○○○○番目の反歴史修正主義bot(日本政府に対 (@s37311273063)

投稿一覧(最新100件)

「日本植民地研究の回顧と展望 : 朝鮮史を中心に」 https://t.co/qNPT4Hel61 ・日本の植民地朝鮮研究の歴史が概説されている。梶村秀樹にももちろん言及されている。 ただし、専門家向けのものなので、けっこう読むのが難しい。
「梶村秀樹の「未発の契機」 : 植民地歴史叙述と近代批判」(2013年、車承棋) https://t.co/eEFMJMmhX7 ・梶村秀樹という歴史家が歴史記述の何を変革したのか、それを明らかにした論文。私見では、この論文を無視して梶村秀樹を語ることはもはやできない。
「日本「戦後歴史学」の展開と未完の梶村史学 : 国家と民衆はいかに(再)発見されたか」(戸邉秀明) https://t.co/IcAMUzGNmY ・戦後歴史学という観点から梶村秀樹の成果を論じた論考。戸邉氏の本来の専門は沖縄史。専門の論文も興味深いものが多い。
「一九八七年の韓国情勢」(1990年) https://t.co/2WAiLToOMy ・梶村秀樹の韓国情勢報告。まずは民主化のピークという事実を厳粛に受け止めるべし。
「朝鮮東北部の社会変容と植民地支配 : 清津港の建設をめぐって」(加藤圭木) https://t.co/A07UVT0nkY 梶村秀樹の最晩年の論考の問題をひきついだ論考。筆者の加藤氏は吉見裁判への応援や、植民地朝鮮における公害… https://t.co/KAjASAe0lV
「<講演記録>中国山西省における日本軍性暴力に関する調査について」(石田米子) https://t.co/P36fQyoPOG … ・『黄土の村の性暴力』への入門ともいえる講演。前例のない条件下での聞き取り経験のすぐれた報告ともい… https://t.co/5TwSrHEH0Y
「旧韓末北関地域経済と内外交易」(1990年、梶村秀樹) https://t.co/l7Jwc6Dhe3 ・梶村秀樹最晩年の論考。韓国が民主化のピークをむかえている時点で、経済史に立ち戻っていることには深い意味があるとみるべき。
「日本植民地研究の回顧と展望 : 朝鮮史を中心に」 https://t.co/qNPT4Hel61 ・日本の植民地朝鮮研究の歴史が概説されている。梶村秀樹にももちろん言及されている。 ただし、専門家向けのものなので、けっこう読むのが難しい。
「梶村秀樹の「未発の契機」 : 植民地歴史叙述と近代批判」(2013年、車承棋) https://t.co/eEFMJMmhX7 ・梶村秀樹という歴史家が歴史記述の何を変革したのか、それを明らかにした論文。私見では、この論文を無視して梶村秀樹を語ることはもはやできない。
「日本「戦後歴史学」の展開と未完の梶村史学 : 国家と民衆はいかに(再)発見されたか」(戸邉秀明) https://t.co/IcAMUzGNmY ・戦後歴史学という観点から梶村秀樹の成果を論じた論考。戸邉氏の本来の専門は沖縄史。専門の論文も興味深いものが多い。
「一九八七年の韓国情勢」(1990年) https://t.co/2WAiLToOMy ・梶村秀樹の韓国情勢報告。まずは民主化のピークという事実を厳粛に受け止めるべし。
「朝鮮東北部の社会変容と植民地支配 : 清津港の建設をめぐって」(加藤圭木) https://t.co/A07UVT0nkY 梶村秀樹の最晩年の論考の問題をひきついだ論考。筆者の加藤氏は吉見裁判への応援や、植民地朝鮮における公害… https://t.co/9t8nnpu0D2
「<講演記録>中国山西省における日本軍性暴力に関する調査について」(石田米子) https://t.co/P36fQyoPOG … ・『黄土の村の性暴力』への入門ともいえる講演。前例のない条件下での聞き取り経験のすぐれた報告ともい… https://t.co/QA7e0nwnRd
「旧韓末北関地域経済と内外交易」(1990年、梶村秀樹) https://t.co/l7Jwc6Dhe3 ・梶村秀樹最晩年の論考。韓国が民主化のピークをむかえている時点で、経済史に立ち戻っていることには深い意味があるとみるべき。
「日本植民地研究の回顧と展望 : 朝鮮史を中心に」 https://t.co/qNPT4Hel61 ・日本の植民地朝鮮研究の歴史が概説されている。梶村秀樹にももちろん言及されている。 ただし、専門家向けのものなので、けっこう読むのが難しい。
「梶村秀樹の「未発の契機」 : 植民地歴史叙述と近代批判」(2013年、車承棋) https://t.co/eEFMJMmhX7 ・梶村秀樹という歴史家が歴史記述の何を変革したのか、それを明らかにした論文。私見では、この論文を無視して梶村秀樹を語ることはもはやできない。
「日本「戦後歴史学」の展開と未完の梶村史学 : 国家と民衆はいかに(再)発見されたか」(戸邉秀明) https://t.co/IcAMUzGNmY ・戦後歴史学という観点から梶村秀樹の成果を論じた論考。戸邉氏の本来の専門は沖縄史。専門の論文も興味深いものが多い。
「一九八七年の韓国情勢」(1990年) https://t.co/2WAiLToOMy ・梶村秀樹の韓国情勢報告。まずは民主化のピークという事実を厳粛に受け止めるべし。
「朝鮮東北部の社会変容と植民地支配 : 清津港の建設をめぐって」(加藤圭木) https://t.co/A07UVT0nkY 梶村秀樹の最晩年の論考の問題をひきついだ論考。筆者の加藤氏は吉見裁判への応援や、植民地朝鮮における公害… https://t.co/8LkD7E1Hq5
「<講演記録>中国山西省における日本軍性暴力に関する調査について」(石田米子) https://t.co/P36fQyoPOG … ・『黄土の村の性暴力』への入門ともいえる講演。前例のない条件下での聞き取り経験のすぐれた報告ともい… https://t.co/vFVYAvWmum
「旧韓末北関地域経済と内外交易」(1990年、梶村秀樹) https://t.co/l7Jwc6Dhe3 ・梶村秀樹最晩年の論考。韓国が民主化のピークをむかえている時点で、経済史に立ち戻っていることには深い意味があるとみるべき。
「日本植民地研究の回顧と展望 : 朝鮮史を中心に」 https://t.co/qNPT4Hel61 ・日本の植民地朝鮮研究の歴史が概説されている。梶村秀樹にももちろん言及されている。 ただし、専門家向けのものなので、けっこう読むのが難しい。
「梶村秀樹の「未発の契機」 : 植民地歴史叙述と近代批判」(2013年、車承棋) https://t.co/eEFMJMmhX7 ・梶村秀樹という歴史家が歴史記述の何を変革したのか、それを明らかにした論文。私見では、この論文を無視して梶村秀樹を語ることはもはやできない。
「日本「戦後歴史学」の展開と未完の梶村史学 : 国家と民衆はいかに(再)発見されたか」(戸邉秀明) https://t.co/IcAMUzGNmY ・戦後歴史学という観点から梶村秀樹の成果を論じた論考。戸邉氏の本来の専門は沖縄史。専門の論文も興味深いものが多い。
「一九八七年の韓国情勢」(1990年) https://t.co/2WAiLToOMy ・梶村秀樹の韓国情勢報告。まずは民主化のピークという事実を厳粛に受け止めるべし。
「朝鮮東北部の社会変容と植民地支配 : 清津港の建設をめぐって」(加藤圭木) https://t.co/A07UVT0nkY 梶村秀樹の最晩年の論考の問題をひきついだ論考。筆者の加藤氏は吉見裁判への応援や、植民地朝鮮における公害… https://t.co/dvfGnrqDDL
「<講演記録>中国山西省における日本軍性暴力に関する調査について」(石田米子) https://t.co/P36fQyoPOG … ・『黄土の村の性暴力』への入門ともいえる講演。前例のない条件下での聞き取り経験のすぐれた報告ともい… https://t.co/0bjuYzgKbe
「旧韓末北関地域経済と内外交易」(1990年、梶村秀樹) https://t.co/l7Jwc6Dhe3 ・梶村秀樹最晩年の論考。韓国が民主化のピークをむかえている時点で、経済史に立ち戻っていることには深い意味があるとみるべき。
「日本植民地研究の回顧と展望 : 朝鮮史を中心に」 https://t.co/qNPT4Hel61 ・日本の植民地朝鮮研究の歴史が概説されている。梶村秀樹にももちろん言及されている。 ただし、専門家向けのものなので、けっこう読むのが難しい。
「梶村秀樹の「未発の契機」 : 植民地歴史叙述と近代批判」(2013年、車承棋) https://t.co/eEFMJMmhX7 ・梶村秀樹という歴史家が歴史記述の何を変革したのか、それを明らかにした論文。私見では、この論文を無視して梶村秀樹を語ることはもはやできない。
「日本「戦後歴史学」の展開と未完の梶村史学 : 国家と民衆はいかに(再)発見されたか」(戸邉秀明) https://t.co/IcAMUzGNmY ・戦後歴史学という観点から梶村秀樹の成果を論じた論考。戸邉氏の本来の専門は沖縄史。専門の論文も興味深いものが多い。
「一九八七年の韓国情勢」(1990年) https://t.co/2WAiLToOMy ・梶村秀樹の韓国情勢報告。まずは民主化のピークという事実を厳粛に受け止めるべし。
「朝鮮東北部の社会変容と植民地支配 : 清津港の建設をめぐって」(加藤圭木) https://t.co/A07UVT0nkY 梶村秀樹の最晩年の論考の問題をひきついだ論考。筆者の加藤氏は吉見裁判への応援や、植民地朝鮮における公害… https://t.co/t1JxK8l5ha
