KobaTo (@peristerai)

投稿一覧(最新100件)

RT @Friedrich0124: これほんとすき 今野元「『教皇ベネディクトゥス一六世』を巡る三島憲一氏との対話:日本のドイツ研究に関する八十箇条の論題(1)」 https://t.co/G1jyHD8PHk
RT @arusindo: CiNii 論文 -  「場」としての国家/「人」としての国家 : オーリウ制度論の存在論的分析への布石 https://t.co/podJ14VxNO #CiNii
大川 四郎 "ロベ-ル・ジョセフ・ポティエの邪利息論についての一試論-1- Etude de la doctrine de l'usure chez Robert Joseph Pothier (1)"… https://t.co/ixR4NzkvL7
松谷昇蔵"官僚任用制度展開期における文部省 文部官僚と専門性" https://t.co/Rl2UApZEBQ
出雲孝, カント『法論』における著作権の萌芽:「出版権(Verlagsrecht)」を巡る議論を中心に https://t.co/PssEq2O8vj
添谷 育志, ユリアヌス帝の変貌 ―「背教者」から「哲学者,ローマ皇帝」へ(1) https://t.co/qpvARcnygC
あと、邦語でかつオンラインで気軽に読めるものとして(もちろんkindleなり印刷なりでオフラインでも読める)、以下のクヌート・ネルの講演の小川先生による邦訳をおすすめします。 中世教会における法発展の担い手… https://t.co/PA7K4SIWD0
あと、邦語でかつオンラインで気軽に読めるものとして(もちろんkindleなり印刷なりでオフラインでも読める)、以下のクヌート・ネルの講演の小川先生による邦訳をおすすめします。 中世教会における法発展の担い手… https://t.co/PA7K4SIWD0
荒木先生のはここらへんの論文を下敷きにしたやつかな。 https://t.co/PXzRHBNmen https://t.co/3INVGHQcCo https://t.co/PmqTDZjMd2 https://t.co/2ae6Ir6BBV
荒木先生のはここらへんの論文を下敷きにしたやつかな。 https://t.co/PXzRHBNmen https://t.co/3INVGHQcCo https://t.co/PmqTDZjMd2 https://t.co/2ae6Ir6BBV
荒木先生のはここらへんの論文を下敷きにしたやつかな。 https://t.co/PXzRHBNmen https://t.co/3INVGHQcCo https://t.co/PmqTDZjMd2 https://t.co/2ae6Ir6BBV
荒木先生のはここらへんの論文を下敷きにしたやつかな。 https://t.co/PXzRHBNmen https://t.co/3INVGHQcCo https://t.co/PmqTDZjMd2 https://t.co/2ae6Ir6BBV
清水悠"古典期ローマ法における占有者保護 -買主保護の観点から- (1)" https://t.co/4viZ5fIwgW
加納修, フランク時代の仮装訴訟とは何か : メロヴィング朝後期の国王法廷の役割に関する一考察 https://t.co/WS469wustJ
水戸 博之. スペイン語キリスト教文献における存在表現の他言語との比較に関する考察 (1) : スペイン語文法から見たキリスト教哲学 https://t.co/juNxjI4xzD
深山 洋平, 初等トポス理論の射程 : 集合・圏・論理 https://t.co/3Xa8B0iJtW これ文学研究科の博論なのですね。
