Suda, Takahisa (@sudatak)

投稿一覧(最新100件)

754 2 0 0 OA アリス物語

RT @matuda: この「アリス物語」はキャロルの原作を永代静雄が翻訳したものに自分で創作を加えて構成した本。昔って自由だな。 付録のホラーなアリスは実話って触れ込み。 読みたい方向けに国会図書館のリンクはっておきます。 https://t.co/eskSRHN5l6
「マギレミジンコ」が「マジギレミジンコ」に見えてしまうのをどうしても止められません。助けてください。 「尖頭を持ったマギレミジンコにおけるフサカの捕食に対する防御機構」 https://t.co/AyHGL9LpvY
RT @as_capabl: 「ミジンコは危険を感じると頭を尖らせるが、特に意味はない上に尖らせるのに一日かかる」ってツイットがあったけど、追跡調査の結果ミジンコ達のがんばりは無駄で無かった事が判明して救われた気分になりました https://t.co/KtSS5lT886

4922 0 0 0 OA 海老の世界

RT @vv_bluebird_vv: 国立国会図書館デジタルコレクション - 海老の世界 https://t.co/pQ6akE71ch なんて吸引力のある表紙なんだ https://t.co/jzG5XVQFtH
RT @boreford: https://t.co/vwOCwLIDiz 養子の暗いイメージはいかにして形成されたのか
RT @kabutoyama_taro: 観光パンフ/ポスター的なものの中に男性目線のエロが埋め込まれていった歴史に関する有名な論文はこちら http://t.co/p3B7gQLdDq 挿絵を眺めるだけでも、なんだ上のポスターって19世紀と何も変わってないじゃんとわかるぞw
RT @obenkyounuma: 日本語の句読点というのは、横書きや西欧言葉が流入してきて日本語を整備するにあたって、明治39年(発表は38年という説もあり)に発表された句読法案(http://t.co/EsXEECkf5m)から。
Reading: 「萬葉集と風土記に見られる不思議な言葉と上代日本列島に於けるアイヌ語の分布」アレキサンダー・ヴォヴィン/第215回 日文研フォーラム (PDF) http://t.co/5hoW57My1c

お気に入り一覧(最新100件)

@kurokitora @npnii @emigrl 親も騙された 「○○は私の次女なるが昭和七年三月頃・・・私は水商売をする所ならば遣らぬと答へたるところ同人は水商売をする所ではなく女中の如き仕事を為すものなる旨申したるに依り・… https://t.co/BPc74P5wal
.@goo_blog 廃娼運動をやってた安部磯雄について『性を管理する帝国』の著者が書いた論文https://t.co/kaDmHjjR8h 優生思想と排外思想とマチズモというゴリゴリの保守主義によって「平和」を志向したヤバいやつ… https://t.co/TwVadchCF1
なぜか見つけてしまった論文。「研究室におけるソファの使われ方とその意味に関する研究」http://t.co/HNonrNEncK

フォロー(1169ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

@wolfwood_n_d @k_suzuki_kval @MichiToyama @AntiRacismToolk この論文 https://t.co/wp2Wla1QBe  だと、recklessを《無頓着》としてますね。… https://t.co/FzflPfopYN
@wolfwood_n_d @k_suzuki_kval @MichiToyama @AntiRacismToolk この論文 https://t.co/wp2Wla1QBe  だと、recklessを《無頓着》としてますね。… https://t.co/FzflPfopYN
吉田さんが一番早かったかなあ。 「最大・最悪の公害としての原発災害」吉田文和(地域経済経営ネットワーク研究センター年報 第 1 号北海道大学 2012 . 3) https://t.co/sJEEtL75Ui
CiNii 論文 -  福島の現在 公害問題としての原発事故を考える (ミニ・シンポジウム 再生エネルギー政策への展望と脱原発) https://t.co/4JU4ay4lyf #CiNii
CiNii 論文 -  戦後日本の公害問題と福島原発事故 https://t.co/oqrgt4N6jr #CiNii
RT @yas_igarashi: @NonbeeKumasan 全く同感です。科学的理解も重要(それで分るならそれに越したことない)ですが、「被災地支援」という感情でシステム1に訴えかけるのも同時に重要と思います。最近の論文では、被災地支援要因は、購買意欲を高めるだけでなく放…
RT @HisadomeK: 『新編武蔵風土記稿』の保田原村https://t.co/TymcKLWt1sによると、江戸時代には「波羅門社」と称されていました。 同じ鉢形領の西之入村https://t.co/yLD5kbrD8Fの鎮守も「波羅門社」で、こちらは明治以降に「波羅比…
RT @HisadomeK: 『新編武蔵風土記稿』の保田原村https://t.co/TymcKLWt1sによると、江戸時代には「波羅門社」と称されていました。 同じ鉢形領の西之入村https://t.co/yLD5kbrD8Fの鎮守も「波羅門社」で、こちらは明治以降に「波羅比…
CiNii 論文 -  オリンピックにおける政治介入とナショナリズムに関する考察 https://t.co/7iw4YwVKwH #CiNii
1920 年代から 1930 年代における 「日本体操 (やまとばたらき)」 の展開 中房敏朗(大阪体育大学体育学部) https://t.co/p1RDSBAWq8
近現代日本におけるスポーツナショナリズムの研究 権 学俊 (KWON HAK JUN) 立命館大学・産業社会学部・准教授 https://t.co/sYnhkjT9Vc
RT @HisadomeK: @goshuinchou この論文が参考になりませんか? 飯塚勝重「三足烏原像試探」https://t.co/7S74NyUDoj

