『梶村秀樹著作集』完全復刊をめざす会・第6支部 (@s37311273063)

投稿一覧(最新100件)

@hariotoko @AlfeeClara すくなくとも1995年ごろからずっと問題がありました。 https://t.co/f2oFdf9aKz
「梶村秀樹の「未発の契機」 : 植民地歴史叙述と近代批判」(2013年、車承棋) https://t.co/eEFMJMmhX7 ・梶村秀樹という歴史家が歴史記述の何を変革したのか、それを明らかにした論文。私見では、この論文を無視して梶村秀樹を語ることはもはやできない。
「梶村秀樹の「未発の契機」 : 植民地歴史叙述と近代批判」(2013年、車承棋) https://t.co/eEFMJMmhX7 ・梶村秀樹という歴史家が歴史記述の何を変革したのか、それを明らかにした論文。私見では、この論文を無視して梶村秀樹を語ることはもはやできない。
「梶村秀樹の「未発の契機」 : 植民地歴史叙述と近代批判」(2013年、車承棋) https://t.co/eEFMJMmhX7 ・梶村秀樹という歴史家が歴史記述の何を変革したのか、それを明らかにした論文。私見では、この論文を無視して梶村秀樹を語ることはもはやできない。
「梶村秀樹の「未発の契機」 : 植民地歴史叙述と近代批判」(2013年、車承棋) https://t.co/eEFMJMmhX7 ・梶村秀樹という歴史家が歴史記述の何を変革したのか、それを明らかにした論文。私見では、この論文を無視して梶村秀樹を語ることはもはやできない。
「梶村秀樹の「未発の契機」 : 植民地歴史叙述と近代批判」(2013年、車承棋) https://t.co/eEFMJMmhX7 ・梶村秀樹という歴史家が歴史記述の何を変革したのか、それを明らかにした論文。私見では、この論文を無視して梶村秀樹を語ることはもはやできない。
「梶村秀樹の「未発の契機」 : 植民地歴史叙述と近代批判」(2013年、車承棋) https://t.co/eEFMJMmhX7 ・梶村秀樹という歴史家が歴史記述の何を変革したのか、それを明らかにした論文。私見では、この論文を無視して梶村秀樹を語ることはもはやできない。
「梶村秀樹の「未発の契機」 : 植民地歴史叙述と近代批判」(2013年、車承棋) https://t.co/eEFMJMmhX7 ・梶村秀樹という歴史家が歴史記述の何を変革したのか、それを明らかにした論文。私見では、この論文を無視して梶村秀樹を語ることはもはやできない。
「梶村秀樹の「未発の契機」 : 植民地歴史叙述と近代批判」(2013年、車承棋) https://t.co/eEFMJMmhX7 ・梶村秀樹という歴史家が歴史記述の何を変革したのか、それを明らかにした論文。私見では、この論文を無視して梶村秀樹を語ることはもはやできない。
「梶村秀樹の「未発の契機」 : 植民地歴史叙述と近代批判」(2013年、車承棋) https://t.co/eEFMJMmhX7 ・梶村秀樹という歴史家が歴史記述の何を変革したのか、それを明らかにした論文。私見では、この論文を無視して梶村秀樹を語ることはもはやできない。
「梶村秀樹の「未発の契機」 : 植民地歴史叙述と近代批判」(2013年、車承棋) https://t.co/eEFMJMmhX7 ・梶村秀樹という歴史家が歴史記述の何を変革したのか、それを明らかにした論文。私見では、この論文を無視して梶村秀樹を語ることはもはやできない。
「梶村秀樹の「未発の契機」 : 植民地歴史叙述と近代批判」(2013年、車承棋) https://t.co/eEFMJMmhX7 ・梶村秀樹という歴史家が歴史記述の何を変革したのか、それを明らかにした論文。私見では、この論文を無視して梶村秀樹を語ることはもはやできない。
「梶村秀樹の「未発の契機」 : 植民地歴史叙述と近代批判」(2013年、車承棋) https://t.co/eEFMJMmhX7 ・梶村秀樹という歴史家が歴史記述の何を変革したのか、それを明らかにした論文。私見では、この論文を無視して梶村秀樹を語ることはもはやできない。
「梶村秀樹の「未発の契機」 : 植民地歴史叙述と近代批判」(2013年、車承棋) https://t.co/eEFMJMmhX7 ・梶村秀樹という歴史家が歴史記述の何を変革したのか、それを明らかにした論文。私見では、この論文を無視して梶村秀樹を語ることはもはやできない。
「梶村秀樹の「未発の契機」 : 植民地歴史叙述と近代批判」(2013年、車承棋) https://t.co/eEFMJMmhX7 ・梶村秀樹という歴史家が歴史記述の何を変革したのか、それを明らかにした論文。私見では、この論文を無視して梶村秀樹を語ることはもはやできない。
「梶村秀樹の「未発の契機」 : 植民地歴史叙述と近代批判」(2013年、車承棋) https://t.co/eEFMJMmhX7 ・梶村秀樹という歴史家が歴史記述の何を変革したのか、それを明らかにした論文。私見では、この論文を無視して梶村秀樹を語ることはもはやできない。
「梶村秀樹の「未発の契機」 : 植民地歴史叙述と近代批判」(2013年、車承棋) https://t.co/eEFMJMmhX7 ・梶村秀樹という歴史家が歴史記述の何を変革したのか、それを明らかにした論文。私見では、この論文を無視して梶村秀樹を語ることはもはやできない。
「梶村秀樹の「未発の契機」 : 植民地歴史叙述と近代批判」(2013年、車承棋) https://t.co/eEFMJMmhX7 ・梶村秀樹という歴史家が歴史記述の何を変革したのか、それを明らかにした論文。私見では、この論文を無視して梶村秀樹を語ることはもはやできない。
「梶村秀樹の「未発の契機」 : 植民地歴史叙述と近代批判」(2013年、車承棋) https://t.co/eEFMJMmhX7 ・梶村秀樹という歴史家が歴史記述の何を変革したのか、それを明らかにした論文。私見では、この論文を無視して梶村秀樹を語ることはもはやできない。
「梶村秀樹の「未発の契機」 : 植民地歴史叙述と近代批判」(2013年、車承棋) https://t.co/eEFMJMmhX7 ・梶村秀樹という歴史家が歴史記述の何を変革したのか、それを明らかにした論文。私見では、この論文を無視して梶村秀樹を語ることはもはやできない。
「梶村秀樹の「未発の契機」 : 植民地歴史叙述と近代批判」(2013年、車承棋) https://t.co/eEFMJMmhX7 ・梶村秀樹という歴史家が歴史記述の何を変革したのか、それを明らかにした論文。私見では、この論文を無視して梶村秀樹を語ることはもはやできない。
「梶村秀樹の「未発の契機」 : 植民地歴史叙述と近代批判」(2013年、車承棋) https://t.co/eEFMJMmhX7 ・梶村秀樹という歴史家が歴史記述の何を変革したのか、それを明らかにした論文。私見では、この論文を無視して梶村秀樹を語ることはもはやできない。
「梶村秀樹の「未発の契機」 : 植民地歴史叙述と近代批判」(2013年、車承棋) https://t.co/eEFMJMmhX7 ・梶村秀樹という歴史家が歴史記述の何を変革したのか、それを明らかにした論文。私見では、この論文を無視して梶村秀樹を語ることはもはやできない。
「梶村秀樹の「未発の契機」 : 植民地歴史叙述と近代批判」(2013年、車承棋) https://t.co/eEFMJMmhX7 ・梶村秀樹という歴史家が歴史記述の何を変革したのか、それを明らかにした論文。私見では、この論文を無視して梶村秀樹を語ることはもはやできない。
「梶村秀樹の「未発の契機」 : 植民地歴史叙述と近代批判」(2013年、車承棋) https://t.co/eEFMJMmhX7 ・梶村秀樹という歴史家が歴史記述の何を変革したのか、それを明らかにした論文。私見では、この論文を無視して梶村秀樹を語ることはもはやできない。
「梶村秀樹の「未発の契機」 : 植民地歴史叙述と近代批判」(2013年、車承棋) https://t.co/eEFMJM4H5z ・梶村秀樹という歴史家が歴史記述の何を変革したのか、それを明らかにした論文。私見では、この論文を無視して梶村秀樹を語ることはもはやできない。
「梶村秀樹の「未発の契機」 : 植民地歴史叙述と近代批判」(2013年、車承棋) https://t.co/eEFMJM4H5z ・梶村秀樹という歴史家が歴史記述の何を変革したのか、それを明らかにした論文。私見では、この論文を無視して梶村秀樹を語ることはもはやできない。
「梶村秀樹の「未発の契機」 : 植民地歴史叙述と近代批判」(2013年、車承棋) https://t.co/eEFMJMmhX7 ・梶村秀樹という歴史家が歴史記述の何を変革したのか、それを明らかにした論文。私見では、この論文を無視して梶村秀樹を語ることはもはやできない。
「梶村秀樹の「未発の契機」 : 植民地歴史叙述と近代批判」(2013年、車承棋) https://t.co/eEFMJM4H5z ・梶村秀樹という歴史家が歴史記述の何を変革したのか、それを明らかにした論文。私見では、この論文を無視して梶村秀樹を語ることはもはやできない。
「梶村秀樹の「未発の契機」 : 植民地歴史叙述と近代批判」(2013年、車承棋) https://t.co/eEFMJMmhX7 ・梶村秀樹という歴史家が歴史記述の何を変革したのか、それを明らかにした論文。私見では、この論文を無視して梶村秀樹を語ることはもはやできない。
「梶村秀樹の「未発の契機」 : 植民地歴史叙述と近代批判」(2013年、車承棋) https://t.co/eEFMJMmhX7 ・梶村秀樹という歴史家が歴史記述の何を変革したのか、それを明らかにした論文。私見では、この論文を無視して梶村秀樹を語ることはもはやできない。
