シュレ (@syurejii)

投稿一覧(最新100件)

長谷川貴彦「二宮史学との対話 史学史の転換点にあたって (シンポジウム報告 歴史からの問い/歴史への問い 二宮宏之と歴史学)」『クァドランテ』第15号, 2013年3学校, 11-18頁.https://t.co/6q62iUZcoe #CiNii
松浦義弘, 書評: 遅塚忠躬・近藤和彦編『過ぎ去ろうとしない近代 : ヨーロッパ再考』 https://t.co/raWPgfRdlv https://t.co/19oXQLMKes
RT @nekonoizumi: イギリス宗教改革と「プロテスタント国家」再考 イギリスの統合と分離の淵源を探る https://t.co/3av5nWcGoC カナダ海軍の創設とイギリス帝国防衛構想 https://t.co/Ff9zqY7tE4 近世ドイツの秩序創出における…
RT @nekonoizumi: イギリス宗教改革と「プロテスタント国家」再考 イギリスの統合と分離の淵源を探る https://t.co/3av5nWcGoC カナダ海軍の創設とイギリス帝国防衛構想 https://t.co/Ff9zqY7tE4 近世ドイツの秩序創出における…
RT @nekonoizumi: イギリス宗教改革と「プロテスタント国家」再考 イギリスの統合と分離の淵源を探る https://t.co/3av5nWcGoC カナダ海軍の創設とイギリス帝国防衛構想 https://t.co/Ff9zqY7tE4 近世ドイツの秩序創出における…
RT @nekonoizumi: ネイション形成と国家の記憶:19世紀後半の旧ポーランド=リトアニア領を中心に https://t.co/hcoNCqDbg7 帝国辺境の近代化と国民化する帝国 https://t.co/0nnzqmmfe2 戦間期ハンガリーにおける国民統合の実…
RT @nekonoizumi: ネイション形成と国家の記憶:19世紀後半の旧ポーランド=リトアニア領を中心に https://t.co/hcoNCqDbg7 帝国辺境の近代化と国民化する帝国 https://t.co/0nnzqmmfe2 戦間期ハンガリーにおける国民統合の実…
RT @nekonoizumi: ネイション形成と国家の記憶:19世紀後半の旧ポーランド=リトアニア領を中心に https://t.co/hcoNCqDbg7 帝国辺境の近代化と国民化する帝国 https://t.co/0nnzqmmfe2 戦間期ハンガリーにおける国民統合の実…
RT @nekonoizumi: 令和2年度科学研究費助成金採択課題より 中近世ヨーロッパ社会における合意形成の起源と展開―合議制・代議制の理念と現実ー https://t.co/kAEqokMZgX 17世紀ロンドン東部郊外における諸権力の協働による統治の実践 https:…
RT @nekonoizumi: 令和2年度科学研究費助成金採択課題より 中近世ヨーロッパ社会における合意形成の起源と展開―合議制・代議制の理念と現実ー https://t.co/kAEqokMZgX 17世紀ロンドン東部郊外における諸権力の協働による統治の実践 https:…
RT @syurejii: 大塚久雄「産業革命の諸類型 : 社会の構造変革との関連において(大会報告)」『土地制度史学』9巻4号, 1967年, 56-67頁. https://t.co/YNHKA9AzoX
大塚久雄「産業革命の諸類型 : 社会の構造変革との関連において(大会報告)」『土地制度史学』9巻4号, 1967年, 56-67頁. https://t.co/YNHKA9AzoX
RT @syurejii: @mitteleu1867 たまたまツイートを拝見しました。以下の論文の中で、
@mitteleu1867 たまたまツイートを拝見しました。以下の論文の中で、
関口浩「折口信夫による産霊神解釈: その戦後神道論を参照して」『宗教研究』86巻3号, 2012年, pp.553-576. https://t.co/2AvrXTkfwL

