○○○○番目の反歴史修正主義bot(日本政府に対 (@s37311273063)

投稿一覧(最新100件)

「旧韓末北関地域経済と内外交易」(1990年、梶村秀樹) https://t.co/l7Jwc6Dhe3 ・梶村秀樹最晩年の論考。韓国が民主化のピークをむかえている時点で、経済史に立ち戻っていることには深い意味があるとみるべき。
「日本植民地研究の回顧と展望 : 朝鮮史を中心に」 https://t.co/qNPT4Hel61 ・日本の植民地朝鮮研究の歴史が概説されている。梶村秀樹にももちろん言及されている。 ただし、専門家向けのものなので、けっこう読むのが難しい。
「梶村秀樹の「未発の契機」 : 植民地歴史叙述と近代批判」(2013年、車承棋) https://t.co/eEFMJMmhX7 ・梶村秀樹という歴史家が歴史記述の何を変革したのか、それを明らかにした論文。私見では、この論文を無視して梶村秀樹を語ることはもはやできない。
「日本「戦後歴史学」の展開と未完の梶村史学 : 国家と民衆はいかに(再)発見されたか」(戸邉秀明) https://t.co/IcAMUzGNmY ・戦後歴史学という観点から梶村秀樹の成果を論じた論考。戸邉氏の本来の専門は沖縄史。専門の論文も興味深いものが多い。
「一九八七年の韓国情勢」(1990年) https://t.co/2WAiLToOMy ・梶村秀樹の韓国情勢報告。まずは民主化のピークという事実を厳粛に受け止めるべし。
「朝鮮東北部の社会変容と植民地支配 : 清津港の建設をめぐって」(加藤圭木) https://t.co/A07UVT0nkY 梶村秀樹の最晩年の論考の問題をひきついだ論考。筆者の加藤氏は吉見裁判への応援や、植民地朝鮮における公害… https://t.co/743xHbtLo3
「<講演記録>中国山西省における日本軍性暴力に関する調査について」(石田米子) https://t.co/P36fQyoPOG … ・『黄土の村の性暴力』への入門ともいえる講演。前例のない条件下での聞き取り経験のすぐれた報告ともい… https://t.co/BKekUw9nwI
「旧韓末北関地域経済と内外交易」(1990年、梶村秀樹) https://t.co/l7Jwc6Dhe3 ・梶村秀樹最晩年の論考。韓国が民主化のピークをむかえている時点で、経済史に立ち戻っていることには深い意味があるとみるべき。
「日本植民地研究の回顧と展望 : 朝鮮史を中心に」 https://t.co/qNPT4Hel61 ・日本の植民地朝鮮研究の歴史が概説されている。梶村秀樹にももちろん言及されている。 ただし、専門家向けのものなので、けっこう読むのが難しい。
「梶村秀樹の「未発の契機」 : 植民地歴史叙述と近代批判」(2013年、車承棋) https://t.co/eEFMJM4H5z ・梶村秀樹という歴史家が歴史記述の何を変革したのか、それを明らかにした論文。私見では、この論文を無視して梶村秀樹を語ることはもはやできない。
「日本「戦後歴史学」の展開と未完の梶村史学 : 国家と民衆はいかに(再)発見されたか」(戸邉秀明) https://t.co/IcAMUzpcvq ・戦後歴史学という観点から梶村秀樹の成果を論じた論考。戸邉氏の本来の専門は沖縄史。専門の論文も興味深いものが多い。
「一九八七年の韓国情勢」(1990年) https://t.co/2WAiLT7dV0 ・梶村秀樹の韓国情勢報告。まずは民主化のピークという事実を厳粛に受け止めるべし。
「朝鮮東北部の社会変容と植民地支配 : 清津港の建設をめぐって」(加藤圭木) https://t.co/A07UVThYJy 梶村秀樹の最晩年の論考の問題をひきついだ論考。筆者の加藤氏は吉見裁判への応援や、植民地朝鮮における公害… https://t.co/6MD4Vnea05
「<講演記録>中国山西省における日本軍性暴力に関する調査について」(石田米子) https://t.co/P36fQyGrdg … ・『黄土の村の性暴力』への入門ともいえる講演。前例のない条件下での聞き取り経験のすぐれた報告ともい… https://t.co/upbdL0Tz9z
「旧韓末北関地域経済と内外交易」(1990年、梶村秀樹) https://t.co/l7Jwc6Dhe3 ・梶村秀樹最晩年の論考。韓国が民主化のピークをむかえている時点で、経済史に立ち戻っていることには深い意味があるとみるべき。
「日本植民地研究の回顧と展望 : 朝鮮史を中心に」 https://t.co/qNPT4Hel61 ・日本の植民地朝鮮研究の歴史が概説されている。梶村秀樹にももちろん言及されている。 ただし、専門家向けのものなので、けっこう読むのが難しい。
「梶村秀樹の「未発の契機」 : 植民地歴史叙述と近代批判」(2013年、車承棋) https://t.co/eEFMJMmhX7 ・梶村秀樹という歴史家が歴史記述の何を変革したのか、それを明らかにした論文。私見では、この論文を無視して梶村秀樹を語ることはもはやできない。
「日本「戦後歴史学」の展開と未完の梶村史学 : 国家と民衆はいかに(再)発見されたか」(戸邉秀明) https://t.co/IcAMUzGNmY ・戦後歴史学という観点から梶村秀樹の成果を論じた論考。戸邉氏の本来の専門は沖縄史。専門の論文も興味深いものが多い。
「一九八七年の韓国情勢」(1990年) https://t.co/2WAiLToOMy ・梶村秀樹の韓国情勢報告。まずは民主化のピークという事実を厳粛に受け止めるべし。
「朝鮮東北部の社会変容と植民地支配 : 清津港の建設をめぐって」(加藤圭木) https://t.co/A07UVT0nkY 梶村秀樹の最晩年の論考の問題をひきついだ論考。筆者の加藤氏は吉見裁判への応援や、植民地朝鮮における公害… https://t.co/sPfDze89NI
「<講演記録>中国山西省における日本軍性暴力に関する調査について」(石田米子) https://t.co/P36fQyoPOG … ・『黄土の村の性暴力』への入門ともいえる講演。前例のない条件下での聞き取り経験のすぐれた報告ともい… https://t.co/Unr8FWkgws
「旧韓末北関地域経済と内外交易」(1990年、梶村秀樹) https://t.co/l7Jwc6Dhe3 ・梶村秀樹最晩年の論考。韓国が民主化のピークをむかえている時点で、経済史に立ち戻っていることには深い意味があるとみるべき。
「日本植民地研究の回顧と展望 : 朝鮮史を中心に」 https://t.co/qNPT4Hel61 ・日本の植民地朝鮮研究の歴史が概説されている。梶村秀樹にももちろん言及されている。 ただし、専門家向けのものなので、けっこう読むのが難しい。
「梶村秀樹の「未発の契機」 : 植民地歴史叙述と近代批判」(2013年、車承棋) https://t.co/eEFMJMmhX7 ・梶村秀樹という歴史家が歴史記述の何を変革したのか、それを明らかにした論文。私見では、この論文を無視して梶村秀樹を語ることはもはやできない。
「日本「戦後歴史学」の展開と未完の梶村史学 : 国家と民衆はいかに(再)発見されたか」(戸邉秀明) https://t.co/IcAMUzGNmY ・戦後歴史学という観点から梶村秀樹の成果を論じた論考。戸邉氏の本来の専門は沖縄史。専門の論文も興味深いものが多い。
「一九八七年の韓国情勢」(1990年) https://t.co/2WAiLToOMy ・梶村秀樹の韓国情勢報告。まずは民主化のピークという事実を厳粛に受け止めるべし。
「朝鮮東北部の社会変容と植民地支配 : 清津港の建設をめぐって」(加藤圭木) https://t.co/A07UVT0nkY 梶村秀樹の最晩年の論考の問題をひきついだ論考。筆者の加藤氏は吉見裁判への応援や、植民地朝鮮における公害… https://t.co/mPfliOctt0
「<講演記録>中国山西省における日本軍性暴力に関する調査について」(石田米子) https://t.co/P36fQyoPOG … ・『黄土の村の性暴力』への入門ともいえる講演。前例のない条件下での聞き取り経験のすぐれた報告ともい… https://t.co/WdL9TFoP9Z
「旧韓末北関地域経済と内外交易」(1990年、梶村秀樹) https://t.co/l7Jwc6Dhe3 ・梶村秀樹最晩年の論考。韓国が民主化のピークをむかえている時点で、経済史に立ち戻っていることには深い意味があるとみるべき。
「日本植民地研究の回顧と展望 : 朝鮮史を中心に」 https://t.co/qNPT4Hel61 ・日本の植民地朝鮮研究の歴史が概説されている。梶村秀樹にももちろん言及されている。 ただし、専門家向けのものなので、けっこう読むのが難しい。
「梶村秀樹の「未発の契機」 : 植民地歴史叙述と近代批判」(2013年、車承棋) https://t.co/eEFMJMmhX7 ・梶村秀樹という歴史家が歴史記述の何を変革したのか、それを明らかにした論文。私見では、この論文を無視して梶村秀樹を語ることはもはやできない。
「日本「戦後歴史学」の展開と未完の梶村史学 : 国家と民衆はいかに(再)発見されたか」(戸邉秀明) https://t.co/IcAMUzGNmY ・戦後歴史学という観点から梶村秀樹の成果を論じた論考。戸邉氏の本来の専門は沖縄史。専門の論文も興味深いものが多い。
「一九八七年の韓国情勢」(1990年) https://t.co/2WAiLToOMy ・梶村秀樹の韓国情勢報告。まずは民主化のピークという事実を厳粛に受け止めるべし。
「朝鮮東北部の社会変容と植民地支配 : 清津港の建設をめぐって」(加藤圭木) https://t.co/A07UVT0nkY 梶村秀樹の最晩年の論考の問題をひきついだ論考。筆者の加藤氏は吉見裁判への応援や、植民地朝鮮における公害… https://t.co/TMIJXZodyF
