ZR-TeXnobabbler (@zr_tex8r)

投稿一覧(最新100件)

RT @OverleafJapan: #Overleaf https://t.co/kpqRPKphs3 のユーザ会といいますかワークショップといいますか、そんな場を設けたいなぁなんて考えているのですが、集まってくださる方っていらっしゃるのかな。Overleafグッズ用意して、…
RT @sinya8282: 『LaTeXと学会誌制作の思い出』 https://t.co/G3e0dZR7Uh LaTeXが日本で広まり始めた時代の話題が載ってて面白い.
RT @works014: この文書そのものが読み難いという皮肉… / “2F3-1 高精細LCD上の明朝体フォントの読みやすさと好ましさ” https://t.co/4x7CfLztdY
RT @hak7a3: ほう,2015年発表とな?(ハッシュタグつけ忘れたので再ツイート)#TeX #LaTeX http://t.co/nuu7hfNjhj

お気に入り一覧(最新100件)

『LaTeXと学会誌制作の思い出』 https://t.co/G3e0dZR7Uh LaTeXが日本で広まり始めた時代の話題が載ってて面白い.
蘭学者の音声分析と五十音図 https://t.co/2LUkCzr0rR
『ポケット顧問 や、此は便利だ』の筆記用略字、代用字 書名がいちばんおもしろい。 https://t.co/OaxImVdXdg https://t.co/kU0tEG5RNy
"システムソフトウェア研究の移り変わり" https://t.co/JJyEoLRlRe むちゃくちゃ面白いな!
拙著サーベイ論文「オートマトン理論再考」が今日付けでJSTAGEに公開されました! どなたでもアクセスできると思いますので,ぜひぜひ読んでみてください. https://t.co/5WHN1lbyYY
「特に仮名や漢字をモチーフに,文字を構成要素とする「文字型」図案をその対象とし,各時代の特徴的な造形方法を抽出」PDFあり。 ⇒柳橋達郎「明治・大正・昭和期における日本の自治体紋章の造形とその変遷」『デザイン学研究』63(2016) https://t.co/r3JV63Jxv2
この文書そのものが読み難いという皮肉… / “2F3-1 高精細LCD上の明朝体フォントの読みやすさと好ましさ” https://t.co/4x7CfLztdY
JUNETやWIDEの初期の頃の話が読める。k14フォントってそうやって生まれたんだとか。 / “25 Years of WIDE Project : Up to this point and beyond this point…” https://t.co/d9yga6Un4M

520 0 0 0 OA 日本擬人名辞書

【ネットで見れるこの資料】 日本擬人名辞書 http://t.co/mcAEV8uILu  擬人名とは性質や形状を人名にした「飲ん兵衛」「承知の助」「ちび助」「助平」のようなもの。これはあの宮武外骨がそんな擬人名ばかりを集めた辞典。 http://t.co/HJXLdNR8YQ
技術書にかかわる人は必読かも。手順の躓きを最小化しろとか、 結果の認知しやすさを上げろとか、実行時の動きを抽象化して捉えられるようにしておかないと応用できないとか、企画編集でなんとなく目指してることが事例ベースでちゃんと議論されてた。 http://t.co/UQK2DFJc8S

フォロー(61ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @tce_ipsj: 教育新聞電子版2018年9月12日付に、 https://t.co/6KDp34Vfau TCEに論文「意味の理解に着目させる漢字学習ソフト「熟語マニア」の開発と評価」(https://t.co/HojSRcMNdC) が採録されたジュニア会員の記…

