✿s̷k̷r̷n̷m̷r̷ (@skrnmr)

投稿一覧(最新100件)

CiNii 論文 -  日本型選抜の探究:御破算型選抜規範 https://t.co/yFjbIFCzxa #CiNii 入試に関する議論で復習しておきたい「御破算型選抜規範」論。竹内による整理がまったく省みられていない気がする。
大学改革支援・学位授与機構学術機関リポジトリ 「早期公開日:平成30年10月29日 大学における新しい専門職のキャリアと働き方―聞き取り調査の結果から」 https://t.co/hJkGvFJq2R
CiNii 論文 -  拡大パーソナルネットワーク概念と年賀状事例調査の方法論的検討 (特集 都市の環境と社会経済システム) -- (地方都市住民の拡大パーソナルネットワーク--年賀状調査にもとづく事例分析)… https://t.co/YtunzJz1mP
CiNii 論文 -  日産自動車の経営リーダーシップの移譲と成果 https://t.co/3y1J45kwqj #CiNii ゴーンすごいよ論文、00年代半ばくらいからか。ターンアラウンドだよ、変わらなきゃも変わらなきゃだよ。
CiNii 論文 -  日産の経営改革における「よそ者」の戦略的役割 https://t.co/n6sDFSwMon #CiNii ジンメルを枠組みにしたゴーン改革分析。うーん。
RT @HashimotoTomoya: 「第三の領域」で働く専門職のキャリアと職務に関する意識についての聞き取り調査。対象はFDer、IRer、URA等。二宮祐・小島佐恵子・児島功和・小山治・浜島幸司(2019).大学における新しい専門職のキャリアと働き方:聞き取り調査の結果…
RT @haradaiko1: 出会い系掲示板で違法性のある書き込みがあるかを評価する手法の話 いい話なので読んでほしい。 J-STAGE Articles - ID交換掲示板における書きこみの隠語表記揺れを考慮した有害性評価 https://t.co/GHtJUQNejp
KAKEN — 研究課題をさがす | 教育領域における専門業務のアウトソーシングと教育専門職の変容に関する実証的研究 (KAKENHI-PROJECT-17H02661) そこで、橋本アウトソーシング科研ですよ。涙なしには研究成果… https://t.co/nDG5hTZ6ZD
CiNii 論文 -  教員文化とその変容 (特集 ゆらぐ教員世界と教職の現在) https://t.co/fq8Tj4dKv0 #CiNii こういうときこそ「教員文化論」を復習しよう。
RT @pankashi: CiNii 論文 -  実践の記述としての「当事者」の概念分析 https://t.co/K2SHUatFtt #CiNii 「社会学的記述」と概念分析の関連が書かれていた
https://t.co/VPBlY92p1q 「大学の第三の職種としての専門職を取り巻く課題の実証的研究」「当事者やその周囲では課題の声が聞かれる。しかし,こうした課題は現場レベルの感覚的なものとして聞かれるのみで,客観的に明らかにされてはいない。」/ちょっ、おま。
https://t.co/tiK9dExiBR 「大学評価への計量書誌指標の導入のもたらす社会科学研究への逆機能性に関する研究」
RT @jzbookp9ca: 「政策の窓」モデルを用いた大学入試政策の分析 可能性 https://t.co/hzzj4ofeW8
https://t.co/30oZMM0sly 松下良平「エビデンスに基づく教育の逆説—教育の失調から教育学の廃棄へ—」 https://t.co/9XLPvLKkjY 今井康雄「教育にとってエビデンスとは何か—エビデンス批判をこ… https://t.co/HeFg6db08v
https://t.co/30oZMM0sly 松下良平「エビデンスに基づく教育の逆説—教育の失調から教育学の廃棄へ—」 https://t.co/9XLPvLKkjY 今井康雄「教育にとってエビデンスとは何か—エビデンス批判をこ… https://t.co/HeFg6db08v
RT @hobokidochan: 遅まきながら、片山悠樹@kyama19773022 さんの「工業教育における「ものづくり」の受容過程」(『教育社会学研究』2014 年 95 巻)を読みました。大変面白かったです。 https://t.co/lWBayXCQQQ
RT @contractio: 山崎鎮親(2018)「「主体的な」ということと自己準拠性のペダゴジー:システム論的予備考察」 相模女子大学紀要 81, 43-50, 2018-03-10, 相模女子大学. / “CiNii 論文 -  「主体的な」ということと自己準拠性のペダゴ…
RT @brighthelmer: 去年、岸政彦さんらの『社会学はどこから来てどこへ行くのか』や、同じく岸政彦さんの『マンゴーと手榴弾』を拝読し、いろいろと思うところがあったので書いた研究ノートがオンラインで公開されておりました。「『下衆の勘ぐり』の極北 : 『動機』の理解をめ…
2019 年度審査結果の所見「戦後日本の教育労働運動の構造とそれが教育政治に与えた影響に関する実証的研究」 https://t.co/8PAjRsqkij
RT @high190: "(評者)東北大学羽田貴史 有本章[著]『大学教育再生とは何か 大学教授職の日米比較』" / “https://t.co/UqzwfCruKn” https://t.co/GzZGbSEXn0 #高等教育研究 #書評
RT @sakunary: 男子学生の方が女子よりも、デートDV被害が多いという結果が出ているのは興味深い。恋人による暴力被害は支配される感覚につながるが、しかしそれが自尊感情の低下につながるわけでもない。 大学生におけるデートDV 被害の男女差―恋人による被支配感と自尊感情…
RT @holysen: J-STAGE Articles - 「ひきこもり」と親密な関係 https://t.co/3kTzlncVyh 立身出世的な問題と親密性の問題との複雑な絡み合いが当事者の言葉から見出されている。上野千鶴子さんの『女ぎらい』を引きながら、性規範がミソジ…
RT @high190: “組織としての高等教育学会” https://t.co/EwrGEomb09 #高等教育研究
