著者
佐藤 隆一
出版者
大阪城南女子短期大学
雑誌
大阪城南女子短期大学研究紀要 (ISSN:03884929)
巻号頁・発行日
vol.36, pp.A9-A47, 2002-02-28
著者
川原 雄三
出版者
Japan Society of Corrosion Engineering
雑誌
Zairyo-to-Kankyo (ISSN:09170480)
巻号頁・発行日
vol.54, no.5, pp.183-194, 2005

廃棄物発電プラントでは高効率, 低公害, メンテナンスフリーなどの性能向上を図る上で構成材料の高温腐食防止技術が鍵となっている. ごみの高カロリー化, 環境規制強化などの社会情勢変化に応じて腐食環境が過酷化し, 燃焼改善, 最適設計などによる腐食性の軽減がなされてきた. さらに, ボイラ蒸発管を主体に金属溶射, 溶接肉盛などの耐食コーティングを用いた寿命向上技術が開発, 適用され, また, 過熱器においても310系ステンレス鋼, 高Cr高Mo・Niベース合金管の利用と腐食メカニズムの解明により, 現在では673K/3.9MPaを超える蒸気条件が可能となっている. 本解説ではおよそ30年にわたる廃棄物発電プラントの腐食防止および耐食材料に関連した主な実用技術の開発と今後の課題について説明する.
著者
菊池 浩明 黒田 康嗣
雑誌
全国大会講演論文集
巻号頁・発行日
vol.48, pp.251-252, 1994-03-07

広域ネットワークInternetの商用利用が進むに伴い, 電子メールのセキュリティの重要性が問題となっている. 現在普及している電子メールシステムでは, 中継ネットワークでの盗聴と, 改竄に対する考慮がされていないためである. そこで, 暗号技術を適用し電子メールのセキュリティを強化するPEM(Privacy Enhanced Mail)が提案され, 現在世界中で盛んに実装と接続実験が繰り返されている. PEMでは, 公開鍵暗号と秘密鍵暗号をハイブリッドに組み合わせて暗号処理を高速化し, 信頼できる第三者(発行局)により電子署名された公開鍵証明書(証明書)によって公開鍵を安全に, かつ効率的に管理することを主な特徴としている. ところが, 証明書を正しく発行するためには, 申請者が正規のユーザであり, 偽りのない申請をしているかどうかを確認しなければならず, この証明書発行時のユーザ認証をどのように実現するかが, 発行局の大きな課題となっていた. ユーザの規模が小さい場合は, 管理者が直接確認したり, 信頼できる正規ユーザリストとの照合したりする認証が可能だが, 本研究が意図するInternetの様な大規模な環境では現実的ではない. 多数の発行局を階層的に組織する提案もあるが, 無計画な階層化では, 発行局が乱立してユーザ情報が分散し, 証明書の検索や配布が困難となる恐れもある. そこで, 本稿では, この課題に対して, 公証人による申請方式を提案する. そして, 提案方式を実装した発行局での運用実験を行ない, その安全性と広域環境での有効性を検討する.
著者
藤井 亜里砂 石川 清彦 森住 俊美 菊地 由美 山田 智一 川森 雅仁 川添 雄彦
出版者
一般社団法人映像情報メディア学会
雑誌
映像情報メディア学会技術報告 (ISSN:13426893)
巻号頁・発行日
vol.32, no.37, pp.21-26, 2008-09-25
被引用数
2 or 0

通信ネットワークを利用することで,個人別サービスや有料サービスの提供が従来のテレビ放送と比較し容易に実現できるようになった.またテレビ受信機は家電として各世帯への浸透率が高い.このため,今後テレビ受信機を対象とした個人向けサービスは新たな市場を築くものとしてますます期待されている.これまで,筆者らは放送受信機において放送と通信の会員向けサービスを利用する際,安全でかつ視聴者の操作手順を少なくすることを目的として放送通信の連携認証方式を検討し,シングルサインオンの実装方式について提案および報告を行ってきた.しかし,一人の視聴者がコンテンツの視聴を希望する端末は,行動にあわせて替わるもので固定的な使用は少ない.例えば家庭の固定受信機で利用していたサービスを,そのまま継続的(シームレス)に携帯型受信機で利用しながら外出するということができればサービスの利便性は飛躍的に向上する.我々は、異なる受信機間で認証情報およびサービスアプリケーションに依存したセキュアな情報を引継いで認証情報の連携を可能とする仕組みを,Webサービスで用いられる標準的な技術仕様であるリバティアライアンス仕様を用いて構築可能とした.
著者
Christian-H. Heeger Erik Wissner Milena Knöll Benedikt Knoop Bruno Reissmann Shibu Mathew Christian Sohns Christine Lemes Tilman Maurer Francesco Santoro Johannes Riedl Osamu Inaba Thomas Fink Laura Rottner Peter Wohlmuth Britta Goldmann Feifan Ouyang Karl-Heinz Kuck Andreas Metzner
出版者
The Japanese Circulation Society
雑誌
Circulation Journal (ISSN:13469843)
巻号頁・発行日
(Released:2017-03-24)