「<講演記録>中国山西省における日本軍性暴力に関する調査について」(石田米子) https://t.co/P36fQyoPOG … ・『黄土の村の性暴力』への入門ともいえる講演。前例のない条件下での聞き取り経験のすぐれた報告ともい… https://t.co/1tvtIkeKs2
「旧韓末北関地域経済と内外交易」(1990年、梶村秀樹) https://t.co/l7Jwc6Dhe3 ・梶村秀樹最晩年の論考。韓国が民主化のピークをむかえている時点で、経済史に立ち戻っていることには深い意味があるとみるべき。
「日本植民地研究の回顧と展望 : 朝鮮史を中心に」 https://t.co/qNPT4Hel61 ・日本の植民地朝鮮研究の歴史が概説されている。梶村秀樹にももちろん言及されている。 ただし、専門家向けのものなので、けっこう読むのが難しい。
「梶村秀樹の「未発の契機」 : 植民地歴史叙述と近代批判」(2013年、車承棋) https://t.co/eEFMJMmhX7 ・梶村秀樹という歴史家が歴史記述の何を変革したのか、それを明らかにした論文。私見では、この論文を無視して梶村秀樹を語ることはもはやできない。
「日本「戦後歴史学」の展開と未完の梶村史学 : 国家と民衆はいかに(再)発見されたか」(戸邉秀明) https://t.co/IcAMUzGNmY ・戦後歴史学という観点から梶村秀樹の成果を論じた論考。戸邉氏の本来の専門は沖縄史。専門の論文も興味深いものが多い。
「一九八七年の韓国情勢」(1990年) https://t.co/2WAiLToOMy ・梶村秀樹の韓国情勢報告。まずは民主化のピークという事実を厳粛に受け止めるべし。
「朝鮮東北部の社会変容と植民地支配 : 清津港の建設をめぐって」(加藤圭木) https://t.co/A07UVT0nkY 梶村秀樹の最晩年の論考の問題をひきついだ論考。筆者の加藤氏は吉見裁判への応援や、植民地朝鮮における公害… https://t.co/sP0fowqN3z
「<講演記録>中国山西省における日本軍性暴力に関する調査について」(石田米子) https://t.co/P36fQyoPOG … ・『黄土の村の性暴力』への入門ともいえる講演。前例のない条件下での聞き取り経験のすぐれた報告ともい… https://t.co/E20k1Rp4eA
「旧韓末北関地域経済と内外交易」(1990年、梶村秀樹) https://t.co/l7Jwc6Dhe3 ・梶村秀樹最晩年の論考。韓国が民主化のピークをむかえている時点で、経済史に立ち戻っていることには深い意味があるとみるべき。
「日本植民地研究の回顧と展望 : 朝鮮史を中心に」 https://t.co/qNPT4Hel61 ・日本の植民地朝鮮研究の歴史が概説されている。梶村秀樹にももちろん言及されている。 ただし、専門家向けのものなので、けっこう読むのが難しい。
「梶村秀樹の「未発の契機」 : 植民地歴史叙述と近代批判」(2013年、車承棋) https://t.co/eEFMJMmhX7 ・梶村秀樹という歴史家が歴史記述の何を変革したのか、それを明らかにした論文。私見では、この論文を無視して梶村秀樹を語ることはもはやできない。
「日本「戦後歴史学」の展開と未完の梶村史学 : 国家と民衆はいかに(再)発見されたか」(戸邉秀明) https://t.co/IcAMUzGNmY ・戦後歴史学という観点から梶村秀樹の成果を論じた論考。戸邉氏の本来の専門は沖縄史。専門の論文も興味深いものが多い。
「一九八七年の韓国情勢」(1990年) https://t.co/2WAiLToOMy ・梶村秀樹の韓国情勢報告。まずは民主化のピークという事実を厳粛に受け止めるべし。
「朝鮮東北部の社会変容と植民地支配 : 清津港の建設をめぐって」(加藤圭木) https://t.co/A07UVT0nkY 梶村秀樹の最晩年の論考の問題をひきついだ論考。筆者の加藤氏は吉見裁判への応援や、植民地朝鮮における公害… https://t.co/bQb1fMTgZN
「<講演記録>中国山西省における日本軍性暴力に関する調査について」(石田米子) https://t.co/P36fQyoPOG … ・『黄土の村の性暴力』への入門ともいえる講演。前例のない条件下での聞き取り経験のすぐれた報告ともい… https://t.co/jjAn91SH5A
「旧韓末北関地域経済と内外交易」(1990年、梶村秀樹) https://t.co/l7Jwc6Dhe3 ・梶村秀樹最晩年の論考。韓国が民主化のピークをむかえている時点で、経済史に立ち戻っていることには深い意味があるとみるべき。
「日本植民地研究の回顧と展望 : 朝鮮史を中心に」 https://t.co/qNPT4Hel61 ・日本の植民地朝鮮研究の歴史が概説されている。梶村秀樹にももちろん言及されている。 ただし、専門家向けのものなので、けっこう読むのが難しい。
「梶村秀樹の「未発の契機」 : 植民地歴史叙述と近代批判」(2013年、車承棋) https://t.co/eEFMJMmhX7 ・梶村秀樹という歴史家が歴史記述の何を変革したのか、それを明らかにした論文。私見では、この論文を無視して梶村秀樹を語ることはもはやできない。
「日本「戦後歴史学」の展開と未完の梶村史学 : 国家と民衆はいかに(再)発見されたか」(戸邉秀明) https://t.co/IcAMUzGNmY ・戦後歴史学という観点から梶村秀樹の成果を論じた論考。戸邉氏の本来の専門は沖縄史。専門の論文も興味深いものが多い。
「一九八七年の韓国情勢」(1990年) https://t.co/2WAiLT7dV0 ・梶村秀樹の韓国情勢報告。まずは民主化のピークという事実を厳粛に受け止めるべし。
「朝鮮東北部の社会変容と植民地支配 : 清津港の建設をめぐって」(加藤圭木) https://t.co/A07UVT0nkY 梶村秀樹の最晩年の論考の問題をひきついだ論考。筆者の加藤氏は吉見裁判への応援や、植民地朝鮮における公害… https://t.co/pKk288A4GE
「<講演記録>中国山西省における日本軍性暴力に関する調査について」(石田米子) https://t.co/P36fQyoPOG … ・『黄土の村の性暴力』への入門ともいえる講演。前例のない条件下での聞き取り経験のすぐれた報告ともい… https://t.co/S0N1CvPgJe
「旧韓末北関地域経済と内外交易」(1990年、梶村秀樹) https://t.co/l7Jwc6Dhe3 ・梶村秀樹最晩年の論考。韓国が民主化のピークをむかえている時点で、経済史に立ち戻っていることには深い意味があるとみるべき。
「日本植民地研究の回顧と展望 : 朝鮮史を中心に」 https://t.co/qNPT4Hel61 ・日本の植民地朝鮮研究の歴史が概説されている。梶村秀樹にももちろん言及されている。 ただし、専門家向けのものなので、けっこう読むのが難しい。
「梶村秀樹の「未発の契機」 : 植民地歴史叙述と近代批判」(2013年、車承棋) https://t.co/eEFMJMmhX7 ・梶村秀樹という歴史家が歴史記述の何を変革したのか、それを明らかにした論文。私見では、この論文を無視して梶村秀樹を語ることはもはやできない。
「日本「戦後歴史学」の展開と未完の梶村史学 : 国家と民衆はいかに(再)発見されたか」(戸邉秀明) https://t.co/IcAMUzGNmY ・戦後歴史学という観点から梶村秀樹の成果を論じた論考。戸邉氏の本来の専門は沖縄史。専門の論文も興味深いものが多い。
「一九八七年の韓国情勢」(1990年) https://t.co/2WAiLToOMy ・梶村秀樹の韓国情勢報告。まずは民主化のピークという事実を厳粛に受け止めるべし。
「朝鮮東北部の社会変容と植民地支配 : 清津港の建設をめぐって」(加藤圭木) https://t.co/A07UVT0nkY 梶村秀樹の最晩年の論考の問題をひきついだ論考。筆者の加藤氏は吉見裁判への応援や、植民地朝鮮における公害… https://t.co/soCtYYwJRp
「<講演記録>中国山西省における日本軍性暴力に関する調査について」(石田米子) https://t.co/P36fQyoPOG … ・『黄土の村の性暴力』への入門ともいえる講演。前例のない条件下での聞き取り経験のすぐれた報告ともい… https://t.co/3vUpberp7I
「旧韓末北関地域経済と内外交易」(1990年、梶村秀樹) https://t.co/l7Jwc6Dhe3 ・梶村秀樹最晩年の論考。韓国が民主化のピークをむかえている時点で、経済史に立ち戻っていることには深い意味があるとみるべき。
「<講演記録>中国山西省における日本軍性暴力に関する調査について」(石田米子) https://t.co/P36fQyoPOG … ・『黄土の村の性暴力』への入門ともいえる講演。前例のない条件下での聞き取り経験のすぐれた報告ともい… https://t.co/VFBRRcYO1H
「旧韓末北関地域経済と内外交易」(1990年、梶村秀樹) https://t.co/l7Jwc6Dhe3 ・梶村秀樹最晩年の論考。韓国が民主化のピークをむかえている時点で、経済史に立ち戻っていることには深い意味があるとみるべき。
「<講演記録>中国山西省における日本軍性暴力に関する調査について」(石田米子) https://t.co/P36fQyoPOG … ・『黄土の村の性暴力』への入門ともいえる講演。前例のない条件下での聞き取り経験のすぐれた報告ともい… https://t.co/TOhNpPJbkA
