takehikom (@takehikom)

投稿一覧(最新100件)

“ハゲタカオープンアクセス出版社への警戒” https://t.co/YUlqOyIusD
“良い研究をするには : ウェットラボとドライラボの違い” https://t.co/RzN7by3GH8
宇野・佐藤(2016) https://t.co/oNwmzhuBw5 の「T:うさぎが4ひきいます。耳はぜんぶで何本?」から始まるやりとり。何故おかしいかを説明しているのは先生ではなく子どもたち

10 0 0 0 OA 新式算術教科書

把握している限りで最も古いのは、明治44年に出版された高木貞治『新式算術教科書』です。該当箇所は https://t.co/AR7cozl99s で、最初に取り上げられたのは https://t.co/Ui5cQljPvz になります
“教科書Linked Open Data(LOD)の構築と公開” https://t.co/PRQGhDw4ca
“日本教科教育学会誌 6(1), 43-53, 1981” / “CiNii 論文 -  中学校理科教科書における「一定」,「同じ」,「等しい」のような用語の使われ方” https://t.co/cT4JnbBEv4
まずは https://t.co/7Okm0u9OxF のPDF。参考文献(注釈込み)の9)には「アメリカでは,乗数を先にかくとのべたが,最近では,わが国の場合のように,乗数をあとにかく方法(乗数をoperatorとしてみる場合に統一的にでき便利である)をかなり取り入れる
Q:吉田氏で読んだのは1冊だけ? A:「インフォーマルな知識を基にした教授介入 : 割合の概念の場合」を、https://t.co/BN6C4WX6D4 のJ-STAGE経由で入手し読みました。以下この文献を吉田・河野(2003)、先ほどの本を吉田(2003)と書きます
で式で表せる文章題は考えなくてもいいんじゃないの、「いくつ分×一つ分の数=一つ分の数×いくつ分」なんだから、ということです。昨年出た教育工学の論文で、「乗算については交換法則が成り立つため」を根拠にテストの問題数を減らしています https://t.co/ckCqZAtzuu
Q:日本で「子どもが数量を設定して、a×bとb×aの違いを発表」する授業はあるの? A:先生が「うさぎが4ひきいます。耳はぜんぶで何本?」のあと、4×2と2×4の式を書き、子どもたちから4×2はおかしいという発言を引き出す授業があ… https://t.co/AeY3UNoQFZ
また別の、交換法則の使われ方が、昨年、電子情報通信学会の論文に入っています。https://t.co/ckCqZAtzuu の文献で、評価用のテストの準備にあたり、
「乗法の意味の拡張」の経緯を知るには1968年に出された文献が必読です https://t.co/7Okm0u9OxF この文献には、かけ算の表記の順序についても少し書かれています
情報処理学会論文誌に、共著論文「訓点資料を対象とした翻刻支援システムの構築」が掲載されました https://t.co/M06n3l2uce 共著の先生・修了生にもメールを送りました
正解・不正解とは別に、子どもたちが行う配り方(配分方略)に関する学術文献として https://t.co/0gahlp1LkO のものはオープンアクセスになっています。https://t.co/YVXLQ08w7v の後半で取り上げています

10 0 0 0 OA 新式算術教科書

トランプ配り(名称ではなくその操作)について、古くは高木貞治『新式算術教科書』(明治44年)に記載があります https://t.co/Ui5cQljPvz https://t.co/AR7cozl99s

