杉浦太紀 (@taiyakiPT)

投稿一覧(最新100件)

「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン 2015」では、転倒・骨折のリスクのため高齢者へのベンゾジアゼピン系睡眠薬の使用は推奨していない。 非ベンゾジアゼピン系睡眠薬についても漫然と使用せず、少量の使用に止めるなどの対応が必要。 https://t.co/qbUHmPqN0q
高齢者において畳では他の床 材と比較して、老人性歩行の特徴であるすり足・ 小股歩行の傾向が弱まり、つまずきによる転倒の リスクが低下すると考えられる。 https://t.co/BWxcgpxP3h
RT @xfPxV9ohTjKb69R: 当施設ではリハビリ中止基準を、アンダーソン土肥の基準を使っているが、 リハビリテーション医学会の基準の方が良さそうだな。 https://t.co/MOHJKBmSbT https://t.co/xxrLnY3SHI

お気に入り一覧(最新100件)

内容は読んでいませんが,ポスターのデザインがふざけていてとても良いと思いました. 第32回大阪府理学療法学術大会/訪問リハビリテーション事業と理学療法部門運営における地域課題を踏まえた分析と考察 https://t.co/EpudeS5m1I @syu5o #OPTA32
協会の理学療法の基礎知識でもこの臨床能力がUPされていた 臨床能力マトリックス https://t.co/IRp44jdQRe
こういう発想いいな! そろそろ、写真印刷依頼のアナログな方法から逸脱したい。 住環境の把握に向けた Virtual Reality の活用 https://t.co/9AEw1nsqVU
@Fujimoto_Marty 私の知っているのはこれですが、 他にもあるかもしれません。 https://t.co/Vz13dn9zmM
産業保健分野における理学療法の現状と展望 https://t.co/ECXIuY4EEN

フォロー(354ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @HideWakabayashi: 老嚥presbyphagiaの明確な診断基準は、現時点ではありません。高齢者でEAT-10で1-2点の場合や、3点以上だけど嚥下障害ではない場合には、老嚥が疑われると思います。病識がない場合には0点でも老嚥や嚥下障害のこともあります。老…
森林浴でのウォーキングがストレス解消に向いているみたい。 林歩きがオススメです! https://t.co/ILgLtOVWSH
骨盤後傾が強いと、前方の骨頭被覆率 の減少が認められた。 https://t.co/qMzHr69YIU よく聞く話だが、この状態だとOAに進行する可能性もある。 また、このままだと安定性を代償出来る、出来てしまう「骨格筋」が負担を負う羽目になるので、いずれは疼痛に繋がったりする。 https://t.co/ALbf5zikPq
RT @yutaroren: 9月に採択された論文が掲載されました。「建築デザインの共有資源化の方法とその開発プロセスのモデル化−モクチンレシピを事例として−」日本建築学会技術報告集。モクチンレシピの生成・進化・淘汰の開発プロセスをモデル化しました。https://t.co/3…

フォロワー(1035ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

痛みに対する破局的思考が強い脊椎圧迫骨折患者への成功体験を強調した介入 読んでから寝ます https://t.co/ugFl0G8Udj
RT @HideWakabayashi: 老嚥presbyphagiaの明確な診断基準は、現時点ではありません。高齢者でEAT-10で1-2点の場合や、3点以上だけど嚥下障害ではない場合には、老嚥が疑われると思います。病識がない場合には0点でも老嚥や嚥下障害のこともあります。老…
老嚥presbyphagiaの明確な診断基準は、現時点ではありません。高齢者でEAT-10で1-2点の場合や、3点以上だけど嚥下障害ではない場合には、老嚥が疑われると思います。病識がない場合には0点でも老嚥や嚥下障害のこともあります。老嚥の診断基準作りも研究テーマになりますね。 https://t.co/3KMNyymA0F https://t.co/57v6Ied8yz
骨盤後傾が強いと、前方の骨頭被覆率 の減少が認められた。 https://t.co/qMzHr69YIU よく聞く話だが、この状態だとOAに進行する可能性もある。 また、このままだと安定性を代償出来る、出来てしまう「骨格筋」が負担を負う羽目になるので、いずれは疼痛に繋がったりする。 https://t.co/ALbf5zikPq