「梶村秀樹の「未発の契機」 : 植民地歴史叙述と近代批判」(2013年、車承棋) https://t.co/eEFMJMmhX7 ・梶村秀樹という歴史家が歴史記述の何を変革したのか、それを明らかにした論文。私見では、この論文を無視して梶村秀樹を語ることはもはやできない。
「梶村秀樹の「未発の契機」 : 植民地歴史叙述と近代批判」(2013年、車承棋) https://t.co/eEFMJMmhX7 ・梶村秀樹という歴史家が歴史記述の何を変革したのか、それを明らかにした論文。私見では、この論文を無視して梶村秀樹を語ることはもはやできない。
「梶村秀樹の「未発の契機」 : 植民地歴史叙述と近代批判」(2013年、車承棋) https://t.co/eEFMJMmhX7 ・梶村秀樹という歴史家が歴史記述の何を変革したのか、それを明らかにした論文。私見では、この論文を無視して梶村秀樹を語ることはもはやできない。
「梶村秀樹の「未発の契機」 : 植民地歴史叙述と近代批判」(2013年、車承棋) https://t.co/eEFMJMmhX7 ・梶村秀樹という歴史家が歴史記述の何を変革したのか、それを明らかにした論文。私見では、この論文を無視して梶村秀樹を語ることはもはやできない。
「梶村秀樹の「未発の契機」 : 植民地歴史叙述と近代批判」(2013年、車承棋) https://t.co/eEFMJMmhX7 ・梶村秀樹という歴史家が歴史記述の何を変革したのか、それを明らかにした論文。私見では、この論文を無視して梶村秀樹を語ることはもはやできない。
「梶村秀樹の「未発の契機」 : 植民地歴史叙述と近代批判」(2013年、車承棋) https://t.co/eEFMJMmhX7 ・梶村秀樹という歴史家が歴史記述の何を変革したのか、それを明らかにした論文。私見では、この論文を無視して梶村秀樹を語ることはもはやできない。
「梶村秀樹の「未発の契機」 : 植民地歴史叙述と近代批判」(2013年、車承棋) https://t.co/eEFMJMmhX7 ・梶村秀樹という歴史家が歴史記述の何を変革したのか、それを明らかにした論文。私見では、この論文を無視して梶村秀樹を語ることはもはやできない。
「梶村秀樹の「未発の契機」 : 植民地歴史叙述と近代批判」(2013年、車承棋) https://t.co/eEFMJMmhX7 ・梶村秀樹という歴史家が歴史記述の何を変革したのか、それを明らかにした論文。私見では、この論文を無視して梶村秀樹を語ることはもはやできない。
「梶村秀樹の「未発の契機」 : 植民地歴史叙述と近代批判」(2013年、車承棋) https://t.co/eEFMJMmhX7 ・梶村秀樹という歴史家が歴史記述の何を変革したのか、それを明らかにした論文。私見では、この論文を無視して梶村秀樹を語ることはもはやできない。
「梶村秀樹の「未発の契機」 : 植民地歴史叙述と近代批判」(2013年、車承棋) https://t.co/eEFMJMmhX7 ・梶村秀樹という歴史家が歴史記述の何を変革したのか、それを明らかにした論文。私見では、この論文を無視して梶村秀樹を語ることはもはやできない。
「梶村秀樹の「未発の契機」 : 植民地歴史叙述と近代批判」(2013年、車承棋) https://t.co/eEFMJM4H5z ・梶村秀樹という歴史家が歴史記述の何を変革したのか、それを明らかにした論文。私見では、この論文を無視して梶村秀樹を語ることはもはやできない。
「梶村秀樹の「未発の契機」 : 植民地歴史叙述と近代批判」(2013年、車承棋) https://t.co/eEFMJMmhX7 ・梶村秀樹という歴史家が歴史記述の何を変革したのか、それを明らかにした論文。私見では、この論文を無視して梶村秀樹を語ることはもはやできない。
「梶村秀樹の「未発の契機」 : 植民地歴史叙述と近代批判」(2013年、車承棋) https://t.co/eEFMJMmhX7 ・梶村秀樹という歴史家が歴史記述の何を変革したのか、それを明らかにした論文。私見では、この論文を無視して梶村秀樹を語ることはもはやできない。
「梶村秀樹の「未発の契機」 : 植民地歴史叙述と近代批判」(2013年、車承棋) https://t.co/eEFMJMmhX7 ・梶村秀樹という歴史家が歴史記述の何を変革したのか、それを明らかにした論文。私見では、この論文を無視して梶村秀樹を語ることはもはやできない。
「<講演記録>中国山西省における日本軍性暴力に関する調査について」(石田米子) https://t.co/P36fQyoPOG … ・『黄土の村の性暴力』への入門ともいえる講演。前例のない条件下での聞き取り経験のすぐれた報告ともい… https://t.co/809GUAXRv3
「旧韓末北関地域経済と内外交易」(1990年、梶村秀樹) https://t.co/l7Jwc6Dhe3 ・梶村秀樹最晩年の論考。韓国が民主化のピークをむかえている時点で、経済史に立ち戻っていることには深い意味があるとみるべき。
「日本植民地研究の回顧と展望 : 朝鮮史を中心に」 https://t.co/qNPT4Hel61 ・日本の植民地朝鮮研究の歴史が概説されている。梶村秀樹にももちろん言及されている。 ただし、専門家向けのものなので、けっこう読むのが難しい。
「梶村秀樹の「未発の契機」 : 植民地歴史叙述と近代批判」(2013年、車承棋) https://t.co/eEFMJMmhX7 ・梶村秀樹という歴史家が歴史記述の何を変革したのか、それを明らかにした論文。私見では、この論文を無視して梶村秀樹を語ることはもはやできない。
「日本「戦後歴史学」の展開と未完の梶村史学 : 国家と民衆はいかに(再)発見されたか」(戸邉秀明) https://t.co/IcAMUzGNmY ・戦後歴史学という観点から梶村秀樹の成果を論じた論考。戸邉氏の本来の専門は沖縄史。専門の論文も興味深いものが多い。
「一九八七年の韓国情勢」(1990年) https://t.co/2WAiLToOMy ・梶村秀樹の韓国情勢報告。まずは民主化のピークという事実を厳粛に受け止めるべし。
「朝鮮東北部の社会変容と植民地支配 : 清津港の建設をめぐって」(加藤圭木) https://t.co/A07UVT0nkY 梶村秀樹の最晩年の論考の問題をひきついだ論考。筆者の加藤氏は吉見裁判への応援や、植民地朝鮮における公害… https://t.co/u1bKpQds68
「<講演記録>中国山西省における日本軍性暴力に関する調査について」(石田米子) https://t.co/P36fQyoPOG … ・『黄土の村の性暴力』への入門ともいえる講演。前例のない条件下での聞き取り経験のすぐれた報告ともい… https://t.co/eSbcEE2p5m
「旧韓末北関地域経済と内外交易」(1990年、梶村秀樹) https://t.co/l7Jwc6Dhe3 ・梶村秀樹最晩年の論考。韓国が民主化のピークをむかえている時点で、経済史に立ち戻っていることには深い意味があるとみるべき。
「日本植民地研究の回顧と展望 : 朝鮮史を中心に」 https://t.co/qNPT4Hel61 ・日本の植民地朝鮮研究の歴史が概説されている。梶村秀樹にももちろん言及されている。 ただし、専門家向けのものなので、けっこう読むのが難しい。
「梶村秀樹の「未発の契機」 : 植民地歴史叙述と近代批判」(2013年、車承棋) https://t.co/eEFMJMmhX7 ・梶村秀樹という歴史家が歴史記述の何を変革したのか、それを明らかにした論文。私見では、この論文を無視して梶村秀樹を語ることはもはやできない。
「日本「戦後歴史学」の展開と未完の梶村史学 : 国家と民衆はいかに(再)発見されたか」(戸邉秀明) https://t.co/IcAMUzGNmY ・戦後歴史学という観点から梶村秀樹の成果を論じた論考。戸邉氏の本来の専門は沖縄史。専門の論文も興味深いものが多い。
「一九八七年の韓国情勢」(1990年) https://t.co/2WAiLToOMy ・梶村秀樹の韓国情勢報告。まずは民主化のピークという事実を厳粛に受け止めるべし。
「朝鮮東北部の社会変容と植民地支配 : 清津港の建設をめぐって」(加藤圭木) https://t.co/A07UVT0nkY 梶村秀樹の最晩年の論考の問題をひきついだ論考。筆者の加藤氏は吉見裁判への応援や、植民地朝鮮における公害… https://t.co/9PMuEKqcJr
「<講演記録>中国山西省における日本軍性暴力に関する調査について」(石田米子) https://t.co/P36fQyoPOG … ・『黄土の村の性暴力』への入門ともいえる講演。前例のない条件下での聞き取り経験のすぐれた報告ともい… https://t.co/GNAM14XeQb
「旧韓末北関地域経済と内外交易」(1990年、梶村秀樹) https://t.co/l7Jwc6Dhe3 ・梶村秀樹最晩年の論考。韓国が民主化のピークをむかえている時点で、経済史に立ち戻っていることには深い意味があるとみるべき。
「日本植民地研究の回顧と展望 : 朝鮮史を中心に」 https://t.co/qNPT4GWKet ・日本の植民地朝鮮研究の歴史が概説されている。梶村秀樹にももちろん言及されている。 ただし、専門家向けのものなので、けっこう読むのが難しい。
「梶村秀樹の「未発の契機」 : 植民地歴史叙述と近代批判」(2013年、車承棋) https://t.co/eEFMJMmhX7 ・梶村秀樹という歴史家が歴史記述の何を変革したのか、それを明らかにした論文。私見では、この論文を無視して梶村秀樹を語ることはもはやできない。
「日本「戦後歴史学」の展開と未完の梶村史学 : 国家と民衆はいかに(再)発見されたか」(戸邉秀明) https://t.co/IcAMUzGNmY ・戦後歴史学という観点から梶村秀樹の成果を論じた論考。戸邉氏の本来の専門は沖縄史。専門の論文も興味深いものが多い。
