著者
浅井 義裕
出版者
生活経済学会
雑誌
生活経済学研究 (ISSN:13417347)
巻号頁・発行日
vol.46, pp.11-24, 2017 (Released:2018-03-31)
参考文献数
30
被引用文献数
1

金融教育は、金融知識を改善し、望ましいと考えられる金融行動を選択する効果があると信じられているが、その効果を実証的に検証した研究はほとんどない。そこで、本研究は、日本の大学生を対象とした調査を実施し、インフレーション・割引現在価値・複利・分散投資に関する金融教育のビデオを見せた際に、実際にそれらの金融知識が定着しているかどうか、金融教育の効果を明らかにしようと試みている。その結果、先行が示しているように、女性の金融知識が一貫して有意に低いことが確認できた。また、金融教育の効果は、大学毎に異なることも分かった。興味深いことに、金融に関心がないと回答していた大学生の金融知識が、有意に改善していることが明らかになった。この結果は、学校での教育に金融教育を導入することの有効性を示していると考えられる。
著者
川澄明敏 編
出版者
日本日曜学校協会
巻号頁・発行日
vol.第8回, 1920
著者
廣岡 秀一 横矢 規
出版者
三重大学教育学部
雑誌
三重大学教育学部研究紀要 教育科学 (ISSN:0389925X)
巻号頁・発行日
vol.54, pp.131-144, 2003

対人コミュニケーションにおける予言の自己実現とは、出会った時の初期印象から他者に好意や嫌悪を抱き、その他者に対する好意や嫌悪に符号した無意図的なコミュニケーションを行い、さらに他者はそれに相応したコミュニケーションを行う結果、その他者が当初抱いた印象通りの人物だと確証することであり、コミュニケーションの当事者がこの因果プロセスに気づいていないことにその特色がある。本研究の目的は、2つの実験によってこの対人コミュニケーションにおける予言の自己実現プロセスが再現出来るかを確認するとともに、非言語的コミュニケーションチャンネルとしての微笑がどのように2者間に作用し、自らが他者に対して抱く好意にどのような影響を反ぼすのかを検討するものである。実験Iでは2者の初対面場面を設定し、実験協力者である面接者が意図的に微笑を発し、被験者が面接者に対して抱いた印象や好意を評定させた。また、その時の被験者のコミュニケーション行動(以下CB)をVTRで記録した。実験IIでは、実験Iで記録された被験者のCBを実験Iとは別の被験者に提示し、その人物に対する印象や好意、CBの認知を評定させた。その結果、以下のようなことが確認された。微笑は他者からよりポジティブな印象や好意を抱かれる。微笑みかけられた者は微笑みかけられなかった者よりも多くの微笑やCBを行っていたと認知され、よりポジティブな印象や好意を抱かれた。以上の結果とパス解析から得られた結果より、対人コミュニケーションにおける予言の自己実現では、無意図的に発した微笑によって自らの印象や好意をよくするだけでなく、自らがもつ相手に対しての印象や好意にまで影響を及ぼしていることが確認された。論文
著者
藤原 信太郎 牛木 勝
出版者
日本香粧品学会
雑誌
日本香粧品学会誌 (ISSN:18802532)
巻号頁・発行日
vol.39, no.3, pp.173-176, 2015-09-30 (Released:2017-01-17)
参考文献数
7
被引用文献数
1

Conspicuous pores on face causes great concern to women across age boundaries because skin smoothness is one of the crucial beauty markers. Eye-catching pores are mainly distributed on the cheek and have dilated orifice, but cheek-specific changes leading to pore dilation have not been found, although some previous reports suggested that pore dilation is evoked by clogged sebum or the change in internal structure of the skin around pores. Focusing on the relationship between skin morphology and porous skin, many researchers examined the effect of the changes in shape of crista and sulcus cutis and isotropy of the surface morphology on the holistic impression of the pore size, but existing ideas have not provided sufficient understanding of the formation of porous skin. In this study, we hypothesized that rough skin texture adjacent to facial pore may contribute the impression of pore dilation, since few previous reports focused on the change in the shape of the radical triangle of the skin texture around each pore associated with skin dryness whereas it is localized at the center of sulcus cutis. We compared skin condition and texture figure around pores of the cheek to those of the forehead and eye area, and found that cheek-specific skin dehydration and many sulculus around the pore centers which might be evoked by the skin dryness and skin moves. Detailed observation of the inner surface of facial pores leads to the new finding. These findings suggested that the increased sulculus by skin dryness and skin moves contribute to the vision of porous skin via pore dilation and the addition of a dark shadow to the pore.