RT @daigaku23: ラーニングピラミッドについて、久々に愉快な記事を見たので、こういう論文を思い出してがら貼っておきます。 https://t.co/rg7VhqxYAX
CiNii 論文 -  工業教育における「ものづくり」の受容過程 https://t.co/pmkMCae4i9 #CiNii 片山先生の論文。バーンスティンで「ものづくり」言説を解読していてめちゃくちゃおもしろい。「修養」や「人間形成」が重視されるようになる経緯。
RT @SawakoShinomiya: 松崎良美(2017)「メンタルヘルス・スラング”を定義する―都内女子大生を対象とした横断研究より」『津田塾大学紀要』 https://t.co/wyQy6IuZEI
CiNii 論文 -  総合検査SPIの開発経緯 : 1960年代から1990年代までを対象として https://t.co/iSr9BpPH1z #CiNii
KAKEN — 研究課題をさがす | 社会理論・社会構想と教育システム設計との理論的・現実的整合性に関する研究 (KAKENHI-PROJECT-22330236) 日本経団連による最近の主張とか、この科研思い出す。末席で泣きそう… https://t.co/WK3lZXBj42
CiNii 論文 -  総合検査SPIの開発経緯 : 1960年代から1990年代までを対象として https://t.co/iSr9Bpy5CZ #CiNii
RT @ttya70: 拙稿「『教育政治学』の射程――『政治/政治的なるもの』と『教育/教育的なるもの』との区別の導入を通じて」『法政論集』(名古屋大学)第280号、2018年12月、が大学リポジトリで公開されました。こちらからどうぞ →https://t.co/rjWh1Hb…
https://t.co/evbUTdX9dU 「トランスローカリティの社会学:条件不利地域と地方中枢拠点都市の生活とキャリア」
RT @yearman: まさに初年次教育の文章表現科目で先行研究をマトリクスにまとめるというレビュー論文を作成するという実践をしましたが、高レベルすぎたので今は文献間の比較を非常に簡単なものにしました。2・3年次演習でやってくれたらかなり力はつくと思います https://t…
RT @high190: “KAKEN — Research Projects | Panel survey on the vocational relevance of university education of humanities and social science…
https://t.co/WHYgFkX1tQ 「URAはどこに向うのか : 大学における専門的職員という視座からの検討」
RT @sunaharay: 伊藤先生の科研 https://t.co/ZB7gCWoqH5 の成果ですね。/ 多機関連携の行政学 | 有斐閣 https://t.co/ZUURanfI28
https://t.co/F2LgWRTMSo 「解説:我が国へのURAの導入-その経緯、活動と課題-」
RT @high190: “人口減少期における大学・短大法人の研究ー高等教育機関の収容力調整ー” / “東北大学機関リポジトリTOUR” https://t.co/rpiNtUQAHI #高等教育研究 #学校法人
RT @k_akazukin: というわけで、「べき論」が歴史的にどう「であった」のかをテーマ(の一つ)としている以下の科研には期待しています。JUAM総会では出席者少なくて、あまり知られていなそうなのが残念ですが。 https://t.co/I32OUitOlq
KAKEN — 研究課題をさがす | 社会人大学院修了者はなぜ評価されないのか―院生・大学院教育・労働市場のトリレンマ (KAKENHI-PROJECT-25285239) https://t.co/urkPkNIMKu
KAKEN — 研究課題をさがす | 政治汚職・腐敗,クライエンテリズム,社会資本に関する比較政治学的研究 (KAKENHI-PROJECT-16330025) https://t.co/jVchLs29GH
RT @yoichirokuwa: ↓こういう、「いつの間にかこの業界ではみんな使ってるけど起源を追うとさぁ」的な論文好きだわ。二宮祐さんの「社会人基礎力」についての論文( https://t.co/oPIbYIO403 https://t.co/v1S5K89bqr )もいい…
RT @high190: “JAIRO | カナダおよび先進諸国の教育専念教員の実態について - 導入の背景、特徴、課題 -” https://t.co/aah6uDoks9 #高等教育 #SoTL
https://t.co/Nsc4XBs2og 「大学における新しい専門職のキャリアと働き方 ―聞き取り調査の結果から」『大学評価・学位研究』20
RT @shibuya1972: >RT。セクマイ就活生が大学の支援を得られないことは、この論文が指摘。「就活を応援します」と言いつつ、当事者であることを伝えても担当部署はノーリアクション。キャリア研究でも遅れている分野。→長尾由希子「就職活動における性的マイノリティ(LGBT…
RT @frank_heaven: これは読みたい人多いんじゃないかな?野村駿,2018,「バンドマンのフリーター選択・維持プロセスにおける積極性と合理性:若者文化の内部構造に着目して」『東海社会学会年報』10: pp.122-132.  https://t.co/2UslBy…
RT @high190: "大人数を対象とした参加型オリエンテーションの試み" / “京都産業大学 学術リポジトリ” https://t.co/aVWaiCHy5g #大学職員 #研究
CiNii 論文 -  大学生の看取する「働くことの意味」をめぐる探索的研究 : 大学中退直後のある男性のインタビューを通して (秋元浩一教授 退職記念号) https://t.co/TftbmA9oa9 #CiNii
J-STAGE Articles - 投稿論文の査読をめぐる不満とコンセンサスの不在 https://t.co/oCUdlUhOpB
CiNii 論文 -  就職活動中の学生の限界づけられた主体性 : 採用基準認識に着目して https://t.co/9KgPaPnIvA #CiNii
CiNii 論文 -  利用価値介入が大学生の課題価値の認知に及ぼす影響 https://t.co/IlgRU2uEVd #CiNii 利用価値認知とか言うとまたおこられてしまいそう。けど、この仕事始めた頃からずっーと考えていることである。