「一九八七年の韓国情勢」(1990年) https://t.co/2WAiLToOMy ・梶村秀樹の韓国情勢報告。まずは民主化のピークという事実を厳粛に受け止めるべし。
「朝鮮東北部の社会変容と植民地支配 : 清津港の建設をめぐって」(加藤圭木) https://t.co/A07UVT0nkY 梶村秀樹の最晩年の論考の問題をひきついだ論考。筆者の加藤氏は吉見裁判への応援や、植民地朝鮮における公害… https://t.co/niyKBP7e0k
「<講演記録>中国山西省における日本軍性暴力に関する調査について」(石田米子) https://t.co/P36fQyoPOG … ・『黄土の村の性暴力』への入門ともいえる講演。前例のない条件下での聞き取り経験のすぐれた報告ともい… https://t.co/CcnAwIyWzs
「旧韓末北関地域経済と内外交易」(1990年、梶村秀樹) https://t.co/l7Jwc6Dhe3 ・梶村秀樹最晩年の論考。韓国が民主化のピークをむかえている時点で、経済史に立ち戻っていることには深い意味があるとみるべき。
「日本植民地研究の回顧と展望 : 朝鮮史を中心に」 https://t.co/qNPT4Hel61 ・日本の植民地朝鮮研究の歴史が概説されている。梶村秀樹にももちろん言及されている。 ただし、専門家向けのものなので、けっこう読むのが難しい。
「梶村秀樹の「未発の契機」 : 植民地歴史叙述と近代批判」(2013年、車承棋) https://t.co/eEFMJMmhX7 ・梶村秀樹という歴史家が歴史記述の何を変革したのか、それを明らかにした論文。私見では、この論文を無視して梶村秀樹を語ることはもはやできない。
「日本「戦後歴史学」の展開と未完の梶村史学 : 国家と民衆はいかに(再)発見されたか」(戸邉秀明) https://t.co/IcAMUzGNmY ・戦後歴史学という観点から梶村秀樹の成果を論じた論考。戸邉氏の本来の専門は沖縄史。専門の論文も興味深いものが多い。
「一九八七年の韓国情勢」(1990年) https://t.co/2WAiLToOMy ・梶村秀樹の韓国情勢報告。まずは民主化のピークという事実を厳粛に受け止めるべし。
「朝鮮東北部の社会変容と植民地支配 : 清津港の建設をめぐって」(加藤圭木) https://t.co/A07UVT0nkY 梶村秀樹の最晩年の論考の問題をひきついだ論考。筆者の加藤氏は吉見裁判への応援や、植民地朝鮮における公害… https://t.co/qipLg9ZDpP
「<講演記録>中国山西省における日本軍性暴力に関する調査について」(石田米子) https://t.co/P36fQyGrdg … ・『黄土の村の性暴力』への入門ともいえる講演。前例のない条件下での聞き取り経験のすぐれた報告ともい… https://t.co/Ja3TwvegBp
「旧韓末北関地域経済と内外交易」(1990年、梶村秀樹) https://t.co/l7Jwc6Dhe3 ・梶村秀樹最晩年の論考。韓国が民主化のピークをむかえている時点で、経済史に立ち戻っていることには深い意味があるとみるべき。
「日本植民地研究の回顧と展望 : 朝鮮史を中心に」 https://t.co/qNPT4Hel61 ・日本の植民地朝鮮研究の歴史が概説されている。梶村秀樹にももちろん言及されている。 ただし、専門家向けのものなので、けっこう読むのが難しい。
「梶村秀樹の「未発の契機」 : 植民地歴史叙述と近代批判」(2013年、車承棋) https://t.co/eEFMJMmhX7 ・梶村秀樹という歴史家が歴史記述の何を変革したのか、それを明らかにした論文。私見では、この論文を無視して梶村秀樹を語ることはもはやできない。
「日本「戦後歴史学」の展開と未完の梶村史学 : 国家と民衆はいかに(再)発見されたか」(戸邉秀明) https://t.co/IcAMUzGNmY ・戦後歴史学という観点から梶村秀樹の成果を論じた論考。戸邉氏の本来の専門は沖縄史。専門の論文も興味深いものが多い。
「一九八七年の韓国情勢」(1990年) https://t.co/2WAiLToOMy ・梶村秀樹の韓国情勢報告。まずは民主化のピークという事実を厳粛に受け止めるべし。
「朝鮮東北部の社会変容と植民地支配 : 清津港の建設をめぐって」(加藤圭木) https://t.co/A07UVT0nkY 梶村秀樹の最晩年の論考の問題をひきついだ論考。筆者の加藤氏は吉見裁判への応援や、植民地朝鮮における公害… https://t.co/mplYDoiV8U
「<講演記録>中国山西省における日本軍性暴力に関する調査について」(石田米子) https://t.co/P36fQyoPOG … ・『黄土の村の性暴力』への入門ともいえる講演。前例のない条件下での聞き取り経験のすぐれた報告ともい… https://t.co/rByhx5i3jG
「旧韓末北関地域経済と内外交易」(1990年、梶村秀樹) https://t.co/l7Jwc6Dhe3 ・梶村秀樹最晩年の論考。韓国が民主化のピークをむかえている時点で、経済史に立ち戻っていることには深い意味があるとみるべき。
「日本植民地研究の回顧と展望 : 朝鮮史を中心に」 https://t.co/qNPT4Hel61 ・日本の植民地朝鮮研究の歴史が概説されている。梶村秀樹にももちろん言及されている。 ただし、専門家向けのものなので、けっこう読むのが難しい。
「梶村秀樹の「未発の契機」 : 植民地歴史叙述と近代批判」(2013年、車承棋) https://t.co/eEFMJMmhX7 ・梶村秀樹という歴史家が歴史記述の何を変革したのか、それを明らかにした論文。私見では、この論文を無視して梶村秀樹を語ることはもはやできない。
「日本「戦後歴史学」の展開と未完の梶村史学 : 国家と民衆はいかに(再)発見されたか」(戸邉秀明) https://t.co/IcAMUzGNmY ・戦後歴史学という観点から梶村秀樹の成果を論じた論考。戸邉氏の本来の専門は沖縄史。専門の論文も興味深いものが多い。
「一九八七年の韓国情勢」(1990年) https://t.co/2WAiLToOMy ・梶村秀樹の韓国情勢報告。まずは民主化のピークという事実を厳粛に受け止めるべし。
「朝鮮東北部の社会変容と植民地支配 : 清津港の建設をめぐって」(加藤圭木) https://t.co/A07UVT0nkY 梶村秀樹の最晩年の論考の問題をひきついだ論考。筆者の加藤氏は吉見裁判への応援や、植民地朝鮮における公害… https://t.co/gEoYZ2pZpf
「<講演記録>中国山西省における日本軍性暴力に関する調査について」(石田米子) https://t.co/P36fQyoPOG … ・『黄土の村の性暴力』への入門ともいえる講演。前例のない条件下での聞き取り経験のすぐれた報告ともい… https://t.co/JQcTEXarl7
「旧韓末北関地域経済と内外交易」(1990年、梶村秀樹) https://t.co/l7Jwc6Dhe3 ・梶村秀樹最晩年の論考。韓国が民主化のピークをむかえている時点で、経済史に立ち戻っていることには深い意味があるとみるべき。
「日本植民地研究の回顧と展望 : 朝鮮史を中心に」 https://t.co/qNPT4Hel61 ・日本の植民地朝鮮研究の歴史が概説されている。梶村秀樹にももちろん言及されている。 ただし、専門家向けのものなので、けっこう読むのが難しい。
「梶村秀樹の「未発の契機」 : 植民地歴史叙述と近代批判」(2013年、車承棋) https://t.co/eEFMJMmhX7 ・梶村秀樹という歴史家が歴史記述の何を変革したのか、それを明らかにした論文。私見では、この論文を無視して梶村秀樹を語ることはもはやできない。
「日本「戦後歴史学」の展開と未完の梶村史学 : 国家と民衆はいかに(再)発見されたか」(戸邉秀明) https://t.co/IcAMUzGNmY ・戦後歴史学という観点から梶村秀樹の成果を論じた論考。戸邉氏の本来の専門は沖縄史。専門の論文も興味深いものが多い。
「一九八七年の韓国情勢」(1990年) https://t.co/2WAiLToOMy ・梶村秀樹の韓国情勢報告。まずは民主化のピークという事実を厳粛に受け止めるべし。
「朝鮮東北部の社会変容と植民地支配 : 清津港の建設をめぐって」(加藤圭木) https://t.co/A07UVT0nkY 梶村秀樹の最晩年の論考の問題をひきついだ論考。筆者の加藤氏は吉見裁判への応援や、植民地朝鮮における公害… https://t.co/0nlcjiMOD5
「<講演記録>中国山西省における日本軍性暴力に関する調査について」(石田米子) https://t.co/P36fQyoPOG … ・『黄土の村の性暴力』への入門ともいえる講演。前例のない条件下での聞き取り経験のすぐれた報告ともい… https://t.co/oid0EgwD1j
「旧韓末北関地域経済と内外交易」(1990年、梶村秀樹) https://t.co/l7Jwc6USCD ・梶村秀樹最晩年の論考。韓国が民主化のピークをむかえている時点で、経済史に立ち戻っていることには深い意味があるとみるべき。
「日本植民地研究の回顧と展望 : 朝鮮史を中心に」 https://t.co/qNPT4GWKet ・日本の植民地朝鮮研究の歴史が概説されている。梶村秀樹にももちろん言及されている。 ただし、専門家向けのものなので、けっこう読むのが難しい。
「梶村秀樹の「未発の契機」 : 植民地歴史叙述と近代批判」(2013年、車承棋) https://t.co/eEFMJMmhX7 ・梶村秀樹という歴史家が歴史記述の何を変革したのか、それを明らかにした論文。私見では、この論文を無視して梶村秀樹を語ることはもはやできない。

