エバタケンジ (@tagomago712)

投稿一覧(最新100件)

池尾愛子『K. ヴィクセルの経済学とその歴史的背景』 https://t.co/MzMlUujwYp
J-STAGE Articles - 危機対応としてのECBの金融政策 https://t.co/zU68BgyUJI
CiNii 論文 -  財政--財政法の変遷と学説 https://t.co/36doBxlrk8 #CiNii
大畠重衛『金融政策論の難点一一所謂「貨幣乗数アプローチ」と「日銀理論」の比較から一一』 https://t.co/coByQrrx95 #金融政策 #金融調節 #日銀理論
椙本歩美『戦争体験の語り部になる 秋田市「語り部の会」設立者のオーラル・ヒストリー』 https://t.co/1yhJlWxIkY
中島圭一『西と東の永楽銭』(石井進編『中世の村と流通』吉川弘文館, 1992年に収録) #日本貨幣史 https://t.co/mzaQLXAlbi
桜井英治『割符に関する考察 : 日本中世における為替手形の性格をめぐって』 https://t.co/BDecHFqfH7  #日本貨幣史
水鳥川和夫『中世西日本における使用升の容積と標準升』 https://t.co/xq1SjJXPaB #日本貨幣史
結構重要な論文 早島大祐『信長の畿内支配ー日本近世の黎明』 https://t.co/QqOs3BVHX7 #日本貨幣史
アメリカの1946年雇用法について調べてたら、こんなのを見つけた。 牧野裕『合衆国『1946年雇用法の成立について』 https://t.co/TsIFpuoI2X
RT @masterguchi: ダンロップ=ターシス批判についても含めて/実質賃金と名目賃金をめぐるケインズとニューケインジアンの議論 時政 勗,大槻 智彦 2014 https://t.co/64KhOYv2YD #経論 #経論雇用
【自分用メモ】藤田寛「元禄期幕府財政の新史料 : 「貞享三年御入用払高積書」・元禄七年「御蔵入高並御物成元払積書」について」 https://t.co/kjNXZMfdIm
ネットリフレ派に蛇蝎のごとく嫌われている新井白石の貨幣政策の論文。 CiNii 論文 -  新井白石の貨幣政策論 : 「白石建議」を読む https://t.co/03xt7cRq3E #CiNii
古い論文を見つけた。 ナカイ ケイト W., 中井 義幸『新井白石自筆「荻原重秀弾劾書」草稿』 https://t.co/klgjc1alz6
RT @evil_empire1982: この辺を見ても、我々ほどではないにせよ、当時の上流階級の人たちは、経済を自立的な領域として認識しつつあるのが伺える。まぁそういう訳で政治権力が経済を基礎づけるみたいな発想での取り締まりは在り得ない訳だな。> 『玉塵抄』にみる戦国期日本の…
『近世貨幣経済のダイナミズム』/ 岩崎勝 https://t.co/ADGXnR62Tn
軍司裕昭『わが室町期における私鋳銭』 https://t.co/nMgrEIXXoG
RT @Muroi_Misaki: CiNii 論文 -  国立銀行の設立と銀行簿記 : シャンド・システムの形成過程に関する一考察 (第31回全国大会) -- (統一論題報告 明治期殖産興業政策と洋式簿記の導入) https://t.co/J7M0xxhmQw
ヴァルター・オイケンとオルド自由主義の経済政策 / 黒川洋行 https://t.co/TXF10BN5EY
RT @masterguchi: ハンガリーにおけるパブリック・ワークの現状と課題 柳原剛司 2016 https://t.co/WsY79jiUlv #経論 #経論財政 #経論JGP #経論MMT
RT @iida_yasuyuki: @tagomago712 https://t.co/Mlm3Imc10B https://t.co/yg5w9EHYlo
RT @evil_empire1982: @tagomago712 @AmazonJP そういえば昨日、これをチラ見してたのだけど、そもそも@tagomago712さんの関心事に対してデータが圧倒的に足りない予感。 >CiNii 論文 - 徳川時代の銭貨在高 (名城邦夫教授…
服部英雄先生 日本中世国家の貨幣発行権 / 服部英雄 https://t.co/EY088puzJQ
信用貨幣論と表券貨幣論に関する断章 / 結城剛志 https://t.co/OWoS3Qi5Pg
鎮目先生、なにやらおもしろそうな研究をやってるようで。高木久史先生が共同研究してた。 https://t.co/UCBTbiCpLu
ケインズ『一般理論』における貨幣賃金率・実質賃金率の変化と雇用量 / 吉原千鶴 https://t.co/4v6m9NIx9G
@Economy4Nation というわけで色々と調べてるわけですよ。 https://t.co/YiSX6lG0W6
戦前にも実質賃金批判がどうたらとかが話題になってたので改めて論文探したが、思ってたより長い.... 「高橋是清の財政・金融政策」の再々評価―大不況下の失業救済をめぐって / 続橋孝行 https://t.co/5WbgHYxJDq
@gannbattemasenn 紀要だけど、比較的新しいやつでこれとか(未読) https://t.co/0B3R6CKXya
@gannbattemasenn どーなんですかね? カナダだけどヒース辺りが議論してそうな話題ではある。ぐぐってたらなんか日本人研究者の論文があった。(未読)20年前の論文で相当古い論文だけど https://t.co/YM4ywK0Hlh
二度寝するとヤバイので読む。 小林衆統 『戦後日本の高度経済成長期における金融規制と「人為的低金利政策」』 https://t.co/2sOMRFOD4x
古いけど、これも。こっちの方がわかりやすいかも マクロ経済学の新機軸 : ローマーモデル / 兵藤隆 https://t.co/e8lTiqBY2B
【翻訳】IS─MP,総需要,総供給 / 永冨隆司 https://t.co/P0daOhOquP O. Olsson 『Essentials of Advanced Macroeconomic Theory』の一部翻訳。ジョーンズ… https://t.co/N5M4hlPGlj
日本における地政学思想の展開:戦前地政学に見る萌芽と危険性 / 佐藤健 https://t.co/8Qw9ufmfk5
銀行簿記に興味ある人はこちらも参照するとさらに理解が進むだろう。 現代信用貨幣制度と貨幣供給プロセス / 守山昭男 https://t.co/zJucDMANdZ
時間の無駄だからネットリフレ派はほっておこう。それよりこれ読むか。昨日からチマチマ読んでるがおもしろい。高度成長期で「人為的低金利政策」が行なわれたかを検証してた。 戦後日本の高度経済成長期における金融規制と「人為的低金利政策」/… https://t.co/cPOiT1LzLM
週末に読む 戦後日本の高度経済成長期における金融規制と「人為的低金利政策」 / 小村衆統 https://t.co/2sOMRFOD4x

