ひろ (@thirokazu_uc)

投稿一覧(最新100件)

ビタミンK1(フィロキノン)とビタミンK2(メナキノン-4)は、腸アルカリホスファターゼ活性を増強する。https://t.co/BU9kFi1O5t
ビタミンDによる腸アルカリホスファターゼ発現の増強作用 https://t.co/8Y1mdviKdI https://t.co/EagxDrbr5I
亜鉛、マグネシウム、カルシウムは、独立してアルカリフォスファターゼ活性を促進することが可能。 https://t.co/loEHtPe1be https://t.co/OUsa3LoCAx
RT @thirokazu_uc: これらの結果は、亜鉛が不足すると有害金属が体内に蓄積することを示唆している。 亜鉛が有害金属に対抗するミネラルであることを裏付けている。 亜鉛不足の現状:早期発見・早期介入の必要性 #亜鉛 https://t.co/hKiKQlZEaa
#亜鉛 欠乏症であるから「血清亜鉛値は低値である」と多くの人は常識的に考え、そして今なお多くの人はその間違いから抜け出せていない。 https://t.co/u3sshbweZk https://t.co/v7cCfaLrJK
活性型ビタミンD3による制御性T細胞の増強と治療への応用  制御性T細胞は自己に対する免疫応答や、常在細菌叢などの無害な非自己に対する過剰な免疫応答を抑制する重要な働きをもつ。 #ビタミンD #制御性T細胞 https://t.co/HMOrOWIN7I
#亜鉛 要求酵素の活性変動を分子基盤とした #炎症性腸疾患 の病態解析と新規治療戦略の探索 https://t.co/79FPQ0cOGk
RT @thirokazu_uc: アルカリフォスファターゼの構造 ・亜鉛(Zn2+)→2個 ・マグネシウム(Mg2+)→1個 ・カルシウム(Ca2+)→1個 https://t.co/ncfnsCJF3Z https://t.co/ZRwmv0noeF
亜鉛欠乏症と臨床実践 -亜鉛製剤の妥当性- https://t.co/qMSrXLjM21 https://t.co/zcJ7CVpcPI
TNF-αによるTRPM6発現の増加 https://t.co/ebD8hGzo4d TNF-αによるZIP8 mRNAの発現の増加 https://t.co/xk6adAUJ0g TNF-αって炎症性サイトカインとして有名ですが、細胞内にマグネシウムや亜鉛を取り込むトランスポーターやmRNA発現を増やして細胞保護にも働いてる⁉︎
亜鉛トランスポーターZIP14による全身成長の制御(2012) #亜鉛 https://t.co/anvWxJr4Au https://t.co/RHSBpSuT6x
メタロチオネインは亜鉛補充による生活習慣病改善に重要である(2021.3) 亜鉛による糖尿病および脂肪肝改善作用の感受性決定遺伝子としてメタロチオネインが重要な役割を担っている。 #亜鉛 #メタロチオネイン https://t.co/qdDfXOmKV4
バクテリオファージが引き起こす腸内細菌叢破綻メカニズムに関する研究(2021.2) 潰瘍性大腸炎では細菌叢の破綻が関与し、健常な細菌叢に戻すことで寛解に向かうことが本研究でも明らかとなったが、ファージの組成も大きく変化することが強く示唆された。 https://t.co/qDElDNcdWk https://t.co/9Pi53h6kiL
RT @4QuorumSensing: Mg 欠乏食投与により,肝臓中の Fe 濃度は増加した.Fe は Fenton もしくはHarber-Weiss 反応のような脂質過酸化の開始反応に重要であることから,この増加が Mg 欠乏による脂質過酸化の一因と 考えられた. http…
疾病予防に果たす #マグネシウム の役割(1992) 種々な階層についてマグネシウム摂取量を算出したが、どのグループの推奨摂取量の300mg/日に達せず、日本人はマグネシウム不足状態にあることが示唆された。 https://t.co/yqO2O2eHe2
@LilacLAB @hushmark 私は難しい事は分かりませんが...。 酸化マグネシウム製剤を経口投与したラットでのマグネシウムの動態解析 https://t.co/RLPWqJaQrK
クローン病患者の腸内細菌叢変化に影響を及ぼす因子の解析 生物学的製剤がクローン病患者の腸内細菌叢に影響を及ぼすことが示唆された。 #クローン病 #IBD https://t.co/BrFeWP5tcX https://t.co/Qp9d5VNfYZ
亜鉛酵素「アンギオテンシン変換酵素」活性比を用いた味覚障害患者の亜鉛栄養状態の評価 #亜鉛 https://t.co/OdI7v5LlTV https://t.co/tHsH4tRofc
IL-6によりメタロチオネインと亜鉛取込輸送体ZIP14の発現が肝臓で誘導される。 ※ZIP14は細胞膜に発現して細胞内亜鉛量を制御している。 サイトカインによって、亜鉛吸収を促進するトランスポーターが誘導され、亜鉛が不足していたら...。 https://t.co/anvWxJr4Au
これらの結果は、亜鉛が不足すると有害金属が体内に蓄積することを示唆している。 亜鉛が有害金属に対抗するミネラルであることを裏付けている。 亜鉛不足の現状:早期発見・早期介入の必要性 #亜鉛 https://t.co/hKiKQlZEaa
RT @hushmark: @eri010k @a_iijimaa1 Mgは脂肪酸代謝でも精神的健康に関連し https://t.co/YrMZc1eQQt 他方で短期間に食費の年間総支出額で肉・パン(飽和脂肪酸・精白小麦優勢)が半分以上を占める世帯が増え、繊維不足・後成遺伝子…
地域在住の年配の日本人女性におけるタンパク質およびマグネシウム摂取量と前虚弱および虚弱の有病率との関連 #マグネシウム  https://t.co/rcnnay1GxX
@miracle_358 こんばんは。 あとは、味噌などの発酵食品が亜鉛吸収を高めるそうです^^ https://t.co/2D8mwya3kD
J-STAGE Articles - たばこの煙に秘められた潰瘍性大腸炎治療への可能性 https://t.co/rfLjzaOKQo
腸粘膜の組織学的変化に対するビタミンD3代謝物の経口投与の影響 ビタミンD3代謝物の投与で、 粘膜の厚さ、絨毛の高さ、陰窩の深さ 粘膜の総厚と絨毛の高さは大幅に増加しました。#ビタミンD https://t.co/eugaa1Nt5x https://t.co/5blIIu3Swk
#潰瘍性大腸炎とビタミンD #クローン病とビタミンD クローン病患者の血漿25(OH)D濃度は、と潰瘍性大腸炎患者に比して有意に低く、全クローン病患者がビタミンD不足・欠乏レベルにあった。 寄与因子を検討したところ、脂質摂取制限がビタミンD吸収障害に関係 https://t.co/onbuS2k9Tr