RT @shunsukekosaka: おそらく私家版だと思われるが、家入先生がナジアンゾスのグレゴリオスの著作をどんどん翻訳しているようだ。詩集だけは以前に取り寄せて拝読した。意義ある訳業だと思う。 https://t.co/tO6jGtP0BA https://t.co/…
RT @shunsukekosaka: おそらく私家版だと思われるが、家入先生がナジアンゾスのグレゴリオスの著作をどんどん翻訳しているようだ。詩集だけは以前に取り寄せて拝読した。意義ある訳業だと思う。 https://t.co/tO6jGtP0BA https://t.co/…
"Il significato di “segno” nell’interpretazione biblica di Clemente Alessandrino" https://t.co/iXpOXUdAvb
RT @shunsukekosaka: 戸田聡先生によるマニ教超重要史料の翻訳。北海道大学のリポジトリからダウンロード可。CiNii 論文 -  マニ教資料翻訳集成(2) : ケルン・マニ・コーデックス https://t.co/gES7dcA5xr #CiNii
@hegelschen https://t.co/lnSna9gDE7 とっかかりはここからだと思います。
@orz_ted そうして結局、ここに戻ってくるわけですね https://t.co/Ep2puNHWTY
秋山学"古典エチオピア語文法形態論覚え書き" https://t.co/l9UrhlX8MR
いわゆる「自画撮り」行為の刑事規制に関する序論的考察 (1) : 児童ポルノの自画撮りを題材として https://t.co/wWNyAPntJ9
RT @contractio: 本文ありhttps://t.co/F6ZqJgFwka / “CiNii 論文 -  ドゥルーズと美学(平成九年度博士論文(課程)要旨)” https://t.co/W1VNHZNITc #ドゥルーズ #美学
RT @nekonoizumi: CiNii 論文 - レニングラードの福者(ブラジェーンナヤ)クセーニヤ : 社会主義体制下の聖人崇敬 https://t.co/vvJzj1gUpJ  CiNii 論文 - ブッダの世界の小さな花 : エレーナ・ガンの『ウトバーラ』が描く…
RT @nekonoizumi: CiNii 論文 - レニングラードの福者(ブラジェーンナヤ)クセーニヤ : 社会主義体制下の聖人崇敬 https://t.co/vvJzj1gUpJ  CiNii 論文 - ブッダの世界の小さな花 : エレーナ・ガンの『ウトバーラ』が描く…
RT @nekonoizumi: ちなみにこれも160ページ以上。PDFあり。 石坂尚武「黒死病でどれだけの人が死んだか : 現代の歴史人口学の研究から」(2012) https://t.co/zSyhTZbHrJ
RT @monogragh: 今野元「東京大学法学部のドイツ政治史研究--批判的回顧と建設的提言(一) 」https://t.co/0Dr1eyqQKE (二)https://t.co/M2a0nbtHMf 二も公開されていた。
RT @monogragh: 今野元「東京大学法学部のドイツ政治史研究--批判的回顧と建設的提言(一) 」https://t.co/0Dr1eyqQKE (二)https://t.co/M2a0nbtHMf 二も公開されていた。
RT @mmktn: 西洋古典叢書、満を持して山沢先生登場。(西脇順三郎のラテン語詩の韻律をいけずに分析する論文でも知られる方です) CiNii 論文 -  エレゲイアにならなかったエレゲイア : 韻律法よりみた西脇順三郎自作のラテン詩 https://t.co/bVHfVI1…