CiNii 論文 -  東京教師養成塾と「大学における教員養成」 (特集 岐路に立つ戦後教員養成) https://t.co/Oi0pw5OanD #CiNii 研究というよりは運動家による「情勢分析」なんだなあ。
RT @ssm_o: 本日は学者らしく、大学図書館に行って下記論文を回収する! CiNii 論文 -  フォークロリズムからみた節分の巻ずし (特集 フォークロリズム) https://t.co/3aRQo1F333 #CiNii
CiNii 論文 -  子どもの貧困対策はなぜ脆弱なのか? : 大阪府・高校内居場所(カフェ)事業のアイディア創発から中断までの政策過程 https://t.co/K0ehc0LXuZ #CiNii 同じく(地方)教育政策過程。アイディアの政治論とか政策共同体論とか。
CiNii 論文 -  大阪府公立高等学校入学者選抜制度の変更過程にみる教育専門性の劣位化 : 調査書評定への利用を前提とした「中学生チャレンジテスト」導入をめぐる政策過程 https://t.co/STwhCyCMEN #CiNii 教育政策の(地方)政策過程。そうなるよなあ。
https://t.co/xnExKphJUN とても古い国際調査だと(その後、広島大学では大学教授職調査を継続しているけれども)、大学教授職の再生産構造はある程度示されてきました。言うまでもなく、家庭の経済的豊かさに加えて文化的… https://t.co/NGtUNCzIj0
RT @inotti_ele: @marxindo 各大学の卒業論文制度の有無の変遷は下記の博士論文が詳しい。 日本のゼミナール教育の発展過程と構造に関する研究 西野, 毅朗 https://t.co/siw6IY4GjZ https://t.co/7sQYfA7ebY htt…
RT @tera_sawa: J-STAGE Articles - 教育実践の論理から「エビデンスに基づく教育」を問い直す—教育の標準化・市場化の中で— https://t.co/09yFtDnnXB
「ふるえることば、脱臼する語り : 川端康成『雪国』の文体論的分析の試み」 / いつか語りを脱臼してみたいので勉強してる。 https://t.co/pPjs72aiPO
https://t.co/RLtiOWNyx8 基盤研究(B)「戦後教育社会学の学的基盤形成と理論的課題に関する総合的研究」
https://t.co/Zjx7jXjbqr そういえば、「エビデンスに基づく教育」に対する批判として、導入的にはこちらをご覧ください。私は院生のときのnktyshkサブゼミであーだこーだ勉強してたの思い出します。
CiNii 論文 -  教育目的論の再検討 : 国民の教育権論における教育目的の価値構造の分析を通して<教育科学> https://t.co/RMuPCqKEsX #CiNii なつい議論を読んでしまった。
「社会人大学院修了者はなぜ評価されないのか―院生・大学院教育・労働市場のトリレンマ」 https://t.co/urkPkNIMKu 大学院でのリカレント的な何かがうまくいかないみたいな話し、刊行はいつになるかなあ。
RT @monogragh: 菅原 琢「世論調査に詳しい学者と呼ばれて(新入会員紹介)」(2011)https://t.co/7W1mWbhqkP 「もともと選挙には子供のころから関心があり、高校時代にはBASICで議員定数を配分するプログラムを書いたりしていました。」
RT @isaactruth: 私は昔、クロス表だけで投稿論文を書いたことがあり、これが学生の統計的論文の導入には大いに役立っています。 https://t.co/ROSnGucHzj https://t.co/QEKo2Gx7tY
鍵RTできなっかので直接紹介。私たちの生きる時代の、忘れてはいけないことがら。 https://t.co/IDG9wIUDqx
CiNii 論文 -  大学・学部運営への個人貢献度評価についての検討 : 諸委員会委員の職務分析・職務評価を中心として https://t.co/Z4Ox371tjg #CiNii おそろしい論文を見つけたよ!問題意識はわかる、しかし、これでみんなが「幸せ」になれるか。
https://t.co/YksP7qAU1I https://t.co/bu52vLqnBd 大学設置認可行政の特徴へ言及する前に、こういうのを読んでおいたほうがいいと思う。法が弱い(?)からこその「行政指導」みたいな。 #ステマ
(https://t.co/YTtHNmoPGf 基盤B「教育領域における専門業務のアウトソーシングと教育専門職の変容に関する実証的研究」、学会でいろいろな方に仕事を依頼し、そして、仕事を依頼される(今回は2勝2敗だった?)なかで話題になったのってこれかあ)
「進歩的教育学者の、清水にはじまる東大教育社会学講座憎しは相当のものだったようだ。とばっちりは東大教育学部出身ではないわたしにまでおよんだ」(161頁) / このとばっちり、21世紀の私にまで及んでいる!早くこの科研の成果知りたい https://t.co/rIziEbH0gs
「その能力に応じて」問題、本棚から杉原泰雄とか引っ張って眺めているけど見当たらない。論文だと https://t.co/jub7b2KpMC これで、いわゆる「3月2日案」で出てきたよ、みたいなことはざっくりわかる。
https://t.co/llvG54AfpQ アドミッション専門職研究って、この夏目科研で進んでるんだけどはたしてどういう結論が得られるだろうか。現状だと、予備校・通信教育会社出身者、ジモト高校校長出身者、学者(教育、心理、統計)のせめぎ合いかな。
RT @toshiitoh: 日本で必要なのは学部教育の実学化よりも、修士課程の実学化ではないか。アメリカも中国もその方向に行っているようだ。法科や会計の専門職大学院は失敗したけど。https://t.co/oPBDySkgki
RT @isaactruth: 教育学研究も教育社会学研究も2000年代の教員の多忙化メカニズムをずばり明らかにした研究をなかなか出せていない。一方で、そこに入ろうとする研究者がなかなか立ち入ってこれなかったことも事実。そんな両面の問題意識は以前に現場論文で書いた。https:…
