Yuichi Isaji/伊佐次優一 (@yuichiisajipt)

投稿一覧(最新100件)

✅PNFと筋力トレーニング https://t.co/jQidgvXYru
@Hs041300 仰る通りです。 しーごさんも使われるのですね! 実際臨床での効果はいかがでしょうか? こちらで大丈夫です。 私が調べた限りでは見つかっておりません。 https://t.co/m1O7JMltHb こちらで同様の評価はされていました。掲載が決まった後で見つけた際は驚いた記憶があります。
✅初めての論文公開(膝OA患者に対する筋膜リリースの論文) 私にとっては初めての論文が公開されました。 患者さん、共著者の皆様含めこの論文に関わってくださった全ての方々に感謝致します
有名な村上先生の文献 仙腸関節由来の腰痛 https://t.co/QDxgRTnpbm
✅骨粗鬆症性脊椎圧迫骨折に対する治療 https://t.co/eBa56xKoMT
✅異なるハムストリングス筋力トレーニング介入によるH:Q比の変化の違い 肉離れにおいても注目されているのですね。 ACL術後のカットオフ値はないのかなとふと疑問。 https://t.co/Xu2TbFjLZP https://t.co/iEndfZy0DA
✅足部から見た身体運動の制御 タイムリーな文献でした。 https://t.co/JeQFuMFS0O
✅筋肉と臓器のクロストーク:免疫代謝に着目 図が秀逸で食いついてしまった。 フリーです。 クロストークは何か上手いこと訳せるのか。 key wordはマイオカインかな? また気になるワードを見つけてしまった。 https://t.co/0dNRYgIffm https://t.co/2dleozsMqn
✅変形性膝関節症の病態・診断・治療の最前線 2013年の文献ですが,非常に分かりやすいです. 若手の方に膝OAを知る上でお勧めです. https://t.co/QyOUvWieBR
参考文献 これはめちゃめちゃ勉強になります。 以前も挙げましたが。 https://t.co/Bf8iWqxqaH
✅妊娠中に分泌されるリラキシンホルモンの作用により,仙腸骨靭帯や恥骨結合が弛緩することが原因で発症する腰痛を特に骨盤痛と呼び,出産後はオキシトシンの作用によりすみやかに回復するとされている。 この弛緩って評価できるのか? どう臨床に活かす? https://t.co/ECZ9OhcbiT
腹式呼吸の効果の検討 https://t.co/8wK6ozQOs9 当たり前のようにやってるエクササイズ指導 文献見てみると興味深い。
✅リバース・ダーツスローモーション リバースでしたが発見しました。 この方がよく研究されているんですね。 https://t.co/NjkNeTRFw8 https://t.co/oK0W6AeWOX
✅手根骨の可動性低下 最近肘や手疾患の方の手根骨の可動性低下や母指球や小指球の筋膜の滑走性低下に介入することが多いです。 介入すると手関節の可動性や疼痛も改善することが多く改めて重要性を再認識しています。 バイオメカニクス 手のスペシャリストって誰だ? https://t.co/00ns4r2DQ7
大腿筋膜張筋の筋活動について https://t.co/W5BgnkDDZT よく見るストレッチが正しいとは限らない。 投稿する時また気をつけよう。
アイシングで軽減 その後干渉波を実施していた同僚 疼痛軽減をさらに図れたとのこと。 干渉波 EMS マイクロカレント この辺の知識については勉強してみると面白そうであり、臨床の幅も広がりそう。 https://t.co/TCVjCiisHZ https://t.co/Py7AhNXRtC https://t.co/yonZIMnPDw
アイシングで軽減 その後干渉波を実施していた同僚 疼痛軽減をさらに図れたとのこと。 干渉波 EMS マイクロカレント この辺の知識については勉強してみると面白そうであり、臨床の幅も広がりそう。 https://t.co/TCVjCiisHZ https://t.co/Py7AhNXRtC https://t.co/yonZIMnPDw
✅テニスレッグ 腓腹筋内側頭の筋腱移行部の断裂 初めて聞きました。この呼称って皆さんご存知ですか? https://t.co/Aad4xaieU0
@morio33731 矢状面上での脊柱アライメント不良姿勢と肩甲上腕関節可動域の関係性 に関する先行研究では,肩関節屈曲可動域は直立位で増加するのに対して,前かがみ姿勢では低下する。 と脊柱と肩は報告がありました。 下記の引用文献の中からの抜粋です。 https://t.co/zsndzX0Squ
✅呼吸機能と体幹,横隔膜の関係性について 臨床で必ずチェックする横隔膜好きの伊佐次です. 大変興味深い文献を見つけ興奮しています笑 興味があればどうぞ. https://t.co/mMr1GGaXCx