「<講演記録>中国山西省における日本軍性暴力に関する調査について」(石田米子) https://t.co/P36fQyoPOG … ・『黄土の村の性暴力』への入門ともいえる講演。前例のない条件下での聞き取り経験のすぐれた報告ともい… https://t.co/lZn0BVhELP
「旧韓末北関地域経済と内外交易」(1990年、梶村秀樹) https://t.co/l7Jwc6Dhe3 ・梶村秀樹最晩年の論考。韓国が民主化のピークをむかえている時点で、経済史に立ち戻っていることには深い意味があるとみるべき。
「日本植民地研究の回顧と展望 : 朝鮮史を中心に」 https://t.co/qNPT4Hel61 ・日本の植民地朝鮮研究の歴史が概説されている。梶村秀樹にももちろん言及されている。 ただし、専門家向けのものなので、けっこう読むのが難しい。
「梶村秀樹の「未発の契機」 : 植民地歴史叙述と近代批判」(2013年、車承棋) https://t.co/eEFMJMmhX7 ・梶村秀樹という歴史家が歴史記述の何を変革したのか、それを明らかにした論文。私見では、この論文を無視して梶村秀樹を語ることはもはやできない。
「日本「戦後歴史学」の展開と未完の梶村史学 : 国家と民衆はいかに(再)発見されたか」(戸邉秀明) https://t.co/IcAMUzGNmY ・戦後歴史学という観点から梶村秀樹の成果を論じた論考。戸邉氏の本来の専門は沖縄史。専門の論文も興味深いものが多い。
「一九八七年の韓国情勢」(1990年) https://t.co/2WAiLToOMy ・梶村秀樹の韓国情勢報告。まずは民主化のピークという事実を厳粛に受け止めるべし。
「朝鮮東北部の社会変容と植民地支配 : 清津港の建設をめぐって」(加藤圭木) https://t.co/A07UVT0nkY 梶村秀樹の最晩年の論考の問題をひきついだ論考。筆者の加藤氏は吉見裁判への応援や、植民地朝鮮における公害… https://t.co/JQ8HOF2kMW
「<講演記録>中国山西省における日本軍性暴力に関する調査について」(石田米子) https://t.co/P36fQyoPOG … ・『黄土の村の性暴力』への入門ともいえる講演。前例のない条件下での聞き取り経験のすぐれた報告ともい… https://t.co/A1fEE1Fsoh
「旧韓末北関地域経済と内外交易」(1990年、梶村秀樹) https://t.co/l7Jwc6Dhe3 ・梶村秀樹最晩年の論考。韓国が民主化のピークをむかえている時点で、経済史に立ち戻っていることには深い意味があるとみるべき。
「日本植民地研究の回顧と展望 : 朝鮮史を中心に」 https://t.co/qNPT4Hel61 ・日本の植民地朝鮮研究の歴史が概説されている。梶村秀樹にももちろん言及されている。 ただし、専門家向けのものなので、けっこう読むのが難しい。
「梶村秀樹の「未発の契機」 : 植民地歴史叙述と近代批判」(2013年、車承棋) https://t.co/eEFMJMmhX7 ・梶村秀樹という歴史家が歴史記述の何を変革したのか、それを明らかにした論文。私見では、この論文を無視して梶村秀樹を語ることはもはやできない。
「日本「戦後歴史学」の展開と未完の梶村史学 : 国家と民衆はいかに(再)発見されたか」(戸邉秀明) https://t.co/IcAMUzGNmY ・戦後歴史学という観点から梶村秀樹の成果を論じた論考。戸邉氏の本来の専門は沖縄史。専門の論文も興味深いものが多い。
「一九八七年の韓国情勢」(1990年) https://t.co/2WAiLToOMy ・梶村秀樹の韓国情勢報告。まずは民主化のピークという事実を厳粛に受け止めるべし。
「朝鮮東北部の社会変容と植民地支配 : 清津港の建設をめぐって」(加藤圭木) https://t.co/A07UVT0nkY 梶村秀樹の最晩年の論考の問題をひきついだ論考。筆者の加藤氏は吉見裁判への応援や、植民地朝鮮における公害… https://t.co/UcfuP6OM9p
「<講演記録>中国山西省における日本軍性暴力に関する調査について」(石田米子) https://t.co/P36fQyoPOG … ・『黄土の村の性暴力』への入門ともいえる講演。前例のない条件下での聞き取り経験のすぐれた報告ともい… https://t.co/2GtdMVRJyU
「旧韓末北関地域経済と内外交易」(1990年、梶村秀樹) https://t.co/l7Jwc6Dhe3 ・梶村秀樹最晩年の論考。韓国が民主化のピークをむかえている時点で、経済史に立ち戻っていることには深い意味があるとみるべき。
「日本植民地研究の回顧と展望 : 朝鮮史を中心に」 https://t.co/qNPT4Hel61 ・日本の植民地朝鮮研究の歴史が概説されている。梶村秀樹にももちろん言及されている。 ただし、専門家向けのものなので、けっこう読むのが難しい。
「梶村秀樹の「未発の契機」 : 植民地歴史叙述と近代批判」(2013年、車承棋) https://t.co/eEFMJMmhX7 ・梶村秀樹という歴史家が歴史記述の何を変革したのか、それを明らかにした論文。私見では、この論文を無視して梶村秀樹を語ることはもはやできない。
「日本「戦後歴史学」の展開と未完の梶村史学 : 国家と民衆はいかに(再)発見されたか」(戸邉秀明) https://t.co/IcAMUzGNmY ・戦後歴史学という観点から梶村秀樹の成果を論じた論考。戸邉氏の本来の専門は沖縄史。専門の論文も興味深いものが多い。
「一九八七年の韓国情勢」(1990年) https://t.co/2WAiLToOMy ・梶村秀樹の韓国情勢報告。まずは民主化のピークという事実を厳粛に受け止めるべし。
「朝鮮東北部の社会変容と植民地支配 : 清津港の建設をめぐって」(加藤圭木) https://t.co/A07UVT0nkY 梶村秀樹の最晩年の論考の問題をひきついだ論考。筆者の加藤氏は吉見裁判への応援や、植民地朝鮮における公害… https://t.co/b2PzzP7O9L
「<講演記録>中国山西省における日本軍性暴力に関する調査について」(石田米子) https://t.co/P36fQyoPOG … ・『黄土の村の性暴力』への入門ともいえる講演。前例のない条件下での聞き取り経験のすぐれた報告ともい… https://t.co/uZhb1Ul4YS
「旧韓末北関地域経済と内外交易」(1990年、梶村秀樹) https://t.co/l7Jwc6Dhe3 ・梶村秀樹最晩年の論考。韓国が民主化のピークをむかえている時点で、経済史に立ち戻っていることには深い意味があるとみるべき。
「日本植民地研究の回顧と展望 : 朝鮮史を中心に」 https://t.co/qNPT4Hel61 ・日本の植民地朝鮮研究の歴史が概説されている。梶村秀樹にももちろん言及されている。 ただし、専門家向けのものなので、けっこう読むのが難しい。
「梶村秀樹の「未発の契機」 : 植民地歴史叙述と近代批判」(2013年、車承棋) https://t.co/eEFMJMmhX7 ・梶村秀樹という歴史家が歴史記述の何を変革したのか、それを明らかにした論文。私見では、この論文を無視して梶村秀樹を語ることはもはやできない。
「日本「戦後歴史学」の展開と未完の梶村史学 : 国家と民衆はいかに(再)発見されたか」(戸邉秀明) https://t.co/IcAMUzGNmY ・戦後歴史学という観点から梶村秀樹の成果を論じた論考。戸邉氏の本来の専門は沖縄史。専門の論文も興味深いものが多い。
「一九八七年の韓国情勢」(1990年) https://t.co/2WAiLToOMy ・梶村秀樹の韓国情勢報告。まずは民主化のピークという事実を厳粛に受け止めるべし。
「朝鮮東北部の社会変容と植民地支配 : 清津港の建設をめぐって」(加藤圭木) https://t.co/A07UVT0nkY 梶村秀樹の最晩年の論考の問題をひきついだ論考。筆者の加藤氏は吉見裁判への応援や、植民地朝鮮における公害… https://t.co/spJr3WmOHF
「<講演記録>中国山西省における日本軍性暴力に関する調査について」(石田米子) https://t.co/P36fQyoPOG … ・『黄土の村の性暴力』への入門ともいえる講演。前例のない条件下での聞き取り経験のすぐれた報告ともい… https://t.co/2bx26XtIrV
「旧韓末北関地域経済と内外交易」(1990年、梶村秀樹) https://t.co/l7Jwc6Dhe3 ・梶村秀樹最晩年の論考。韓国が民主化のピークをむかえている時点で、経済史に立ち戻っていることには深い意味があるとみるべき。
「日本植民地研究の回顧と展望 : 朝鮮史を中心に」 https://t.co/qNPT4Hel61 ・日本の植民地朝鮮研究の歴史が概説されている。梶村秀樹にももちろん言及されている。 ただし、専門家向けのものなので、けっこう読むのが難しい。
「梶村秀樹の「未発の契機」 : 植民地歴史叙述と近代批判」(2013年、車承棋) https://t.co/eEFMJMmhX7 ・梶村秀樹という歴史家が歴史記述の何を変革したのか、それを明らかにした論文。私見では、この論文を無視して梶村秀樹を語ることはもはやできない。
「日本「戦後歴史学」の展開と未完の梶村史学 : 国家と民衆はいかに(再)発見されたか」(戸邉秀明) https://t.co/IcAMUzGNmY ・戦後歴史学という観点から梶村秀樹の成果を論じた論考。戸邉氏の本来の専門は沖縄史。専門の論文も興味深いものが多い。
「一九八七年の韓国情勢」(1990年) https://t.co/2WAiLToOMy ・梶村秀樹の韓国情勢報告。まずは民主化のピークという事実を厳粛に受け止めるべし。
