uni (@uni_dot_com)

投稿一覧(最新100件)

Step0-3)2級CRのためのキーワード探し CRの未重合層の英語を忘れていました そこでJstageより、日本語抄録と英語抄録が載っている文献から、探してみます 「未重合層」=「un-polymerized surface」と分かりました ↓ https://t.co/YuJaCQeojH https://t.co/VslpKpzvcq
確認必要な参考文献 1、https://t.co/3jdA4837xI 患者のリスクファクターがCRの予後に影響 2、https://t.co/7cw5lCjLMQ メタアナライシス 3、https://t.co/ta3kJyoxpN 日本語 咬合関連? 4、https://t.co/EBmf7NoLkc プライマーについて ↓
Step1-2)2級CRのためのキーワード探し 2014年 日本歯科保存学雑誌 1、「不良な研磨は2次齲蝕の原因となる」ref)1-7 2、「CR表面はマトリックスレジンが多く,物性が 弱いことが知られている」 ↓ 「ワンステップ研磨材によるコンポジットレジンの表面性状 」https://t.co/DdVkwIpdRQ
Step1-1)2級CRのためのキーワード探し 2011年 小児歯科学雑誌から 1、「接着処理」 接着システムはいろいろあるとのこと。象牙質で湿潤環境下というところかな? 2、「齲蝕治療のガイドライン」なんか参考文献ありそう。 3、「裏装は不要」大事かもしれないが、 ↓ https://t.co/qEYYeOVNHK
時々、Twitter上でいろいろ議論があります。 どっちがいいのか?エビデンスはあるのか?不確実性の高い術式を採用すべきか?そんな議論の答えになるかもしれない文章がありました。 個人的には良く分からない時には、こんなのも一つの答えかな・・とも思います。 https://t.co/PaPM1xvgHc https://t.co/g638eVywna
「診療ガイドラインの今・これから 」 まずはガイドラインの総論から 「現在でもEBM への誤解や「研究によるエビデンス」と「総合判断による臨床実践であるEBM」の混同が少なくない.」 ↓ https://t.co/PaPM1xvgHc https://t.co/oTxA6883w9
「歯科口腔外科における肝炎ウイルス感染の実態調査」 2020年 北海道医療大学病院歯科口腔外科の調査 全身麻酔前にHBs 抗原,HCV 抗体を測定 本研究でのHBs抗原陽性は1.1% HCV抗体陽性は0.8% 歯科口腔外科患者には一定数のHBV またはHCV 感染患者がいる https://t.co/Fe0nDK8c5b https://t.co/92m1exFert
「フッ化ジアミン銀(SDF)の象牙質接着性能への影響」 3.8%と38%のSDFで比較 象牙質の接着性能に対するSDFの効果は濃度に依存していた.3.8%SDF群では,38%SDF群に比べて熱応力印加後の接着性能が安定 https://t.co/IjcjL8brSw
「外傷は苦手です・・・」 「土壌による汚染創の場合は, 必ず破傷風トキソイドの注射を行う」創の汚染も注意。 J-STAGE Articles - 歯・歯槽骨・口唇・舌などの外傷の診断と治療 https://t.co/E6DN5JnNID
「患者氏名が予想される論文」 本文中に「A」と記載されるが、わかる人には分かるという論文。 ちょっとホッコリする論文。 世界最高齢でエベレスト登頂を成し遂げた日本人登山家の除脂肪量および骨密度 https://t.co/N1AOGWVtj7
「風習的抜歯」 縄文時代 風習的抜歯 齲歯でもない歯を抜歯 18歳程度の個体では,何らかの抜歯が施されているのがほとんど(全てではないため、成人儀礼?服喪?再婚?いろいろ考えられる・・) J-STAGE Articles - 歯の人類学 https://t.co/6gqdbGSU5L https://t.co/9J3OqqlA97
「柏スタディ」は注目しています。 今後いろいろと成果が増えると思います J-STAGE Articles - オーラルフレイルと食事の満足感の関連:地域在住高齢者による横断検討(柏スタディ) https://t.co/0Edr8UZ06D
骨密度に異常のない若年女性において咀嚼能力と骨密度は関連する 咀嚼能力を向上させれば骨密度が高くなるわけではありません。しかし相関している事は、今後の予防のヒントになるのかも https://t.co/ISE0MWyyqB
