五目御飯 (@purple_1geo)

投稿一覧(最新100件)

RT @_____renji: 牛垣雄矢(2017)「商業地を対象としたミクロスケールな地理学研究の対象・視点・方法-1990年以降の論文を中心に-」https://t.co/qMLnHa6tMg 展望論文、まだ全部読んでないけどとりあえず 商業地研究の165の論文を視点で7分…
大都市圏郊外から都心への通勤者数減少だとこの研究をまず連想するけれど、これも掲載されてからもう7年が経過するのか 稲垣 稜 2014. 大都市圏郊外における中心都市への通勤者数減少の要因に関する考察—1990年代後半以降の奈良県生駒市を中心に—. 地理学評論 87A: 17-37. https://t.co/Tugo0kgIpz
大学院の野外実験の成果が査読誌に掲載された例だと Kubo, T., Onozawa, Y., Hashimoto, M., Hishinuma, Y. and Matsui, K. 2010. Mixed Development in Sustainability of Suburban Neighborhoods: The Case of Narita New Town. Geographical review of Japan 83B: 47-63. https://t.co/eadbTL8TVN
学群の野外実験の成果が査読誌に掲載された例 (2012年度の水文科学野外実験Aでの現地調査データを主要データにし、担当教員が論文執筆) 山中 勤 2015. 天然記念物塩川の湧出機構―短期集中観測と数理モデルによる定量的検証—. 地理学評論 88A: 217-234. https://t.co/HrF9hi2uOC
引用はしていないけれど謝辞として使用ソフトウェアに言及している例(この場合はMANDARA) 佐藤英人・荒井良雄 2003. 情報部門の機能強化に伴うオフィス立地の郊外化. 人文地理 55: 367-382. https://t.co/q04YjSEGkX
@yutonm 例えば: 岩田修二 2013. 高校地理教科書の「造山帯」を改訂するための提案. E-journal GEO. 8: 153-164. https://t.co/Z2zGDmqo3W
RT @purple_1geo: Yamashita, A. and Hata, T. 2021. Sustainability of Irrigation Fruit Farming in Terms of Water Supply-demand Situation: Cas…
青森県内のリンゴを取り扱った研究もありますね(こちらは弘前市など津軽地方メイン) 栗林 賢 2013. 青森県における集出荷業者を介したリンゴ流通の特性. 地理学評論 86A: 436-450. https://t.co/ZQkUHyZk4X
青森県(南部地方)を対象地域として、青森県の一般的イメージ(?)とは異なるものを研究対象にしているもの 林 琢也 2007. 青森県南部町名川地域における観光農業の発展要因. 地理学評論 80: 635-659. ※この研究での「観光農業」の主役はリンゴではありません https://t.co/SdpnuSIUO9
Uesugi, M. 2021. Socio-spatial Segregation in the Era of Growing Economic Disparities: The Case of Tokyo. Geographical review of Japan 94B: 18-30. https://t.co/0nVaa5E7Sg
Yamashita, A. and Hata, T. 2021. Sustainability of Irrigation Fruit Farming in Terms of Water Supply-demand Situation: Case Study of the Middle Basin of São Francisco River, Northeast Brazil. Geographical review of Japan 94B: 1-17. https://t.co/UIEryvkCnY
東京以外の日本の都市で「都心」との言及がある地理学の論文の一例 土屋ほか(2002): 名古屋 https://t.co/UCy4N0mY3O 戸所(2006): 京都 https://t.co/ZPD0qFjH0B 長沼ほか(2008): 福岡 https://t.co/IoLITEd7ya 秋元(2014): 富山 https://t.co/7GoXp7JUEO 稲垣(2016): 大阪 https://t.co/G05ndsNykW
東京以外の日本の都市で「都心」との言及がある地理学の論文の一例 土屋ほか(2002): 名古屋 https://t.co/UCy4N0mY3O 戸所(2006): 京都 https://t.co/ZPD0qFjH0B 長沼ほか(2008): 福岡 https://t.co/IoLITEd7ya 秋元(2014): 富山 https://t.co/7GoXp7JUEO 稲垣(2016): 大阪 https://t.co/G05ndsNykW
東京以外の日本の都市で「都心」との言及がある地理学の論文の一例 土屋ほか(2002): 名古屋 https://t.co/UCy4N0mY3O 戸所(2006): 京都 https://t.co/ZPD0qFjH0B 長沼ほか(2008): 福岡 https://t.co/IoLITEd7ya 秋元(2014): 富山 https://t.co/7GoXp7JUEO 稲垣(2016): 大阪 https://t.co/G05ndsNykW
東京以外の日本の都市で「都心」との言及がある地理学の論文の一例 土屋ほか(2002): 名古屋 https://t.co/UCy4N0mY3O 戸所(2006): 京都 https://t.co/ZPD0qFjH0B 長沼ほか(2008): 福岡 https://t.co/IoLITEd7ya 秋元(2014): 富山 https://t.co/7GoXp7JUEO 稲垣(2016): 大阪 https://t.co/G05ndsNykW