2 0 0 0 Modic sign

✅Modic sign 勉強になる。 こうやって関連づけて調べていくと知識が深まりやすい気がする。 https://t.co/WXTnfuVgek https://t.co/6ERvXT7Hre

3 0 0 0 OA 浮腫の基礎

✅浮腫の基礎 浮腫に対する理学療法に関してもまとめられています。 Twitterでこの辺の分野のスペシャリストいないかな? 私の対象は浮腫よりも整形外科の患者さんの腫脹がメインだからまた違う気もしているけれど、二分化出来るのかという疑問。 https://t.co/kPugsSf9oi
✅超音波画像による足関節前方引き出しテストの定量評価の再現性 10年前にこのような発表がされているんですね。 前方引き出しテストで変わるATFLに緊張の変化はチェックしてみよう! https://t.co/fUJHcQgcOT
✅ スポーツ活動における足関節捻挫 ―後遺症と捻挫再発予防について― https://t.co/Id4v5NOiTV
✅足関節捻挫の病態と治療 有名な小林先生の文献発見 https://t.co/DakEIZWt5m
✅心因性疼痛を考える 牛田先生の文献 https://t.co/a36gX5k1JY
✅運動療法による疼痛修飾機能への影響 https://t.co/jgZa8YogAh
✅運動器疼痛のマネジメント 松平先生の文献発見。 https://t.co/LX7dhk3ZM2
✅運動器慢性疼痛に対する認知行動療法理論に基づいた運動促進法 これは面白そうだ。 https://t.co/D7726s2BBa

