シュレ (@syurejii)

投稿一覧(最新100件)

RT @Naga_Kyoto: 田中大介「モビリティとモダニティ―近代はいかなる意味で移動的か―」https://t.co/J8yNHA9dzD >「移動とはなにか」を定住との対比で規定したうえで、モビリティとモダニティとの関係を扱う。最後に、現代の移動の特徴を明らかにすること…
RT @heero108: それとA・マーラウン率いる「青年ドイツ騎士団[Jungdeutscher Orden]」がヴァイマル末期に組織化した、Volksnationale Reichsvereinigung (VNR) も訳語に困るところ。「人民国民的」に直訳しても意味が通…
RT @saisenreiha: 藤波伸嘉「オスマンとローマ―近代バルカン史学史再考―」『史学雑誌』 https://t.co/Gi41smXPKX によれば、オスマン帝国は多種多様な正当性を見に纏っており、ムスリム・非ムスリム問わず近世オスマン人にとってビザンツ=ローマ帝国は…
長谷川貴彦「二宮史学との対話 史学史の転換点にあたって (シンポジウム報告 歴史からの問い/歴史への問い 二宮宏之と歴史学)」『クァドランテ』第15号, 2013年3学校, 11-18頁.https://t.co/6q62iUZcoe #CiNii
松浦義弘, 書評: 遅塚忠躬・近藤和彦編『過ぎ去ろうとしない近代 : ヨーロッパ再考』 https://t.co/raWPgfRdlv https://t.co/19oXQLMKes
RT @nekonoizumi: イギリス宗教改革と「プロテスタント国家」再考 イギリスの統合と分離の淵源を探る https://t.co/3av5nWcGoC カナダ海軍の創設とイギリス帝国防衛構想 https://t.co/Ff9zqY7tE4 近世ドイツの秩序創出における…
RT @nekonoizumi: イギリス宗教改革と「プロテスタント国家」再考 イギリスの統合と分離の淵源を探る https://t.co/3av5nWcGoC カナダ海軍の創設とイギリス帝国防衛構想 https://t.co/Ff9zqY7tE4 近世ドイツの秩序創出における…
RT @nekonoizumi: イギリス宗教改革と「プロテスタント国家」再考 イギリスの統合と分離の淵源を探る https://t.co/3av5nWcGoC カナダ海軍の創設とイギリス帝国防衛構想 https://t.co/Ff9zqY7tE4 近世ドイツの秩序創出における…
RT @nekonoizumi: ネイション形成と国家の記憶:19世紀後半の旧ポーランド=リトアニア領を中心に https://t.co/hcoNCqDbg7 帝国辺境の近代化と国民化する帝国 https://t.co/0nnzqmmfe2 戦間期ハンガリーにおける国民統合の実…
RT @nekonoizumi: ネイション形成と国家の記憶:19世紀後半の旧ポーランド=リトアニア領を中心に https://t.co/hcoNCqDbg7 帝国辺境の近代化と国民化する帝国 https://t.co/0nnzqmmfe2 戦間期ハンガリーにおける国民統合の実…
RT @nekonoizumi: ネイション形成と国家の記憶:19世紀後半の旧ポーランド=リトアニア領を中心に https://t.co/hcoNCqDbg7 帝国辺境の近代化と国民化する帝国 https://t.co/0nnzqmmfe2 戦間期ハンガリーにおける国民統合の実…
RT @nekonoizumi: 令和2年度科学研究費助成金採択課題より 中近世ヨーロッパ社会における合意形成の起源と展開―合議制・代議制の理念と現実ー https://t.co/kAEqokMZgX 17世紀ロンドン東部郊外における諸権力の協働による統治の実践 https:…
RT @nekonoizumi: 令和2年度科学研究費助成金採択課題より 中近世ヨーロッパ社会における合意形成の起源と展開―合議制・代議制の理念と現実ー https://t.co/kAEqokMZgX 17世紀ロンドン東部郊外における諸権力の協働による統治の実践 https:…
RT @syurejii: 大塚久雄「産業革命の諸類型 : 社会の構造変革との関連において(大会報告)」『土地制度史学』9巻4号, 1967年, 56-67頁. https://t.co/YNHKA9AzoX
大塚久雄「産業革命の諸類型 : 社会の構造変革との関連において(大会報告)」『土地制度史学』9巻4号, 1967年, 56-67頁. https://t.co/YNHKA9AzoX
RT @syurejii: @mitteleu1867 たまたまツイートを拝見しました。以下の論文の中で、
@mitteleu1867 たまたまツイートを拝見しました。以下の論文の中で、
関口浩「折口信夫による産霊神解釈: その戦後神道論を参照して」『宗教研究』86巻3号, 2012年, pp.553-576. https://t.co/2AvrXTkfwL

