ひろ (@thirokazu_uc)

投稿一覧(最新100件)

腸管でのMg 吸収を司る主たるトランスポーターであるtransientreceptor potential melastatin type 6(TRPM6)の活性は腸管内局所のpH に依存しており,PPI 使用による腸管内pH の… https://t.co/kRx4LOnRbQ
亜鉛吸収を向上させる食品因子の探索 スクリーニングの結果、複数の「味噌」に亜鉛吸収を促進するトランスポーターZIP4の発現量を増加させる効果が認められた。 味噌汁が良さそうですね...。 https://t.co/2D8mwya3kD
大腸アルカリフォスファターゼ及びβ-グルコシダーゼの新規生理的意義と食品因子による制御作用の解明 https://t.co/zdTblrUxhF
アルカリフォスファターゼ(ALP)は亜鉛酵素ともよばれる。活性中心にZn2+を結合しており、Zn2+を失うと失活するとされていた。一方で、高濃度のZn2+がALP活性を阻害することも知られており、ALP活性測定はマグネシウム(Mg… https://t.co/NcB0FzaAwe
腸アルカリフォスファターゼ(IAP)活性化 亜鉛、マグネシウム、カルシウム、コバルト、マンガン https://t.co/loEHtPe1be https://t.co/GBRVZ4HTon ビタミンD… https://t.co/fAnKJUvZKy
腸アルカリフォスファターゼ(IAP)活性化 亜鉛、マグネシウム、カルシウム、コバルト、マンガン https://t.co/loEHtPe1be https://t.co/GBRVZ4HTon ビタミンD… https://t.co/fAnKJUvZKy
腸アルカリフォスファターゼ(IAP)活性化 亜鉛、マグネシウム、カルシウム、コバルト、マンガン https://t.co/loEHtPe1be https://t.co/GBRVZ4HTon ビタミンD… https://t.co/fAnKJUvZKy
Mg,Ca及びZnのヒトアルカリ性ホスファターゼ活性に対する作用 Mg,Ca及びZnは独立してALP活性を促進することが可能である。 https://t.co/loEHtPe1be
コレステロール代謝に関わる核内受容体farnesoid X receptor(FXR)の解析 核内受容体 farnesoid X receptor (FXR)は,胆汁酸・コレステロール代謝に関与する。また、FXRは脂質や糖代謝に… https://t.co/wur8TzmsIR
ビタミンKの核内受容体を介する新しい 作用機構 https://t.co/b7KPc9EVSI https://t.co/1dFrcHvG1W
P-糖タンパク質(MDR1)の小腸特異的な誘導機構の解明 小腸P-糖タンパク(MDR1)の誘導には、核内受容体であるpregnane X receptor (PXR)が重要な役割を果たしており、小腸には他の臓器と比較してPXRが… https://t.co/DMlxgvoMDb
近年,主に肝臓や小腸で発現している核内受容体である PXR/SXR がビタミンKのリガンドとして働き,標的遺伝子の調節を行うというメカニズムが報告されている。 https://t.co/inzivyYRXy ビタミンKがPXR… https://t.co/rVvXaFdoJj
ヒト小腸上皮様細胞株 Caco-2 におけるビタミンDによる小腸型アルカリホスファターゼ発現の増強作用 研究において、ヒト小腸上皮様細胞でのビタミンDによる小腸型アルカリフォスファターゼ発現の増強作用を示すことができた。… https://t.co/SnMfRWPvcp
腸管アルカリフォスファターゼが炎症性腸疾患の粘膜防御機構に果たす役割 潰瘍性大腸炎の患者腸粘膜において免疫組織化学染色を用いた症例で腸管アルカリフォスファターゼ(IAP)活性が低下していることが報告されている。 #潰瘍性大腸炎… https://t.co/w6T2LhMKvd
RT @L7kYDYUG6wYKDgW: 日本国産ハチミツの免疫細胞と Lipopolysaccharide(LPS) 誘導性肺炎症に及ぼす影響 https://t.co/oor6Jypdvh
ヒト小腸上皮様細胞株Caco-2におけるビタミンK2のアルカリホスファターゼ活性および遺伝子発現への影響 本研究において、ヒト小腸上皮様細胞を用いて、ビタミンK2がALP活性および小腸型ALP遺伝子発現を増強させることを初めて示… https://t.co/KyoFx9bMID
高脂肪食とビタミンD不足は、腸管型アルカリフォスファターゼ活性を低下させます。 https://t.co/1Vnaeo90Au 亜鉛不足もアルカリフォスファターゼ活性を低下させますね。
うつ病におけるP2X7受容体及び亜鉛を介したシグナリングの協調的連関の変動 https://t.co/gofDKbsPF3
RT @thirokazu_uc: マグネシウムの予防的経口投与はP2X7受容体発現肥満細胞の結腸蓄積減少を通してマウスにおけるデキストラン硫酸ナトリウム誘発大腸炎を改善する Prophylactic Oral Administration of Magnesium Amel…