お気に入り一覧(最新100件)

フォロー(1985ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

【GID/生物学的性】小川 誠一「性同一性障害にかかわる未分化性中枢(間脳下垂体系)への性ホルモンの関与と実験動物モデルの作成」日米高齢者保健福祉学会誌 1号 pp.215-232 (2005-03) 日米高齢者保健福祉学会誌事務局 https://t.co/8VlWdCyxmH
CiNii 論文 -  甲斐守護武田信玄晴信の中伊那・下伊那支配 https://t.co/l9kFz39i88 #CiNii
CiNii 論文 -  中世中期における「見懲らし」について https://t.co/zlbcEqMEKc #CiNii
【TG/GID】谷口洋幸「性同一性障害に関する国際人権判例の研究」ジェンダー研究 7号 P.93-114 (2004-12) 東海ジェンダー研究所 https://t.co/fTDQZw5Xfo
【GID】塚田 攻「性同一性障害とその対応 (特集 女性とセクシュアリティ : 性の健康を考える)」産婦人科治療 89巻1号 pp.73-79 (2004-07) 永井書店 https://t.co/gh3iTVHGZC
CiNii 論文 -  室町時代における筑前国若宮荘と宗像氏(戦国大名論集III,杉山博先生古希記念号) https://t.co/WWGKrhm16m #CiNii
CiNii 論文 -  鎌倉山門派の成立と展開 https://t.co/QUjjtptgwM #CiNii
【LGB】谷口洋幸「同性同士の〈結婚〉 「同等だが差異ある制度」の検討」女たちの21世紀 37号 P.19-21 (2004-02) アジア女性資料センター https://t.co/1DThs8SoZp
【GID/看護学】奥野信枝ほか「性同一性障害患者の看護 : 入院中の看護の取り組みと評価」日本性科学会雑誌 22巻1号 pp.12-15 (2004-07-31) https://t.co/GCrHfyBJeA
CiNii 論文 -  「好文木」考 : 天神信仰とのかかわりを中心に https://t.co/q7butqJMpL #CiNii
CiNii 論文 -  中世国家の身分秩序と路頭礼 : 天皇・治天・室町殿と公家社会(日本史学専攻,二〇〇三年度修士論文要旨,彙報) https://t.co/fLBT9GDnfP #CiNii
【TS/TG/GID】谷口洋幸「判例紹介 トランスセクシュアルの性別訂正と婚姻 : ヨーロッパ人権裁判所グッドウィン対イギリス判決」国際人権 14号 P.107-109 (2003) 国際人権法学会 https://t.co/Y74jY9YnTx
【GID/FtM/ホルモン治療】永井 敦「岡山大学における性同一性障害患者(GID-FTM)に対するホルモン治療」日本性科学会雑誌 22巻1号 pp.16-20 (2004-07-31) https://t.co/Ym0lPiu5Ms

26 1 1 1 OA 院政期興福寺考

CiNii 論文 -  院政期興福寺考 https://t.co/sqfvSYvkIA #CiNii
CiNii 論文 -  二条良基と 「揚名介」 : 除目の秘事, および 『源氏物語』 の難義として https://t.co/QMq0AzAUoC #CiNii
【LGBT/国際法/人権】谷口洋幸「国際法における性的指向・性別自認と人権」法學新報 116巻3/号 P.523-548 (2009-09) 中央大学 https://t.co/qqZKEbAYT2
【GID/】早川 智「Essay 青い血のカルテ(8) ローマ皇帝ヘリオガバルスの性同一性障害」産科と婦人科 71巻8号 pp.1076-1080 (2004-08) 診断と治療社 https://t.co/eRrYmYwUV3
CiNii 論文 -  中世武家社会の作庭について : 京と鎌倉の作庭手法の違いを中心に(I 中世の景観と文化,近世社会の成立と展開,所理喜夫先生退職記念号) https://t.co/KoGTgN350h #CiNii
CiNii 論文 -  成朝、運慶と源頼朝 https://t.co/V8DSsWr1Ln #CiNii
【TG/GID】谷口洋幸「国際人権法にもとづく性同一性障害者の人権保障 : ヨーロッパ人権裁判所の判例を契機として」日本性研究会議会報 16巻1号 P.13-21 (2004-11) 日本性教育協会 https://t.co/SGXir9ibxe
【GID/性教育】井村 希ほか「243 中学生の性同一性障害に対する認識と考え方・感じ方の実態(性教育1)(第45回日本母性衛生学会総会学術集会)」母性衛生 45巻3号 p.175 (2004-09) 日本母性衛生学会… https://t.co/7APdPdSWfW
CiNii 論文 -  室町幕府奉行人奉書の一特徴について https://t.co/IQVE4AVvGQ #CiNii
【TG/GID】谷口洋幸「性同一性障害者の性別訂正と国際人権法 : ヨーロッパ人権裁判所グッドウィン判決の意味するもの」中央大学社会科学研究所年報 7号 P.181-199 (2002) 中央大学出版部 https://t.co/6qx2tVs9p5
【GID】秦 久美子ほか「383 性同一性障害外来診療における性別に伴う問題点の検討(研究調査2)(第45回日本母性衛生学会総会学術集会)」母性衛生 45巻3号 p.222 (2004-09) 日本母性衛生学会 https://t.co/tlfGjRXNDp [PDF有料]
【LGB】谷口洋幸「ヨーロッパ人権条約における同性愛」中央大学大学院研究年報 30号 P.53-65 (2000) 中央大学大学院研究年報編集委員会 https://t.co/KZMlVcmc8P
【GID/容姿】塚田 攻「性同一性障害におけるボディイメージ (特別企画 容姿と美醜の心理)」こころの科学 117号 pp.48-52 (2004-09) 日本評論社 https://t.co/NJ00nyzTHz
【G】渡辺大輔ほか「《座談会》ゲイの若者が語り合う、これまでとこれから (特集 若者と性 : 語る、求める、動く)」セクシュアリティ 49号 P.88-99 (2011-01) エイデル研究所 https://t.co/MP8y8JqY0E
【GID/特例法/戸籍法/行政法】高橋昌昭「一目でわかる戸籍の処理(11) 性同一性障害特例法の施行に伴う戸籍実務の取扱い(上)」戸籍時報 574号 pp.84-95 (2004-09) 日本加除出版 https://t.co/D8vbrOs2YL
RT @TR_727: @tcv2catnap 大木順子1988調査による、東京23区全小学校940校で残存は134校(井上章一1998)https://t.co/J1x7iNVoY5 ・2010年頃の北海道調査で約70体確認(尊親像・再建立等含み平成数件)https://t…
【LGBT】渡辺大輔「多様な性の人権を考えるSETA : 海外情報 フィンランドレポート(1)」セクシュアリティ 53号 P.138-141 (2011-10) エイデル研究所 https://t.co/at3xd94Ni7
【GID/法学/特例法】自見武士「性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律の概要」家庭裁判月報 56巻9号 pp.1-19 (2004-09) 最高裁判所 https://t.co/2cEImWMQog
CiNii 論文 -  禅宗の祈祷と室町幕府 : 三つの祈祷システム https://t.co/MbEAN31JRK #CiNii
【LGBT】渡辺大輔「若者との共同プロジェクトを進めるHIV財団/HIVセンター : 海外情報 フィンランドレポート(2)」Sexuality 54号 P.126-129 (2012-01) エイデル研究所 https://t.co/XdQp5WQMIJ
【GID/特例法/戸籍法/行政法】「通達・回答 性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律の施行に伴う戸籍事務の取扱いについて」家庭裁判月報 56巻9号 pp.105-135 (2004-09) 最高裁判所 https://t.co/zAP2HC4mor

22 1 1 1 IR 藤原清衡論(上)

