著者
飯塚 高浩 神田 直 稲福 徹也 畑 隆志 坂井 文彦
出版者
The Japan Stroke Society
雑誌
脳卒中 (ISSN:09120726)
巻号頁・発行日
vol.16, no.4, pp.239-243, 1994

降圧薬の投与開始後短期間のうちに発症した脳梗塞について検討した.対象は降圧薬の服用開始後1ヵ月以内に発症した脳梗塞9例であり, 年齢は48歳から83歳, 平均66.7±10.5歳である.服用開始後発症までの期間は, 5例が7日未満であり, 平均10.1±8.6日.基礎疾患は高血圧に加え, 4例で糖尿病, 1例で心房細動を認めた.1例を除き全例初回発作であった.降圧薬の種類はCa拮抗薬が8例と最も多く, うち4例はβ遮断薬, ACE阻害薬など2種以上の降圧薬を初回より併用し, 1例は3剤同時開始例であった.また1例は単剤ではあるが高齢者に対して初回より常用最上限が投与され翌日の発症であった.責任病巣は, 放線冠など穿通枝領域が6例と最も多く, 皮質枝領域が2例, 境界領域が1例であった.機能予後は, 7例は独歩, 2例は車椅子であった.降圧薬の投与に際しては, 投与量に留意し, 原則として, 単剤, 少量から開始すべきであると考える.
著者
加来 耕三
出版者
日経BP社
雑誌
日経ベンチャ- (ISSN:02896516)
巻号頁・発行日
no.194, pp.138-141, 2000-11

十二世紀初頭ごろから、房総半島を開発し、勢力を築いてきた千葉氏は、源氏の旗上げにおいて主力軍を形成し、平家を西へ追い、ときの当主・千葉常胤(つねたね)は、源頼朝にむかって、 「要害の地、相模国(神奈川県の一部)鎌倉をこそ、拠点とすべし」 と進言したことで知られている。 関東の地に武をもって覇を唱えた一族であったが、やがてその巨大さゆえに周囲に恐れら…
著者
金子 伊樹 高橋 珠実 新井 淑弘
出版者
一般社団法人 日本体育学会
巻号頁・発行日
pp.150_1-150_1, 2016 (Released:2017-02-24)

免疫力の向上は、疾患を事前に防ぐ効果があり、よりよい生活を営む上で重要な因子となっている。現在、運動不足や偏食、ストレスなどの生活習慣の乱れから免疫力の低下が問題となっている。定期的な運動習慣は、生活リズムの改善、また健康に良いことが知られているが、そのメカニズムはあまり明らかになっていない。そこで我々は、多種多様な場面で行われているレジスタンス運動を用いて、習慣的な運動の効果を免疫関係の因子に着目して研究を行った。運動習慣のない学生を対象者として集め、トレーニング群とコントロール群の2群に無作為に分け、1か月のトレーニング期間を設けた。1か月のトレーニング期間の前後に、2群に一過性のレジスタンス運動を行わせ、運動前、直後、30分後の3時点で採血を行い、抹消血中の白血球数と免疫機能調節因子の濃度を調べた。その結果、1か月のトレーニング期間後の運動直後に、白血球数と免疫機能調節因子の濃度がコントロール群対してトレーニング群で増加した。これらの結果から、習慣的に行われるレジスタンス運動は一過性運動時の免疫力増加の可能性を示唆した。
著者
持田 徹 堀越 哲美 嶋倉 一實 稗田 哲也 津田 紘
出版者
公益社団法人 空気調和・衛生工学会
雑誌
空気調和・衛生工学会 論文集 (ISSN:0385275X)
巻号頁・発行日
vol.17, no.49, pp.35-46, 1992

走行中の乗用車内の熱環境と,運転者の生理心理反応の実状を把握するため,冬期に北海道で実験を行い,熱的快適性に関し下記の結果を得た.足元にヒータの吹出し口がある場合,脚部付近の気温が胸や頭部付近より高く,一方,無暖房時の気温の垂直分布は,床から天井に向かって高くなっていた.各部位の皮膚温も,暖房時には下腿(たい)や足が,前腕や大腿より高温であったが,無暖房の時には足が最低であった.平均皮膚温は発車から,約30分でほぼ定値に達し,定常走行時の平均皮膚温と温冷感・快適感は,窓を通しての運転者への直達日射がない時は,両者の間に一定の相関関係がみられたが,日射のある場合には,必ずしも一定の関係はみられなかった.