亜鉛異常における小腸粘膜病変に対する漢方薬の作用 中国では亜鉛欠乏症の治療に漢方薬(董香, 紫蘇, 木香, 陳皮, 知母, 鶏内金)と硫酸亜鉛を併用すると硫酸亜鉛のみによる治療より安全で良い効果の得られる事を報告している。 https://t.co/TL0fPq7oHQ
ビタミンDによる小腸型アルカリホスファターゼ発現の増強作用 ヒトの小腸においてビタミンD3がALP 活性を増強することにより,脂質吸収の調節や,腸の恒常性の維持などに関与している可能性が推察された。 ビタミンDは腸のphをアル… https://t.co/kUCjcTTSZa
RT @L7kYDYUG6wYKDgW: ビタミン D 添加が角化上皮細胞由来抗菌ペプチドの 発現に与える影響 https://t.co/NUTgpbFjDQ https://t.co/9aZNTsVI0m
RT @thirokazu_uc: 有害金属の異常蓄積は亜鉛不足と関連し、 亜鉛濃度と鉛濃度との間には有意な負の相関関係が見られた。同様の関係が、亜鉛濃度とアルミニウム・カドミウム濃度との間にも認められた。これらの結果は、亜鉛が不足すると有害金属が体内に蓄積することを示唆してい…
セロトニンとの関係が最も有名なのは IBSであるものの、IBDのように消化管粘膜に組織学的な炎症像を伴うケース や、腸内細菌に対する免疫学的な応答異常が存在する場合が認識されており、これにセロトニンの異常が関与している可能性を示唆… https://t.co/oEryj791Ki
RT @L7kYDYUG6wYKDgW: 鉄は腸内細菌叢の組成と毒性変化を介してIBDの病態に関与することが示された。 KAKEN — 研究課題をさがす | 炎症性腸疾患における増悪因子としての鉄の役割-腸内細菌および鉄関連分子からの解析 (KAKENHI-PROJECT-2…
RT @Yuka37714907: ビタミンAはビタミンDに比べてあまり研究されていないため論文も少ないのですが、ホルモンとして働き、特に粘膜、免疫、視覚(網膜)と関係します 過剰症がありますので摂りすぎ注意 亜鉛とセットで摂りましょう VDはマグネシウムとセットで 腸管…
RT @yasu0804: ちょい前から風邪引いて、特に薬もサプリも飲まないで様子見してたけど、そういえばアメリカの子どもは風邪のとき亜鉛トローチ舐めてたの思い出して亜鉛サプリ飲んでみた。 効目スゴい。明らかに良くなった。 亜鉛と免疫 https://t.co/OA1LfE…
RT @L7kYDYUG6wYKDgW: マクロファージ先生は亜鉛を使うんだろうね。 ウイルスはそれが分かってジャックする? 1-III-5 亜鉛はマクロファージの形質分化制御を介して腸管炎症を抑制する(一般演題要旨,ビタミン・バイオファクター研究のさらなる魅力~大和まほろぱ…
RT @matsuzakk: @akira_pt4ever @cyako831 酸化食品食べていると アシドーシス(酸化過多)になってしまいます。 酸化する食品ではなく、 抗酸化、還元力がある食品が大事ですね。 https://t.co/0ETghyd2ux
低亜鉛血症は大腸がんのリスクとされている。マクロファージが亜鉛欠乏状態に陥ることで、IRF5の核内移行が促進→炎症性サイトカインIL23p19の発現亢進→炎症性リンパ球であるTh17の活性化→大腸炎の増悪 新規亜鉛応答タンパク質… https://t.co/A5DBBe3avi
亜鉛補給は小児集中治療室におけるカンジダ感染を減少させる:無作為化プラセボ対照臨床試験 Zinc supplementation reduces Candida infections in pediatric intensive… https://t.co/NLKXidxhkF
共生と排除を司る粘膜マスト細胞 https://t.co/5AGTMMjieU https://t.co/f84SwEvMao
RT @L7kYDYUG6wYKDgW: KAKEN — 研究課題をさがす | マグネシウム欠乏の免疫応答に及ぼす影響 (KAKENHI-PROJECT-04454217) https://t.co/ysAF1AKrjj
@L7kYDYUG6wYKDgW patmは人それぞれの症状で難しいですね。皮膚ガスは健康な方でも、出ているみたいなので腸内環境を含めた体質改善がポイントなのでしょうね...。 https://t.co/NOe2b1zA5Q
マグネシウムの予防的経口投与はP2X7受容体発現肥満細胞の結腸蓄積減少を通してマウスにおけるデキストラン硫酸ナトリウム誘発大腸炎を改善する Prophylactic Oral Administration of Magnesiu… https://t.co/yeMFCOWffe
RT @thirokazu_uc: ここまで分かった亜鉛の免疫システムにおける役割 https://t.co/4A5gqpHpxQ