東京以外の日本の都市で「都心」との言及がある地理学の論文の一例 土屋ほか(2002): 名古屋 https://t.co/UCy4N0mY3O 戸所(2006): 京都 https://t.co/ZPD0qFjH0B 長沼ほか(2008): 福岡 https://t.co/IoLITEd7ya 秋元(2014): 富山 https://t.co/7GoXp7JUEO 稲垣(2016): 大阪 https://t.co/G05ndsNykW
そういえば大学院1年生の秋頃から展望論文を書き始めて2年生の秋に『人文地理』に掲載された事例があったな 松井圭介 1993. 日本における宗教地理学の展開. 人文地理 45: 515-533. https://t.co/hAKIlPjpYo
余談ですけれど、2年前の農村地理学の期末レポートは、企業の農業参入の論文をもとに書きました(後藤2016など) 後藤拓也 2016. 食品企業による生鮮トマト栽培への参入とその地域的影響―カゴメ(株)による高知県三原村への進出を事例に. 地理学評論 89A: 145-165. https://t.co/7DdvMuHc1h
宮崎駿の作品を事例とした、人間と環境に関する地理学の研究(紀要論文ですが) 内田順文 1996. 宮崎駿『風の谷のナウシカ』にみる「自然-人間」観と現代人の地球環境観について. 国士舘大学地理学報告 5: 1-15. https://t.co/5F8GTTgbuV
食と住に関しては研究事例がすぐに思いついたけれど、衣に関する地理学の研究とはどういうものなのだろうと思って論文を軽く検索したら1本目から筑波大学出身者の研究だった 遠藤貴美子 2019. 東京を中心とするニット製衣服産業の生産システム. 経済地理学年報 65: 151-176. https://t.co/Fmd4IDKZEt
北総線といえば 田口 淳 2001. 北総線開業による千葉ニュータウン入居者の居住地移動と通勤行動の変容. 地理学評論74A: 305-324. https://t.co/ngAoqniDxe
もしかして、TLで話題になっているのはこれでしょうか? 岩田修二 2013. 高校地理教科書の「造山帯」を改訂するための提案. E-journal GEO 8: 153-164. https://t.co/Z2zGDmHr5W
査読誌ではないけれど 鈴木富志郎 1990. 都市地域の地名に関する事例的考察――その改変・新設・保存をめぐって. 立命館地理学 2: 83-94. https://t.co/47uE5Tew3S
もしかして、この論文をゼミで議論しているところがあったりする?(昨年度こちらでも取りあげていた人がいました) 小林 基 2016. 伝統作物の全国ブランド化――兵庫県篠山市における丹波黒を事例に. 人文地理 68: 397-419. https://t.co/Re6XULBRq2
リモートセンシングの人文地理学的な応用を挙げるなら土地利用に関する研究だろうか(空間分解能には要注意だけれど) LANDSATを使った都市化研究だと、例えば 小方 登・稲垣 稜 2009. 衛星画像でみる京阪奈丘陵の開発. 都市地理学 4:20-27. https://t.co/0xDj1mhYBP
OD行列に対して因子分析が困難なのは、OD行列が正方行列だから(昔はこのような研究も多かったのに) (参考論文) 矢部直人 2013. 休暇分散化における地域ブロックの設定とその旅行需要平準化効果の検証―ネットワーク分析による機能地域の設定―. 人文地理 65:264-278 https://t.co/UBaL5fjf9t
2009年時点でJournal of Transport Geographyは地理学より交通工学や交通経済学で読まれているとも推測できる記載がありまして 野尻 亘 2009. 最近の日本の経済地理学における交通・物流研究の展望―2002年から2007年までの研究論文を中心にして―. 国際文化論集 39:19-55. https://t.co/EeSvRTqQhe
RT @purple_1geo: 賭博の地理って何?と思ったけれど、賭博に関する社会問題についての地理学の研究のよう マーシャル, D.C., ベイカー, R.G.V.著, 山田晴通訳 2002. クラブ,スペード,ダイヤ,恵まれない立場―メルボルンにおける電子ゲーム機[ポー…
主要学会誌に掲載されている研究もあるし 土谷敏治 2013. 地方鉄道第三セクター化の課題 : ひたちなか海浜鉄道の事例. 経済地理学年報 59:111-135. https://t.co/QA7pBq4moS
闘牛に関する地理学の研究もあるのか Ishikawa, N. 2009. Inheritance and Characteristics of Bullfighting in Japan. Japanese Journal of Human Geography 61:514-527. https://t.co/dUnUSW0HSh 日本語タイトルは「日本における闘牛の存続と特徴」。人文地理の第6号なので英語論文です。
牛乳に関係する研究だと 斎藤 功 2006. カリフォルニアにおける大規模酪農家の立地移動. 地理学評論 79:53-81. https://t.co/W7x3qzzAIw なども あと東京集乳圏の研究などもありますね
丑年なので牛に関する地理学の論文を少し調べましたが、牛肉関係の研究が多い印象をもちました。例えば 川久保篤志 2014. 牛肉輸入圧力下の肉用牛産地の存立構造と将来展望―輸入自由化以降の北海道十勝地方を事例に―. 人文地理 66:209-230. https://t.co/9ikhrW1zCF 本年もよろしくお願いいたします。
賭博の地理って何?と思ったけれど、賭博に関する社会問題についての地理学の研究のよう マーシャル, D.C., ベイカー, R.G.V.著, 山田晴通訳 2002. クラブ,スペード,ダイヤ,恵まれない立場―メルボルンにおける電子ゲーム機[ポーカー賭博機]の地理―. 地理科学 57:120-137. https://t.co/MUC8PdGb3r
