出版者
日経BP社
雑誌
日経ビジネス (ISSN:00290491)
巻号頁・発行日
no.1053, pp.69-71, 2000-08-07

「毎日オイル交換ヒトスジです」。7月6日、千葉県成田市にほど近い富里町。東関東自動車道の富里インターチェンジを降りてすぐの場所に、こんな看板を掲げた店がオープンした。カー用品店、オートウェーブ(千葉市)が展開する「オイルボーイ」だ。 看板どおり、自動車のオイル交換だけを業務とする店だが、開店後、来店客が途切れることはない。
著者
大原 信一
出版者
同志社大学
雑誌
同志社外国文学研究 (ISSN:02862832)
巻号頁・発行日
vol.64, pp.62-85, 1992-12-15

研究ノート(Note)
出版者
日経BP社
雑誌
日経コンストラクション (ISSN:09153470)
巻号頁・発行日
no.535, pp.64-67, 2012-01-09

中日本高速道路会社が静岡県内で建設中の新東名高速道路の御殿場ジャンクション(JCT)─三ケ日JCTが、2012年夏ごろまでに開通する。連結路を含む延長は162kmで、国内の道路事業で一度に開通する距離としては過去最長となる。93年に静岡県内で工事に着手した。 道路の最小半径を3000m、最大勾配を2%として、車の走行性を向上させる。
出版者
日経BP社
雑誌
日経ものづくり (ISSN:13492772)
巻号頁・発行日
no.642, pp.145-147, 2008-03

●主要生産品:自動機・省力機などのFAシステム ●得意な技術:画像処理,ハンドリング機構の開発 ●主要設備: マシニングセンタ,フライス盤,研削盤,プレスブレーキ電気と機械の両設計部門をはじめ,加工・組み立てなど全部門が一体となってFAシステムを作り上げるチームワークの良さ。一品物の受注生産を中心に,顧客のニーズに的確に応えている。
著者
富岡 修
出版者
日経BP社
雑誌
日経エコロジー = Nikkei ecology (ISSN:13449001)
巻号頁・発行日
no.208, pp.64-66, 2016-10

アスクルは、8月末からロハコで配送効率向上と環境負荷削減を両立するサービス「ハッピー・オン・タイム」を東京と大阪の一部地域で開始した。このサービスは、事前に商品の到着時間を1〜2時間の単位で指定すると、前日に到着予定時間を30分の幅でスマートフ…
著者
上野 俊彦
出版者
慶應義塾大学法学研究会
雑誌
法学研究 (ISSN:03890538)
巻号頁・発行日
vol.68, no.2, pp.p329-357, 1995-02

太田俊太郎教授退職記念号はじめに第一章 ソ連邦共産党第二八回大会繰り上げ開催決定までの経緯第二章 大会代議員選出手続きと代議員の社会的構成第三章 ロシア共和国共産党創立大会第四章 綱領的宣言第五章 党規約おわりに

1 1 1 1 OA 公事吟味留

出版者
巻号頁・発行日
vol.[52] 寺社奉行内寄合手限 四 弘化三,
著者
森谷 峰雄
出版者
国際生命情報科学会
雑誌
Journal of International Society of Life Information Science (ISSN:13419226)
巻号頁・発行日
vol.24, no.1, pp.176-179, 2006-03-01

この世には、2種類の霊性が支配している:善い霊性と悪い霊性である。その起源・第一原因は超越水準に求められるべきである。善い霊性は真の救済を生み、悪い霊性は人間を狂気にする。善い霊性とは真の実在を含むものであり、悪い霊性はそれを持たないものである。
著者
藤本 知之 杉浦 忠男 長屋 岳志 佐藤哲大 湊 小太郎
出版者
一般社団法人情報処理学会
雑誌
情報処理学会研究報告バイオ情報学(BIO) (ISSN:09196072)
巻号頁・発行日
vol.2006, no.99, pp.63-70, 2006-09-15
参考文献数
6

これまでに我々はガラス基板上にDNAを伸張固定してGC特異的に蛍光染色し,エバネッセント顕微鏡を用いてDNAを一分子イメージングすることでDNAのGCコンテントの一次元分布を計測できた.しかしガラス基板上に固定されたDNAの単位長さ当たりの塩基数が異なるため,データベースの予測と必ずしも一致しない.そこで,塩基数の違いを較正する新たな解析モデルとその適用結果について報告する.We have analyzed single molecular DNA with single molecular imaging by evanescent field microscope and identified the DNA by comparing measured results of one dimensional distribution of local GC content to estimation from genome database. The number of base pair within the unit length of the DNA fixed on the glass substrates are different from estimation, however, measured results have not matched with genome database well. We report on the new analytic-model and the new application result considering calibration of the difference of the base pair number.
著者
杉浦 忠男 長屋 岳志 佐藤哲大 湊 小太郎
出版者
一般社団法人情報処理学会
雑誌
情報処理学会研究報告バイオ情報学(BIO) (ISSN:09196072)
巻号頁・発行日
vol.2006, no.13, pp.25-32, 2006-02-09
参考文献数
4
被引用文献数
1 or 0

ゲノムDNA上ではGCコンテントの分布は一様ではない。このことを利用すれば一分子イメージングしたDNAを識別できると考えられる。そこで我々はガラス基板上にDNAを伸張固定してGC特異的に蛍光染色し、エバネッセント顕微鏡を用いてDNAを一分子イメージングすることでDNAのGCコンテントの一次元分布を計測でき、その結果がゲノムデータベースからの予測とよく一致することを確認した。GC content on genome DNA is not uniform. By use of this feature we can analyze and identify single molecular DNA with one-dimensional distribution of local GC content. We propose a method to analyze single molecular DNA with single molecular imaging by evanescent field microscope and to identify the DNA by comparing measured results of one dimensional distribution of local GC content to estimation from genome database. We have performed the method and have confirmed good correspondence with each other.

