siwito (@siwito)

投稿一覧(最新100件)

RT @kokutenkyou: んおお!!この報文、北海道から出土した星兜の実測図が載ってる!!「兜出土地一覧表」とかいう神リストまで付いてるのでメモ。 https://t.co/zLTzTKwMfH https://t.co/zIWFptTsjn

73 0 0 0 OA 集古十種

RT @hashimoto_tokyo: 春日大社の大鎧については『集古十種』で予習してから行くといいかと。https://t.co/M5tBVt2q1q ちょっと目でみたくらいじゃわからないところまで描いてあるので。 https://t.co/Fv4rXnq3ud
RT @kokutenkyou: 6年前に神奈川県で出土した鎌倉時代の大鎧の調査報告が出てた。ありがてぇ! https://t.co/IQTrxNbIew https://t.co/OKyy9j8OOh
RT @yoroi_gurui: 自作の小桜威大鎧を纏った小堀鞆音もこんな風に。最終的には気分の問題だが、ぼんやりでもそれっぱく色が付けば楽しいものだ。 市岡太次郎編『大鎧着初式併諸家所蔵大鎧之図』(明治43年)より。 https://t.co/NXastv9KUl https…

13 0 0 0 OA 温古〓彙

RT @yoroi_gurui: 古甲冑の研究熱が高まった江戸後期に編まれた絵韋のパターンカタログ。甲冑自作派へ推奨するが、使う箇所や時代観を誤らぬよう注意すべし。 『温古せん彙』の著者・春田永年は幕府のお抱え甲冑師。 ・春田永年『温古せん彙』https://t.co/KLC0…

18 0 0 0 OA 革[ゼン]図考

RT @yoroi_gurui: 古甲冑の研究熱が高まった江戸後期に編まれた絵韋のパターンカタログ。甲冑自作派へ推奨するが、使う箇所や時代観を誤らぬよう注意すべし。 『温古せん彙』の著者・春田永年は幕府のお抱え甲冑師。 ・春田永年『温古せん彙』https://t.co/KLC0…
RT @kokutenkyou: 6年前に神奈川県で出土した鎌倉時代の大鎧の調査報告が出てた。ありがてぇ! https://t.co/IQTrxNbIew https://t.co/OKyy9j8OOh
RT @yoroi_gurui: 1586年の天正大地震で壊滅した木舟城下町跡の石名田木舟遺跡から練鉢の残欠が出土していたとは知らなんだ。しかも小星風の意匠らしい。 https://t.co/taqIBiavPr https://t.co/XuYZzgEXdM

お気に入り一覧(最新100件)

■鹿革の脳漿鞣しの分析調査の報告が出てたのでメモ。 ・脳漿自体にはほとんど鞣し効果は無く、ヘラなどによる物理的な揉みほぐしによる効果が大きい。 ・脳漿中のリン脂質分解物は肌触りの滑らかさに寄与(石鹸で滑りが良くなるような効果) ・ぶっちゃけ現代の油鞣しと同じ。 https://t.co/7rqms7D8f5
『名古屋の名所旧蹟(昭和13年)』という本を読んでいたら、「法浄寺犬御堂の黒犬像・白犬像」というのが出てきた。 なにこれ、めちゃくちゃ可愛い。 https://t.co/SOYX1MYn0K https://t.co/STyedTsqoy
んおお!!この報文、北海道から出土した星兜の実測図が載ってる!!「兜出土地一覧表」とかいう神リストまで付いてるのでメモ。 https://t.co/zLTzTKwMfH https://t.co/zIWFptTsjn
自作の小桜威大鎧を纏った小堀鞆音もこんな風に。最終的には気分の問題だが、ぼんやりでもそれっぱく色が付けば楽しいものだ。 市岡太次郎編『大鎧着初式併諸家所蔵大鎧之図』(明治43年)より。 https://t.co/NXastv9KUl https://t.co/YKxpuQc8eC https://t.co/4sVgANhMgx

4 0 0 0 OA 御馬印

義智のは色も艶やかで若々しくてきらびやかでかわいい。うさみみかぶとなのかなー https://t.co/W5pH0spy2J https://t.co/n8g2qvWVP6

フォロー(403ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @kanshobakuya: 傑作の論文だ。椿井文書に切り込んだ氏の論法で刀剣界が抱える虚々実々の通説を切り込んでほしい。https://t.co/FhqdiVayrX
RT @nekonoizumi: こんな論文が流れてきた。PDFあり。 ⇒俣野裕美 「不完全なサムライたち ―現代ハリウッド映画が描く、非日本人によるサムライ化の分析―」 『摂大人文科学』27 (2020) https://t.co/vheqGBxcod
RT @nekonoizumi: PDFあり。 ⇒松田祥平 「再編成される〈探偵小説〉――一九二三年以前の『新青年』における「高級探偵小説」イメージをめぐって――」 『日本近代文学』101巻(2019) https://t.co/FcLnA0HH9W
@mukaituru @tanikabun 東京国立博物館・蔵のものですねー。ただガラシア署名はそれが唯一なので、一般化して良いのかどうかは難しいところです。基本的には細川忠興夫人の書状は、下のもののように「た」(たま)と署名されていました。 https://t.co/S5W9NXH2WJ
RT @satob: @marxindo この「国際比較研究」はAzuma, H., & Kashiwagi, K. (1987). Descriptors for an intelligent person. Japanese Psychological Research,…

4 3 1 0 OA 常山紀談

https://t.co/c6lvbz3mxb 蜂屋貞次の槍は 3間(5.45m)だが太い物なのかだが こうした槍が投げ突きにされているが 投げ突きは前書いた様に槍を投げる犬槍では無く 投げる様に突く技の可能性も有るのかだが https://t.co/vzOKrF39Uv

4 3 1 0 OA 常山紀談

https://t.co/azOdlG2gZe  新発田重家の馬 染月毛は 赤く塗られた馬なのかだが 太平記でも多種の色に染められた馬が出て来たが 染月毛同様に戦場利用されていたと言う事なのかだが https://t.co/DOeWpPs0yB
松前氏祖武田信広の出自について : 従来の説の再検討と新しい可能性の提示 https://t.co/UxkM9V1eLb あら、この論文web公開されてたのね。

4 3 1 0 OA 常山紀談

https://t.co/q9Xi4ABple  槍に4・5箇所縄を結い足溜まりとして城壁に登る例も有るのかだが 忍者の登器共成る鎌槍には 同種の縄は付けられたのかだが https://t.co/ck4nrqoJqQ

フォロワー(294ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)