144 0 0 0 OA 枕草子春曙抄

RT @tarareba722: 現在の古典文学書籍では当たり前である、この「本文+頭注+傍注」という表現手法は、季吟によるコロンブスの卵のような発想の大転換でした。『枕草子春曙抄』は残念ながら絶版となっていますが、昭和五年発刊の岩波書店版を国会図書館コレクションで見られます。…
@tos CiNii 論文 - 〔大塚久雄〕 山田理論と比較経済史学(<特集>故山田盛太郎先生追悼特集) https://t.co/YtlyfIJiPS #CiNii
@tos CiNii 論文 -  60年のあゆみ『歴史と経済』 https://t.co/ySj4x6hb2T #CiNii
@tos CiNii 論文 - 〔遅塚忠躬〕歴史理論(一九八九年の歴史学界 : 回顧と展望) https://t.co/rjs3hUjJci #CiNii
『[維新史料編纂会]講演速記録』1917年. https://t.co/TmGDkTm6C5 なぜ: 国会図書館(NDL)検索で「藩兵」を調べたら『維新史.第4巻』が出てきて、数頁目を通すと読みやすく、出版者でググって趣旨を把握した後、またNDL検索で同者の書籍一覧を眺めていると、『講演速記録』という表題に惹かれたから。
@tos CiNii 論文 -  『資本論』形成史における『哲学の貧困』 https://t.co/OuFfWvpiPB #CiNii
@tos CiNii 論文 -  グスタフ・シュモラーの重商主義論 https://t.co/B1KDWtYkpk #CiNii
@tos CiNii 論文 -  「ドイツ農村工業史--プロト工業化・地域・世界市場」馬場哲 https://t.co/JZ4InTXjsD #CiNii
@tos CiNii 論文 -  創刊のことば https://t.co/TY15SOm9kd #CiNii
@tos 馮天瑜「『封建』の概念の汎用化に関する史的考察」 https://t.co/vBdLkb1Qrj
@tos CiNii 論文 -  特集1 第9回東アジア人文学フォーラム「東アジアにおける人文学の復興」 日本の近代歴史学と概念化の問題 -「封建制」概念をめぐって- https://t.co/iRLaO38Hvb #CiNii
大塚を散々にコケおろしているが、その割に新書の中に見られると主張する「誤謬」や「再解釈」を具体的に説明しようとしない。「穰夷論」的「模倣」/「鹿鳴館」的「猿まね」 の類型にも妥当性を感じない。 CiNii 論文 -  歴史学の構造と理念--大塚久雄から上原專禄へ https://t.co/edFx4ascCl #CiNii
@tos CiNii 論文 -  日本における訳語「地政学」の定着過程に関する試論・補遺 2019年 https://t.co/iYwQrg4zCK #CiNii
RT @farewell_rabaul: 支那課官僚の役割(北岡伸一) https://t.co/YfrYuf8Ud6 日本陸軍の、いわゆる「支那通」に焦点を当てた論文。 「彼等が本当の意味で中国問題の専門家であったかどうかについては疑問も多い。中国専門家という言葉を使わず、…
CiNii 論文 -  近代経済学を基礎としたマルクス経済学 : 「マルクス派最適成長論」の挑戦 (経済学会シンポジウム : 経済学のフロンティア) https://t.co/WspVnCaBFZ #CiNii
RT @syurejii: CiNii 論文 -  歴史学の構造と理念--大塚久雄から上原專禄へ https://t.co/edFx4aJNtT #CiNii
CiNii 論文 -  60年のあゆみ https://t.co/ySj4x6hb2T #CiNii
CiNii 論文 -  歴史学の構造と理念--大塚久雄から上原專禄へ https://t.co/edFx4aJNtT #CiNii
J-STAGE Articles - 「二つの道」諭と『帝国主義論』 : レーニンの軍事的=封建的帝国主義規定との関連において https://t.co/jh6vj5ghA1
西川吉光「国防会議の設置と文民統制」『国際地域学研究』2001-04, pp.177-197. https://t.co/uwWdPpRmwU
J-STAGE Articles - 明治期以降における日米太平洋戦略の変遷 https://t.co/tlv4FQqcad
RT @syurejii: CiNii 論文 -  太平洋戦争後半期における戦争指導--陸軍の戦争終結構想を中心として https://t.co/Lr8JO6zuIg
RT @syurejii: CiNii 論文 -  戦争指導方針決定の構造--太平洋戦争時の日本を事例として https://t.co/KtRD927QLn #CiNii
RT @syurejii: CiNii 論文 -  太平洋戦争における日本の戦争指導 : 「世界情勢判断」を中心として (防衛研究所創立60周年記念特別号) https://t.co/M73SH0MqHd
CiNii 論文 -  日米開戦前の御前会議と帷幄上奏に関する書誌的研究 https://t.co/6TH6Ic6mcd #CiNii
CiNii 論文 -  太平洋戦争後半期における戦争指導--陸軍の戦争終結構想を中心として https://t.co/Lr8JO6zuIg
CiNii 論文 -  戦争指導方針決定の構造--太平洋戦争時の日本を事例として https://t.co/KtRD927QLn #CiNii
CiNii 論文 -  太平洋戦争における日本の戦争指導 : 「世界情勢判断」を中心として (防衛研究所創立60周年記念特別号) https://t.co/M73SH0MqHd
CiNii 論文 -  「戦史叢書」における陸海軍並立に関する一考察--「開戦経緯」を中心として https://t.co/Uk2lQSnZcG
CiNii 論文 -  「戦史叢書」における陸海軍並立に関する一考察--「開戦経緯」を中心として https://t.co/Uk2lQSnZcG #CiNii
CiNii 論文 -  戦後における自主国防路線と服部グループ:一九四七–五二年 https://t.co/rLfilyMImk https://t.co/OHz18BLiD6
【本文・内容要旨・審査結果要旨】 CiNii 博士論文 - 海洋領域における軍事戦略の変遷に関する比較研究 1980~2017年 : 領域拒否、SLOC 防衛/SLOC 妨害、戦力投射の観点から https://t.co/F4ViK6pym2 #CiNii
【内容要旨・審査結果要旨】 CiNii 博士論文 - 日米防衛協力体制と台湾の安全保障 https://t.co/Yi2kJafWK8 #CiNii
【内容要旨・審査結果要旨】 CiNii 博士論文 - 海洋国家における陸上戦力の役割と規模 : なぜ日本は陸上戦力を重視してきたか https://t.co/gERkeJC1v1 #CiNii
CiNii 博士論文 - 「巫女」の存立に関する史的研究 : 民俗学と歴史学からの考察 https://t.co/ue8yttRPj3 #CiNii
CiNii 論文 -  佐藤鐵太郎の国防思想の形成 : 『帝国国防論』(1902年)をめぐって (東アジアの思想と構造) https://t.co/PHWv7GYYoC #CiNii
宮本悟「韓国のミサイル開発 -- 自主国防と韓米軍事同盟の摩擦」『アジア経済』第43巻第6号、2002年6月、2-14頁. https://t.co/Cgi08isMKE
竹内哲「社会科学方法論をめぐる現状について」『科学哲学』13巻, 1980年, 35-48頁. https://t.co/2wQ1Kr2yB1
大森真紀「イギリス工場法・工場監督制度研究の歩み(上)」『早稲田社会科学研究』57, 1998-10, pp.147-162. https://t.co/BBgaUUjX20