9 0 0 0 OA 論文の書き方

“論文の書き方―査読者との対話としての投稿―” https://t.co/dyI1wJnMRM #研究
“割合の問題解決における方略分析” https://t.co/IuRgl1uGFJ #算数
“もじぴったんのNP完全性” https://t.co/XPn0UPRNsI
“CiNii 論文 -  縮小盤オセロにおける完全解析” https://t.co/33kvCSPV18
小学校学習指導要領解説算数編は、算数教育の論文などの参考文献で見かけることがあります。今年読んだ、電子情報通信学会の論文(教育工学)にも入っています https://t.co/ckCqZAtzuu
明治時代の出版物で、もう一つ、国定準拠尋常小学算術書. 第3学年 児童用 https://t.co/r64heWBhCb にアクセスすると、加減乗除の式がありまして、すべて無名数の式のほか、加減算ではどの項にも同じ単位がついた式(600銭+40銭など)が見られ、
その性質は、国デジより読める1902年の「女子算術教科書」にも書かれています。https://t.co/IeqFFNaBMh の「59. 乗法において,被乗数は,名数なるを得れども,乗数はつねに無名数にして決して名数なることできずしかしてその積は被乗数と同じ名数なり」です
古い日本の状況に視点を移すとなると、塚本明毅の『筆算訓蒙』からでしょうか。明治2年(1869年)です。原文のかわりに、須田勝彦「明治初期算術教科書の自然数指導」 https://t.co/UfnUbEU0TE より、主要部を取り出すと、
Greerの文献は、電子媒体入手困難かと思います。それを引用した、小原豊「小学校児童による有理数の乗法における乗数効果の分析」 https://t.co/BeypoKw5rA はオープンアクセスで読めます
「乗法の意味の指導について」 https://t.co/ucuTtm3fri と「乗法の意味についての論争と問題点についての考察」 https://t.co/F8tL3vcSig が真っ先に思い浮かびます
「乗法の意味の指導について」 https://t.co/ucuTtm3fri と「乗法の意味についての論争と問題点についての考察」 https://t.co/F8tL3vcSig が真っ先に思い浮かびます
調査したのは「4この2つぶん」と「はした」の出現箇所です。https://t.co/qAALNT3ZcQ の文献を読んで、教科書に当たっておこうと思ったのでした。この著者、志水廣のお名前は、今回読んだ教科書に編集委員として挙げられています

1 0 0 0 OA 現代女子算術

国デジを見ると、大正14年の『現代女子算術』 https://t.co/pOSQT1u3g4 なのだけど太字で「瑞下」の誤記あり
ところで、「身勝手な主張」の記事内に「志水廣「小学校低学年児童の算数語彙力の調査研究」」へのリンクがあり、今はデッドリンクですが、https://t.co/qAALNT3ZcQ よりPDFが取得できます
かけ算における「倍」と「積」、あるいは https://t.co/BeypoKw5rA の文献より読める〈乗数と被乗数が区別される文脈〉〈乗数と被乗数を区別しない文脈〉といった区別が、たし算でも同様に考えられ、「増加」と「合併」と表現されています
ところで「まとも」かどうかを判断するには、そのトピックで当然読むべき文献を読んでいるかをチェックしたいところです。対応表に書いた「二重数直線」については、https://t.co/34mgExTXiD の文献です
整数×小数について、小数×整数にもできるよという話が、238ページで読めます。式は「120×2.5=2.5×120=300」です。連想するのは https://t.co/BeypoKw5rA の文献の課題2です
次の行の「外国籍の児童の指導に当たるようにする」で、他に連想するのは、https://t.co/I9bBxzlFVx の文献です。日本語と英語で書かれた短い解説です。NII-ELSの終了に伴い日本数学教育学会の会員でないと本文にアクセスできないのは残念です
正誤の判定を取り入れた学術文献には、例えば https://t.co/ljv5kW5Cfa があります。一部が https://t.co/rIJpYfdzrh より読めます
“道元禅師における皮肉骨髄について” https://t.co/DhjGHY4COF