Background:Pulmonary vein isolation (PVI) using the 2nd-generation cryoballoon (CB2) for the treatment of atrial fibrillation (AF) has demonstrated encouraging acute and mid-term results. However, follow-up data on outcomes beyond 1 year are sparse. We investigated the 3-year outcome after PVI using the CB2.Methods and Results:100 patients with paroxysmal (PAF, 70/100 [70%] patients) or persistent AF (pAF, 30/100 [30%] patients) underwent CB2-based PVI in 2 experienced centers in Germany. Freeze-cycle duration was 240 s. After successful PVI a bonus freeze-cycle of the same duration was applied in the first 71 patients but was omitted in the following 29 patients. Phrenic nerve palsy occurred in 3 patients (3%); 2 patients were lost to follow-up. After a median follow-up of 38 (29–50) months, 59/98 (60.2%) patients remained in stable sinus rhythm (PAF: 48/70 (69%), pAF: 11/28 (39%) P=0.0084). In 32/39 (77%) patients with arrhythmia recurrence, a second ablation procedure using radiofrequency energy was conducted. Persistent PVI was noted in 76/125 (61%) PVs. After a mean of 1.37±0.6 procedures and a median follow-up of 35 (25–39) months, 77/98 (78.6%) patients remained in stable sinus rhythm (PAF: 56/70 (80%), pAF: 20/28 (71%), P=0.0276).Conclusions:CB2-based PVI resulted in a 60.2% single-procedure and a 78.6% multiple-procedure success rate after 3 years. Repeat procedures demonstrated a high rate of durable PVI.
著者
高 史明 Taka Fumiaki
出版者
神奈川大学人文学研究所
雑誌
人文学研究所報 (ISSN:02877082)
巻号頁・発行日
no.53, pp.73-86, 2015-03

本研究は,Twitter における中国人についての日本語のツイートを収集し,高(2014,人文研究)が分析したコリアンについてのツイートと比較しつつ計量的な分析を行った。中国人についてのツイートの多くはネガティブなものであり,ポジティブなツイートはコリアンについての言説の場合よりも少なかった。中国人についてのツイートも,少数のユーザーが多くの投稿をしており,コリアンについてのツイートほどではないが,一般的なツイートに比べて"拡散"されやすかった。また計量テキスト分析により,特定の保守的なニュースサイトや活動家,"2 ちゃんねる"や"2 ちゃんねるまとめブログ"が強い影響力を持つことが示された。これらに加えて,レイシズム,歴史問題や外交問題,政治や経済への言及,マスメディアへの不信,"真実"が隠されているという信念,情報を"拡散"もしくは共有しようという意図,などに注目して計量テキスト分析を行なった。This study gathered Japanese tweets(statements posted on Twitter) regarding Chinese people and conducted quantitative analysis to compare them with tweets regarding Koreans, which was analyzed by Taka (2014, Studies in Humanities). The majority of the tweets regarding Chinese people were negative, and there were fewer positive tweets among those regarding Chinese people than those regarding Koreans. There was a tendency for a few users to post large numbers of tweets. In addition, tweets regarding Chinese were diffused more frequently than general tweets, and less than those regarding Koreans. Furthermore, quantitative text analysis revealed a strong influence of a conservative news site, a famous far right activist and an anonymous BBS site "2 channel" and its curator sites("2 channel-matome-blogs"). In addition, quantitative text analyses focusing on racism, historical or diplomatic issues, references to politics or economics, distrust of mass media, beliefs in the actual "truth" being hidden, and intention to diffuse or withhold informationwere conducted.
著者
山口 敬之 松岡 健 八桁 純 笠原 次郎
出版者
一般社団法人 日本航空宇宙学会
雑誌
日本航空宇宙学会論文集 = Journal of the Japan Society for Aeronautical and Space Sciences (ISSN:13446460)
巻号頁・発行日
vol.57, no.663, pp.141-147, 2009-04-05

In the present study, a dynamics model of an inflow-drive valve for pulse detonation engines (PDEs) is proposed, in which system the inflow of the valve periodically drives the valve piston. Since the inflow-drive valve needs no energy source to drive the piston, the mass flow rate divided by the valve mass is relatively large, and the response time for the mass-flow-rate change can be short. Moreover, the inflow-state condition for the stable valve operation is not restricted. The two-cylinder three-fluid type inflow-drive valve was fabricated. The maximum mass flow rate for one valve was evaluated as 6.3g/s, in which system the mass of the piston, the spring constant, and the supplied pressure were 3.8kg, 9800N, and 1.0MPa, respectively. The total mass flow rate using propellant was evaluated as 12g/s. The PDE system was constructed by using these inflow-drive valves. This system was stably operated in the frequency of 17.52Hz.