「朝鮮東北部の社会変容と植民地支配 : 清津港の建設をめぐって」(加藤圭木) https://t.co/A07UVT0nkY 梶村秀樹の最晩年の論考の問題をひきついだ論考。筆者の加藤氏は吉見裁判への応援や、植民地朝鮮における公害… https://t.co/ngbQDxXc9x
「<講演記録>中国山西省における日本軍性暴力に関する調査について」(石田米子) https://t.co/P36fQyoPOG … ・『黄土の村の性暴力』への入門ともいえる講演。前例のない条件下での聞き取り経験のすぐれた報告ともい… https://t.co/xQWMEAQlTN
「日本植民地研究の回顧と展望 : 朝鮮史を中心に」 https://t.co/qNPT4Hel61 ・日本の植民地朝鮮研究の歴史が概説されている。梶村秀樹にももちろん言及されている。 ただし、専門家向けのものなので、けっこう読むのが難しい。
「日本「戦後歴史学」の展開と未完の梶村史学 : 国家と民衆はいかに(再)発見されたか」(戸邉秀明) https://t.co/IcAMUzGNmY ・戦後歴史学という観点から梶村秀樹の成果を論じた論考。戸邉氏の本来の専門は沖縄史。専門の論文も興味深いものが多い。
「一九八七年の韓国情勢」(1990年) https://t.co/2WAiLToOMy ・梶村秀樹の韓国情勢報告。まずは民主化のピークという事実を厳粛に受け止めるべし。
「梶村秀樹の「未発の契機」 : 植民地歴史叙述と近代批判」(2013年、車承棋) https://t.co/eEFMJMmhX7 ・梶村秀樹という歴史家が歴史記述の何を変革したのか、それを明らかにした論文。私見では、この論文を無視して梶村秀樹を語ることはもはやできない。
「朝鮮東北部の社会変容と植民地支配 : 清津港の建設をめぐって」(加藤圭木) https://t.co/A07UVT0nkY 梶村秀樹の最晩年の論考の問題をひきついだ論考。筆者の加藤氏は吉見裁判への応援や、植民地朝鮮における公害… https://t.co/UqjJ88jC9E
「旧韓末北関地域経済と内外交易」(1990年、梶村秀樹) https://t.co/l7Jwc6Dhe3 ・梶村秀樹最晩年の論考。韓国が民主化のピークをむかえている時点で、経済史に立ち戻っていることには深い意味があるとみるべき。
「朝鮮東北部の社会変容と植民地支配 : 清津港の建設をめぐって」(加藤圭木) https://t.co/A07UVT0nkY 梶村秀樹の最晩年の論考の問題をひきついだ論考。筆者の加藤氏は吉見裁判への応援や、植民地朝鮮における公害… https://t.co/AoXu9CXikR
「日本植民地研究の回顧と展望 : 朝鮮史を中心に」 https://t.co/qNPT4Hel61 ・日本の植民地朝鮮研究の歴史が概説されている。梶村秀樹にももちろん言及されている。 ただし、専門家向けのものなので、けっこう読むのが難しい。
「一九八七年の韓国情勢」(1990年) https://t.co/2WAiLToOMy ・梶村秀樹の韓国情勢報告。まずは民主化のピークという事実を厳粛に受け止めるべし。
「朝鮮東北部の社会変容と植民地支配 : 清津港の建設をめぐって」(加藤圭木) https://t.co/A07UVT0nkY 梶村秀樹の最晩年の論考の問題をひきついだ論考。筆者の加藤氏は吉見裁判への応援や、植民地朝鮮における公害… https://t.co/QBEyc6buxr
「日本植民地研究の回顧と展望 : 朝鮮史を中心に」 https://t.co/qNPT4Hel61 ・日本の植民地朝鮮研究の歴史が概説されている。梶村秀樹にももちろん言及されている。 ただし、専門家向けのものなので、けっこう読むのが難しい。
「一九八七年の韓国情勢」(1990年) https://t.co/2WAiLToOMy ・梶村秀樹の韓国情勢報告。まずは民主化のピークという事実を厳粛に受け止めるべし。
「朝鮮東北部の社会変容と植民地支配 : 清津港の建設をめぐって」(加藤圭木) https://t.co/A07UVT0nkY 梶村秀樹の最晩年の論考の問題をひきついだ論考。筆者の加藤氏は吉見裁判への応援や、植民地朝鮮における公害… https://t.co/vGkNYGgvzx
「旧韓末北関地域経済と内外交易」(1990年、梶村秀樹) https://t.co/l7Jwc6Dhe3 ・梶村秀樹最晩年の論考。韓国が民主化のピークをむかえている時点で、経済史に立ち戻っていることには深い意味があるとみるべき。
「<講演記録>中国山西省における日本軍性暴力に関する調査について」(石田米子) https://t.co/P36fQyoPOG … ・『黄土の村の性暴力』への入門ともいえる講演。前例のない条件下での聞き取り経験のすぐれた報告ともい… https://t.co/x881zzev8X
「<講演記録>中国山西省における日本軍性暴力に関する調査について」(石田米子) https://t.co/P36fQyoPOG … ・『黄土の村の性暴力』への入門ともいえる講演。前例のない条件下での聞き取り経験のすぐれた報告ともい… https://t.co/2flQGCKdmN
「梶村秀樹の「未発の契機」 : 植民地歴史叙述と近代批判」(2013年、車承棋) https://t.co/eEFMJMmhX7 ・梶村秀樹という歴史家が歴史記述の何を変革したのか、それを明らかにした論文。私見では、この論文を無視して梶村秀樹を語ることはもはやできない。
「一九八七年の韓国情勢」(1990年) https://t.co/2WAiLToOMy ・梶村秀樹の韓国情勢報告。まずは民主化のピークという事実を厳粛に受け止めるべし。
「朝鮮東北部の社会変容と植民地支配 : 清津港の建設をめぐって」(加藤圭木) https://t.co/A07UVT0nkY 梶村秀樹の最晩年の論考の問題をひきついだ論考。筆者の加藤氏は吉見裁判への応援や、植民地朝鮮における公害… https://t.co/PBU5SiRXFC
「<講演記録>中国山西省における日本軍性暴力に関する調査について」(石田米子) https://t.co/P36fQyoPOG … ・『黄土の村の性暴力』への入門ともいえる講演。前例のない条件下での聞き取り経験のすぐれた報告ともい… https://t.co/0oited6LC1
「<講演記録>中国山西省における日本軍性暴力に関する調査について」(石田米子) https://t.co/P36fQyoPOG … ・『黄土の村の性暴力』への入門ともいえる講演。前例のない条件下での聞き取り経験のすぐれた報告ともい… https://t.co/Ppi9qESJM3
「旧韓末北関地域経済と内外交易」(1990年、梶村秀樹) https://t.co/l7Jwc6Dhe3 ・梶村秀樹最晩年の論考。韓国が民主化のピークをむかえている時点で、経済史に立ち戻っていることには深い意味があるとみるべき。
「朝鮮東北部の社会変容と植民地支配 : 清津港の建設をめぐって」(加藤圭木) https://t.co/A07UVT0nkY 梶村秀樹の最晩年の論考の問題をひきついだ論考。筆者の加藤氏は吉見裁判への応援や、植民地朝鮮における公害… https://t.co/I1S94GBh4p
「旧韓末北関地域経済と内外交易」(1990年、梶村秀樹) https://t.co/l7Jwc6Dhe3 ・梶村秀樹最晩年の論考。韓国が民主化のピークをむかえている時点で、経済史に立ち戻っていることには深い意味があるとみるべき。
「旧韓末北関地域経済と内外交易」(1990年、梶村秀樹) https://t.co/l7Jwc6Dhe3 ・梶村秀樹最晩年の論考。韓国が民主化のピークをむかえている時点で、経済史に立ち戻っていることには深い意味があるとみるべき。
「日本植民地研究の回顧と展望 : 朝鮮史を中心に」 https://t.co/qNPT4Hel61 ・日本の植民地朝鮮研究の歴史が概説されている。梶村秀樹にももちろん言及されている。 ただし、専門家向けのものなので、けっこう読むのが難しい。
「<講演記録>中国山西省における日本軍性暴力に関する調査について」(石田米子) https://t.co/P36fQyoPOG … ・『黄土の村の性暴力』への入門ともいえる講演。前例のない条件下での聞き取り経験のすぐれた報告ともい… https://t.co/CgTbxL6D2H
「旧韓末北関地域経済と内外交易」(1990年、梶村秀樹) https://t.co/l7Jwc6Dhe3 ・梶村秀樹最晩年の論考。韓国が民主化のピークをむかえている時点で、経済史に立ち戻っていることには深い意味があるとみるべき。
「日本植民地研究の回顧と展望 : 朝鮮史を中心に」 https://t.co/qNPT4Hel61 ・日本の植民地朝鮮研究の歴史が概説されている。梶村秀樹にももちろん言及されている。 ただし、専門家向けのものなので、けっこう読むのが難しい。
「一九八七年の韓国情勢」(1990年) https://t.co/2WAiLToOMy ・梶村秀樹の韓国情勢報告。まずは民主化のピークという事実を厳粛に受け止めるべし。
「朝鮮東北部の社会変容と植民地支配 : 清津港の建設をめぐって」(加藤圭木) https://t.co/A07UVT0nkY 梶村秀樹の最晩年の論考の問題をひきついだ論考。筆者の加藤氏は吉見裁判への応援や、植民地朝鮮における公害… https://t.co/JPqmuu2m3z

お気に入り一覧(最新100件)

フォロー(189ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

CiNii 論文 -  藤原行成家族の葬送・追善仏事・忌日について https://t.co/qZptRupFg6 #CiNii