「妊娠18週で頸部郭清術を施行した症例の全身麻酔経験」 29歳女性 全身麻酔下で左側舌部分切除術 手術2カ月後に第一子妊娠が判明 5カ月後(妊娠15週)に左上頸部にリンパ節転移判明 妊娠18週で全身麻酔の左側頸部郭清術 #Twitter歯学会 J-STAGE Articles https://t.co/1ww5cXQrfr
「骨密度を低下させる薬」 ・チアゾリジン系薬(II型糖尿病治療薬) ・プロトンポンプ阻害薬(酸分泌阻害:胃薬) ・抗うつ薬(SSRI) ・甲状腺ホルモン ・抗てんかん薬 ・ヘパリン ・オピオイド #Twitter歯学会 J-STAGE Articles - 骨折リスクに影響を及ぼす薬物について https://t.co/TS1Dz9VAXZ
「時代と共に変わる親知らず」 第3大臼歯の先天的欠如率を時代順に調べた 弥生時代人以降,欠如頻度はさらに高くなり,昭和初期にはピークに達した その後,先天的欠如頻度は急激に減少・・・ J-STAGE Articles - 日本人第3大臼歯欠如頻度の時代変化 https://t.co/hDxpTzNWqq
「江戸時代の親知らず」 甕棺被葬者(武士階級)と早桶被葬者(庶民階級)で比較 武士階級の男女は、庶民よりも第3大臼歯の欠如が多かった これまでの研究と傾向は一致 J-STAGE Articles - 江戸時代人の第三大臼歯の欠如率 https://t.co/Vj3zwFZeR4 https://t.co/yRFD1SrGNp
VII.慢性便秘の治療―上皮機能変容薬,胆汁酸トランスポーター阻害薬の使い分け― https://t.co/Dw8xmiD3Tr VIII.慢性便秘の治療―漢方薬の種類とその使い方― https://t.co/d5WeA6VbTW 便秘症の治療の実際―治療フローチャートはどうあるべきか?― https://t.co/U5cYN2Mq40
VII.慢性便秘の治療―上皮機能変容薬,胆汁酸トランスポーター阻害薬の使い分け― https://t.co/Dw8xmiD3Tr VIII.慢性便秘の治療―漢方薬の種類とその使い方― https://t.co/d5WeA6VbTW 便秘症の治療の実際―治療フローチャートはどうあるべきか?― https://t.co/U5cYN2Mq40
VII.慢性便秘の治療―上皮機能変容薬,胆汁酸トランスポーター阻害薬の使い分け― https://t.co/Dw8xmiD3Tr VIII.慢性便秘の治療―漢方薬の種類とその使い方― https://t.co/d5WeA6VbTW 便秘症の治療の実際―治療フローチャートはどうあるべきか?― https://t.co/U5cYN2Mq40
IV.慢性便秘の治療―膨張性下剤の使い方― https://t.co/1SKBHGmqjI V.浸透圧性下剤 https://t.co/wufro1YanR VI.慢性便秘の治療―大腸刺激性下剤の種類とその使い方― https://t.co/BK5Wujfs8m
IV.慢性便秘の治療―膨張性下剤の使い方― https://t.co/1SKBHGmqjI V.浸透圧性下剤 https://t.co/wufro1YanR VI.慢性便秘の治療―大腸刺激性下剤の種類とその使い方― https://t.co/BK5Wujfs8m
IV.慢性便秘の治療―膨張性下剤の使い方― https://t.co/1SKBHGmqjI V.浸透圧性下剤 https://t.co/wufro1YanR VI.慢性便秘の治療―大腸刺激性下剤の種類とその使い方― https://t.co/BK5Wujfs8m
便秘資料 日本内科学会雑誌108 巻 (2019) 1 号が便秘特集でした I.慢性便秘の定義と分類 https://t.co/QLmUqCGRYv II.慢性便秘の診断の実際―病歴聴取,身体診察,検査― https://t.co/3QGqTtSyp7 III.生活指導,食事指導,プロバイオティクスは本当に有効か? https://t.co/A89VlO0ZAg
便秘資料 日本内科学会雑誌108 巻 (2019) 1 号が便秘特集でした I.慢性便秘の定義と分類 https://t.co/QLmUqCGRYv II.慢性便秘の診断の実際―病歴聴取,身体診察,検査― https://t.co/3QGqTtSyp7 III.生活指導,食事指導,プロバイオティクスは本当に有効か? https://t.co/A89VlO0ZAg
便秘資料 日本内科学会雑誌108 巻 (2019) 1 号が便秘特集でした I.慢性便秘の定義と分類 https://t.co/QLmUqCGRYv II.慢性便秘の診断の実際―病歴聴取,身体診察,検査― https://t.co/3QGqTtSyp7 III.生活指導,食事指導,プロバイオティクスは本当に有効か? https://t.co/A89VlO0ZAg