1 1 1 1 短歌人

出版者
短歌人会
巻号頁・発行日
1939
著者
小松 尚 小篠 隆生
出版者
日本建築学会
雑誌
日本建築学会計画系論文集 (ISSN:13404210)
巻号頁・発行日
vol.82, no.739, pp.2227-2237, 2017 (Released:2017-09-30)
参考文献数
13
被引用文献数
2 1

Currently, Japanese municipalities under demographic change have struggled the issues about how to reorganize existing public facilities, such as a school, a library, a public housing, and a hospital, with the reduction of total amounts of facilities and the transformation to multi-purpose public hubs. But, since their reorganization process have just started, it is quite difficult to verify their efforts and effects based on the examples by Japanese municipalities. Then, the authors pick up the public library named as “Biblioteca Salaborsa” (hereinafter, Salaborsa) run by Bologna city, Italy, and aim to study its characteristics, in particular, from the viewpoint of a public space. Salaborsa is highly appreciated by European experts as an good example of “social library” which is a new type of public library emerged recently in Europe to meet citizens' wide demands. It is located in the city center of Bologna, and is adjacent to the famous plaza of “Piazza Maggiore”. In the beginning of 1990s, the development of Bolognese new public library was started together with the development of city center around “Piazza Maggiore”. This new public library was planned based on the concept of an “uncovered plaza” with the assistances from a lot of stakeholders including the University of Bologna, and was finally opened in 2001 as the advanced public library with the most advanced information technology at that time. Salaborsa benefited Bolognese citizens a lot, but gradually, various types of citizens, such as immigrants, homeless people, elderly people as well as university's students, got to visit and sometimes to request what they needed. It was beyond the general services of public libraries in Bologna to meet their requests, but Salaborsa's librarians decided to implement it in the partnership with relevant departments of the city. As for Salaborsa's spaces, the existing building standing in the city center has been used with renovation work. The three-story atrium with beautiful glass roof is in the center of the building. But, since it is a masonry construction, the activities in Salaborsa can't be seen from outside, and each floor is divided into relative small spaces by walls and columns. Therefore, it can be said that this building is not best for a contemporary public library which generally needs wide spaces for many book shelves. The authors conducted the interviews to key persons who were / are in charge of Salaborsa's development and management, and analyzed Salaborsa's characteristics with the published documents, in particular, from the viewpoint of a public space by referring to the definition on the public nature by J.Saito which is consisted of three aspects of “Open”, “Common”, and “Official”. To analyze Salaborsa's characteristics, three aspects of Salaborsa’s space, operation and organization were analyzed with three aspects of public nature. Some important findings differed from that Japanese public facilities are in general likely to pay most attention to the nature of “Official”. But, it can be pointed out that there were some problems which should be solved even in Salaborsa. The lack of public involvement in the process of library development was representative. As the conclusion of this paper, the followings should be considered to develop a public library as a public space; (1) Place making for social inclusion, (2) Integral planning based on potentialities of existing building as public space, (3) Development connected to urban planning and design policy (4) Trans-sectional administration organization.
著者
田尻 絵里 重黒木 彩乃 畑本 陽一 吉村 英一
出版者
一般社団法人 日本家政学会
雑誌
日本家政学会誌 (ISSN:09135227)
巻号頁・発行日
vol.71, no.5, pp.269-279, 2020 (Released:2020-05-29)
参考文献数
30