フォロワー(582ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

https://t.co/M5Ap29gzNm マルクス社会学と原始社会論
https://t.co/HMKAlEeaKl 毛沢東の「天皇観」形成過程に関する研究 -終戦~冷戦期,国際情勢変容の中で-
フィジー島の原始共産制 https://t.co/FjB5rByAnb
<論文>橘孝三郎にみる農本主義思想の位相(その 1) : 変革期における宗教とテロリズム https://t.co/F4N4AonbFB
オーギュスト・ブランキにおける革命の主体 : 「デクラセ」概念の再検討 https://t.co/HELFsS1fak ブランキに関する断片 https://t.co/qyco80mHUG
オーギュスト・ブランキにおける革命の主体 : 「デクラセ」概念の再検討 https://t.co/HELFsS1fak ブランキに関する断片 https://t.co/qyco80mHUG
アナキズムの教育思想研究 : 自由の概念を中心に : 2. プルードンの自由論(一般研究 I・1部会 教育の思想と科学) https://t.co/nUDAGZHdwg
バクーニンの革命論 https://t.co/kMnM09GGTq
横浜・寿町における自立支援と地域再生 : 多様性を包摂するまちづくりhttps://t.co/8oke5QjkXg
戦後東京のマーケットについて ―闇市と戦前の小売市場・露店との関係に関する考察― https://t.co/n6jgxdUU6D
「もののけ姫」の神話的意味 https://t.co/1OYf8f4D1R
ある大学生の自己形成について : サルトルの「自己欺瞞」を手がかりに https://t.co/0IhezdUcuJ
平和を追い求めた青春 : 「綜合原爆展」と「京大天皇事件」 (特集 1950年前後の関西の学生運動 : 京大) https://t.co/XFEFO4a8FJ
<論文>橘孝三郎にみる農本主義思想の位相(その 1) : 変革期における宗教とテロリズム https://t.co/F4N4AonbFB
アナキズムの教育思想研究 : 自由の概念を中心に : 2. プルードンの自由論(一般研究 I・1部会 教育の思想と科学) https://t.co/nUDAGZHdwg
有島武郎『叛逆者』と<中世への共感> : クロポトキン・大逆事件に関連しつつ https://t.co/WiQfuTFpLh
秩父事件の歴史的位置 : その蜂起の論理 世直し一揆との関係を中心に https://t.co/p6v8QcM0bL
『浮世の画家』における抹消された天皇 https://t.co/cRuCMS0ZbG
雑誌『農民』と農民自治主義(一) https://t.co/Nr4CpVsM0n 雑誌『農民』と農民自治主義(二) https://t.co/hZPUierXrV
雑誌『農民』と農民自治主義(一) https://t.co/Nr4CpVsM0n 雑誌『農民』と農民自治主義(二) https://t.co/hZPUierXrV
農本主義の再検討:権藤成卿・加藤完治を中心に https://t.co/ts1PjYaJgY
右翼運動とテロリズムの系譜-自伝・回顧録からみた右翼運動家とテロリズムの源泉 https://t.co/RbxVLPZNLf
<論文>橘孝三郎にみる農本主義思想の位相(その 1) : 変革期における宗教とテロリズム https://t.co/F4N4AonbFB
オーギュスト・ブランキにおける革命の主体 : 「デクラセ」概念の再検討 https://t.co/HELFsS1fak ブランキに関する断片 https://t.co/qyco80mHUG
オーギュスト・ブランキにおける革命の主体 : 「デクラセ」概念の再検討 https://t.co/HELFsS1fak ブランキに関する断片 https://t.co/qyco80mHUG
アナキズムの教育思想研究 : 自由の概念を中心に : 2. プルードンの自由論(一般研究 I・1部会 教育の思想と科学) https://t.co/nUDAGZHdwg
https://t.co/M5Ap29gzNm マルクス社会学と原始社会論
https://t.co/HMKAlEeaKl 毛沢東の「天皇観」形成過程に関する研究 -終戦~冷戦期,国際情勢変容の中で-
フィジー島の原始共産制 https://t.co/FjB5rByAnb
<論文>橘孝三郎にみる農本主義思想の位相(その 1) : 変革期における宗教とテロリズム https://t.co/F4N4AonbFB