6 0 0 0 OA 新式算術講義

@temmusu_n 高木貞治『新式算術講義』 https://t.co/vZQj516aNH 「五(五)乗法の定義を次の如く言ひ表すは不正確なり」以下が関連する話でしょうか。ちくま学芸文庫の『新式算術講義』だと131頁です
1987年/本文の最後で数学教育協議会に言及 / “数学教育の観点から見たアルキメデスの公理 : HUSCAP” https://t.co/PXeiP8aXie
高学年で、意味を拡張する段階での「かけ算の順序」を含む実態調査として https://t.co/BeypoKw5rA が興味深いものです。課題2です。「たかし君は次のような計算をしました。3×0.8=2.4 計算をしてから,たかし君は考えました。「かけ算なのに,

13 1 0 0 OA 広算術教科書

@AstronautJAMILA 広算術教科書というと、https://t.co/jtS5QzblTE ですね。近デジのときに読んだことがありました https://t.co/7XG1JUGmAx
論文は教育関係ではなく、電子情報通信学会という、工学系のところから出ています。抄録は https://t.co/ckCqZAtzuu で読めます。本文PDFは有料です

13 1 0 0 OA 広算術教科書

「14.8×0.2=148分×0.2=29.6分=2.96」 https://t.co/kjk1iinrtO としていたり、「6圓×4=24圓」 https://t.co/mbhzWd4wpy をもとにわり算を導入したりしています

13 1 0 0 OA 広算術教科書

「14.8×0.2=148分×0.2=29.6分=2.96」 https://t.co/kjk1iinrtO としていたり、「6圓×4=24圓」 https://t.co/mbhzWd4wpy をもとにわり算を導入したりしています

13 1 0 0 OA 広算術教科書

高木貞治『広算術教科書上巻』 https://t.co/BpmGXRUXu6 を見ても、かけ算・わり算の式のほとんどは単位なしですが、
わり算については https://t.co/IgsuiRCp4u に「第六 名のある数のわりざんのけいこ。」とあり、被除数のみに単位がある式(現在で言う等分除)と、被除数・除数で同じ単位の式(包含除)が見られます
国立国会図書館デジタルコレクションに行くと、たとえば https://t.co/EPc7PEAxsS で見ることができます。「第七 名のついているかけざんのけいこ。」と題して、「125時×6」「5圓69錢×4」といった式が見られます
“おめでとう船井ベストペーパー賞” https://t.co/KcdTNsHF9J
“CiNii 論文 -  いわゆる接触節について” https://t.co/jHq1FyjpuF #英語
エスカレーター片側空けという異文化と日本人のアイデンティティ/https://t.co/FdNQBgaAyH / “江戸川大学学術リポジトリ” https://t.co/o11pSCXBrm
“児童の加法的可換性の理解に関する文献展望” https://t.co/6m6FXjt42j #算数
“国立国会図書館デジタルコレクション - 文化中心算術新教授法” https://t.co/pJje0yGb0C

10 0 0 0 OA 新式算術教科書

“国立国会図書館デジタルコレクション - 新式算術教科書” https://t.co/comx9T0CHw

6 0 0 0 OA 新式算術講義

もう一つ。「加法の順序」「乗法の順序」でお気に入りなのは、高木貞治『新式算術講義』の12種類の式。Webでも読める https://t.co/r1S0Ebr7KD