青黛成分のうち、含有率の高いindol, I3C (インドール-3-カルビノール)に着目し、各々を経口投与し、急性腸炎モデルにて比較検討を行った。Indigo、I3C(インドール-3-カルビノール)投与においては既報と異なり、DS… https://t.co/NRt6g14Itb
亜鉛は IL-6/STAT3 シグナル伝達経路を抑制することにより炎症性疾患の発症を抑制している。 https://t.co/4A5gqpHpxQ https://t.co/XDgwjMgUo9
亜鉛欠乏が炎症性腸疾患の発症や増悪に関与する仕組みの解明とその予防・治療への戦略 - 京都大学 https://t.co/Jq9mAHPvHK
生体侵襲時の酸素ストレスに対する血液還元化の効果に関する臨床的ならびに実験的研究 血液の酸化還元電位を下げることも大切ですね...。 https://t.co/jRwNPo5bkJ
胆汁酸代謝とビタミンD受容体 https://t.co/ArGDVVEqk5
大腸癌および炎症性腸疾患に関わるビタミンDレセプターの高次機能の解明 コントロ ールマウスの近位および遠位大腸において Vdr の遺伝子発現の減少が認められた。 https://t.co/GhhdpOgdmF
婦人の不定愁訴とヒト常在性EBウイルスの活性化 本疾患患者はすべてEBV感染者であった。EBV活性化の指標とされている抗EA抗体において患者群の約9割が陽性を示し,本疾患でのEBVの活性化が示唆された。 https://t.co/rcc64Ejx1e
大腸癌患者と腸内細菌叢 われわれの測定結果は,嫌気性菌群に差は認められないが,好気性菌群が大腸癌 症例に多く認められた.いずれの結果も,大腸癌症例の腸内環境が好気的状態にあることを示唆する.これは大腸内の酸素張力の増加と酸化還元… https://t.co/XN7mV9WIZf
潰瘍性大腸炎症例における便中細菌叢の推移 何らかの機序により大腸内の酸素張力の増加,酸化還元電位の増加がおこっていることなどの変化が活動期および増 悪期症例では,緩解期症例に比較して大きいためであろうと考えられた。 https://t.co/UX26KTucQX
RT @thirokazu_uc: 食品の酸化還元電位に関する研究 https://t.co/DkRA7L06lq
有害金属の異常蓄積は亜鉛不足と関連し、 亜鉛濃度と鉛濃度との間には有意な負の相関関係が見られた。同様の関係が、亜鉛濃度とアルミニウム・カドミウム濃度との間にも認められた。これらの結果は、亜鉛が不足すると有害金属が体内に蓄積すること… https://t.co/2RU9YokGUP
RT @thirokazu_uc: 亜鉛製剤であるプロマックを潰瘍性大腸炎誘発マウスに投与すると,臨床症状が改善されることが報告されている。亜鉛投与マウスでは炎症組織での好中球浸潤,炎症性サイトカインの産生が抑制されていた。亜鉛が免疫システムに作用して,炎症疾患を抑制することが…
潰瘍性大腸炎におけるHelicobacter pylori感染と胃粘膜萎縮の関連 胃粘膜萎縮を有無による下部消化管のフローラの検討を行い,胃粘膜萎縮のある群では,ない群に比べて Lactobacillus属が有意増加することを報… https://t.co/97rDLjivIv
レチノイン酸は大腸上皮細胞において NF-k B シグナリングを活性化する 逆にレチノイン酸(ビタミンA)が炎症性腸疾患の発症、憎悪に関係するかも知れないという報告も...。 https://t.co/wmInWiRj62
レチノイド(ビタミンA)による自己免疫疾患の治療 レチノイン酸には,以前から TGF-βの産生を促進する作用があることが知られている。レチノイドには IgA産生誘導する作用があるが,腸管組織でのTGF-β産生促進を介してIgAへ… https://t.co/qaWAgN3hWO
レチノイドシグナルによる免疫寛容の誘導と制御のメカニズム ビタミンA欠乏マウスでは経口免疫寛容が正常に誘導されないことを明らかにした。さらにその原因として、特に腸間膜リンパ節DCの性質変化が大きな関与をしていることを見出した。 https://t.co/gNMSzg8bDg
ビタミンA摂取が腸管免疫バランスを制御する樹状細胞の機能発現に与える影響 ビタミンAは腸管環境とDCの機能発現を制御し、腸管粘膜における免疫寛容の誘導に極めて重要であることが示唆された。 https://t.co/ngfbyufE1a
ビタミンD3分解産物中に見出された抗ピロリ菌物質の同定およびその特性 25-ヒドロキシビタミンD3 (循環型ビタミンD3) および 1,25-ジヒドロキシビタミンD3 (活性型ビタミンD3) が、ピロリ菌に対して直接殺菌作用を示… https://t.co/KzKAk63oBV
栄養素代謝におけるマグネシウムの重要性 Mg欠乏状態ではたんぱく質利用が障害され,Mg正常食投与 により一部は回復されるが,成長遅延については,14 日間の期間では完全に回復しないことが示唆された。 https://t.co/kIEyU2bNvI
やっぱり潰瘍性大腸炎やクローン病では、脂質摂取量を制限してしまう事で、ビタミンDの吸収障害に関係するみたい...。 https://t.co/onbuS2k9Tr
