要するに彼らは解決してほしいのではなく共感してほしいだけなので、いろいろ解決を言っても仕方ない共感しよう、という話。/本邦では安楽死制度化論者がこのバリエーション。
[社会] 「人は、なぜ死ぬのかしら」「あとがつかえてるからです」 https://koshohirakiya.blogspot.com/2016/02/blog-post_14.html
“新日本児童文学論 堀尾幸平著 中部日本教育文化会, 2002.4”
[高大接続][探究学習][教育工学][JSET] 荒木 淳子, 高橋 薫, 佐藤 朝美(2024)