2 0 0 0 OA 痛みの評価

✅痛みの評価 https://t.co/vBF8Rf5vs0
✅運動器慢性痛 分かりやすくまとまっている。 こういうのをたまたま見つけれるとラッキーです! https://t.co/wM0kOASi3N
✅ACL術後早期の位置覚 位置覚の低下は術後早期に生じるとは考えていましたが,介入方法は全く知りませんでした. また臨床でも着目してみよう. https://t.co/cZvycDbn2T
✅若年女性の肩こり 国民生活基礎調査での有訴者率男性2位,女性1位の肩こり 肩こりの分類について初めて知りました. 肩こりは個人的には気になるトピックの1つで研究計画を簡単に立案した経緯もあります. いつ実行できるかはまだ未定ですが. https://t.co/xENKBDJGLz
有益なツイートありがとうございます。 肩関節外転制限が著明な症例でこのような肩甲骨上方回旋の低下が多い印象です。 鎖骨の挙上は挙上最終域に必要な印象なのですが、過度な挙上を認めるという解釈なのでしょうか? 肩甲骨の上方回旋と鎖骨挙上に関する報告 https://t.co/0zHyxa32mT https://t.co/mo3ZWTUqCJ
✅統計を学びたい方へお勧めです 私も統計に関してはまだまだ分からないことばかりですが、この文献は分かりやすかったです。 少しでも理解が深まればと、シェアします。 https://t.co/sh2TuYinf8
✅手関節のバイオメカニクス https://t.co/00ns4r2DQ7
✅肘の運動器超音波 林先生の文献がありました。 またこれも見てみよう。 https://t.co/2zFs6SxD8s
✅肘関節のバイオメカニクス 図と共にわかりやすくまとめられています。 https://t.co/pWGu1q5Z4q
@xx1746 https://t.co/23pRfEMmcv 骨盤前傾すると直筋の働きが抑制される印象でしたが、内側広筋が働きやすくなるイメージでしたが、この発表では全て骨盤後傾で全て出力が上がったみたいです。
RT @opchti: 論文ではありませんが参考までに。 事故や外傷後の疼痛に関しては知覚異常や患者教育など、多様な視点を持ち介入する必要があると考えます。 https://t.co/gZv340jYRX
✅歯ぎしり 寝てる時歯ぎしりしてるらしい 早速文献探す ストレスか、疲れか... https://t.co/CoLR9PESuV
✅妊娠・出産期の理学療法 Fasciaセミナーで腹直筋離開について質問を受けたが勉強不足で答えられず。 帝王切開とFasciaについて簡単に述べたので、調べるか悩んでいましたが。 少し勉強始めていきます。 疲れましたが、また再スタート https://t.co/c8bzh6DjLP
✅神経障害性疼痛の診断と治療 完治に非常に時間がかかる慢性痛の一種 痛いんですね の一言では片付けられないくらい やっぱり痛みの機序は複雑 勉強不足ばかりで情けない https://t.co/RAptDwiMjr
✅炎症性疼痛―炎症は抑えたほうがよいのか― 炎症は治癒に必要な過程である しかし組織治癒が治まってからも疼痛が遷延してしまうと、神経障害性疼痛となりうるリスクがある 治癒促進と疼痛軽減のバランスが重要か。 こう考えると難しく感じる https://t.co/vpBHnOzmwh
✅疼痛理学療法の診療トピックス 痛みの五重円モデル イエローフラッグと慢性痛の問題点 包括的な疼痛評価 Fear avoidance model 国際疼痛学会による理学療法介入 疼痛理学療法のグローバルスタンダード 図示されていて分かりやすかったです。 https://t.co/lmV865ocfn
✅めまいのリハビリテーションの段階的治療戦略 https://t.co/Gh7hI54eF5
✅エビデンスに基づいたリンパ浮腫の保存的治療 https://t.co/TpHJfw86D7
✅慢性的な肩関節の夜間痛 モヤモヤ血管で有名な奥野先生の論文でした。 慢性的な肩関節の夜間痛に対する経動脈的微小血管塞栓療法の有効性 https://t.co/0ErcPGoIYz
✅PFP 大腿骨前脂肪体のMRI画像 MRI Findings Consistent with Peripatellar Fat Pad Impingement: How Much Related to Patellofemoral Maltracking? https://t.co/pAoKWPGBn0
✅肩関節疾患における超音波診断 結節間溝:上腕二頭筋長頭腱 大結節に付着 棘上筋腱 棘下筋腱 小結節に付着 肩甲下筋腱 https://t.co/numMTbos1e
✅理学療法におけるシステマティックレビュー 修士課程でお世話になった先生の文献 最近とあることがきっかけでSRに興味を持ちまして勉強中です。 研究関連もこれを機に呟きます。 理学療法効果を検証するためのシステマティックレビューの作成方法と実践 https://t.co/3PUTzmdGPL