「副腎摘出手術を施したマウスでは亜鉛欠乏による胸腺萎縮が軽減された」とあるので、亜鉛不足での胸腺の萎縮、免疫力低下は、ステロイドホルモンの分泌量増加による影響だと。 https://t.co/4A5gqpHpxQ
亜鉛製剤であるプロマックを潰瘍性大腸炎誘発マウスに投与すると,臨床症状が改善されることが報告されている。亜鉛投与マウスでは炎症組織での好中球浸潤,炎症性サイトカインの産生が抑制されていた。亜鉛が免疫システムに作用して,炎症疾患を抑… https://t.co/uFl4kqDGrw
亜鉛欠乏が炎症反応を増悪させる分子機序の解明 https://t.co/bXYw0SoZMI
炎症性腸疾患患者の入院時栄養評価 -潰瘍性大腸炎とクローン病の比較- https://t.co/RD14TpBKTA
エビデンスに基づいた血清亜鉛値による亜鉛欠乏症の診断基準値 https://t.co/tUCGgiYOIP
炎症、薬、添加物、食事制限他の影響で、亜鉛の吸収が低下してしまう可能性が高い、潰瘍性大腸炎やクローン病の患者さんは、免疫に関係し、著しく免疫低下や感染症を引き起こす亜鉛欠乏に注意した方がいいのかも知れません… https://t.co/QWsLQlHEU5
ここまで分かった亜鉛の免疫システムにおける役割 https://t.co/4A5gqpHpxQ
亜鉛吸収を向上させる食品因子の探索 大豆抽出物には,細胞膜上のZIP4を増加させ,細胞内への麗鉛取り込みを促進する因子が含まれることが判明した。 https://t.co/m458Zt3TEI
@L7kYDYUG6wYKDgW こちらこそよろしくお願います!症状は違っても根本的な要因はそれ程かわらないですよね。 これ、ご存知のでしたらすみません。 鼻腔内から赤色酵母(Rhodotorula mucilaginosa)… https://t.co/BLTz01Ekkt
潰瘍性大腸炎発症における亜鉛の関与 : なぜ炎症性腸疾患で血中亜鉛濃度が下がるのか https://t.co/2zkBFJmotJ
ここまで分かった亜鉛の免疫システムにおける役割 https://t.co/4A5gqpHpxQ
口腔常在カンジダは腸管においてカンジダ特異的Tregを誘導するか https://t.co/nmsi1MWTXF
ヒト常在乳酸菌生産物質の生理活性解析研究 乳酸菌生産物質のガン細胞増殖抑制作用は、正常細胞にほ作用せず主にガン細胞へのアポトーシス誘導のようですがその他にも可能性を秘めてるよう...。 https://t.co/2jIbB8UUmt
大腸内細菌の代謝と代謝産物の作用 https://t.co/ORRDO8OFM6
RT @laughibslife: 「損傷を受けて"間違った"反応を示す酵素タンパク質を速やかに消去することは細胞のホメオスタシスを保つうえで必要と思われる。タンパク質が実際に細胞内で活性酸素によって損傷を受けるので,タンパク質の代謝回転が活性酸素による損傷によって決定されてい…
トリプトファンーナイアシン転換率におよぼすビタミンとミネラルの影響 ミネ ラル群の欠乏は有意に転換率を低下させることが明らかとなった。 https://t.co/jC1XBSALq2
月経周期と持久性運動による唾液の酸化ストレス指標の変動 https://t.co/oMGXpjAJrp
潰瘍性大腸炎症例 における便中細菌叢の推移 嫌気性菌減少の一因として、大腸内の酸化還元電位の増加、酸素張力の増加 が考えられる。 https://t.co/UX26KTucQX
食品の酸化還元電位に関する研究 https://t.co/DkRA7L06lq
マスト細胞を標的とした次世代型プロバイオティクス開発に向けた基礎研究 https://t.co/zavKbhy85z
インジゴを含有する青黛は潰瘍性大腸炎の新たな治療薬となるか https://t.co/ryepLoMOFd
乳酸菌のバイオフィルム形成機構の解析 乳酸菌もバイオフィルムを形成するみたいだから不快なお腹の症状が続くIBSとか関係ありそう...。 https://t.co/R1WXErYy9u
UCでは炎症部でラクトフェリンの分泌が増えるのは、病原細菌の感染やバイオフィルム形成の阻害など感染防御に免疫が働いているんでしょうね。 https://t.co/poAodqvwYd
腸内代謝産物によるIgA誘導作用機序の解明 IgAを増やすのも酪酸...。 https://t.co/tELt7hw5nn
短鎖脂肪酸の生理活性【1997】 短鎖脂肪酸には,消化管粘膜の血管を拡張させて,粘膜の血流量を上げる作用がある。 大腸内のpHは乳酸やコハク酸ができると環境は激変する。 短鎖脂肪酸はカルシウムだけでなく,マグネシウムの結腸か… https://t.co/SRAVSTF4fF
喫煙による潰瘍性大腸炎発症の抑止:遺伝子改変マウスを用いた新規治療戦略の確立 https://t.co/4lVqTn83AJ
IL-33は、ほかの炎症性サイトカインと異なり潰瘍性大腸炎の活動期でのみ発現の上昇が特異的に認められる。 https://t.co/YI3I5NXj8P