CiNii 論文 -  藤原清衡論(上) https://t.co/TJ6BFgfPD8 #CiNii
CiNii 論文 -  聖護院と地方本山派組織 https://t.co/JSTCqsissH #CiNii
【LGBT】渡辺大輔「若者が自由に利用できるユースセンター"Happi" : 海外情報 フィンランドレポート(3)」Sexuality 56号 P.146-149 (2012-04) エイデル研究所 https://t.co/ah7d6LBXtt
【GID/戸籍法/行政法】高橋昌昭「一目でわかる戸籍の処理(12) 性同一性障害特例法の施行に伴う戸籍実務の取扱い(下)」戸籍時報 575号 pp.67-80 (2004-10) 日本加除出版 https://t.co/VQtPoBNYVq
CiNii 論文 -  隠岐の後鳥羽院と『百人一首』の秘密 https://t.co/ooTyHZOoTj #CiNii
CiNii 論文 -  『台記』注釈(久寿二年五月、六月) https://t.co/C729RbWrPz #CiNii
【LGBT】渡辺大輔「首都ヘルシンキのセクシャルマイノリティ支援グループ"HeSETA" : 海外情報 フィンランドレポート(4・最終回)」Sexuality 57号 P.134-137 (2012-07) エイデル研究所 https://t.co/NN0RLgwwSO
【GID/ウェクスラー成人知能検査】織田裕行ほか「性同一性障害患者のWAIS-Rに対する検討」日本性科学会雑誌 22巻2号 p.144 (2004-10-15) https://t.co/PsUSUttiHq
CiNii 論文 -  中世における曹洞禅者の教養 https://t.co/Y4IUayiUtn #CiNii
CiNii 論文 -  日本的朱子学の形成-文化交渉学の視角から https://t.co/2jrHuza9Na #CiNii
【セクシュアリティ】渡辺大輔「多様なセクシュアリティ (性教育実践2008)」セクシュアリティ 35号 P.118-125 (2008-04) エイデル研究所 https://t.co/zqi9Bw2Hwa
【GID/国際人権法/人権】谷口洋幸「国際人権法にもとづく性同一性障害者の人権保障 : ヨーロッパ人権裁判所の判例を契機として」日本=性研究会議会報 16巻1号 pp.13-21 (2004-11) 日本性教育協会 https://t.co/SGXir9ibxe
CiNii 論文 -  懸川開城後の今川氏真と後北条氏(戦国大名論集II,杉山博先生古希記念号) https://t.co/yX4QiZVCNO #CiNii
CiNii 論文 -  今川了俊のいう『太平記』の「作者」 : 『難太平記』の構成・思想の検討を通して https://t.co/Qa8qcxDCqV #CiNii
【LGBT】渡辺大輔「セクシュアル・マイノリティ (特集 性と生のデータ集(2))」セクシュアリティ 42号 P.34-37 (2009-07) エイデル研究所 https://t.co/OPMST9dbUY
【GID】南野知惠子ほか「鼎談 戸籍上の性別変更も可能に 性同一性障害について考える」りぶる 23巻12号 pp.64-69 (2004-12) 自由民主党 https://t.co/OvSnXFeDHC
CiNii 論文 -  戦国期から江戸初期の甲州金と甲斐国衡制 https://t.co/XlE3sfX62U #CiNii
CiNii 論文 -  鎌倉後期の鶴岡別当頼助について https://t.co/ngAYZUbLB5 #CiNii
【TG/人権】土肥いつき「人権 セクシュアルマイノリティーの人権 : 不完全フルタイムトランスジェンダーとして」部落解放 528号 P.241-250 (2004) 解放出版社 https://t.co/BFgSrUs00M
【GID/精神療法】佐藤俊樹「S7-1 性同一性障害と精神療法(7. 性同一性障害への対応 : 現況と展望)」日本泌尿器科學會雜誌 95巻2号 p.204 (2004-03-15) 社団法人日本泌尿器科学会 https://t.co/nkdO9HbtbA [PDF有料]
CiNii 論文 -  南北朝・室町前期信濃守護小笠原氏の人的基盤についての基礎的考察 https://t.co/0W3JHhsrY8 #CiNii
CiNii 論文 -  「仏法練行ノ心」と和歌 : 頓阿の自己研鑽の道 https://t.co/Ugt21pZjXw #CiNii
【LGBT】魚橋慶子「性の多様性に対応する人権教育についての考察 : 大学教育への提案」東北学院大学教育研究所報告集 9巻 P.49-62 (2009-03) 東北学院大学教育研究所 https://t.co/GTtbElzFVu
【GID/ホルモン療法】内島 豊「S7-2 ホルモン療法 : female to male & male to female」日本泌尿器科學會雜誌 95巻2号 p.205 (2004-03) 社団法人日本泌尿器科学会 https://t.co/WGvWuEHA0M [PDF有料]
CiNii 論文 -  曹洞宗と山岳信仰 https://t.co/AdJxypoA5G #CiNii
CiNii 論文 -  堀越公方と室町幕府―奉行人布施為基の軌跡― https://t.co/4NGelqlQQC #CiNii
【LGBT】魚橋慶子「部位別の性別存在を意識した人権教育」大阪府立工業高等専門学校研究紀要 38巻 P.43-52 (2004-07) 大阪府立工業高等専門学校 https://t.co/nEFXRasUTT
【GID/SRS】永井 敦「S7-3 性別適合手術 : female to male & male to female」日本泌尿器科學會雜誌 95巻2号 p.205 (2004-03-15) 社団法人日本泌尿器科学会 https://t.co/lFkK3VxV07 [PDF有料]

17 2 2 0 OA お伽草子の性格

CiNii 論文 -  お伽草子の性格 https://t.co/VwycgWlltQ #CiNii
【LGBT/人権】平野広朗「人権 セクシュアル・マイノリティの現在 : 性のありようを問い直す」部落解放 544号 P.212-223 (2005) 解放出版社 https://t.co/FaXch0XAtQ
【GID/法学/特例法】齋藤陽夫「法令解説 性同一性障害者の性別の取扱いが変更可能に : 性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律」時の法令 1709号 pp.36-44 (2004-03-15) 国立印刷局 https://t.co/yWijV7ij5K
【LGB】藤井宏明「福祉系学生とその保護者に対する同性愛の受容に関する意識調査」日本性科学会雑誌 23巻1号 P.30-36 (2005-07-31) 日本性科学会 https://t.co/sHn1cTXrHk
【GID/医学/手術/美容外科学】高柳 進「性同一性障害における乳頭の縮小術について」日本美容外科学会会報 26巻1号 pp.13-18 (2004-03-25) https://t.co/rDcT4IRnD0
【セクシュアリティ/LGBT】伊藤 悟「セクシュアリティを疑え!(2) インターネットから「希望」を発信し続ける」週刊金曜日 7巻32号 P.52-55 (1999-08-27) 金曜日 https://t.co/bEHmLyg4nQ
【GID/法学/憲法学】嶋崎健太郎「個人の尊重 : 性同一性障害者問題 (特集1 憲法学習のキーワード)」法学セミナー 49巻5号 pp.10-12 (2004-05) 日本評論社 https://t.co/pGLqKj86v8
【LGBT】高取昌二「等身大の自己を取り戻す : セクシュアルマイノリティ教職員ネットワークの設立とそのめざすもの」部落解放 501号 P.50-57 (2002-05) 解放出版社 https://t.co/c0UmJkwRSv
【GID/生活史】有薗真代「物語を生きるということ : 「性同一性障害」者の生活史から」ソシオロジ 49巻1号 pp.55-71 (2004-05) 社会学研究会 https://t.co/dAsH8P6iwb
【GID】前田 亮ほか「医学セミナーの試み2003: 性同一性障害」福島医学雑誌 54巻2号 pp.145-148 (2004-06) 福島県立医科大学 https://t.co/GwCK92UEmv
【GID/生命保険経営学】佐々木 光信「性同一性障害と性別変更」生命保険経営 72巻4号 pp.39-59 (2004-07) 生命保険経営学会 https://t.co/bCM7TrT7VK https://t.co/nKFf5vhqe2 [PDF]
【GID/特例法/戸籍法/行政法/通達】「通達・回答 戸籍 性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律の施行に伴う戸籍事務の取扱いについて」民事月報 59巻7号 pp.199-229 (2004-07) 法務省民事局 https://t.co/0oP1Al10lu
【GID/法学/特例法/戸籍法/行政法/通達】「性同一性障害特例法施行に伴う戸籍法施行規則改正並びに関連通達発出さる」戸籍時報 571号 pp.29-60 (2004-07) 日本加除出版 https://t.co/7V9jBXfIJg
【GID/特例法/法学/行政法/通達】「訓令・通達・回答(5181) 性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律の施行に伴う戸籍事務の取扱いについて」戸籍 760号 pp.58-88 (2004-07) テイハン https://t.co/RT1aq6v2fq
【精神看護学/ディベート/GID】福田由紀子ほか「精神看護学における「ディベート」授業展開と課題」日本赤十字愛知短期大学紀要 15号 pp.83-94 (2004) 日本赤十字愛知短期大学 https://t.co/6XhURVFQnE
【GID/法学/医事法/特例法】大島俊之「医事法トピックス 性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律」年報医事法学 19巻 pp.236-232 (2004) 日本評論社 https://t.co/b05g0fw9Vh
【GID/MtF/心理学/調理技術/食生活】梅宮れいか「性同一性障害と食生活のかかわり : 特にMtF性同一性障害の心理的決定に及ぼす調理技術学習の効果」研究紀要 36巻 pp.45-50 (2004) 福島学院大学 https://t.co/Q3fAjK0Rri
【GID/臨床】永井 敦「岡山大学医学部ジェンダークリニックにおける性同一性障害患者415名の解析」小児泌尿会誌 13巻 pp.32-36 (2004) https://t.co/Yj5lmz57Zc
【GID/人権】「人権相談室(13) 性同一性障害に関する人権問題」人権のひろば 6巻5号 pp.28-30 (2004-01) 人権擁護協力会 https://t.co/ht3SPvE6CH
【GID】塚田 攻「性同一性障害 (性の相談--健康なセックスを求めて) -- (現代社会としての性の相談)」現代のエスプリ 438号 pp.159-167 (2004-01) 至文堂 https://t.co/KjUzzyT09Z
【LGBT】アレキサンダー・ロニー「セクシュアル・マイノリティと戦争 : 「九・一一」をきっかけに考えたこと (特集 九・一一と知識人 : 女性国際戦犯法廷とは何か)」情況 第三期 3巻7号 P.182-193 (2002) 情況… https://t.co/eGVhI5rYhR
【GID/家族/ルポルタージュ】佐藤万作子「ルポ・「性同一性障害」に揺れた大熊さん一家 「父」はこうして「母」になった」婦人公論 89巻2号 pp.60-63 (2004-01-22) 中央公論新社 https://t.co/4havcVAkhY
PDFあり。 ⇒渡辺 洋子, 政木 みき, 河野 啓 「ニュースメディアの多様化は政治的態度に違いをもたらすのか」 『放送研究と調査』 69巻 (2019) 6号 https://t.co/bsFz4sWkpZ
CiNii 論文 -  近世の武家昵近公家衆 https://t.co/n9Wv0JfaY4 #CiNii
【LGBT】宮崎留美子「セクシュアルマイノリティと人権」社会主義 477号 P.67-74 (2002-09) 社会主義協会 https://t.co/L23CDQC1RQ
【GID】粟野仁雄「ダカーポ・ノンフィクション(10) 「男」になった競艇選手、「女」になったおとん…… カミングアウトしはじめた「性同一性障害」の人たち」ダカーポ 24巻3号 pp.102-113 (2004) マガジンハウス https://t.co/6pp3qBx8vB
CiNii 論文 -  「神祇管領長上」考 : 室町期の吉田家と神祇官 https://t.co/iUFKXpzdrU #CiNii
CiNii 論文 -  即位灌頂と摂関家 : 二条家の 「天子御灌頂」 の歴史 https://t.co/4esxslaSha #CiNii
【LGBT総合】小橋模子「セクシュアル・マイノリティへのサポートがあっても、自らのセクシュアリティを生きることが難しい女たち」女性学年報 24号 P.127-131 (2003) 日本女性学研究会「女性学年報」編集委員会 https://t.co/RpNjGhAhtx
【GID/性的交渉】北原みのり「とまどい、驚き、揺らぎ……性同一性障害の彼と探す新しい快感 (特集 心と体を満たすセックスって?)」婦人公論 89巻4号 pp.38-41 (2004-02-22) 中央公論新社 https://t.co/IV4xnVE5o6
CiNii 論文 -  古往来から見た武家の教養 / 書を学ぶ・書で学ぶ https://t.co/4JRgUlX9hK #CiNii
CiNii 論文 -  焼酎の伝播の検証と,その後に於ける焼酎の技術的発展 https://t.co/AoIgjyQqpk #CiNii
【TG/GID】松村比奈子「戸籍の性別変更と自己決定権 : 人権としての自己決定権は何を保障すべきか」社会理論研究 10号 P.198-201 (2009-11) 千書房 https://t.co/R7y51skOYc
【GID/法学/労働法/解雇】永野仁美「労働判例研究 第1004回(1084) 性同一性障害を持つ者に対する懲戒解雇の適法性 : S社事件」ジュリスト 1263号 pp.189-192 (2004-03-01) 有斐閣 https://t.co/P4TXvjzX1H
CiNii 論文 -  史料紹介・上杉憲政文書集 : 山内上杉氏文書集3 https://t.co/DH8ls8FL9V #CiNii
CiNii 論文 -  建武三年における備前守護に関する一考察 : 室津軍議と守護・大将併置制 https://t.co/6FxWQsipsc #CiNii