アナキズムの教育思想研究 : 自由の概念を中心に : 2. プルードンの自由論(一般研究 I・1部会 教育の思想と科学) https://t.co/nUDAGZHdwg
バクーニンの革命論 https://t.co/kMnM09GGTq
横浜・寿町における自立支援と地域再生 : 多様性を包摂するまちづくりhttps://t.co/8oke5QjkXg
戦後東京のマーケットについて ―闇市と戦前の小売市場・露店との関係に関する考察― https://t.co/n6jgxdUU6D
「もののけ姫」の神話的意味 https://t.co/1OYf8f4D1R
ある大学生の自己形成について : サルトルの「自己欺瞞」を手がかりに https://t.co/0IhezdUcuJ
平和を追い求めた青春 : 「綜合原爆展」と「京大天皇事件」 (特集 1950年前後の関西の学生運動 : 京大) https://t.co/XFEFO4a8FJ
<論文>橘孝三郎にみる農本主義思想の位相(その 1) : 変革期における宗教とテロリズム https://t.co/F4N4AonbFB
「自衛」の側からみた秩父事件 https://t.co/VYRS34egoW
アナキズムの教育思想研究 : 自由の概念を中心に : 2. プルードンの自由論(一般研究 I・1部会 教育の思想と科学) https://t.co/nUDAGZHdwg
<論文>橘孝三郎にみる農本主義思想の位相(その 1) : 変革期における宗教とテロリズム https://t.co/F4N4AonbFB
RT @HisadomeK: 『新編武蔵風土記稿』の保田原村https://t.co/TymcKLWt1sによると、江戸時代には「波羅門社」と称されていました。 同じ鉢形領の西之入村https://t.co/yLD5kbrD8Fの鎮守も「波羅門社」で、こちらは明治以降に「波羅比…
RT @HisadomeK: 『新編武蔵風土記稿』の保田原村https://t.co/TymcKLWt1sによると、江戸時代には「波羅門社」と称されていました。 同じ鉢形領の西之入村https://t.co/yLD5kbrD8Fの鎮守も「波羅門社」で、こちらは明治以降に「波羅比…
オーギュスト・ブランキにおける革命の主体 : 「デクラセ」概念の再検討 https://t.co/HELFsS1fak ブランキに関する断片 https://t.co/qyco80mHUG
オーギュスト・ブランキにおける革命の主体 : 「デクラセ」概念の再検討 https://t.co/HELFsS1fak ブランキに関する断片 https://t.co/qyco80mHUG
アナキズムの教育思想研究 : 自由の概念を中心に : 2. プルードンの自由論(一般研究 I・1部会 教育の思想と科学) https://t.co/nUDAGZHdwg
RT @HisadomeK: @goshuinchou この論文が参考になりませんか? 飯塚勝重「三足烏原像試探」https://t.co/7S74NyUDoj
オーギュスト・ブランキにおける革命の主体 : 「デクラセ」概念の再検討 https://t.co/HELFsS1fak ブランキに関する断片 https://t.co/qyco80mHUG
オーギュスト・ブランキにおける革命の主体 : 「デクラセ」概念の再検討 https://t.co/HELFsS1fak ブランキに関する断片 https://t.co/qyco80mHUG
有島武郎『叛逆者』と<中世への共感> : クロポトキン・大逆事件に関連しつつ https://t.co/WiQfuTFpLh
秩父事件の歴史的位置 : その蜂起の論理 世直し一揆との関係を中心に https://t.co/p6v8QcM0bL
『浮世の画家』における抹消された天皇 https://t.co/cRuCMS0ZbG
雑誌『農民』と農民自治主義(一) https://t.co/Nr4CpVsM0n 雑誌『農民』と農民自治主義(二) https://t.co/hZPUierXrV
雑誌『農民』と農民自治主義(一) https://t.co/Nr4CpVsM0n 雑誌『農民』と農民自治主義(二) https://t.co/hZPUierXrV
農本主義の再検討:権藤成卿・加藤完治を中心に https://t.co/ts1PjYaJgY
右翼運動とテロリズムの系譜-自伝・回顧録からみた右翼運動家とテロリズムの源泉 https://t.co/RbxVLPZNLf
<論文>橘孝三郎にみる農本主義思想の位相(その 1) : 変革期における宗教とテロリズム https://t.co/F4N4AonbFB
アナキズムの教育思想研究 : 自由の概念を中心に : 2. プルードンの自由論(一般研究 I・1部会 教育の思想と科学) https://t.co/nUDAGZHdwg