概要

Ceek.jp Altmetrics は、日本発の Altmetrics 計測サービスです。現在、主に日本の学術文献を対象としています。

Altmetrics は、論文やデータセットなど様々な研究成果物の影響を、ソーシャルメディアの反応を中心に定量的に測定する手法と、その手法を用いて新しい研究の影響度を測定する活動を指す。

研究論文の影響度を測定する新しい動き (林和弘 2013)

佐藤翔博士@min2fly / 同志社大学)の協力を得て、吉田光男@ceekz / 豊橋技術科学大学)が開発しています。学術情報流通のあり方、新たな学術文献評価指標の研究を行うため、ソーシャルメディアにあらわれる学術情報に関するデータを収集してきましたが、この度、皆様にご利用頂けるよう、ウェブサービスとして公開しました。現在、アルファ版として提供しており、利用者の反応を見ながら、機能等の拡張を行う予定です。

従来の Altmetrics 計測サービスは、ある文献の Altmetrics スコアを知ることができても、今流行している文献を知ることはできませんでした。本サービスのランキングを利用すれば Altmetrics スコアから文献を探すこともできます。また、文献データベースの URL を元に集計することで、 DOI の付与されていない文献もカバーしています。

解説論文

吉田光男. 計量書誌学の新たな挑戦 : 国産オルトメトリクス計測サービスの開発. 情報の科学と技術. vol.64, no.12, pp.501-507, 2014.

計測対象サービス

本サービスの計測対象文献は、以下の文献データベースに掲載されている文献です。

本サービスは以下のソーシャルメディアを30分間隔で調査し、文献に対する投稿を収集しています。

DOI が付与された文献の場合、以下のデータも参考情報として取得しています。データが存在する場合、文献詳細ページの「外部データベース」にリンクが表示されます。

推奨環境

HTML5 の実行環境が必要です。最新のブラウザをご利用下さい。開発にあたり、以下のブラウザで作動確認を行いました。

今後の予定

Web API を整備し、機関リポジトリ等の外部システムとの連携を進めていきたいと考えています。

現在、計測対象に含まれる機関リポジトリは JAIRO Cloud を含む一部のみです。今後、各機関リポジトリに登録されている文献の検索システムを構築した後、本サービスの計測対象に加えていく予定です。

Google Analytics

サイトの利用状況を把握するため、Google社のGoogle Analyticsを利用しています。Google Analyticsの詳細およびGoogle社のプライバシーポリシーについては以下をご参照ください。