【LGBT/支援】「分科会 LGBT当事者への支援、家族への支援 : 電話相談を通して考える (姫路大会(2011年)記録)」フェミニストカウンセリング研究 9巻 pp.193-196 (2011) 日本フェミニストカウンセリング… https://t.co/lO22mzvjIz
CiNii 論文 -  北条氏照の領域支配 : 下野国小山領を中心に(駒沢史学会一九九五年度大会発表要旨,彙報) https://t.co/EnG1Gw5w79 #CiNii
CiNii 論文 -  山城国一揆前後における近隣諸国の動きについて https://t.co/56RAr7z1UY #CiNii
【LGBT/ライフヒストリー】堀川ユウキ「自分という性 (特集 LGBT--多様なセクシュアリティ) -- (虹色のライフヒストリー)」解放教育 41巻1号 pp.19-22 (2011-01) 明治図書出版 https://t.co/csvAhQlYq7

28 2 1 1 OA 元号と武家

CiNii 論文 -  元号と武家 https://t.co/HTTXscIZ2x #CiNii

43 4 4 2 OA 公家茶道の系譜

CiNii 論文 -  公家茶道の系譜 https://t.co/afu3Sq8Dws #CiNii
【LGBT/ライフヒストリー】あやこ「私の履歴書 (特集 LGBT--多様なセクシュアリティ) -- (虹色のライフヒストリー)」解放教育 41巻1号 pp.15-19 (2011-01) 明治図書出版 https://t.co/SFTYGoAw1E
【GID/特例法】渡邉泰彦「性別変更の要件の見直し : 性別適合手術と生殖能力について」産大法学 45巻1号 P.31-69 (2011-06) 京都産業大学 https://t.co/XnJUxojFtC [PDF]
【LGBT/ライフヒストリー】李 洋「誰にも言えない悩み (特集 LGBT--多様なセクシュアリティ) -- (虹色のライフヒストリー)」解放教育 41巻1号 pp.11-15 (2011-01) 明治図書出版 https://t.co/zx4NggHy39
【LGBT】二宮周平「性的少数者の権利保障と法の役割」法社会学77号(2012)P.88-106 (2012) 有斐閣 https://t.co/V6Be2cVD1w , https://t.co/3DCoU4AWDP [PDF]
【ヘテロセクシュアル/シスジェンダー】今井貴代子「ストレートシスジェンダーの性の話 : 「性の多様性」に与えられたもう一方の課題」解放教育 41巻1号 pp.22-25 (2011-01) 明治図書出版 https://t.co/JPsLBqvqu7
【LGBT】塩安九十九「高校生向け人権講座・セクシュアルマイノリティ入門 : もしも友だちがLGBTだったら?」セクシュアリティ 49号 pp.140-143 (2011-01) エイデル研究所 https://t.co/1gRXW3UhG1
【GID/心理学】執行照子「性の自己認知に及ぼす心理・社会的要因の影響 : 性同一性障害から考える」フェミニストカウンセリング研究 10巻 pp.45-54 (2012) 日本フェミニストカウンセリング学会 https://t.co/2EexY753Ag
CiNii 論文 -  中世後期における朝廷・公家社会秩序維持のコストについて : 拝賀儀礼の分析と朝儀の経済構造 https://t.co/tDGLmn2Ho1 #CiNii
CiNii 論文 -  武家百人一首と其の類列の百人一首 https://t.co/BwwLaYMADR #CiNii
【LGBT/職場環境】「アウトルック 企業におけるLGBT対応 「おネエ」だけじゃない 性的マイノリティとの共生を」週刊東洋経済 6389号 pp.150-151 (2012-04-28) 東洋経済新報社 https://t.co/Sz4I6POv90
CiNii 論文 -  焼酎の伝播の検証と,その後に於ける焼酎の技術的発展 https://t.co/AoIgjyQqpk #CiNii
CiNii 論文 -  『看聞日記』における病と死(1) https://t.co/kcUn6BD1zK #CiNii
【LGBT】「30人に1人の悩みでも、その中身は闇の中 LGBTと家族が抱える医療・介護・住宅の問題」週刊東洋経済6403号 p.129 (2012-07-14) 東洋経済新報社 https://t.co/YENjlRkB5l
CiNii 論文 -  「謙信公御書集」・「覚上公御書集」について https://t.co/smp4BiJYRA #CiNii
CiNii 論文 -  神代の幽契 : 愚管抄・春日驗記に見える藤原氏の神話の形成 https://t.co/bixx5TerxN #CiNii
【LGBT/アメリカ】河口和也「サンフランシスコの変容するLGBTコミュニティ」解放社会学研究 27号 pp.64-76 (2013 日本解放社会学会 https://t.co/MH0NDSZ5xx
CiNii 論文 -  徳川慶喜と松平慶永(森谷秀亮教授喜寿記念号) https://t.co/syAmdbF6pU #CiNii
【GID/就労】久井礼子「性同一性障害当事者の就労の現状と課題」GID (性同一性障害) 学会雑誌 4巻 P.6-15 (2011) https://t.co/jlo8SxffbB
CiNii 論文 -  足利義詮の禅宗信仰とその態度 https://t.co/b3KRpQJeDX #CiNii
【LGBT】村木真紀「誌上セミナー いま知っておきたい職場とLGBT」企業と人材 46巻1007号 pp.42-48 (2013-09) 産労総合研究所 https://t.co/fhMgZQD5ey
CiNii 論文 -  鎌倉幕府引付頭人小考 https://t.co/tbtI4Fz08B #CiNii
【LGBT/アメリカ/歴史】中野 聡「アメリカLGBT史のアプローチ : マイノリティ史からの行方」歴史評論 763号 pp.41-52 (2013-11) 校倉書房 https://t.co/4Gtn8vzbKF
CiNii 論文 -  『吾妻鏡』に見える日蝕記事の検証 : 東国武家社会における日蝕の扱い https://t.co/ibv9ji6RXH #CiNii
CiNii 論文 -  鎌倉幕府の<検断>に関する覚え書き(一) https://t.co/TKpz51RC6s #CiNii
【クィア研究/研究倫理】溝口彰子ほか「クィア領域における調査研究にまつわる倫理や手続きを考える : フィールドワーク経験にもとづくガイドライン試案」Gender and sexuality ICU 9号 pp.211-225 https://t.co/Ie8CRo1X0o
CiNii 論文 -  室町幕府外様衆の基礎的研究 https://t.co/viuLqaAwwp #CiNii
【LGBT】佐藤太郎「国際労働運動におけるLGBT」労働調査 525号 pp.25-28 (2013-11) 労働調査協議会 https://t.co/MtTC7ouSWa
CiNii 論文 -  群議・沙汰・評定 : 鎌倉幕府における合議制の起源 https://t.co/n3v7cgn7PD #CiNii
【G】金城克哉「インターネット上の出会い系掲示板を対象とした基礎的語彙調査」琉球大学欧米文化論集 (54), 1-21, (2010-03) 琉球大学法文学部 https://t.co/06OC1BJdkX [PDFリポジトリ]
CiNii 論文 -  鎮西探題の侍所とその博多市中における検断(治安警察)権 https://t.co/qrl3wh509N #CiNii
【クィア研究/当事者研究/研究倫理】杉浦郁子「「ピア」に対するローカルな研究倫理という課題 : 日本クィア学会会員有志による活動を通じて考えたこと」社会学研究 93号 pp.79-92 東北社会学研究会 https://t.co/GcPP1p6bdi [PDFリポジトリ]
【G】金城克哉「MSM出会い系掲示板における文末表現「っす」の用法について」Southern review 24号 P.85-89 (2010-02) 沖縄外国文学会 https://t.co/AiNqMUM8SD [PDFリポジトリ]
【LGBT】村木真紀「見えないマイノリティ : LGBTを職場で学ぶ」月刊社会教育 58巻1号 pp.45-48 (2014-01) 国土社 https://t.co/Df4be9wFJQ
RT @A_laragi: フェミニズムと知識/言語の社会学 : 江原由美子「権力作用」論の再考をとおして https://t.co/hKts8fJ5PU
【G】金城克哉「掘ってくれるタチいないっすか? : 沖縄県の出会い系掲示板投稿文の計量的分析」論叢クィア 3号 P.39-61 (2010) クィア学会 https://t.co/GqvMcWiCOX [PDFリポジトリ]
【LGBT/アメリカ/パレード】鎌田 遵「サンフランシスコLGBTパレード」部落解放 689号 pp.76-77 1-8 (2014-02) 解放出版社 https://t.co/6BO0zPy1PM
【性自認】中村美亜「ジェンダー・アイデンティティの実りある議論のために」日本性科学会雑誌 24巻2号 P.154-157 (2006-10-00) 日本性科学会 https://t.co/7ZMDLnU9Mq
【LGBT/報道】村木真紀「適切な理解と価値判断を : メディアに求められる視点とは (LGBTをめぐる問題をどう報じるか)」新聞研究 754号 pp.34-39 (2014-05) 日本新聞協会 https://t.co/zLntME1k8Q