シドニーの都市の解説 藤塚吉浩・吉田道代 2009. シドニー中心市街地における歴史的特性の維持と都市再生. 都市地理学 4:99-105. https://t.co/l3sLOkDHn4
シドニーを取り上げた近年の人文地理学の研究(3) 吉田道代・葉 倩瑋・筒井由起乃・松井圭介・堤 純 2015. シドニー・ライカートにおけるイタリア系コミュニティの拠点再構築の試み. 地理空間 8:91-102. https://t.co/464BzEVtpR
シドニーを取り上げた近年の人文地理学の研究(2) 堤 純・吉田道代・葉 倩瑋・筒井由起乃・松井圭介 2015. センサスデータからみたオーストラリアにおける多文化社会の形成. 地理空間 8:81-89. https://t.co/z8Xw38wKzi
シドニーを取り上げた近年の人文地理学の研究(1) 菊地俊夫 2002. シドニー都市圏の都市周辺農村における農業的土地利用変化とその持続的性格. 地学雑誌 111:81-99. https://t.co/OWnHkzwX4R
#EE21731 松井圭介・堤 純・吉田道代・葉 倩瑋・筒井由起乃 2015. 聖地ウルルをめぐる場所のポリティクスとアウトバックツーリズム. 地理空間 8:131-142. https://t.co/nBPo7ff3CH
大都市圏郊外での買物行動の変化についての研究 (私自身の卒論の参考文献になりそう) 稲垣 稜 2019. 大都市圏郊外における買い物行動の縦断データ分析―平城ニュータウン居住者を事例に―. 人文地理 71:151-166. https://t.co/c5U0xul72M
空間的相互作用×多変量解析の研究事例を見つけた (空間的相互作用と多変量解析を組み合わせるという発想が今まで私になかった) 東 賢次・森平爽一郎 1980. 空間的相互作用の多変量解析―大阪市の通勤流動を事例にして―. 国士舘大学電子計算機センター紀要 1:31-48. https://t.co/ivuM2RUYdX
@shiranuhi_SML 詳細は 杉浦芳夫編 2004. 『空間の経済地理』朝倉書店 に書いてあると思うので興味があったらその本を読んでみてください チューネンモデルを農産物の供給システムとして位置づけた研究なら 荒木一視 1997. わが国の生鮮野菜輸入とフードシステム. 地理科学 52:243-258. https://t.co/8n1bfGFYYW
1995年に行われた某学会の大会プログラム https://t.co/pkMIvlBUeS 「交通アクセス」(PDFファイルのpp.3-4) ・広域地図の縮尺をよく確認してみよう ・電車を降りて路線バスで40分? ・詳細地図を見ても総合研究棟Aがない…(教員研究室は?) なお、同じ場所で2017年にも大会が開かれています
所属大学の出身者かつ現教員の著書の書評で、冒頭から「現代日本の地理学界きっての優秀な若手ホープ」と紹介されているものを見つけた https://t.co/aqNeYfbPGi
#EE21731 今日の授業にも関連しそうな論文 大呂興平 2012. オーストラリアにおけるwagyu産業の展開. 人文地理 64:337-349. https://t.co/7HyGKKF49o
RT @Naga_Kyoto: 地理の本は置いてある棚がバラバラってのはよく話題に上がるけど、ちゃんと調べた人がいるんですね 森 岳人「出版業界から見た地理学のアウトリーチ」E-journal GEO https://t.co/MrUnGp7QYD https://t.co/Y…
中国の都市の空間構造と変化について取り上げた研究。社会主義国ゆえの欧米や日本との相違点もあれば、他の社会主義国とも異なる、中国独自の特徴もあるようです。 王 天天 2020. 転換期中国における都市空間の形成・再編と郊外住宅地の発展. 地学雑誌 129:1-19. https://t.co/JnknzfwNIU
都市以外の分野で挙げるなら、こちらはどうでしょう? 寺谷亮司 2004. モーリシャス共和国の酒類産業と飲食文化. 日本醸造協会誌 99:16-30. https://t.co/ASqMTL9aNX
地理学者によるモーリシャス研究というと寺谷亮司先生(愛媛大)の研究が具体例として挙げられるのかな? オンライン・フリーで閲覧できる論文を1つ。 寺谷亮司 2009. ポートルイスとカトルボルヌ -アフリカの小さな島国の首都と商業都市-. 都市地理学 4:106-113 https://t.co/ybyT8gXPa5
1990年以降の日本の交通地理学研究の成果と問題をまとめた展望論文。 Tanaka, K. 2008. Recent Trends and Issues in Geographical Studies on Modern Transportation in Japan. Geographical Revies of Japan 81:292-302. https://t.co/QBHK38wm1M
RT @Naga_Kyoto: 地理思想における「空間」概念の整理としては、これまで自分が読んだ中ではこの論文が一番きれいにまとまっているように感じた。物質の空間、認識の空間、関係の空間。 益田 理広「プラグマティズムに基づく地理学的空間概念の弁別」地理学評論 Series A…
RT @geo_hoshi: なので,こんなのを書きました。 J-STAGE Articles - 野外実習レポートをどう書くか https://t.co/VCurWhxzXL https://t.co/loAVVKkmey
池袋も含めた東京のアニメ関係の地理学の研究事例はある(筑波系の研究者も関わっている) 小池拓矢・杉本興運・太田 慧・池田真利子・飯塚 遼・ 磯野 巧 2017. 東京大都市圏における若者のアニメに関連した観光・レジャーの特性. 地理空間 10:125-139. https://t.co/SYloHAaHeO
分野的には都市気候学なのだろうか。以前別件で調べていたときに見つけた論文だけれど、人工の地下空間内の自然地理学の研究は初めて見たかも 榊原保志 1993. 営団地下鉄日比谷線における「駅ホームの気温」. 地理学評論 66A: 287-296. https://t.co/BqvyW6ZKqc
