speelplaats editors (@splpls)

投稿一覧(最新100件)

RT @whereswikitopia: 8月10日発行の「計測と制御」誌に、Wikitopia Projectについて解説した論説記事が載っています。現状、Wikitopiaはまだ漠然としたイメージに過ぎませんが、理論化を推し進めて、いずれ新たな都市の設計原理として確立させた…
RT @n291: JAIRO | ジョルジュ・ベンコ:空間、時間、権力 —ポール・ヴィリリオに会う— https://t.co/H0E3u5DjVo / ヴィリリオ/パランからジャン・ヌーヴェルへ──転回点としての一九六八年 | 五十嵐太郎 ‹ Issue No.13 ‹ 『…
RT @hirakurakei: 加藤隆文「パース思想を踏まえた「芸術の人類学」の展開可能性」(『美学』242号、2013年)。アルフレッド・ジェル論。 https://t.co/90Lt4WcZaH

お気に入り一覧(最新100件)

昨年の春の伊勢、鳥羽、志摩への旅を契機に『古事記』を読んで考えたことを書いた榑沼範久「海神の姫から見た世界ー海道、人神世、超自然契約」がアップロードされました。何かの気分転換に読んでいただければ嬉しいです。 https://t.co/QaQkwxTXYd
横国大都市イノベーション学府の紀要に論文が掲載・公開されました。ドゥルーズ『シネマ』におけるイメージ概念がどのようにして「映画が喚起する諸概念」の創造を可能にしているのかということをエリー・デューリングの映像論・ベルクソン論との比較を通して考察しています。 https://t.co/cFQZhvHvWl https://t.co/tHnQXB9Rxb
クリアに整理されていて、分かりやすい! 相原健志 「人類学の存在論的転回における概念創造という方法の条件と問題 」 https://t.co/BgF4YoMYxs
「国威発揚」発言が飛び出した文化功労者に選ばれた杉本博司氏、彼のコレクションについて、こんなエッセイがあった。:亀田和子「杉本博司の「日本美術史」:冷戦ジャポニズムという時代背景」(金沢21世紀美術館研究紀要)https://t.co/AAbJN7ou64

フォロー(154ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @TsukioToda: 研究室ゼミ生の複数名が読んだ「ひとり空間の都市論」。コロナ後の「ひとり空間」について意見交換。近年では物理的な間仕切りがなくてもスマホ等が見えない間仕切りの役割となったが、再び飲食店等に物理的な間仕切りが表れ始めた。「おひとりさま空間」の実態に関…
村田康常「遊びと教育のリズム論:有機体の哲学の観点から見た遊びの哲学」 https://t.co/VJoeoB5mWl 村田康常 「領域「言葉」における遊びと想像力:言葉を楽しむ遊び感覚」 https://t.co/Dic8AYVgHI
村田康常「遊びと教育のリズム論:有機体の哲学の観点から見た遊びの哲学」 https://t.co/VJoeoB5mWl 村田康常 「領域「言葉」における遊びと想像力:言葉を楽しむ遊び感覚」 https://t.co/Dic8AYVgHI

フォロワー(647ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @TsukioToda: 研究室ゼミ生の複数名が読んだ「ひとり空間の都市論」。コロナ後の「ひとり空間」について意見交換。近年では物理的な間仕切りがなくてもスマホ等が見えない間仕切りの役割となったが、再び飲食店等に物理的な間仕切りが表れ始めた。「おひとりさま空間」の実態に関…
村田康常「遊びと教育のリズム論:有機体の哲学の観点から見た遊びの哲学」 https://t.co/VJoeoB5mWl 村田康常 「領域「言葉」における遊びと想像力:言葉を楽しむ遊び感覚」 https://t.co/Dic8AYVgHI
村田康常「遊びと教育のリズム論:有機体の哲学の観点から見た遊びの哲学」 https://t.co/VJoeoB5mWl 村田康常 「領域「言葉」における遊びと想像力:言葉を楽しむ遊び感覚」 https://t.co/Dic8AYVgHI