腸内細菌叢の構成バランスの調節による炎症性腸疾患の制御 IL-33は大腸炎の発症に対して防御的に働く。機序としてIL-33 → IgA →腸内細菌叢の構成の調節 → IL-1α経路はIBDの治療に向けた新しい創薬標的となり得る https://t.co/3bB61lW8UB
腸内細菌によるエピゲノム修飾を介した腸管制御性 T 細胞の誘導機構 https://t.co/Q20tG0VX1x
腸管免疫からみたアレルギー疾患 https://t.co/8ntBpJyYDF https://t.co/wOkqMGOgdV
漢方方剤の抗発癌プロモーター作用(第2報)小青龍湯によるマウス皮膚及び肺発癌プロモーター抑制効果【1994】 小青龍湯に極めて強いEpstein−Barr Virus抑制効果を認めた。 https://t.co/iQHKpSpJbh
生薬のEpstein−Barr Virus活性化抑制作用および抗発癌プロモーター作用について【1987】 藤瘤(ふじこぶ・とうりゅう)、訶子(かし)、にEBV活性化に対する抑制効果が認められた。 https://t.co/6LLR44ECv7
@tweetcoju 漢方のエキス製剤にも、コーティングに乳糖が使われているそうです。IBSの患者さんでは、漢方が処方されるケースが多いと思いますので注意が必要かもですね。 https://t.co/4wuYK7G9Ho
潰瘍性大腸炎発症時における薬物代謝酵素 cytochrome P450 の発現変動とその変動メカニズム に関する研究 https://t.co/MVyuJarXlS
口腔内短鎖脂肪酸の歯周組織と全身疾患に及ぼす影響 https://t.co/i9iS2Wr41F https://t.co/IcGzFCXcRP
インドール含有青黛生薬の炎症制御機序解明および大腸癌抑制効果の検証 https://t.co/JrjLHiyo0H
腸管IgA抗体による腸内細菌制御のメカニズム https://t.co/rkjPD46x1z
口腔の短鎖脂肪酸研究でみえてきたこと嫌気性菌代謝産物・酪酸の組織為害作用とエピジェネティクス[2014] EBVは歯周病原菌が産生する酪酸により再活性化することが分子レベルで判明した。 ある種の細菌が産生する酪酸でCMVやEB… https://t.co/EgwvHYUnWU
日本版低FODMAP食導入による過敏性腸症候群への臨床効果 近畿大が 研究を始めたのかな...。 https://t.co/jYTgKOlSRw
腸内細菌叢とリウマチ疾患 https://t.co/tP5A22Achy
漢方エキス剤のコーティングには乳糖か...。 https://t.co/4wuYK7G9Ho
金井教授のこの研究は斬新...。 プロバイオティクス優位腸内細菌パターン形成ワクチンの開発 https://t.co/JNJoHIBTzt
炎症性腸疾患の病態と腸内細菌の関わり...。 https://t.co/jWLOxB7TtD

お気に入り一覧(最新100件)

有精卵っていいな。これ以外にも有精卵にはミオスタチンの分泌を抑制する可能性が示唆されている「フォリスタチン」が含まれているといわれている。 ミオスタチンノックアウトだと筋肥大が亢進するといわれ、ヤセ型のウィペットですらマッチョに… https://t.co/eOZkt9wTQO
硫化水素とコルチゾール、硫化水素とドーパミンに正の相関か。 コルチゾール出る時、ドーパミンも出るしね。 報酬のために、不安になりたくてなるっていうのはあるんだろうなぁ。 そして、統合失調症の方の脳には硫化水素が溜まってる。… https://t.co/aV0TLnbmKc
KAKEN — 研究課題をさがす | EBウイルス抗原による潜在EBウイルス活性化抑制機構の解明 (KAKENHI-PROJECT-06770225) https://t.co/1tnZsiEui6
KAKEN — 研究課題をさがす | 消化管におけるフィチン酸の酸化ストレス防御機構の解析 (KAKENHI-PROJECT-11660127) https://t.co/2NzR5wRVRs… https://t.co/d4DVxMYsUU
グ ラ ム 陰 性 桿 菌 ―腸内細菌を中心に― https://t.co/8DdSE8p5aN
癌と神経・免疫 https://t.co/7W7Zhui4Wv https://t.co/2HmIkAuoId
インフルエンザ感染症に合併した急性虫垂炎の 2 小児例 https://t.co/9n5iK7rxrF
幼少期の劣悪な成育環境が脳に及ぼす影響:母子分離マウスを用いた解析 https://t.co/dztX9vVbRh https://t.co/8HHOXjO5aD
こちらはラクトバチルス ジョンソニーさんとアシドフィリスさん。 免疫賦活作用が確認された。 Lactobacillus johnsonii La1株含有発酵乳の摂取によるヒト自然免疫の 活性化及び過剰摂取時の安全性に関する検討… https://t.co/pqb2tmdlvc
@thirokazu_uc 非定型下痢原性大腸菌について 2 ―不均一菌群からなる分散接着性大腸菌(DAEC)の下痢原性について― https://t.co/RwfIl8tRzF