150 0 0 0 OA 枕草子春曙抄

RT @tarareba722: 現在の古典文学書籍では当たり前である、この「本文+頭注+傍注」という表現手法は、季吟によるコロンブスの卵のような発想の大転換でした。『枕草子春曙抄』は残念ながら絶版となっていますが、昭和五年発刊の岩波書店版を国会図書館コレクションで見られます。…
@tos CiNii 論文 - 〔大塚久雄〕 山田理論と比較経済史学(<特集>故山田盛太郎先生追悼特集) https://t.co/YtlyfIJiPS #CiNii
@tos CiNii 論文 -  60年のあゆみ『歴史と経済』 https://t.co/ySj4x6hb2T #CiNii
@tos CiNii 論文 - 〔遅塚忠躬〕歴史理論(一九八九年の歴史学界 : 回顧と展望) https://t.co/rjs3hUjJci #CiNii
『[維新史料編纂会]講演速記録』1917年. https://t.co/TmGDkTm6C5 なぜ: 国会図書館(NDL)検索で「藩兵」を調べたら『維新史.第4巻』が出てきて、数頁目を通すと読みやすく、出版者でググって趣旨を把握した後、またNDL検索で同者の書籍一覧を眺めていると、『講演速記録』という表題に惹かれたから。
@tos CiNii 論文 -  『資本論』形成史における『哲学の貧困』 https://t.co/OuFfWvpiPB #CiNii
@tos CiNii 論文 -  グスタフ・シュモラーの重商主義論 https://t.co/B1KDWtYkpk #CiNii
@tos CiNii 論文 -  「ドイツ農村工業史--プロト工業化・地域・世界市場」馬場哲 https://t.co/JZ4InTXjsD #CiNii
@tos CiNii 論文 -  創刊のことば https://t.co/TY15SOm9kd #CiNii
@tos 馮天瑜「『封建』の概念の汎用化に関する史的考察」 https://t.co/vBdLkb1Qrj
@tos CiNii 論文 -  特集1 第9回東アジア人文学フォーラム「東アジアにおける人文学の復興」 日本の近代歴史学と概念化の問題 -「封建制」概念をめぐって- https://t.co/iRLaO38Hvb #CiNii
大塚を散々にコケおろしているが、その割に新書の中に見られると主張する「誤謬」や「再解釈」を具体的に説明しようとしない。「穰夷論」的「模倣」/「鹿鳴館」的「猿まね」 の類型にも妥当性を感じない。 CiNii 論文 -  歴史学の構造と理念--大塚久雄から上原專禄へ https://t.co/edFx4ascCl #CiNii
@tos CiNii 論文 -  日本における訳語「地政学」の定着過程に関する試論・補遺 2019年 https://t.co/iYwQrg4zCK #CiNii
CiNii 論文 -  近代経済学を基礎としたマルクス経済学 : 「マルクス派最適成長論」の挑戦 (経済学会シンポジウム : 経済学のフロンティア) https://t.co/WspVnCaBFZ #CiNii
RT @syurejii: CiNii 論文 -  歴史学の構造と理念--大塚久雄から上原專禄へ https://t.co/edFx4aJNtT #CiNii
CiNii 論文 -  60年のあゆみ https://t.co/ySj4x6hb2T #CiNii
CiNii 論文 -  歴史学の構造と理念--大塚久雄から上原專禄へ https://t.co/edFx4aJNtT #CiNii
J-STAGE Articles - 「二つの道」諭と『帝国主義論』 : レーニンの軍事的=封建的帝国主義規定との関連において https://t.co/jh6vj5ghA1
西川吉光「国防会議の設置と文民統制」『国際地域学研究』2001-04, pp.177-197. https://t.co/uwWdPpRmwU
J-STAGE Articles - 明治期以降における日米太平洋戦略の変遷 https://t.co/tlv4FQqcad
RT @syurejii: CiNii 論文 -  太平洋戦争後半期における戦争指導--陸軍の戦争終結構想を中心として https://t.co/Lr8JO6zuIg
RT @syurejii: CiNii 論文 -  戦争指導方針決定の構造--太平洋戦争時の日本を事例として https://t.co/KtRD927QLn #CiNii
RT @syurejii: CiNii 論文 -  太平洋戦争における日本の戦争指導 : 「世界情勢判断」を中心として (防衛研究所創立60周年記念特別号) https://t.co/M73SH0MqHd
CiNii 論文 -  日米開戦前の御前会議と帷幄上奏に関する書誌的研究 https://t.co/6TH6Ic6mcd #CiNii
CiNii 論文 -  太平洋戦争後半期における戦争指導--陸軍の戦争終結構想を中心として https://t.co/Lr8JO6zuIg
CiNii 論文 -  戦争指導方針決定の構造--太平洋戦争時の日本を事例として https://t.co/KtRD927QLn #CiNii
CiNii 論文 -  太平洋戦争における日本の戦争指導 : 「世界情勢判断」を中心として (防衛研究所創立60周年記念特別号) https://t.co/M73SH0MqHd
CiNii 論文 -  「戦史叢書」における陸海軍並立に関する一考察--「開戦経緯」を中心として https://t.co/Uk2lQSnZcG
CiNii 論文 -  「戦史叢書」における陸海軍並立に関する一考察--「開戦経緯」を中心として https://t.co/Uk2lQSnZcG #CiNii
CiNii 論文 -  戦後における自主国防路線と服部グループ:一九四七–五二年 https://t.co/rLfilyMImk https://t.co/OHz18BLiD6
【本文・内容要旨・審査結果要旨】 CiNii 博士論文 - 海洋領域における軍事戦略の変遷に関する比較研究 1980~2017年 : 領域拒否、SLOC 防衛/SLOC 妨害、戦力投射の観点から https://t.co/F4ViK6pym2 #CiNii
【内容要旨・審査結果要旨】 CiNii 博士論文 - 日米防衛協力体制と台湾の安全保障 https://t.co/Yi2kJafWK8 #CiNii
【内容要旨・審査結果要旨】 CiNii 博士論文 - 海洋国家における陸上戦力の役割と規模 : なぜ日本は陸上戦力を重視してきたか https://t.co/gERkeJC1v1 #CiNii
CiNii 博士論文 - 「巫女」の存立に関する史的研究 : 民俗学と歴史学からの考察 https://t.co/ue8yttRPj3 #CiNii
CiNii 論文 -  佐藤鐵太郎の国防思想の形成 : 『帝国国防論』(1902年)をめぐって (東アジアの思想と構造) https://t.co/PHWv7GYYoC #CiNii
宮本悟「韓国のミサイル開発 -- 自主国防と韓米軍事同盟の摩擦」『アジア経済』第43巻第6号、2002年6月、2-14頁. https://t.co/Cgi08isMKE
竹内哲「社会科学方法論をめぐる現状について」『科学哲学』13巻, 1980年, 35-48頁. https://t.co/2wQ1Kr2yB1
大森真紀「イギリス工場法・工場監督制度研究の歩み(上)」『早稲田社会科学研究』57, 1998-10, pp.147-162. https://t.co/BBgaUUjX20