「朝鮮東北部の社会変容と植民地支配 : 清津港の建設をめぐって」(加藤圭木) https://t.co/A07UVT0nkY 梶村秀樹の最晩年の論考の問題をひきついだ論考。筆者の加藤氏は吉見裁判への応援や、植民地朝鮮における公害… https://t.co/WafSpIFdUq
「<講演記録>中国山西省における日本軍性暴力に関する調査について」(石田米子) https://t.co/P36fQyoPOG … ・『黄土の村の性暴力』への入門ともいえる講演。前例のない条件下での聞き取り経験のすぐれた報告ともい… https://t.co/e3Wy3d0Ea8
「旧韓末北関地域経済と内外交易」(1990年、梶村秀樹) https://t.co/l7Jwc6Dhe3 ・梶村秀樹最晩年の論考。韓国が民主化のピークをむかえている時点で、経済史に立ち戻っていることには深い意味があるとみるべき。
「日本植民地研究の回顧と展望 : 朝鮮史を中心に」 https://t.co/qNPT4Hel61 ・日本の植民地朝鮮研究の歴史が概説されている。梶村秀樹にももちろん言及されている。 ただし、専門家向けのものなので、けっこう読むのが難しい。
「梶村秀樹の「未発の契機」 : 植民地歴史叙述と近代批判」(2013年、車承棋) https://t.co/eEFMJMmhX7 ・梶村秀樹という歴史家が歴史記述の何を変革したのか、それを明らかにした論文。私見では、この論文を無視して梶村秀樹を語ることはもはやできない。
「日本「戦後歴史学」の展開と未完の梶村史学 : 国家と民衆はいかに(再)発見されたか」(戸邉秀明) https://t.co/IcAMUzGNmY ・戦後歴史学という観点から梶村秀樹の成果を論じた論考。戸邉氏の本来の専門は沖縄史。専門の論文も興味深いものが多い。
「一九八七年の韓国情勢」(1990年) https://t.co/2WAiLToOMy ・梶村秀樹の韓国情勢報告。まずは民主化のピークという事実を厳粛に受け止めるべし。
「朝鮮東北部の社会変容と植民地支配 : 清津港の建設をめぐって」(加藤圭木) https://t.co/A07UVT0nkY 梶村秀樹の最晩年の論考の問題をひきついだ論考。筆者の加藤氏は吉見裁判への応援や、植民地朝鮮における公害… https://t.co/Fux0zLSn5h
「<講演記録>中国山西省における日本軍性暴力に関する調査について」(石田米子) https://t.co/P36fQyoPOG … ・『黄土の村の性暴力』への入門ともいえる講演。前例のない条件下での聞き取り経験のすぐれた報告ともい… https://t.co/iK896TP9s3
「旧韓末北関地域経済と内外交易」(1990年、梶村秀樹) https://t.co/l7Jwc6Dhe3 ・梶村秀樹最晩年の論考。韓国が民主化のピークをむかえている時点で、経済史に立ち戻っていることには深い意味があるとみるべき。
「日本植民地研究の回顧と展望 : 朝鮮史を中心に」 https://t.co/qNPT4Hel61 ・日本の植民地朝鮮研究の歴史が概説されている。梶村秀樹にももちろん言及されている。 ただし、専門家向けのものなので、けっこう読むのが難しい。
「梶村秀樹の「未発の契機」 : 植民地歴史叙述と近代批判」(2013年、車承棋) https://t.co/eEFMJMmhX7 ・梶村秀樹という歴史家が歴史記述の何を変革したのか、それを明らかにした論文。私見では、この論文を無視して梶村秀樹を語ることはもはやできない。
「日本「戦後歴史学」の展開と未完の梶村史学 : 国家と民衆はいかに(再)発見されたか」(戸邉秀明) https://t.co/IcAMUzGNmY ・戦後歴史学という観点から梶村秀樹の成果を論じた論考。戸邉氏の本来の専門は沖縄史。専門の論文も興味深いものが多い。
「一九八七年の韓国情勢」(1990年) https://t.co/2WAiLToOMy ・梶村秀樹の韓国情勢報告。まずは民主化のピークという事実を厳粛に受け止めるべし。
「朝鮮東北部の社会変容と植民地支配 : 清津港の建設をめぐって」(加藤圭木) https://t.co/A07UVT0nkY 梶村秀樹の最晩年の論考の問題をひきついだ論考。筆者の加藤氏は吉見裁判への応援や、植民地朝鮮における公害… https://t.co/xaSD2NWvCA
「<講演記録>中国山西省における日本軍性暴力に関する調査について」(石田米子) https://t.co/P36fQyoPOG … ・『黄土の村の性暴力』への入門ともいえる講演。前例のない条件下での聞き取り経験のすぐれた報告ともい… https://t.co/b2300LhSx4
「旧韓末北関地域経済と内外交易」(1990年、梶村秀樹) https://t.co/l7Jwc6Dhe3 ・梶村秀樹最晩年の論考。韓国が民主化のピークをむかえている時点で、経済史に立ち戻っていることには深い意味があるとみるべき。
「日本植民地研究の回顧と展望 : 朝鮮史を中心に」 https://t.co/qNPT4Hel61 ・日本の植民地朝鮮研究の歴史が概説されている。梶村秀樹にももちろん言及されている。 ただし、専門家向けのものなので、けっこう読むのが難しい。
「梶村秀樹の「未発の契機」 : 植民地歴史叙述と近代批判」(2013年、車承棋) https://t.co/eEFMJMmhX7 ・梶村秀樹という歴史家が歴史記述の何を変革したのか、それを明らかにした論文。私見では、この論文を無視して梶村秀樹を語ることはもはやできない。
「日本「戦後歴史学」の展開と未完の梶村史学 : 国家と民衆はいかに(再)発見されたか」(戸邉秀明) https://t.co/IcAMUzGNmY ・戦後歴史学という観点から梶村秀樹の成果を論じた論考。戸邉氏の本来の専門は沖縄史。専門の論文も興味深いものが多い。
「一九八七年の韓国情勢」(1990年) https://t.co/2WAiLToOMy ・梶村秀樹の韓国情勢報告。まずは民主化のピークという事実を厳粛に受け止めるべし。
「朝鮮東北部の社会変容と植民地支配 : 清津港の建設をめぐって」(加藤圭木) https://t.co/A07UVT0nkY 梶村秀樹の最晩年の論考の問題をひきついだ論考。筆者の加藤氏は吉見裁判への応援や、植民地朝鮮における公害… https://t.co/ueJyod6QBe
「<講演記録>中国山西省における日本軍性暴力に関する調査について」(石田米子) https://t.co/P36fQyoPOG … ・『黄土の村の性暴力』への入門ともいえる講演。前例のない条件下での聞き取り経験のすぐれた報告ともい… https://t.co/h31ZS5qSzs
「旧韓末北関地域経済と内外交易」(1990年、梶村秀樹) https://t.co/l7Jwc6Dhe3 ・梶村秀樹最晩年の論考。韓国が民主化のピークをむかえている時点で、経済史に立ち戻っていることには深い意味があるとみるべき。
「日本植民地研究の回顧と展望 : 朝鮮史を中心に」 https://t.co/qNPT4Hel61 ・日本の植民地朝鮮研究の歴史が概説されている。梶村秀樹にももちろん言及されている。 ただし、専門家向けのものなので、けっこう読むのが難しい。
「梶村秀樹の「未発の契機」 : 植民地歴史叙述と近代批判」(2013年、車承棋) https://t.co/eEFMJMmhX7 ・梶村秀樹という歴史家が歴史記述の何を変革したのか、それを明らかにした論文。私見では、この論文を無視して梶村秀樹を語ることはもはやできない。
「日本「戦後歴史学」の展開と未完の梶村史学 : 国家と民衆はいかに(再)発見されたか」(戸邉秀明) https://t.co/IcAMUzGNmY ・戦後歴史学という観点から梶村秀樹の成果を論じた論考。戸邉氏の本来の専門は沖縄史。専門の論文も興味深いものが多い。
「一九八七年の韓国情勢」(1990年) https://t.co/2WAiLToOMy ・梶村秀樹の韓国情勢報告。まずは民主化のピークという事実を厳粛に受け止めるべし。
「朝鮮東北部の社会変容と植民地支配 : 清津港の建設をめぐって」(加藤圭木) https://t.co/A07UVT0nkY 梶村秀樹の最晩年の論考の問題をひきついだ論考。筆者の加藤氏は吉見裁判への応援や、植民地朝鮮における公害… https://t.co/UHE06HlHVU
「<講演記録>中国山西省における日本軍性暴力に関する調査について」(石田米子) https://t.co/P36fQyoPOG … ・『黄土の村の性暴力』への入門ともいえる講演。前例のない条件下での聞き取り経験のすぐれた報告ともい… https://t.co/7g9dW3V0Az
「旧韓末北関地域経済と内外交易」(1990年、梶村秀樹) https://t.co/l7Jwc6Dhe3 ・梶村秀樹最晩年の論考。韓国が民主化のピークをむかえている時点で、経済史に立ち戻っていることには深い意味があるとみるべき。
「日本植民地研究の回顧と展望 : 朝鮮史を中心に」 https://t.co/qNPT4Hel61 ・日本の植民地朝鮮研究の歴史が概説されている。梶村秀樹にももちろん言及されている。 ただし、専門家向けのものなので、けっこう読むのが難しい。
「梶村秀樹の「未発の契機」 : 植民地歴史叙述と近代批判」(2013年、車承棋) https://t.co/eEFMJMmhX7 ・梶村秀樹という歴史家が歴史記述の何を変革したのか、それを明らかにした論文。私見では、この論文を無視して梶村秀樹を語ることはもはやできない。