プロバイオティクスの歴史と進化 https://t.co/KcjMvgrVwV https://t.co/N3EcnzNBeq
腸内細菌と脂質代謝 https://t.co/2JCv1mmyxS https://t.co/ddJUANtdVA
日本国産ハチミツの免疫細胞と Lipopolysaccharide(LPS) 誘導性肺炎症に及ぼす影響 https://t.co/oor6Jypdvh
糖質制限中は卵を食べると胃痛が酷くて断念していたけど解除してからは症状がなくなった
neurodermatitisか。 SIBOと似てる…? CiNii 論文 -  アトピー性皮膚炎の血管生理の研究 Ⅱ アトピー性皮膚炎における皮膚顕微鏡の臨床診断的応用に関する研究 https://t.co/seTRqS9frq
食・栄養・遺伝子・代謝・進化 ~ 人類の食と遺伝子の変化 https://t.co/FukNcrISYZ
参考: 「有機野菜と慣行野菜の微生物の分布ならびにミネラル・ビタミン含量の比較」 https://t.co/MGT6598ueD 野菜に含まれる成分を有機ラベルの有無で比較した実験。個別では多少の差は認められるが試料全体に有意差は認められないという結果。
B2やナイアシンはグルタチオンの再生にも関与するのね♪ そして改めてアスタキサンチン強力すぎる
乳酸菌て、おなかに優しくて美味しそうな顔してるけど、じつは神か何かなん? 「乳酸菌を取り込むと、細胞も若返る?! ~"人間、またしても発酵食品のお世話になる"の巻~」 https://t.co/UEsOcnkJlX… https://t.co/kSCPEtqpsU
昔ながらの生活と食べものを考える上で、50〜60年前に調査して書かれたこの資料は、非現代の面影を色濃く残していてとてもおもしろい。おそらく、平安時代の生活も大差はないと想像。そして、注目すべきはこの長寿率。 「僻地における食生活… https://t.co/AWiorxSBmt
アルツハイマーの原因にミクログリア仮説もある。 そのミクログリアがなぜ活性化するのか、結局はジンジバリス等のグラム陰性菌が出すエンドトキシンがトリガーなのかもね。 エ ン ド トキ シ ン(LPS)に よる培養神経細胞 死 に対… https://t.co/scd7zMfqeF
やっぱり貴方です、グラム陰性菌。 マクロファージネットワークに基づいた食経験を持つグラム陰性菌リポ多糖の機能性食品素材 (IP-PA1) への新展開 https://t.co/QzpGDx9zoX https://t.co/xp06Ld2XvA
オレキシン療法いけそう。 だとすると、確かマグネシウム有効だったかな。 KAKEN — 研究課題をさがす | 脳内オレキシンシグナル低下はIBSの病態を引き起こす (KAKENHI-PROJECT-26460955) https://t.co/RKvhfQ4Kh2
カンジダが欲しがるのは「鉄」です。 カンジダのストレス応答からみえてきた真菌症治療戦略 https://t.co/U24ZWWkWez https://t.co/OucCs0FGCm
ビタミンAはビタミンDに比べてあまり研究されていないため論文も少ないのですが、ホルモンとして働き、特に粘膜、免疫、視覚(網膜)と関係します 過剰症がありますので摂りすぎ注意 亜鉛とセットで摂りましょう VDはマグネシウムとセッ… https://t.co/VXlvPxNqNr
KAKEN — 研究課題をさがす | 松果体メラトニンによる副腎ホルモン合成・分泌への影響とその分子機序の解明 (KAKENHI-PROJECT-25461388) https://t.co/Xnx1p7JbRc
ちょい前から風邪引いて、特に薬もサプリも飲まないで様子見してたけど、そういえばアメリカの子どもは風邪のとき亜鉛トローチ舐めてたの思い出して亜鉛サプリ飲んでみた。 効目スゴい。明らかに良くなった。 亜鉛と免疫… https://t.co/PY5QQ7u0YA
ジンジバリスはウイルスを宿主細胞に感染しやすいようにする。 KAKEN — 研究課題をさがす | 口腔細菌がインフルエンザ感染に及ぼす影響の解明とそれを基盤とした感染予防への応用 (KAKENHI-PROJECT-15K1143… https://t.co/YujYU9GA9l
エンドトキシンで惹起される酸化ストレス→過酸化脂質。 肝臓、腎臓、肺にダメージ。 そしてエンドトキシン血症で亜鉛欠乏。 メタロチオネイン気になる。この3分の1がシステインだもんなぁ。 敗血症性ショックモデルとしてのエンドトキシン… https://t.co/DuFUU1RJyu
KAKEN — 研究課題をさがす | エンドトキシンを用いたマウスモデルによるニッケルアレルギーの解析 (KAKENHI-PROJECT-18591995) https://t.co/gpTULcPF4N
グラム陰性菌が減らないと、ヒスタミン出る一方かな。 敗血症性臓器障害におけるヒスタミンの役割: ヒスタミン関連遺伝子ノックアウトマウスを 用いた検討 https://t.co/1N5SELHHL6