1 0 0 0 OA 史学概論

今井登志喜『史学概論: 第1分冊』 東京プリント刊行会, 1935. 読了。 https://t.co/sOt3f3AQTU 東京帝国大学の講義を書籍化したもので、第1分冊では史学方法論である「史料学」「史料批判」「総括」の前二つを解説している。残念ながら、「史料批判」の内容が外的批判のみで終わっている。 https://t.co/z9Qn1rxhnG

4 0 0 0 OA 大戦学理

@g105633 森鴎外『大戦学理』←戦争論翻訳 も一応あります。俺は読んでないですけど。 https://t.co/DpzHjPPg03
RT @BARSERGA: ざざっと探す。 明治以降の地図帳からどう変化したかを追いかけたもの。 「明治期以降における外国国名の呼称変遷について」西 脇 保 幸 https://t.co/pnJtIuqx93

1 0 0 0 OA 史学研究法

坪井九馬三『史学研究法』早稲田大学出版部 https://t.co/9WbzWKFoGd

2 0 0 0 OA 史学概論

野々村戒三『史学概論』早稲田大学出版部 https://t.co/sgqifCEaHh https://t.co/sR7RlVPBHF https://t.co/i2lLUF4Rwk

1 0 0 0 OA 史学概論

今井登志喜『史学概論: 第3分冊 』 https://t.co/Mqs1j80hSj

1 0 0 0 OA 史学概論

今井登志喜『史学概論: 第2分冊』 https://t.co/6rCqCaOKJc

1 0 0 0 OA 史学概論

今井登志喜『史学概論: 第1分冊』 https://t.co/sOt3f3AQTU 国立国会図書館デジタルライブラリーで面白い書籍を見つけた。
@ake8901 昭和4年 軍事講話教本 https://t.co/PMufzIharr 大正2年 通俗教育軍事講話 https://t.co/BXN0ERelsk 昭和2年 帝国海軍一般 https://t.co/lQA8EPj2QR
@ake8901 昭和4年 軍事講話教本 https://t.co/PMufzIharr 大正2年 通俗教育軍事講話 https://t.co/BXN0ERelsk 昭和2年 帝国海軍一般 https://t.co/lQA8EPj2QR
@ake8901 昭和4年 軍事講話教本 https://t.co/PMufzIharr 大正2年 通俗教育軍事講話 https://t.co/BXN0ERelsk 昭和2年 帝国海軍一般 https://t.co/lQA8EPj2QR

