Fumiya (@ufsoc)

投稿一覧(最新100件)

@socio_yamato @toji_fl 私も110でしたhttps://t.co/QdIIsBAEwO
J-STAGE Articles - 日本における性別職域分離の趨勢――1980–2005年国勢調査集計データを用いた要因分解――https://t.co/dfr5zRyeHM
気づいてませんでしたが、2018年に家族社会学研究に掲載された論文が(たぶん)平成最後の日にオンラインで読めるようになってました。これも「からみる」シリーズ。 「夫婦世帯収入の変化からみる階層結合の帰結:夫婦の学歴組み合わせと妻の… https://t.co/ZOPFRuyN5H
@ephthaltes 自己宣伝厨ですません https://t.co/EXZBkd5Al5
RT @moevsky: 私たちの論文が人口学研究に掲載されました。「日本のカップルの年齢と第1子を授かるまでの受胎待ち時間」全文フリーアクセスです。 https://t.co/0n9ZrM9Ys2
J-Stageで閲覧できるようになったみたいです。 https://t.co/WbZsXCziVL
A study suggests women who experienced premarital pregnancy, probably because they have to deal with two major life… https://t.co/7s1ZshA40z
医学系研究科の精神保健学分野で博士号とられた先輩の論文。国民生活基礎調査からさらに無作為に抽出された人を対象にした国民健康栄養調査というものがあり、両者を紐づけて分析されたという。 Associations of non-stan… https://t.co/XawwOGOgYr
本屋が近くにあるかが格差につながるのかは分からないですけど、居住地の大卒者割合が教育に対する肯定的な意識に与える影響はあります。松岡さんが精力的にご研究されている印象。 Attitudes toward education as… https://t.co/7O3AvXYyC2
すでに記憶の彼方にいってましたが、2016年末に「家族社会学研究」に掲載された論文がJ-STAGEで公開されたようです。今読むとめっちゃはずいやつ。 「学歴同類婚の世代間連鎖とその趨勢:大規模調査データの統合による計量分析」(タイ… https://t.co/BInzdTZ1Fi
先日、気がついたのですが「理論と方法」に掲載された分析社会学の論文、出版から1年以上経っているのに学会員しか読めない設定のままになっていました。今日訂正をお願いしたので、今はフリーアクセスで読めます。 「分析社会学の理論構造」理論… https://t.co/TLfsBaUgcc
「ダグラス・メイナード教授は,当時駆け出しの新任教員だった.この若きエスノメソドロジスト(会話分析)に向かって,エリック・ライト教授(階級分析)が「エスノメソドロジーでは社会学にならない.資料提供だけだから,社会学にとっては歴史と… https://t.co/St2uUodac3
CiNii 論文 - 企業における男と女 : 数の原理-少数派と多数派 https://t.co/dxfjknUPur #CiNii Kanter (1977)のMen and women of the corporationの… https://t.co/Dt443LxFVs
生活経済学研究、だいたいどの図書館も2001年から購読してないんですが何かあったんですかね。 https://t.co/RpHlz0FuXq
ネットで確認できる限り、日射は98年からずっと土日開催、関東社会学会も89年から土日ですな。それ以前は記録がないのでわかりませんが、1965年の北海道社会学会は日曜開催だったっぽい(2月なので学期終わってるだろうけど)。 https://t.co/gdfV2NE9MN
CiNii 論文 -  財政社会学とは何か? https://t.co/3gwGJzjOSP 一応社会学っぽいぞ
一瞬でダウンロードできるようになってる... https://t.co/0WQMV6a2kT K族社会学研究とは一体...慢心、環境の違い...
「係数の符号条件は、理論的に期待されるわけではない」とやや議論を避けてますが、これ単純に読むと、当該地域を時系列的に見ると、その地域の平均的な可処分所得が増えると、その地域の女子は自宅進学する傾向になるというもので、んーーわからない https://t.co/08bqivUWWd
RT @RyShikama: 冊子版がAmazonで発売中の吉川徹『現代日本の「社会の心」』英訳版、PDFは阪大リポジトリから無料でDL可能とのことです。完全対訳・検索可能だそうなので、院試のトレーニングにもぜひ。 https://t.co/tDdTkwjESp https:/…
菊澤佐江子. 2007. 「女性の介護:ライフコース視点からの考察」『福祉社会学研究』(4): 99–119. https://t.co/3HBwUrXvVc
近藤博之, 2006,「移動表による職業的地位尺度の構成一一オーディネーション技法の応用一一」『理論と方法』 21-2:313-32. https://t.co/jAHJn4eKH6
福原・原田 2014「Jリーグクラブにおける順位と収入の関係 パネル分析を用いて」『スポーツマネジメント研究』 https://t.co/m9I2jGDkYh こういう趣味と研究の中間にある論文無性に読みたくなる...
伊藤 裕子, 相良 順子「結婚コミットメント尺度の作成―中高年期夫婦を対象に―」『心理学研究』 https://t.co/1UD3Ozw7Gu ごく最近だけどやっぱりあった。