1 0 0 0 OA 排便と健康

「便秘に悩んだら・・」 ・都民公開講座 ・ほとんどの慢性便秘は機能性便秘であり,生活習慣の改善でコントロールできる ・大事な事  睡眠  朝食  運動  食物繊維  ヨーグルト  排便姿勢  リラックスできる環境 J-STAGE Articles - 排便と健康 https://t.co/IDAufEiHjb
「連休後は心電図もつけてみよう・・」 ・3ページ ・一般的にモニター心電図では,Ⅱ誘導を使 用 ・不整脈の発見を目的ならば,12誘導心電図ではなく,モニター心電図で十分 J-STAGE Articles - バイタルサイン・モニター心電図の見方―今さら人に聞けないベーシックVer― https://t.co/81VbYwObW4 https://t.co/BScnzG13hJ
「大きな義歯でも飲み込める・・」 ・産業医科大学15年間の26例 ・全身麻酔14例  気管切開術4例  頸部外切開1例  死亡例1例 ・脳機能障害と老健施設が多い J-STAGE Articles - 咽頭・頸部食道義歯異物の臨床統計 https://t.co/RFz69e8VZq https://t.co/9kUPqixCpP
「誤嚥しやすいのは右下下顎臼歯部・・」 ・本文5ページより ・鹿児島大学の事例 ・歯科治療で発生した異物誤嚥誤飲事故 ・70歳代が最も多い  ・誤嚥誤飲が最も起こりやすい部位は右側下顎臼歯部 J-STAGE Articles - 歯科麻酔学研究40年の軌跡 https://t.co/l68LEmuSpB
「イスラム教徒の全身麻酔手術」 ・54 歳の女性イスラム教徒患者 ・顔面痙攣のため全身麻酔での微小血管手術 ・イスラム教徒のため、ブタに由来する医薬品が使用できない事もある・・ J-STAGE Articles - イスラム教徒患者の周術期管理:症例を経験して https://t.co/cgs6LWtlSK https://t.co/4qmVjP7dts
「離島研修は人間を高める」 ・東京都伊豆七島の新島,式根島,利島の3島 ・2009年から2018年の研修歯科医138名 ・自己評価シートの自由記載を, テキストマイニングツールにかけた J-STAGE Articles - 日本大学歯学部歯科医師臨床研修における離島歯科診療プログラム調査 https://t.co/2ZVnJn4A3H
「術前に抗凝固薬を休薬し・・」 ・71歳女性 ・上顎臼歯部にインプラント埋入 ・手術日~術後1日までワルファリンの休薬 ・術後3病日の夜に,自宅で倒れる J-STAGE Articles - インプラント埋入術の術前に抗凝固薬を休薬し, 術後に広範な心原性脳梗塞を発症した1症例 https://t.co/wxJbshfQw5 https://t.co/Jts03tkZ3X
「1級窩洞においてはレジンセメントよりもCRが接着強さ3倍」 ・5page ・窩洞の形態にもよるがCR強いんだね J-STAGE Articles - やればやるほど楽しくなるコンポジットレジン修復 https://t.co/GLTY1SDume https://t.co/sh4TDK7laf
RT @fuwafuwadentist: すんごいな歯内歯も根管治療出来るのね。 https://t.co/V7H8hbiDnJ https://t.co/MOZJQVhpkO
「根管内ファイル破折が有用(めったにありません)」 「治療器具の破折について検索すると1%未満から数十%まで報告されている」?? J-STAGE Articles - 根管治療器具の破折片および根管充填剤の漏出に関連する歯槽骨吸収像の形態が身元確認に有用であった一事例 https://t.co/RfLSlqlXt0
「抜歯後の抗菌薬処方の推移」 ・2015 年~2018 年の新潟大学 ・2017年から,抗菌薬適正使用に関するe-learning を実施 ・抜歯後の抗菌薬処方が減少 ・第三世代セフェム系が激減 J-STAGE Articles - 歯科ICTによる外来抜歯の予防的抗菌薬適正使用支援活動 https://t.co/rB4JhjLqLj