ビタミン Dとオートファジー 1,25(OH)2D3レベルの低下は同時に、オートファジー活性障害を招き、疾患の発症に寄与すると考えられる。 https://t.co/nIoZzaFMoZ
抗菌ペプチドLL-37(カテリシジン)の自然免疫における役割と自己免疫疾患および炎症性疾患への関与 https://t.co/o44FAYcLzx
RT @hushmark: #グルタチオン が #ビタミンD 調節遺伝子と糖代謝遺伝子を刺激してビタミンDの血中濃度を高め、ビタミンD欠損症の治療に有効とな #マグネシウム もビタミンDの調節因子だが、欠乏により脂質過酸化が亢進し、グルタチオン代謝(GPX活性低下)にも影響す…
RT @thirokazu_uc: #ビタミンD の消化管炎症に対する関りと新規炎症性腸疾患治療戦略 血中ビタミンD濃度が #IBD 症状の悪性化リスクと強く関連することが報告されている。 #潰瘍性大腸炎 #クローン病 https://t.co/ZebZcjBY4Y
RT @thirokazu_uc: 亜鉛要求酵素の活性変動を分子基盤とした #炎症性腸疾患 の病態解析と新規治療戦略の探索 細胞外ATP代謝の破綻が引き起こす様々な炎症性疾患の根本原因が、亜鉛欠乏症に依る亜鉛要求性酵素の活性低下に基づくものである。 #潰瘍性大腸炎 #クロー…
#ビタミンD の消化管炎症に対する関りと新規炎症性腸疾患治療戦略 血中ビタミンD濃度が #IBD 症状の悪性化リスクと強く関連することが報告されている。 #潰瘍性大腸炎 #クローン病 https://t.co/ZebZcjBY4Y
亜鉛要求酵素の活性変動を分子基盤とした #炎症性腸疾患 の病態解析と新規治療戦略の探索 細胞外ATP代謝の破綻が引き起こす様々な炎症性疾患の根本原因が、亜鉛欠乏症に依る亜鉛要求性酵素の活性低下に基づくものである。 #潰瘍性大腸炎 #クローン病 #IBD https://t.co/79FPQ0cOGk
RT @thirokazu_uc: 亜鉛欠乏が炎症性腸疾患の発症や増悪に関与する仕組みの解明とその予防・治療への戦略 - 京都大学 https://t.co/Jq9mAHPvHK
#潰瘍性大腸炎 の治療のための青黛使用中の肺動脈高血圧のリスク【2020.7】 青黛の使用に関連するPAHの発症について、いくつかの可能性のメカニズム ・AhR ・BMP ・アセチルコリン ・セロトニン https://t.co/T1KYRwHO9z https://t.co/kWZNicFhJa
マグネシウム欠乏は体重減少を引き起こす。 栄養素代謝におけるマグネシウムの重要性 https://t.co/kIEyU2bNvI マグネシウム欠乏におけるカルシウム過剰の栄養生理学的・病理組織学的検索 https://t.co/hTsxTm0PtA
RT @4QuorumSensing: エンドトキシンで惹起される酸化ストレス→過酸化脂質。 肝臓、腎臓、肺にダメージ。 そしてエンドトキシン血症で亜鉛欠乏。 メタロチオネイン気になる。この3分の1がシステインだもんなぁ。 敗血症性ショックモデルとしてのエンドトキシンの病態生…
アデノシンは受容体を介して免疫応答を負に制御することが知られており,炎症抑制能を有する腸内細菌の1つのLactobacillus reuteriについては詳細な 機序は定かではないが,Lactobacillus reuteriによる免疫抑制機序にアデノシンシグナルが関与することが示唆されている。 https://t.co/5AGTMMjieU
#IBD 患者70名でのビタミンDおよび脂質摂取量と血漿 25(OH)D濃度の同時調査 全CD患者がビタミンD不足・欠乏レベルにあった。脂質摂取制限がビタミンD吸収障害に関係することが示唆 一定量の脂質摂取を併用することが,効率よくビタミンD栄養状態を改善できる可能性。 https://t.co/onbuS2k9Tr
F.Nucleatumに有効な抗菌薬で排除すれば、ある程度の期間は効果があると思います。 そういえば、#潰瘍性大腸炎 にATM療法?AFM療法?というのがありました。 https://t.co/g2Mdxs0FQW 原因菌であろう細菌を排除したのに、何故また再燃してしまうのか...ここにある思うんですよね。
EBウイルスの活性化機構を検討した結果、EBウイルス感染細胞においてもHIV同様,酪酸により転写が促進される結果が得られた。それによりウイルス感染細胞の炎症性サイトカイン産生が強く誘導されていることを見出した。C. difficileも酪酸産生菌...。 https://t.co/i9iS2Wr41F
RT @thirokazu_uc: Epstein-Barr virus再活性化による潰瘍性大腸炎難治化の機序の解明 #潰瘍性大腸炎 #UC #IBD https://t.co/o5SOYp0BT2
RT @hushmark: @AaronOtsuka @Alzhacker ヨウ素やセレンを含む海藻類の他、にがりやマルチミネラル、最低でも亜鉛とMg(Na/K比は豊富なMgで調節される。経皮吸収含む)を摂りたいところですね。 一般に植物性蛋白質は動物性蛋白質に比べて亜鉛の吸…
亜鉛欠乏による免疫不全 https://t.co/rgm6BpQojk https://t.co/4A5gqpHpxQ
エブセレンの胃粘膜損傷抑制作用機作と胃粘膜上皮粘液細胞株の樹立 https://t.co/vRFuqTMaDg
Epstein-Barr virus再活性化による潰瘍性大腸炎難治化の機序の解明 #潰瘍性大腸炎 #UC #IBD https://t.co/o5SOYp0BT2
アレルギー性疾患患者において、統計学的に有意に血中セレン濃度が低下していることが報告されている。また、最近、我が国において母親と幼児を対象に行われたコホート研究からもセレンの不足がアトピー性皮膚炎のリスクを増加させることが報告されている。 https://t.co/b2Xdn14CZi
熱ショックタンパク質(ノックアウトマウス)は胃潰瘍・小腸潰瘍・ 潰瘍性大腸炎を発症しやすいこと、逆にHSP70過剰発現マウスはこれらの疾患を発症しにくいことを発見し、ストレスによる HSP70誘導がこれら消化管疾患の発症を抑制していることを初めて示した。 #潰瘍性大腸炎 https://t.co/D0k8O3SO0Q
一酸化窒素合成酵素(iNOS)の局在からみた潰瘍性大腸炎における一酸化窒素の関与-免疫組織化学的検討- #潰瘍性大腸炎 #UC https://t.co/2AbKEpvVck
腸管におけるタウリンの吸収および抗炎症作用 #IBD https://t.co/ZdkF7IX2fj
RT @thirokazu_uc: 近年,主に肝臓や小腸で発現している核内受容体である PXR/SXR がビタミンKのリガンドとして働き,標的遺伝子の調節を行うというメカニズムが報告されている。 https://t.co/inzivyYRXy ビタミンKがPXRのリガンドと…