15 0 0 0 研修資料

RT @napalm240: 複写ネタその2:1955年に防衛研修所(防研の前身)が出した「研修資料」に原乙未生氏の書いた記事が2本載ってるんだが、その内の「軍の裝甲化」の内容が少々興味深い https://t.co/XNa1wqniMe
RT @syurejii: 柴山太(2008)「戦後における自主国防路線と服部グループ一九四七―五二年」『国際政治』2008巻 154 号pp.46-61 日本国際政治学会 https://t.co/rP0QxasEes https://t.co/Vt33dX6pvk http…
柴山太(2008)「戦後における自主国防路線と服部グループ一九四七―五二年」『国際政治』2008巻 154 号pp.46-61 日本国際政治学会 https://t.co/rP0QxasEes https://t.co/Vt33dX6pvk https://t.co/L0aSWwwomk https://t.co/ThwbnPhkK1
RT @THABOS47747375: おまけ:技本50年史は↓の国立国会図書館のリンク先に各PDFがあるのでそちらをダウンロードしてどうぞ https://t.co/RUzVGTIytJ

2 0 0 0 OA 竹取物語

国立国会図書館デジタルコレクションでは竹取物語の現代訳(大正~昭和)が複数公開されてるからスラスラ読める。お薦め。岩波文庫版は古文そのまま載せてるだけだからな。 土屋孤城 訳 新訳竹取物語 大正4 https://t.co/A4X7VI3ozN 藤井乙男, 原田恭助 竹取物語 大正10 https://t.co/LsXv2pv2ph

1 0 0 0 OA 新訳竹取物語

国立国会図書館デジタルコレクションでは竹取物語の現代訳(大正~昭和)が複数公開されてるからスラスラ読める。お薦め。岩波文庫版は古文そのまま載せてるだけだからな。 土屋孤城 訳 新訳竹取物語 大正4 https://t.co/A4X7VI3ozN 藤井乙男, 原田恭助 竹取物語 大正10 https://t.co/LsXv2pv2ph
維摩経 : 口語全訳 を一応一通り読んだ。意味分からん。 https://t.co/2xnSaOmg31 https://t.co/QbvvSMXjVJ

お気に入り一覧(最新100件)

わかりやすくて感動した 日本語万歳!著者様 https://t.co/PJWYimNLsA
@SarahR_Schmid @nosword @managraphy Interesting case indeed.
@SarahR_Schmid @nosword @managraphy Interesting case indeed.
私含めて「来い」を「こりん」と言う三河人はたくさんいると思うけども、年配者は割とみんな「おいでん」と言うな。「こりん」は割と最近できた言い回しなのか。吉川(1993)によると「きん」はあったようだ。 CiNii 論文 -  三河方言の文末形式の記述的研究 1 https://t.co/UUMX8hoHVu
@YAITA_BUNKA 山縣ほど邸宅に気を払う元勲はいなかったといい、庭木や石の一つにも意を払う様子は、安普請でも全く気にしない伊藤博文とは対照的でした。そして山縣の邸宅研究と言えば、佐藤信「山県有朋とその館」(のち『近代日本の統治と空間』に改訂収録) を挙げなければなりませんね。 https://t.co/D68HI7MAWJ