「根管形成による根尖部歯質の亀裂発生」 ・雑に根治すると根尖孔にヒビができるそうです ・7~8ページ J-STAGE Articles - わが国における歯内療法の現状と課題 https://t.co/xcU09XrwVA https://t.co/7apmGruq8D
「太陽電池付酸化チタン内蔵歯ブラシの口腔清掃効果」 詳しくないのでわかりません ただ、どうしても疑問に思うのです 信じていいのか、本当なのか・・・ https://t.co/18leO2VSNM https://t.co/4vPx2Dj9gC
「J-STAGE Articles - 組織酸素飽和度及び局所血流の測定に基づくヒト歯肉炎症の評価 」 歯肉の評価をSPO2でやってみる こんな研究もあります https://t.co/GLYddW3Hkx
「介護施設においてインプラントのアバットメントの撤去を行った1症例 」 ・86歳女性 ・インプラント上部構造が脱離して,アバットメントが口唇や舌に当たって痛い ・アバットメントを除去して,インプラントのスリーピングを行った J-STAGE Articles - https://t.co/PNfj7cO5Ro
「現状の口腔内光学印象法は,多数歯欠損では適用は困難」 ・2種の口腔内スキャナーと1種の歯科技工用スキャナーで比較 ・ボールアバットメント間の測定関して口腔内スキャナー群は,歯科技工用よりも誤差が大きかった 複数歯欠損における口腔内スキャナーの再現精度 https://t.co/cIuXV46Wru
「静脈内鎮静法は,56分以上ではマイナスの収支」 ・IVS 症例数は平均麻酔時間は42.5分  IVS 施行によって得られる収入は2008年120点、2020年より600点 ・120点では15分以上で赤字  600点では56分以上で赤字 静脈内鎮静法の診療報酬とコストに関する検討 https://t.co/D6ZjimKsxj
J-STAGE Articles - 気管支切開により摘出した気管支異物の2例 https://t.co/WiQuy84Etn ・84 歳男性  歯科治療中に義歯を誤嚥した  無症状であり排便時に排出されると考え放置していたが,誤嚥後7 日目に咳嗽が出現してきたため前医を受診  義歯誤嚥後10 日目に手術による摘出 注意します・・ https://t.co/KrHEoXVWfX
「アナフィラキシーの被疑物質は,食物アレルギーが74.5%」 ・2011年〜2017年 東京医科大学病院救命救急センターへ搬送された192例 ・アナフィラキシー患者は初発例が多い J-STAGE Articles - 都市部の救命救急センターに搬送されたアナフィラキシー症例の検討 https://t.co/WWz7OnRHri
「余の考案せる齒科用「レントゲン」線放射装置に就て」 ドクトル岡田満述 ・歯科用デンタルの未来についての意見 ・臨床家サイドからの意見 ・ためになる ・難しい漢字を多用 ・100年前からの提案 ・読むことで、無駄な時間を過ごせる https://t.co/nukSLJ8COC
「伊勢湾台風」 こんな夜に歴史を学ぶのも良いかと・・ J-STAGE Articles - シリーズ「我が国を襲った大災害」 https://t.co/tI0eexmcpy
@Rittosan_haisya @VareliaHeart @ozukakaorimo @12140106ak 「挿入の動機は不明1例,自慰3例(2名),   Sadomasochism(以下SM)行為1例」 うん よくわかる うん。穴があったら入れたいよね J-STAGE Articles - 経肛門的直腸異物の5例―本邦報告140例の検討を加えて― https://t.co/sqJ1ulEKob
「嚥下できないなら、まずは座位を長くしてみよう」 安静臥床時間が長ければ廃用がすすむ 座位能力は嚥下機能と関連している ほとんど離床していない患者に対しては、まず座位時間延長 J-STAGE Articles - 座位能力,摂食嚥下機能および,尿失禁の関連性についての検討 https://t.co/4zS5bArWmH
そんな時にはJ-STAGEに尋ねてみましょう。 J-STAGE Articles - 訂正 歯のマイクロウェアに基づく採食生態推定法の進展と三次元マイクロウェア 形状測定.山田英佑・久保麦野・久保 泰・甲能直樹,2017.化石,(102 ),73‒85. https://t.co/uogIdplsfL