日本人IBD患者における骨塩量減少に関わる臨床的 背景と遺伝的背景の同定 IBD患者の約2/3に骨塩量減少を認めることが示された。 https://t.co/bSQ7s1Mo1t
運動時のマグネシウムの有用性とメカニズムに関する研究 運動負荷は、ラットの見かけのマグネシウム吸収率が増加し、骨格筋におけるTRPM7(マグネシウム輸送チャンネル)の発現量を高めた。 消化管でも同様にTRPM7とCLDN16の発現が認められた。 https://t.co/b8UQ3QwVFN
細胞内マグネシウム恒常性維持におけるTRPM7チャネルの役割 https://t.co/M1keY3T75c
マグネシウム(Mg)イオンはエネルギー代謝を制御する新規な細胞内情報伝達物質か? https://t.co/bI6lE88zaF
低マグネシウム血症の回避に向けた革新的創薬基盤の構築 ※TNF-αによるMg2+流入の増加 TRPM6発現量と細胞内へのMg流入の低下は、TNF-αによって回復することが示唆された⁈ https://t.co/ebD8hGzo4d
マグネシウム欠乏ラットはマンガン欠乏、鉄欠乏が誘発されることが解明された。また、高リン食ラットでは副甲状腺ホルモンの分泌が増加し、腎臓カルシウムの沈着、活性型ビタミンD3の減少が起こるが、食餌中マグネシウム量を増加させると異常が改善することを明らかにした。 https://t.co/G3vLhn2a4r
アルカリフォスファターゼの構造 ・亜鉛(Zn2+)→2個 ・マグネシウム(Mg2+)→1個 ・カルシウム(Ca2+)→1個 https://t.co/ncfnsCJF3Z https://t.co/ZRwmv0noeF
RT @thirokazu_uc: Mg,Ca及びZnのヒトアルカリ性ホスファターゼ活性に対する作用 Mg,Ca及びZnは独立してALP活性を促進することが可能である。 https://t.co/loEHtPe1be
大腸がんにおけるマグネシウム恒常性制御の役割の解明 Cnnm4遺伝子の欠損が大腸での発がんや腸管に形成される腫瘍の悪性化を促進することが明らかとなり、CNNM4は細胞内Mg2+量の恒常性を維持することで腸での発がんやがんの悪性化を抑制していることが示唆される。https://t.co/dU5G3nbx12
大腸の恒常性維持におけるマグネシウムの役割の解明 Mg2+トランスポーター(細胞外への排出)として働くCNNM4が腸管上皮の恒常性を制御する仕組みを明らかにする...。https://t.co/UwNLduK1iX
腸管でのMg 吸収を司る主たるトランスポーターであるtransientreceptor potential melastatin type 6(TRPM6)の活性は腸管内局所のpH に依存しており,PPI 使用による腸管内pH の上昇がTRPM6 を介したMg 吸収を減弱させると考えられている。 https://t.co/ALxXslxOsE
亜鉛吸収を向上させる食品因子の探索 スクリーニングの結果、複数の「味噌」に亜鉛吸収を促進するトランスポーターZIP4の発現量を増加させる効果が認められた。 味噌汁が良さそうですね...。 https://t.co/2D8mwya3kD
大腸アルカリフォスファターゼ及びβ-グルコシダーゼの新規生理的意義と食品因子による制御作用の解明 https://t.co/zdTblrUxhF
アルカリフォスファターゼ(ALP)は亜鉛酵素ともよばれる。活性中心にZn2+を結合しており、Zn2+を失うと失活するとされていた。一方で、高濃度のZn2+がALP活性を阻害することも知られており、ALP活性測定はマグネシウム(Mg2+)を添加して行うことが多い。 https://t.co/czJ2D2oHFU
腸アルカリフォスファターゼ(IAP)活性化 亜鉛、マグネシウム、カルシウム、コバルト、マンガン https://t.co/loEHtPe1be https://t.co/GBRVZ4HTon ビタミンD https://t.co/8Y1mdviKdI ビタミンK https://t.co/inzivzgsP6 オメガ-3 https://t.co/vzuBqff89p クルクミン https://t.co/gj1hM2PgC7
腸アルカリフォスファターゼ(IAP)活性化 亜鉛、マグネシウム、カルシウム、コバルト、マンガン https://t.co/loEHtPe1be https://t.co/GBRVZ4HTon ビタミンD https://t.co/8Y1mdviKdI ビタミンK https://t.co/inzivzgsP6 オメガ-3 https://t.co/vzuBqff89p クルクミン https://t.co/gj1hM2PgC7
腸アルカリフォスファターゼ(IAP)活性化 亜鉛、マグネシウム、カルシウム、コバルト、マンガン https://t.co/loEHtPe1be https://t.co/GBRVZ4HTon ビタミンD https://t.co/8Y1mdviKdI ビタミンK https://t.co/inzivzgsP6 オメガ-3 https://t.co/vzuBqff89p クルクミン https://t.co/gj1hM2PgC7
Mg,Ca及びZnのヒトアルカリ性ホスファターゼ活性に対する作用 Mg,Ca及びZnは独立してALP活性を促進することが可能である。 https://t.co/loEHtPe1be
コレステロール代謝に関わる核内受容体farnesoid X receptor(FXR)の解析 核内受容体 farnesoid X receptor (FXR)は,胆汁酸・コレステロール代謝に関与する。また、FXRは脂質や糖代謝にも関与することから、生活習慣病の薬物治療の標的分子として注目 されている。 https://t.co/nLCJFSGJnR
ビタミンKの核内受容体を介する新しい 作用機構 https://t.co/b7KPc9EVSI https://t.co/1dFrcHvG1W
P-糖タンパク質(MDR1)の小腸特異的な誘導機構の解明 小腸P-糖タンパク(MDR1)の誘導には、核内受容体であるpregnane X receptor (PXR)が重要な役割を果たしており、小腸には他の臓器と比較してPXRが多く発現していることが知られている。 https://t.co/zD9moBCJkc
近年,主に肝臓や小腸で発現している核内受容体である PXR/SXR がビタミンKのリガンドとして働き,標的遺伝子の調節を行うというメカニズムが報告されている。 https://t.co/inzivyYRXy ビタミンKがPXRのリガンドとして機能。そしてアルカリフォスファターゼも活性化!!