13 1 0 0 OA 広算術教科書

@takehikom 去年今年知ったのを挙げると、2種類のわり算の件。高木貞治『広算術教科書』に書かれたのは https://t.co/mbhzWd4wpy で読める。明42は1909年。https://t.co/7XG1JUGmAx でメモしていた
“CiNii 論文 -  木造伝統構法五重塔の設計における構造安全性の検討” https://t.co/38J2IS7ENe
電子情報通信学会論文誌 D、発行日: 2016/02/01、論文種別: レター / “作問学習支援システム「モンサクン」への乗法の実装とその実践利用” https://t.co/HdRFcX96b5
土曜日に、数十年のオリコン上位歌詞の分析に関する論文発表 https://t.co/Es1ElaxeVq を聴いたこともあり、対比して見ると興味深い / “AKBより三代目JSB!?  CD販売数ではもはやわからない「本当の流行…” https://t.co/VbkBwsMbv6
“CiNii 論文 -  図形の包摂関係についての理解の変容--定義についての検討場面を取り入れた授業を通して” https://t.co/FGyxgUp9wO #正方形は長方形
曽布川拓也/2012年 / “算数・数学教育とICTの不適合性” https://t.co/x7EirKOkYE
1954年 / “CiNii 論文 -  理科評価目標に於け所謂・理解・能力・態度と知能との相関に就て(第一報)” https://t.co/jM4YM9VTSi #教育
“CiNii 論文 -  高校「理科」に物化生地の枠はどうしても必要?(化学教育 徒然草)” http://t.co/4BHQegRFcC
#掛算 コントロール実験ではないけれど、被乗数・乗数の意味に関する実験は http://t.co/BeypoKNGQa http://t.co/4ZukQ4Kz4J http://t.co/ucuTtmkQPS
#掛算 コントロール実験ではないけれど、被乗数・乗数の意味に関する実験は http://t.co/BeypoKNGQa http://t.co/4ZukQ4Kz4J http://t.co/ucuTtmkQPS
https://t.co/FnXI57Sxjz の件が興味深かったので調査してみる。どうやらここらしい http://t.co/ZnUTJ3ZP7w
“学会総会における座長および参加者の役割について” http://t.co/MowYdg3TkU #学会
1988年/等分除・包含除/『材料:「タイガー計算機」』 / “成人の除算手続きの推論における数学的知識の影響” http://t.co/NscbdiNXFK
“つくばリポジトリ (Tulips-R): Web API の過去・現在・未来” http://t.co/D0ZYbRnBeA
“児童の算数文章題の解決に及ぼす教授法の効果” http://t.co/zZq9gzW7Mc #算数
“Kyoto University Research Information Repository: 4 韓国における教育評価改革の変遷” http://t.co/93NzYV5i2X #教育 #韓国
“CiNii 論文 -  プレゼン道入門 : よりよい科学的プレゼンテーションを目指して(境界領域(I),天文学の境界領域を探る,研究会報告)” http://t.co/xLtrZ40Sos #プレゼンテーション
“CiNii 論文 -  子どもの思考特性を踏まえた小数乗法の意味指導” http://t.co/7Xh1dQwLtr #算数
1999年/論文PDFはオープンアクセス/水道方式が一切出てこない / “CiNii 論文 -  かけ算の類型化と学習のためのデータバンキング化” http://t.co/2yq4ngotdI #算数
“CiNii 論文 -  物理量の四則演算のしくみ : 単位量の意味” http://t.co/4rnpQbzaOV
@takehikom いくつもの数直線を見て、以前読んだものが思い浮かぶ。http://t.co/nEIuV30f3E これはダウンロード済みのはず…あった
1984年 / “分配法則を軸とした乗法指導の試み” http://t.co/zqa3Lq1cej #算数
“CiNii 論文 -  タブレット向けに公開されたDigital Cultural Heritageの概要を記録する試み” http://t.co/MSO2idzs7H
マッチングバイアス / “Wason選択課題における選択の主観的理由” http://t.co/IAVjGgZERm
“CiNii 論文 -  数学的モデリングと算数教育” http://t.co/GG1lyqhx71 #算数
“CiNii 論文 -  <論文>「岡崎団七踊」の由来について” http://t.co/R7h13lFMZe
[算数]明治38.5/『125時×6』『31圓68銭÷9』『365日÷30日』 / “近代デジタルライブラリー - 国定準拠尋常小学算術書. 第3学年 児童用” http://t.co/FdI07dSgEt
@ThrowDownJudo 「2.4mのリボンが7本ありました。全部つなげると何mになりますか」が2.4×7、「1mが7gのビニールひもがあります。2.4mだと何gでしょう」が7×2.4です http://t.co/5OYxl9Mh
[算数] / “CiNii 論文 -  旧東ドイツの算数教科書” http://t.co/1QbyoENs
[算数] / “算術教育史における量の問題 : 目的論とのかかわりにおいて” http://t.co/HbzrXHqt
「一つ分×幾つ分」は気になります。というか表記の調査・整理をお願いしたいところ。http://t.co/crh9dET1 では「被乗数4が一つ分の大きさ,乗数6が幾つ.. http://t.co/Qsn08OHE
長方形型は数学教育の現代化の中で着目された http://t.co/u2Kp4flO 比較的新しいモデルであること http://t.co/XWLYpueG
[B!] 『たとえば1970年代に,小島順,田村二郎などによって「数は量の倍変換」という立場が表明されたが』 http://t.co/WulHmhzI 明治初期算術教科書の自然数指導―塚本明毅『筆算訓蒙Jを中心にして―
[B!] 教材研究、http://t.co/u2KtBPmI、so what? http://t.co/U53J07L2 中国の「算数」教科書|メタメタの日
[B!] 『小論は1992年8月に開かれた数学教育協議会第40回大会(函館)で発表したレポートに若干の加筆・修正を加えたものである』 http://t.co/AFlofgkJ 内包量指導の課題

