著者
岡林 昌彦 清水 公夫 森田 修己
出版者
Japan Prosthodontic Society
雑誌
日本補綴歯科學會雜誌 = The journal of the Japan Prosthodontic Society (ISSN:03895386)
巻号頁・発行日
vol.45, no.1, pp.179-188, 2001-02-10
参考文献数
17
被引用文献数
9 or 0

目的: 本研究の目的はカスタムメイドのラミネートマウスガードの設計, 製作にかかわる基準を提言することにある.<BR>方法: 9種類のシート材を用いて, 厚さ, 吸水性, 定荷重下における変形ならびに成形後のマウスガードの各部の厚さを評価した.<BR>結果: 1. 各製品ともにシート材は均一な厚さであった. 2. 吸水率は, D20 (Erkodur2.00mm) が最大で, F4 (Erkoflex4.00mm) が最小であり, Es (Essix) とPr (Pro-form) は同程度であった. 3. 定荷重による変形率は浸漬によってErkodurは増加し, Erkoflexは減少したが, EsとPrでは浸漬による影響は認められなかった. 4. 成形後の厚さは, すべての材料, 積層成形, 組合せ成形において減少し, Erkodur, Erkoflex, ErkoflexとErkodur, ならびにErkoflex間の組合せ成形では, 咬合面部が10~20%であり, 他の部位は30~46%であった. 一方, Es, Prでは口蓋側歯面正中部は2~4%であり, 他の部位は26~54%の範囲で減少した.<BR>結論: 本論文は, マウスガードシート材の吸水性, 浸漬による硬さへの影響ならびに成形後のマウスガード各部の厚さを定量的に明らかにし, カスタムメイドのラミネートマウスガードの設計, 製作に関する有用な示唆を与えている.
著者
窪添 慶文
出版者
東方学会
雑誌
東方学 (ISSN:04957199)
巻号頁・発行日
vol.130, pp.1-18, 2015-07

1 1 1 1 OA 特集のねらい

著者
石坂 友司
出版者
日本スポーツ社会学会
雑誌
スポーツ社会学研究 (ISSN:09192751)
巻号頁・発行日
vol.22, no.1, pp.3-6, 2014-03-30 (Released:2016-07-02)
参考文献数
12
著者
Manabu KOIKE Yasutomo YUTOKU Aki KOIKE
出版者
公益社団法人 日本獣医学会
雑誌
Journal of Veterinary Medical Science (ISSN:09167250)
巻号頁・発行日
vol.79, no.3, pp.554-561, 2017 (Released:2017-03-23)
参考文献数
32

Understanding the molecular mechanisms of DNA double-strand break (DSB) repair machinery, specifically non-homologous DNA-end joining (NHEJ), is crucial for developing next-generation radiotherapies and common chemotherapeutics for human and animal cancers. The localization, protein-protein interactions and post-translational modifications of core NHEJ factors, might play vital roles for regulation of NHEJ activity. The human Ku heterodimer (Ku70/Ku80) is a core NHEJ factor in the NHEJ pathway and is involved in sensing of DSBs. Companion animals, such as canines, have been proposed to be an excellent model for cancer research, including development of chemotherapeutics. However, the post-translational modifications, localization and complex formation of canine Ku70 have not been clarified. Here, we show that canine Ku70 localizes in the nuclei of interphase cells and that it is recruited quickly at laser-microirradiated DSB sites. Structurally, two DNA-PK phosphorylation sites (S6 and S51), an ubiquitination site (K114), two canonical sumoylation consensus motifs, a CDK phosphorylation motif, and a nuclear localization signal (NLS) in the human Ku70 are evolutionarily conserved in canine and mouse species, while the acetylation sites in human Ku70 are partially conserved. Intriguingly, the primary candidate nucleophile (K31) required for 5’dRP/AP lyase activity of human and mouse Ku70 is not conserved in canines, suggesting that canine Ku does not possess this activity. Our findings provide insights into the molecular mechanisms of Ku-dependent NHEJ in a canine model and form a platform for the development of next-generation common chemotherapeutics for human and animal cancers.
著者
Karr Laura L. Coats Joel R.
出版者
日本農薬学会
雑誌
日本農薬学会誌 (ISSN:03851559)
巻号頁・発行日
vol.13, no.2, pp.287-290, 1988-05-20

リモネンのチャバネゴキブリ, イエバエ, ココクゾウ, ヒゲナガハムシに対する作用を, 経皮, くん蒸, 経口, 忌避, 残効, 殺卵, 殺幼虫性の生物検定法で検討した.チャバネゴキブリとイエバエにはわずかながら経皮毒性があり, ピペロニルブトキサイドの共力作用も認められた.高濃度蒸気にさらされたチャバネゴキブリとココクゾウは死亡した.経口投与による作用ではチャバネゴキブリの成虫, 若虫に殺虫活性はなく, かえって若虫の成育を促進した.処理した表面の素材の如何にかかわらず, チャバネゴキブリ成虫に対する残効性は認められなかった.高濃度処理でヒゲナガハムシの卵の孵化を抑制し, 土壌中で3齢幼虫に殺虫活性が認められた.以上の実験から限られた範囲ではあるがリモネンの殺虫作用が認められた.
著者
釜野 さおり
出版者
日本家族社会学会
雑誌
家族社会学研究 (ISSN:0916328X)
巻号頁・発行日
vol.20, no.1, pp.16-27, 2008-04-30 (Released:2009-08-07)
参考文献数
51
被引用文献数
3 or 0

本稿では,男女一対一の性関係を基盤にした関係と血縁に絶対的な価値をおき,ジェンダーに基づく役割分担の再生産が行われる「従来の家族」に対し,レズビアン家族・ゲイ家族の実践から何を問いかけることができるかを,先行研究などから実例を挙げて検討した。(1) レズビアンやゲイにとって友人やコミュニティが家族になっていること,(2) 血縁家族は精神的な支えになるとの前提が疑問視され,誰を「家族」と見なすのかの再考がなされること,(3) レズビアンやゲイが親になることで,「親=父親+母親」との前提が崩され,親子関係が「無の状態から交渉できるもの」となりうること,(4)ジェンダー役割を問い,日常の家事や育児に柔軟に対応するパートナー関係の実践があることを挙げ,これらが「従来の家族」に問いかける可能性があると論じた。最後に,レズビゲイ家族の実践が主流への同化か挑戦かの判断の難しさを述べた。
著者
[古事記学会編]
出版者
古事記学会
巻号頁・発行日
1959
著者
角田 博保
雑誌
情報処理
巻号頁・発行日
vol.55, no.7, pp.745-745, 2014-06-15 (Released:2014-06-12)