著者
三村 昌義
雑誌
芸能の科学 = Geinō no kagaku
巻号頁・発行日
no.19 : 芸能論考XII, pp.93-121, 1991-12-10
著者
菊地 絢子 Ayako Kikuchi
雑誌
共立女子大学博物館 年報/ 紀要 = Kyoritsu Women's University Museum Annual Report & Bulletin
巻号頁・発行日
no.2, pp.49-54, 2019-03

This Introduction is Illustrated the Tale of Genji of a pair of six-fold screens of Kyoritsu Women's University Museum. These folding screens have 24scenes that there are「32Umegae」「53Tenarai」「43Koubai」「48Sawarabi」「24Kocho」「05Wakamurasaki」「26Tokonatsu」「45Hashihime」「27Kagaribi」「47Agemaki」「13Akashi」「04Yuugao」 on the right screen and「09Aoi」「39Yuugiri」「02Hahakigi」「50Azumaya」「10Sakaki」「49Yadorigi」「03Utsusemi」「20Asagao」「06Suetsumuhana」「46Shiigamoto」「41Maboroshi」「29Miyuki」 on the left screen. These paintings is put in order the seasons on the folding screens.The scene selection of the folding screens selected a lot from Tosa school's traditional figure, it was summarized by Tosa Mitsuyoshi through Tosa Mitsunobu from the fan papers of Muromachi period. And there is actively selecting scenes preferred by Tosa Mitsunori and Sumiyoshi Jyokei.Although this does not belong to the Tosa school mainstream, it is an artist who was in the Tosa faction or around the Sumiyoshi school, and it could be an artist who was able to learn those figures.
著者
森田 喜久男
出版者
九州大学基幹教育院
雑誌
鷹・鷹場・環境研究 = The journal of hawks, hawking grounds, and environment studies (ISSN:24328502)
巻号頁・発行日
vol.2, pp.1-16, 2018-03

小稿は、日本古代の王権が主宰する鷹狩について概観したものである。王権の鷹狩を支えた養鷹・放鷹官司の変遷について、ヤマト王権の段階の鷹甘部や律令制下の主鷹司・放鷹司を中心に論じた。そのことに関連して鷹狩に従事した鷹飼についても言及し、「尋常の鷹飼」と「猟道を知る親王公卿の鷹飼」の二類型の鷹飼の実態を明らかにしようと試みた。また、鷹狩が行われた猟場である禁野の実態についても触れ、平安時代前期に増加しつつ民業と対立している点を問題とした。さらに『新議式』を素材に、野行幸と呼ばれる犠式としての鷹狩の次第について考察し、鷹狩とセットで実施される出野河海支配を確認する儀礼の重要性を指摘した。その上で、昌泰元年(898) 10月に実施された宇多太上天皇主催の競狩の実態についても考察し、この競狩について醍醐に譲位した後も自身が国政を仕切るという決意の現れであることを指摘した。最後に天皇や上皇の代理で諸国に派遣される狩使についても考察した。The purpose of this study is to give an overview of the history of falconry presided over by the ancient Japanese royalty. First, I analyze the Falconry Office (鷹甘部 taka-kai-be) and falconers (養鷹 shuyoushi, 放鷹宮司 hoyoushi) that kept hawks during the Yamato period. Second, I attempt to distinguish two types of falconers, one, the ordinary falconer and the other a specialist who had good knowledge on which royal society could rely. But, the expansion of royal hunting grounds (禁野 shimeno) during the Heian period caused conflicts with the people who lived in these areas. Third, relying on the book New Ceremonies (新儀式 Shingishiki) I point out that the "going to the fields for falconry" ceremony (野行幸 Nogyoukou) continued as a confirmation of Imperial rule of fields, mountains, and rivers .Furthermore, I investigate falconry games held by the retired Emperor Uda in 898.As a result, I suggest that this ceremony constituted a declaration that Uda was the real political leader in the realm. Last, I consider the hunters (狩使 karishi) who the Emperor dispatched nation-wide to hunt on his behalf.
著者
Keita IYORI Kiyohiko INAI Hidekatsu SHIMAKURA Takeshi HAGA Hiromi SHIMOURA Ichiro IMANISHI Akihiro IMAI Toshiro IWASAKI
出版者
JAPANESE SOCIETY OF VETERINARY SCIENCE
雑誌
Journal of Veterinary Medical Science (ISSN:09167250)
巻号頁・発行日
pp.19-0136, (Released:2019-05-20)

Persistent papillomatosis on footpads related to canine papillomavirus type 2 (CPV-2) infection has been described in dogs with immunocompromised condition. A 9−year-old, male French bulldog was presented with cauliflower-like nodules on the footpads of his left front leg. Histopathological examination revealed multiple finger-like projections of squamous epithelium with intranuclear inclusion bodies. Immunohistochemistry using an anti-bovine papillomavirus antibody demonstrated immunostaining in the keratinocytes. Partial genome DNA of CPV-2 was amplified from the lesion. Full genome sequence of CPV-2 in the subject showed 99.95% nucleotide identity with that of CPV-2 from the reference data. Two weeks after a biopsy, the skin lesion spontaneously regressed without any specific treatment. In non-immunocompromised dogs, CPV-2-related footpad papillomatosis could spontaneously resolve after a biopsy.
著者
杉山 純一 蔦 瑞樹
出版者
日本食品科学工学会
雑誌
日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology (ISSN:1341027X)
巻号頁・発行日
vol.60, no.9, pp.457-465, 2013-09-15
参考文献数
16