やっと見つけた。 KAKEN — 研究課題をさがす | EBウイルスによる難治性歯周病発症機序の解明 (KAKENHI-PROJECT-24592843) https://t.co/F1jDJ40kZb
NASHとSIBOの関連はツイート済みだったけど、エンドトキシンがNASHに関与してたのか。 読みは外れてなさそう。 エンドトキシン出すのはグラム陰性菌。 でも、その裏にいるのはウイルスななずなんだ。 急に暴走と増殖は考えずらい。… https://t.co/ARMZjfNtV7
潰瘍性大腸炎によって鬱病になったけど、その鬱病の治療したら寛解のびたよんて話 認知療法的かかわりにより腹部症状の緩解維持効果が得られた,うつ病を併発した潰瘍性大腸炎の1症例 (精神医学 52巻1号) | 医書.jp https://t.co/ABrc0BlwXH
@akira_pt4ever @cyako831 酸化食品食べていると アシドーシス(酸化過多)になってしまいます。 酸化する食品ではなく、 抗酸化、還元力がある食品が大事ですね。 https://t.co/0ETghyd2ux
Epstein-Barrウイルス再活性化検出系の確立とそれを用いた エストロゲンによるウイルス再活性化の検討 https://t.co/tEqJkFDwsX
蜂蜜レモネード 黒糖ミルクココア アスタキサンチン この辺りも良さげ✨ アスタキサンチンが脂肪細胞の脂質代謝に及ぼす影響 https://t.co/wiv0Y8mCDJ
マグネシウムの予防的経口投与はP2X7受容体発現肥満細胞の結腸蓄積減少を通してマウスにおけるデキストラン硫酸ナトリウム誘発大腸炎を改善する Prophylactic Oral Administration of Magnesiu… https://t.co/yeMFCOWffe
お尻や足のピクピク痙攣気になってたけど、あれはカルシウムとビタミンD不足だと睨んでる。 KAKEN — 研究課題をさがす | ビタミンD欠乏症の発症リスクに関する網羅的遺伝子解析 (KAKENHI-PROJECT-2359148… https://t.co/w260vmpuP2
真菌すげーな笑 やめてくれよ笑 “真菌が寄生増殖した副鼻腔を中心に発症するが,真菌塊形成ではなく,好酸球性ムチン中に真菌が増殖し,周囲粘膜は好酸球浸潤著明な多発性ポリープを特徴とするアレルギー性真菌性鼻副鼻腔炎が1990年後半… https://t.co/Ov4ZyqyPxf
お灸は皮膚の酸化還元電位を低下させ、さらにはSODを活性化させる。 「直接灸および灸頭鍼刺激が表皮局所に及ぼす影響 : 酸化還元電位および水素イオン濃度を指標として」 https://t.co/KhngwaGVPr
緑茶のポリフェノールがカンジダのバイオフィルムの形成を阻害するという研究。https://t.co/1S3NsP8ho6 口腔のバイオフィルム形成をポリフェノールが阻害するという研究もあり、バイオフィルム対策にはポリフェノール摂取… https://t.co/rxJGGzQWoX
難消化吸収性糖質は摂ればお腹に良いとか美しく痩せるとかいう単純なものではない。 「難消化吸収性糖質の消化・発酵・吸収ならびに許容量に関する研究」 (平成17年度日本栄養・食糧学会学会賞) キーワード: 難消化吸収性糖質,下痢,… https://t.co/eoAUBcl4wS
日本栄養・食糧学会誌の更新情報 ヒト小腸上皮様細胞株Caco-2におけるビタミンDによる小腸型アルカリホスファターゼ発現の増強作用:野田 聖子, 山田 麻子, 中岡 加奈絵, 五関‐曽根 正江 https://t.co/AY9W0lsBES #栄養学雑誌 #日本栄養・食糧学会誌
この前講義で聞くまで、粘膜治癒って思ってたより注目されてたの知らなかった。ポリリン酸、ちゃんと調べよう。プロバイオティクス由来成分がUCの治療薬になるのは面白いな。https://t.co/CSVUU0Ljc8

フォロー(777ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

#脳脊髄液減少症 の診断が不安なら、荏原病院脳神経外科で診てもらうことをお勧めします。本当に髄液が漏れているかを確認してもらえます。 https://t.co/BKfNudNQqx
RT @thirokazu_uc: 亜鉛吸収を向上させる食品因子の探索 スクリーニングの結果、複数の「味噌」に亜鉛吸収を促進するトランスポーターZIP4の発現量を増加させる効果が認められた。 味噌汁が良さそうですね...。 https://t.co/2D8mwya3kD
RT @thirokazu_uc: 亜鉛吸収を向上させる食品因子の探索 スクリーニングの結果、複数の「味噌」に亜鉛吸収を促進するトランスポーターZIP4の発現量を増加させる効果が認められた。 味噌汁が良さそうですね...。 https://t.co/2D8mwya3kD
RT @blue_standard2: 論文題目が怖くて泣いちゃった https://t.co/vy03jr62JZ https://t.co/bS90AxWlwJ