12 11 11 0 OA 「教育」分野

RT @isaoiori: 西口光一(2012)「教育分野」『日本語教育』153。私も寄稿した『日本語教育』の展望論文です。この中で書かれているように、日本語教育では新しい教授法(教育理念)と伝統的な考え方の間の論争が全くと言っていいほど起こりません。これも大きな問題だと思いま…
【GID/TG/LGBT】松村比奈子「セクシュアル・マイノリティと社会空間の変容 : 性同一性障害をかかえる人々の社会運動の実践と社会の対応」神奈川大学評論 46号 P.67-83 (2003) 神奈川大学広報委員会 https://t.co/RxMb1rrqoM

フォロワー(228ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

【GID/生物学的性】小川 誠一「性同一性障害にかかわる未分化性中枢(間脳下垂体系)への性ホルモンの関与と実験動物モデルの作成」日米高齢者保健福祉学会誌 1号 pp.215-232 (2005-03) 日米高齢者保健福祉学会誌事務局 https://t.co/8VlWdCyxmH
【TG/GID】谷口洋幸「性同一性障害に関する国際人権判例の研究」ジェンダー研究 7号 P.93-114 (2004-12) 東海ジェンダー研究所 https://t.co/fTDQZw5Xfo
【GID】塚田 攻「性同一性障害とその対応 (特集 女性とセクシュアリティ : 性の健康を考える)」産婦人科治療 89巻1号 pp.73-79 (2004-07) 永井書店 https://t.co/gh3iTVHGZC
【LGB】谷口洋幸「同性同士の〈結婚〉 「同等だが差異ある制度」の検討」女たちの21世紀 37号 P.19-21 (2004-02) アジア女性資料センター https://t.co/1DThs8SoZp
【GID/看護学】奥野信枝ほか「性同一性障害患者の看護 : 入院中の看護の取り組みと評価」日本性科学会雑誌 22巻1号 pp.12-15 (2004-07-31) https://t.co/GCrHfyBJeA
【TS/TG/GID】谷口洋幸「判例紹介 トランスセクシュアルの性別訂正と婚姻 : ヨーロッパ人権裁判所グッドウィン対イギリス判決」国際人権 14号 P.107-109 (2003) 国際人権法学会 https://t.co/Y74jY9YnTx
【GID/FtM/ホルモン治療】永井 敦「岡山大学における性同一性障害患者(GID-FTM)に対するホルモン治療」日本性科学会雑誌 22巻1号 pp.16-20 (2004-07-31) https://t.co/Ym0lPiu5Ms
【LGBT/国際法/人権】谷口洋幸「国際法における性的指向・性別自認と人権」法學新報 116巻3/号 P.523-548 (2009-09) 中央大学 https://t.co/qqZKEbAYT2
【GID/】早川 智「Essay 青い血のカルテ(8) ローマ皇帝ヘリオガバルスの性同一性障害」産科と婦人科 71巻8号 pp.1076-1080 (2004-08) 診断と治療社 https://t.co/eRrYmYwUV3
【TG/GID】谷口洋幸「国際人権法にもとづく性同一性障害者の人権保障 : ヨーロッパ人権裁判所の判例を契機として」日本性研究会議会報 16巻1号 P.13-21 (2004-11) 日本性教育協会 https://t.co/SGXir9ibxe
【GID/性教育】井村 希ほか「243 中学生の性同一性障害に対する認識と考え方・感じ方の実態(性教育1)(第45回日本母性衛生学会総会学術集会)」母性衛生 45巻3号 p.175 (2004-09) 日本母性衛生学会… https://t.co/7APdPdSWfW
【TG/GID】谷口洋幸「性同一性障害者の性別訂正と国際人権法 : ヨーロッパ人権裁判所グッドウィン判決の意味するもの」中央大学社会科学研究所年報 7号 P.181-199 (2002) 中央大学出版部 https://t.co/6qx2tVs9p5
【GID】秦 久美子ほか「383 性同一性障害外来診療における性別に伴う問題点の検討(研究調査2)(第45回日本母性衛生学会総会学術集会)」母性衛生 45巻3号 p.222 (2004-09) 日本母性衛生学会 https://t.co/tlfGjRXNDp [PDF有料]
【LGB】谷口洋幸「ヨーロッパ人権条約における同性愛」中央大学大学院研究年報 30号 P.53-65 (2000) 中央大学大学院研究年報編集委員会 https://t.co/KZMlVcmc8P
【GID/容姿】塚田 攻「性同一性障害におけるボディイメージ (特別企画 容姿と美醜の心理)」こころの科学 117号 pp.48-52 (2004-09) 日本評論社 https://t.co/NJ00nyzTHz
【G】渡辺大輔ほか「《座談会》ゲイの若者が語り合う、これまでとこれから (特集 若者と性 : 語る、求める、動く)」セクシュアリティ 49号 P.88-99 (2011-01) エイデル研究所 https://t.co/MP8y8JqY0E
【GID/特例法/戸籍法/行政法】高橋昌昭「一目でわかる戸籍の処理(11) 性同一性障害特例法の施行に伴う戸籍実務の取扱い(上)」戸籍時報 574号 pp.84-95 (2004-09) 日本加除出版 https://t.co/D8vbrOs2YL
【LGBT】渡辺大輔「多様な性の人権を考えるSETA : 海外情報 フィンランドレポート(1)」セクシュアリティ 53号 P.138-141 (2011-10) エイデル研究所 https://t.co/at3xd94Ni7
【GID/法学/特例法】自見武士「性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律の概要」家庭裁判月報 56巻9号 pp.1-19 (2004-09) 最高裁判所 https://t.co/2cEImWMQog
【LGBT】渡辺大輔「若者との共同プロジェクトを進めるHIV財団/HIVセンター : 海外情報 フィンランドレポート(2)」Sexuality 54号 P.126-129 (2012-01) エイデル研究所 https://t.co/XdQp5WQMIJ
【GID/特例法/戸籍法/行政法】「通達・回答 性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律の施行に伴う戸籍事務の取扱いについて」家庭裁判月報 56巻9号 pp.105-135 (2004-09) 最高裁判所 https://t.co/zAP2HC4mor
【LGBT】渡辺大輔「若者が自由に利用できるユースセンター"Happi" : 海外情報 フィンランドレポート(3)」Sexuality 56号 P.146-149 (2012-04) エイデル研究所 https://t.co/ah7d6LBXtt
【GID/戸籍法/行政法】高橋昌昭「一目でわかる戸籍の処理(12) 性同一性障害特例法の施行に伴う戸籍実務の取扱い(下)」戸籍時報 575号 pp.67-80 (2004-10) 日本加除出版 https://t.co/VQtPoBNYVq
【LGBT】渡辺大輔「首都ヘルシンキのセクシャルマイノリティ支援グループ"HeSETA" : 海外情報 フィンランドレポート(4・最終回)」Sexuality 57号 P.134-137 (2012-07) エイデル研究所 https://t.co/NN0RLgwwSO
【GID/ウェクスラー成人知能検査】織田裕行ほか「性同一性障害患者のWAIS-Rに対する検討」日本性科学会雑誌 22巻2号 p.144 (2004-10-15) https://t.co/PsUSUttiHq
【セクシュアリティ】渡辺大輔「多様なセクシュアリティ (性教育実践2008)」セクシュアリティ 35号 P.118-125 (2008-04) エイデル研究所 https://t.co/zqi9Bw2Hwa
【GID/国際人権法/人権】谷口洋幸「国際人権法にもとづく性同一性障害者の人権保障 : ヨーロッパ人権裁判所の判例を契機として」日本=性研究会議会報 16巻1号 pp.13-21 (2004-11) 日本性教育協会 https://t.co/SGXir9ibxe
【LGBT】渡辺大輔「セクシュアル・マイノリティ (特集 性と生のデータ集(2))」セクシュアリティ 42号 P.34-37 (2009-07) エイデル研究所 https://t.co/OPMST9dbUY
【GID】南野知惠子ほか「鼎談 戸籍上の性別変更も可能に 性同一性障害について考える」りぶる 23巻12号 pp.64-69 (2004-12) 自由民主党 https://t.co/OvSnXFeDHC
【TG/人権】土肥いつき「人権 セクシュアルマイノリティーの人権 : 不完全フルタイムトランスジェンダーとして」部落解放 528号 P.241-250 (2004) 解放出版社 https://t.co/BFgSrUs00M
【GID/精神療法】佐藤俊樹「S7-1 性同一性障害と精神療法(7. 性同一性障害への対応 : 現況と展望)」日本泌尿器科學會雜誌 95巻2号 p.204 (2004-03-15) 社団法人日本泌尿器科学会 https://t.co/nkdO9HbtbA [PDF有料]
【LGBT】魚橋慶子「性の多様性に対応する人権教育についての考察 : 大学教育への提案」東北学院大学教育研究所報告集 9巻 P.49-62 (2009-03) 東北学院大学教育研究所 https://t.co/GTtbElzFVu