「歯の表面の傷を観察しよう」 dental microwearを観察する方法ですが、Methodsを読むのも悪くありません。 ただ、どうしてもイメージがわかない・・・ J-STAGE Articles - 歯のマイクロウェアに基づく採食生態推定法の進展と三次元マイクロウェア 形状測定 https://t.co/xlUP3cci0Z
大型窩洞に対して一括で充塡できるバルクフィルコンポジットレジンの研究論文。 J-STAGE Articles - バルクフィルコンポジットレジンの機械的諸性質 https://t.co/upvJ6nNwZn
RT @fuwafuwadentist: 訪問診療での感染根管治療後に死亡となった症例報告。 https://t.co/ukg6gD2PTg
医療関連感染リスクと改善を可視化する疫学,サーベイランス,リスクアセスメント https://t.co/mfWivitMZM
RT @Aspiration_p: 非経口摂取高齢入院患者に対する「水を使わない口腔ケアシステム」 https://t.co/Ygv2w7c7Xk 水を使用した従来の口腔衛生管理では肺炎起炎菌を含む洗浄水を誤嚥させる危険性が高い。経管栄養患者の場合,洗浄水を誤嚥する危険性は…
日本人登山家A氏 匿名でも何故か、名前が分かってしまう不思議な論文 世界最高齢でエベレスト登頂を成し遂げた日本人登山家の除脂肪量および骨密度 https://t.co/s61q8syPcu
J-STAGE Articles - Concentrations of Scattered Dust during Tooth Grinding and the Dust-reducing Effect of Extra-oral Vacuum Aspiration : Comparison of Simultaneous Measurements at 4 Locations during Grinding of Mandibular Bilateral Central Incisors https://t.co/gdqprlnAzg
口腔外バキュームは優位に粉塵を減少 しかし、粒子が細かくなるなら、除去効率は減少 口腔外バキュームの位置は、縦方向。 J-STAGE Articles - 歯の切削に伴う飛散粉塵濃度と口腔外バキュームの位置による除塵効果 https://t.co/sVDjZYhc3n
RT @syuichiao89: J-STAGE Articles - Associations of education with overall diet quality are explained by different food groups in middle-ag…
RT @syuichiao89: J-STAGE Articles - Does laughter predict onset of functional disability and mortality among older Japanese adults? the JAG…
RT @syuichiao89: J-STAGE Articles - Physical fitness and dyslipidemia among Japanese: a cohort study from the Niigata Wellness Study https:…
口腔外バキューム 小さなエアロゾルは、口腔外バキュームで、有意に減少 歯科診療室の空気汚染状況の検討 https://t.co/WFfO0sTiKK
口腔外バキュームはエアロゾルを有意に減少させるが、完全ではない。室内換気併用か、治療しない方が良い。かも。精査必要 歯科診療室の空気汚染状況の検討 https://t.co/WFfO0sTiKK
RT @kankikanki2222: 参考資料 https://t.co/oppiYTM8kw 飛行機 https://t.co/JFjQq7VDnV https://t.co/LyGfZVS4L4 鉄道 https://t.co/VIKX4BU8wU https://t.c…

