著者
山本 真知子
出版者
日本コミュニケーション学会
雑誌
日本コミュニケーション研究 (ISSN:21887721)
巻号頁・発行日
vol.48, no.1, pp.49-65, 2019-11-30 (Released:2019-12-03)
参考文献数
14

The purpose of this essay is to rethink how not only the participants of social movement, but also journalists and scholars have directed their eye gaze towards “others.” This essay analyzes the experience of the “elderly” who have engaged with the Okinawa Issue in both Okinawa and Tokyo. It attempts to consider the process of seeking a way to govern their own bodies, languages, and feelings in order to avoid being absorbed into the politics of the nation-state. By examining these experiences in retrospect, one can observe the ramifications resulting from the birth of new ways in the governing of the body, especially for the “young” and the majority of the local populace—who have been observed to be content with their “safe” position despite the exclusion of others from their society.
著者
山本 真知子
出版者
一般社団法人 日本社会福祉学会
雑誌
社会福祉学 (ISSN:09110232)
巻号頁・発行日
vol.53, no.4, pp.69-81, 2013-02-28 (Released:2018-07-20)

本稿は,日本においてこれまで研究されることがほとんどなかった里親家庭の実子に焦点をあて,里親家庭で里親(両親)や委託児童とともに生活する実子がどのような意識をもち生活を送ってきたかを明らかにすることを目的とした.里親家庭で生活したことのある成人に達した実子11人へのインタビュー調査を行い,修正版グラウンデッド・セオリー・アプローチにより分析を行った.その結果,実子は委託児童と中途の関係から生活が始まり,委託児童の措置の状況によりたびたび里親家庭の構成員の変化を経験する.里親家庭でのさまざまな経験は実子に大きな影響を与えるが,実子の存在は里親養育から見落とされる傾向が高いことが明らかになった.実子は里親家庭だけではなく学校や地域などの社会においても多様な葛藤をもちながら生活を送ることが示唆された.