Togoooo Shimozawaaaa (@tsmz55)

投稿一覧(最新100件)

RT @daikinish: #相転移の世界 展で展示した #乱流屏風 に関する日本語の解説記事を教えて欲しいと度々ご質問いただいていたので、まとめておきます。古い順に 1)論文プレスリリース:https://t.co/8F5ZdIRvAx 2)物理学会誌の解説:https:/…
RT @daikinish: #相転移の世界 展で展示した #乱流屏風 に関する日本語の解説記事を教えて欲しいと度々ご質問いただいていたので、まとめておきます。古い順に 1)論文プレスリリース:https://t.co/8F5ZdIRvAx 2)物理学会誌の解説:https:/…
RT @fukunagaTsu: もう1個あります。 バイオイメージインフォマティクスにおける機械学習技術の活用 https://t.co/ax6RIyboDb
RT @ariga_prdgmmkr: あと、今日の講演会で聴いた3つ目の話はたぶんこれだと思うのだけど、思いがけず非常に興味深かった。この内容で、プロ好みの科学史論文が書けると思う。|CiNii 論文 -  私の研究 ゲノム解読が解き明かす実験用マウスの起源 https://…

5 0 0 0 OA 書評3

RT @hiro_t: 大沢流手づくり統計力学 - J-Stage (書評 金子邦彦) https://t.co/b5LCVoZFhz
RT @hiro_t: 生物物理学へ 生物物理学事始 - J-Stage https://t.co/7vZHcvjOZ0 大沢文夫 著 - 2006(座長 佐々真一)
RT @YongChan_zzz: MRC分子生物学研究所の中根さんによる単粒子解析法の解説。訳語にこだわった「物理の教科書」的な文章が大変気持ち良いです。ぜひ今後も日本語で解説、ひいては教科書を書いていただきたいところです。 https://t.co/JYPcQd2M5u
RT @biochem_fan: さきほど RT した geminivirus の構造論文 https://t.co/BjKrCQjt5U、冒頭で万葉集の孝謙天皇の歌が紹介されており、世界最古(752)の植物ウィルスの記載とある。この歌とは「この里は継ぎて霜や置く夏の野に我が見…
RT @SSeiya60260: 「若手 PI を目指した私の心得」 https://t.co/EfnvTEg0oK とても勉強になった。分野違いでこの方(中尾佳亮さん)を存じあげないけれど、研究者として乗り越えた切実な状況がとてもよく伝わった。
RT @hirokagi: 水と二酸化炭素から石油の論文。酸素のナノバブルと酸化チタン触媒と紫外線。 http://t.co/dBbdbmawvF
RT @ryotaiino: 細胞内環境の再現についての野村さんらの総説。粘度チョー高いらしい。面白そう。Reconstitution of intracellular environments in vitro and in artificial cells https://…
RT @i2k: いまCiNiiでいちばん盛り上がっている論文。芥川賞の円城塔さんによる切実すぎる話。 / “CiNii 論文 - ポスドクからポストポスドクへ” http://t.co/QPgri6pd
RT @tkitanishi: ファージディスプレイ phage display 法の解説。「ファージディスプレイによる分子デザイン―抗体から低分子ペプチドまで―」 http://t.co/EnfAHopt

お気に入り一覧(最新100件)

篠田君(現、理化学研究所)の解説が「生物物理」に掲載されました! https://t.co/rhd7IVUMlV
これより面白い論文は見たことない https://t.co/cXMGIk3r2C
#相転移の世界 展で展示した #乱流屏風 に関する日本語の解説記事を教えて欲しいと度々ご質問いただいていたので、まとめておきます。古い順に 1)論文プレスリリース:https://t.co/8F5ZdIRvAx 2)物理学会誌の解説:https://t.co/jv2BN7teLh 3)「応用数理」誌の解説:https://t.co/4FRCRCXOSk
#相転移の世界 展で展示した #乱流屏風 に関する日本語の解説記事を教えて欲しいと度々ご質問いただいていたので、まとめておきます。古い順に 1)論文プレスリリース:https://t.co/8F5ZdIRvAx 2)物理学会誌の解説:https://t.co/jv2BN7teLh 3)「応用数理」誌の解説:https://t.co/4FRCRCXOSk
もう1個あります。 バイオイメージインフォマティクスにおける機械学習技術の活用 https://t.co/ax6RIyboDb
あと、今日の講演会で聴いた3つ目の話はたぶんこれだと思うのだけど、思いがけず非常に興味深かった。この内容で、プロ好みの科学史論文が書けると思う。|CiNii 論文 -  私の研究 ゲノム解読が解き明かす実験用マウスの起源 https://t.co/Rn5lOIRGa1
生物物理学へ 生物物理学事始 - J-Stage https://t.co/7vZHcvjOZ0 大沢文夫 著 - 2006(座長 佐々真一)
MRC分子生物学研究所の中根さんによる単粒子解析法の解説。訳語にこだわった「物理の教科書」的な文章が大変気持ち良いです。ぜひ今後も日本語で解説、ひいては教科書を書いていただきたいところです。 https://t.co/JYPcQd2M5u
「若手 PI を目指した私の心得」 https://t.co/EfnvTEg0oK とても勉強になった。分野違いでこの方(中尾佳亮さん)を存じあげないけれど、研究者として乗り越えた切実な状況がとてもよく伝わった。
某つかひさ先生のご依頼で生物物理学会の会誌にエッセーを執筆させていただきました。中国でのコアファシリティ―や大学院生へのサポートの充実度など制度的なことも書いてあります。「中国でラボをはじめるということ」 https://t.co/9u52OUMpKE