お気に入り一覧(最新100件)

フォロー(195ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

【GID/ホルモン療法】石原 理ほか「性同一性障害とホルモン療法 (特集 ホルモン療法UP TO DATE)」産婦人科治療 93巻4号 pp.444-448 (2006-10) 永井書店 https://t.co/40XDBVQPNc
CiNii 論文 -  戦国期の守護権をめぐって--越前朝倉氏の場合 https://t.co/TSr5dpHBB8 #CiNii
低線量被曝ではDNAが修復されるから影響がない、というのは基本的な誤りです。DNA修復にはエラーがあり、これによってできた変異は元には戻りません。ですから閾値なしが妥当なのです。 https://t.co/oQPPE16dDU
CiNii 論文 -  二条良基と 「揚名介」 : 除目の秘事, および 『源氏物語』 の難義として https://t.co/QMq0AzAUoC #CiNii
【L】杉浦郁子「レズビアンであることを選択するまで : ある女性のライフヒストリーから」中央大学社会科学研究所年報 8号 (p.143-158) 2003 中央大学出版部 https://t.co/oT1iKIRnSs
【GID/看護学/泌尿器科学】根本良介「おもしろ看護泌尿器科学(第22回) 泌尿器科の疾患 男性学(1) 性同一性障害,男性更年期障害」泌尿器ケア 11巻10号 pp.1037-1040 (2006-10) メディカ出版 https://t.co/WrsEDezdRH
CiNii 論文 -  食文化の研究 : 茶の伝来と博多の茶人についての一考察(人文科学編) https://t.co/9CLaE8osag #CiNii
CiNii 論文 -  鎌倉幕府御家人制研究の一視点--散所御家人を通して https://t.co/Icm289CLk5 #CiNii
【LGB】石丸径一郎「性的マイノリティにおける自尊心維持 : 他者からの受容感という観点から」心理学研究 75巻3号 (p.191-198) 2004-08 日本心理学会 https://t.co/LhDjb9m4VF [PDF_J-STAGE]
【GID/MtF/女声】櫻庭京子「話者照合技術を用いた性同一性症者(MtF)の音声に対する女声度の自動推定とその臨床応用」日本=性研究会議会報 18巻1号 pp.67-77 (2006-11) 日本性教育協会 https://t.co/b11fEAb7SL
CiNii 論文 -  戰記物語にあらはれた中世武士と戰爭(占部博士古稀記念號) https://t.co/fTTeQiPdK5 #CiNii
CiNii 論文 -  鎮西探題の所在地について(人文・社会科学編) https://t.co/EX1D0uMPrr #CiNii
【GID】矢野里佳ほか「福岡大学病院における性同一性障害治療の現状と症例の特徴について」福岡大学医学紀要 34巻3号 (p.233-239) 2007-09 福岡大学 https://t.co/V1fygcC5yN [PDF]
【GID/脳発達/ホルモン】山内俊雄ほか「性同一性障害からみた脳発達に及ぼすホルモンの影響」神経研究の進歩 50巻6号 pp.857-868 (2006-12) 医学書院 https://t.co/TJJAdRgVRY
CiNii 論文 -  源後頼と連歌 : その二重構造性を中心として https://t.co/1OmXqUP6d6 #CiNii
【LGB】日高庸晴「社会調査から見た性的指向と健康問題」女性学評論 21巻(p.49-66) 2007 神戸女学院大学女性学インスティテュート https://t.co/VfeVtAjx6E [PDF]
【GID/心理学】長坂 晟「性同一性障害者のための心理的援助」マクロ・カウンセリング研究 5巻 pp.34-49 (2006-12) マクロ・カウンセリング研究会 https://t.co/xvFLhxXv5G
【GID】荘島(湧井)幸子「ある性同一性障害者の自己構築プロセスの分析 : 同一トランスクリプトによる知見の羅生門的生成」京都大学大学院教育学研究科紀要 53号 京都大学大学院教育学研究科 https://t.co/9Yk6vtYv54 [PDFリポジトリ]
【GID/痙攣性発声障害】讃岐徹治ほか「性同一性障害と痙攣性発声障害に対する喉頭枠組み手術」Koutou (THE LARYNX JAPAN) 19巻2号 pp.54-58 (2007) 日本喉頭科学会 https://t.co/sUIpRsK9Kj [PDF_J-STAGE]
【TG/GID】三橋順子「往還するジェンダーと身体」 天野正子ほか編『セクシュアリティ : 新編日本のフェミニズム6』(P.304-313) 岩波書店 [ISBN 978-4000281416] https://t.co/XbbC3a83VK [図書書誌]
【GID/臨床】岡田弘司「性同一性障害の臨床の基礎」関西大学心理相談室紀要 9号 pp.1-8 (2007) 関西大学心理相談室 https://t.co/10BaId1xxr
【GID/援助】足利 学ほか「性同一性障害の児童・生徒に対する援助」関西大学心理相談室紀要 9号 pp.9-14 (2007) 関西大学心理相談室 https://t.co/y1G6T66CwU
CiNii 論文 -  <論文>『伽婢子』論 : 乱世を語る方法 https://t.co/KRdkul7sFE #CiNii
【TG】田中 玲「なぜトランスジェンダーフェミニズムか」 天野正子ほか編『セクシュアリティ : 新編日本のフェミニズム6』(P.297-303) 岩波書店 [ISBN 978-4000281416] https://t.co/XbbC3a83VK [図書書誌]
【GID/差別/偏見】高津 桂「性同一性障害者の叫び : 差別、偏見を乗り越えてマイノリティはどう生きるか (特集 異議申し立て)」現代の理論 11巻 pp.61-67 (2007) https://t.co/p4Fzb1ra8k
CiNii 論文 -  中尊寺の藤原氏遺体が納められてあつた金棺内の昆虫について(第 11 回日本昆蟲学会大回講演要旨) https://t.co/iY3gckAxVL #CiNii
CiNii 論文 -  鎌倉幕府に於ける地方監察の使節について https://t.co/mzcogL8roN #CiNii
RT @JSSunofficial: 書評 有薗真代著『ハンセン病療養所を生きる : 隔離壁を砦に』 https://t.co/nRQJiIMqj3
【GID/医療ミス】ヨシノ支援プロジェクトほか「事実と大きく食い違う大阪医大の準備書面 : 続「性同一性障害」医療ミス裁判闘争によせて」インパクション 159号 pp.184-187 (2007) インパクト出版会 https://t.co/Xkq1mrq5J8
CiNii 論文 -  頼朝と慈円の和歌の贈答について https://t.co/udJn0s8or6 #CiNii
CiNii 論文 -  葬式仏教の誕生(第五十七回智山教学大会講演) https://t.co/nXcmUeISwe #CiNii
【LGT】三橋順子「テレビの中の性的マイノリティ : メディアを考える」 週刊金曜日 17巻22号 (p.22-23) 2009-06-12 金曜日 https://t.co/lY5VcI7yWw
【GID/心理学】梅宮れいか「性同一性障害の治療に伴う患者の心理的不安定性 : 治療内容とSDS、ストレス自覚、およびパスの自己評価度との間に認められた関係」研究紀要 39巻 pp.43-48 (2007) 福島学院大学 https://t.co/S2RetXpB3Y
CiNii 論文 -  神代の幽契 : 愚管抄・春日驗記に見える藤原氏の神話の形成 https://t.co/bixx5TerxN #CiNii
CiNii 論文 -  鎌倉幕府の裁判における問状・召文に関する覚え書き : その理解の現状と今後の課題 https://t.co/GXDaMj8lQm #CiNii
【GID】加藤慶二「性同一性障害と立法裁量論 : 最高裁第三小法廷平成19年10月19日決定,最高裁第一小法廷平成19年10月22日決定」明治学院大学法科大学院ローレビュー 10巻 明治学院大学大学院法務職研究科… https://t.co/robuoGrLUA
【GID/MtF/ホルモン療法】佐々木愛子ほか「性同一性障害Male to Female Transsexual (MTF)症例のホルモン療法の効果発現の検討」日本産科婦人科學會雜誌 58巻2号 p.502 https://t.co/J1DZvSXiPC [PDF定額]
CiNii 論文 -  鎌倉幕府安堵御教書について(国史学,史学専攻,昭和六一年度修士論文要旨,彙報) https://t.co/2LUPhGeqEv #CiNii
CiNii 論文 -  足利義昭(秋)期に於ける越後上杉氏の対外交渉--智光院頼慶の行動を中心として https://t.co/jfYJyahVOQ #CiNii
【GID/SRS/特例法/性別変更】小野幸二「性同一性障害特例法における性別適合手術と戸籍の変更」産婦人科の世界 58巻3号 pp.295-297 (2006-03) 医学の世界社 https://t.co/9dKXXuMQo2
CiNii 論文 -  実朝伝説と聖徳太子 : 『吾妻鏡』における源実朝像の背景 https://t.co/rpj8mLrhs6 #CiNii
CiNii 論文 -  足利氏の制札の研究 : 南北朝期を中心に https://t.co/vYOLkN7yhW #CiNii
【TS/TG/TV/GID】櫻庭京子ほか「女性と判定される声の特徴 : 性同一性障害者の話声位」音声言語医学 50巻1号 (p.14-20) 2009-01-20 日本音声言語医学会 https://t.co/jvj9ZeLzfQ [PDF_J-STAGE]
【GID/MtF/SRS】石井和史ほか「性同一性障害患者(Male to Female)に対する性別適合手術:岡山大学における経験」日本泌尿器科學會雜誌 97巻2号 p.344 (2006) 社団法人日本泌尿器科学会 https://t.co/RgiGt0TBIO [PDF有料]
CiNii 論文 -  <論説>「鹿苑院殿厳島詣記」と「鹿苑院西国下向記」 https://t.co/9jZkC2bOA4 #CiNii
CiNii 論文 -  中世後期における朝廷・公家社会秩序維持のコストについて : 拝賀儀礼の分析と朝儀の経済構造 https://t.co/tDGLmn2Ho1 #CiNii
【GID】荘島幸子「ある「性同一性障害」者の心理的・関係構造モデル : くいちがい・つなぎ・はなれの3つの上位モデルの生成」京都大学大学院教育学研究科紀要 55号 2009 京都大学大学院教育学研究科 https://t.co/HtkZcXyrD3 [PDFリポジトリ]
【GID/心理査定】矢野里佳ほか「43.性同一性障害診断時における心理査定の役割 : 心理査定フィードバックが治療への動機づけに有効であった2症例をもとに」心身医学 46巻5号 p.399 (2006) 日本心身医学会… https://t.co/rqE1KeV2Wd
CiNii 論文 -  崇徳院の怨霊と後白河院、そして清盛 : 崇徳院怨霊譚の物語化の問題をめぐって https://t.co/Bnpo3qXFVR #CiNii
CiNii 論文 -  明治大正期の小学校教科書における挿絵の考察 : 歴史・修身・国語教科書に描かれた英雄像(その1) https://t.co/uBrfIldehZ #CiNii