お気に入り一覧(最新100件)

三叉神経痛の方は8割程度が歯科受診してから脳外科に受診するという報告があります。 そして、カルバマゼピンが効いて三叉神経痛が確定したとしても、MRI検査は必須です。 1割程度は脳腫瘍が原因と言われているからです。4割は原因血管の同定が可能なようです。 https://t.co/Jyc4bWwyMk
@uni_dot_com @TeRrIbLe_HoRnEt 鑑別的処方と言う考え方はあると思います。 ただ、カルバマゼピンには血球減少や低Na血症など歯科では対処できない有害事象もあるので注意必要です https://t.co/nXNxdRBRuA
睡眠中の嚥下回数 https://t.co/m6ZwW3QHQM 睡眠中の平均嚥下回数/1時間は2.4回 嚥下の頻度は睡眠stageに関係しており,睡眠が深くなるに従い嚥下の頻度が低くなっていた.また睡眠中に嚥下が行われない最長時間は平均 68.8分であった(下図) 日中の平均が23.5回なので、睡眠中はかなり少ないですね https://t.co/49tWiZQaWN
すんごいな歯内歯も根管治療出来るのね。 https://t.co/V7H8hbiDnJ https://t.co/MOZJQVhpkO
線維性異形成症が悪性転化してしまった症例。 単発性の線維性異形成症でも、0.5%癌化する。 https://t.co/sKoRRMICWP
これ、まぁ僕の6年前の論文が全てベースなんですけどね笑 最初だったんで計測方法とか全て手探りの中始めたものでめっちゃ大変でした。 ちなみにその論文の一番下のreferenceも僕の論文です。 https://t.co/EyjUmgoBJE https://t.co/J3O0yvX2Su
オーラルフレイルと食事の満足感の関連 https://t.co/uBX9bvZ1Ko 対象者940名 残存歯数20本以上/未満の間で食事の満足感に有意差は認められなかった オーラルフレイル(下図参照)該当者(全体の8.4%)は,非該当者に比べて食事を「とてもおいしい,おいしい」と回答した者(OR 0.49)が有意に少なかった. https://t.co/pNWWFZYTeb
@presai888Tac 開腹開胸でなければそんなに気にしなくて良いかと思っていますが、一応するみたいです https://t.co/XiSmNhKkZ2
100㎖水飲みテストによる嚥下障害スクリーニングの精度(2020年) https://t.co/JaSt7ZoAw8 EAT-10(カットオフ3点)と100㎖ 水飲みテストのムセの兆候と嚥下時間(カットオフ10/11秒)を組み合わせた嚥下スクリーニングの感度と特異度は74%,61%と良好であった. 対象者は自立度の高い高齢者だったようです
[授業中に居眠りする学生の割合とCO2濃度の比較] 教室環境と居眠り人数を計測「授業中の居眠りには、室内温度、CO2濃度が関係ある」 (米ローレンス・バークレー国立研究所:人間の思考力はCO2濃度が2,500ppmを上回ると急激に低下する) https://t.co/YQInmt4juu 題名で検索すると、PDFあり。
某メディアの記事で。 「酸性度(pH)の低いフッ化物混入ペーストはチタンの耐食性に悪影響を及ぼすことが明らかとなっている」 というのを見ましたが、フッ化物濃度が1000ppm前後でpHが4.5以下のペーストはあるんでしょうか? https://t.co/vQzO44JWOx https://t.co/hFNlCdBA3J https://t.co/7K6aFhetkQ
某メディアの記事で。 「酸性度(pH)の低いフッ化物混入ペーストはチタンの耐食性に悪影響を及ぼすことが明らかとなっている」 というのを見ましたが、フッ化物濃度が1000ppm前後でpHが4.5以下のペーストはあるんでしょうか? https://t.co/vQzO44JWOx https://t.co/hFNlCdBA3J https://t.co/7K6aFhetkQ
睡眠中の嚥下回数 https://t.co/1CY9iXyIoF 睡眠中の平均嚥下回数/1時間は2.4回 嚥下の頻度は睡眠stageに関係しており,睡眠が深くなるに従い嚥下の頻度が低くなっていた.また睡眠中に嚥下が行われない最長時間は平均68.8分であった(下図) 日中の平均が23.5回なので、睡眠中はかなり少ないですね
【顆粒入り歯磨剤の清掃効果】 某YouTuberの歯科医師の先生が、顆粒入り歯磨剤の清掃効果が分からないされているようですが、過去に複数の文献で清掃効果が高まることが報告されています。 https://t.co/ERvxYH0Ph4 https://t.co/q1HNSm1AaM
COVID-19患者のPET-CT所見(Global Health Med 2020) https://t.co/kH620p2x2A 肺炎像の他、リンパ節、脾臓や骨髄にも認められ、特に免疫系との関連が示唆されるリンパ節における所見は経時的に変化する。そしてこれらの所見が早期に消退する
嚥下前後の呼吸コントロールが飲み込みやすさに与える影響 https://t.co/fWdoMOOJ5U 自由嚥下および指示嚥下前後の4つの呼吸位相パターンで主観的飲み込みやすさを比較検討した 吸-呼の筋活動量が呼-呼と比較して高値(効率悪い) を示し,嚥下前が呼気であると飲み込みやすいと感じる傾向にあった。
家庭環境ってその子の性格にはあんまり影響しないんかな? こういう研究も面白いですよね。 https://t.co/0rNBb8oHW6
誤嚥性肺炎の予防と治療 ─PEG は誤嚥性肺炎を予防できるか─ https://t.co/DMR3UIKK2G 2012年の文献ですが日本語なので読みやすいと思います。 (一部抜粋)食事を摂っていなくとも,口腔ケア,嚥下リハビリテー ションを行い,胃腸の蠕動運動の改善,胃食道逆流の予防などを行うことが大切である.
皮膚筋炎において嚥下障害に関連する自己抗体 https://t.co/ME5JjVPuRN 皮膚筋炎患者のうち嚥下障害あり(13例)と嚥下障害無し(79例)のうち以下の抗体について解析 抗ARS抗体,抗Mi-2抗体,抗SRP抗体,抗MDA-5抗体,抗TIF-1γ抗体,抗U1-RNP抗体,および抗 SS-A 抗体の陽性率は抗TIF-1γ抗体のみ有意差を認めた