RT @thirokazu_uc: 亜鉛吸収を向上させる食品因子の探索 スクリーニングの結果、複数の「味噌」に亜鉛吸収を促進するトランスポーターZIP4の発現量を増加させる効果が認められた。 味噌汁が良さそうですね...。 https://t.co/2D8mwya3kD
ドパミン D2L 受容体欠損マウスにおける精神ストレス脆弱性のメカニズム https://t.co/GvVqYgwgQf https://t.co/yncOk1kowd
学生のレポートに見られる「引用」の問題点 : スキル教育を考える教育へ (特集 大正大学の基礎学力の向上) https://t.co/Q1oednMNxQ
アカデミック・ライティングにおける間接引用で求められる要約とは https://t.co/y3opfFsxwG
自然科学系分野における分野間引用関係経年変化の分析 https://t.co/LpmJ9e5kvS
雑談のポイントとしての「リアクション」 https://t.co/ohwI2nLL1u
LINEと口頭会話における終助詞「ね」の使用の特徴 ―台湾人中級日本語学習者を対象に― https://t.co/GUESmnBeRL
専門分野に即した引用方法の理解を促す活動の試み https://t.co/lYXdAIeAqD
学習者はどのように引用のしかたを判断しているか https://t.co/lFM43XzQTd
RT @L7kYDYUG6wYKDgW: 腸内細菌のバランス崩れて、コリン代謝も上手くいかず、ホモシステインも蓄積するのかな。 コリン性蕁麻疹にまで、まだ繋がらないー。 NAFLDの複雑な病因と病態 https://t.co/I4iV4gLTdY
RT @L7kYDYUG6wYKDgW: エンドトキシンで惹起される酸化ストレス→過酸化脂質。 肝臓、腎臓、肺にダメージ。 そしてエンドトキシン血症で亜鉛欠乏。 メタロチオネイン気になる。この3分の1がシステインだもんなぁ。 敗血症性ショックモデルとしてのエンドトキシンの病態…
場面緘黙の症状がある自閉症スペクトラムの成人男性(25)において、SSRIのフルボキサミンを服用しても症状に改善は認められなかったが、抗精神病薬のアリピプラゾールに切り替えてから徐々に他者に対して話し始めた事例。Mutism in… https://t.co/XMP5PjUnaJ
硫化水素とコルチゾール、硫化水素とドーパミンに正の相関か。 コルチゾール出る時、ドーパミンも出るしね。 報酬のために、不安になりたくてなるっていうのはあるんだろうなぁ。 そして、統合失調症の方の脳には硫化水素が溜まってる。… https://t.co/aV0TLnbmKc

フォロワー(916ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

#脳脊髄液減少症 の診断が不安なら、荏原病院脳神経外科で診てもらうことをお勧めします。本当に髄液が漏れているかを確認してもらえます。 https://t.co/BKfNudNQqx
RT @thirokazu_uc: 亜鉛吸収を向上させる食品因子の探索 スクリーニングの結果、複数の「味噌」に亜鉛吸収を促進するトランスポーターZIP4の発現量を増加させる効果が認められた。 味噌汁が良さそうですね...。 https://t.co/2D8mwya3kD
RT @thirokazu_uc: 亜鉛吸収を向上させる食品因子の探索 スクリーニングの結果、複数の「味噌」に亜鉛吸収を促進するトランスポーターZIP4の発現量を増加させる効果が認められた。 味噌汁が良さそうですね...。 https://t.co/2D8mwya3kD
RT @blue_standard2: 論文題目が怖くて泣いちゃった https://t.co/vy03jr62JZ https://t.co/bS90AxWlwJ
RT @thirokazu_uc: 亜鉛吸収を向上させる食品因子の探索 スクリーニングの結果、複数の「味噌」に亜鉛吸収を促進するトランスポーターZIP4の発現量を増加させる効果が認められた。 味噌汁が良さそうですね...。 https://t.co/2D8mwya3kD
ドパミン D2L 受容体欠損マウスにおける精神ストレス脆弱性のメカニズム https://t.co/GvVqYgwgQf https://t.co/yncOk1kowd
RT @L7kYDYUG6wYKDgW: 腸内細菌のバランス崩れて、コリン代謝も上手くいかず、ホモシステインも蓄積するのかな。 コリン性蕁麻疹にまで、まだ繋がらないー。 NAFLDの複雑な病因と病態 https://t.co/I4iV4gLTdY
RT @L7kYDYUG6wYKDgW: エンドトキシンで惹起される酸化ストレス→過酸化脂質。 肝臓、腎臓、肺にダメージ。 そしてエンドトキシン血症で亜鉛欠乏。 メタロチオネイン気になる。この3分の1がシステインだもんなぁ。 敗血症性ショックモデルとしてのエンドトキシンの病態…
硫化水素とコルチゾール、硫化水素とドーパミンに正の相関か。 コルチゾール出る時、ドーパミンも出るしね。 報酬のために、不安になりたくてなるっていうのはあるんだろうなぁ。 そして、統合失調症の方の脳には硫化水素が溜まってる。… https://t.co/aV0TLnbmKc