ヒト小腸上皮様細胞株 Caco-2 におけるビタミンDによる小腸型アルカリホスファターゼ発現の増強作用 研究において、ヒト小腸上皮様細胞でのビタミンDによる小腸型アルカリフォスファターゼ発現の増強作用を示すことができた。 https://t.co/8Y1mdviKdI https://t.co/sPTauHErXK
腸管アルカリフォスファターゼが炎症性腸疾患の粘膜防御機構に果たす役割 潰瘍性大腸炎の患者腸粘膜において免疫組織化学染色を用いた症例で腸管アルカリフォスファターゼ(IAP)活性が低下していることが報告されている。 #潰瘍性大腸炎 #クローン病 #IBD https://t.co/47NM3Nf2XF
RT @L7kYDYUG6wYKDgW: 日本国産ハチミツの免疫細胞と Lipopolysaccharide(LPS) 誘導性肺炎症に及ぼす影響 https://t.co/oor6Jypdvh
ヒト小腸上皮様細胞株Caco-2におけるビタミンK2のアルカリホスファターゼ活性および遺伝子発現への影響 本研究において、ヒト小腸上皮様細胞を用いて、ビタミンK2がALP活性および小腸型ALP遺伝子発現を増強させることを初めて示すことができた。 https://t.co/inzivzgsP6
高脂肪食とビタミンD不足は、腸管型アルカリフォスファターゼ活性を低下させます。 https://t.co/1Vnaeo90Au 亜鉛不足もアルカリフォスファターゼ活性を低下させますね。
うつ病におけるP2X7受容体及び亜鉛を介したシグナリングの協調的連関の変動 https://t.co/gofDKbsPF3
RT @thirokazu_uc: マグネシウムの予防的経口投与はP2X7受容体発現肥満細胞の結腸蓄積減少を通してマウスにおけるデキストラン硫酸ナトリウム誘発大腸炎を改善する Prophylactic Oral Administration of Magnesium Amel…
亜鉛異常における小腸粘膜病変に対する漢方薬の作用 中国では亜鉛欠乏症の治療に漢方薬(董香, 紫蘇, 木香, 陳皮, 知母, 鶏内金)と硫酸亜鉛を併用すると硫酸亜鉛のみによる治療より安全で良い効果の得られる事を報告している。 https://t.co/TL0fPq7oHQ
ビタミンDによる小腸型アルカリホスファターゼ発現の増強作用 ヒトの小腸においてビタミンD3がALP 活性を増強することにより,脂質吸収の調節や,腸の恒常性の維持などに関与している可能性が推察された。 ビタミンDは腸のphをアルカリ側にするのかも...。 https://t.co/8Y1mdviKdI
RT @L7kYDYUG6wYKDgW: ビタミン D 添加が角化上皮細胞由来抗菌ペプチドの 発現に与える影響 https://t.co/NUTgpbFjDQ https://t.co/9aZNTsVI0m
RT @thirokazu_uc: 有害金属の異常蓄積は亜鉛不足と関連し、 亜鉛濃度と鉛濃度との間には有意な負の相関関係が見られた。同様の関係が、亜鉛濃度とアルミニウム・カドミウム濃度との間にも認められた。これらの結果は、亜鉛が不足すると有害金属が体内に蓄積することを示唆してい…
セロトニンとの関係が最も有名なのは IBSであるものの、IBDのように消化管粘膜に組織学的な炎症像を伴うケース や、腸内細菌に対する免疫学的な応答異常が存在する場合が認識されており、これにセロトニンの異常が関与している可能性を示唆する研究結果が報告されている。 https://t.co/8YDTgmhdYP https://t.co/DD9LyLhG9U
RT @L7kYDYUG6wYKDgW: 鉄は腸内細菌叢の組成と毒性変化を介してIBDの病態に関与することが示された。 KAKEN — 研究課題をさがす | 炎症性腸疾患における増悪因子としての鉄の役割-腸内細菌および鉄関連分子からの解析 (KAKENHI-PROJECT-2…
RT @Yuka37714907: ビタミンAはビタミンDに比べてあまり研究されていないため論文も少ないのですが、ホルモンとして働き、特に粘膜、免疫、視覚(網膜)と関係します 過剰症がありますので摂りすぎ注意 亜鉛とセットで摂りましょう VDはマグネシウムとセットで 腸管…
RT @yasu0804: ちょい前から風邪引いて、特に薬もサプリも飲まないで様子見してたけど、そういえばアメリカの子どもは風邪のとき亜鉛トローチ舐めてたの思い出して亜鉛サプリ飲んでみた。 効目スゴい。明らかに良くなった。 亜鉛と免疫 https://t.co/OA1LfE…
RT @L7kYDYUG6wYKDgW: マクロファージ先生は亜鉛を使うんだろうね。 ウイルスはそれが分かってジャックする? 1-III-5 亜鉛はマクロファージの形質分化制御を介して腸管炎症を抑制する(一般演題要旨,ビタミン・バイオファクター研究のさらなる魅力~大和まほろぱ…
低亜鉛血症は大腸がんのリスクとされている。マクロファージが亜鉛欠乏状態に陥ることで、IRF5の核内移行が促進→炎症性サイトカインIL23p19の発現亢進→炎症性リンパ球であるTh17の活性化→大腸炎の増悪 新規亜鉛応答タンパク質の同定と大腸がん予防における意義の解明 https://t.co/UTcBiCKuoE
亜鉛補給は小児集中治療室におけるカンジダ感染を減少させる:無作為化プラセボ対照臨床試験 Zinc supplementation reduces Candida infections in pediatric intensive care unit: a randomized placebo-controlled clinical trial https://t.co/1BElZCRDzb
共生と排除を司る粘膜マスト細胞 https://t.co/5AGTMMjieU https://t.co/f84SwEvMao
RT @L7kYDYUG6wYKDgW: KAKEN — 研究課題をさがす | マグネシウム欠乏の免疫応答に及ぼす影響 (KAKENHI-PROJECT-04454217) https://t.co/ysAF1AKrjj
@L7kYDYUG6wYKDgW patmは人それぞれの症状で難しいですね。皮膚ガスは健康な方でも、出ているみたいなので腸内環境を含めた体質改善がポイントなのでしょうね...。 https://t.co/NOe2b1zA5Q
マグネシウムの予防的経口投与はP2X7受容体発現肥満細胞の結腸蓄積減少を通してマウスにおけるデキストラン硫酸ナトリウム誘発大腸炎を改善する Prophylactic Oral Administration of Magnesium Ameliorates Dextran Sulfate Sodium-Induced Colitis... https://t.co/mxEKFnmiYT https://t.co/eEOFoMK5DZ
RT @thirokazu_uc: ここまで分かった亜鉛の免疫システムにおける役割 https://t.co/4A5gqpHpxQ
青黛成分のうち、含有率の高いindol, I3C (インドール-3-カルビノール)に着目し、各々を経口投与し、急性腸炎モデルにて比較検討を行った。Indigo、I3C(インドール-3-カルビノール)投与においては既報と異なり、DSS腸炎は抑制されなかった...⁈ https://t.co/mEGHW9LgEi

お気に入り一覧(最新100件)

J-STAGE Articles - Zinc deficiency in patients with idiopathic taste impairment from the view point of ratio of apo/holo-activities of angiotensin converting enzyme as an index. https://t.co/7YzbuTPrda