1 1 1 1 OA 説鈴

著者
清呉震方輯
巻号頁・発行日
vol.第29册, 1819
著者
大澤 匡弘
出版者
名古屋市立大学
雑誌
若手研究(B)
巻号頁・発行日
2011 (Released:2011-08-05)

慢性疼痛の中でも神経の損傷に伴う痛みである神経障害性疼痛は、既存の鎮痛薬では緩和することが難しい疼痛の一つである。本研究では神経障害性疼痛モデルを作製し、大脳における神経系機能の亢進について検討を行い、その調節による疼痛緩和の可能性について検討を行った。神経障害性疼痛モデルマウスにみられた痛覚過敏は、神経伝達物質の放出を抑制するガバペンチンにより改善した。このガバペンチンの効果は、神経障害後 3 日間の処置でみられたが、神経障害による痛覚過敏が出現してからの処置では改善しなかった。このことから、ガバペンチンは大脳へ作用して神経障害による痛覚過敏の形成を抑制することが明らかになった。次に大脳における神経系細胞の機能変化について検討を行った。大脳の帯状回皮質においてミクログリアならびにアストロサイトの活性化が認められた。また、ミクログリアの活性化を調節する薬物であるミノサイクリンを帯状回皮質へ処置すると神経障害による痛覚閾値の低下が抑制された。このことから帯状回皮質におけるミクログリアの活性化は神経障害による痛覚過敏の発現に関与することが明らかになった。また、ミクログリアの抑制は、アストロサイトの活性化も抑えた。さらに、興奮性の神経伝達に関わるグルタミン酸神経の受容体機能の神経障害による亢進も、ミノサイクリンにより改善した。これらのことから、神経障害により帯状回皮質においてミクログリアが活性化し、この脳領域での興奮性神経伝達を亢進させるため、痛覚過敏が生じていることがわかった。
著者
Ueno Keizo NAGAMATSU Tetsuro
出版者
公益社団法人日本船舶海洋工学会
雑誌
西部造船会会報 (ISSN:0389911X)
巻号頁・発行日
no.41, pp.1-18, 1971-03-31

There have been many investigations into the effect of restricted water on wave-making resistance. In numerical calculation of the wave-making resistance, however, ship forms were represented by source distributions obtained for the unbounded water instead of those for the restricted water. In the present study the authors consider the effect of restricted water to obtain source distributions and calculate the wave-making resistance to compare with the results derived from the source distributions in unbounded water. Numerical calculations are carried out on a ship in a canal with rectangular cross section. The ship is represented by stepped distribution of sources and sinks on the centre plane. The side walls aud the bottom of the canal are replaced by infinite series of image sources and sinks. Calculations are made on the following ship form and canal sizes. Ship form Parabolic water line and frame line L/B=L/T=10 Canal size W/L=0.25, 0.5, 0.75, 1.0, 1.5, 2.0 H/L=0.25, 0.5, 0.75, 1.0 where L=ship length, B=ship breadth, T=draft, W=canal width, H=canal depth From the results of the calculations, the following conclusions are derived. (1) The source density representing the same ship form increases with the presence of canal walls and decreases with the presence of canal bottom. (2) For practical purposes, the wave-making resistance in restricted water may be calculated by using the source distribution obtained in unbounded water. (3) When the canal is wider than 3/2・L and is deeper than 3/4・L, the efect of restricted water may be neglected in practical application.
著者
山口 章三郎 大柳 康 辻川 洋三郎 高橋 義男
出版者
社団法人日本材料学会
雑誌
材料 (ISSN:05145163)
巻号頁・発行日
vol.23, no.250, pp.588-592, 1974-07-15

The effects of dimensions and supporting conditions on the compressive strength and deformation of polyvinylchloride pipes under external pressure were discussed. The following four kinds of pipe supporting conditions were used; (A) compression between two steel plates, (B) compression between a steel plate and a concave wooden block, (C) compression between two concave wooden blocks, and (D) compression between two concave hard rubber supporters. The main results obtained are as follows. (1) The relation between the compressive strength P and the dimensions of PVC pipe is given by the following formula, similar to the mid load bending for a both end flxed straight beam with a rectangular section; P=(4σ_b・l・t^2)/(3・Dm)・c_1 (a) where, l, t and D_m are the length, thickness and diameter of pipe, respectively, c_1 the correction coefficient according to pipe supporting conditions, and σ_b the bending stress in kg/mm^2. The value of correction coefficient c_1 was 0.81〜1.35 for A-method, 1.35 for B-method, 8.0 for C-method and 2.3 for D-method, respectively. (2) The deflection δ under elastic deformation is given by the following formula; δ=(P・D_m^3)/(8E・l・t^3)c_2 (b) where, E is Young's modulus in kg/mm^2 of pipe material, and c_2 the correction coefficient similar to c_1. The value of c_2 was 2.22 for A-method. (3) It seems reasonable, therefore, that the theory of straight beam may be applied to the compressive strength and deflection of plastics-pipe under external pressure by using the correction coefficient c_1 or c_2.
出版者
巻号頁・発行日
vol.[16],