1 1 1 1 OA 輿車図考 零本

著者
〔松平定信//筆〕
出版者
巻号頁・発行日
vol.第2軸,
巻号頁・発行日
vol.[45] 二十二之二, 1000

1 1 1 1 OA 我国体と皇道

著者
小倉鏗爾 著
出版者
ダイヤモンド社
巻号頁・発行日
1937
出版者
日経BP社
雑誌
日経ビジネス (ISSN:00290491)
巻号頁・発行日
no.1715, pp.124-127, 2013-11-11

同じソーシャルメディアを使った情報発信でも、従来は自社のキャンペーン情報や商品に関連した画像などを公式アカウントで公開し、それが拡散するかどうかはアカウントをフォローする受け手の反応次第だった。 新たな取り組みでは、公式アカウントのフォロ…

1 1 1 1 OA 戦時国際法論

著者
立作太郎 著
出版者
日本評論社
巻号頁・発行日
1944
著者
Hung Thai Do Dong Thanh Nguyen Lan Anh Thi Nguyen Duong Huy Do Huy Xuan Le Xuan Mai Thi Trinh Hong Vy Nu Ton Ikumi Sawada Noriko Kitamura Nhat Minh Le Keisuke Yoshihara Thu Huong Thi Phan Chien Trong Bui Koya Ariyoshi Lay Myint Yoshida
出版者
国立感染症研究所 Japanese Journal of Infectious Diseases 編集委員会
雑誌
Japanese Journal of Infectious Diseases (ISSN:13446304)
巻号頁・発行日
(Released:2017-09-11)
参考文献数
24

We investigated the prevalence of HIV drug resistance among high risk groups such as injecting drug user (IDU), female sex worker (FSW) and men having sex with men (MSM) in central Vietnam. We used HIV positive samples from 2012-2013 sentinel surveillance surveys. Study subjects were screened for HIV infection by standardized screening assays and the positive samples were further tested for HIV viral load and drug resistant mutations by in-house assays. Drug resistant mutations (DRMs) were determined using the Stanford University online sequence analysis tool. Their risk behaviors were also investigated. During the study period, 6,016 subjects were screened and 97 were positive (IDU: N=63, 3%, FSW: N=24, 0.8% and MSM: N=10, 1%). Ninety-two samples (45 from 2012 and 47 from 2013) were available for further testing. HIV viral load was detected in 56 (60.9%) samples and drug resistant genotyping was successfully performed in 40 (71.4%) samples. All were CRF01_AE, except for one (2.5%) IDU with subtype B. Thirteen individuals (32.5%) were carrying HIV virus with at least one HIV DRM: 9 IDUs, 1 FSW and 3 MSM. The HIV seroprevalence among high risk individuals in central Vietnam was low however high proportion of drug resistant HIV-1 was observed in high risk group.
出版者
日経BP社
雑誌
日経ビジネス (ISSN:00290491)
巻号頁・発行日
no.1624, pp.42-45, 2012-01-16

広大な強国として繁栄した中華帝国。その政治を担う中心地、紫禁城(故宮)の南正面に天安門がある。 その壇上に立つと、眼下には広場に集まる群衆を見渡すことができる。1949年、毛沢東(マオズードン)はこの場所から、社会主義国家「中華人民共和国」の成立を宣言した。広場には30万人とも言われる群衆が集まり、歓喜の声と拍手で、指導者の言葉を迎え入れた。