1 0 0 0 OA 雑報

https://t.co/Y7PB2haheF ローマ法やってると本人も短く明晰に文を書けるようになるのかな。これは内容としても文体としても良すぎる
@tatsuhiko_law https://t.co/mCGVUjnAT1 これを読めばパズル得意になるよ(大嘘)
https://t.co/mbN7BXPeWi 自分の主題に近いので読み返していたけど、本文5pで注釈33pとかいう論文書ける力と丁寧さが欲しいなあ
https://t.co/6syNPLk0cn 第二次テクスト論の射程 : 『神の子どもたちはみな踊る』と『薬指の標本』における翻訳・原作・流通
RT @heero108: 今野元先生の「東京大学法学部のドイツ政治史研究:批判的回顧と建設的提言(1)」『愛知県立大学大学院国際文化研究科論集』17号(2016年)208-189頁(https://t.co/NFoFrd9RBw)読了。東大法学部を中心とした、日本のドイツ政治…
RT @saisenreiha: アルトゥジウスの著作の序文と1章の翻訳。樅木 貞雄訳。「政治学 : 一定の方法に従って体系化され,しかも,神聖なる例と世俗なる例とで明らかにされた」https://t.co/BlEfsD5lnU
秋山学 ヘロドトスの射程 : 普遍史・他者性・予型論 https://t.co/1WwKaGEP6G
秋山学 「古典古代学」開題 : 学の円頓性を求めてhttps://t.co/zbTPlFNdga
https://t.co/aj2IRYw5Uy 秋山学 慈雲と華厳思想 : 「古典古代学基礎論」のために
https://t.co/pUKEWt41bt パウル・ヨハン・アンゼルム・フォン・フォイエルバッハ法学原典批判理論綱要 : 原典批判は実務家が利用できるものか
RT @takumi_itabashi: 成瀬治先生と言えば、『伝統と啓蒙:近世ドイツの思想と宗教』(法政大学出版局、1988年)に収録されている「ゲンツの反革命思想:ドイツ「啓蒙主義」政治理念への一視角」(初出1951年)が、もともと卒論だと知ったときは驚嘆しました(http…
RT @morita11: "CiNii 論文 -  遺跡調査の社会学 : 漫画と考古学" https://t.co/1rxWi6COKR
歴史叙述と歴史的構想力 : J.G.ドロイゼンのHistorik https://t.co/ATpq1sZEQi 明日読む
ヘラー"国家学の危機" https://t.co/3EZZdGrym9
RT @ttya70: 小野耕二「ニクラス・ルーマンにおける政治システム論の形成過程」『法政論集』第89号、1981年、には、確かに当時の西ドイツ等の国家/政治システムの特徴と重ね合わせてルーマンを理解しようとする志向性が見られる。http://t.co/rfFXddQ6Ys
http://t.co/sO4IP17Ecl http://t.co/R01yIXqHKV だれかこれらをコピってきてくれ
http://t.co/sO4IP17Ecl http://t.co/R01yIXqHKV だれかこれらをコピってきてくれ
https://t.co/ICMEFARDS3 まあそういう読み方もできるかなあってくらいかな。アーレント独自の視点から生じるコロラリーを十分にカバーできるのかは論証されていないしなあ
RT @katatemaru: 相変わらず、ふはーっなるほど感満載。CiNii 論文 - 石田京子「カント法哲学における立法と自由」 http://t.co/K2j1bWdXFD #CiNii
RT @KoichiTaniguchi: 先の件に関する宣教師による記録についての論文をご教示頂いたのだが、この内容はいったい・・・ううう。 教会史料を通してみた張献忠の四川支配 http://t.co/LkSiixzr1s
解釈学と歴史主義 : A・ベークとJ・G・ドロイゼンを中心に(退職記念) http://t.co/twCyG6LH6U こういうのも
RT @ceekz: 「1年ほど前に私は神に気付いてしまった」から始まる研究報告(紀要論文) http://t.co/3CwLOS1eTx

お気に入り一覧(最新100件)

スアレスは、人間論も天使論も興味深いが、着手の仕方が難しい。田口啓子もトマスとの比較をとっかかりにしている:CiNii 論文 -  F.スアレスの人間観についての覚え書-3-霊魂不死の論証をめぐって https://t.co/OoCIBo3WWl
読んだ。「エンテレケイア」に関する新しい解釈の提示がとても興味深い:CiNii 論文 -  アリストテレスの魂論における「船と船員の比喩」と「エンテレケイア」の意味について : デカルトとライプニッツの心身論も視野に含めながら… https://t.co/66vk6PuJL9
査読コメントへのリプライの仕方について、よく石田浩先生の「英語論文執筆の技法」という文章を参考にしてたんだけど、ブラウザのタブのところに表示される題名が「ワンステップ石だ」でどうもノンスタイル石田感が拭えない。… https://t.co/BBWrHf8sPj
CiNii 論文 -  規範性の要件 : 近親交配回避からインセスト・タブーへ? https://t.co/7lTJ321nIz #CiNii
これほんとすき 今野元「『教皇ベネディクトゥス一六世』を巡る三島憲一氏との対話:日本のドイツ研究に関する八十箇条の論題(1)」 https://t.co/G1jyHD8PHk
見崎史拓さん(名古屋大学大学院・法哲学)より、論文「憲法的機能は国家のみに見出せるのか?(1)(2完)」(名古屋大学法政論集281、282号、2019年)抜刷をご恵投いただきました。立憲主義的人権保障における「社会」の役割を論じる… https://t.co/eMzm3sAcED
見崎史拓さん(名古屋大学大学院・法哲学)より、論文「憲法的機能は国家のみに見出せるのか?(1)(2完)」(名古屋大学法政論集281、282号、2019年)抜刷をご恵投いただきました。立憲主義的人権保障における「社会」の役割を論じる… https://t.co/eMzm3sAcED
CiNii 論文 -  講演 クレスカスとメンデルスゾーン : 信仰と命令 (第六回学術大会報告) https://t.co/PhxkLSkr4K #CiNii
ドゥンス・スコトゥス『命題集註解』第二巻第三区分第一部第七問の試訳が公開されていました。ぜひ。https://t.co/0TZTZQnaAh