【Gender/文学】十枝内康隆「Salome試論:性差を超えて」文化と言語 : 札幌大学外国語学部紀要 55巻 (p.91-99) 2001-10-31 札幌大学 https://t.co/qjK9Cup3II [PDF]
【LGBT/報道】丹野恒一「「実像」を正しく伝えるために : 当事者を取材・報道する意義と課題 (LGBTをめぐる問題をどう報じるか)」新聞研究 754号 pp.40-43 (2014-05) 日本新聞協会 https://t.co/gNq0f0hF0U
CiNii 論文 -  中世日本の謀叛について : 大逆罪・内乱罪研究の前提として https://t.co/Rvl1KSJAsI #CiNii
CiNii 論文 -  室町幕府 : 守護体制変容過程の研究(課程博士論文要旨) https://t.co/ggybxdEeyP #CiNii
【LGBT】二階堂友紀「「政治イシュー化」の必要性 : 社会的可視化を進めるには (LGBTをめぐる問題をどう報じるか)」新聞研究 754号 pp.44-47 (2014-05) 日本新聞協会 https://t.co/X5y7wXTxuD
CiNii 論文 -  鎌倉幕府守護管国統治機構について(中) https://t.co/D7pioDmg52 #CiNii
CiNii 論文 -  喧嘩両成敗法成立の法史上の意義に関する一試論 : 戦国大名武田氏の喧嘩処理を手がかりとして https://t.co/bbInutCzsn #CiNii
【LGBT】ブルボンヌ「新宿2丁目ブルボンヌママの虹の向こうへ(STAGE 1)虹の向こうへ動き始めた日本のLGBTシーン」金曜日 22巻21号 p.49 (2014-05-30) 金曜日 https://t.co/QcvVBR00pM
CiNii 論文 -  群議・沙汰・評定 : 鎌倉幕府における合議制の起源 https://t.co/n3v7cgn7PD #CiNii
CiNii 論文 -  石川淳「八幡縁起」考 https://t.co/GH7tCMSQmA #CiNii
【LGBT/学校教育】塩安九十九「学校におけるLGBTの教育 : いつどのように伝えていくか」ヒューマンライツ 316号 pp.16-21 (2014-07) 部落解放・人権研究所 https://t.co/QbwwJpOuwy
CiNii 論文 -  合戦史に現れた武蔵目代大石氏について https://t.co/7FVfXUtWEj #CiNii
CiNii 論文 -  荘園公領制における荘司をめぐる存在形態 https://t.co/YvRGnQthv8 #CiNii
【LGBT/高等教育機関】日高 庸晴「LGBT学生の存在を考える : キャンパス内でのダイバーシティ推進のために」大学時報 63巻358号 pp.76-83 (2014-09) 日本私立大学連盟 https://t.co/Duv00XBBdz
CiNii 論文 -  近代国民国家のイデオロギー装置と国民的偉人--楠木正成をめぐる明治期のふたつの出来事 https://t.co/zleIiiINii #CiNii
CiNii 論文 -  月舟寿桂と医学 -『幻雲文集』に見る五山と医家の接点- https://t.co/zhzKgZmn18 #CiNii
【TG】岡田 トリシャ「日本におけるトランスジェンダーのフィリピン人エンターティナー」ジェンダー研究21 早稲田大学ジェンダー研究所紀要 3巻 pp.51-63 (2013) 早稲田大学ジェンダー研究所 https://t.co/nhmuladikM
CiNii 論文 -  室町幕府と南蛮 : <足利の中華>の成立 (伊藤定良教授退任記念号) https://t.co/38B1tM7XhJ #CiNii
【LGT】杉山貴士「性的違和を抱える高校生の自己形成過程 : 学校文化の持つジェンダー規範・同性愛嫌悪再生産の視点から」技術マネジメント研究 5号 (2006) P.67-79 https://t.co/vH0yZkQY0d [PDFリポジトリ]
CiNii 論文 -  室町期興福寺における罪科免除について https://t.co/ovWHNBihvd #CiNii
【G/家計】神谷悠介「ゲイカップルの家計組織とパートナー関係」家族社会学研究 25巻2号 pp.135-147 (2013) 日本家族社会学会 https://t.co/IeQog0OH2Y
CiNii 論文 -  月舟寿桂と医学 -『幻雲文集』に見る五山と医家の接点- https://t.co/zhzKgZ4M9A #CiNii
【GID】杉山貴士「「性同一性障害」は障害なのか? : 異性愛主義に依拠する性別二元論を超えて」唯物論と現代 47号 P.68-80 (2011-12) 文理閣 https://t.co/1jNj4kwGdX
CiNii 論文 -  軍事政策としての半済令 https://t.co/ZuPyFme5lv #CiNii
【TG/アメリカ/法学/比較法研究】前澤貴子「海外法律情報/アメリカ 公立学校におけるトランスジェンダー : カリフォルニア州教育法典改正」論究ジュリスト 7号 pp.202-203 (2013) 有斐閣 https://t.co/N5pt8MQhPT
CiNii 論文 -  戦国武将の官途・受領名 : 古川公方足利氏と後北条氏を事例にして(駒沢史学会昭和六十二年度大会発表要旨,杉山博先生古希記念号) https://t.co/m40sNH7ifS #CiNii
【LGBT】杉山貴士「性的マイノリティの悩みにこたえて」女性のひろば 363号 P.96-98 (2009-05) 日本共産党中央委員会 https://t.co/x4wlFCPxQd
CiNii 論文 -  訓読・諏訪大明神絵詞(一)(<共同研究>関東周辺の歴史と文学の研究) https://t.co/KYnX1HQ28c #CiNii
【スポーツ/TG/GID】柳澤康子「スポーツ研究入門 性同一性障害・トランスジェンダー競技者の抱える問題」現代スポーツ評論 25号 pp.146-153 (2011-11) 創文企画 https://t.co/80KMz4SrNG
【LGBT】杉山貴士「性的マイノリティとして「いのちの平等」を」女性のひろば 344号 P.82-86 (2007-10) 日本共産党中央委員会 https://t.co/jmDsK0xbBB
【スポーツ】Symons Carolineほか「海外文献紹介 ゲイゲームズにおいてセックスとスポーツをトランスジェンダーすること」スポーツとジェンダー研究 7巻 pp.52-70 (2009-03-20) 日本スポーツとジェンダー… https://t.co/skNO4Kkeiw
【G/HIV/AIDS】杉山貴士「ゲイ男性のアジアネットワークはHIV/AIDSにどう向き合っているか」ピープルズ・プラン 31号 P.102-108 (2005) ピープルズ・プラン研究所 https://t.co/vjqztnQ1b6
【TG/大衆文化】中田 崇「トランス・ジェンダーの歌謡曲 : 日本大衆文化の虚構性」實踐英文學 54巻 pp.61-72 (2002-02-28) 実践女子大学 https://t.co/0RkyQDAg7s
【GID】真鍋幸嗣ほか「性同一性障害患者の性差」近畿大学医学雑誌 25巻2号 P.165-169 (2000-12-25) 近畿大学 https://t.co/SZbwLw8OHR [PDF]
【TG】Fujimoto Yukariほか「トランスジェンダー : 女の両性具有、男の半陰陽」U.S.Japan women's journal English supplement 27巻 pp.76-117 (2004) 城西… https://t.co/J3vsiXyDi5
【GID】中塚幹也ほか「思春期の性同一性障害症例の社会的,精神的,身体的問題点と医学的介入の可能性についての検討」母性衛生 45巻2号 P.278-284 (2004-07) 日本母性衛生学会 https://t.co/rzg4I8SkCT [PDF有料]
【TG/MtF/教育】高橋裕子「現場からの報告 トランスジェンダー(MTF)の生徒との出会いから : TG生徒と教師 (特集 さまざまな"性"を生きる)」Sexuality 4号 pp.48-52 (2001-10) エイデル研究所 https://t.co/Y7OsIwxyiN
鈴木聖子「近代における雅楽概念の形成過程」 文化資源学 (4), 41-49, 2005 https://t.co/xCRtxW6oZc
RT @Nou_YunYun: あとでよもー CiNii 論文 -  マッカ-サ-への投書に見る敗戦直後の民衆意識 https://t.co/eGQuepNrov #CiNii

16 1 1 0 OA お伽草子の性格

CiNii 論文 -  お伽草子の性格 https://t.co/VwycgWCWSq #CiNii
【GID/不登校】中塚幹也ほか「性同一性障害と思春期」産婦人科治療 99巻6号 P.589-593 (2009-12) 永井書店 https://t.co/TmdSPfdcQU
CiNii 論文 -  石川淳「八幡縁起」考 https://t.co/GH7tCNarLa #CiNii
【TG/学生/支援】熊本理抄「大学における学生相談・支援の取り組み(2) トランスジェンダー学生支援体制に関する投稿に寄せて」近畿大学人権問題研究所紀要 28巻 pp.101-103 近畿大学人権問題研究所 https://t.co/9CpJmmf7Ay [PDFリポジトリ]
『ナチス時代の強制労働者補償問題 ―『終わることのない責任』葛谷 彩https://t.co/z3TxuoTJTT