【GID/ホルモン療法】内島 豊「S7-2 ホルモン療法 : female to male & male to female」日本泌尿器科學會雜誌 95巻2号 p.205 (2004-03) 社団法人日本泌尿器科学会 https://t.co/WGvWuEHA0M [PDF有料]
【LGBT】魚橋慶子「部位別の性別存在を意識した人権教育」大阪府立工業高等専門学校研究紀要 38巻 P.43-52 (2004-07) 大阪府立工業高等専門学校 https://t.co/nEFXRasUTT
【GID/SRS】永井 敦「S7-3 性別適合手術 : female to male & male to female」日本泌尿器科學會雜誌 95巻2号 p.205 (2004-03-15) 社団法人日本泌尿器科学会 https://t.co/lFkK3VxV07 [PDF有料]
【LGBT/人権】平野広朗「人権 セクシュアル・マイノリティの現在 : 性のありようを問い直す」部落解放 544号 P.212-223 (2005) 解放出版社 https://t.co/FaXch0XAtQ
【GID/法学/特例法】齋藤陽夫「法令解説 性同一性障害者の性別の取扱いが変更可能に : 性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律」時の法令 1709号 pp.36-44 (2004-03-15) 国立印刷局 https://t.co/yWijV7ij5K
【LGB】藤井宏明「福祉系学生とその保護者に対する同性愛の受容に関する意識調査」日本性科学会雑誌 23巻1号 P.30-36 (2005-07-31) 日本性科学会 https://t.co/sHn1cTXrHk
【GID/医学/手術/美容外科学】高柳 進「性同一性障害における乳頭の縮小術について」日本美容外科学会会報 26巻1号 pp.13-18 (2004-03-25) https://t.co/rDcT4IRnD0
【セクシュアリティ/LGBT】伊藤 悟「セクシュアリティを疑え!(2) インターネットから「希望」を発信し続ける」週刊金曜日 7巻32号 P.52-55 (1999-08-27) 金曜日 https://t.co/bEHmLyg4nQ
【GID/法学/憲法学】嶋崎健太郎「個人の尊重 : 性同一性障害者問題 (特集1 憲法学習のキーワード)」法学セミナー 49巻5号 pp.10-12 (2004-05) 日本評論社 https://t.co/pGLqKj86v8
【LGBT】高取昌二「等身大の自己を取り戻す : セクシュアルマイノリティ教職員ネットワークの設立とそのめざすもの」部落解放 501号 P.50-57 (2002-05) 解放出版社 https://t.co/c0UmJkwRSv
【GID/生活史】有薗真代「物語を生きるということ : 「性同一性障害」者の生活史から」ソシオロジ 49巻1号 pp.55-71 (2004-05) 社会学研究会 https://t.co/dAsH8P6iwb
【GID】前田 亮ほか「医学セミナーの試み2003: 性同一性障害」福島医学雑誌 54巻2号 pp.145-148 (2004-06) 福島県立医科大学 https://t.co/GwCK92UEmv
【GID/生命保険経営学】佐々木 光信「性同一性障害と性別変更」生命保険経営 72巻4号 pp.39-59 (2004-07) 生命保険経営学会 https://t.co/bCM7TrT7VK https://t.co/nKFf5vhqe2 [PDF]
【GID/特例法/戸籍法/行政法/通達】「通達・回答 戸籍 性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律の施行に伴う戸籍事務の取扱いについて」民事月報 59巻7号 pp.199-229 (2004-07) 法務省民事局 https://t.co/0oP1Al10lu
【GID/法学/特例法/戸籍法/行政法/通達】「性同一性障害特例法施行に伴う戸籍法施行規則改正並びに関連通達発出さる」戸籍時報 571号 pp.29-60 (2004-07) 日本加除出版 https://t.co/7V9jBXfIJg
【GID/特例法/法学/行政法/通達】「訓令・通達・回答(5181) 性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律の施行に伴う戸籍事務の取扱いについて」戸籍 760号 pp.58-88 (2004-07) テイハン https://t.co/RT1aq6v2fq
【精神看護学/ディベート/GID】福田由紀子ほか「精神看護学における「ディベート」授業展開と課題」日本赤十字愛知短期大学紀要 15号 pp.83-94 (2004) 日本赤十字愛知短期大学 https://t.co/6XhURVFQnE
【GID/法学/医事法/特例法】大島俊之「医事法トピックス 性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律」年報医事法学 19巻 pp.236-232 (2004) 日本評論社 https://t.co/b05g0fw9Vh
【GID/MtF/心理学/調理技術/食生活】梅宮れいか「性同一性障害と食生活のかかわり : 特にMtF性同一性障害の心理的決定に及ぼす調理技術学習の効果」研究紀要 36巻 pp.45-50 (2004) 福島学院大学 https://t.co/Q3fAjK0Rri
【GID/臨床】永井 敦「岡山大学医学部ジェンダークリニックにおける性同一性障害患者415名の解析」小児泌尿会誌 13巻 pp.32-36 (2004) https://t.co/Yj5lmz57Zc
【GID/人権】「人権相談室(13) 性同一性障害に関する人権問題」人権のひろば 6巻5号 pp.28-30 (2004-01) 人権擁護協力会 https://t.co/ht3SPvE6CH
【GID】塚田 攻「性同一性障害 (性の相談--健康なセックスを求めて) -- (現代社会としての性の相談)」現代のエスプリ 438号 pp.159-167 (2004-01) 至文堂 https://t.co/KjUzzyT09Z
【LGBT】アレキサンダー・ロニー「セクシュアル・マイノリティと戦争 : 「九・一一」をきっかけに考えたこと (特集 九・一一と知識人 : 女性国際戦犯法廷とは何か)」情況 第三期 3巻7号 P.182-193 (2002) 情況… https://t.co/eGVhI5rYhR
【GID/家族/ルポルタージュ】佐藤万作子「ルポ・「性同一性障害」に揺れた大熊さん一家 「父」はこうして「母」になった」婦人公論 89巻2号 pp.60-63 (2004-01-22) 中央公論新社 https://t.co/4havcVAkhY
【LGBT】宮崎留美子「セクシュアルマイノリティと人権」社会主義 477号 P.67-74 (2002-09) 社会主義協会 https://t.co/L23CDQC1RQ
【GID】粟野仁雄「ダカーポ・ノンフィクション(10) 「男」になった競艇選手、「女」になったおとん…… カミングアウトしはじめた「性同一性障害」の人たち」ダカーポ 24巻3号 pp.102-113 (2004) マガジンハウス https://t.co/6pp3qBx8vB
【LGBT総合】小橋模子「セクシュアル・マイノリティへのサポートがあっても、自らのセクシュアリティを生きることが難しい女たち」女性学年報 24号 P.127-131 (2003) 日本女性学研究会「女性学年報」編集委員会 https://t.co/RpNjGhAhtx
【GID/性的交渉】北原みのり「とまどい、驚き、揺らぎ……性同一性障害の彼と探す新しい快感 (特集 心と体を満たすセックスって?)」婦人公論 89巻4号 pp.38-41 (2004-02-22) 中央公論新社 https://t.co/IV4xnVE5o6
【TG/GID】松村比奈子「戸籍の性別変更と自己決定権 : 人権としての自己決定権は何を保障すべきか」社会理論研究 10号 P.198-201 (2009-11) 千書房 https://t.co/R7y51skOYc
【GID/法学/労働法/解雇】永野仁美「労働判例研究 第1004回(1084) 性同一性障害を持つ者に対する懲戒解雇の適法性 : S社事件」ジュリスト 1263号 pp.189-192 (2004-03-01) 有斐閣 https://t.co/P4TXvjzX1H
【GID/TG/LGBT】松村比奈子「セクシュアル・マイノリティと社会空間の変容 : 性同一性障害をかかえる人々の社会運動の実践と社会の対応」神奈川大学評論 46号 P.67-83 (2003) 神奈川大学広報委員会 https://t.co/RxMb1rrqoM
【GID/性別二元論/性教育】山内俊雄「性同一性障害から何を学ぶか : ジェンダー、性二分法への示唆 (特集 性教育はこれでよいか)」教育と医学 51巻8号 pp.759-766 (2003-08) 慶應義塾大学出版会 https://t.co/EYwQ98wNy5
【同性婚】石坂わたる「同性とのパートナーシップにおける法制度上の障害と社会的あるいは心理的な壁 : セクシュアルマイノリティ リレートーク 虹の架け橋(12)」セクシュアリティ 46号 P.92-95 (2010) エイデル研究所 https://t.co/jjHOTYXVTY