18 0 0 0 OA 三才圖會 106卷

昨日ご紹介した神塚先生の著作には「六朝道教と『荘子』――『真誥』・霊宝経・陸修静――」が収録されています。 副題にある通り『真誥』・霊宝経等を題材に、『荘子』が道教に取り込まれていく過程を論じたものです。 ※画像は国会図書館デジタルコレクション『三才図絵』 https://t.co/9rKRFgWt6i https://t.co/FNfoO4RjqJ https://t.co/izxWZSYwPh
明治5年4月16日(1872年5月22日)、砲術家の村上範致(村上定平)が死去。幕末の田原藩出身で、渡辺崋山に期待され、高島秋帆に師事した。幕府の講武所にも招聘された。鵜飼尚代・佐久間永子「村上範致と著述古記録に関する基礎研究」(『名古屋外国語大学論集』2)など参照。 https://t.co/nopVvQIXfc
以前指摘したが、マルクスは40年代半ばまで政治(学)批判「と」経済学批判の両方を著作として構想していた。個人的に興味深いのは、50年代前半に国家にたいする政治(学)批判がいわばいったん消失し、『経済学批判』「序言」に見られるように50年代後半に復活する点である。 https://t.co/lM7xmwOEwd
「日本陸軍の本土防空に対する考えとその防空作戦の結末」 著者は防衛研究所の方。 日本陸軍の本土防空に対する考えと取り組みを簡潔にまとめた論文です。 防空戦闘機隊の戦記等を読む際にこういう知識を持っていると、とらえ方が多面的になるかもしれません。 https://t.co/pynouZtXMl
古代の結婚の儀礼について詳しくは、オークリーとシノスのThe Wedding in Ancient Athensという本が参考になると思います(https://t.co/UsvjrTVC3Z)。 結婚がどういう順序で進行するのかを古典史料や壺絵から復元しています。
国立国会図書館のデジタルライブラリーに1932年の『社会ユーモア・モダン語辞典』があったのでペラペラ読んでるけど、今も残る言葉もあれば全然見知らぬ言葉もあり面白い。 兎:朝寝や昼寝をして約束を違える者のこと。 なるほど、うさぎとかめだな? https://t.co/zARmwdG8Vc https://t.co/63VnZPA9rr
次に、古銭ですね。 Монеты Ольвии https://t.co/jbSYYeM6UW Монеты античных городов Северо-Западного Причерноморья https://t.co/N4UjoNSEkH
次に、古銭ですね。 Монеты Ольвии https://t.co/jbSYYeM6UW Монеты античных городов Северо-Западного Причерноморья https://t.co/N4UjoNSEkH
ツェツフラーゼが編集したこの論集もなかなか良いです。古代の黒海沿岸地域のギリシア植民市について、様々な論者がそれぞれの専門分野(文献・碑文・考古)から検討したものです。 The Greek Colonisation of the Black Sea Area https://t.co/N5cUWmXXr3
まずは黒海沿岸にどんなポリスがあって、それぞれどんな関連史料・研究があるかは、ハンセンとニールセンのAn Inventory of Archaic and Classical Poleisの"The Black Sea Area"をご確認いただければと。 https://t.co/w58cqm3nJ5
『国家将来像と陸海軍備をめぐる海軍と徳富蘇峰』 著者:柴崎力栄 https://t.co/MzapPjn6CL
こちらの発展版かな CiNii 論文 -  臨時軍事費特別会計の政治的意味 : 大蔵省の「戦争責任」 (特集 国際環境の変化と戦略) https://t.co/OMxUUHRxDK
田中大介「モビリティとモダニティ―近代はいかなる意味で移動的か―」https://t.co/J8yNHA9dzD >「移動とはなにか」を定住との対比で規定したうえで、モビリティとモダニティとの関係を扱う。最後に、現代の移動の特徴を明らかにすることで、「現代社会はいかなる意味で移動的か」を考えたい。 https://t.co/ggIK8OPaVJ
近代京都の郊外開発について知りたいときにまず読むとよさそうな論文↓ 上野 裕(2019)「近代京都の市街地形成と土地区画整理事業」 https://t.co/gR8jfGAsY4 https://t.co/5APqk9BMPi
伊根の舟屋の機能変化について。この図すごく分かりやすい。 河原 典史「漁村における家屋の機能変化とその要因—丹後・伊根浦の舟屋集落を例にして」 https://t.co/JGzMgPerxR https://t.co/lLgpqIsaYr
CiNii 論文 - 父島洲崎の変遷について(その2)洲崎飛行場と太平洋戦争 https://t.co/WpXTE0Rhz1 #CiNii
井戸庄三氏は長く滋賀医科大学(!)に勤めた歴史地理学者。明治の町村合併で生まれた町村名を類型化した論文が面白い。 「明治22年新町村名の研究」地理学評論 49(5), 285-299, 1976 https://t.co/wpUABOuXhn https://t.co/HH7axgJekc
藤波伸嘉「オスマンとローマ―近代バルカン史学史再考―」『史学雑誌』 https://t.co/Gi41smXPKX によれば、オスマン帝国は多種多様な正当性を見に纏っており、ムスリム・非ムスリム問わず近世オスマン人にとってビザンツ=ローマ帝国は共通の過去であり、ローマ理念は彼らの心性に息づいていたという。
新田元規「喪礼における「祔祭」「遷廟」の解釈論 : 鄭玄と朱熹の所説を中心として」 https://t.co/SrWjH1fVFe 専門外の人が読んでも「経学とは何ぞや」ということが伝わる素晴らしい論文だと思います。 https://t.co/j1DvqAlZ0a
久しぶりに小野沢さんの『歴史学研究』のこの論文を論文演習で読んだのですが、おもしろかった。学生さんもいろいろと考えてくれたよう。しかしこの論文、25年も前のものなんですね。 CiNii 論文 -  大正デモクラシ-期の廃娼運動の論理--長野県を中心として https://t.co/TBsQWaePeb
PDFあり。 ⇒田野村忠温 「ドイツ国名「独逸」成立の過程とその背景 社会的条件と日本語における音訳語の特異性」 『東アジア文化交渉研究』第13号(2020-3) https://t.co/wsYpWhBvnN
元治元年2月28日(1864年4月4日)、多田海庵(多田弥太郎)が死去。但馬出石藩出身の儒学者で、生野の変に参加した。横山俊一郎「多田海庵の海防意識」(『東アジア文化交渉研究』7、2014年)があり、同氏の著書『泊園書院の明治維新』(清文堂出版、2018年)に再録。 https://t.co/uKYuz599nX
授業準備のため、柿本昭人「見市雅俊著『コレラの世界史』」『史学雑誌』104編1号(1995年)111-117頁(https://t.co/O8fM6TRjZj)を再読中。 「擬人化され、実体化された「コレラ」。この言挙げを可能にしているディスクールが問題」(116頁)との指摘は、今の状況でこそ重く受け止めるべきだろう。
科学的にはほとんど意味がなく、世界でも日本ぐらいしかやらなかった「全頭検査」を、何故日本の消費者は安全に一番有効な対策と認知したのか、そこには新聞報道とある程度の相関が見られるという研究。 https://t.co/78rUxxA5yt (PDF)
『一軍人の戦後 : 岩畔豪雄と京都産業大学』 著者:川合全弘 https://t.co/C0YXv1Y4Ac https://t.co/6yBbqaWFac https://t.co/68jkjgmLXS
『一軍人の戦後 : 岩畔豪雄と京都産業大学』 著者:川合全弘 https://t.co/C0YXv1Y4Ac https://t.co/6yBbqaWFac https://t.co/68jkjgmLXS
『一軍人の戦後 : 岩畔豪雄と京都産業大学』 著者:川合全弘 https://t.co/C0YXv1Y4Ac https://t.co/6yBbqaWFac https://t.co/68jkjgmLXS
CiNii 論文 -  セルフコントロールの行動経済学 https://t.co/q8VBgIorOV #CiNii
CiNii 論文 -  ポジティブ感情の役割―その現象と機序:――その現象と機序 https://t.co/Ehr2Qp7ALc #CiNii
ざざっと探す。 明治以降の地図帳からどう変化したかを追いかけたもの。 「明治期以降における外国国名の呼称変遷について」西 脇 保 幸 https://t.co/pnJtIuqx93
おまけ:技本50年史は↓の国立国会図書館のリンク先に各PDFがあるのでそちらをダウンロードしてどうぞ https://t.co/RUzVGTIytJ

