『法の原理』の翻訳に対する厳しい批判。わが国におけるホッブズ研究・ホッブズ受容の問題点がわかる書評。https://t.co/MWmWalPGtT
RT @cas84920: ホッブズ『法の原理』の翻訳に対する厳しい批判。わが国におけるホッブズ研究・ホッブズ受容の問題点がわかる書評。https://t.co/MWmWalPGtT
RT @cas84920: ホッブズ『法の原理』の翻訳に対する厳しい批判。わが国におけるホッブズ研究・ホッブズ受容の問題点がわかる書評。https://t.co/MWmWalPGtT