✅エビデンスピラミッド メタアナリシスやRCTは絶対的なのか? これに対しても常に疑問を持って読んでいかなければならない #RK https://t.co/Tq35vlHK9D https://t.co/ufBn3wG6nj
✅内臓と関連痛 心疾患を持つ方の左上肢の疼痛が心疾患に対する内服で疼痛が消失した症例等も経験しました。 運動器疾患を見る上で Fasciaの観点でもそうですが、問診において内臓系の既往歴、現病歴を知ることは非常に重要だと思います。 https://t.co/iR9nTQhRHB
✅高血圧の人は疼痛が強くなりやすいのか ふと感じた疑問でした。 この文献には高血圧の人は通常夜間になると、副交感神経優位となり血圧も下がるが、高血圧症の人はなりにくいと。 ということは常に交感神経が優位となり緊張も高くなり、やはり疼痛も躍起しやすいのか。 https://t.co/LLrT08Z1nM
☑Bertolotti症候群 これまた初めて聞いた! 最尾側腰椎の肥大した横突起と仙骨間に関節を形成し,腰痛を生じる症候群 https://t.co/ei2yLNvkFW
✅夜間痛を合併した肩関節周囲炎の臨床的特徴 肩甲骨の下方回旋位が特徴 他の論文では糖尿病も関連性を認めていましたが、運動器疾患において糖尿病は大きなリスク因子と臨床でも感じます。 https://t.co/zBOuP7YUIa
✅末梢神経系の復習 痛みとマニュアルセラピーII ―神経系のモビリゼーション― https://t.co/moOTsAtszV
✅皆川先生のお言葉 連載第3回 超音波画像診断技術の臨床への応用I : 上肢の運動器疾患(<シリーズ>「超音波装置を用いた評価と臨床への応用」,理学療法トピックス) https://t.co/mcw2NKpEmo
古い論文ですが日本語もありました。 https://t.co/RBmFj8f71P
✅デルマトーム 脊椎と脊髄の関係性を再確認 ずれを再度勉強しなければ 例えば C7/T1間はC8が通る L4/5のヘルニアはL5領域の障害が生じる https://t.co/UlrOwCUZTr
✅バードドッグ時の多裂筋は挙上側が働く 昨日エコーをしながら多裂筋を見ていて生まれたふとした疑問。 非常にわかりやすく纏まっている文献がありましたのでシェア。 体幹トレーニング指導には必須の知識かと。 https://t.co/Bf8iWqxqaH
✅膝蓋下脂肪体の超音波評価 自分自身が研究で用いた方法に近い方法でされていたのでシェア。 勉強させて頂きます。 膝関節浅屈曲位での膝蓋下脂肪体の変形 https://t.co/m1O7JMltHb
✅Fasciaの基礎研究 ウシガエルの膝伸筋 https://t.co/dlEiWlp0Ij
@kotakota891 https://t.co/3hk0s8tQ1F この文献にも書いているADが長い症例のことを骨頭前方偏移と記載致しました。
✅エコーガイド下Fasciaリリース 興味深いなぁ。 理学療法士として何が出来るのか? https://t.co/N4WP1VMaLH
✅LAFS 潤滑性脂肪筋膜系 脂肪層に存在し、浅筋膜と深筋膜との間に存在する このLAFSの存在によって円滑な筋骨格系の運動が行われる https://t.co/cEpp5GKybB
✅皆さんどう評価していますか? 肩関節が求心位を取れることが重要であるとよく聞きますが、実際みなさんはどう評価されているのか純粋な疑問です。 気になって調べてみるとレントゲン評価がありました。 肩関節求心位を保持する腱板機能とは? https://t.co/LmjewfyTVh
@YMurakami601 そうなんですね! この文献のサルコペニアの特徴にも書いていました。 https://t.co/sEOYJOSExX
✅脂肪変性 メカニズムがめちゃめちゃ気になります。 筋内脂肪変性とは筋内の細胞質内に形態学的に観察可能な脂肪が出現している状態 https://t.co/GEQyncIOvj
✅Myofascial Release オステオパシー発祥の筋膜リリースをBarnesさんが体系化したものとなります。 オステオパシーが起源なんですよね。 本邦における筋膜リリースの文献です。もう20年。 CiNii 論文 -  Myofascial Release (筋膜リリース) https://t.co/U727OcLL5U
@PTechomusic はじめまして。 リンクが見れないので申し訳ないですが、棘上筋との報告もありますね。 エコーではまだ確認できておりません。 一度エコーの研究もないのか調べてみたいと思っております。 肩甲下筋も昨日調べたらありました。 https://t.co/fCftXORSfB
https://t.co/5tQrQYbWW7 追記 外転もですね! 内転、外転パターンとあるので。
https://t.co/ChvJDZS68s こういう学会発表もありました。
@TrainerWao そうなんですね。 神経リリースは初めて聞きました。 確か去年の超音波学会でも総腓骨神経への圧迫を腓骨筋をリリースして改善するといったような、筋を介して神経の圧迫を取り除くというのはありましたが。 https://t.co/mxDpJQoa0K 学会発表レベルですがこういうのは見ました。