15 0 0 0 研修資料

複写ネタその2:1955年に防衛研修所(防研の前身)が出した「研修資料」に原乙未生氏の書いた記事が2本載ってるんだが、その内の「軍の裝甲化」の内容が少々興味深い https://t.co/XNa1wqniMe

フォロー(1592ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

参考文献 https://t.co/qsOexEQhaH https://t.co/vj96xBBRoz
RT @zasetsushirazu: 大正9年12月9日、岡谷繁実が死去。幕末の館林藩士で、幕府による長州征伐の回避に向けて活動した時期がある。著書『名将言行録』は、井上泰至「近世軍書の研究に対するアメリカ日本研究の有効性」(『国際日本文学研究集会会議録』29)曰く、「近世軍…
PDFあり。 ⇒韓相允 「1970年代の日本における「オカルト」概念の受容と展開 ―「密教ブーム」との関係を中心として―」 『学際日本研究』第1巻 (2021/3) https://t.co/t5WTEAARFO
PDFあり。 ⇒大澤 絢子 「「物語る」歴史学―親鸞と恵信尼はなぜ夫婦なのか」 『学際日本研究』第1巻 (2021/3) https://t.co/SZbsTyHiCh
大東亜戦争・開戦の詔書 極東軍総司令部戦史部/マッカーサー元帥レポート関係文書 https://t.co/BUG0YJtI0N 部報 第137号 (台湾総督府臨時情報部)https://t.co/AryZkOIgBl 同じようにしか見えんけど。
RT @NakanishiyaSh: アニメーション研究/21 巻 (2020) 2 号 #書評 J-STAGE Articles - 永田大輔・松永伸太朗編著(2020)『アニメの社会学 アニメファンとアニメ制作者たちの文化産業論』(評者:萩原 由加里) https://t.…
RT @monogragh: 富田武(2016)篠原「歴史政治学」が遺したもの https://t.co/lKXsx2TJke "本稿は、先頃亡くなられた篠原一先生(1925~2015年)の学問的業績を、先生の学恩を受け、専門が比較的近い者として跡づけようとするものである。"
RT @bar1star: マジかよと思ったらマジっぽい (この2007年の論文では納豆アレルギー7例のレビューで全て若年男性、アナフィラキシー様症状が5-14時間後の発症とやや長め、原因としてポリガンマグルタミン酸の関与が疑われるところまで記載されている) https://…
RT @bar1star: マジかよと思ったらマジっぽい (この2007年の論文では納豆アレルギー7例のレビューで全て若年男性、アナフィラキシー様症状が5-14時間後の発症とやや長め、原因としてポリガンマグルタミン酸の関与が疑われるところまで記載されている) https://…
RT @bar1star: マジかよと思ったらマジっぽい (この2007年の論文では納豆アレルギー7例のレビューで全て若年男性、アナフィラキシー様症状が5-14時間後の発症とやや長め、原因としてポリガンマグルタミン酸の関与が疑われるところまで記載されている) https://…
RT @bar1star: マジかよと思ったらマジっぽい (この2007年の論文では納豆アレルギー7例のレビューで全て若年男性、アナフィラキシー様症状が5-14時間後の発症とやや長め、原因としてポリガンマグルタミン酸の関与が疑われるところまで記載されている) https://…
RT @zasetsushirazu: 安政6年11月14日(1859年12月7日)、浮田一蕙が死去。ペリー来航の際に「神風夷艦を覆するの図」を描いた絵師。安政の大獄で投獄された。中谷伸生「浮田一蕙「長篠合戦図」」(『関西大学博物館紀要』9、2003年)は、従来の研究では「勤皇…
マジかよと思ったらマジっぽい (この2007年の論文では納豆アレルギー7例のレビューで全て若年男性、アナフィラキシー様症状が5-14時間後の発症とやや長め、原因としてポリガンマグルタミン酸の関与が疑われるところまで記載されている) https://t.co/syYj33sKnU https://t.co/aMr3zzhfmc
RT @seishoko3: メモ:矢嶋翔「〈史料紹介・翻刻〉東北大学附属図書館狩野文庫所蔵『相国寺供養日記』」(『人文研紀要』100、2021年9月) #こんな論文がありました https://t.co/DVlio17k2c
RT @Mio_nee: 戦前の国内旅客機DC-3や晴嵐(二式大艇の旅客型)で既に自在腰掛(リクライニングシート)採用してるので、鉄道にもあったんじゃないのかしら。 とりあえず、回転式昇降椅子が大正時代に開発された文書は発見した。 https://t.co/sXxwaT5wYu