フォロー(2624ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

12 12 12 12 OA アメリカの歴史

RT @dfedman: A 1948 Japanese map of the American Civil War. The numbered places demarcate major battles and significant sites in a roughl…
RT @BiotechMania: 生命科学インスティテュート:急性心筋梗塞を対象としたMuse細胞(CL2020)の探索的臨床試験の結果論文。 有効性は声高に主張していないにせよ、3人に投与しただけで安全性を示したと言えるのだろうか? 天下の三菱ケミカル系でもこの状況、、
生物の現象への探求が発端で、しかし創り出されて便利なもののほうが歴史に勝ってしまうのって悲しい。ガルバーニとボルタで、みんな電気というとボルタのことだけを知っている。論争があってそのときは勝負みたいになったけど、ふたりとも正しかった。 https://t.co/3dyvcRCVKC
知らんかった » ステーキハウス症候群 (総合診療 30巻8号) | 医書.jp https://t.co/dxTwAQRcke
「英文症例報告には,臨床試験や基礎研究の英語論文を書くのに必要な技術や知識が,ふんだんに含まれている」 らしい #知らんけど » 英文症例報告執筆マニュアル(3) (臨床整形外科 55巻8号) | 医書.jp https://t.co/orQlgHuM9N
#読んだ » 橈骨遠位端骨折を鑑別するArtificial Intelligence(AI)の開発 (臨床整形外科 55巻8号) | 医書.jp https://t.co/78fuflGFCW
#読んだ 一応 » アセトアミノフェンは本当に高齢者にとって安全な鎮痛薬なのか?—高齢者大腿骨近位部骨折患者における肝酵素上昇の発現頻度とそのリスク因子についての検討 (臨床整形外科 55巻8号) | 医書.jp https://t.co/8RJS2CNvCY
江川先生 理事長さんだ » 特集にあたって—臓器移植の現状と課題 (INTENSIVIST 12巻3号) | 医書.jp https://t.co/PVoTO2MCNJ
RT @Tetsua_KING: 阪大の鳶巣先生(同期で友人!)の有合化の記事,これから博士課程を目指す学生さんや博士課程の学生さんにぜひ読んでもらいたい!https://t.co/TwCApQD7G0
RT @tokurontinus: @new_haru 8-10日目で妊娠してれば外陰部に出血がある。まうすやラットの繁殖実験のときは最初にならう方法 https://t.co/O8OBIZdvFk
RT @nihon_kenkyusya: 「博士課程修了者の大学教員ポスト採用率」という資料をみつけたのだけど、これは茶柱たつ確率より低い https://t.co/XG77sCe8XX https://t.co/DNJB3SedB0
RT @tokurontinus: @new_haru 8-10日目で妊娠してれば外陰部に出血がある。まうすやラットの繁殖実験のときは最初にならう方法 https://t.co/O8OBIZdvFk
@new_haru 8-10日目で妊娠してれば外陰部に出血がある。まうすやラットの繁殖実験のときは最初にならう方法 https://t.co/O8OBIZdvFk
RT @nihon_kenkyusya: 「博士課程修了者の大学教員ポスト採用率」という資料をみつけたのだけど、これは茶柱たつ確率より低い https://t.co/XG77sCe8XX https://t.co/DNJB3SedB0
RT @asaimotoaki: @dantyutei ご紹介,ご利用ありがとうございます。本書の制作経緯をこちらにまとめていますので,もしご参考になれば。 https://t.co/KOfEYJ0Tdt
RT @anjela81: これだこれ。 リンク先PDF、日本語、虫の写真なし https://t.co/7zBntDs5PI
パリ万博で中国よりも日本が評価された過程を調べている方がいた。面白い。 https://t.co/dvTVTvKrYz
RT @AnatomyGiraffe: カバの「赤い汗」に含まれる色素を単離し、その機能を探る論文。図が良い。 汗には赤い色素とオレンジの色素が含まれ、どちらも紫外線を吸収する”日焼け止め”のような機能をもつとのこと。赤い色素には抗菌作用もあり、傷口を膿みにくくする役割も果たし…
たとえばこれ。粒子間ポテンシャルなどから直接体積粘性率の値を求める公式。 https://t.co/AqJo4eK1EA 2001年の講演概要集だから短い報告だし、これがどの程度支持があるものか自分には分からない。多分もっと進歩したものが他にあるんじゃないか?