【LGBT/同性婚】堀江有里「同性間の<婚姻>に関する批判的考察 : 日本の社会制度の文脈から」社会システム研究 21巻 (P.37-57) 2010-09 立命館大学 https://t.co/yUaWuHrNm9 https://t.co/2NGBjOzWlj [PDF]
【GID/特例法/裁判例】二宮周平「家族2 性同一性障害者の性別取扱いの変更申立てを却下した事例(東京高決平成17.5.17家月57巻10号99頁) 」判例タイムズ 57巻13号 pp.47-53 (2006-05) 判例タイムズ社 https://t.co/xeJ7aQ01yb
CiNii 論文 -  「神祇管領長上」考 : 室町期の吉田家と神祇官 https://t.co/iUFKXpzdrU #CiNii
【GID】佐々木掌子「子どもの性同一性障害 : 小児期・思春期・青年期のGIDに関する研究動向」哲学 123巻 (p.159-184) 2010-03 三田哲學會 https://t.co/TZjDwlrznI [PDFリポジトリ]
【GID】中村美亜ほか「性のヘルスプロモーション(8) : インタビュー 性同一性障害」公衆衛生 70巻6号 pp.477-482 (2006-06) 医学書院 https://t.co/SFdOHXjVR1
【GID】高橋義雄「性同一性障害に対する包括的医療の実践」岡山醫學會雜誌 113巻3号 (P.279-284) 2001-12-31 岡山医学会 https://t.co/a0cPgDNdLz [PDFリポジトリ]
【GID/特例法/裁判例/違憲審査】大島俊之「家事裁判例紹介 性同一性障害者性別特例法の無子要件を合憲とした事例(東京高裁平成17.5.17決定)」民商法雑誌 134巻3号 pp.503-508 (2006-06) 有斐閣 https://t.co/IQD0zUes11
【GID/SRS】高松亜子ほか「性同一性障害に対するファーストステージの手術経験 : 女性から男性へ」日形会誌 : 日本形成外科学会会誌 26巻7号 pp.428-433 (2006-07-20) https://t.co/OKIJ32xbD5
【GID/泌尿器科】永井 敦「性同一性障害と泌尿器科」臨床泌尿器科 60巻9号 pp.611-616 (2006-08) 医学書院 https://t.co/9bhp1uEJjB
RT @t_wak: 撫順に代表される、中国の戦犯教育。中国側の管理所員がまず自分と闘わなければならなかったのだな。日本側に寛大と映った対応の内実が興味深い。 ~石田隆至 中国の戦犯処遇方針にみる「寛大さ」と「厳格さ」 : 初期の戦犯教育を中心に https://t.co/u3…
CiNii 論文 -  南北朝期における在地領主の結合形態--越後国小泉荘加納方地頭色部一族 https://t.co/mtrNaDS4MC #CiNii
【GID/臨床】地崎竜介ほか「関西医大における性同一性障害患者の診療」日本性機能学会雑誌 21巻2号 p.174 (2006-08-01) https://t.co/HMxDRifua2
CiNii 論文 -  戦国期の守護権をめぐって--越前朝倉氏の場合 https://t.co/TSr5dpHBB8 #CiNii
RT @bokukoui: ちなみに湯川先生は、先年アメリカの電車史を手際よく『運輸と経済』にまとめられました。これは、アメリカの強い影響を受けた日本の電車史に興味のある人にも必読です。今年出る予定の本に再録される予定があるとも聞いています。 https://t.co/cH9B…
CiNii 論文 -  蹴鞠についての造園的考察(平成元年度日本造園学会研究発表論文集(7)) https://t.co/CmdKwgudAd #CiNii
【GID】難波祐三郎ほか「経験 性同一性障害に対する乳房切除術の経験」形成外科 49巻9号 pp.985-991 (2006-09) 克誠堂出版 https://t.co/1W65zb9KW5
CiNii 論文 -  中世里内裏陣中の構造と空間的性質について : 公家社会の意識と「宮中」の治安 https://t.co/Wb20ZrAwbn #CiNii
CiNii 論文 -  戦国大名武田氏の領域支配と「郡司」 : 信濃国諏方郡支配を事例として https://t.co/de36WomOGk #CiNii
【GID/臨床】塚田 攻「性同一性障害の臨床 (特集2 性同一性障害(GID)の診かた)」精神科 9巻3号 pp.236-241 (2006-09) https://t.co/IhlM48tWC0
ちなみに湯川先生は、先年アメリカの電車史を手際よく『運輸と経済』にまとめられました。これは、アメリカの強い影響を受けた日本の電車史に興味のある人にも必読です。今年出る予定の本に再録される予定があるとも聞いています。 https://t.co/cH9BxOV54k
CiNii 論文 -  室町幕府 : 守護体制変容過程の研究(課程博士論文要旨) https://t.co/ggybxdEeyP #CiNii
RT @hayakawa2600: @Raven_6_trpg 昭和19年2月10日には、大蔵省内に「皇国租税理念調査会」なるおっかない調査機関も設けられていました。:吉牟田勲「皇国租税理念調査会小史」https://t.co/cHsWzNTi3a
CiNii 論文 -  諷刺のエネルギー : 『太平記』と落首 https://t.co/waXQbheMzu #CiNii
RT @hayakawa2600: @Raven_6_trpg 昭和19年2月10日には、大蔵省内に「皇国租税理念調査会」なるおっかない調査機関も設けられていました。:吉牟田勲「皇国租税理念調査会小史」https://t.co/cHsWzNTi3a
【LGB/家族】志田哲之「ともに暮らす同性カップルのつながり : インタビュー調査から得たつながりと家族の意識をもとに」人間・エイジング・社会 6号 pp.45-54 (2004) 人間・エイジング・社会編集委員会 https://t.co/b2y4PNkHWE
@Raven_6_trpg 昭和19年2月10日には、大蔵省内に「皇国租税理念調査会」なるおっかない調査機関も設けられていました。:吉牟田勲「皇国租税理念調査会小史」https://t.co/cHsWzNTi3a
CiNii 論文 -  武家百人一首と其の類列の百人一首 https://t.co/BwwLaYMADR #CiNii
CiNii 論文 -  『吾妻鏡』の死没記事 https://t.co/23a3YsVn3o #CiNii
【G/家族】志田哲之「同性愛者の家族言説に関する予備的考察」人間・エイジング・社会 5号 pp.93-104 (2003) 人間・エイジング・社会編集委員会 https://t.co/qaqAkL1n7A
CiNii 論文 -  「竹むきが記」の翻刻(全) https://t.co/ZoOIixY3BZ #CiNii
CiNii 論文 -  山門使節と室町幕府 : 永享・嘉吉事件と護正院の台頭(研究) https://t.co/KyI0QPnhwU #CiNii
【セクシュアリティ/社会構築主義/セジウィック】志田哲之「文献紹介:クローゼットの認識論 セクシュアリティの20世紀」家族社会学研究 13巻1号 pp.105-105 (2001) 日本家族社会学会 https://t.co/pwzsi3PHjR [PDF_J-STAGE]
CiNii 論文 -  禅宗の祈祷と室町幕府 : 三つの祈祷システム https://t.co/MbEAN31JRK #CiNii
CiNii 論文 -  竹むきが記 : 三大危機の只中に立って(<特集>中世・危機と「文学」) https://t.co/GlGF9nAmDG #CiNii
【非異性愛/家族研究】志田哲之「ノンヘテロセクシュアルと家族の研究にむけて」人間・エイジング・社会 2号 pp.77-91 (2000) 人間・エイジング・社会編集委員会 https://t.co/P7KOeRW4a4
CiNii 論文 -  楠氏五代記 巻一 : 解説と翻刻 https://t.co/Rpmiysx3Tr #CiNii
CiNii 論文 -  鎌倉幕府守護管国統治機構について(中) https://t.co/D7pioDmg52 #CiNii
【婚姻/非法律婚】志田哲之「書評 善積京子著『〈近代家族〉を超える : 非法律婚カップルの声』」家族研究年報 24号 P.73-76 (1999) 家族問題研究会 https://t.co/WvrvDi74Qq
CiNii 論文 -  近代国民国家のイデオロギー装置と国民的偉人--楠木正成をめぐる明治期のふたつの出来事 https://t.co/zleIiiINii #CiNii
【GID/人権/法学/判例】谷口洋幸「個人研究助成受託者報告 性同一性障害に関する国際人権判例の研究」ジェンダー研究 7号 pp.93-114 (2004-12) 東海ジェンダー研究所 https://t.co/fTDQZw5Xfo
【LG】宮澤 仁ほか「同性愛者に対する態度とメディア・リテラシーとの関連」東京学芸大学紀要 総合教育科学系 59巻 (p.211-221) 2008-02 東京学芸大学 https://t.co/1vEtXk1SP3 [PDF]
【GID/先天性説】光嶋 勲「先天異常としての性同一性障害」小児科 45巻13号 pp.2327-2330 (2004-12) 金原出版 https://t.co/YtvtJSDCes
【GID】松尾 泉「性同一性障害の取り扱い」産婦人科の進歩 57巻4号 pp.365-366 (2005) 近畿産科婦人科学会 https://t.co/oos8FozTOu [PDF_J-STAGE_有料]
【GID】畑 英理「性同一性障害をめぐる断章」臨床哲学のメチエ 6巻 (p.14-17) 2000 大阪大学大学院研究科臨床哲学研究室 https://t.co/JL8X8nB0aF [PDFリポジトリ]
【GID/法学】山本克司「性同一性障害に関する法的問題点についての一考察」人間文化研究所紀要 10号 pp.113-123 (2005) 聖カタリナ大学人間文化研究所 https://t.co/ORfLV6gt2K
CiNii 論文 -  南北朝期における国衙(松本芳夫先生古稀記念) https://t.co/gXM8lqdBsL #CiNii
【総合/LGBT】石丸径一郎「マイノリティ・グループ・アイデンティティ : 人はいかにして自らに付与された差異を取り扱うか」東京大学大学院教育学研究科紀要 41巻 (p.283-290) 2002-02-25 東京大学 https://t.co/2R5av9wQSi [PDF]
【GID/FtM/SRS/タイ】梅宮れいか「性同一性障害(女→男)の手術療法の問題点と患者心理への対応 : タイ国におけるSRS(FtM)の現状と問題点」研究紀要 37巻 pp.47-53 (2005) 福島学院大学 https://t.co/V0mtnvl5HD
CiNii 論文 -  室町幕府と南蛮 : <足利の中華>の成立 (伊藤定良教授退任記念号) https://t.co/38B1tM7XhJ #CiNii
@seia21390430 区別というかわりと最近の話だけどイタリアはリビアの植民地支配と現地での残虐行為を謝罪、賠償支払いについて合意 CiNii 論文 -  イタリアの戦後賠償 (第2部 連合国の「寛大なる講和」と旧枢軸国の… https://t.co/yaRzS6ssmP