【GID/特例法】「話題レポート 「性同一性障害法」が成立でも残る課題 : 数千人が「疾患」に悩む中」月刊テーミス 12巻8号 pp.104-105 (2003-08) テーミス https://t.co/rOu4rMsEV4
【LGBT】石坂わたる「マイノリティに過剰適応を求める現代社会 : セクシュアルマイノリティーもセクシュアルマジョリティも生きやすい社会へ」女も男も 110号 P.42-46 (2007) 労働教育センター https://t.co/vT4gI87Mt6
【GID/法学/労働法/裁判例】清水弥生「判例解説(2) 性同一性障害者による別性容姿での就労申出と企業秩序 : S社(性同一性障害者解雇)事件」労働判例 849号 pp.14-22 (2003-08-01) 産労総合研究所 https://t.co/3CwjrMbD3Q
【LGBT】都築正実ほか「理論編 セクシュアルマイノリティからのビギナー講座」セクシュアリティ 30号 P.148-155 (2007-04) エイデル研究所 https://t.co/DUYgxrDMk4
【GID/法学】星野一正「民主化の法理 / 医療の場合(99) 性同一性障害者の性別取扱い特例の法制化に成功」時の法令 1696号 pp.60-65 (2003-08-30) 国立印刷局 https://t.co/LvIxPckJFE
【LGBT】加藤 慶「LGBT学生支援のアクションリサーチ (小特集 「隠す」ことと「語る」ことと : セクシュアル・マイノリティの立場から)」解放社会学研究 22号 P.93-101 (2008) 日本解放社会学会 https://t.co/spbw6YZfWI
【GID/特例法/法学】「ロー・フォーラム 立法の話題 戸籍の性別記載の変更が可能に : 性同一性障害者特例法の成立」法学セミナー 48巻9号 pp.125 (2003-09) 日本評論社 https://t.co/IDGVa93V7n
【LGBT】土肥いつき「「ありのままのわたしを生きる」ために (小特集 「隠す」ことと「語る」ことと : セクシュアル・マイノリティの立場から)」解放社会学研究 22号 P.119-128 (2008) 日本解放社会学会 https://t.co/xVQy3LW4hC
【GID/特例法】「法律解説 司法・法務 性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律 平成15年7月16日法律第111号」法令解説資料総覧 260号 pp.61-63 (2003-09) 第一法規 https://t.co/S7ComhD1Bf
【LGBT】渡辺大輔「ジェンダーで考える教育の現在(第15回) : セクシュアル・マイノリティと学校」ヒューマンライツ 240号 P.36-41 (2008-03) 部落解放・人権研究所 https://t.co/vXsfwwRpPg
【GID】家庭問題情報センター「ファミリーカウンセラーの窓から(52) 性同一性障害の周辺を生きる苦しさ : 女生徒の制服はどうしてスカートだけ?」住民行政の窓 254号 pp.87-90 (2003-09) 日本加除出版 https://t.co/nQtdKmGNz6
【LGBT】谷口洋幸「セクシュアル・マイノリティと社会 : 谷口洋幸氏にその実情を聞く」第三文明 584号 P.24-26 (2008-08) 第三文明社 https://t.co/3OV2BNypiZ
【GID/特例法】針間克己「性同一性障害の現状と特例法」日本医師会雑誌 130巻5号 pp.754-758 (2003-09-01) 日本医師会 https://t.co/7Okxx5EImY
【LGBT】「セクシュアル・マイノリティと社会」第三文明 584号 P.24-29 (2008-08) 第三文明社 https://t.co/XsBKvdwrT3
【GID/特例法】田原 牧「リレー連載「逆風に立つ」(1) 見失ったプライドと寛容性 : 「性同一性障害特例法」批判」情況 第三期 4巻9号 pp.194-200 (2003-10) 情況出版 https://t.co/oEtEiC7EbJ
【Queer/LGBT】三須祐介「台湾におけるクィア/酷児と文学 : 台湾セクシュアル・マイノリティ文学シリーズ」野草 84号 P.69-81 (2009-08) 中国文芸研究会 https://t.co/hvU0LWe3EM
【GID/法学】大村 敦志「KEY WORD 性同一性障害」法学教室 278号 pp.2-3 (2003-11) 有斐閣 https://t.co/qdEfkL93zY
【LGBT】「分科会 性別規範が暴力になる時 : セクシュアル・マイノリティの立場から」フェミニストカウンセリング研究 9巻 P.117-121 (2010) 日本フェミニストカウンセリング学会 https://t.co/TEFTy4kV3b
【資料】【GID】「性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律の公布等について(通知)」家庭裁判月報 55巻11号 pp.223-227 (2003-11) 最高裁判所 https://t.co/mBR0VOVMF6
【LGB】渡辺大輔「同性愛の若者とインターネット : 孤立からの脱却と広がる仲間づくり」人間と教育 28号 P.144-153 (2000) 旬報社 https://t.co/sXQLwvG9l2
【GID】木下勝之ほか「性同一性障害の取り扱い (特集 明日の卵巣機能の臨床を探る : TBM(理論)とEBM(実効)から)」産婦人科治療 87巻5号 pp.567-575 (2003-11) 永井書店 https://t.co/YF7iEPoxCW
【LGBT】渡辺大輔「ジェンダーで考える教育の現在(いま)(第15回)セクシュアル・マイノリティと学校」ヒューマンライツ 240号 P.36-41 (2008-03) 部落解放・人権研究所 https://t.co/vXsfwwRpPg
【GID】岸本佳子ほか「性同一性障害(GID) 121症例の臨床解析(第117群 その他2)」日本産科婦人科學會雜誌 55巻2号 p.397 (2003-02-01) 社団法人日本産科婦人科学会 https://t.co/o7hmbbfrzk [PDF定額]
【LGBT】渡辺大輔「性的少数者にとっての仲間との出会い (特集 「生きづらい」若者たちを支える)」教育 60巻12号 P.61-67 (2010-12) 国土社 https://t.co/xbEBRVZWy7
【GID/TS/MtF】佐々木愛子ほか「Male to Female Transsexuals(性同一性障害)のホルモン療法の検討」日本産科婦人科學會雜誌 55巻2号 p.397 社団法人日本産科婦人科学会 https://t.co/0gx3WdHlOa [PDF定額]
【LGBT】渡辺大輔ほか「人権教育の現代的課題としてのセクシュアル・マイノリティ : 「同性愛者と語る会」公開研究会の視点(1)」岐阜大学教育学部研究報告. 教育実践研究 5巻 P.141-161 (2003-03) 岐阜大学 https://t.co/oA5CMCAkeb
【GID/臨床/症例】中塚幹也ほか「臨床研究 岡山大学ジェンダークリニックにおける性同一性障害121症例の検討」産科と婦人科 70巻3号 pp.368-373 (2003-03) 診断と治療社 https://t.co/Q8zw5T8SNx
【LGBT】渡辺大輔「セクシュアルマイノリティと暴力」セクシュアリティ 44号 P.32-35 (2010-01) エイデル研究所 https://t.co/rFlVc0jL3z
【GID/労働法/解雇】小畑史子「最新労働基準判例解説(37) 性同一性障害と企業秩序 : S社(性同一性障害者解雇)事件(東京地決平成14.6.20)」労働基準 55巻3号 pp.18-23 (2003-03) 日本労務研究会 https://t.co/N1CsUnmwNb
【LGBT】石川大我「「セクシュアルマイノリティを正しく理解する週間」を終えて」セクシュアリティ 47号 P.86-91 (2010-07) エイデル研究所 https://t.co/OWSqvspB2z
【GID/女声】櫻庭京子ほか「女声と聴取された性同一性障害者(MtF)の音声の音響分析」日本音響学会研究発表会講演論文集 2003巻1号 pp.449-450 (2003-03-18) https://t.co/47L2lAx9XL
【GID】原科孝雄「性同一性障害」医学検査 : 日本臨床衛生検査技師会誌 52巻4号 p.289 (2003-04-25) https://t.co/KdvqGDmISI
【LGBT】遠山日出也「中国におけるセクシュアル・マイノリティをめぐる政策と運動」近きに在りて 58号 P.120-129 (2010-11) 野沢豊 https://t.co/KXSzydWPwX
【GID/解雇/労働法/裁判例】新谷眞人「性同一性障害者に対する懲戒解雇の正当性--S社事件・東京地裁決定の研究(平成14.6.20)」労働法律旬報 1553号 pp.22-25 (2003-06) 旬報社 https://t.co/28H8rNGcYt
【LGBT/人権】谷口洋幸「セクシュアルマイノリティの人権に関する国連決議」セクシュアリティ 53号 P.68-73 (2011-10) エイデル研究所 https://t.co/ppq75ZzCIh