【正解発表】 千葉県市川市・鎌ケ谷市・船橋市の境界付近です。 左上のJR駅が市川大野駅、右上の私鉄駅が鎌ヶ谷駅(東武野田線)です。 地理学評論掲載論文: 森本健弘 1993. 千葉県市川市柏井町四丁目における不耕作農地の形成と農業経営. 地理学評論 66A: 515-539. https://t.co/PoxhhnstNN
RT @purple_1geo: 「人文地理学勢に基礎数は不要」と考える地球学類生がいたら読んでほしい 「勾配」や「発散」が普通に登場しています(ただ「回転」はなかったけれど) 井上孝 (1996): 人文地理学におけるラプラシアンの利用について. 人文地理学研究, 20,…
卒業研究絡みでの作業をしていて感じた疑問の答えになった論文 テーマとは異なる分野の論文がヒントになることもあるのか 矢部直人 2013. 休暇分散化における地域ブロックの設定とその旅行需要平準化効果の検証―ネットワーク分析による機能地域の設定―. 人文地理 65:264-278. https://t.co/UBaL5fjf9t
CiNii検索する限りだけれど、直近の地理学の論文で「日本橋」を取り上げた研究は、東京の日本橋よりも大阪の日本橋のほうが多そう 大阪の日本橋地区における「趣味」の場所性 https://t.co/WZvg7q1YYM オタク文化の集積とオタクの参画を得たまちづくり : 大阪・日本橋の事例 https://t.co/MwWaZWmE7X
CiNii検索する限りだけれど、直近の地理学の論文で「日本橋」を取り上げた研究は、東京の日本橋よりも大阪の日本橋のほうが多そう 大阪の日本橋地区における「趣味」の場所性 https://t.co/WZvg7q1YYM オタク文化の集積とオタクの参画を得たまちづくり : 大阪・日本橋の事例 https://t.co/MwWaZWmE7X
昨晩読んでいた展望論文。農村地理学の最終回授業で取り上げられていた「ポスト生産主義」の話に続く話だろうと思う 市川康夫 2017. 欧米圏における農業の多面的機能をめぐる議論と研究の展開―ポスト生産主義の限界と新しいパラダイムの構築に向けて―. 人文地理 69:101-119. https://t.co/6NH56knm7U
グローバル化の進行による大都市再編に関する研究について、経済地理学の立場からまとめた展望論文。 水野真彦 2010. 2000年代における大都市再編の経済地理―金融資本主義,グローバルシティ,クリエイティブクラス―. 人文地理 62:426-444. https://t.co/cKykh2hT4i
文化地理学概論の授業で登場する「湘南」の話に関係する論文。 (理論地理学ノートですがこの論文は文系の方も読みやすいと思う) 天野みどり 2001. 「湘南」イメージを利用した郊外住宅地の創出. 理論地理学ノート 12:19-37. https://t.co/CuOhq9ieyF
そういえば『県都物語』は、著者は地理学者ではないものの、「人文地理」で書評が書かれている 津川康雄 2018. 西村幸夫著『県都物語―47都心空間の近代をあるく―』. 人文地理 70:426-427. https://t.co/zZzLPpkFmd
この論文を少し読んでいて、そういえば大学の都市地理学の授業で小売業の話をあまり聞かなかったなと思った(確かに『新しい都市地理学』でもウェイトは小さい) 根田克彦 1998. 都市小売業の空間構造に関する研究の展望. 人文地理 50:363-382. https://t.co/zLOVLg0NUI
1980-2011年の日本の都市地理学の研究の展望論文。住宅・居住、ビジネス機能・オフィス立地、小売業の3つに分けて解説 Kagawa, T., Koga, S. and Neda, K. 2012. Research Trends in Japanese Urban Geography since 1980. Japanese Journal of Human Geography 64: 497-520. https://t.co/7kwxg0tSMo
谷田貝亜紀代・安成哲三 1998. ユーラシア大陸内陸の乾燥・半乾燥地域における夏季の水蒸気輸送と降水の変動. 気象集誌 第2輯. 76:799-815. https://t.co/pYypgdVVPi
#EE21691 気象学の安成哲三先生のモンゴル研究の論文をいくつか 谷田貝亜紀代・安成哲三 1995. 中国とモンゴルの乾燥・半乾燥地域における夏季降水量の経年変動 : その地域性とアジアの夏季モンスーンとの関係. 気象集誌. 第2輯, 73: 909-923. https://t.co/Ya9Y9ckS8d
読んでいた論文はこちら。ジェントリフィケーションに関する基礎知識があると内容を理解しやすそうかも(経済地域論の授業の後半で扱われます)。 中澤高志 2017. ステューデンティフィケーションとは何か―論点の整理と日本の都市地理学研究への示唆―. 都市地理学 12:33-49 https://t.co/Pb5XhMZFxz
あと、「都市地理学」では「都市紹介」のセクションもあるようです。 例えば、 小原丈明 2019. ヨルダン唯一の臨海都市Aqaba. 都市地理学 14:162-172 https://t.co/PgUosuuUfO
当時読みたかった論文も、いまはJ-STAGEで読めます 藤塚吉浩 2019. 社会主義後のプラハにおけるジェントリフィケーション. 都市地理学 14:28-37 https://t.co/po6OWOomXG https://t.co/XBJUkLJ0N7
紹介する論文は発表者自身で探して決めるのですが、昨年度取り上げられた地理学の論文でいちばん新しいのは私が選んだものでした。 梶田 真 2018. 東京特別区居住者の社会–空間パターン変化(1965~1980). 地学雑誌 127:53-72. https://t.co/CJGSJsIEgI
『計量地理学の基礎』に索引がないので、知りたい内容を調べるのに少し時間がかかる (索引がない件については「地理科学」での書評でも指摘がある、https://t.co/eeUo3IRfbA) 索引を作ってみたと個人サイトで公開している人もいなさそうだし、作っておいた方が後々自分で使うときに楽なのかな…?