これらの結果は、亜鉛が不足すると有害金属が体内に蓄積することを示唆している。 亜鉛が有害金属に対抗するミネラルであることを裏付けている。 亜鉛不足の現状:早期発見・早期介入の必要性 #亜鉛 https://t.co/hKiKQlZEaa
漢方薬は腸内細菌で代謝されて初めて効くので、抗生物質を多用している方は効きにくい筈です。 何故効くか?善玉菌が居るから? https://t.co/cOZsy3mLRn https://t.co/7ZQUIdB4gH
Association between serum 25-hydroxy #vitamin D level & #metabolic associated #fatty #liver #disease (#MAFLD) - A ‍population-based study https://t.co/BEtsdesuBv Attn: @_atanas_ @_INPST @ScienceCommuni2 @LiverHealth @wbgrant2 @NAFLDSupport @liverhealthfdn @Stanford_GI @VitDSoc
Association of Protein and Magnesium Intake with Prevalence of Prefrailty and Frailty in Community-Dwelling Older Japanese Women (open access) https://t.co/x7LrRm24aD #nutrition #diet #protein #magnesium
▼ヒスタミンとの関連性 更新 ▶︎亜鉛(細胞内亜鉛含む) 直接の阻害作用なし ▶︎EGCG・ケルセチン(QCT) 直接の阻害作用なし ただし、 ヒスタミンの受容体H1Rの発現を抑制する ➝ヒスタミンがあっても作用させない =炎症を起こさせない QCT https://t.co/H5f3eQeqEj EGCG https://t.co/dha5QbpIMj
【PKC阻害への補足】 もうひとつの代表的な 亜鉛イオノフォア成分である ケルセチンについても PKCへの阻害作用が確認されている。 ※イオノフォア作用はEGCGの半分程度 つまり、両成分ともに 亜鉛イオノフォア作用と PKCへの阻害作用の両方を期待できる。 ※程度は未解明 https://t.co/HRpSXerThr
【EGCG補足】 プロテインキナーゼC(PKC)は その活性化が癌細胞の増殖へとつながることがわかっている。 ▶︎PKCを顕著に阻害することで 花粉症を抑えられるだけでなく 知らず知らずのうちに がん予防にもつながっていることになる。 新型コロナも考えると一石三鳥か
▼花粉症⑧ EGCGを 亜鉛イオノフォアとして使う場合 プラス作用その② マスト細胞にIgE抗体が結合後 炎症成分が生産されるには PKC(プロテインキナーゼC)という 細胞内物質の活性化が必要 ▶︎EGCGはそのPKCを強力に阻害する ※カテキン種のうちEGCGだけの効用 https://t.co/yZLoga0It7
Association of #Protein & #Magnesium Intake w/ Prevalence of #Prefrailty & #Frailty in Community-Dwelling Older Japanese Women https://t.co/mxiZRNAJzO Attn: @_atanas_ @_INPST @ScienceCommuni2 @Grimhood @deNutrients @DrPalmquist @agingdoc1 @ChrisMasterjohn @Tweet_Nutrition
Great to see a short Japanese review putting its back behind multidrug therapies against Covid 19. https://t.co/u2j0wtXu1l https://t.co/Rtf80qGamt
ビタミンDの健康効果 副作用 取り方までまとめられています。法政大学より #ビタミンD https://t.co/HQEYrkAGRv
鉄と亜鉛の単独もしくは同時欠乏の生体影響 ↓ https://t.co/uBjA54Jvl3
J-STAGE Articles - Thyroid function in patients with selenium deficiency exhibits high free T4 to T3 ratio https://t.co/wDnWAkOAPR This is very interesting low Selene affects the thyroid hormones
血清亜鉛のカットオフ値は80、 日内変動で午後採血なら10はかわると。カットオフ値以上でも、臨床症状があれば積極的に補充を。と。 ほんそれ。 https://t.co/NxfYXqGyea
そういえば明治のヨーグルトR1(Lactobacillus delbruecki subsp. bulgaricus OLL1073R-1)のEPSは免疫細胞の活性化作用が有意に強いって報告があったな。 細胞レベルでのメカニズムが明らかにされつつあるんだねー。 ソース https://t.co/8PtJehtGYJ https://t.co/EEoP4ndPFt
#グルタチオン が #ビタミンD 調節遺伝子と糖代謝遺伝子を刺激してビタミンDの血中濃度を高め、ビタミンD欠損症の治療に有効とな #マグネシウム もビタミンDの調節因子だが、欠乏により脂質過酸化が亢進し、グルタチオン代謝(GPX活性低下)にも影響するとみられているぞよ https://t.co/WGaEFKlhUW https://t.co/YutdDZFo8r
タウリンには 血管内皮機能障害に対しても効果がある。 動脈硬化予防に働く。胆汁酸分泌とはまた違ったアプローチ。 相方は心血管対策としてマグネシウムとタウリンは飲んでるけど、 やはりこの二つは良さそうな気がする。 https://t.co/7x32AzhdQ7
LECOM professor of pathology Mohammed Razzaque, PhD, examines the effectiveness of zinc in increasing one's resistance to COVID-19 in a new article published in The Tohoku Journal of Experimental Medicine: https://t.co/jeU4JQdvy9 https://t.co/kSfCuvH2A6
酪酸菌は腸内で短鎖脂肪酸をつくる。 この短鎖脂肪酸(酪酸)が腸内を弱酸性にすることでカルシウムやマグネシウムなどの重要なミネラルが水溶性に変化し、より体内に吸収しやすくなり、ミネラル不足を補うことができるといわれている。 https://t.co/szzuIn3EOc
続き https://t.co/zsHhWNe19Y 味噌とその中のリジン +ビタミンCで亜鉛吸収・コラーゲン生成促進 +にがり、ビタミンDでカルシウム吸収促進/調節効果 他方、醤油の醸造ではアルギニン分解過程でオルニチンとチトルリンが生成され、味噌の乳酸菌も同様の異化作用を持つ。 https://t.co/3mVE6RNq4j https://t.co/VgQZOF9QDp