https://t.co/0DgEYMabzJ たとえば、これがうまくまとまっていますか。 https://t.co/JPxKoK26nx
RT @eiji_kawano: この二つ読み比べると面白いと思う 北田暁大,解体研 社会にとって趣味とは何か https://t.co/5mQCixMSlO 平石貴士 日本のポピュラー音楽の界の構造分析 : 多重対応分析を用いた構造の客観化 https://t.co…
RT @high190: "実際の運営において、教育研究集団の特性や自由を尊重しつつ、戦略を遂行するためのスキルや力量が求められている" / “NAGOYA Repository: アメリカの研究大学における大学運営集団の…” https://t.co/96ev6fbfiM #…
CiNii 論文 -  メリトクラシーの再帰性について--後期近代における「教育と選抜」に関する一考察 https://t.co/G6rBeVCiLy 「運用されるメリトクラシー(とその代理指標)は、抽象的で実は実体がないかもしれない「本当の能力」というものとの関係性をつねに問」
CiNii 論文 -  数学学習における学習観と学習方略の関係 : 大学生を対象とした分析 https://t.co/jpOrC3vKvF とても興味深いです。暗記、反復練習では成績もあまり上がらないし、そもそも数学嫌いになるだろう、と。
RT @high190: “KAKEN — 博士課程出身の大学非正規職員に関する探索的研究:高学歴ワーキングプアか新専門職か” https://t.co/lrT4g8VFnB #KAKEN #高等教育 #教育社会学
CiNii 論文 -  「ブラック企業問題」の沿革と展望 : 概念の定義及び射程を中心に https://t.co/i9FpmnEYA2 #CiNii (承前)なので、復習中。熊沢誠の業績との違いを考えながらです。
RT @ryojikaneko: ニコラス・ローズを求めて読んでみたけど、ダメだった。もう何重の意味においても私には無理だった。https://t.co/6xGr5I4Tzy
CiNii 論文 -  教育政策研究と政治学的再帰性 : 構成主義的政策過程論に着目して https://t.co/dydKn0GbMZ #CiNii
CiNii 論文 -  地方教育行政制度のさらなる改革に向けて : 新たな議論の枠組みと政治の役割(I <特集1>教育ガバナンスの形態) https://t.co/gijeg6utFn #CiNii 鈴木寛の論文というか自慢話。教育政策学会年報巻頭論文。
CiNii 論文 -  教育にとってエビデンスとは何か—エビデンス批判をこえて— https://t.co/cv4TIoexMb #CiNii コソソが始まるので、とりあえずこれで。
https://t.co/ExQH7nyeLq 科研費一般研究「地域社会の変貌に即応した教育計画立案のための基礎的調査研究」研究代表者松原治郎 / この時代に科研費もDBに入っていた。それはともかく、松原の業績に対する評価として佐藤のものでよいか。
CiNii 論文 -  貧困調査のクリティーク(1)『豊かさの底辺に生きる』再考 https://t.co/XtfiyI9YWd #CiNii 再びの言及ではあるが、時間軸を見ているとこの論文を思い出す。ラベルを貼るのは誰かについての現代の高みから批判することの意義と拙劣。
RT @Hiroshi_Miyauch: 今なら桜のデザインが美しい北大図書館のサイトからダウンロードできます。→宮内洋・松宮朝・新藤慶・石岡丈昇・打越正行著「貧困調査のクリティーク(1):『豊かさの底辺に生きる』再考」 https://t.co/0RpLryUPVw
CiNii 論文 -  NPO法改正・新寄付税制の政策過程:―唱道連合と政策志向的学習の変遷に着目して― https://t.co/HQspbe9tXe #CiNii / ACFだ!こういう非伝統的なモデルで政策過程を理解しようとするのって、なかなか一般的にならないな。
@skrnmr https://t.co/H4WKGm9Mr1 船守美穂「MOOCと21世紀大学改革の相互作用」 https://t.co/GMYDg8rWmM 藤本徹「世界規模のオンライン講座MOOCが起こす大学革命」 / これらの論文や記事は嘘だったということ?
@skrnmr https://t.co/H4WKGm9Mr1 船守美穂「MOOCと21世紀大学改革の相互作用」 https://t.co/GMYDg8rWmM 藤本徹「世界規模のオンライン講座MOOCが起こす大学革命」 / これらの論文や記事は嘘だったということ?
@skrnmr https://t.co/gga6WMoXWf 山内祐平「MOOCと反転授業:ICTで変わる大学教育」 https://t.co/qyck0WlmAz 重田勝介「MOOCが高等教育に与えるインパクト」
@skrnmr https://t.co/gga6WMoXWf 山内祐平「MOOCと反転授業:ICTで変わる大学教育」 https://t.co/qyck0WlmAz 重田勝介「MOOCが高等教育に与えるインパクト」
設置認可行政の窓口相談もね。法や省令の根拠はない。けど重要。かつてであれば、学校法人関係者が文部省の職員さんに顔を覚えてもらうとか、お茶を出してもらえるようになるとか。窓口相談についてはこちらにさらりと。 https://t.co/O3mxrRn47s
RT @dellganov: 結果としての再分配よりも、機会均等の機能と理解しているので、まあこの結果はそうだろうなと。大学無償化しても同じことが起こるだろう(が意義はある)。 「社会階層と図書館利用」https://t.co/lILP6Yet97
RT @shinichiroinaba: @skrnmr 戦後教育学については竹内先生の『革新幻想の戦後史』があるがなによりこの絶望的証言を見よ http://t.co/hqtFe9IqqC
RT @hmax110: 【PDF公開】伊藤秀樹,2015,「“非主流”の後期中等教育機関を概観する――生徒層・カリキュラム・進路」『東京大学大学院教育学研究科紀要』54,551-563. http://t.co/pGHmKMaZck
http://t.co/Q4Mq3XWTpp 同じく政策を対象とした教育学とは一体何なのか。「政府の意図」なるものを教育学理論は分析できるのか。