お気に入り一覧(最新100件)

フォロー(683ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @iikurayoichi: 少し古いですが、今年2月に行われたデジタルアーカイブ学会技術部会で、日欧のクラウドソーシングについて懇談した内容を、おまとめいただいているのを見つけました。ありがとうございます。私はKuLAとみんなで翻刻を紹介。 https://t.co/3…
@marxindo https://t.co/dgv6b9CsC4 https://t.co/rR8sWtHebQ https://t.co/PudvZPh5bl 精神障碍者とか言語障碍者とか、探せばいろいろとですが。
@marxindo https://t.co/dgv6b9CsC4 https://t.co/rR8sWtHebQ https://t.co/PudvZPh5bl 精神障碍者とか言語障碍者とか、探せばいろいろとですが。
@marxindo https://t.co/dgv6b9CsC4 https://t.co/rR8sWtHebQ https://t.co/PudvZPh5bl 精神障碍者とか言語障碍者とか、探せばいろいろとですが。
RT @next49: 全文読めます。上述のBeall's List of Predatory Journals and Publishers の説明もあり。 → 栗山 正光: ハゲタカオープンアクセス出版社への警戒, 情報管理, 58巻2号, 2015年. https://…
全文読めます。上述のBeall's List of Predatory Journals and Publishers の説明もあり。 → 栗山 正光: ハゲタカオープンアクセス出版社への警戒, 情報管理, 58巻2号, 201… https://t.co/usGcKAFxZb

2299 2299 1101 53 OA 動物の行動と匂いの世界

RT @makimuuuuuu: 猫に触ったあと、猫が毛づくろいするの見ると、自分が汚いもの扱いされてるみたいで悲しくて、「なぜ人間に触られた猫は毛づくろいするのか」っていう動物行動学の論文探してたらすごいやつ見つけたから見て あれは人間の匂いをなめて味わうため説https:/…

フォロワー(560ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @next49: 全文読めます。上述のBeall's List of Predatory Journals and Publishers の説明もあり。 → 栗山 正光: ハゲタカオープンアクセス出版社への警戒, 情報管理, 58巻2号, 2015年. https://…
全文読めます。上述のBeall's List of Predatory Journals and Publishers の説明もあり。 → 栗山 正光: ハゲタカオープンアクセス出版社への警戒, 情報管理, 58巻2号, 201… https://t.co/usGcKAFxZb

2299 2299 1101 53 OA 動物の行動と匂いの世界

RT @makimuuuuuu: 猫に触ったあと、猫が毛づくろいするの見ると、自分が汚いもの扱いされてるみたいで悲しくて、「なぜ人間に触られた猫は毛づくろいするのか」っていう動物行動学の論文探してたらすごいやつ見つけたから見て あれは人間の匂いをなめて味わうため説https:/…