1 0 0 0 OA 史学概論

今井登志喜『史学概論: 第1分冊』 東京プリント刊行会, 1935. 読了。 https://t.co/sOt3f3AQTU 東京帝国大学の講義を書籍化したもので、第1分冊では史学方法論である「史料学」「史料批判」「総括」の前二つを解説している。残念ながら、「史料批判」の内容が外的批判のみで終わっている。 https://t.co/z9Qn1rxhnG

2 0 0 0 OA 大戦学理

@g105633 森鴎外『大戦学理』←戦争論翻訳 も一応あります。俺は読んでないですけど。 https://t.co/DpzHjPPg03
RT @BARSERGA: ざざっと探す。 明治以降の地図帳からどう変化したかを追いかけたもの。 「明治期以降における外国国名の呼称変遷について」西 脇 保 幸 https://t.co/pnJtIuqx93

1 0 0 0 OA 史学研究法

坪井九馬三『史学研究法』早稲田大学出版部 https://t.co/9WbzWKFoGd

1 0 0 0 OA 史学概論

野々村戒三『史学概論』早稲田大学出版部 https://t.co/sgqifCEaHh https://t.co/sR7RlVPBHF https://t.co/i2lLUF4Rwk

1 0 0 0 OA 史学概論

今井登志喜『史学概論: 第3分冊 』 https://t.co/Mqs1j80hSj

1 0 0 0 OA 史学概論

今井登志喜『史学概論: 第2分冊』 https://t.co/6rCqCaOKJc

1 0 0 0 OA 史学概論

今井登志喜『史学概論: 第1分冊』 https://t.co/sOt3f3AQTU 国立国会図書館デジタルライブラリーで面白い書籍を見つけた。
@ake8901 昭和4年 軍事講話教本 https://t.co/PMufzIharr 大正2年 通俗教育軍事講話 https://t.co/BXN0ERelsk 昭和2年 帝国海軍一般 https://t.co/lQA8EPj2QR
@ake8901 昭和4年 軍事講話教本 https://t.co/PMufzIharr 大正2年 通俗教育軍事講話 https://t.co/BXN0ERelsk 昭和2年 帝国海軍一般 https://t.co/lQA8EPj2QR
@ake8901 昭和4年 軍事講話教本 https://t.co/PMufzIharr 大正2年 通俗教育軍事講話 https://t.co/BXN0ERelsk 昭和2年 帝国海軍一般 https://t.co/lQA8EPj2QR