お気に入り一覧(最新100件)

https://t.co/Ia1xwVASGR 再度、参考文献載せます!
@yuichiisajipt @kotakota891 自分が参考にしたのはこの辺りです^ ^ https://t.co/3NjI4tIpga https://t.co/qGVRgd4pvo https://t.co/p241GNBEw4
@yuichiisajipt @kotakota891 自分が参考にしたのはこの辺りです^ ^ https://t.co/3NjI4tIpga https://t.co/qGVRgd4pvo https://t.co/p241GNBEw4
@yuichiisajipt @kotakota891 自分が参考にしたのはこの辺りです^ ^ https://t.co/3NjI4tIpga https://t.co/qGVRgd4pvo https://t.co/p241GNBEw4
理学療法学に論文が早期公開されています。生物心理社会モデルに基づいて疼痛教育を行い奏功した症例です。 次の症例報告は筆頭で国際論文に挑戦中。症例報告好き。 https://t.co/FtWpUPEaJe https://t.co/qbQ9DiwAWe
大殿筋の活動。 歩行時の大殿筋下部線維の筋活動は、最大振幅値を腹臥位での股関節伸展位保持時(MMT3)と比較しても半分以下であった。との報告(URL)もあります。⤵︎ https://t.co/BtpJAT5m6B 動作分析にも役立ちますね。 https://t.co/MbzqvqmYg3
論文ではありませんが参考までに。 事故や外傷後の疼痛に関しては知覚異常や患者教育など、多様な視点を持ち介入する必要があると考えます。 https://t.co/gZv340jYRX https://t.co/nFJl99y1E8

46 0 0 0 OA 査読の作法

ちなみに論文の書き方や読み方を手取り足取り指導してくださる教員というのは少ないかと思いますが、 「査読の仕方」などはもっと教わる機会は無いかと思います。 そのような方で、もし論文査読依頼がきた方は、 こちらが参考になりますのでどうぞ
天気が悪くなると痛みが増える外来患者さん多い。 https://t.co/o4n12YmypE
169☀️ 膝蓋骨のモビライゼーションの効果 背臥位にて、膝蓋骨上縁に対し遠位方向へ【Kaltenborn の体系による Grade III】で3分間、持続的に圧迫を加えた 結果、膝伸展筋力は増加した☀️ なんとなく膝蓋骨を触れるのはやめて、 方向、時間、強度などを考えましょう^ ^ https://t.co/To62f0vtgw https://t.co/nlSyV7cltm
【肩関節周囲炎の多くは上腕二頭筋長頭腱炎】 肩で著名な先生である「赤羽根先生」は 以前セミナーで 『周囲炎のほとんどが長頭腱炎』と言ってた 僕は「いやいやそんなことないだろ」 と思って文献を漁ってたら遭遇したものです。