お気に入り一覧(最新100件)

フォロー(231ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

研究会でのご教示による。/近藤和敬(2018)「金森修の科学思想史と哲学研究にとっての科学思想史の役割」 人文学科論集 鹿児島大学法文学部紀要 (85), 99-112, 2018-02 / “CiNii 論文 -  金森修の科学… https://t.co/La26FFUma3
RT @takuya1975: 「歴史総合」や「考える世界史」、ALでの史料の利用などに関心のあるすべての関係者(とくに高校教員・大学の西洋史研究者)に読んでいただきたい論文です。 西山暁義「外国史教育における複眼的史料集の可能性 : ドイツの歴史教育と近現代史の例から考える」…

35 26 26 4 OA 論文の書き方

RT @ki1tos: 論文の採択率を上げるため、査読者はどんな論文を不採択と判断したくなるのか考えた、という記事。 6つの問題とその処方箋がとても参考になります。 ・自分が明らかにしたい問いを一文で示せ ・バックナンバーに目を通すのはマナー ・日本語力というより注意力の問題…
RT @takuya1975: 「歴史総合」や「考える世界史」、ALでの史料の利用などに関心のあるすべての関係者(とくに高校教員・大学の西洋史研究者)に読んでいただきたい論文です。 西山暁義「外国史教育における複眼的史料集の可能性 : ドイツの歴史教育と近現代史の例から考える」…
RT @takuya1975: 「歴史総合」や「考える世界史」、ALでの史料の利用などに関心のあるすべての関係者(とくに高校教員・大学の西洋史研究者)に読んでいただきたい論文です。 西山暁義「外国史教育における複眼的史料集の可能性 : ドイツの歴史教育と近現代史の例から考える」…
RT @takuya1975: 「歴史総合」や「考える世界史」、ALでの史料の利用などに関心のあるすべての関係者(とくに高校教員・大学の西洋史研究者)に読んでいただきたい論文です。 西山暁義「外国史教育における複眼的史料集の可能性 : ドイツの歴史教育と近現代史の例から考える」…
RT @takuya1975: 「歴史総合」や「考える世界史」、ALでの史料の利用などに関心のあるすべての関係者(とくに高校教員・大学の西洋史研究者)に読んでいただきたい論文です。 西山暁義「外国史教育における複眼的史料集の可能性 : ドイツの歴史教育と近現代史の例から考える」…
RT @Basilio_II: “研究ノート 神が二度裁くとき” https://t.co/6dTvVAeS9V