お気に入り一覧(最新100件)

負の所得税ではなく、限定された対象に対する社会保障制度の一環かな。詳しくは上記を。元々は如何にもオーストラリア的な状況から制度が作られて、特定の地域限定だったものが全土に拡大され対象も拡大。仕組みも面白くて、その辺の事情はちょい古… https://t.co/e4I9acAp7N
石橋湛山の経済理論 布施豪嗣 2019 https://t.co/tzLkFlxF82 #経論 #経論リフレ #経論財政 #経論金融
ティモワーニュの金融論テキストが優れているのは一貫してバランスシートを説明の主軸に据えていること。建部先生がお書きになってるように簿記会計と金融は相性がいい、というかほとんどイコールなんじゃねーのと思いますけども。… https://t.co/yfS9wCc6x0
この辺を見ても、我々ほどではないにせよ、当時の上流階級の人たちは、経済を自立的な領域として認識しつつあるのが伺える。まぁそういう訳で政治権力が経済を基礎づけるみたいな発想での取り締まりは在り得ない訳だな。> 『玉塵抄』にみる戦国期… https://t.co/GSuHOK3pTd
少し前ですが、私も中国経済の台頭という文脈の中で「今、村上泰亮を論じる意義」について論じたことがあります。「中国の経済成長と『分散型の開発体制』」https://t.co/g5IDiIYCQO / “対談=稲葉振一郎×金子良事 …” https://t.co/7qSFofAhx8
哲学的貨幣論でもある。新制度学派の某大家はサール寄りなんだけど、私はこっちの説明の方が気に入っている。> CiNii 論文 -  制度的対象の特別視をやめる https://t.co/rpKmsaLKMX #CiNii