フォロワー(25ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

【GID/ホルモン療法】石原 理ほか「性同一性障害とホルモン療法 (特集 ホルモン療法UP TO DATE)」産婦人科治療 93巻4号 pp.444-448 (2006-10) 永井書店 https://t.co/40XDBVQPNc
【L】杉浦郁子「レズビアンであることを選択するまで : ある女性のライフヒストリーから」中央大学社会科学研究所年報 8号 (p.143-158) 2003 中央大学出版部 https://t.co/oT1iKIRnSs
【GID/看護学/泌尿器科学】根本良介「おもしろ看護泌尿器科学(第22回) 泌尿器科の疾患 男性学(1) 性同一性障害,男性更年期障害」泌尿器ケア 11巻10号 pp.1037-1040 (2006-10) メディカ出版 https://t.co/WrsEDezdRH
【LGB】石丸径一郎「性的マイノリティにおける自尊心維持 : 他者からの受容感という観点から」心理学研究 75巻3号 (p.191-198) 2004-08 日本心理学会 https://t.co/LhDjb9m4VF [PDF_J-STAGE]
【GID/MtF/女声】櫻庭京子「話者照合技術を用いた性同一性症者(MtF)の音声に対する女声度の自動推定とその臨床応用」日本=性研究会議会報 18巻1号 pp.67-77 (2006-11) 日本性教育協会 https://t.co/b11fEAb7SL
【GID】矢野里佳ほか「福岡大学病院における性同一性障害治療の現状と症例の特徴について」福岡大学医学紀要 34巻3号 (p.233-239) 2007-09 福岡大学 https://t.co/V1fygcC5yN [PDF]
【GID/脳発達/ホルモン】山内俊雄ほか「性同一性障害からみた脳発達に及ぼすホルモンの影響」神経研究の進歩 50巻6号 pp.857-868 (2006-12) 医学書院 https://t.co/TJJAdRgVRY
【LGB】日高庸晴「社会調査から見た性的指向と健康問題」女性学評論 21巻(p.49-66) 2007 神戸女学院大学女性学インスティテュート https://t.co/VfeVtAjx6E [PDF]
【GID/心理学】長坂 晟「性同一性障害者のための心理的援助」マクロ・カウンセリング研究 5巻 pp.34-49 (2006-12) マクロ・カウンセリング研究会 https://t.co/xvFLhxXv5G
【GID】荘島(湧井)幸子「ある性同一性障害者の自己構築プロセスの分析 : 同一トランスクリプトによる知見の羅生門的生成」京都大学大学院教育学研究科紀要 53号 京都大学大学院教育学研究科 https://t.co/9Yk6vtYv54 [PDFリポジトリ]
【GID/痙攣性発声障害】讃岐徹治ほか「性同一性障害と痙攣性発声障害に対する喉頭枠組み手術」Koutou (THE LARYNX JAPAN) 19巻2号 pp.54-58 (2007) 日本喉頭科学会 https://t.co/sUIpRsK9Kj [PDF_J-STAGE]
【TG/GID】三橋順子「往還するジェンダーと身体」 天野正子ほか編『セクシュアリティ : 新編日本のフェミニズム6』(P.304-313) 岩波書店 [ISBN 978-4000281416] https://t.co/XbbC3a83VK [図書書誌]
【GID/臨床】岡田弘司「性同一性障害の臨床の基礎」関西大学心理相談室紀要 9号 pp.1-8 (2007) 関西大学心理相談室 https://t.co/10BaId1xxr
【GID/援助】足利 学ほか「性同一性障害の児童・生徒に対する援助」関西大学心理相談室紀要 9号 pp.9-14 (2007) 関西大学心理相談室 https://t.co/y1G6T66CwU
【TG】田中 玲「なぜトランスジェンダーフェミニズムか」 天野正子ほか編『セクシュアリティ : 新編日本のフェミニズム6』(P.297-303) 岩波書店 [ISBN 978-4000281416] https://t.co/XbbC3a83VK [図書書誌]
【GID/差別/偏見】高津 桂「性同一性障害者の叫び : 差別、偏見を乗り越えてマイノリティはどう生きるか (特集 異議申し立て)」現代の理論 11巻 pp.61-67 (2007) https://t.co/p4Fzb1ra8k
【GID/医療ミス】ヨシノ支援プロジェクトほか「事実と大きく食い違う大阪医大の準備書面 : 続「性同一性障害」医療ミス裁判闘争によせて」インパクション 159号 pp.184-187 (2007) インパクト出版会 https://t.co/Xkq1mrq5J8
【LGT】三橋順子「テレビの中の性的マイノリティ : メディアを考える」 週刊金曜日 17巻22号 (p.22-23) 2009-06-12 金曜日 https://t.co/lY5VcI7yWw
【GID/心理学】梅宮れいか「性同一性障害の治療に伴う患者の心理的不安定性 : 治療内容とSDS、ストレス自覚、およびパスの自己評価度との間に認められた関係」研究紀要 39巻 pp.43-48 (2007) 福島学院大学 https://t.co/S2RetXpB3Y
【GID】加藤慶二「性同一性障害と立法裁量論 : 最高裁第三小法廷平成19年10月19日決定,最高裁第一小法廷平成19年10月22日決定」明治学院大学法科大学院ローレビュー 10巻 明治学院大学大学院法務職研究科… https://t.co/robuoGrLUA
【GID/MtF/ホルモン療法】佐々木愛子ほか「性同一性障害Male to Female Transsexual (MTF)症例のホルモン療法の効果発現の検討」日本産科婦人科學會雜誌 58巻2号 p.502 https://t.co/J1DZvSXiPC [PDF定額]
【GID/SRS/特例法/性別変更】小野幸二「性同一性障害特例法における性別適合手術と戸籍の変更」産婦人科の世界 58巻3号 pp.295-297 (2006-03) 医学の世界社 https://t.co/9dKXXuMQo2
【TS/TG/TV/GID】櫻庭京子ほか「女性と判定される声の特徴 : 性同一性障害者の話声位」音声言語医学 50巻1号 (p.14-20) 2009-01-20 日本音声言語医学会 https://t.co/jvj9ZeLzfQ [PDF_J-STAGE]
【GID/MtF/SRS】石井和史ほか「性同一性障害患者(Male to Female)に対する性別適合手術:岡山大学における経験」日本泌尿器科學會雜誌 97巻2号 p.344 (2006) 社団法人日本泌尿器科学会 https://t.co/RgiGt0TBIO [PDF有料]
【GID】荘島幸子「ある「性同一性障害」者の心理的・関係構造モデル : くいちがい・つなぎ・はなれの3つの上位モデルの生成」京都大学大学院教育学研究科紀要 55号 2009 京都大学大学院教育学研究科 https://t.co/HtkZcXyrD3 [PDFリポジトリ]
【GID/心理査定】矢野里佳ほか「43.性同一性障害診断時における心理査定の役割 : 心理査定フィードバックが治療への動機づけに有効であった2症例をもとに」心身医学 46巻5号 p.399 (2006) 日本心身医学会… https://t.co/rqE1KeV2Wd
【LGBT/同性婚】堀江有里「同性間の<婚姻>に関する批判的考察 : 日本の社会制度の文脈から」社会システム研究 21巻 (P.37-57) 2010-09 立命館大学 https://t.co/yUaWuHrNm9 https://t.co/2NGBjOzWlj [PDF]
【GID/特例法/裁判例】二宮周平「家族2 性同一性障害者の性別取扱いの変更申立てを却下した事例(東京高決平成17.5.17家月57巻10号99頁) 」判例タイムズ 57巻13号 pp.47-53 (2006-05) 判例タイムズ社 https://t.co/xeJ7aQ01yb
【GID】佐々木掌子「子どもの性同一性障害 : 小児期・思春期・青年期のGIDに関する研究動向」哲学 123巻 (p.159-184) 2010-03 三田哲學會 https://t.co/TZjDwlrznI [PDFリポジトリ]
【GID】中村美亜ほか「性のヘルスプロモーション(8) : インタビュー 性同一性障害」公衆衛生 70巻6号 pp.477-482 (2006-06) 医学書院 https://t.co/SFdOHXjVR1
【GID】高橋義雄「性同一性障害に対する包括的医療の実践」岡山醫學會雜誌 113巻3号 (P.279-284) 2001-12-31 岡山医学会 https://t.co/a0cPgDNdLz [PDFリポジトリ]