15 0 0 0 研修資料

RT @napalm240: 複写ネタその2:1955年に防衛研修所(防研の前身)が出した「研修資料」に原乙未生氏の書いた記事が2本載ってるんだが、その内の「軍の裝甲化」の内容が少々興味深い https://t.co/XNa1wqniMe
RT @syurejii: 柴山太(2008)「戦後における自主国防路線と服部グループ一九四七―五二年」『国際政治』2008巻 154 号pp.46-61 日本国際政治学会 https://t.co/rP0QxasEes https://t.co/Vt33dX6pvk http…
柴山太(2008)「戦後における自主国防路線と服部グループ一九四七―五二年」『国際政治』2008巻 154 号pp.46-61 日本国際政治学会 https://t.co/rP0QxasEes https://t.co/Vt33dX6pvk https://t.co/L0aSWwwomk https://t.co/ThwbnPhkK1
RT @THABOS47747375: おまけ:技本50年史は↓の国立国会図書館のリンク先に各PDFがあるのでそちらをダウンロードしてどうぞ https://t.co/RUzVGTIytJ

2 0 0 0 OA 竹取物語

国立国会図書館デジタルコレクションでは竹取物語の現代訳(大正~昭和)が複数公開されてるからスラスラ読める。お薦め。岩波文庫版は古文そのまま載せてるだけだからな。 土屋孤城 訳 新訳竹取物語 大正4 https://t.co/A4X7VI3ozN 藤井乙男, 原田恭助 竹取物語 大正10 https://t.co/LsXv2pv2ph

1 0 0 0 OA 新訳竹取物語

国立国会図書館デジタルコレクションでは竹取物語の現代訳(大正~昭和)が複数公開されてるからスラスラ読める。お薦め。岩波文庫版は古文そのまま載せてるだけだからな。 土屋孤城 訳 新訳竹取物語 大正4 https://t.co/A4X7VI3ozN 藤井乙男, 原田恭助 竹取物語 大正10 https://t.co/LsXv2pv2ph
維摩経 : 口語全訳 を一応一通り読んだ。意味分からん。 https://t.co/2xnSaOmg31 https://t.co/QbvvSMXjVJ
RT @keenedge1999: J/ALQ-7の開発時は丁度、三宿通いをしている時期でしたが、結構話題になっていたと思います。当時、会社で購読していた「防衛調達と情報管理」で以下の論文を読んだ記憶があります。 https://t.co/h4BEgNwF66 https:/…

お気に入り一覧(最新100件)

PDFあり。 ⇒田野村忠温 「ドイツ国名「独逸」成立の過程とその背景 社会的条件と日本語における音訳語の特異性」 『東アジア文化交渉研究』第13号(2020-3) https://t.co/wsYpWhBvnN
授業準備のため、柿本昭人「見市雅俊著『コレラの世界史』」『史学雑誌』104編1号(1995年)111-117頁(https://t.co/O8fM6TRjZj)を再読中。 「擬人化され、実体化された「コレラ」。この言挙げを可能にしているディスクールが問題」(116頁)との指摘は、今の状況でこそ重く受け止めるべきだろう。
科学的にはほとんど意味がなく、世界でも日本ぐらいしかやらなかった「全頭検査」を、何故日本の消費者は安全に一番有効な対策と認知したのか、そこには新聞報道とある程度の相関が見られるという研究。 https://t.co/78rUxxA5yt (PDF)
支那課官僚の役割(北岡伸一) https://t.co/YfrYuf8Ud6 日本陸軍の、いわゆる「支那通」に焦点を当てた論文。 「彼等が本当の意味で中国問題の専門家であったかどうかについては疑問も多い。中国専門家という言葉を使わず、 やや問題のある支那通という言葉を使うのはそのためである」シビアですね。
第2次世界大戦中の日本軍のタイ国内での展開② 後方から前線へ(上・下) https://t.co/icol03D5wD https://t.co/4O7mLM3d0E 面白そうな論文を見つけたので、後で読む。(「機関リポジトリ」から閲覧可)
第2次世界大戦中の日本軍のタイ国内での展開② 後方から前線へ(上・下) https://t.co/icol03D5wD https://t.co/4O7mLM3d0E 面白そうな論文を見つけたので、後で読む。(「機関リポジトリ」から閲覧可)
おまけ:技本50年史は↓の国立国会図書館のリンク先に各PDFがあるのでそちらをダウンロードしてどうぞ https://t.co/RUzVGTIytJ
J/ALQ-7の開発時は丁度、三宿通いをしている時期でしたが、結構話題になっていたと思います。当時、会社で購読していた「防衛調達と情報管理」で以下の論文を読んだ記憶があります。 https://t.co/h4BEgNwF66 https://t.co/xdExNpSjsI