"Magnesium deficiency induces the emergence of mast cells" Mast cell disorders and related diseases are exploding in prevalence and severity. To what degree is this merely a sign of a society that is deficient in magnesium? https://t.co/7sACWfbvWe

19 0 0 0 OA 研究のスポット

@Alzhacker ・納豆1パックの ナットウキナーゼで 線溶系(血栓を溶かす作用)の活発化が 6時間に渡って持続 https://t.co/69SgdrVfjV ・トロンボキサン生成阻害 https://t.co/4EWmYNrvgc ・tPAの活性促進 https://t.co/F5UFfacn9R ・フィブリン溶解 https://t.co/CqtwmRunpQ
@thirokazu_uc はい、それとESM分解酵素はアルカリプロテアーゼっぽいのですが 発芽玄米麹は精白米に比べアルカリプロテアーゼ力価が高いらしいです https://t.co/HyWMbIhps1 蛋白質が胃や小腸で少しずつ分解されて大腸に到達した時点でペプチドになっていて、適切な酸化還元電位下で吸収されるのが理想ですね(笑 https://t.co/Wp7pwd51WO
@AaronOtsuka @Alzhacker ヨウ素やセレンを含む海藻類の他、にがりやマルチミネラル、最低でも亜鉛とMg(Na/K比は豊富なMgで調節される。経皮吸収含む)を摂りたいところですね。 一般に植物性蛋白質は動物性蛋白質に比べて亜鉛の吸収を阻害しやすいですが 味噌には亜鉛の吸収促進効果があります。 https://t.co/yUJ4IlXGdU
つまり鉄は ROS(・OH)の生成を介してDNA の突然変異を惹起することになる. 鉄代謝異常と発癌 https://t.co/0sZeluebAX
”MgOの年間使用者数は約4,500 万人であるが,直近3年で15例の高Mg血症(うち死亡2例)が副作用として報告されている” 4500万はちょっとおかしい気がするけどどちらにせよめちゃ稀 ここまで述べたように超高量の使用でひどい便秘ばかり Mg多め摂取はまず問題ないと判断 https://t.co/W3DX3jqeEI
上 顎 の奥 歯 に膿 瘍 が 現れ,鼻 か ら濃 い膿 汁 の排 出が み られ た"と 記 さ れ るこ とに は じま る。 近世 に は 『レオナ ル ド ・ダ ・ヴ ィンチ の解 剖 手 稿 』 に"上 顎 洞 に は,歯 の根 を栄養 と す る液 体 が あ る"(図1) 歯科 か らみた歯性上顎洞炎 https://t.co/L7En3NcXr6
低Ca血症の軽症例での症状は筋肉痛やこわばり程度であるが,重症例では全身痙攣や意識喪失をきたす.抑うつや不安などの精神症状を伴う場合もあり,精神科疾患やてんかんと誤診されやすい Ⅳ.副甲状腺―Ca検査値異常のアプローチ https://t.co/dvVOstEgoz
さらに閉経後骨粗鬆症患者では、エストロゲンの欠乏により、腸管でのVDRを介したカルシウム吸収の低下を引き起こしていることが考えられた。 KAKEN — 研究課題をさがす | エストロゲンによるビタミンD受容体腸管特異的発現調節機構の解明 (KAKENHI-PROJECT-13770924) https://t.co/UwvYWduX7b
いくつかの漢方薬の薬効発現には腸内細菌叢による代謝が重要な役割を果していることが科学的に証明されている(1)。そのため、腸内細菌叢の個人差が適正な処方の決定に大きな影響を及ぼすことが想定される。 腸内細菌叢クラスターと中医体質に関するパイロット調査 https://t.co/79VMLt5BOq
時差症候群や睡眠時間制限などによる睡眠障害は,腸内細菌の概日リズムに変調をもたらし,dysbiosisや腸管バリア機能低下を惹起し,宿主のエネルギー代謝異常症の原因となる. 睡眠と腸内細菌叢 https://t.co/3tgXvZ2lZI
逆流性食道炎も慢性副鼻腔炎発症に関与しうることが示されている。 逆流性食道炎(GERD)と慢性副鼻腔炎 https://t.co/ZMbg213ldL
最も過酸化脂質分解活性が高い株は、Lactobacillus plantarum Pan1-2株であった。この株は過酸化クメンを分解するが、親水性過酸化物の過酸化水素に対しての活性はその約半分であった。 KAKEN — 研究課題をさがす | 腸内の過酸化脂質を迅速に分解する食品微生物の開発 https://t.co/OzittecdXT
Mg 欠乏食投与により,肝臓中の Fe 濃度は増加した.Fe は Fenton もしくはHarber-Weiss 反応のような脂質過酸化の開始反応に重要であることから,この増加が Mg 欠乏による脂質過酸化の一因と 考えられた. https://t.co/Ol3NhiKAWa
生体内脂質過酸化がアレルギーを悪化させる可能性が示唆された。 KAKEN — 研究課題をさがす | アレルギー反応に及ぼす生体内脂質過酸化の影響 (KAKENHI-PROJECT-21580146) https://t.co/WE4iPBOcMG
消化管免疫に寄与するニコチン様受容体を発現する新規マクロファージの同定と機能解析 https://t.co/NQi4e2gLDq https://t.co/X8cFuGyrOE
副鼻腔真菌症 蝶 形 骨 洞 真 菌 症 の3例 https://t.co/XWZ0lqmKQz https://t.co/okwaEpYDHw
鉛の脳内分布-特 に生体必須金属 (鉄, 銅, 亜鉛) との関係について https://t.co/UqZgUCaFxg https://t.co/cAVuQ1v2B7
アルカリフォスファターゼの構造 ・亜鉛(Zn2+)→2個 ・マグネシウム(Mg2+)→1個 ・カルシウム(Ca2+)→1個 https://t.co/ncfnsCJF3Z https://t.co/ZRwmv0noeF
硫化水素とコルチゾール、硫化水素とドーパミンに正の相関か。 コルチゾール出る時、ドーパミンも出るしね。 報酬のために、不安になりたくてなるっていうのはあるんだろうなぁ。 そして、統合失調症の方の脳には硫化水素が溜まってる。 運動ストレスと口臭に関する研究 https://t.co/14YyHJyFyB
KAKEN — 研究課題をさがす | 消化管におけるフィチン酸の酸化ストレス防御機構の解析 (KAKENHI-PROJECT-11660127) https://t.co/2NzR5wRVRs https://t.co/WDeX1OdmBd https://t.co/KN3iR8bt0r
グ ラ ム 陰 性 桿 菌 ―腸内細菌を中心に― https://t.co/8DdSE8p5aN
癌と神経・免疫 https://t.co/7W7Zhui4Wv https://t.co/2HmIkAuoId
インフルエンザ感染症に合併した急性虫垂炎の 2 小児例 https://t.co/9n5iK7rxrF
幼少期の劣悪な成育環境が脳に及ぼす影響:母子分離マウスを用いた解析 https://t.co/dztX9vVbRh https://t.co/8HHOXjO5aD
近年,主に肝臓や小腸で発現している核内受容体である PXR/SXR がビタミンKのリガンドとして働き,標的遺伝子の調節を行うというメカニズムが報告されている。 https://t.co/inzivyYRXy ビタミンKがPXRのリガンドとして機能。そしてアルカリフォスファターゼも活性化!!