そういえば育休取得の規定要因に関する論文は少なくとも二つあったようです。 金丸 桂子 1994. 育児休業制度の利用に影響を与える要因分析 (女性労働と社会保障<特集>) https://t.co/QZNvBcFvBd 女性労働という図書館に所蔵されていないマイナー雑誌だった…
RT @daiki_soc: これからしばらくは、「アメリカは先進的」みたいなのであふれるだろうから、あわせてこちらも読んでおきたい。/ CiNii 論文 -  アメリカ化されるLGBTの人権:「ゲイの権利は人権である」演説と〈進歩〉というナラティヴ http://t.co/6…
上杉・浅見 2011 「1990 年代後半以降の世帯収入階層による地域内居住分化の検証 : 東京都大田区を事例として」,地理学評論. http://t.co/RwSRShImMt
竹ノ下 弘久. 2014. 「家族社会学からみる教育機会の不平等―家族社会学と社会階層論の相互の連携を目指して―」.家族研究年報. https://t.co/nIfl9cbZVS
堤 孝晃 2015. 「どのような家族が保育所/幼稚園を利用するのか : 父母の収入・母親のライフコース・子育て環境に着目した二次分析」実践女子大学人間社会学部紀要 http://t.co/9q5jzrrKeb
書評 倉沢 進著 東京の社会地図(社会学評論) https://t.co/zRh2aS0msr
長谷川 公一 2013 社会学における国際化の意義 理論と方法 https://t.co/vIeOhSmeVS 論文じゃないし、結局パーソナリティに帰着する?みたいに思ったけど、Broadbentさんがいい人なのは超同意する。
@kazuya719 これ読んだことある? Takenoshita. Voluntary and Involuntary Job Mobility in Japan https://t.co/tOcYFVZQTH
日本の配偶者選択の話で結構引用されるこの本がAmazonにも東大の図書館の検索システムからも見つからなくて驚いている http://t.co/q0i8biwYZt
CiNii 論文 -  日本の母子世帯の社会階層と貧困に関する現状と政策的課題 http://t.co/H7rc8Adk3K #CiNii メモ
CiNii 論文 -  富永健一 社会階級・社会階層と経済社会学 日本学士院紀要http://t.co/1FK3WPFrqD #CiNii
RT @vbear00: 赤枝論文は JGSS 2003 のネットワークの質問使ってた|「同類結合に対する都市効果の検討」http://t.co/LtsisXyROc| 「都市は人間関係をどのように変えるのか」http://t.co/YQP5jlYtY1
RT @vbear00: 赤枝論文は JGSS 2003 のネットワークの質問使ってた|「同類結合に対する都市効果の検討」http://t.co/LtsisXyROc| 「都市は人間関係をどのように変えるのか」http://t.co/YQP5jlYtY1
@coolished https://t.co/t17AMOVupE https://t.co/IJA5dZ9Jcs (PDF) 736ページ! どうしてかは言ってないけど、この自然と模倣と書いてしまう辺りが彼の考えをよく表していると思う笑
@coolished https://t.co/t17AMOVupE https://t.co/IJA5dZ9Jcs (PDF) 736ページ! どうしてかは言ってないけど、この自然と模倣と書いてしまう辺りが彼の考えをよく表していると思う笑
石田浩 社会科学における因果推論の可能性 理論と方法 Vol. 27 (2012) No. 1 p. 1-18 http://t.co/4pqceTTVuo 因果だけならこれが分かりやすい
CiNii 論文 - 齋藤曉子 2006 家政婦労働を通してみるケアワークの分業化 ― 介護保険制度下の実態 ― http://t.co/w8Sk4GnWJF #CiNii --細かくて嬉しい。
RT @TeachForJapan: 【文献紹介】古田久平「教育機会の階層差に関する理論的説明の検討」(2011)はウェブ上にて公開されています。http://t.co/f4eAN0xbS8
@fuyuutsulong 社研のバイトで一緒だったwktさん、職業威信で論文書いてるよ。http://t.co/5W8oUfeLLv
学校社会学における Mixed Methods Research の可能性-高校生の進路に関する3年間継続調査への適用- http://t.co/Q1Hyo4MxNF 中村高康ほか
東京大都市圏における30歳代シングル女性の居住地選択 : マルチメソッド・アプローチの試み http://t.co/iFQ2T9TyvX 読もう
KAKEN 学校教育と社会的不平等に関する国際比較研究:PISAデータの分析を中心に http://t.co/cYYt7gIbHA
これ書評なんかな。  小熊英二著『1968〈上〉――若者たちの叛乱とその背景』『1968〈下〉――叛乱の終焉とその遺産』 福岡安則 https://t.co/MDAneT10iW
岡部悟志,2008,「家庭環境と能力形成の過程」,『社会学評論』59(3),514-531. http://t.co/0LqSEhfjm0
社研データアーカイブセンターの新任の先生の論文 https://t.co/yTukHrCTws
ほんとだ,吉川先生の博論(がもとになった単著),阪大のレポジトリから公開されている.これは,リンク貼ってもいいですよね.『階層・教育と社会意識の形成 : 社会意識論の磁界』 http://t.co/x1mkfDdG3f