フォロー(29ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

@yuichiisajipt 足部が不安定な状況ならキネシオテーピングによって身体動揺の項目でパフォーマンス向上に影響するような論文はありますね。 https://t.co/GuwUDxrzQ6 個人的にはキネシオテーピングで可動域や筋力、片脚立位が改善する感じはあります。 KTテープとかだとより顕著ですがキネシオでの結果ですもんね。
② https://t.co/4uxNccbgs4 ③ https://t.co/LwEIGV1o1C 対象や方法はこちらから。
PRISMA Statementを遵守していないSRが多いという報告. SRは専門家が入ってないと正直厳しい. J-STAGE Articles - The Reporting Quality of Systematic Reviews in Japanese Physical Therapy Journals https://t.co/EOS4bhvCWo
https://t.co/sbBI8HHCAO こういう研究は面白い☆ あ、宮崎先生の京都橘だ〜 おとといまでは足趾デー。 昨日からは体幹デーです❣️
RT @yuichiisajipt: ✅初めての論文公開(膝OA患者に対する筋膜リリースの論文) 私にとっては初めての論文が公開されました。 患者さん、共著者の皆様含めこの論文に関わってくださった全ての方々に感謝致します
RT @yuichiisajipt: ✅初めての論文公開(膝OA患者に対する筋膜リリースの論文) 私にとっては初めての論文が公開されました。 患者さん、共著者の皆様含めこの論文に関わってくださった全ての方々に感謝致します
RT @yuichiisajipt: ✅初めての論文公開(膝OA患者に対する筋膜リリースの論文) 私にとっては初めての論文が公開されました。 患者さん、共著者の皆様含めこの論文に関わってくださった全ての方々に感謝致します
RT @yuichiisajipt: ✅初めての論文公開(膝OA患者に対する筋膜リリースの論文) 私にとっては初めての論文が公開されました。 患者さん、共著者の皆様含めこの論文に関わってくださった全ての方々に感謝致します
RT @yuichiisajipt: ✅初めての論文公開(膝OA患者に対する筋膜リリースの論文) 私にとっては初めての論文が公開されました。 患者さん、共著者の皆様含めこの論文に関わってくださった全ての方々に感謝致します
https://t.co/NB36O2yHOt 特集 転倒の疫学と予防のエビデンス エビデンスは全てこちらからの引用。
ヘルシズムとかこういうことも勉強しておくといいかもですね。自己責任論は緊縮(医療費の抑制)と親和性が高かったりしますから

フォロワー(1190ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

@yuichiisajipt 足部が不安定な状況ならキネシオテーピングによって身体動揺の項目でパフォーマンス向上に影響するような論文はありますね。 https://t.co/GuwUDxrzQ6 個人的にはキネシオテーピングで可動域や筋力、片脚立位が改善する感じはあります。 KTテープとかだとより顕著ですがキネシオでの結果ですもんね。
② https://t.co/4uxNccbgs4 ③ https://t.co/LwEIGV1o1C 対象や方法はこちらから。
体幹筋と起き上がりの関係は気になりますね。 下記は体幹筋ではなくtrunk control testとの比較。 脳卒中片麻痺患者の起き上がり動作能力と身体機能との関連 https://t.co/HDKpCDcF8D
https://t.co/sbBI8HHCAO こういう研究は面白い☆ あ、宮崎先生の京都橘だ〜 おとといまでは足趾デー。 昨日からは体幹デーです❣️
RT @yuichiisajipt: ✅初めての論文公開(膝OA患者に対する筋膜リリースの論文) 私にとっては初めての論文が公開されました。 患者さん、共著者の皆様含めこの論文に関わってくださった全ての方々に感謝致します
RT @yuichiisajipt: ✅初めての論文公開(膝OA患者に対する筋膜リリースの論文) 私にとっては初めての論文が公開されました。 患者さん、共著者の皆様含めこの論文に関わってくださった全ての方々に感謝致します
RT @yuichiisajipt: ✅初めての論文公開(膝OA患者に対する筋膜リリースの論文) 私にとっては初めての論文が公開されました。 患者さん、共著者の皆様含めこの論文に関わってくださった全ての方々に感謝致します
https://t.co/NB36O2yHOt 特集 転倒の疫学と予防のエビデンス エビデンスは全てこちらからの引用。