フォロワー(672ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @bms_pr: 【最新の論文をご紹介いたします】 竹内 真登, 星野 崇宏, プロセスシミュレーションを伴うコンジョイント測定による購買予測, 行動計量学, 2017, 44 巻, 1 号, p. 45-56, 公開日 2017/12/01, Online ISSN 1…
RT @tatsuyayay: 論文あった(PDF) https://t.co/E3PxNGQOnU https://t.co/FaMgcJsWJU
RT @ablativehen: CiNii 論文 -  OJADを支える音声合成技術 : 音声を合成しない音声合成技術の使い方(オーガナイズドセッション,第15回音声言語シンポジウム) https://t.co/Asf563fYDH #CiNii
RT @Paul_Painleve: 永宮さんの本は部屋のどこかにあるはずだが、、これは知らなかった。永宮健夫「微分方程式論」は昭和16年11月、犬井さんが合流超幾何の昇降演算子を書いたのが昭和17年4月の数物学会 https://t.co/A1jvw4zVyu なので、この時…
RT @tatsuyayay: 論文あった(PDF) https://t.co/E3PxNGQOnU https://t.co/FaMgcJsWJU
RT @bms_pr: 【最新の論文をご紹介いたします】 林 拓也, 主観的距離評定に基づく職業認知次元と集団分化の析出, 行動計量学, 2017, 44 巻, 1 号, p. 73-84, 公開日 2017/12/01, Online ISSN 1880-4705, Prin…
RT @ceekz: 単語分かち書き用辞書生成システムNEologdの運用-文書分類を例にして- https://t.co/l21sP0PUT5
RT @takebata: ニコラス・ローズのことを調べていたら、牧野智和 さんの博論に。本文を全面公開とは、太っ腹。自己統治の自己啓発の分析は、確かに面白そう。→「自己」の文化社会学―現代における大衆的セルフヘルプ・メディアの実証的分析―  https://t.co/NMOb…
RT @tatsuyayay: 論文あった(PDF) https://t.co/E3PxNGQOnU https://t.co/FaMgcJsWJU
RT @bms_pr: 【最新の論文をご紹介いたします】 竹内 真登, 星野 崇宏, プロセスシミュレーションを伴うコンジョイント測定による購買予測, 行動計量学, 2017, 44 巻, 1 号, p. 45-56, 公開日 2017/12/01, Online ISSN 1…
RT @rei_ktrg: @ka_zuan 論文が出てますね https://t.co/g6D9PQIh4Y
RT @rei_ktrg: @ka_zuan 論文が出てますね https://t.co/g6D9PQIh4Y
RT @tatsuyayay: 論文あった(PDF) https://t.co/E3PxNGQOnU https://t.co/FaMgcJsWJU
RT @tatsuyayay: 論文あった(PDF) https://t.co/E3PxNGQOnU https://t.co/FaMgcJsWJU
RT @rei_ktrg: @ka_zuan 論文が出てますね https://t.co/g6D9PQIh4Y
RT @bms_pr: 【最新の論文をご紹介いたします】 竹内 真登, 星野 崇宏, プロセスシミュレーションを伴うコンジョイント測定による購買予測, 行動計量学, 2017, 44 巻, 1 号, p. 45-56, 公開日 2017/12/01, Online ISSN 1…
RT @tatsuyayay: 論文あった(PDF) https://t.co/E3PxNGQOnU https://t.co/FaMgcJsWJU
RT @tatsuyayay: 論文あった(PDF) https://t.co/E3PxNGQOnU https://t.co/FaMgcJsWJU
RT @tce_ipsj: 教育新聞電子版2018年9月12日付に、 https://t.co/6KDp34Vfau TCEに論文「意味の理解に着目させる漢字学習ソフト「熟語マニア」の開発と評価」(https://t.co/HojSRcMNdC) が採録されたジュニア会員の記…
RT @nako2013: @ka_zuan 発光する卵焼きにぎり寿司から分離した発光細菌の検討 https://t.co/gzRXuomgN1 平成4年当時はインターネットがなかったのかな?
RT @temmusu_n: #掛算 #超算数 参考資料。https://t.co/eOAVoJW3XVは、 栗山和広、吉田甫「 割合概念における認知的障害: 等全体について」『愛知教育大学研究報告 教育科学編』第63巻 (2014年)、121-6ページ。 【等全体の正答率は…
RT @temmusu_n: #掛算 #超算数 参考資料。https://t.co/g3fDzcogKvは、 栗山和広他「子どもの思考に基づいた新しいカリキュラム: 割合概念の場合」『愛知教育大学研究報告 教育科学編』第66巻 (2017年)、69-76ページ。 Figure…
『日本物理学会誌』の今月号に「第73回年次大会(2018年)実行委員会総括」が掲載されているが,看板を自動生成したり近隣の居酒屋に物理屋襲来予告ビラをまいたりしたこの記事を思い出した.J-STAGE Articles - 物理学会… https://t.co/0dbS32wAmS
RT @Paul_Painleve: 永宮さんの本は部屋のどこかにあるはずだが、、これは知らなかった。永宮健夫「微分方程式論」は昭和16年11月、犬井さんが合流超幾何の昇降演算子を書いたのが昭和17年4月の数物学会 https://t.co/A1jvw4zVyu なので、この時…
RT @vbear00: CiNii 論文 -  レヴィ=ストロースの料理構造論 : 料理の三角形から料理の四面体へ(トピックス&オピニオン) http://t.co/HwjwmwHgAj #CiNii
RT @bms_pr: 【最新の論文をご紹介いたします】 福田 昌史, 固定電話と携帯電話を対象とした電話調査の導入と推定値の評価, 行動計量学, 2017, 44 巻, 1 号, p. 85-94, 公開日 2017/12/01, Online ISSN 1880-4705,…
RT @JapaneseDrugLab: @shirlywang https://t.co/X7Af6SDrIu 鰹節がゴーヤの苦みを低減することについては専門的に研究されています。ご参考まで。
RT @candidusflumen: 「代数的量子論における文脈依存性」 量子情報の研究者からは、文脈なんて関係なかろう、過去の量子論の哲学的アプローチが為された暗黒時代の残骸とみなされるのだろう → https://t.co/B2WZWOeXJ9