1 0 0 0 OA 生殖補助医療

生殖補助医療に関連する政策資料の解説論文みっけ http://t.co/L5bY9e3g

お気に入り一覧(最新100件)

@ufsoc https://t.co/W2VdxyE7QE https://t.co/Fb5AtL0TYq https://t.co/GM7D7pme3M スペインかぜではなく与謝野晶子に絞ってちらっと調べた感じ、3つ目の資料の… https://t.co/drNy7Ofy3t
査読コメントへのリプライの仕方について、よく石田浩先生の「英語論文執筆の技法」という文章を参考にしてたんだけど、ブラウザのタブのところに表示される題名が「ワンステップ石だ」でどうもノンスタイル石田感が拭えない。… https://t.co/BBWrHf8sPj
こちらネット公開されていました。興味のある人はご笑覧ください。J-STAGE Articles - 社会学との関係から見た計算社会科学の現状と課題 https://t.co/A5E4mHiUAF
『社会学評論』(2017年68巻2号)に掲載された論文「映画スターへの価値転換——1950年代のスクリーンにおける観客の欲望モードの文化的変遷」がJ-STAGEで公開されておりました。拙い論考で、むろん「招待論文より格下」ですが、… https://t.co/jzKk5qhdVk
1年前に『社会学評論』に掲載された私の論文「キャリアの中断が生み出す格差:正規雇用獲得への持続的影響に着目して」がJ-STAGEにて電子公開されました。今見るといろいろと荒削りではあるのですが、興味ある方はご覧いただければと思いま… https://t.co/JxP19z9qmM
時間選好の特性では,後回し傾向がある人の深夜残業時間が長い.社会的選好の特性では,平等主義者の総残業時間が長い.ビッグ5の性格特性では,誠実性が高い人の深夜残業時間は短いが,総残業時間は長い⇒長時間労働者の特性と働き方改革の効果 https://t.co/egwUu3affU
小林浩さん(月曜社取締役)の論考「人文書出版と業界再編ーー出版社と書店は生き残れるか」本に携わるすべての人、必読だと思います。自分がどこで何をしているのか、わかります。以下にPDFあり https://t.co/Z4nja3Dt4B
Overleafの紹介論文。 J-STAGE Articles - オンラインLaTeXエディター“Overleaf”:論文投稿プロセスを変革する共同ライティングツール https://t.co/MA5N8CWSga
背景の論理は難しいけど得られる結論は簡単に理解できるものだから広く知られてもええ知識のような気もする。/J-STAGE Articles - 稀な事象の生起確率に関する統計的推測 Rule of Threeとその周辺 https://t.co/ccHRow6dbR
歴史的制度論のサーベイ,Oxford Handbookより今井真士さんの書いたものの方が手際よくまとまってて読みやすかった。出てくる文献も大体同じだし。/ 比較政治学における歴史的制度論・比較歴史分析の着想の発展 : 科学哲学的基… https://t.co/y8OdmI5QWz
そろそろ、来年度のゼミ選考について考えないといけない。前前任校でもがいていた時に、海野道郎先生からいただいたこの本には、優れたアイディアが散りばめられており、参考になる。 CiNii 図書 - 知的練達をめざして : ゼミ活動の記録 https://t.co/ht9pZBS4Fe
@ephthaltes https://t.co/MfKLCadilz ですわい。
阪井裕一郎・本多真隆・松木洋人「事実婚カップルはなぜ『結婚』するのか」『年報社会学論集』第28号、2015年。これは読みたい。というか、教えてもらいたい(笑)。https://t.co/GDcpBUqLWy
赤枝論文は JGSS 2003 のネットワークの質問使ってた|「同類結合に対する都市効果の検討」http://t.co/LtsisXyROc| 「都市は人間関係をどのように変えるのか」http://t.co/YQP5jlYtY1
赤枝論文は JGSS 2003 のネットワークの質問使ってた|「同類結合に対する都市効果の検討」http://t.co/LtsisXyROc| 「都市は人間関係をどのように変えるのか」http://t.co/YQP5jlYtY1
なんかロールズとか引用されててガチ論文みたい…「野球における報復死球の是非について-責任概念からの検討をとおして」 https://t.co/tGHyeAVuJk