32 0 0 0 OA 千葉セクション

[[千葉セクション]]を含めて、出典のところで地質学の論文や専門書があったほうが良いような気はする。私自身ですぐに追記するなら地質学雑誌の以下論文かな(探せばもっとありそう) 千葉セクション:下部-中部更新統境界の国際境界模式層断面とポイントへの提案書(要約) https://t.co/dCDRz3bhNJ
#AC62F01 授業で紹介されなかった幕張ベイタウンの論文 久保倫子 2010. 幕張ベイタウンにおけるマンション購入世帯の現住地選択に関する意思決定過程. 人文地理 62:1-19 https://t.co/F4wVL6PRps
#AC62F01 比較文化地理学Iの第7,8回の講義内容に関連した話(都心でのマンション供給) 久保倫子 2010. マンションを扱った地理学的研究の動向と課題. 地理空間 3:43-56 https://t.co/NF8anLn65n
RT @purple_1geo: なお、このアカウントでガルパンを話題にする理由には、この論文があります。(しかもつくばリポジトリの人気論文らしい) 茨城県大洗町における「ガールズ&パンツァー」がもたらす 社会的・経済的変化 : 曲がり松商店街と大貫商店街を事例に https…
#EE22423 @地形プロセス実験B履修者 推奨参考文献の1つ目のほうですが、図2に訂正があるようなので、こちらを確認しておくと良さそうです。 https://t.co/qfA0fBWw5t
地理学の論文ではどこかの地域を事例とした研究が多い印象があるけれど、ここでは実在する地域が事例として出てこない(仮想地域のモデルの考察なので) 村山祐司 1982. 日常的行動に基づく居住地のポテンシャル・アクセシビリティ. 人文地理 34:21-34. https://t.co/YJ2jiNMyNP
論文タイトルと異なりJ-STAGEで「地域の交通網構造の空間の変異」と登録されている関係かCiNii経由では本文を閲覧できない論文 グラフ理論を利用した、交通地理学に関する論文 土井重彦 1976. 地域的交通網構造の空間的変異. 地理学評論 49:94-103. https://t.co/p7Z9qourXM
@fj05_ A4縦向きの紙の中央に5 cmほど離して上下に2つ点を書き、下を香林坊、上を武蔵ヶ辻とします。このとき、南町、広坂、…(以下金沢市内の交差点19地点, リンク先論文p.226 Fig. 2参照)の位置を記してみてください。(続く) https://t.co/3jPfzKcZHa
#EE21502 昨日の授業で取りあげられていたチェーンごとの出店展開の違いなどについてまとめられた論文はこれかな 土屋 純 2000. コンビニエンス・チェーンの発展と全国的普及過程に関する一考察. 経済地理学年報 46:22-42 https://t.co/fKArdNPTjp
みかんに関する地理学の論文をあげてみる(日日の某授業はとっていないけれど、TL見る限り、今日やっていた授業と関係ありそう) 豊田紘子ほか 2018. 明治期日本における温州蜜柑の普及と在来小蜜柑からの嗜好変化. 歴史地理学野外研究 18: 21-84 https://t.co/fpiRM1iarC
大通り沿いは飲食店や土産物店、宿泊施設などが多いけれど、大通りを横切る道に入ると住宅など住民の日常生活施設がメインになる この論文も参考になる 岩間絹世 2017. 城崎温泉における観光まちづくりの展開―リーダー集団の人間関係に着目して―. E-journal GEO 12: 59-73 https://t.co/MyUz8Q0EHq
地球科学系図書館でも要チェック CiNii 論文 -  長野県白馬村における観光景観の研究-色彩構成を中心として https://t.co/lzYLOeHTp5
#EE22353 著者は農学の研究者のようですが、野外実験のトピックと関連しそうなのでここで紹介してみます CiNii 論文 -  名水を訪ねて (9) 安曇野の湧水 https://t.co/PY4PBbjuRb #CiNii
#EE21153 【関連論文】※オンライン未公開 CiNii 論文 -  長崎の教会群と宗教ツーリズム (シンポジウム「旅・観光・歴史遺産」特集号) https://t.co/TIV894WPvu #CiNii
あとでチェックしておきたい CiNii 論文 -  特集「流通地理学の現在」によせて https://t.co/ufruqr8fSD #CiNii
#EE21153 【関連論文】 CiNii 論文 -  潜伏キリシタンは何を語るか:―「長崎の教会群」をめぐる世界遺産登録とツーリズム― https://t.co/AEsYmxY0pu #CiNii
十数年前のmti先生の筑波フォーラムへの寄稿。比文の授業の話だけれど(文化地理学コースの方は経験しているかも)、地球でも人文地理学野外実験の事後レポートの量が他分野より多い理由と関係しているのかもしれない……? <わたしの講義>学生とかけて雑巾と解く https://t.co/EM64uO4bjy
(関連論文)地理学評論所収、2001年 CiNii 論文 -  金沢市における都市住民による用水路利用と維持への参加 https://t.co/zwzOCtI6Rq #CiNii