CiNii 論文 -  曹洞宗と山岳信仰 https://t.co/AdJxyp6Ze8 #CiNii
【GID/教育/不登校】中塚幹也「学校保健における性同一性障害 : 学校と医療との連携」日本医事新報 4521号 P.60-64 (2010-12-18) 日本医事新報社 https://t.co/sg4gWqwyW0
CiNii 論文 -  室町時代の祝言と食文化 : 幸若舞曲にみる https://t.co/nQM42hMFrp #CiNii
【TG】倉本さおり「トランスジェンダーの多様性 鮮烈に描き出した渾身の作[『「男の娘(こ)」たち』川本直=著]」金曜日 22巻37号 p.50 (2014-09-26) 金曜日 https://t.co/74xoFnnfqr
CiNii 論文 -  『我身にたどる姫君』論 -女帝と前斎宮- https://t.co/KbMnaHH2Nn #CiNii
【G】森山至貴「ゲイアイデンティティとゲイコミュニティの関係性の変遷 : カミングアウトに関する語りの分析から」年報社会学論集 23号 P.188-199 (2010) 関東社会学会 https://t.co/MuX64CUKGZ
CiNii 論文 -  室町時代の貨幣経済 https://t.co/5u7W6k42T1 #CiNii
【TG】片山亜紀「トランスジェンダーの物語を学生と読む」独協大学英語研究 75号 pp.1-26 (2014-09) 独協大学外国語学部英語学科 https://t.co/o4z5bMf2Hu
CiNii 論文 -  蓮如の女性観 : 布教活動から女性解放へ https://t.co/Ss55YD6sTD #CiNii
【GID】石原 理「3) 性同一性障害とホルモン療法 : 思春期のGnRHa療法を考える」日本産科婦人科學會雜誌 64巻9号 P.225-228 (2012-09-01) 社団法人日本産科婦人科学会 https://t.co/7kIG2OMiPe [PDF定額]
CiNii 論文 -  征夷大将軍源義仲と入道前関白松殿基房 https://t.co/XCyTYUi0zA #CiNii

フォロワー(22ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

【LGBT/支援】「分科会 LGBT当事者への支援、家族への支援 : 電話相談を通して考える (姫路大会(2011年)記録)」フェミニストカウンセリング研究 9巻 pp.193-196 (2011) 日本フェミニストカウンセリング… https://t.co/lO22mzvjIz
【LGBT/ライフヒストリー】堀川ユウキ「自分という性 (特集 LGBT--多様なセクシュアリティ) -- (虹色のライフヒストリー)」解放教育 41巻1号 pp.19-22 (2011-01) 明治図書出版 https://t.co/csvAhQlYq7
【LGBT/ライフヒストリー】あやこ「私の履歴書 (特集 LGBT--多様なセクシュアリティ) -- (虹色のライフヒストリー)」解放教育 41巻1号 pp.15-19 (2011-01) 明治図書出版 https://t.co/SFTYGoAw1E
【GID/特例法】渡邉泰彦「性別変更の要件の見直し : 性別適合手術と生殖能力について」産大法学 45巻1号 P.31-69 (2011-06) 京都産業大学 https://t.co/XnJUxojFtC [PDF]
【LGBT/ライフヒストリー】李 洋「誰にも言えない悩み (特集 LGBT--多様なセクシュアリティ) -- (虹色のライフヒストリー)」解放教育 41巻1号 pp.11-15 (2011-01) 明治図書出版 https://t.co/zx4NggHy39
【LGBT】二宮周平「性的少数者の権利保障と法の役割」法社会学77号(2012)P.88-106 (2012) 有斐閣 https://t.co/V6Be2cVD1w , https://t.co/3DCoU4AWDP [PDF]
【ヘテロセクシュアル/シスジェンダー】今井貴代子「ストレートシスジェンダーの性の話 : 「性の多様性」に与えられたもう一方の課題」解放教育 41巻1号 pp.22-25 (2011-01) 明治図書出版 https://t.co/JPsLBqvqu7
【LGBT】塩安九十九「高校生向け人権講座・セクシュアルマイノリティ入門 : もしも友だちがLGBTだったら?」セクシュアリティ 49号 pp.140-143 (2011-01) エイデル研究所 https://t.co/1gRXW3UhG1
【GID/心理学】執行照子「性の自己認知に及ぼす心理・社会的要因の影響 : 性同一性障害から考える」フェミニストカウンセリング研究 10巻 pp.45-54 (2012) 日本フェミニストカウンセリング学会 https://t.co/2EexY753Ag
【LGBT/職場環境】「アウトルック 企業におけるLGBT対応 「おネエ」だけじゃない 性的マイノリティとの共生を」週刊東洋経済 6389号 pp.150-151 (2012-04-28) 東洋経済新報社 https://t.co/Sz4I6POv90
【LGBT】「30人に1人の悩みでも、その中身は闇の中 LGBTと家族が抱える医療・介護・住宅の問題」週刊東洋経済6403号 p.129 (2012-07-14) 東洋経済新報社 https://t.co/YENjlRkB5l
【LGBT/アメリカ】河口和也「サンフランシスコの変容するLGBTコミュニティ」解放社会学研究 27号 pp.64-76 (2013 日本解放社会学会 https://t.co/MH0NDSZ5xx
【GID/就労】久井礼子「性同一性障害当事者の就労の現状と課題」GID (性同一性障害) 学会雑誌 4巻 P.6-15 (2011) https://t.co/jlo8SxffbB
【LGBT】村木真紀「誌上セミナー いま知っておきたい職場とLGBT」企業と人材 46巻1007号 pp.42-48 (2013-09) 産労総合研究所 https://t.co/fhMgZQD5ey
【LGBT/アメリカ/歴史】中野 聡「アメリカLGBT史のアプローチ : マイノリティ史からの行方」歴史評論 763号 pp.41-52 (2013-11) 校倉書房 https://t.co/4Gtn8vzbKF
【クィア研究/研究倫理】溝口彰子ほか「クィア領域における調査研究にまつわる倫理や手続きを考える : フィールドワーク経験にもとづくガイドライン試案」Gender and sexuality ICU 9号 pp.211-225 https://t.co/Ie8CRo1X0o
【LGBT】佐藤太郎「国際労働運動におけるLGBT」労働調査 525号 pp.25-28 (2013-11) 労働調査協議会 https://t.co/MtTC7ouSWa
【G】金城克哉「インターネット上の出会い系掲示板を対象とした基礎的語彙調査」琉球大学欧米文化論集 (54), 1-21, (2010-03) 琉球大学法文学部 https://t.co/06OC1BJdkX [PDFリポジトリ]
【クィア研究/当事者研究/研究倫理】杉浦郁子「「ピア」に対するローカルな研究倫理という課題 : 日本クィア学会会員有志による活動を通じて考えたこと」社会学研究 93号 pp.79-92 東北社会学研究会 https://t.co/GcPP1p6bdi [PDFリポジトリ]
【G】金城克哉「MSM出会い系掲示板における文末表現「っす」の用法について」Southern review 24号 P.85-89 (2010-02) 沖縄外国文学会 https://t.co/AiNqMUM8SD [PDFリポジトリ]
【LGBT】村木真紀「見えないマイノリティ : LGBTを職場で学ぶ」月刊社会教育 58巻1号 pp.45-48 (2014-01) 国土社 https://t.co/Df4be9wFJQ
【G】金城克哉「掘ってくれるタチいないっすか? : 沖縄県の出会い系掲示板投稿文の計量的分析」論叢クィア 3号 P.39-61 (2010) クィア学会 https://t.co/GqvMcWiCOX [PDFリポジトリ]
【LGBT/アメリカ/パレード】鎌田 遵「サンフランシスコLGBTパレード」部落解放 689号 pp.76-77 1-8 (2014-02) 解放出版社 https://t.co/6BO0zPy1PM
【性自認】中村美亜「ジェンダー・アイデンティティの実りある議論のために」日本性科学会雑誌 24巻2号 P.154-157 (2006-10-00) 日本性科学会 https://t.co/7ZMDLnU9Mq
【LGBT/報道】村木真紀「適切な理解と価値判断を : メディアに求められる視点とは (LGBTをめぐる問題をどう報じるか)」新聞研究 754号 pp.34-39 (2014-05) 日本新聞協会 https://t.co/zLntME1k8Q
【Gender/文学】十枝内康隆「Salome試論:性差を超えて」文化と言語 : 札幌大学外国語学部紀要 55巻 (p.91-99) 2001-10-31 札幌大学 https://t.co/qjK9Cup3II [PDF]
【LGBT/報道】丹野恒一「「実像」を正しく伝えるために : 当事者を取材・報道する意義と課題 (LGBTをめぐる問題をどう報じるか)」新聞研究 754号 pp.40-43 (2014-05) 日本新聞協会 https://t.co/gNq0f0hF0U
【LGBT】二階堂友紀「「政治イシュー化」の必要性 : 社会的可視化を進めるには (LGBTをめぐる問題をどう報じるか)」新聞研究 754号 pp.44-47 (2014-05) 日本新聞協会 https://t.co/X5y7wXTxuD
