タナカケンタ (@tanakafreelance)

投稿一覧(最新100件)

分野別IoT教育カリキュラムの提案 https://t.co/QsFddSzki5
「PBL(Project-based Learning)形式を採用し,チーム開発プロセスやコミュニケーションスキルとIoT技術についての基礎教育を行う」基礎的なIoT教育のためのチーム開発を重視したPBL授業の提案 https://t.co/Zt3Hb856Al
このへん、関係しそうなタイトル、キーワードですが、Webで公開されていないので詳細はわかりません。|奈良, 谷田貝, 米谷, 木下, 永岡, 2018, 遠隔プレゼンテーションに対するBGMの効果とその検証, JSiSE研究会研究報告, 32巻6号, Pp. 41-47 https://t.co/pE4cPEFYag
茂森, 2018, 鉄鋼製品の品質管理へのデータサイエンス適用とデータサイエンティスト育成, システム/制御/情報/62 巻 (2018) 8 号 https://t.co/MA0bZDKpIn
金井, 2018, 世界の製造業におけるデータ活用のベストプラクティス, システム/制御/情報/62 巻 (2018) 8 号 https://t.co/TgGpIF5JZd
「ツイートの可視化を行うにあたり,開発環境を準備する手順やAPIの使い方を明確にして,単語の出現頻度リスト作成,出現頻度のWord Cloudによる可視化,地名の地図マーカー表示,をPythonのプログラムを用いて解説を行う.本プログラムはGitHubにて公開している」 https://t.co/kUbB50onBR
元ツイの論文の指導教員の先生(近畿大学・井口信和教授)は、ネットワーク技術の教育についていろいろ面白い研究をされてますね。「物理的可視化と物理的直接操作によるIPアドレスの仕組みを学習するための教材の開発と評価」 https://t.co/pmvJnPdPFo とか、企業研修にも役立ちそうです。 https://t.co/Aq7aZ8fzxr
またいつもの教育に関する諸科学の取り組みをガン無視するベンチャーですか。 学習者の個性に合わせた e-Learning 教材の効果 https://t.co/3kkV5GChCm 15年前の院生ですら、こんなことをしていたのに。
「精神病のステレオタイプの話」読冊日記98年12月中旬 https://t.co/KWV9q7T2WF 石丸, 2009, 統合失調症小史. 放送大学研究年報, https://t.co/Tb4ezOfXmf https://t.co/09NuWiNOYY
ペッパー警部ならぬ、Pepper先生という試みのようです。|J-STAGE Articles - 人型ロボットを用いた講義動画配信システム「SUPICE」の開発 https://t.co/eZEKJlrWii

2 0 0 0 OA 乳牛と音

1989年の論文ですが、まじめに(当たり前ですが)「牛に音・音楽を聞かせるとどんな効果があるのか」を研究していて、興味深いので紹介します。 【PDF】乳 牛 と音 ― 音の効果的活用 と騒音 による被害 - J-Stage https://t.co/sNb5r8Qrps

お気に入り一覧(最新100件)

フォロー(3ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

フォロワー(104ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)