フォロー(215ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @BungakuReportRS: 副島 美由紀 -  俳諧紀行と自殺願望の国で:『松島』: マリオン・ポッシュマンによる新たな日本旅行記 ※日本語論文です。 https://t.co/JB5en3844a
RT @BungakuReportRS: 青柳 明佳・篠原 泰彦 - 人文科学系データベースにおけるユーザビリティの検証――Google Chrome 拡張機能を用いた取り組み―― - 国文学研究資料館学術情報リポジトリ https://t.co/2OgMliZGKs
RT @BungakuReportRS: 木場貴俊 - <研究ノート>国際日本文化研究センター所蔵『諸国妖怪図巻』をめぐって : いわゆる「化物尽くし絵巻」に関する一考察 - 国際日本文化研究センター学術リポジトリ https://t.co/0oKnuMBKQV

5 5 5 2 OA 口絵

RT @BungakuReportRS: カラー口絵『妖怪四季風俗絵巻』(解説・木場貴俊) - 国際日本文化研究センター学術リポジトリ https://t.co/R75DIQbIIU
RT @ropcb08: [PDF] Issue Brief 町村議会議員のなり手不足 福田 健志(国立国会図書館) / https://t.co/jzIO6MVeGu
RT @unowen1848: 今回のお話の内容については、山田康弘先生のこの研究ノートがジャストミートな解説になるかと思う。誰でも見れますぜ。 https://t.co/takb3xNy7m
西山暁義「外国史教育における複眼的史料集の可能性 : ドイツの歴史教育と近現代史の例から考える」https://t.co/Do0P6Fq1Wl ざっと見たけどこれは興味深い。より多くの立場の人の考えを史料から理解しようとするドイツ… https://t.co/X9GVIa2ldr
RT @takuya1975: 「歴史総合」や「考える世界史」、ALでの史料の利用などに関心のあるすべての関係者(とくに高校教員・大学の西洋史研究者)に読んでいただきたい論文です。 西山暁義「外国史教育における複眼的史料集の可能性 : ドイツの歴史教育と近現代史の例から考える」…

27 8 7 0 OA 貨幣国定学説

RT @monopole0001: 貨幣国定学説 https://t.co/UGKvbMxkQW クナップの『The state theory of money』ですが、国立国会図書館デジタルコレクションで、翻訳本が無料で読めます。当時は『貨幣国定学説』と訳され、出版されてい…
RT @Minemori_H: 今日公開された木場貴俊センセイの「<研究ノート>国際日本文化研究センター所蔵『諸国妖怪図巻』をめぐって : いわゆる「化物尽くし絵巻」に関する一考察」をほくほくしながら見ています。知らない妖怪がぞろぞろ出てくる!! https://t.co/6n…
RT @quiriu_pino: #こんな論文がありました pdfで本文公開。土豪による軍記物創造、系図作成について。 青山 幹哉「尾張国津島の大橋氏における家系伝説創造と「浪合記」・「大橋記」」 アカデミア. 文学・語学編(105), 236-262, 2019-01-31…
鎮目 雅人 世界恐慌と経済政策 : 『開放小国』日本の経験と現代https://t.co/CYzXKvZT9O 著作の要約報告
RT @BungakuReportRS: 三浦 誉史加 -  少女雑誌におけるシェイクスピアと宝塚少女歌劇―坪内士行を中心に― https://t.co/gyDo6GegGs
RT @BungakuReportRS: 横田 隆志 -  藁しべ長者と大柑子 : 『今昔物語集』巻十六第28話を読む(2) https://t.co/8mrrbeT8ma
RT @BungakuReportRS: 張 宇飛 -  魯迅の「摩羅詩力説」材源の新発見 : ロシア作家コロレンコについて https://t.co/4mHYn4d2jP
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 隕石・彗星内ハビタブルゾーン(パンスペルミアの方舟)(長沼 毅ほか),2005 https://t.co/UbReV1qyV0
@taichinakaj 「政府がお金をいくら出しても財政に問題はない」 かわいいお子様たちが共有する初心者セットを置いていきます。 https://t.co/vdObHscz13 https://t.co/bMmWlj41vf… https://t.co/QlkAhOahRq
RT @BungakuReportRS: 大島 明秀 -  志筑忠雄の所用印ともう一つの字(あざな) https://t.co/PtVKRwcnXO
RT @BungakuReportRS: 田中 敏生 -  半井本『保元物語』の副助詞ダニ(附・サヘ)―中世軍記物語における〈相対的軽少性〉の意義の一確認― https://t.co/8fMH2QCHwi
RT @ropcb08: [PDF] レファレンス 地方法人課税の地域間税率格差―東京都内の自治体の税率はなぜ高いのか 深澤 映司(国立国会図書館) / https://t.co/lcBNSgCimh
RT @komiya_aoyama: 小宮京は「『nicola』小史 チャイドルからニコ㋲へ」『史友』52号(2020年3月)を寄稿しました。ゲラを見たとある先生から「これはいいのかと思った」とのコメントを頂きました。昨年の「問題作」こと、読モ論文(https://t.co/C…
RT @BungakuReport: 旧満洲国における国語教育営為 ―郷土教育の視点から― 池田 匡史, 黒川 麻実 https://t.co/e168CrKn3I
RT @quiriu_pino: #こんな論文がありました 渡邊 浩貴「中世都市鎌倉と地下楽家中原氏 : 中原有安・景安・光氏の系譜と活動を中心に」 神奈川県立博物館研究報告. 人文科学 (46), 1-22, 2019 https://t.co/X1prLmeedF
RT @SciCafeShizuoka: @magaki_aria この論文によると、人が堪えられる濃度の二酸化塩素では感染リスクの低下はほとんど望めないそうで… 「低濃度二酸化塩素による空中浮遊インフルエンザウイルスの制御 : ウイルス失活効果の湿度依存性」 西村 秀一 他、…
@magaki_aria この論文によると、人が堪えられる濃度の二酸化塩素では感染リスクの低下はほとんど望めないそうで… 「低濃度二酸化塩素による空中浮遊インフルエンザウイルスの制御 : ウイルス失活効果の湿度依存性」 西村 秀一… https://t.co/vgAHP0JynK
RT @shoemaker_levy: 同じ著者の研究で、大正期東京の伝統的システムを利用した屎尿処理が一定の成果をもたらしたことを示し、イギリス型の大規模インフラ整備だけが公衆衛生状況改善成功の「唯一の」モデルではないことを示したのが永島(2011)だったかと思います。 ht…
RT @shoemaker_levy: むしろこうした研究こそが、貧困・差別と疾病を過度に関連付けてきたのではないのかという反省があります。それを認識させた研究の一例が大正期東京の上下水道問題と腸チフス流行を論じた永島剛(2005)ではないかと。 https://t.co/jh…