7 0 0 0 OA 論証と原因

電子化早い!この論文はものすごく力を入れて書いたので、このあたりの議論に関心のある方はぜひご一読ください。 J-STAGE Articles - 論証と原因ーーアリストテレス『分析論後書』第2巻第11章を手がかりにhttps://t.co/IbnuJ4z5dL
井上先生も負けじと応戦しています。今の穏やかな井上先生を知っている者にとっては意外に思えるほど。 https://t.co/FIThq0wHPp
訳者の田口先生からいただいた。これ、とても重要なのではないか。 フランク・レックスロート「学問の身体と精神 1070年ごろ以降の初期スコラ学の学校についての観察」田口正樹訳『北大法学論集』69巻5号、2019年。 https://t.co/7OTRamhD4X
法哲学者による正義論の見取り図。無料。古いもの(1981年)だけど役に立つと思う。大物なので、終りの方ではフロイトとか援用して勝手に書いてる。 J-STAGE Articles - 正義論議スケッチ https://t.co/aOGREyhw4M
CiNii 論文 -  ローマ帝政成立前後の「インペリウム」 : imperium domi militiaeque をめぐって https://t.co/7cflBi5QDG #CiNii
補足:なお、「近大の加藤=辻本訳」とは ヴェルナー・ボイルケ著(加藤克佳=辻本典央訳) 『ドイツ刑事訴訟法』 のこと。近畿大学のリポジトリーで、無料公開されているのがうれしい。 その1 (… https://t.co/Rpo8kcmEQI
補足:なお、「近大の加藤=辻本訳」とは ヴェルナー・ボイルケ著(加藤克佳=辻本典央訳) 『ドイツ刑事訴訟法』 のこと。近畿大学のリポジトリーで、無料公開されているのがうれしい。 その1 (… https://t.co/Rpo8kcmEQI
JAIST Repository: 議論理論に基づく推理小説の犯人推理 教えて頂いた論文。「隅の老人」モノを題材に、議論論理と呼ばれる論理体系の一種を用いて形式化して、計算機に犯人を当てさせようとしている。 https://t.co/IObihaeb25
戸田聡先生によるマニ教超重要史料の翻訳。北海道大学のリポジトリからダウンロード可。CiNii 論文 -  マニ教資料翻訳集成(2) : ケルン・マニ・コーデックス https://t.co/gES7dcA5xr #CiNii
今年10年前の号から公開が始まった『イギリス哲学研究』より。池田誠さんの論文 J-STAGE Articles - ロールズとシジウィック https://t.co/GFpfDPzvAR
通勤読書。 小野 紀明(1991) 「新カント派と自由主義の凋落:カッシーラーを中心に」 神戸法學雜誌 40(4), 825-903, 1991-03 神戸大学法学部 https://t.co/8YEOIUZ5yW
本文ありhttps://t.co/F6ZqJgFwka / “CiNii 論文 -  ドゥルーズと美学(平成九年度博士論文(課程)要旨)” https://t.co/W1VNHZNITc #ドゥルーズ #美学
CiNii 論文 - レニングラードの福者(ブラジェーンナヤ)クセーニヤ : 社会主義体制下の聖人崇敬 https://t.co/vvJzj1gUpJ  CiNii 論文 - ブッダの世界の小さな花 : エレーナ・ガンの『ウト… https://t.co/jwQIMEhVAV
CiNii 論文 - レニングラードの福者(ブラジェーンナヤ)クセーニヤ : 社会主義体制下の聖人崇敬 https://t.co/vvJzj1gUpJ  CiNii 論文 - ブッダの世界の小さな花 : エレーナ・ガンの『ウト… https://t.co/jwQIMEhVAV
J-STAGE Articles - ハナフィー派の学説にみるヒヤル (hiyal) の展開 https://t.co/iu19qgOmfj
何度か書いたけど、あの手の教養についての話で私が一番共感した文章は道垣内弘人「びくびくしたまえ」である。これに早くに出会えたのは僥倖だった。 https://t.co/tWSUD9NhlQ
ちなみにこれも160ページ以上。PDFあり。 石坂尚武「黒死病でどれだけの人が死んだか : 現代の歴史人口学の研究から」(2012) https://t.co/zSyhTZbHrJ
成文堂から、荒邦啓介『明治憲法における「国務」と「統帥」 統帥権の憲法史的研究』が刊行。 https://t.co/LWwSciBmv9 こちらの博論の書籍化かな。「明治憲法における「国務」と「統帥」――統帥権の歴史的・理論史的研… https://t.co/huSAxXrjm7
西洋古典叢書、満を持して山沢先生登場。(西脇順三郎のラテン語詩の韻律をいけずに分析する論文でも知られる方です) CiNii 論文 -  エレゲイアにならなかったエレゲイア : 韻律法よりみた西脇順三郎自作のラテン詩 https://t.co/bVHfVI1BIG
今野元先生の「東京大学法学部のドイツ政治史研究:批判的回顧と建設的提言(1)」『愛知県立大学大学院国際文化研究科論集』17号(2016年)208-189頁(https://t.co/NFoFrd9RBw)読了。東大法学部を中心とした、日本のドイツ政治史研究をめぐる群像劇。面白い。
先の件に関する宣教師による記録についての論文をご教示頂いたのだが、この内容はいったい・・・ううう。 教会史料を通してみた張献忠の四川支配 http://t.co/LkSiixzr1s
「1年ほど前に私は神に気付いてしまった」から始まる研究報告(紀要論文) http://t.co/3CwLOS1eTx
赤坂先生の「国法学」tweetで思いだしたけど、高見勝利「講座担任者から見た憲法学説の諸相:日本憲法学史序説」、webにあるね。これは面白いので学生とかは読むとイイ。併せて長尾龍一『日本憲法思想史』も読めば完璧(何が?汗)/高見論文→http://t.co/DIUUGAtYag