小野寺先生のこちらの翻訳史料を使用いたしました。授業プリントにする兼ね合いでどうしても削っている部分が多いのですが、丸々使いたい史料です。https://t.co/IVBKzNORRo 占領地からのラブレター―ベルギー人少女からドイツ人兵士への手紙(1)―(翻訳) [in Japanese] https://t.co/n77tYXm1Co
RT @zasetsushirazu: 昭和21年(1946年)12月5日、歴史家の大塚武松が死去。遺稿集『幕末外交史の研究』(宝文館)がある。時野谷勝が同書の書評(『史林』35-4)で「殆ど全生涯を地味な史料編纂事業に打込み」云々と評したように、日本史籍協会の『渋沢栄一滞仏日…
RT @BungakuReportRS: CiNii 博士論文 - 尹青青 - 清代志怪小説の諸相 : 『子不語』、『夜譚随録』、『山斎客譚』、『螢窓異草』をめぐって https://t.co/ihwcaFvUep
RT @BungakuReportRS: CiNii 博士論文 - 曾文莉 - 台湾映画における日本の表象の変遷 (1895-2015) https://t.co/nVkyGjeWSe
RT @BungakuReportRS: CiNii 博士論文 - 劉菁菁 - 和歌集における「羈旅」の部立と官僚たちの旅歌 : 『万葉集』から『古今和歌集』へ https://t.co/OcPLAZj5Tm
RT @NICHIBUNKENkoho: 【お知らせ】湯本豪一記念日本妖怪博物館(三次もののけミュージアム)で昨年開催された「京都からやってきた妖怪たち 国際日本文化研究センターコレクション」の簡易図録がオープンアクセスで公開されました。 https://t.co/vP5wuQ…
RT @puyotaroh: @BESAN_T 内容が気になったので調べてみたところ、国立国会図書館デジタルコレクションで全文見られるようです。 https://t.co/ejoB2hTDso
松下憲一「拓跋鮮卑の南下伝説」を読んだ。魏書序紀をふまえ、現在の嘎仙洞付近が拓跋部の原住地と考えられてきたが、(続) CiNii 論文 -  拓跋鮮卑の南下伝説 ―北魏の歴史認識― https://t.co/m7HuYoxKok #CiNii
RT @zasetsushirazu: 明治13年12月4日、鮫島尚信が死去。幕末の薩摩藩英国留学生の1人で、外交官として活躍。下記リンクでPDFを閲覧できる御幡真人「洋書を追いかけて(後編)サムライ・帝国図書館・神秘主義」(『国立国会図書館月報』727、2021年)は、図書館…
RT @schembart10: 赤江雄一「環境史の鍵概念としての主観性と史料探索の今後」『史學』89(1・2), 137-145, 2020-10 https://t.co/GXXr2pKYDk リポジトリでも公開されてます!https://t.co/gB6v6HVQqQ 拙…
RT @NICHIBUNKENkoho: 【お知らせ】湯本豪一記念日本妖怪博物館(三次もののけミュージアム)で昨年開催された「京都からやってきた妖怪たち 国際日本文化研究センターコレクション」の簡易図録がオープンアクセスで公開されました。 https://t.co/vP5wuQ…
RT @schembart10: 赤江雄一「環境史の鍵概念としての主観性と史料探索の今後」『史學』89(1・2), 137-145, 2020-10 https://t.co/GXXr2pKYDk リポジトリでも公開されてます!https://t.co/gB6v6HVQqQ 拙…
@hunini181202 本件ですが、同じ連載の第4回にこんな表がありまして、PESAと断定してよさそうです https://t.co/PKPb42W8h1 https://t.co/fUHPPY5oq6
RT @schembart10: 赤江雄一「環境史の鍵概念としての主観性と史料探索の今後」『史學』89(1・2), 137-145, 2020-10 https://t.co/GXXr2pKYDk リポジトリでも公開されてます!https://t.co/gB6v6HVQqQ 拙…
RT @schembart10: 赤江雄一「環境史の鍵概念としての主観性と史料探索の今後」『史學』89(1・2), 137-145, 2020-10 https://t.co/GXXr2pKYDk リポジトリでも公開されてます!https://t.co/gB6v6HVQqQ 拙…
RT @DN_networks: CiNii 論文 - 『週刊少年ジャンプ』という時代経験: 解釈枠組みとしてのマスター・ナラティブ https://t.co/vEDZjUGJeL #CiNii そういう意味でこの池上論文って今の10倍くらい参照される可能性のある議論が眠って…