【LGBT】ブルボンヌ「新宿2丁目ブルボンヌママの虹の向こうへ(STAGE 1)虹の向こうへ動き始めた日本のLGBTシーン」金曜日 22巻21号 p.49 (2014-05-30) 金曜日 https://t.co/QcvVBR00pM
【LGBT/学校教育】塩安九十九「学校におけるLGBTの教育 : いつどのように伝えていくか」ヒューマンライツ 316号 pp.16-21 (2014-07) 部落解放・人権研究所 https://t.co/QbwwJpOuwy
【LGBT/高等教育機関】日高 庸晴「LGBT学生の存在を考える : キャンパス内でのダイバーシティ推進のために」大学時報 63巻358号 pp.76-83 (2014-09) 日本私立大学連盟 https://t.co/Duv00XBBdz
【TG】岡田 トリシャ「日本におけるトランスジェンダーのフィリピン人エンターティナー」ジェンダー研究21 早稲田大学ジェンダー研究所紀要 3巻 pp.51-63 (2013) 早稲田大学ジェンダー研究所 https://t.co/nhmuladikM
【LGT】杉山貴士「性的違和を抱える高校生の自己形成過程 : 学校文化の持つジェンダー規範・同性愛嫌悪再生産の視点から」技術マネジメント研究 5号 (2006) P.67-79 https://t.co/vH0yZkQY0d [PDFリポジトリ]
【G/家計】神谷悠介「ゲイカップルの家計組織とパートナー関係」家族社会学研究 25巻2号 pp.135-147 (2013) 日本家族社会学会 https://t.co/IeQog0OH2Y
【GID】杉山貴士「「性同一性障害」は障害なのか? : 異性愛主義に依拠する性別二元論を超えて」唯物論と現代 47号 P.68-80 (2011-12) 文理閣 https://t.co/1jNj4kwGdX
【TG/アメリカ/法学/比較法研究】前澤貴子「海外法律情報/アメリカ 公立学校におけるトランスジェンダー : カリフォルニア州教育法典改正」論究ジュリスト 7号 pp.202-203 (2013) 有斐閣 https://t.co/N5pt8MQhPT
【LGBT】杉山貴士「性的マイノリティの悩みにこたえて」女性のひろば 363号 P.96-98 (2009-05) 日本共産党中央委員会 https://t.co/x4wlFCPxQd
【スポーツ/TG/GID】柳澤康子「スポーツ研究入門 性同一性障害・トランスジェンダー競技者の抱える問題」現代スポーツ評論 25号 pp.146-153 (2011-11) 創文企画 https://t.co/80KMz4SrNG
【LGBT】杉山貴士「性的マイノリティとして「いのちの平等」を」女性のひろば 344号 P.82-86 (2007-10) 日本共産党中央委員会 https://t.co/jmDsK0xbBB
【スポーツ】Symons Carolineほか「海外文献紹介 ゲイゲームズにおいてセックスとスポーツをトランスジェンダーすること」スポーツとジェンダー研究 7巻 pp.52-70 (2009-03-20) 日本スポーツとジェンダー… https://t.co/skNO4Kkeiw
【G/HIV/AIDS】杉山貴士「ゲイ男性のアジアネットワークはHIV/AIDSにどう向き合っているか」ピープルズ・プラン 31号 P.102-108 (2005) ピープルズ・プラン研究所 https://t.co/vjqztnQ1b6
【TG/大衆文化】中田 崇「トランス・ジェンダーの歌謡曲 : 日本大衆文化の虚構性」實踐英文學 54巻 pp.61-72 (2002-02-28) 実践女子大学 https://t.co/0RkyQDAg7s
【GID】真鍋幸嗣ほか「性同一性障害患者の性差」近畿大学医学雑誌 25巻2号 P.165-169 (2000-12-25) 近畿大学 https://t.co/SZbwLw8OHR [PDF]
【TG】Fujimoto Yukariほか「トランスジェンダー : 女の両性具有、男の半陰陽」U.S.Japan women's journal English supplement 27巻 pp.76-117 (2004) 城西… https://t.co/J3vsiXyDi5
【GID】中塚幹也ほか「思春期の性同一性障害症例の社会的,精神的,身体的問題点と医学的介入の可能性についての検討」母性衛生 45巻2号 P.278-284 (2004-07) 日本母性衛生学会 https://t.co/rzg4I8SkCT [PDF有料]
【TG/MtF/教育】高橋裕子「現場からの報告 トランスジェンダー(MTF)の生徒との出会いから : TG生徒と教師 (特集 さまざまな"性"を生きる)」Sexuality 4号 pp.48-52 (2001-10) エイデル研究所 https://t.co/Y7OsIwxyiN
【GID/不登校】中塚幹也ほか「性同一性障害と思春期」産婦人科治療 99巻6号 P.589-593 (2009-12) 永井書店 https://t.co/TmdSPfdcQU
【TG/学生/支援】熊本理抄「大学における学生相談・支援の取り組み(2) トランスジェンダー学生支援体制に関する投稿に寄せて」近畿大学人権問題研究所紀要 28巻 pp.101-103 近畿大学人権問題研究所 https://t.co/9CpJmmf7Ay [PDFリポジトリ]
【GID/教育/不登校】中塚幹也「学校保健における性同一性障害 : 学校と医療との連携」日本医事新報 4521号 P.60-64 (2010-12-18) 日本医事新報社 https://t.co/sg4gWqwyW0
【TG】倉本さおり「トランスジェンダーの多様性 鮮烈に描き出した渾身の作[『「男の娘(こ)」たち』川本直=著]」金曜日 22巻37号 p.50 (2014-09-26) 金曜日 https://t.co/74xoFnnfqr
【G】森山至貴「ゲイアイデンティティとゲイコミュニティの関係性の変遷 : カミングアウトに関する語りの分析から」年報社会学論集 23号 P.188-199 (2010) 関東社会学会 https://t.co/MuX64CUKGZ
【TG】片山亜紀「トランスジェンダーの物語を学生と読む」独協大学英語研究 75号 pp.1-26 (2014-09) 独協大学外国語学部英語学科 https://t.co/o4z5bMf2Hu
【GID】石原 理「3) 性同一性障害とホルモン療法 : 思春期のGnRHa療法を考える」日本産科婦人科學會雜誌 64巻9号 P.225-228 (2012-09-01) 社団法人日本産科婦人科学会 https://t.co/7kIG2OMiPe [PDF定額]
【TG/SRS】山下奈緒子ほか「LGBT×看護学生×医学生 性と生と医療のはなし(第4回) トランスジェンダーと医療(2) 性別適合手術のこと,そのあとのこと」看護教育 55巻9号 pp.882-886 (2014-09) 医学書院 https://t.co/0rcJW6OGzP
【GID】木下勝之ほか「5. その他 : a. 性同一性障害の病態」日本産科婦人科學會雜誌 51巻8号 P.734-743 (1999-08-01) 社団法人日本産科婦人科学会https://t.co/FeGj9asONz [PDF定額]
【TG/医療】山下奈緒子ほか「LGBT×看護学生×医学生 性と生と医療のはなし (第3回) トランスジェンダーと医療 (1) 性別に違和感をもつ人が病院にかかること」看護教育 55巻8号 pp.766-770 (2014) 医学書院 https://t.co/JeIaC0XN6O
【GID】石原 理「脳の性分化と性同一性障害」産婦人科の実際 54巻7号 P.1067-1075 (2005-07) 金原出版 https://t.co/AGQd4g6gYt
【TG】徳永理彩「フェミ×アート わたしの/あなたの変化を待ちながら : マレーシアのトランスジェンダー女性の経験をイラストで表現するシエコ・レトさん」女たちの21世紀 78号 pp.66-69 (2014) アジア女性資料センター https://t.co/bVX5rZs8Ty
【GID】石原 理「性同一性障害における臨床内分泌学的解析と検討」日本内分泌学会雑誌 81巻2号 P.483 (2005-09-20) https://t.co/8AZIusBrnP
【TG/学生/支援】田中かず子ほか「国際基督教大学におけるトランスジェンダー学生支援体制について」近畿大学人権問題研究所紀要 28巻 pp.105-112 (2014-03) 近畿大学人権問題研究所 https://t.co/qL3hAi94aQ [PDFリポジトリ]
【GID】石原 理「性同一性障害におけるホルモン療法 : その作用と問題点」 性差と医療 3巻2号 P.209-213 (2006-02) じほう https://t.co/edBgSk9Cr6
【TG/海外/南スラウェシ】伊藤 眞「チャラバイ,ビッス,ベンチョン : 南スラウェシにおけるトランスジェンダー」人文学報 309号 pp.83-109 (2000-03) 東京都立大学人文学部 https://t.co/cevPR5tdzN
【GID】石原 理ほか「性同一性障害とホルモン療法」産婦人科治療 93巻4号 P.444-448 (2006-10) 永井書店 https://t.co/40XDBVQPNc
【GID/SRS/性機能】針間克己「性同一性障害の患者における性別適合手術後の性機能」精神医学研究所業績集 44巻 pp.72-76 (2007) 精神医学研究所 https://t.co/NcDyDx31a5