フォロー(900ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

フォロワー(1232ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @matsusakat: パンくんは志村さんを慕っていただろうけど、この映像はインチキです。こちらの論文でも書きましたが、志村どうぶつ園は捏造映像のつぎはぎを多用していました。視聴者を騙すこういうやり方に、志村さんを巻き込まないで欲しかった。 https://t.co/P…
続き。 小玉敏彦(1980)「研究ノート:科学社会学の形成と展開」 社会学評論 30(4), 81-87,125 https://t.co/hA3syGGenZ
@ufsoc https://t.co/W2VdxyE7QE https://t.co/Fb5AtL0TYq https://t.co/GM7D7pme3M スペインかぜではなく与謝野晶子に絞ってちらっと調べた感じ、3つ目の資料の… https://t.co/drNy7Ofy3t
次。 小玉敏彦(1980)「研究ノート:科学社会学の形成と展開」 社会学評論 30(4), 81-87,125, 1980 https://t.co/hA3syGGenZ
次。 佐野正博(1987)「科学の連続性と合理性」科学哲学 20 https://t.co/sREpjiBPJw
昼食へ。 山崎茂明(2013)「レフェリーシステムを考える」 情報管理 56(5), 318-321, 2013, 科学技術振興機構 https://t.co/PV3rYHpbUv
RT @tweetingtakumi: 横国大都市イノベーション学府の紀要に論文が掲載・公開されました。ドゥルーズ『シネマ』におけるイメージ概念がどのようにして「映画が喚起する諸概念」の創造を可能にしているのかということをエリー・デューリングの映像論・ベルクソン論との比較を通し…
RT @the_kawagucci: 【新作】 日本における学術研究団体(学会)の現状 埴淵 知哉・川口 慎介 学術研究団体(学会)における会員数の減少が懸念されている.本稿では,日本学術会議が指定する協力学術研究団体を対象として,日本の学会組織の現状および変化を定量的に俯瞰…
@OrgThink すでにチェック済みかとは思いますが、ハイアールのWin-Win付加価値計算書については関大の水野先生の論文に詳しいです(https://t.co/7BCMSydJVR)。また、アメーバ経営との異同についても議論… https://t.co/jRvOYUECas
@OrgThink すでにチェック済みかとは思いますが、ハイアールのWin-Win付加価値計算書については関大の水野先生の論文に詳しいです(https://t.co/7BCMSydJVR)。また、アメーバ経営との異同についても議論… https://t.co/jRvOYUECas
RT @tashirokouji: 佐々木周作、大竹文雄(2018)「医療現場の行動経済学:意思決定のバイアスとナッジ 」https://t.co/9wIY8qu0rU
RT @animalsPEACEnet: 志村けんの笑顔に嘘はなくても、パンくんの表情には嘘の字幕がついていました。調教師の指示による動作に「たのしー」とか、無表情なのに「最高!」とか。恐怖・不安・不満もよく見られた。 論文➡️ショーやテレビに出演するチンパンジー・パンくんの…
RT @KairiShimabukur: 【ご報告】資料紹介(論文ではない)が出ました 島袋海理, 2020, 「クィア理論の制度化・規範化を考える : David Halperin “The Normalization of Queer Theory”」『教育論叢』63,…
日本はICUについては「外れ値」。人口比の病床数は多いのにICUの数は非常に少ない。集中治療専門医の数も少ない。病床数は少なくICUが多いアメリカとは対照的。 また日本のICU利用は術後管理が多く、救急救命を一般急性期で管理する傾… https://t.co/tNXkQ7Rgoh
RT @nekonoizumi: PDFあり。 ⇒川野芽生 「瀬田貞二訳『指輪物語』における地名の訳し分け――中つ国・イングランド・日本――」 『比較文学』59巻 (2017) https://t.co/kDMfaXaxt4
RT @tcv2catnap: CiNii 論文 -  昭和初期の公衆衛生について:―衛生行政機構,結核予防および花柳病予防― https://t.co/TAMSLWaFwz #CiNii 明治からの公衆衛生史必読。自己責任社会になるわこれ。
神谷先生も、述べているようにリスクコミニケーションには、相互信頼の基盤が必要です。さらに、情報を必要とする相手のニーズが変化したことを身を持って述べている。クローズな情報発信は、細菌との戦争に負け、死を強制することになるでしょう。 https://t.co/JfRgY1Qsnl