1 1 1 0 OA 会議法

◆鳩山和夫『会議法』小笠原書房 https://t.co/mI5SVjGQz4
環境・科学技術等に関する応用倫理学では割とポピュラーな観点ではないかと >ミクロ倫理/マクロ倫理 https://t.co/9TutzFsIKd https://t.co/zFcxljQSi1
銭湯に週1回以上通う人は、通わない人より幸福感高めらしい。 「銭湯利用頻度と主観的幸福感の関連:インターネット・リサーチによる横断研究」 https://t.co/7UfnQGJCTJ
@rara_rika_ @umeboshi0401 あとこれかな https://t.co/rsKBw9mYV9
RT @ritsumei_arsvi: 角崎洋平・村上慎司「低所得世帯・要保護世帯向けリバースモーゲージの現状と問題点――都道府県社会福祉協議会への質問票による全国実態調査から」 https://t.co/GwyU0MNiPb 「本稿の目的は,このリバースモーゲージ制度の運用実…
森下 翔(2014)「不可視の世界を畳み込む:固体地球物理学の実践における「観測」と「モデリング」」 文化人類学 78(4), 449-469, 日本文化人類学会 / “CiNii 論文 -  不可視の世界を畳み込む : 固体地球… https://t.co/QgWIE9JISX
平 英美(1994)「Reflexion on Woolger─SSK(科学的知識の社会学)のアリーナにて」大阪教育大学紀要 43(1), p1-12, 1994-09 https://t.co/1yQdRa7kbB / “CiN… https://t.co/UXJ5orNvaz
これは読んだかな?/山本耕平(2009)「SSK (科学的知識の社会学)から結局何が帰結するのか:社会認識論との協働の可能性」 京都社会学年報 : KJS 17: 139-153 https://t.co/79pHCPI7XT /… https://t.co/wIFadrqDMy
これは読んだかな?/山本耕平(2009)「SSK (科学的知識の社会学)から結局何が帰結するのか:社会認識論との協働の可能性」 京都社会学年報 : KJS 17: 139-153 https://t.co/79pHCPI7XT /… https://t.co/wIFadrqDMy
RT @ritsumei_arsvi: 角崎洋平・村上慎司「低所得世帯・要保護世帯向けリバースモーゲージの現状と問題点――都道府県社会福祉協議会への質問票による全国実態調査から」 https://t.co/GwyU0MNiPb 「本稿の目的は,このリバースモーゲージ制度の運用実…
RT @ritsumei_arsvi: 長谷川唯・桐原尚之「他人の介入によって立ち現れるカタストロフィ : ディスアビリティの解消をめぐって」 https://t.co/PUuLR8Jsac 「本稿のねらいは、予測できない症状や状態への他人の介入とカタストロフィとの関係を、他人…
RT @manju1635: 「1970年代には中国の各時代を研究する必須条件として「秦漢=才能、魏晋南北朝=センス、唐宋=常識、明清=体力、近代=イデオロギー」という学説?がまことしやかに囁かれていた」(山本英史「中国明清史料収集活動史」) https://t.co/OyGw…
RT @ritsumei_arsvi: 生存学研究センターの運営委員であった後藤玲子・一橋大学経済研究所教授による「カタストロフィ」に関する論考「結語:現代正義論と支援の思想」 https://t.co/zN6E2CRcIE 「本プロジェクトの目的は、「カタストロフィ」の視点か…
RT @NDLJP: 立法調査資料『調査と情報-ISSUE BRIEF-』No.1094「町村議会議員のなり手不足」(PDF:463KB)を掲載しました https://t.co/rUQp7uVvTA
RT @ma_tango: 『近現代日本の民間精神療法』を架蔵する公共図書館や大学図書館。https://t.co/oCPEP9BU0V https://t.co/PBDHLBgnOP 国会図書館、神戸市立、京都府立、大阪府立など、研究調査でお世話になった公共図書館や大学図書館…
RT @komiya_aoyama: 小宮京は「『nicola』小史 チャイドルからニコ㋲へ」『史友』52号(2020年3月)を寄稿しました。ゲラを見たとある先生から「これはいいのかと思った」とのコメントを頂きました。昨年の「問題作」こと、読モ論文(https://t.co/C…
波平恵美子論文。医療人類学が発展した米国の1970年代は、公的医療費が削減されて医療が高額化する状況で、かつ消費者運動と合流して「医療とは何か」を今までと違った角度から問う気運があったとのこと。現代日本での医療人類学の切実さと当事… https://t.co/LBQzsM8eEL
RT @han_org: @twremcat ははぁ、大規模な感染を個体の特性じゃなく空間の特性と捉えるアイディアはこの辺から始まってるんだな。 https://t.co/Fy94ev3wOg
@twremcat ははぁ、大規模な感染を個体の特性じゃなく空間の特性と捉えるアイディアはこの辺から始まってるんだな。 https://t.co/Fy94ev3wOg
RT @saisenreiha: CiNii 論文 - 平野淳一  近代中東・イスラーム世界におけるプリント・メディアの歴史と構造 (デジタルドキュメント(DD) Vol.2011-DD-80) https://t.co/MeczMQyZQo #CiNii
RT @isnki: 「大学初年次教育における情報リテラシー教育の実際 : 質問紙調査から見えた結果と課題」 明星大学で学生を対象にして実施した質問紙調査に基づく分析。今のアラフォー大卒の多くにとっては、なかなか信じがたい調査結果だと思う。 https://t.co/yprD…
RT @isnki: 「大学初年次教育における情報リテラシー教育の実際 : 質問紙調査から見えた結果と課題」 明星大学で学生を対象にして実施した質問紙調査に基づく分析。今のアラフォー大卒の多くにとっては、なかなか信じがたい調査結果だと思う。 https://t.co/yprD…
RT @isnki: 「大学初年次教育における情報リテラシー教育の実際 : 質問紙調査から見えた結果と課題」 明星大学で学生を対象にして実施した質問紙調査に基づく分析。今のアラフォー大卒の多くにとっては、なかなか信じがたい調査結果だと思う。 https://t.co/yprD…
RT @isnki: 「大学初年次教育における情報リテラシー教育の実際 : 質問紙調査から見えた結果と課題」 明星大学で学生を対象にして実施した質問紙調査に基づく分析。今のアラフォー大卒の多くにとっては、なかなか信じがたい調査結果だと思う。 https://t.co/yprD…

フォロワー(1724ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

J-STAGE Articles - 内面化と社会的前意識 https://t.co/3vEMtTHyLM 社会化論の勉強として加藤隆雄先生の論文読んだ。おれがM1で始めて学会発表したときの司会が加藤先生で、加藤先生も駿台で浪人さ… https://t.co/hCZdfMthJk
研究会でのご教示による。/近藤和敬(2018)「金森修の科学思想史と哲学研究にとっての科学思想史の役割」 人文学科論集 鹿児島大学法文学部紀要 (85), 99-112, 2018-02 / “CiNii 論文 -  金森修の科学… https://t.co/La26FFUma3

1251 122 63 35 OA 殖民地要覧

RT @annamdohophu: フォロー外から失礼します。 あなたの教科書への「訂正」に何点か誤りがありますので,指摘いたします。 ①「植民地」について 朝鮮および台湾は戦前の日本政府も植民地としてあつかっていました。 外地統治を担当した拓殖局が発行した『殖民地要覧』(…

35 26 26 4 OA 論文の書き方

RT @ki1tos: 論文の採択率を上げるため、査読者はどんな論文を不採択と判断したくなるのか考えた、という記事。 6つの問題とその処方箋がとても参考になります。 ・自分が明らかにしたい問いを一文で示せ ・バックナンバーに目を通すのはマナー ・日本語力というより注意力の問題…