【GID】石原 理「3) 性同一性障害とホルモン療法 : 思春期のGnRHa療法を考える」日本産科婦人科學會雜誌 64巻9号 P.225-228 (2012-09-01) 社団法人日本産科婦人科学会 https://t.co/7kIG2P3TGM [PDF定額]
【GID/ホルモン療法】安達美和ほか「P1-636 性同一性障害におけるホルモン療法の血管への作用 : 血圧脈波検査による評価」日本産科婦人科學會雜誌 59巻2号 p.560 (2007-02) 日本産科婦人科学会 https://t.co/jPVVdlUQOI [PDF定額]
【ジェンダー】熊田一雄「現代日本の大衆文化における「女性の男性性」 : オルタナティヴな男性性とジェンダーの変容」社会文化研究 7号 P.131-144 (2004-09) 京都社会文化センター https://t.co/V1RlXSsSBz
【GID/家族】上川あや, ほか「家族のかたち(262) 上川あや 性同一性障害の私を理解してくれた両親」読売ウイークリー 66巻5号 pp.38-41 (2007-02-04) 読売新聞東京本社 https://t.co/X8qpkPwxW5
【ジェンダー】熊田一雄「現代日本の大衆文化における「女性の男性性」 : オルタナティヴな男性性のありか」人間文化 : 愛知学院大学人間文化研究所紀要 20巻 P.310-292 (2005-09-20) 愛知学院大学 https://t.co/KJ7TMh3M9Z [PDF]
【GID/医療/QOL】地崎竜介ほか「性同一性障害患者に対するQOL調査」日本泌尿器科學會雜誌 98巻2号 p.334 (2007-02-20) 社団法人日本泌尿器科学会 https://t.co/fezUJ03dD5 [PDF有料]
【LGBT】枝川京子ほか「LGBT当事者の理解にナラティヴ生成が果たす役割」心理臨床学研究 29巻1号 P.85-96 (2011-04) 日本心理臨床学会 https://t.co/8aNIuV0rXa
【GID/ガイドライン】塚田 攻「性同一性障害の理解のために : ガイドラインを中心に」精神神經學雜誌 109巻2号 pp.173-178 (2007-02-25) 日本精神神経学会 https://t.co/ZWAQ80dZsh
【LGBT】枝川京子ほか「あるLGBT青年の語りからみるナラティヴ・アプローチの意義」発達心理臨床研究 16巻 P.117-127 (2010) 兵庫教育大学発達心理臨床研究センター https://t.co/zgWOxhjcfW
【GID/刑事施設】越智敏裕「男子受刑者である原告が、性同一性障害を理由に、拘置所長による刑事施設及び受刑者の処遇等に関する法律37条に基づく調髪処分の差止めを求めたが、棄却された事例」Lexis判例速報 3巻3号 pp.62-66 https://t.co/0uSfGelycI
【LG】加藤 慶「家族・地域から排除された同性愛の若者に忍び寄る格差社会 : セクシュアル・マイノリティリレートーク 虹の架け橋(3)」セクシュアリティ 34号 P.86-89 (2008-01) エイデル研究所 https://t.co/OpQzW3ysNx
【GID/心理検査】児玉恵美ほか「性同一性障害のMMPI」九州ルーテル学院大学発達心理臨床センター紀要 6号 pp.49-55 (2007-03) 九州ルーテル学院大学発達心理臨床センター https://t.co/qHpG0pDZhw
【LGBT/学生】加藤 慶「LGBT学生支援のアクションリサーチ」日本=性研究会議会報 20巻1号 P.22-29 (2008-11) 日本性教育協会 https://t.co/5Dwn49ZBqL
【GID/MtF/音声】櫻庭京子ほか「男性から女性への性別の移行を希望する性同一性障害者(MtF)の発話音声の分類に関する試案」電子情報通信学会技術研究報告 SP音声 106巻613号 pp.1-5 電子情報通信学会 https://t.co/igLMbFcdiq [PDF定額]
【クィア】加藤 慶「子ども向けアニメーションにおける「おかま」表象」目白大学短期大学部研究紀要 43号 P.161-174 (2007-02) 目白大学短期大学部 https://t.co/QUkGiMFtTj
【LGBT/経済】山川龍雄ほか「特集 Lesbian Gay Bisexual Transgender 眠れる市場を掘り起こせ」日経ビジネス 1387号 pp.88-99 (2007-04-16) 日経BP社 https://t.co/UuVFCWpivg
【クィア/ライフヒストリー】加藤 慶「"クイア"な幼年期から高校時代関東地方に住む20歳代前半の性的マイノリティ男性Aさんのライフストーリー(社会科学)」目白大学総合科学研究 4巻 P.25-34 (2008) 目白大学 https://t.co/lhUxz14qct [PDF]
【GID】都築忠義「性同一性障害の心理・社会的問題」精神科 9巻3号 pp.242-245 (2006-09) 科学評論社 https://t.co/5SzQRHR9Ys
【ジェンダー/化粧】石田かおり,ほか「<三人閑談 Causeries des trois>化粧する男たち」三田評論 1036巻 P.72-85 (2001-06-01) 慶應義塾大学 https://t.co/mL2LInlXKQ
【GID/特例法/戸籍変更/臨床】針間克己「性同一性障害特例法と戸籍変更者の臨床的特徴」精神科 9巻3号 pp.246-250 (2006-09) 科学評論社 https://t.co/3eFYGEyR0N
【セクシュアリティ】石井達朗ほか「異端の性の市民権」諸君 26巻3号 P.198-206 (1994-03) 文芸春秋 https://t.co/fYfB9AqKR6
【GID/ホルモン療法】石原 理ほか「性同一性障害とホルモン療法 (特集 ホルモン療法UP TO DATE)」産婦人科治療 93巻4号 pp.444-448 (2006-10) 永井書店 https://t.co/40XDBVQPNc
【TG/TV】三橋順子「日本人は女装好き?」本 33巻10号 P.41-43 (2008-10) 講談社 https://t.co/9eB6C8jspc
【GID/看護学/泌尿器科学】根本良介「おもしろ看護泌尿器科学(第22回) 泌尿器科の疾患 男性学(1) 性同一性障害,男性更年期障害」泌尿器ケア 11巻10号 pp.1037-1040 (2006-10) メディカ出版 https://t.co/WrsEDezdRH
【TG】三橋順子「トランスジェンダーと学校教育 (特集 教育の危機と改革)(「マイノリティ」と「セクシュアリティ」)」アソシエ 8号 P.142-160 (2002) 御茶の水書房 https://t.co/Wa9boEjt54
【GID/MtF/女声】櫻庭京子「話者照合技術を用いた性同一性症者(MtF)の音声に対する女声度の自動推定とその臨床応用」日本=性研究会議会報 18巻1号 pp.67-77 (2006-11) 日本性教育協会 https://t.co/b11fEAb7SL
【TS/TG/TV/GID】石井達朗ほか「徹底討議 ヒジュラに学べ! : トランス社会の倫理と論理」ユリイカ 30巻2号 P.184-205 (1998-02) 青土社 https://t.co/afV2Uu1eDi
【GID/脳発達/ホルモン】山内俊雄ほか「性同一性障害からみた脳発達に及ぼすホルモンの影響」神経研究の進歩 50巻6号 pp.857-868 (2006-12) 医学書院 https://t.co/TJJAdRgVRY
【地理学/セクシュアリティ】村田陽平「公共空間における男性という性別の意味 : セクシュアリティの視点から」日本地理学会発表要旨集 62号 143巻 (2002-09-26) https://t.co/fJ8IUIMh2n
【GID/心理学】長坂 晟「性同一性障害者のための心理的援助」マクロ・カウンセリング研究 5巻 pp.34-49 (2006-12) マクロ・カウンセリング研究会 https://t.co/xvFLhxXv5G
【人文地理学/セクシュアリティ】村田陽平「人文地理学のおけるセクシュアリティという視点」日本地理学会発表要旨集 59巻 24巻 (2001) https://t.co/zNIMdB8qQz
【GID/痙攣性発声障害】讃岐徹治ほか「性同一性障害と痙攣性発声障害に対する喉頭枠組み手術」Koutou (THE LARYNX JAPAN) 19巻2号 pp.54-58 (2007) 日本喉頭科学会 https://t.co/sUIpRsK9Kj [PDF_J-STAGE]
【LGBT】石丸径一郎「性的マイノリティと自尊心」日本性科学会雑誌 = Japan Journal of Sexology 19巻2号 P.125 (2001-10-21) https://t.co/4C3dN8lOsx
【GID/臨床】岡田弘司「性同一性障害の臨床の基礎」関西大学心理相談室紀要 9号 pp.1-8 (2007) 関西大学心理相談室 https://t.co/10BaId1xxr
【GID】石丸径一郎ほか「性同一性障害患者の性行動」日本性科学会雑誌 = Japan Journal of Sexology 27巻1号 P.25-33 (2009-07-31) 日本性科学会 https://t.co/BimJJgzGds
【GID/援助】足利 学ほか「性同一性障害の児童・生徒に対する援助」関西大学心理相談室紀要 9号 pp.9-14 (2007) 関西大学心理相談室 https://t.co/y1G6T66CwU