こちらはラクトバチルス ジョンソニーさんとアシドフィリスさん。 免疫賦活作用が確認された。 Lactobacillus johnsonii La1株含有発酵乳の摂取によるヒト自然免疫の 活性化及び過剰摂取時の安全性に関する検討 https://t.co/2cuK6XiMrs https://t.co/TPIv7Bvlh1
プロバイオティクスの歴史と進化 https://t.co/KcjMvgrVwV https://t.co/N3EcnzNBeq
腸内細菌と脂質代謝 https://t.co/2JCv1mmyxS https://t.co/ddJUANtdVA
糖質制限中は卵を食べると胃痛が酷くて断念していたけど解除してからは症状がなくなった
neurodermatitisか。 SIBOと似てる…? CiNii 論文 -  アトピー性皮膚炎の血管生理の研究 Ⅱ アトピー性皮膚炎における皮膚顕微鏡の臨床診断的応用に関する研究 https://t.co/seTRqS9frq
食・栄養・遺伝子・代謝・進化 ~ 人類の食と遺伝子の変化 https://t.co/FukNcrISYZ
B2やナイアシンはグルタチオンの再生にも関与するのね♪ そして改めてアスタキサンチン強力すぎる
アルツハイマーの原因にミクログリア仮説もある。 そのミクログリアがなぜ活性化するのか、結局はジンジバリス等のグラム陰性菌が出すエンドトキシンがトリガーなのかもね。 エ ン ド トキ シ ン(LPS)に よる培養神経細胞 死 に対 す る静脈麻酔 薬 の保護効 果 https://t.co/Hn9JM3g9vz https://t.co/pdqKLnPey3
やっぱり貴方です、グラム陰性菌。 マクロファージネットワークに基づいた食経験を持つグラム陰性菌リポ多糖の機能性食品素材 (IP-PA1) への新展開 https://t.co/QzpGDx9zoX https://t.co/xp06Ld2XvA
オレキシン療法いけそう。 だとすると、確かマグネシウム有効だったかな。 KAKEN — 研究課題をさがす | 脳内オレキシンシグナル低下はIBSの病態を引き起こす (KAKENHI-PROJECT-26460955) https://t.co/RKvhfQ4Kh2
KAKEN — 研究課題をさがす | 口腔細菌と緑膿菌がもたらす誤嚥性肺炎の重篤化機構の解明~肺炎予防を目指して~ (KAKENHI-PROJECT-16K21198) https://t.co/3Qu6Q0mYCe
歯周病の基本治療におけるコラーゲン・亜鉛配合ゼリー摂取の効果 https://t.co/eMjydjwCDN
ネオニコチノイドはアセチルコリン受容体に使用するとあったから、マクロファージ先生に影響与えるのかと思ってしらべてる。 KAKEN — 研究課題をさがす | アセチルコリン作動系農薬による生体防御反応の誘導や攪乱作用に着目した有害性の解析 (KAKENHI-PROJECT-17K00547) https://t.co/Hv4mO38YVR
歯周病原菌の酸化ストレスに対するサバイバル戦略: Porphyromonas gingivalis スーパーオキシドジスムターゼの 金属選択性を寛容にした歯周ポケットの環境は太古の海を連想させ https://t.co/W2tBNIdPg2
@yaoyajimacchan7 結果的にはいいと思いますが、一時的に腸の状態は安定しないかもですね。 酪酸増加→セロトニン放出→腸活動→下痢 酪酸は本来炎症を抑えるので。 KAKEN — 研究課題をさがす | 酪酸菌を用いたNASHの進展・発癌阻止を目指した予防法の開発 (KAKENHI-PROJECT-23590755) https://t.co/W4iUDsjL7e
腸内細菌叢と肥満症 https://t.co/84LARUAInE https://t.co/5mhnh8ZN2j
カンジダが欲しがるのは「鉄」です。 カンジダのストレス応答からみえてきた真菌症治療戦略 https://t.co/U24ZWWkWez https://t.co/OucCs0FGCm
ビタミンAはビタミンDに比べてあまり研究されていないため論文も少ないのですが、ホルモンとして働き、特に粘膜、免疫、視覚(網膜)と関係します 過剰症がありますので摂りすぎ注意 亜鉛とセットで摂りましょう VDはマグネシウムとセットで 腸管免疫におけるビタミンAの役割 https://t.co/kao6iLqR3z
KAKEN — 研究課題をさがす | 松果体メラトニンによる副腎ホルモン合成・分泌への影響とその分子機序の解明 (KAKENHI-PROJECT-25461388) https://t.co/Xnx1p7JbRc
ちょい前から風邪引いて、特に薬もサプリも飲まないで様子見してたけど、そういえばアメリカの子どもは風邪のとき亜鉛トローチ舐めてたの思い出して亜鉛サプリ飲んでみた。 効目スゴい。明らかに良くなった。 亜鉛と免疫 https://t.co/OA1LfEAxoO 自分に起きた事はN=1なんでやる場合は自己責任で
ジンジバリスはウイルスを宿主細胞に感染しやすいようにする。 KAKEN — 研究課題をさがす | 口腔細菌がインフルエンザ感染に及ぼす影響の解明とそれを基盤とした感染予防への応用 (KAKENHI-PROJECT-15K11430) https://t.co/2k0FAsLsJX
エンドトキシンで惹起される酸化ストレス→過酸化脂質。 肝臓、腎臓、肺にダメージ。 そしてエンドトキシン血症で亜鉛欠乏。 メタロチオネイン気になる。この3分の1がシステインだもんなぁ。 敗血症性ショックモデルとしてのエンドトキシンの病態生理 https://t.co/rQdiuEJE01 https://t.co/uUdFdwIHpc
グラム陰性菌が減らないと、ヒスタミン出る一方かな。 敗血症性臓器障害におけるヒスタミンの役割: ヒスタミン関連遺伝子ノックアウトマウスを 用いた検討 https://t.co/1N5SELHHL6
やっと見つけた。 KAKEN — 研究課題をさがす | EBウイルスによる難治性歯周病発症機序の解明 (KAKENHI-PROJECT-24592843) https://t.co/F1jDJ40kZb
NASHとSIBOの関連はツイート済みだったけど、エンドトキシンがNASHに関与してたのか。 読みは外れてなさそう。 エンドトキシン出すのはグラム陰性菌。 でも、その裏にいるのはウイルスななずなんだ。 急に暴走と増殖は考えずらい。 腸内細菌と非アルコール性脂肪肝炎の関係 https://t.co/fc4SgNxZDO https://t.co/ZZnf4YVFEU