35 26 26 4 OA 論文の書き方

RT @ki1tos: 論文の採択率を上げるため、査読者はどんな論文を不採択と判断したくなるのか考えた、という記事。 6つの問題とその処方箋がとても参考になります。 ・自分が明らかにしたい問いを一文で示せ ・バックナンバーに目を通すのはマナー ・日本語力というより注意力の問題…
RT @sendaitribune: BCGの肺炎に対する効果について、#東北大学 老年内科の大類孝先生という方が、2003年に日本呼吸器学会で発表していた。その内容の総説が東北ジャーナルに掲載されていた>>>J-STAGE Articles - Preventive Stra…
RT @sendaitribune: BCGの肺炎に対する効果について、#東北大学 老年内科の大類孝先生という方が、2003年に日本呼吸器学会で発表していた。その内容の総説が東北ジャーナルに掲載されていた>>>J-STAGE Articles - Preventive Stra…
RT @takuya1975: 「歴史総合」や「考える世界史」、ALでの史料の利用などに関心のあるすべての関係者(とくに高校教員・大学の西洋史研究者)に読んでいただきたい論文です。 西山暁義「外国史教育における複眼的史料集の可能性 : ドイツの歴史教育と近現代史の例から考える」…
杉野昭博「講義ノート:容貌の障害障害 ―障害福祉の視点から――」 https://t.co/Xd4SVTbS77
RT @takuya1975: 「歴史総合」や「考える世界史」、ALでの史料の利用などに関心のあるすべての関係者(とくに高校教員・大学の西洋史研究者)に読んでいただきたい論文です。 西山暁義「外国史教育における複眼的史料集の可能性 : ドイツの歴史教育と近現代史の例から考える」…
RT @takuya1975: 「歴史総合」や「考える世界史」、ALでの史料の利用などに関心のあるすべての関係者(とくに高校教員・大学の西洋史研究者)に読んでいただきたい論文です。 西山暁義「外国史教育における複眼的史料集の可能性 : ドイツの歴史教育と近現代史の例から考える」…
RT @takuya1975: 「歴史総合」や「考える世界史」、ALでの史料の利用などに関心のあるすべての関係者(とくに高校教員・大学の西洋史研究者)に読んでいただきたい論文です。 西山暁義「外国史教育における複眼的史料集の可能性 : ドイツの歴史教育と近現代史の例から考える」…
RT @kabutoyama_taro: 環境・科学技術等に関する応用倫理学では割とポピュラーな観点ではないかと >ミクロ倫理/マクロ倫理 https://t.co/9TutzFsIKd https://t.co/zFcxljQSi1
RT @takuya1975: 「歴史総合」や「考える世界史」、ALでの史料の利用などに関心のあるすべての関係者(とくに高校教員・大学の西洋史研究者)に読んでいただきたい論文です。 西山暁義「外国史教育における複眼的史料集の可能性 : ドイツの歴史教育と近現代史の例から考える」…
RT @Basilio_II: “研究ノート 神が二度裁くとき” https://t.co/6dTvVAeS9V