【GID/特例法/裁判例/違憲審査】大島俊之「家事裁判例紹介 性同一性障害者性別特例法の無子要件を合憲とした事例(東京高裁平成17.5.17決定)」民商法雑誌 134巻3号 pp.503-508 (2006-06) 有斐閣 https://t.co/IQD0zUes11
【GID/SRS】高松亜子ほか「性同一性障害に対するファーストステージの手術経験 : 女性から男性へ」日形会誌 : 日本形成外科学会会誌 26巻7号 pp.428-433 (2006-07-20) https://t.co/OKIJ32xbD5
【GID/泌尿器科】永井 敦「性同一性障害と泌尿器科」臨床泌尿器科 60巻9号 pp.611-616 (2006-08) 医学書院 https://t.co/9bhp1uEJjB
【GID/臨床】地崎竜介ほか「関西医大における性同一性障害患者の診療」日本性機能学会雑誌 21巻2号 p.174 (2006-08-01) https://t.co/HMxDRifua2
【GID】難波祐三郎ほか「経験 性同一性障害に対する乳房切除術の経験」形成外科 49巻9号 pp.985-991 (2006-09) 克誠堂出版 https://t.co/1W65zb9KW5
【GID/臨床】塚田 攻「性同一性障害の臨床 (特集2 性同一性障害(GID)の診かた)」精神科 9巻3号 pp.236-241 (2006-09) https://t.co/IhlM48tWC0
RT @hayakawa2600: @Raven_6_trpg 昭和19年2月10日には、大蔵省内に「皇国租税理念調査会」なるおっかない調査機関も設けられていました。:吉牟田勲「皇国租税理念調査会小史」https://t.co/cHsWzNTi3a
【LGB/家族】志田哲之「ともに暮らす同性カップルのつながり : インタビュー調査から得たつながりと家族の意識をもとに」人間・エイジング・社会 6号 pp.45-54 (2004) 人間・エイジング・社会編集委員会 https://t.co/b2y4PNkHWE
【G/家族】志田哲之「同性愛者の家族言説に関する予備的考察」人間・エイジング・社会 5号 pp.93-104 (2003) 人間・エイジング・社会編集委員会 https://t.co/qaqAkL1n7A
【セクシュアリティ/社会構築主義/セジウィック】志田哲之「文献紹介:クローゼットの認識論 セクシュアリティの20世紀」家族社会学研究 13巻1号 pp.105-105 (2001) 日本家族社会学会 https://t.co/pwzsi3PHjR [PDF_J-STAGE]
【非異性愛/家族研究】志田哲之「ノンヘテロセクシュアルと家族の研究にむけて」人間・エイジング・社会 2号 pp.77-91 (2000) 人間・エイジング・社会編集委員会 https://t.co/P7KOeRW4a4
【婚姻/非法律婚】志田哲之「書評 善積京子著『〈近代家族〉を超える : 非法律婚カップルの声』」家族研究年報 24号 P.73-76 (1999) 家族問題研究会 https://t.co/WvrvDi74Qq
【GID/人権/法学/判例】谷口洋幸「個人研究助成受託者報告 性同一性障害に関する国際人権判例の研究」ジェンダー研究 7号 pp.93-114 (2004-12) 東海ジェンダー研究所 https://t.co/fTDQZw5Xfo
【LG】宮澤 仁ほか「同性愛者に対する態度とメディア・リテラシーとの関連」東京学芸大学紀要 総合教育科学系 59巻 (p.211-221) 2008-02 東京学芸大学 https://t.co/1vEtXk1SP3 [PDF]
【GID/先天性説】光嶋 勲「先天異常としての性同一性障害」小児科 45巻13号 pp.2327-2330 (2004-12) 金原出版 https://t.co/YtvtJSDCes
【GID】松尾 泉「性同一性障害の取り扱い」産婦人科の進歩 57巻4号 pp.365-366 (2005) 近畿産科婦人科学会 https://t.co/oos8FozTOu [PDF_J-STAGE_有料]
【GID】畑 英理「性同一性障害をめぐる断章」臨床哲学のメチエ 6巻 (p.14-17) 2000 大阪大学大学院研究科臨床哲学研究室 https://t.co/JL8X8nB0aF [PDFリポジトリ]
【GID/法学】山本克司「性同一性障害に関する法的問題点についての一考察」人間文化研究所紀要 10号 pp.113-123 (2005) 聖カタリナ大学人間文化研究所 https://t.co/ORfLV6gt2K
【総合/LGBT】石丸径一郎「マイノリティ・グループ・アイデンティティ : 人はいかにして自らに付与された差異を取り扱うか」東京大学大学院教育学研究科紀要 41巻 (p.283-290) 2002-02-25 東京大学 https://t.co/2R5av9wQSi [PDF]
【GID/FtM/SRS/タイ】梅宮れいか「性同一性障害(女→男)の手術療法の問題点と患者心理への対応 : タイ国におけるSRS(FtM)の現状と問題点」研究紀要 37巻 pp.47-53 (2005) 福島学院大学 https://t.co/V0mtnvl5HD
【GID/法】大島俊之「性同一性障害と医療保険」神戸学院法学 30巻4号 (p.883-1126) 2001-03-31 https://t.co/nMTOO5rMi0 https://t.co/vcIrHLxCXI [PDF]
【GID/特例法】針間克己「性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律」精神医学研究所業績集 42巻 pp.62-65 (2005) 精神医学研究所 https://t.co/K9m847LaMR
【老年期/性行動】針間克己「老年期にみられる多様な性行動」精神医学研究所業績集 42巻 pp.71-74 (2005) 精神医学研究所 https://t.co/TOnRnXQYWV
【クィア理論】山田創平「クイア理論を地域研究に応用するための序論 -地域研究に新たな視点をもたらすための試み、その理論的枠組みの提示-」多元文化 3号(p.175-187)名古屋大学国際言語文化研究科国際多元文化専攻… https://t.co/js4v4Focx6
【GID/MtF/音声訓練】櫻庭京子ほか「男性から女性へ性別の移行を希望する性同一性障害者(MtF)の音声訓練」電子情報通信学会技術研究報告 SP 音声 104巻630号 pp.25-29 (’05) 電子情報通信学会… https://t.co/T50khJfmIl
【総合/LG】新木敬子「多文化教育が持つジレンマについての一考察」大阪大学教育学年報 8巻 (p.65-74) 2003-03 大阪大学大学院人間科学研究科教育学系 https://t.co/ermOZL5JD5 [PDFリポジトリ]
【GID/特例法/家庭裁判所審判】秋武憲一ほか「「性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律」による性別の取扱い変更の審判について」ケース研究 2004巻4号 pp.3-38 (2005-02) 家庭事件研究会 https://t.co/KhCylw2WrT
【LGBT】桐原奈津ほか「セクシャル・マイノリティに対するセクシャル・マジョリティの態度とカミング・アウトへの反応」埼玉大学紀要 〔教育学部〕 教育科学 52巻1号 (p.55-80) 2003 埼玉大学教育学部… https://t.co/AODZkMhbnA
【GID】山内俊雄「特別講演1 性同一性障害をめぐって (学会 第51回日本矯正医学会総会の記録)」矯正医学 53巻2-4号 pp.53-67 (2005-02) 日本矯正医学会 https://t.co/hKlZeo7qp7
【LGBT】桐原奈津ほか「セクシャル・マイノリティとカミング・アウト」埼玉大学紀要 〔教育学部〕 教育科学 52巻2号 (p.121-141) 2003 埼玉大学教育学部 https://t.co/YVSgGQR0Xe [PDFリポジトリ]
【GID】安達美和ほか「性同一性障害症例への説明, ホルモン療法, 手術療法を施行する年齢について」日本産科婦人科學會雜誌 57巻2号 p.779 (2005-02-01) 社団法人日本産科婦人科学会 https://t.co/r5jPimB76j [PDF定額]

11 1 1 0 Modern physician

【GID】山内俊雄「性同一性障害とその周辺症状の違いについて : Q&A 性同一性障害を理解するために」 Modern Physician 25巻4号(性同一性障害の診かたと治療) 新興医学出版社 (同著者4項目含む) https://t.co/YoO3FFEXfg [雑誌書誌]
【GID/特例法】粟野仁雄「ルポ 戸籍変更の「特例法」施行から7ヵ月 性を変える人びと : 性同一性障害に横たわる壁」現代 39巻3号 pp.284-293 (2005-03) 講談社 https://t.co/q51NtEEhIo