天理、天理教に関する地理学研究どこかにあるかなと思って調べてみたら、身近なところにあった 松井圭介 (2000) カリスマの継承からみた天理教系教団の分派形成 : 場所の宗教と天啓者の宗教 人文地理学研究 24 pp.55-76 https://t.co/aZmlYDQZo5 脚注1から芋づるで見つかる先行研究も読むべきかも >RT
#jawp Wikipediaは日本語版も英語版も「凍土」(frozen ground)についての解説がない気がする(日本語版は「永久凍土」へ、英語版は映画の記事に転送される)「凍土」と「永久凍土」は同義ではないはず…。(例えば「雪氷」での論文 https://t.co/G8qBKvBgrI を見ても同義とは読み取れない)

1 0 0 0 水文学講座

#EE22701 授業のシラバスで参考文献に挙げられているのに大学の図書館に所蔵されていない(しかも著者の所属大学なのに)という案件を見かけましたが、国会図書館のデジタル送信サービスで閲覧できるようです(平日日中のみ)。 山本荘毅 (1992) 地下水水文学(共立出版) https://t.co/S4JeYKvuMN
「人文地理学勢に基礎数は不要」と考える地球学類生がいたら読んでほしい 「勾配」や「発散」が普通に登場しています(ただ「回転」はなかったけれど) 井上孝 (1996): 人文地理学におけるラプラシアンの利用について. 人文地理学研究, 20, 229-240. https://t.co/ejKWhHkaOH
関東地方において旧国名が現代の鉄道の路線名・駅名等に及ぼす影響について Loren SIEBERT (2000) Rail Names as Indicators of Enduring Influence of Old Provinces in Modern Japan, Geographical review of Japan, Series B., 73: 1-26 https://t.co/GkhrPd99h4
国際的にみて興味深いテーマがありながら発信力に課題があるよう(言語の問題含め) 村山祐司 (2018) 日本地理学の国際化, 学術の動向, 23 巻, 7 号, pp. 48-53 https://t.co/pSfxlAYfSS
#EE22411 2016年のJpGUの講演より。ここでの報告内容、養老山地の扇状地のレポートの考察で参考にできそうじゃないですか。 日本地球惑星科学連合2016年大会/河床縦断形の解析からみた養老山地東斜面における削剥と堆積 https://t.co/fda9mYcCSI
地球学類新1年生もだいたい確定したと思うので、学類長のガルパン論文を紹介しておきます。 https://t.co/4YplnXt8MH 茨城県大洗町における「ガールズ&パンツァー」がもたらす 社会的・経済的変化 : 曲がり松商店街と大貫商店街を事例に
この論文を読んでいて、実距離(物理距離)より時間距離のほうが空間認知や空間行動に強く関わる旨の記述(pp.441-442)があって、実際どうなんだろうと気になりまして、少し極端かもしれませんが 岡本耕平 (1982) 認知距離研究の展望. 人文地理 34 (5) pp.429-448 https://t.co/w5mu81CXMA
@_kdrkdrkdr ざっくり言うと「人間味や感情がある」といった感じです。数値や物理法則で分析していく分野と違って、人間の思考、心理、感情がでてくるイメージです(物理学や統計学には感情はないので)。リンク先の論文を読んでいて感じました。 https://t.co/9t9H2cLYY3
英語論文ですが、英文自体が特別難しいわけではなく、春休みに英文の地理学論文に挑戦してみたい人にお勧めに思った Kureha, M. (2010) Research Trends in the Geography of Tourism in Japan(日本における観光地理学の研究動向). 人文地理 62(6) pp.558-569 https://t.co/jgEK52JbIe

お気に入り一覧(最新100件)

「人文地理」最新号に東京都中央区の論文が。 J-STAGE Articles - 東京都中央区における民間賃貸住宅居住者の住民特性と移動歴 https://t.co/wHfXOgjD98
テレワークの概念はそんなに最近のものじゃなくて1980,90年代から日本においてもやっているところはやっていたんですね J-STAGE Articles - 東京大都市圏におけるテレワークと分散型オフィスの立地 https://t.co/7MYYejigCT
松原宏「東急多摩田園都市における住宅地形成」『地理学評論』55(3), 165-183, 1982 -https://t.co/EIQRCU8NoH 松原先生、昔こんな論文書いてはったんや…
全く読んだことないので第一回国際ペンギン会議報告ってのを見つけたので載せる https://t.co/aBm1jYFTLz #peing #質問箱 https://t.co/wsnsaOBIZZ
加藤晴美「飛騨白川村にみる山村像の変容-明治期から昭和戦前期を中心として-」 https://t.co/ZrRVdxVnm0 大家族制など「遅れた」風習が残る地域と見なされていた白川村は、交通条件の改善や飛騨地域での郷土研究によって文化に貴重な地域としての新たなイメージを獲得していった。 https://t.co/dGC9lkZPk5