13 0 0 0 OA 摂食嚥下障害

嚥下に関わる男女差について https://t.co/yKZrJXnfxp 65 歳以上人口あたりの肺炎死は男性は女性の約 1.7 倍、気道閉塞死は男性が女性の約 1.3 倍多い 原因としては男性の方が喉頭下垂しやすく(喉頭挙上距離延長),舌圧の低下が女性より早く起こり,慢性呼吸器疾患の合併が多い事などが影響しています
@VareliaHeart これ怖いですよね。ビタペックスが下顎管に入ったやつ https://t.co/sZHD2yWkm6
篩骨洞にインプラントが迷入したケース。 これは埋入から10年経過後に眼窩周囲の違和感。 まひ先生曰く、迷入後十数時間で到達したケースもあるようですね
咀嚼回数で飲み込み直前(L期),L期の中間(M期),L期より20%多く咀嚼(+20%)した段階における食塊の物性を餅,ピーナッツ(P),ビスケット(HB)で比較 https://t.co/W6YNdKx7ep ✅餅は硬さと粘着性が減った段階で嚥下 ✅PとHBは粘着性が最も高い段階で嚥下されていた 粘着性が高くても嚥下反射は起こる…

5 0 0 0 OA Zenker 憩室

Zenker憩室(咽頭食道憩室) https://t.co/EYYaglYFJm Zenker憩室は食道入口部の脆弱部であるKillian三角部(下咽頭後壁の下咽頭収縮筋と臨場咽頭筋の間)に形成される憩室であり,嚥下障害をきたす疾患です.非常に稀な疾患ですが,進行性に増大することもあり,頭の隅に入れておいてもいいかも知れません
睡眠中の嚥下回数 https://t.co/1CY9iXQjNf 睡眠中の平均嚥下回数/1時間は2.4回 嚥下の頻度は睡眠stageに関係しており,睡眠が深くなるに従い嚥下の頻度が低くなっていた.また睡眠中に嚥下が行われない最長時間は平均 68.8分であった(下図) 日中の平均が23.5回なので、睡眠中はかなり少ないですね https://t.co/qoETHkWe3S
誤嚥性肺炎患者の唾液分泌量と日内リズム https://t.co/mND6dv9sRl ✅誤嚥性肺炎患者は非誤嚥性肺炎患者に比べ唾液分泌量が少なかった 不顕性誤嚥の原因となる唾液の分泌が少ない方が良さそうですが,唾液による口腔内細菌の殺菌効果が低下して口腔環境が悪化するデメリットの方が大きいようです☝️
努力性に飴を舐める機能の定量評価 https://t.co/B9y0g5SKPR 健常若年者,健常高齢者,通所高齢者で飴(チュッパチャプス)を5分間全力で舐めるよう指示し,飴の重量減少(努力性に飴を舐める機能)を測定した.すべての対象群で努力性に飴を舐める機能は最大舌圧と正の相関がありました 全力で舐めてもOK
耳鼻科医が鼻からの内視鏡で歯根端切除をやる時代か。 ただ、長期予後はどうなんやろ。結局再発して抜歯することになるのでは、、、。 https://t.co/lfWwtKl3lR
摂食嚥下障害を有する急性期病院入院患者における有床義歯の使用状況 https://t.co/YerkiqejGH 嚥下障害を有する急性期病院入院患者627名を対象 義歯装着が必要と判断された患者のうち,実際に義歯を使用している患者は25% 摂食嚥下障害が重度の患者ほど義歯を装着していない傾向にあったようです
@sho20yurie ちょうど明日こういう文献を紹介する予定でした↓ https://t.co/sIjgIt1d4S
非経口摂取高齢入院患者に対する「水を使わない口腔ケアシステム」 https://t.co/Ygv2w7c7Xk 水を使用した従来の口腔衛生管理では肺炎起炎菌を含む洗浄水を誤嚥させる危険性が高い。経管栄養患者の場合,洗浄水を誤嚥する危険性はさらに高くなる。 口腔ケアによる肺炎リスクにも注意が必要です https://t.co/cS1i7nYdit