光の指紋の説明をする前に,まず既存の蛍光という現象を説明する。通常,蛍光とは,図1(左)に示すように,ある特定波長成分だけからなる光(励起光)を試料に照射し,それによって生じる様々な波長の光(蛍光スペクトル)のことを指す。日常では,蛍光灯の白色光は,蛍光管の内側から目に見えない短波長の光が蛍光管内側に塗られた蛍光体に照射され,白色光を生じる蛍光現象である。また,よく遊園地のお化け屋敷などの暗闇で,ブラックライトという,これも目に見えない光が白いYシャツにあたると,青白く光ってみえるのも,洗剤やシャツ等に含まれるリン(p)による蛍光現象である。そして,このような蛍光現象を利用して,さまざまな化学成分の判別・定量を行うのが蛍光分析法である。しかし,この場合は,刺激(特定の励起波長)が1種類,それに対する応答(蛍光スペクトル)が1本というひと組の刺激と応答の情報を解析することになる。しかしながら,情報は多ければ多いほど,その中に含まれる有用な情報が抽出できる可能性が高い。そこで,情報量を多くすることを考える。それには,刺激を複数にし(つまり,複数の励起波長を順次走査して照射),それに対する応答(蛍光スペクトル)も複数本,得られれば,図1(右)のような3次元の膨大な情報が得られる。この3次元データを上から見れば,等高線図のようなパターンが観察される。このパターンは,その試料特有の蛍光特性が全て表現されたものと考えられ,蛍光指紋(Fluorescence Fingerprint),または励起蛍光マトリクス(Excitation Emission Matrix)と呼ばれ,本稿が主題とする「光の指紋」である。
著者
蔡 美京
出版者
お茶の水女子大学大学院人間文化研究科
雑誌
人間文化論叢 (ISSN:13448013)
巻号頁・発行日
vol.8, pp.41-52, 2005
被引用文献数
1

The purpose of this study is describing the character of Choyongmu by focusing on the upper limbs movement. The method of analysis is Benesh Movement Notation. The result goes as follows ; there are 25 kinds of upper limbs movement that are divided into 3 categories. (1) Snap touch on waist (pattern I) is supposed to be the first movement of Choyongmu and is also a basic movement. (2) Within maneuvering of extra long sleeves (pattern II), there are two patterns that should be characteristic of the movement which could be shown in only Choyongmu. II-4: sticking arms forward to the head with taking extra long sleeves. II-7: stretching arms from the shoulder at a stroke with the palms of the hands put together. (3) Passing by the abdomen (pattern V) is shown by uniting two movements many times.
著者
万里集九
出版者
巻号頁・発行日
vol.[6],
著者
坂東 宏和 大即 洋子 大島 浩太 小野 和
出版者
日本教育メディア学会
雑誌
教育メディア研究 (ISSN:13409352)
巻号頁・発行日
vol.17, no.1, pp.37-47, 2010

本論文は,保育におけるPCネットワークを介した絵と音声によるコミュニケーションの可能性と問題点を探ることを目的とし,1つの幼稚園内に限定されたPCネットワーク環境の中で,幼児にそのコミュニケーションを体験してもらった。その様子を観察した結果,自分の描いた絵に対する返信として録音された,絵が「うまいですね」,「すごい上手です」といった音声メッセージを聞いて喜ぶ事例が見受けられた。また,年中の幼児が「お化け屋敷」という音声とともに投稿した,紙の一部を黒く塗りつぶして暗闇を表現しただけの絵に対し,年長の幼児が「お化け屋敷ならお化けを描かないと」と言いながらお化けを追記し,お化け屋敷にして返信する事例も観察された。これらの事例から,PCネットワークを介した絵と音声だけのやり取りであっても十分コミュニケーションを取ることができ,幼児に有益な新しいコミュニケーションを提供できる可能性が示唆された。
著者
羽石 英里 河原 英紀 岸本 宏子 竹本 浩典 細川 久美子 榊原 健一 新美 成二 萩原 かおり 齋藤 毅 藤村 靖 本多 清志 城本 修 北村 達也 八尋 久仁代 中巻 寛子 エリクソン ドナ
出版者
昭和音楽大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2013-04-01 (Released:2014-07-25)

歌手は自らの身体が楽器であるため、歌唱にかかわる諸器官の動きを視認することができない。本研究では、歌手の身体感覚と実際の現象との対応関係を検証することを目的として、歌手へのインタビューを行い、歌唱技術の要とされる横隔膜の動きを実時間での磁気共鳴画像法(MRI動画)を用いて可視化した。その結果、プロ歌手の制御された横隔膜の動きが観察され、その現象が歌手の主観的な身体感覚の説明とも一致することが明らかになった。また、声道や舌の形状、ヴィブラートにも歌唱技術を反映すると思われる特性がみられた。本研究で提案されたMRIによる撮像法と分析法は、歌唱技術を解明する上で有用な手段のひとつとなりうるであろう。