フォロワー(242ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

大東亜戦争・開戦の詔書 極東軍総司令部戦史部/マッカーサー元帥レポート関係文書 https://t.co/BUG0YJtI0N 部報 第137号 (台湾総督府臨時情報部)https://t.co/AryZkOIgBl 同じようにしか見えんけど。
牽引車を利用せる土木機械. 第1輯 - 国立国会図書館デジタルコレクション / https://t.co/RzamcVvJvf 昭和19年ってことは、飛行場設営機材としての建設機械っすな。 版権切れなのでインターネットにて公開されてる。
RT @bar1star: マジかよと思ったらマジっぽい (この2007年の論文では納豆アレルギー7例のレビューで全て若年男性、アナフィラキシー様症状が5-14時間後の発症とやや長め、原因としてポリガンマグルタミン酸の関与が疑われるところまで記載されている) https://…
RT @bar1star: マジかよと思ったらマジっぽい (この2007年の論文では納豆アレルギー7例のレビューで全て若年男性、アナフィラキシー様症状が5-14時間後の発症とやや長め、原因としてポリガンマグルタミン酸の関与が疑われるところまで記載されている) https://…
RT @Mio_nee: 戦前の国内旅客機DC-3や晴嵐(二式大艇の旅客型)で既に自在腰掛(リクライニングシート)採用してるので、鉄道にもあったんじゃないのかしら。 とりあえず、回転式昇降椅子が大正時代に開発された文書は発見した。 https://t.co/sXxwaT5wYu
小野寺先生のこちらの翻訳史料を使用いたしました。授業プリントにする兼ね合いでどうしても削っている部分が多いのですが、丸々使いたい史料です。https://t.co/IVBKzNORRo 占領地からのラブレター―ベルギー人少女からドイツ人兵士への手紙(1)―(翻訳) [in Japanese] https://t.co/n77tYXm1Co
RT @puyotaroh: @BESAN_T 内容が気になったので調べてみたところ、国立国会図書館デジタルコレクションで全文見られるようです。 https://t.co/ejoB2hTDso
RT @schembart10: 赤江雄一「環境史の鍵概念としての主観性と史料探索の今後」『史學』89(1・2), 137-145, 2020-10 https://t.co/GXXr2pKYDk リポジトリでも公開されてます!https://t.co/gB6v6HVQqQ 拙…
@hunini181202 本件ですが、同じ連載の第4回にこんな表がありまして、PESAと断定してよさそうです https://t.co/PKPb42W8h1 https://t.co/fUHPPY5oq6