13 0 0 0 OA 摂食嚥下障害

嚥下に関わる男女差について↓(日本語の文献です) https://t.co/RixL65ab2N 男性の方が女性に比べ、誤嚥性肺炎や窒息による死亡が多い。 原因としては男性の方が喉頭下垂しやすく、女性に比べ会話量が少ない(女性の方がおしゃべり好き)、慢性呼吸器疾患の合併が多い事などが影響しています。 https://t.co/gxKStw5IGp
48時間連続論文紹介まとめ2 2日目に紹介した文献25本の中で,関心度の高かった上位3つ 高齢者肺炎患者に対するMASAの有用性の検討 https://t.co/0Kl1gNA5f9 高齢者における問診表EAT-10を用いた嚥下障害の有病率 https://t.co/sSPiLFJ8jx 食塊形成能と誤嚥性肺炎発症率 https://t.co/O42KZxkjjO https://t.co/i9T2Eq4l2L
完全側臥位法の有用性 従来の誤嚥予防対策では安全な経口摂取は困難な重度嚥下機能障害(兵頭スコア8.16±2.0点)と診断された65歳以上の高齢者47 例に完全側臥位法を導入した 完全側臥位法導入後、経口栄養での退院が有意に増加 (26.5→53.2%)した #48時間連続論文紹介 https://t.co/CLEKHi6Pv0
嚥下時舌圧測定の有用性 嚥下時舌圧の測定は ①嚥下時舌運動機能の低下を検出する ②嚥下障害に対するリハビリテーション手技の舌運動への効果を検証する ③嚥下困難者用食品の開発に生体計測データを提供する という3つの大きな可能性をもつ #48時間連続論文紹介 https://t.co/zEV6H4J8TI https://t.co/RDnNNKoodD
サルコペニアの摂食嚥下障害とは、全身および 摂食嚥下に関与する骨格筋の筋力・筋肉量・機能の低下に 伴う摂食嚥下機能低下のことを指します。低栄養に対しては栄養管理、オーラルフレイルに対しては口腔ケア、口腔内治療、義歯調整が推奨されています #48時間連続論文紹介 https://t.co/d30ETeEDTL
参考資料 https://t.co/oppiYTM8kw 飛行機 https://t.co/JFjQq7VDnV https://t.co/LyGfZVS4L4 鉄道 https://t.co/VIKX4BU8wU https://t.co/1RdOCuu61z パチンコホール https://t.co/plqqV7wLus https://t.co/men1tklLvY ダイヤモンド・プリンセス https://t.co/0Rk971Ah4p

フォロー(577ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

口腔ケア用ジェルを用いた非注水下での超音波スケーラーによる歯石除去の検討 https://t.co/gizUQX2A5C
老年歯科医学はJ-STAGEなので、アップもほぼ同時で助かります。 MMSEにより認知機能低下が疑われる義歯装着高齢者の口腔内評価 ―義歯を必要としない高齢者との比較および欠損形態による相違― https://t.co/PXF7AzbYPR

フォロワー(321ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @oda0902: 老年歯科医学はJ-STAGEなので、アップもほぼ同時で助かります。 MMSEにより認知機能低下が疑われる義歯装着高齢者の口腔内評価 ―義歯を必要としない高齢者との比較および欠損形態による相違― https://t.co/PXF7AzbYPR