埴淵 知哉「『地理学評論』における掲載論文および著者の特徴 —1980年以降の変化—」https://t.co/bWoa5FDszH 1980年代までは自然地理の論文が過半数を占めていたが、90年代以降は人文地理が多数派になったとのこと。 https://t.co/wthAUBRS3L
鍵RT:出てるかもだけどこれは読んだことある https://t.co/YJ4qIQpmY6
【E-journal GEO掲載論文】山本政一郎・尾方隆幸 2018.高等学校の地理教育・地学教育における教科書用語の問題点―用語問題の類型化と学術的整合性―,E-journal GEO 13(1),68-83.https://t.co/kfaECy45AN
【地理学評論掲載論文】遠藤匡俊 2012.1799~1801年のエトロフ島におけるアイヌの和名化と風俗改変の空間的・社会的拡散過程,地理学評論85A,236-258.https://t.co/0NXfNZITkc

フォロー(373ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

1 1 1 1 OA 永代大雑書

@mujo_kun 陰ながら合力仕る https://t.co/2RiW1LE6HX
RT @daichizu: #ブラタモリ が石垣島だったとのことで、 論文を紹介!   「へき地における小規模な小中併設校のもつ意義と課題  ―沖縄県石垣市および竹富町の事例を中心に―」 https://t.co/Tc9bes1Fed 石垣市は市街地と北部・東部とで学校規模に…
#ブラタモリ が石垣島だったとのことで、 論文を紹介!   「へき地における小規模な小中併設校のもつ意義と課題  ―沖縄県石垣市および竹富町の事例を中心に―」 https://t.co/Tc9bes1Fed 石垣市は市街地と北部・東部とで学校規模に大きな差があります。 小中一貫教育や小規模校にご関心のある方に!
RT @ktgis: ヤマビルなんてどこの山にもいるもんだと思っていたが、意外と生息地は広くなかったらしい。https://t.co/LfMFm9ZUc8
RT @ajgeog: 【地理学評論掲載論文】吉田英嗣・須貝俊彦・坂口 一 2005.利根川・吾妻川合流点付近の河川地形発達に及ぼす前橋泥流イベントの影響,地理学評論78,649-660.https://t.co/IBicph59LU
RT @Naga_Kyoto: 上田元「領域性概念と帰属意識 -諸概念の展開とそのメタ地理学的反省」 https://t.co/pzIuviVJar ・「本能」としての理解→「帰属意識」との結合 ・社会と空間の同一視 https://t.co/WWnHMZyCzU
立法調査資料『#調査と情報-ISSUE BRIEF-』No.1167「令和4年度税制改正案の概要」(PDF:541 KB)を掲載しました https://t.co/BIwPFKQRET
RT @RuNoE_nanoda: @Otowa_Simu この解説記事おもしろいですよ。 CiNii 論文 - 地理学におけるジェンダー研究-空間に潜むジェンダー関係への着目- https://t.co/oUjEHQqM74 #CiNii
RT @Otowa_Simu: かつて静岡市は「静岡方式」と呼ばれる大変厳しい出店規制をかけていたのをご存じでしょうか https://t.co/UwjjhmG23S
かつて静岡市は「静岡方式」と呼ばれる大変厳しい出店規制をかけていたのをご存じでしょうか https://t.co/UwjjhmG23S https://t.co/Qx2RzSEaoD
RT @holysen: CiNii 論文 -  「メンヘラ」の歴史と使用に関する一考察 https://t.co/7ICrXCigKr #CiNii 誰かがやるべきだったことをついにやる人が出てきていたんだな。気づかなかった。
戦前の科目「地理」への男女の認識の差。明治31年の調査ではあまり性差が見られない。大正9年は男のほうがやや地理好きな傾向。(地理は好かれも嫌われもしない地味な科目と言えるかもしれない…) #地理と性差 田中耕三「現場から見た地理教育の現状への疑問と課題」 https://t.co/8My8aWDoJI https://t.co/SkoJdzWroq
立法調査資料『#調査と情報-ISSUE BRIEF-』No.1166「災害と土地利用規制」(PDF:447 KB)を掲載しました https://t.co/ATnVoEvIsk
RT @HMC_UTokyo: 元HMCスタッフ川村朋貴 著『扉の向こうの帝国――「イースタン・バンク」発生史論――』の書評(久末 亮一 @ide_jetro )が掲載されました
RT @Naga_Kyoto: 吉城 秀治, 辰巳 浩, 堤 香代子「幼少期における都心および郊外型SCでの思い出と商業地選好意識との関係」 https://t.co/cEuqMGd4RT >都心で退屈な時間を過ごした経験や怒られるといった経験が今なお記憶として残っていることが…