RT @kokamoto46: 【経管チューブを使った蕎麦啜り様訓練】 経管チューブの一端を塞いで、ストローのように啜る訓練法。シャキアexと同等の舌骨上筋群の筋活動を示す一方、胸鎖乳突筋の筋活動は空嚥下と有意差なかった。 https://t.co/M6o7JoVTdB 顎…
>戦後,ニホンザル(Macaca fuscata)は狩猟鳥獣か ら除外されたものの,農作物被害の軽減を目的に捕獲は増加の一途をたどっており,その数は 2010 年に 2 万頭を超えた https://t.co/VOJ90wmf7H 戦前の「(新)狩猟法」と呼ばれていた頃(1918-1963)?はサルは狩猟対象だったのが、わざわざ外された
RT @wormanago: 論文が公開になりました。南硫黄島から採集されたウツボを日本未記録のUropterygius oligospondylusに同定し、標準和名をコブキカイウツボとしました。眼の上に特徴的な欠刻があることで、瘤状に見えることに因みます。オープンアクセスで…
RT @wormanago: 論文が公開になりました。南硫黄島から採集されたウツボを日本未記録のUropterygius oligospondylusに同定し、標準和名をコブキカイウツボとしました。眼の上に特徴的な欠刻があることで、瘤状に見えることに因みます。オープンアクセスで…
COVID-19患者のPET-CT所見(Global Health Med 2020) https://t.co/kH620p2x2A 肺炎像の他、リンパ節、脾臓や骨髄にも認められ、特に免疫系との関連が示唆されるリンパ節における所見は経時的に変化する。そしてこれらの所見が早期に消退する
今日は広島原爆の日でした。科学史の上でも重要なテーマですが、私自身がこれについて研究したことはほとんどないです。ただし例外もあって、一つはこちらの資料紹介です。|CiNii 論文 -  手紙がひらく物理学史(11)三村剛昴と,原爆被災した理論物理学研究所の再建 https://t.co/XqcyxpEn6y
RT @ume_retire: ちょっと話題ズレますが、1977(昭52)年7月に大阪で発生した 1,915名発症という大規模食中毒事故の記録を見ると、夏場に室温で8時間以上放置するなど劣悪な調理環境であったのが分かります。 https://t.co/IVUN46K3i5 そ…
高橋康介「多義的な世界を大雑把になぎ倒すような仕組みがないと、人間は何も認識できず、どこにも動けなくなってしまうのかもしれません。」「無限の可能性から逃れ腹を括ることで、…世界の中で(たとえ失敗しても)動いて生き延びてきたと考えることもできます。」https://t.co/lcP2fAVf1t
三村剛昂と広大理論物理学研究所 https://t.co/H5YSh406tt 謎の「波動幾何学」の人や.
>仁科はガイガー・カウンターを持参してこなかっ たので,爆心地の西錬兵場付近で採取した銅線(電線が 焼けて裸線になっていた),石,木切れなどを航空機で 理研に送った。https://t.co/CGGjt8JfWr
@dpyNonunc おそらく、放射状に菌糸が伸びた先で出した物質が寄与しているからと思われます。この研究を直接行っていないので、間違っているかもしれませんが。。以下のPDFの「はじめに」の定説の前半部は、今のストーリーにも沿うのではないかと思います https://t.co/6GCWWje30O
静大のフェアリーリング研究、特別推進研究が始動とのことです。素晴らしいですね〜〜 https://t.co/lAaca6bWNv
あった https://t.co/CDF6AhBWZd https://t.co/arxoIEhqzV

フォロワー(490ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

>戦後,ニホンザル(Macaca fuscata)は狩猟鳥獣か ら除外されたものの,農作物被害の軽減を目的に捕獲は増加の一途をたどっており,その数は 2010 年に 2 万頭を超えた https://t.co/VOJ90wmf7H 戦前の「(新)狩猟法」と呼ばれていた頃(1918-1963)?はサルは狩猟対象だったのが、わざわざ外された
@dpyNonunc おそらく、放射状に菌糸が伸びた先で出した物質が寄与しているからと思われます。この研究を直接行っていないので、間違っているかもしれませんが。。以下のPDFの「はじめに」の定説の前半部は、今のストーリーにも沿うのではないかと思います https://t.co/6GCWWje30O
静大のフェアリーリング研究、特別推進研究が始動とのことです。素晴らしいですね〜〜 https://t.co/lAaca6bWNv
あった https://t.co/CDF6AhBWZd https://t.co/arxoIEhqzV