フォロー(173ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @nekonoizumi: 『法の原理』の翻訳問題については、こちら。 岩波文庫版『法の原理』書評。PDFあり。 ⇒高野清弘「ホッブズ著『法の原理』田中浩・重森臣広・新井明訳 (岩波文庫、二○一六年)」『甲南法学』57巻1・2号(2016) https://t.co/8I…
RT @TakashiShogimen: しかも、私の周囲を見る限り、そうした人文学研究を行う教員には、研究の「専門化」を隠れ蓑にして自分しか関心を持たないような矮小なテーマに取り組んでいる者が少なくない。これを私は「学問のプライベート化」と呼ぶ(拙稿「人文学としての日本研究を…
スアレスは、人間論も天使論も興味深いが、着手の仕方が難しい。田口啓子もトマスとの比較をとっかかりにしている:CiNii 論文 -  F.スアレスの人間観についての覚え書-3-霊魂不死の論証をめぐって https://t.co/OoCIBo3WWl
RT @Friedrich0124: これほんとすき 今野元「『教皇ベネディクトゥス一六世』を巡る三島憲一氏との対話:日本のドイツ研究に関する八十箇条の論題(1)」 https://t.co/G1jyHD8PHk
CiNii 論文 -  フライベルクのディートリヒの能動知性論 https://t.co/KJauWQQlJi #CiNii
例えばこれ。ちなみにこれは、長倉久子の遺著『トマス・アクィナスのエッセ研究』公刊前の論文なので、〈だ〉説に対するかなり早い反応の一つか:CiNii 論文 -  トマスとハイデガー--長倉久子「〈だ〉そのものなる神--〈絶対無〉と〈… https://t.co/DvN9q0GCyv
読んだ。「エンテレケイア」に関する新しい解釈の提示がとても興味深い:CiNii 論文 -  アリストテレスの魂論における「船と船員の比喩」と「エンテレケイア」の意味について : デカルトとライプニッツの心身論も視野に含めながら… https://t.co/66vk6PuJL9
CiNii 論文 -  ハイデガーのスアレス論 : 存在論への新しい道 (法学部創設20周年記念号) https://t.co/Thvj1MA6vi #CiNii
越智秀明「『寛容論』の戦略」は、ヴォルテールをかたる(語る/騙る)全ての人が読むべきではないですか ヴォルテールにとって「寛容」は目的ではない、換言すれば、言いたいことをただ言い合う(あるいは口汚く罵倒し合う)空間を終局的理想と… https://t.co/6YrCwOJAMS
RT @monogragh: 三宅一郎氏の最初期のレビュー論文「アメリカにおける日本近代史研究の動向」(1961)。冒頭、日本近代化に関する箱根会議の話から始まる。 https://t.co/HJF1wpHM1o