11 1 1 0 Modern physician

【GID】佐藤俊樹ほか「5.岡山大学 : ジェンダークリニックの取り組みと実態」Modern Physician 25巻4号(性同一性障害の診かたと治療)2005 新興医学出版社 https://t.co/YoO3FFEXfg [雑誌書誌]
【GID/臨床】加澤鉄士ほか「性同一性障害 (特集 先生!ご存知ですか? 知って得する各科の"ノウハウ"--日常診療で役立つ,各専門領域のコツや定石を集めました!)」治療 87巻 pp.793-795 (2005-03) 南山堂 https://t.co/3P6AJOEWyC

11 1 1 0 Modern physician

【GID】高松亜子ほか「3.手術による治療 : 性同一性障害の治療と予後」 Modern Physician 25巻4号(性同一性障害の診かたと治療)2005 新興医学出版社 https://t.co/YoO3FFEXfg [雑誌書誌]
【GID/生物学的性】小川 誠一「性同一性障害にかかわる未分化性中枢(間脳下垂体系)への性ホルモンの関与と実験動物モデルの作成」日米高齢者保健福祉学会誌 1号 pp.215-232 (2005-03) 日米高齢者保健福祉学会誌事務局 https://t.co/8VlWdCyxmH

11 1 1 0 Modern physician

【GID】山内俊雄「性同一性障害とは : 歴史と概要」Modern Physician 25巻4号(性同一性障害の診かたと治療)2005 新興医学出版社 https://t.co/YoO3FFEXfg [雑誌書誌]
【GID】塚田 攻「性同一性障害とその対応 (特集 女性とセクシュアリティ : 性の健康を考える)」産婦人科治療 89巻1号 pp.73-79 (2004-07) 永井書店 https://t.co/gh3iTVHGZC
【LG】原田雅史「セクシュアル・マイノリティとヘテロセクシズム : 差別と当事者の心理的困難をめぐって」ジェンダ-研究 8号(25) (p.145-157) 2005-03 お茶の水女子大学ジェンダー研究センター… https://t.co/nXJMTJqd2N
【GID/看護学】奥野信枝ほか「性同一性障害患者の看護 : 入院中の看護の取り組みと評価」日本性科学会雑誌 22巻1号 pp.12-15 (2004-07-31) https://t.co/GCrHfyBJeA
【Gender/LGT+DSD】吉田和子「人間の多様な性と変革知への課題 -セクシュアルマイノリティの視点-」岐阜大学教育学部研究報告 教育実践研究 7巻 (p.215-223) 2005-03 岐阜大学  https://t.co/8Nq7j2DfoO [PDF]
【GID/FtM/ホルモン治療】永井 敦「岡山大学における性同一性障害患者(GID-FTM)に対するホルモン治療」日本性科学会雑誌 22巻1号 pp.16-20 (2004-07-31) https://t.co/Ym0lPiu5Ms
【Gender/Sexuality】石田 仁「セクシュアリティのジェンダー化」江原由美子ほか編『ジェンダーと社会理論』2006-12 [ISBN 4-641-17326-5] 収録 https://t.co/wEu3JYtJeA [図書書誌]
【GID/】早川 智「Essay 青い血のカルテ(8) ローマ皇帝ヘリオガバルスの性同一性障害」産科と婦人科 71巻8号 pp.1076-1080 (2004-08) 診断と治療社 https://t.co/eRrYmYwUV3
【GID】杉山文野「セクシュアル・マイノリティが抱える問題に対する教育的課題 : 性同一性障害を事例として」早稲田大学大学院教育学研究科紀要 別冊 (15-1) (P.13-22) 早稲田大学大学院教育学研究科 https://t.co/tXNKJALYRz [PDFリポジトリ]
【GID/性教育】井村 希ほか「243 中学生の性同一性障害に対する認識と考え方・感じ方の実態(性教育1)(第45回日本母性衛生学会総会学術集会)」母性衛生 45巻3号 p.175 (2004-09) 日本母性衛生学会… https://t.co/8cs1wjKxpU
【GID】秦 久美子ほか「383 性同一性障害外来診療における性別に伴う問題点の検討(研究調査2)(第45回日本母性衛生学会総会学術集会)」母性衛生 45巻3号 p.222 (2004-09) 日本母性衛生学会 https://t.co/tlfGjRXNDp [PDF有料]
【TG】福岡安則ほか「トランスジェンダーを生きる : ある40代MtFのライフストーリー」日本アジア研究 4巻 (p.41-78) 2007 埼玉大学大学院文化科学研究科 https://t.co/GIonKCYTCe [PDFリポジトリ]
【GID/容姿】塚田 攻「性同一性障害におけるボディイメージ (特別企画 容姿と美醜の心理)」こころの科学 117号 pp.48-52 (2004-09) 日本評論社 https://t.co/NJ00nyzTHz
【L】石田啓子「スティグマ化された家族の多様性の「発見」 : 英語圏の発達心理分野におけるLesbian-family比較研究の検討」Core ethics 3巻 (p.13-26) 2007 立命館大学 https://t.co/Y7CmOZA8vL [PDFリポジトリ]
【GID/特例法/戸籍法/行政法】高橋昌昭「一目でわかる戸籍の処理(11) 性同一性障害特例法の施行に伴う戸籍実務の取扱い(上)」戸籍時報 574号 pp.84-95 (2004-09) 日本加除出版 https://t.co/D8vbrOs2YL
【GID/法学/特例法】自見武士「性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律の概要」家庭裁判月報 56巻9号 pp.1-19 (2004-09) 最高裁判所 https://t.co/2cEImWMQog
【TG/TV】大木 昌「異性装をとおして見た近世ヨーロッパの民衆生活とジェンダー」研究所年報 11号 (p.95-97) 2008-12 明治学院大学国際学部付属研究所 https://t.co/nBgJ7lFCXi [PDFリポジトリ]
【GID/特例法/戸籍法/行政法】「通達・回答 性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律の施行に伴う戸籍事務の取扱いについて」家庭裁判月報 56巻9号 pp.105-135 (2004-09) 最高裁判所 https://t.co/zAP2HC4mor
【GID】吉野靫「「多様な身体」が性同一性障害特例法に投げかけるもの」Core ethics 4巻 (p.383-393) 2008 立命館大学 https://t.co/TqSOtuRk05 [PDFリポジトリ]
【GID/戸籍法/行政法】高橋昌昭「一目でわかる戸籍の処理(12) 性同一性障害特例法の施行に伴う戸籍実務の取扱い(下)」戸籍時報 575号 pp.67-80 (2004-10) 日本加除出版 https://t.co/VQtPoBNYVq
【GID】吉野 靫「GID規範からの逃走線」現代思想 36巻3号 (p.126-137) 2008-03 青土社 https://t.co/O3c0Iuvqe6 https://t.co/daSv1djNr9 [PDF]
【GID/ウェクスラー成人知能検査】織田裕行ほか「性同一性障害患者のWAIS-Rに対する検討」日本性科学会雑誌 22巻2号 p.144 (2004-10-15) https://t.co/PsUSUttiHq
【L】石井香里「女性同性愛者が抱える生活上の問題に対する当事者の姿勢 : 同性パートナーと同居する女性のインタビュー調査から」神戸大学大学院人間発達環境学研究科研究紀要 3巻1号 (p.65-76) 神戸大学 https://t.co/nx31GBrv7r [PDFリポジトリ]
【GID/国際人権法/人権】谷口洋幸「国際人権法にもとづく性同一性障害者の人権保障 : ヨーロッパ人権裁判所の判例を契機として」日本=性研究会議会報 16巻1号 pp.13-21 (2004-11) 日本性教育協会 https://t.co/SGXir9ibxe
【G】加藤悠二「「ゲイ男性と親交を持つヘテロセクシュアル女性」へのインタビュー調査」Gender and sexuality 04 (p.61-72) 2009-03-31 国際基督教大学 https://t.co/Wqv0jNGnHE [PDF]
【GID】南野知惠子ほか「鼎談 戸籍上の性別変更も可能に 性同一性障害について考える」りぶる 23巻12号 pp.64-69 (2004-12) 自由民主党 https://t.co/OvSnXFeDHC
【クィア理論/TG】沖野真理香「現在のアメリカ社会におけるクイア・ポリティクスとその問題 : Hedwig and the Angry Inch の考察を通して」21世紀倫理創成研究 2号 神戸大学 https://t.co/rO9BNRDobr [PDFリポジトリ]
【GID/精神療法】佐藤俊樹「S7-1 性同一性障害と精神療法(7. 性同一性障害への対応 : 現況と展望)」日本泌尿器科學會雜誌 95巻2号 p.204 (2004-03-15) 社団法人日本泌尿器科学会 https://t.co/nkdO9HbtbA [PDF有料]
【マタニティ】杉浦浩美「職場とマタニティ・ハラスメント : 「迷惑をかけない働き方」という差別」好井裕明編著『セクシュアリティの多様性と排除 : 差別と排除の〔いま〕』明石書店 収録 https://t.co/yzHIWp9L1S [図書書誌]
【GID/ホルモン療法】内島 豊「S7-2 ホルモン療法 : female to male & male to female」日本泌尿器科學會雜誌 95巻2号 p.205 (2004-03) 社団法人日本泌尿器科学会 https://t.co/WGvWuEHA0M [PDF有料]
【GID】吉野靫「GID正規医療の「QOL」/当事者の「QOL」 : MTF当事者への聞き取りから」Core ethics 5号 (p.403-414) 2009 立命館大学 https://t.co/g4CwUxeFf3 [PDFリポジトリ]