潰瘍性大腸炎によって鬱病になったけど、その鬱病の治療したら寛解のびたよんて話 認知療法的かかわりにより腹部症状の緩解維持効果が得られた,うつ病を併発した潰瘍性大腸炎の1症例 (精神医学 52巻1号) | 医書.jp https://t.co/ABrc0BlwXH
蜂蜜レモネード 黒糖ミルクココア アスタキサンチン この辺りも良さげ✨ アスタキサンチンが脂肪細胞の脂質代謝に及ぼす影響 https://t.co/wiv0Y8mCDJ
共生と排除を司る粘膜マスト細胞 https://t.co/5AGTMMjieU https://t.co/f84SwEvMao
マグネシウムの予防的経口投与はP2X7受容体発現肥満細胞の結腸蓄積減少を通してマウスにおけるデキストラン硫酸ナトリウム誘発大腸炎を改善する Prophylactic Oral Administration of Magnesium Ameliorates Dextran Sulfate Sodium-Induced Colitis... https://t.co/mxEKFnmiYT https://t.co/eEOFoMK5DZ
お尻や足のピクピク痙攣気になってたけど、あれはカルシウムとビタミンD不足だと睨んでる。 KAKEN — 研究課題をさがす | ビタミンD欠乏症の発症リスクに関する網羅的遺伝子解析 (KAKENHI-PROJECT-23591489) https://t.co/GjvdjwZxxH
ちなみに《発酵食品工業に用いているA.oryzae,A.sojaeなどのセリンプロテアーゼにはエラスターゼ作用はない》。 有毒のアスペルギルスA.flavusやA.fumigatusと食用アスペルギルスA.oryzaeやA.sojaの関係は、丁度《キノコにおける毒キノコと食用キノコのような関係》にある。 https://t.co/Sgx8WgATGH https://t.co/ZPrV2Fmw3e
真菌すげーな笑 やめてくれよ笑 “真菌が寄生増殖した副鼻腔を中心に発症するが,真菌塊形成ではなく,好酸球性ムチン中に真菌が増殖し,周囲粘膜は好酸球浸潤著明な多発性ポリープを特徴とするアレルギー性真菌性鼻副鼻腔炎が1990年後半より世界中で報告” https://t.co/L4ycvLnGLi
⚪栄養素代謝物としてのマグネシウムの重要性 ─特に栄養素の代謝については,生理および生化学的指標の変化と結び付けられるような遺伝子の発現変化,また生化学データでは捉えることが出来ない変化など,Mg欠乏による栄養素代謝への影響を理解する上で重要な知見が得られた https://t.co/TprlOFOtEq

2 0 0 0 OA 1. 血糖

“基本的に性周期の低温期と高温期はそ れぞれインスリン感受性の良好な時期と不良な時期に あたり,黄体期にはインスリン分泌が増大し月経前に 血糖が上昇するパターンをとる.” 同じ食事してても排卵後は浮腫みやすくてコントロールしにくくて、むぅ。 https://t.co/YRp25ghYrC
Resistant starch is a promising dietary fiber. New research explores its effects on the gut microbiota and its metabolites in fecal sample cultures from patients with coronary artery disease https://t.co/3fgvyKtgyz
お灸は皮膚の酸化還元電位を低下させ、さらにはSODを活性化させる。 「直接灸および灸頭鍼刺激が表皮局所に及ぼす影響 : 酸化還元電位および水素イオン濃度を指標として」 https://t.co/KhngwaGVPr
@eri010k @a_iijimaa1 Mgは脂肪酸代謝でも精神的健康に関連し https://t.co/YrMZc1eQQt 他方で短期間に食費の年間総支出額で肉・パン(飽和脂肪酸・精白小麦優勢)が半分以上を占める世帯が増え、繊維不足・後成遺伝子変異の影響も危惧されます。 https://t.co/eYzXfztzNE https://t.co/eCquc4CyUF https://t.co/uQrnusXJus
殺すのでなく転写因子を阻害する、という点で真菌やカンジダにアプローチ https://t.co/bDTlZYD0kL 転写阻害しながら、栄養満たして行けば早いだろなぁ
緑茶のポリフェノールがカンジダのバイオフィルムの形成を阻害するという研究。https://t.co/1S3NsP8ho6 口腔のバイオフィルム形成をポリフェノールが阻害するという研究もあり、バイオフィルム対策にはポリフェノール摂取が有効なようだ。https://t.co/DZlEpGPAmm
大野博司「腸内細菌叢と宿主の生理・病態への関与」 炎症性腸疾患患者は酪酸菌が少ない。腸の炎症とは基本的に免疫細胞の異常反応により起こる。酪酸菌は、免疫細胞を制御するTreg細胞の産生する。つまり、酪酸菌の減少は結果的に免疫細胞を暴走させ腸の炎症を生じさせてしまうhttps://t.co/DdsAbrcWIg
IBSへのプロバイオティクスの処方だと、ラクトバチルス菌ではIBSは改善が見られなかったが、ビフィズス菌だと改善傾向にある。IBSにはビフィズス菌のプロバイオティクスが有効。 福土審「過敏性腸症候群と腸内細菌叢gut microbiota」(2018) https://t.co/HQWWjRfcoZ
口腔内短鎖脂肪酸の歯周組織と全身疾患に及ぼす影響 https://t.co/i9iS2Wr41F https://t.co/IcGzFCXcRP
この対談の中で京大の先生が「腸管に炎症があるだけでサイトメガロウイルスの再活性化がおこってしまうとい う事実があります。これは私たちもマウスモデルを使って実験を行いました」って話してる....。 https://t.co/YI3I5NXj8P https://t.co/zgNqTB0wKD

フォロー(7265ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

フォロワー(8657ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)