フォロワー(416ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

CiNii 論文 -  政治学におけるジェンダーの主流化 https://t.co/PzFn2THhwA #CiNii
RT @nekonoizumi: 『法の原理』の翻訳問題については、こちら。 岩波文庫版『法の原理』書評。PDFあり。 ⇒高野清弘「ホッブズ著『法の原理』田中浩・重森臣広・新井明訳 (岩波文庫、二○一六年)」『甲南法学』57巻1・2号(2016) https://t.co/8I…
RT @nekonoizumi: 『法の原理』の翻訳問題については、こちら。 岩波文庫版『法の原理』書評。PDFあり。 ⇒高野清弘「ホッブズ著『法の原理』田中浩・重森臣広・新井明訳 (岩波文庫、二○一六年)」『甲南法学』57巻1・2号(2016) https://t.co/8I…
RT @TakashiShogimen: しかも、私の周囲を見る限り、そうした人文学研究を行う教員には、研究の「専門化」を隠れ蓑にして自分しか関心を持たないような矮小なテーマに取り組んでいる者が少なくない。これを私は「学問のプライベート化」と呼ぶ(拙稿「人文学としての日本研究を…
RT @TakashiShogimen: しかも、私の周囲を見る限り、そうした人文学研究を行う教員には、研究の「専門化」を隠れ蓑にして自分しか関心を持たないような矮小なテーマに取り組んでいる者が少なくない。これを私は「学問のプライベート化」と呼ぶ(拙稿「人文学としての日本研究を…
CiNii 論文 -  座談会 金融法制の現代的課題(上)情報、決済、プラットフォーマーをめぐって https://t.co/1WbS7XCMII #CiNii
スアレスは、人間論も天使論も興味深いが、着手の仕方が難しい。田口啓子もトマスとの比較をとっかかりにしている:CiNii 論文 -  F.スアレスの人間観についての覚え書-3-霊魂不死の論証をめぐって https://t.co/OoCIBo3WWl
RT @TakashiShogimen: しかも、私の周囲を見る限り、そうした人文学研究を行う教員には、研究の「専門化」を隠れ蓑にして自分しか関心を持たないような矮小なテーマに取り組んでいる者が少なくない。これを私は「学問のプライベート化」と呼ぶ(拙稿「人文学としての日本研究を…
RT @Friedrich0124: これほんとすき 今野元「『教皇ベネディクトゥス一六世』を巡る三島憲一氏との対話:日本のドイツ研究に関する八十箇条の論題(1)」 https://t.co/G1jyHD8PHk
CiNii 論文 -  フライベルクのディートリヒの能動知性論 https://t.co/KJauWQQlJi #CiNii
例えばこれ。ちなみにこれは、長倉久子の遺著『トマス・アクィナスのエッセ研究』公刊前の論文なので、〈だ〉説に対するかなり早い反応の一つか:CiNii 論文 -  トマスとハイデガー--長倉久子「〈だ〉そのものなる神--〈絶対無〉と〈… https://t.co/DvN9q0GCyv
読んだ。「エンテレケイア」に関する新しい解釈の提示がとても興味深い:CiNii 論文 -  アリストテレスの魂論における「船と船員の比喩」と「エンテレケイア」の意味について : デカルトとライプニッツの心身論も視野に含めながら… https://t.co/66vk6PuJL9
CiNii 論文 -  ハイデガーのスアレス論 : 存在論への新しい道 (法学部創設20周年記念号) https://t.co/Thvj1MA6vi #CiNii
越智秀明「『寛容論』の戦略」は、ヴォルテールをかたる(語る/騙る)全ての人が読むべきではないですか ヴォルテールにとって「寛容」は目的ではない、換言すれば、言いたいことをただ言い合う(あるいは口汚く罵倒し合う)空間を終局的理想と… https://t.co/6YrCwOJAMS
RT @Friedrich0124: これほんとすき 今野元「『教皇ベネディクトゥス一六世』を巡る三島憲一氏との対話:日本のドイツ研究に関する八十箇条の論題(1)」 https://t.co/G1jyHD8PHk
RT @monogragh: 三宅一郎氏の最初期のレビュー論文「アメリカにおける日本近代史研究の動向」(1961)。冒頭、日本近代化に関する箱根会議の話から始まる。 https://t.co/HJF1wpHM1o
RT @minaokukita: 山口尚さんの論文「リチャード・ダブル、あるいは自由意志の概念工学のしかるべき限界について」がNagoya Journal of Philosophyで公開されました。 https://t.co/30T14sRPoX