15 0 0 0 研修資料

複写ネタその2:1955年に防衛研修所(防研の前身)が出した「研修資料」に原乙未生氏の書いた記事が2本載ってるんだが、その内の「軍の裝甲化」の内容が少々興味深い https://t.co/XNa1wqniMe

フォロー(959ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @agamepoke: 習近平が評価されたのは、福建省長時代の台湾政策が優れているといわれたからです。 沖縄の言葉は福建省の方言って広めた中国人もいたなぁ。 習近平の福建省在任時期における外交政策の原像と対台湾政策 https://t.co/10vA3rG0TR 沖…
炭化水素ロケット燃焼器の高圧燃焼 https://t.co/u7HTHk6fED
高圧炭化水素ロケット燃焼器の冷却https://t.co/25YkXuIdTQ
RT @Hana_3978: https://t.co/FXP7rAhpae https://t.co/BaJVQnpdyS 防技ジャーナル2019年1月号から、適応制御型高速ネットワーク技術の研究では42GHz帯ミリ波を利用していると 事前の事業評価では "晴天時の伝送距離3…
RT @Hana_3978: https://t.co/FXP7rAhpae https://t.co/BaJVQnpdyS 防技ジャーナル2019年1月号から、適応制御型高速ネットワーク技術の研究では42GHz帯ミリ波を利用していると 事前の事業評価では "晴天時の伝送距離3…
RT @Hana_3978: https://t.co/FXP7rAhpae https://t.co/BaJVQnpdyS 防技ジャーナル2019年1月号から、適応制御型高速ネットワーク技術の研究では42GHz帯ミリ波を利用していると 事前の事業評価では "晴天時の伝送距離3…
J-STAGE Articles - 「自由」なメディアの陥穽:有権者の選好に基づくもうひとつの選択的接触 https://t.co/bXAt0wmLhf
RT @Hana_3978: https://t.co/2fNdZi8VvV "「中距離」という対空誘導弾に付される射距離に準拠した名称を付していることも、従来からの装備構想における発想の変化を表していて興味深い。 中多の運用についても、地対空誘導弾に似たものになっている。"…
RT @Hana_3978: https://t.co/2fNdZi8VvV "「中距離」という対空誘導弾に付される射距離に準拠した名称を付していることも、従来からの装備構想における発想の変化を表していて興味深い。 中多の運用についても、地対空誘導弾に似たものになっている。"…
RT @kururu1992: @asst_lab 食品添加物である青色一号(ブリリアントブルーFCF)はタンパク質染色試薬であるCBBと構造が似ており、いくつかのタンパク質に吸着することが知られているようです[1] こしあんにもくっつくとかw[2] [1]https://t.…

フォロワー(190ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @schrift_sprache: A good starting point is Mineya Tōru's 三根谷徹 1972 越南漢字音の研究. On pp. 16-18 he refers to Nanjō 南条 / Takakusu 高楠 1903 仏領印度支…
RT @Hana_3978: https://t.co/FXP7rAhpae https://t.co/BaJVQnpdyS 防技ジャーナル2019年1月号から、適応制御型高速ネットワーク技術の研究では42GHz帯ミリ波を利用していると 事前の事業評価では "晴天時の伝送距離3…
RT @Hana_3978: https://t.co/FXP7rAhpae https://t.co/BaJVQnpdyS 防技ジャーナル2019年1月号から、適応制御型高速ネットワーク技術の研究では42GHz帯ミリ波を利用していると 事前の事業評価では "晴天時の伝送距離3…
J-STAGE Articles - 「自由」なメディアの陥穽:有権者の選好に基づくもうひとつの選択的接触 https://t.co/bXAt0wmLhf
RT @Hana_3978: https://t.co/2fNdZi8VvV "「中距離」という対空誘導弾に付される射距離に準拠した名称を付していることも、従来からの装備構想における発想の変化を表していて興味深い。 中多の運用についても、地対空誘導弾に似たものになっている。"…