異なるエネルギーの清涼飲料水の摂取が朝食と1日の食事摂取量に及ぼす影響, および習慣的な身体活動と補償効果の関連を検討することを目的とし, 無作為クロスオーバー試験 (エネルギーのある甘味料入り清涼飲料水 ; sweetener群 (以下, S群) ; 225 kcal vs. エネルギーのない人工甘味料入り清涼飲料水 ; artificial sweetener群 (以下, AS群) ; 0 kcal) を実施した. 対象者は月経後2週間以内の女性16名 (平均21.6±0.5歳) とした. 飲料摂取前, 摂取後0, 20, 40, 60, 120, 150分に血糖測定と主観的食欲を評価し, 飲料摂取後60分に自由摂食の朝食を提供した. 150分以降は自由生活とし, その後1日のエネルギー摂取量を評価した. さらに, 対象者は実験日を除く任意の1週間加速度計付活動量計を装着し習慣的な1日の身体活動を評価した. AS群はS群と比較して朝食摂取前までの血糖値は有意に低かった (p<0.010) が, 朝食後の飲料摂取後120分では有意に高かった (p=0.004). 主観的食欲は飲料摂取後60分のときAS群が有意に高かった (p=0.034). 一方, 飲料のエネルギーを含む朝食及び1日の総エネルギー摂取量はAS群よりS群で有意に高く (p<0.010), エネルギー摂取量の補償効果は認められなかった. 習慣的な身体活動量と補償効果の間には有意な相関関係は認められなかった. 本研究より, 異なるエネルギーの清涼飲料水の摂取は血糖値と主観的食欲に影響するが, その後の食事摂取量には影響しないことが示唆された.
著者
平田 和明 長岡 朋人 星野 敬吾
出版者
日本人類学会
雑誌
Anthropological science. Japanese series : journal of the Anthropological Society of Nippon : 人類學雜誌 (ISSN:13443992)
巻号頁・発行日
vol.112, no.1, pp.19-26, 2004-06-01
参考文献数
15
被引用文献数
3 12

鎌倉市の由比ヶ浜地域には大量の中世人骨が出土している静養館遺跡,由比ヶ浜南遺跡(単体埋葬墓),中世集団墓地遺跡(No. 372)および材木座遺跡の4遺跡があり,これらの出土人骨の刀創の特徴を比較検討した。刀創受傷率は材木座遺跡が最も高く65.7%であり,次に静養館遺跡が6.6%で,中世集団墓地遺跡は1.4%,由比ヶ浜南単体埋葬人骨は1.3%であった。刀創人骨のうちの斬創が占める割合は,静養館遺跡が100%,由比ヶ浜南遺跡が66.6%,中世集団墓地遺跡が75.0%,材木座遺跡が2.7%であった。一方,掻創が占める割合は材木座遺跡が82.3%で圧倒的に高く,中世集団墓地遺跡は2個体だけで25.0%,静養館遺跡と由比ヶ浜南遺跡の出土人骨には掻創は認められなかった。由比ヶ浜地域(前浜)は主として14世紀に中世都市鎌倉の埋葬地として使用されたと考えられるが,遺跡間および同一遺跡内の各墓抗間においても人骨の埋葬形態に差異があることが明らかであり,今後の広範囲な分野から更なる解析・検討が必要である。<br>

1 1 1 1 OA 霊妙術伝書

著者
野田為憲 編
出版者
野田為憲
巻号頁・発行日
1917
著者
猪狩 英俊
出版者
ヴァン メディカル
巻号頁・発行日
pp.8-13, 2017-03-10

IGRAは潜在性結核感染症の診断に有用な検査手段である。基礎疾患別に、潜在性結核感染症から活動性結核を発病するリスクが知られており、臓器移植後、血液透析、TNF阻害薬使用などが該当する。しかし、このような免疫抑制状態にある者は、IGRAを実施しても十分な免疫応答が得られず、正しく潜在性結核感染症の診断ができない可能性がある。そして、これを補う手段は現時点ではない。免疫抑制治療時のIGRAでは、免疫応答の低下による影響を想定し、陰性を過大評価せず、結核の発病リスクを意識した日常診療が求められる。