RT @Naga_Kyoto: 吉城 秀治, 辰巳 浩, 堤 香代子「幼少期における都心および郊外型SCでの思い出と商業地選好意識との関係」 https://t.co/cEuqMGd4RT >都心で退屈な時間を過ごした経験や怒られるといった経験が今なお記憶として残っていることが…
吉城 秀治, 辰巳 浩, 堤 香代子「幼少期における都心および郊外型SCでの思い出と商業地選好意識との関係」 https://t.co/cEuqMGd4RT >都心で退屈な時間を過ごした経験や怒られるといった経験が今なお記憶として残っていることが、都心ではなく郊外型SCを選好させる要因になり得る
RT @g9e1o7: さっそくJ-STAGEに公開されていたので報告です 『東日本大震災での高速交通機関の補完関係と復興期における動向』(季刊地理学73-3) https://t.co/g24jj3f6o6

フォロワー(526ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

1 1 1 1 OA 永代大雑書

@mujo_kun 陰ながら合力仕る https://t.co/2RiW1LE6HX
RT @morita11: “CiNii 論文 - 古墳の祟り・再考 : 怪異学の視点から (特集 遺跡のなかの民俗学)” https://t.co/oaWIQRKbsW
RT @daichizu: #ブラタモリ が石垣島だったとのことで、 論文を紹介!   「へき地における小規模な小中併設校のもつ意義と課題  ―沖縄県石垣市および竹富町の事例を中心に―」 https://t.co/Tc9bes1Fed 石垣市は市街地と北部・東部とで学校規模に…
RT @ktgis: ヤマビルなんてどこの山にもいるもんだと思っていたが、意外と生息地は広くなかったらしい。https://t.co/LfMFm9ZUc8
RT @ajgeog: 【地理学評論掲載論文】吉田英嗣・須貝俊彦・坂口 一 2005.利根川・吾妻川合流点付近の河川地形発達に及ぼす前橋泥流イベントの影響,地理学評論78,649-660.https://t.co/IBicph59LU
RT @Naga_Kyoto: 上田元「領域性概念と帰属意識 -諸概念の展開とそのメタ地理学的反省」 https://t.co/pzIuviVJar ・「本能」としての理解→「帰属意識」との結合 ・社会と空間の同一視 https://t.co/WWnHMZyCzU
RT @holysen: CiNii 論文 -  「メンヘラ」の歴史と使用に関する一考察 https://t.co/7ICrXCigKr #CiNii 誰かがやるべきだったことをついにやる人が出てきていたんだな。気づかなかった。
RT @RuNoE_nanoda: @Otowa_Simu この解説記事おもしろいですよ。 CiNii 論文 - 地理学におけるジェンダー研究-空間に潜むジェンダー関係への着目- https://t.co/oUjEHQqM74 #CiNii
RT @Otowa_Simu: かつて静岡市は「静岡方式」と呼ばれる大変厳しい出店規制をかけていたのをご存じでしょうか https://t.co/UwjjhmG23S
かつて静岡市は「静岡方式」と呼ばれる大変厳しい出店規制をかけていたのをご存じでしょうか https://t.co/UwjjhmG23S https://t.co/Qx2RzSEaoD
RT @holysen: CiNii 論文 -  「メンヘラ」の歴史と使用に関する一考察 https://t.co/7ICrXCigKr #CiNii 誰かがやるべきだったことをついにやる人が出てきていたんだな。気づかなかった。
戦前の科目「地理」への男女の認識の差。明治31年の調査ではあまり性差が見られない。大正9年は男のほうがやや地理好きな傾向。(地理は好かれも嫌われもしない地味な科目と言えるかもしれない…) #地理と性差 田中耕三「現場から見た地理教育の現状への疑問と課題」 https://t.co/8My8aWDoJI https://t.co/SkoJdzWroq
RT @Naga_Kyoto: 吉城 秀治, 辰巳 浩, 堤 香代子「幼少期における都心および郊外型SCでの思い出と商業地選好意識との関係」 https://t.co/cEuqMGd4RT >都心で退屈な時間を過ごした経験や怒られるといった経験が今なお記憶として残っていることが…
RT @Naga_Kyoto: 吉城 秀治, 辰巳 浩, 堤 香代子「幼少期における都心および郊外型SCでの思い出と商業地選好意識との関係」 https://t.co/cEuqMGd4RT >都心で退屈な時間を過ごした経験や怒られるといった経験が今なお記憶として残っていることが…
吉城 秀治, 辰巳 浩, 堤 香代子「幼少期における都心および郊外型SCでの思い出と商業地選好意識との関係」 https://t.co/cEuqMGd4RT >都心で退屈な時間を過ごした経験や怒られるといった経験が今なお記憶として残っていることが、都心ではなく郊外型SCを選好させる要因になり得る
RT @g9e1o7: さっそくJ-STAGEに公開されていたので報告です 『東日本大震災での高速交通機関の補完関係と復興期における動向』(季刊地理学73-3) https://t.co/g24jj3f6o6