フォロワー(625ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @animalsPEACEnet: 志村けんの笑顔に嘘はなくても、パンくんの表情には嘘の字幕がついていました。調教師の指示による動作に「たのしー」とか、無表情なのに「最高!」とか。恐怖・不安・不満もよく見られた。 論文➡️ショーやテレビに出演するチンパンジー・パンくんの…
RT @ropcb08: [PDF] Issue Brief 町村議会議員のなり手不足 福田 健志(国立国会図書館) / https://t.co/jzIO6MVeGu

27 8 7 0 OA 貨幣国定学説

RT @monopole0001: 貨幣国定学説 https://t.co/UGKvbMxkQW クナップの『The state theory of money』ですが、国立国会図書館デジタルコレクションで、翻訳本が無料で読めます。当時は『貨幣国定学説』と訳され、出版されてい…
鎮目 雅人 世界恐慌と経済政策 : 『開放小国』日本の経験と現代https://t.co/CYzXKvZT9O 著作の要約報告
RT @univ00009: 戦乱の時代になればなるほど筋肉質な戦闘的男性がモテるってのは有名だと思うけど、その結果そういう男性に選ばれる為に女性は化粧に特化し女性の地位が相対的に低下する、逆に平和の時代は女性の地位が向上し選ぶ側に回るから男も選ばれる様に化粧するようになるって…
RT @cargojp: @taichinakaj 「政府がお金をいくら出しても財政に問題はない」 かわいいお子様たちが共有する初心者セットを置いていきます。 https://t.co/vdObHscz13 https://t.co/bMmWlj41vf https://t.c…
RT @ropcb08: [PDF] レファレンス 地方法人課税の地域間税率格差―東京都内の自治体の税率はなぜ高いのか 深澤 映司(国立国会図書館) / https://t.co/lcBNSgCimh
RT @shoemaker_levy: 同じ著者の研究で、大正期東京の伝統的システムを利用した屎尿処理が一定の成果をもたらしたことを示し、イギリス型の大規模インフラ整備だけが公衆衛生状況改善成功の「唯一の」モデルではないことを示したのが永島(2011)だったかと思います。 ht…
RT @shoemaker_levy: むしろこうした研究こそが、貧困・差別と疾病を過度に関連付けてきたのではないのかという反省があります。それを認識させた研究の一例が大正期東京の上下水道問題と腸チフス流行を論じた永島剛(2005)ではないかと。 https://t.co/jh…