1 1 1 0 OA 会議法

◆鳩山和夫『会議法』小笠原書房 https://t.co/mI5SVjGQz4
環境・科学技術等に関する応用倫理学では割とポピュラーな観点ではないかと >ミクロ倫理/マクロ倫理 https://t.co/9TutzFsIKd https://t.co/zFcxljQSi1
@rara_rika_ @umeboshi0401 あとこれかな https://t.co/rsKBw9mYV9
RT @ryu_: イタリアは憲法77条2項に基づく暫定措置令というのがあって、行政が定めて議会の追認を受ける仕組みらしく、どうもさっきの在外大ページにあった緊急政令とか首相令とかがそれに該当するっぽい。非常時とはいえ政府が実質立法できるのか。凄いな。https://t.co/…
森下 翔(2014)「不可視の世界を畳み込む:固体地球物理学の実践における「観測」と「モデリング」」 文化人類学 78(4), 449-469, 日本文化人類学会 / “CiNii 論文 -  不可視の世界を畳み込む : 固体地球… https://t.co/QgWIE9JISX
平 英美(1994)「Reflexion on Woolger─SSK(科学的知識の社会学)のアリーナにて」大阪教育大学紀要 43(1), p1-12, 1994-09 https://t.co/1yQdRa7kbB / “CiN… https://t.co/UXJ5orNvaz
これは読んだかな?/山本耕平(2009)「SSK (科学的知識の社会学)から結局何が帰結するのか:社会認識論との協働の可能性」 京都社会学年報 : KJS 17: 139-153 https://t.co/79pHCPI7XT /… https://t.co/wIFadrqDMy
これは読んだかな?/山本耕平(2009)「SSK (科学的知識の社会学)から結局何が帰結するのか:社会認識論との協働の可能性」 京都社会学年報 : KJS 17: 139-153 https://t.co/79pHCPI7XT /… https://t.co/wIFadrqDMy
CiNii 論文 -  社会学のプラットフォームを求めて機能主義理論は復活できるか 読んだ。橋爪他(1984)読まないとな。 https://t.co/Aa2DNcUXOl
RT @ritsumei_arsvi: 角崎洋平・村上慎司「低所得世帯・要保護世帯向けリバースモーゲージの現状と問題点――都道府県社会福祉協議会への質問票による全国実態調査から」 https://t.co/GwyU0MNiPb 「本稿の目的は,このリバースモーゲージ制度の運用実…
RT @ritsumei_arsvi: 長谷川唯・桐原尚之「他人の介入によって立ち現れるカタストロフィ : ディスアビリティの解消をめぐって」 https://t.co/PUuLR8Jsac 「本稿のねらいは、予測できない症状や状態への他人の介入とカタストロフィとの関係を、他人…
RT @NDLJP: 立法調査資料『調査と情報-ISSUE BRIEF-』No.1094「町村議会議員のなり手不足」(PDF:463KB)を掲載しました https://t.co/rUQp7uVvTA
RT @manju1635: 「1970年代には中国の各時代を研究する必須条件として「秦漢=才能、魏晋南北朝=センス、唐宋=常識、明清=体力、近代=イデオロギー」という学説?がまことしやかに囁かれていた」(山本英史「中国明清史料収集活動史」) https://t.co/OyGw…
RT @manju1635: 「1970年代には中国の各時代を研究する必須条件として「秦漢=才能、魏晋南北朝=センス、唐宋=常識、明清=体力、近代=イデオロギー」という学説?がまことしやかに囁かれていた」(山本英史「中国明清史料収集活動史」) https://t.co/OyGw…
RT @ritsumei_arsvi: 生存学研究センターの運営委員であった後藤玲子・一橋大学経済研究所教授による「カタストロフィ」に関する論考「結語:現代正義論と支援の思想」 https://t.co/zN6E2CRcIE 「本プロジェクトの目的は、「カタストロフィ」の視点か…
RT @tokumoto0: データ捏造の疑い濃厚な「2001年1月に発表したはしかの細胞性免疫に関する論文」はこれですかね。CiNiiで検索すると岡田晴恵が2001年に発表した論文はこれしかヒットしない。 麻疹患者と麻疹生ワクチン接種者における免疫抑制病態の比較解析 htt…
RT @takanoriida: 「金銭的インセンティブとナッジが健康増進に及ぼす効果: フィールド実験によるエビデンス」 健康に関する行動変容と、行動変容を促進するための介入の効果についてまとめた概説的な論文です。RCTフィールド実験に限られるのでエビデンスの質は高いものばか…
RT @komiya_aoyama: 小宮京は「『nicola』小史 チャイドルからニコ㋲へ」『史友』52号(2020年3月)を寄稿しました。ゲラを見たとある先生から「これはいいのかと思った」とのコメントを頂きました。昨年の「問題作」こと、読モ論文(https://t.co/C…
RT @ktowhata: 波平恵美子論文。医療人類学が発展した米国の1970年代は、公的医療費が削減されて医療が高額化する状況で、かつ消費者運動と合流して「医療とは何か」を今までと違った角度から問う気運があったとのこと。現代日本での医療人類学の切実さと当事者研究との相性の良さ…
RT @saisenreiha: 小杉 泰・林 佳世子 編『イスラーム 書物の歴史』2014年 https://t.co/i6SnijoV0y 戸田聡による書評が大変参考になる。https://t.co/N7qjC2niXm
RT @Invesdoctor: 今朝、人生で初めて、ハトの糞が顔面に直撃するという経験をしました。 周囲から「漫画かよ」と嘲笑されましたが、結膜が汚染された私がまず懸念したのは、クリプトコッカス結膜炎とか変な病気にならないか、ということです。 「眼瞼結膜に限局したクリプトコ…
RT @isnki: 「大学初年次教育における情報リテラシー教育の実際 : 質問紙調査から見えた結果と課題」 明星大学で学生を対象にして実施した質問紙調査に基づく分析。今のアラフォー大卒の多くにとっては、なかなか信じがたい調査結果だと思う。 https://t.co/yprD…
RT @saisenreiha: CiNii 論文 - 平野淳一  近代中東・イスラーム世界におけるプリント・メディアの歴史と構造 (デジタルドキュメント(DD) Vol.2011-DD-80) https://t.co/MeczMQyZQo #CiNii
RT @isnki: 「大学初年次教育における情報リテラシー教育の実際 : 質問紙調査から見えた結果と課題」 明星大学で学生を対象にして実施した質問紙調査に基づく分析。今のアラフォー大卒の多くにとっては、なかなか信じがたい調査結果だと思う。 https://t.co/yprD…
RT @isnki: 「大学初年次教育における情報リテラシー教育の実際 : 質問紙調査から見えた結果と課題」 明星大学で学生を対象にして実施した質問紙調査に基づく分析。今のアラフォー大卒の多くにとっては、なかなか信じがたい調査結果だと思う。 https://t.co/yprD…
RT @isnki: 「大学初年次教育における情報リテラシー教育の実際 : 質問紙調査から見えた結果と課題」 明星大学で学生を対象にして実施した質問紙調査に基づく分析。今のアラフォー大卒の多くにとっては、なかなか信じがたい調査結果だと思う。 https://t.co/yprD…
RT @isnki: 「大学初年次教育における情報リテラシー教育の実際 : 質問紙調査から見えた結果と課題」 明星大学で学生を対象にして実施した質問紙調査に基づく分析。今のアラフォー大卒の多くにとっては、なかなか信じがたい調査結果だと思う。 https://t.co/yprD…
RT @isnki: 「大学初年次教育における情報リテラシー教育の実際 : 質問紙調査から見えた結果と課題」 明星大学で学生を対象にして実施した質問紙調査に基づく分析。今のアラフォー大卒の多くにとっては、なかなか信じがたい調査結果だと思う。 https://t.co/yprD…
RT @isnki: 「大学初年次教育における情報リテラシー教育の実際 : 質問紙調査から見えた結果と課題」 明星大学で学生を対象にして実施した質問紙調査に基づく分析。今のアラフォー大卒の多くにとっては、なかなか信じがたい調査結果だと思う。 https://t.co/yprD…
RT @isnki: 「大学初年次教育における情報リテラシー教育の実際 : 質問紙調査から見えた結果と課題」 明星大学で学生を対象にして実施した質問紙調査に基づく分析。今のアラフォー大卒の多くにとっては、なかなか信じがたい調査結果だと思う。 https://t.co/yprD…
RT @isnki: 「大学初年次教育における情報リテラシー教育の実際 : 質問紙調査から見えた結果と課題」 明星大学で学生を対象にして実施した質問紙調査に基づく分析。今のアラフォー大卒の多くにとっては、なかなか信じがたい調査結果だと思う。 https://t.co/yprD…
RT @isnki: 「大学初年次教育における情報リテラシー教育の実際 : 質問紙調査から見えた結果と課題」 明星大学で学生を対象にして実施した質問紙調査に基づく分析。今のアラフォー大卒の多くにとっては、なかなか信じがたい調査結果だと思う。 https://t.co/yprD…